脳、神経科学:
2012年1〜4月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/04 毎日新聞 脳神経回路:発達制御の物質突き止め 自閉症解明に期待
 脳内でGABAを作りにくいよう遺伝子改変したマウスを使って、小脳の神経回路のでき方を調べた。
2012/04 EurekAlert Gauging seizures' severity
てんかん発作の厳しさを測ります。
 簡単で、控え目な手首センサが脳波がそうするのと同じくらい正確にてんかん性の捕獲の厳しさを測るかもしれないという早期徴候を提供します--ぶざまな頭皮電極と導線なしで。
2012/04 LiveScience New Type of Intellectual Disability Discovered
知的障害の新しいタイプを発見
知的障害の新しいタイプが発見されたニューロンの機能を破壊することによって認知発達に影響を及ぼすと考えられている。
2012/04 EurekAlert New form of intellectual disability discovered
「ベリー・シャッキリ」
 フラボノイドが豊富なブルーベリーやイチゴをよく食べる女性は、加齢に伴う認知能力減退が少なめ。
2012/04 ABC@オーストラリア Eating berries may slow brain's decline
果実を食べることは脳の衰退を遅らせることができる
 フラボノイドが豊富なブルーベリーとイチゴを食べる女性は、年齢とともに遅く精神的低下が発生します。
2012/04 【日本語記事】BioToday
 ブルーベリーやイチゴをよく食べる女性は認知機能が低下しにくい
2012/04 EurekAlert Berries keep your brain sharp
2012/04 EurekAlert Eating more berries may reduce cognitive decline in the elderly
2012/04 【日本語記事】BioToday
 脳損傷後のエストロン治療はBDNFを増やして修復機構を促進しうる
2012/04 EurekAlert Estrogen hormone reveals protective ability after traumatic brain injury
エストロゲンホルモンは、脳外傷後の保護能を明らかにします。
 エストロンが脳外傷の後に抗炎症剤と酸化防止剤能力を供給する
アイスを食べて頭がキーン
2012/04 EurekAlert Changes in brain's blood flow could cause 'brain freeze'
脳の血流における変化は'脳味噌キーン'を引き起こす場合がありました。
2012/04 LiveScience Cause of Brain Freeze Revealed
2012/04 【日本語記事】BioToday
 冷たい物を食べた時の一瞬の頭痛は前大脳動脈血流亢進に起因しうる
2012/04 EurekAlert Study finds soda consumption increases overall stroke risk
カロリーありでもゼロでも、炭酸飲料の摂り過ぎで脳卒中リスクがアップ
 逆に、カフェインありでも抜きでも、コーヒーの摂取は脳卒中リスクが低めに
2012/04 【日本語記事】BioToday 砂糖入り/低カロリー炭酸飲料は脳卒中リスクを高めうる
2012/04 EurekAlert NIST mini-sensor measures magnetic activity in human brain
NISTミニセンサは人間の脳で磁気活動を測定します。

2012/04 【日本語記事】BioToday 低脂肪乳製品摂取は脳卒中リスクを下げうる
2012/04 EurekAlert Eating low-fat dairy foods may reduce your risk of stroke
2012/04 【日本語記事】Nature 発生:大脳皮質でのアストロサイトの産生
発生:生後の大脳皮質のアストロサイトは主としてグリア細胞の局所的な産生によって供給される
2012/04 Nature Local generation of glia is a major astrocyte source in postnatal cortex
doi:10.1038/nature10959

2012/04 LiveScience Brain Scans Predict Weight Gain, Sexual Behavior
脳スキャンは、体重増加、性的行動を予測
脳の活動はまた、将来的に6ヶ月と同じくらいの性的行動を予測します。
2012/04 news@nature.com Nanomaterials offer hope for cerebral palsy
Nanomaterialsは脳性まひの希望を提供します。
Rabbits with brain injuries hop again after treatment with dendrimers.
脳障害があるウサギは、治療の後に再びデンドリマ類で跳びます。
2012/04 EurekAlert Researchers have identified a gene with a key role in neuronal survival
ニューロンのサバイバルに重要な役割の遺伝子
2012/04 EurekAlert Large international study finds memory in adults impacted by versions of 4 genes
大規模な国際調査
 成人の記憶力は4つの遺伝子のバージョンによって影響を受ける
 アルツハイマー病の遺伝子成分と脳の発達の理解を進めました。
2012/04 EurekAlert BUSM researchers identify genes that influence hippocampal volume
海馬体積の遺伝子を特定
 海馬状隆起のボリュームを減少させるように見える4座を特定しました。
2012/04 EurekAlert  International team uncovers new genes that shape brain size, intelligence
2012/04 EurekAlert Aging of the brain: Genetic modifications now identified
遺伝子突然変異が海馬体積の減少にリンクされるのを示しました。
2012/04 EurekAlert Fine-scale analysis of the human brain yields insight into its distinctive composition
人間の脳のよい尺度分析は特有の構成に関する洞察をもたらします。
 脳の約1,000の遺伝子の表現を分析
 人間の脳の部分と、人間の個人の脳と、人間とネズミの類似性と違いを特定しました。
2012/04 EurekAlert Genetic adaptation of fat metabolism key to development of human brain
人間の脳の開発に主要な脂肪代謝の遺伝的適応
 約30万年前に、人間は、多く以上の量のオメガ-3とオメガ-6個の脂肪酸を作り出すことができるように遺伝学的に適合しました。
 この適合は近代人でのユニークな脳の容量の開発に重要であったかもしれません。
 今日の生活状況では、この遺伝的適応は代わりに心血管疾患のような異状を開発するというより高いリスクに貢献します。
よくわかる子どもの高次脳機能障害、でも生き方がわからない! 04/16
2012/04 【日本語記事】Nature 神経:軸索の標的決定にかかわるタンパク質Teneurin
神経:神経筋シナプスの構築と標的の選択における経シナプスTeneurinシグナル伝達
2012/04 Nature Trans-synaptic Teneurin signalling in neuromuscular synapse organization and target choice
doi:10.1038/nature10923
2012/04 EurekAlert Stroke risk considerably higher if sibling had stroke
兄弟に脳卒中があったなら、リスクは少なくとも60パーセント以上高いかもしれません。

2012/04 【日本語記事】Nature 認知:意思決定における脳活動
 げっ歯類における後頭頂皮質:PPCの役割
 PPCは、長時間の安定した神経活動状態ではなく、小型回路の一過的な活性化を介して機能する
神経科学:選択の交響曲
2012/04 Nature Neuroscience: The symphony of choice
doi:10.1038/484042a
認知:仮想進路決定課題実行中の頭頂皮質における選択特異的連続活性化
2012/04 Nature Choice-specific sequences in parietal cortex during a virtual-navigation decision task
doi:10.1038/nature10918
2012/04 Science 採餌戦略の計算を担う神経基盤
Neural Mechanisms of Foraging
2012/03 EurekAlert Once considered mainly 'brain glue,' astrocytes' power revealed
'脳の接着剤'と見くびられていた星状細胞のパワー
 電気的信号を減らすか、または止める際に重要な役割を果たして。
2012/03 Science The Geometric Structure of the Brain Fiber Pathways
脳神経線維経路の幾何学的構造
2012/03 LiveScience Spectacular Brain Images Reveal Surprisingly Simple Structure
壮大な脳画像は驚くほどシンプルな構造を明らかに
脳は並列で実行するように思われる。
2012/03 EurekAlert Brain wiring a no-brainer?
2012/03 EurekAlert How genes organize the surface of the brain
2012/03 Science Hierarchical Genetic Organization of Human Cortical Surface Area
ヒトの脳の皮質の階層構造の発達は遺伝的に決定される
2012/03 EurekAlert The brains behind skaters
スケーターの後ろの脳
 並はずれたバランスとコーディネーション技能について説明しそうな短い道のスピードスケーターの脳で構造的適応
2012/03 EurekAlert Skull resconstruction immediately following traumatic brain injury worsens brain damage
脳外傷後の頭蓋骨再形成を急ぐと、脳傷害が悪化してしまうぞ
2012/03 【日本語サイト】国立遺伝学研究所 哺乳類と鳥類との間にみられる脳発生メカニズムの隠された共通性
 大脳新皮質は新しくない!
2012/03 Science Long-Range–Projecting GABAergic Neurons Modulate Inhibition in Hippocampus and Entorhinal Cortex
海馬と内嗅皮質の間を長距離に亘って投射するGABA作動性ニューロンは両領域の活動を双方向的に阻害する
2012/03 EurekAlert Ethical considerations of military-funded neuroscience
軍によって資金を供給された神経科学の倫理的な問題
 神経科学は、国家安全とディフェンスのニーズの最先端の、そして、配備可能な解決策のために可能性を提供します
 ゆゆしい倫理的な問題と科学的妥当性の質問
 科学とセキュリティとの関係に関する心配であるべきです。
2012/03 EurekAlert Few genes control neuronal function
わずかな遺伝子しか神経機能を制御しません。
2012/03 EurekAlert Prolonged space travel causes brain and eye abnormalities in astronauts
長期の宇宙旅行は脳と目の異常を宇宙飛行士で引き起こします。
 長期を過ごした27人の宇宙飛行士:目と頭蓋骨の磁気共鳴映像
 未知の原因、潜在的に重大な状態の頭蓋内圧亢進の中で起こるのと同様の光学的異常がみられる
 視神経周辺に脳脊髄液の過剰分泌や脳下垂体に変化。
2012/03 【日本語記事】AFP 長期滞在の宇宙飛行士、目と脳に異常 米研究
2012/03 EurekAlert  Scientists map new mechanism in brain's barrier tissue
脳-血液関門の新しいメカニズムを写像
グルタミン酸塩の高感度天秤、脳の必要なシグナル化合物を維持するのを助ける
2012/03 【日本語記事】BioToday 果物ベリー類は脳の健康維持を助ける
2012/03 EurekAlert Strong scientific evidence that eating berries benefits the brain
ベリーを食べると脳のためになるという確固たる科学的証拠
 ブルーベリー、ブラックベリー、いちご、および他の液果類
 加齢による記憶力劣化と他の変化を防ぐかもしれない
2012/03 EurekAlert Surgery recommended as early intervention for some with epilepsy
いくつかのための初期介入としててんかんで推薦された外科
2012/03 EurekAlert  Surgical treatment for epilepsy should not be viewed as a last resort, study shows
研究は、てんかんのための外科的治療法が最後の手段として見られるべきでないのを示しています。
神経:神経変性の起きている脳における認知機能のエピジェネティックな阻害
2012/03 Nature An epigenetic blockade of cognitive functions in the neurodegenerating brain
doi:10.1038/nature10849
2012/03 【日本語記事】Nature 医学:脳卒中後の脳損傷を軽減
医学:皺脳類である霊長類でのPSD-95阻害剤を用いた脳卒中治療
2012/03 Nature Treatment of stroke with a PSD-95 inhibitor in the gyrencephalic primate brain
doi:10.1038/nature10841
2012/03 【日本語記事】MT Pro 糖尿病患者の脳卒中リスクは1年ごとに3%上昇/米the Northern Manhattan Study
2012/03 LiveScience How to Build a Human Brain
どのように人間の脳を構築する
欧州の神経科学者は、仮想人間の脳を構築することを期待しています。彼は7つのステップでそれをやる。
2012/03 【日本語記事】BioToday オリゴデンドロサイトの死は多発性硬化症の誘発因子ではないようだ
2012/03 LiveScience Human Brain Loses Billions of Neurons in New Analysis
新しい分析の結果、人類の脳は、十億のニューロンを失う
全人類は、ほんの少し愚かで得ましたか?






2012/02 EurekAlert Doctors find new way to predict recurrent stroke
脳卒中の再発を予測する新しい方法
 CTスキャンを使用
 一過性虚血発作や微小脳卒中で虚弱や言語障害などの神経症状を抱える患者が、
 今後もっとひどい卒中に見舞われるかどうかを予測しうる
アメリカ在住異国生まれのヒスパニック、アメリカ生まれより脳卒中発症率が低め
2012/02 EurekAlert Being born in another country may protect against stroke for US Hispanics
他国で生まれるのは米国のスペイン系の人のためにストロークから守るかもしれません。
2012/02 EurekAlert New brain connections form in clusters during learning
新しい脳の接続はいくつもの群れをなして学習の間、形成します。
 動物が、新しいタスクを実行することを学ぶとき、脳細胞の間の新しい接続は、脳にいくつもの群れをなして現れます
2012/02 【日本語記事】BioToday リチウムは損傷神経の再ミエリン化を促して運動機能回復を促進する
2012/02 【日本語記事】BioToday 経頭蓋磁気刺激で異常神経回路を解消して行動障害を正しうる
2012/02 【日本語記事】BioToday IGF2/H19遺伝子のメチル化変化と小脳重量の関連が示された
2012/02 【日本語記事】Nature 明るい見通し 光遺伝学の重要なツールであるチャネルロドプシンの構造決定は、神経科学の進展を後押しする
2012/02 【日本語記事】BioToday クルクミンはAβの繊維化を促して神経毒性を弱める
2012/02 【日本語記事】MT Pro 歩行速度や握力測定で認知症・脳卒中リスクを予測
米2,400人超の健康人対象研究
2012/02 【日本語記事】BioToday 歩行スピードや握力は認知症や脳卒中発現リスク予想に役立つ
2012/02 EurekAlert How fast you walk and your grip in middle age may predict dementia, stroke risk
2012/02 【日本語記事】BioToday 地中海食様の食事は脳の小血管損傷を抑制しうる
大気汚染は脳卒中リスクを34パーセント増加させます
2012/02 EurekAlert Even moderate air pollution can raise stroke risks
そんなにひどくない大気汚染でさえストローク危険を上げることができます。
2012/02 【日本語記事】BioToday パーキンはドパミン神経のドパミン利用をコントロールしている
2012/02 EurekAlert Why the middle finger has such a slow connection
中指にはそのような遅い接続がある理由
 身体の各部分は脳にそれ自身の神経細胞領域を持っています:脳内身体地図
 これらの地図の機能的意義は主に不明瞭です。
 隣接している「指の神経細胞」の阻害的影響が指の反応時間に影響するのを示すことができました。
2012/02 It's not solitaire: Brain activity differs when one plays against others
それは一人遊びのゲームではありません: 対戦するとき、脳活動は異なります。
 相互作用の間、脳活動の異なったパターンを引き出すのに計算論的アプローチを使用
2012/02 【日本語記事】BioToday
 Ca2+調節とPEG利用による損傷神経修復でラットの歩行が劇的に改善
2012/02 【日本語ブログ】6-硫酸化コンドロイチンの過剰な発現により大脳皮質の可塑性が維持される
2012/02 EurekAlert Gene regulator in brain's executive hub tracked across lifespan -- NIH study
脳の中枢ハブの制御遺伝子を生涯追跡
 統合失調症と自閉症に関係する遺伝子が開発中である環境に敏感な要継続期間の間、
 どの規定の活動ピークかでそれらの中にあります。
 DNAメチル化と呼ばれるメカニズムは、人間の脳のところの中で前部前頭葉で離れてから突然に切り替わります。
2012/02 EurekAlert Anemia may more than triple your risk of dying after a stroke
貧血は脳卒中後の死亡率を3倍にしかねない
2012/02 EurekAlert Infections in childhood linked to high risk of ischemic stroke
幼年期の感染で脳梗塞の高いリスクに
 一般の感染症は子供の脳梗塞の高い危険を引き起こします
 ストロークの引き金となるのにおいて急性感染症が時間がたつにつれて慢性の感染力より重要である
 脳梗塞に見舞われたほとんどの以前に健康な子供が脳血管の病気にかかっています
 そして、これらの子供は脳卒中再発の最も高いリスクでいます。
2012/02 EurekAlert Severe, rapid memory loss linked to future, fatal strokes
重度の急激な記憶損失は、今後の致命的な脳卒中の前兆かもしれません
2012/02 【日本語記事】Nature 脳:報酬に対する脳の応答
 脳の腹側被蓋野(VTA)
 ドーパミン作動性ニューロンは報酬予測誤差を伝え、GABA作動性ニューロンは報酬への期待を伝えている
神経科学:報酬は特異的な結びつきを変化させる
2012/02 Nature Neuroscience: Reward alters specific connections
doi:10.1038/482039a
脳:腹側被蓋野で報酬と罰を伝えるニューロン型特異的信号
2012/02 Nature Neuron-type-specific signals for reward and punishment in the ventral tegmental area
doi:10.1038/nature10754
2012/02 【日本語記事】BioToday カフェイン抜きコーヒーは脳のエネルギー代謝を改善しうる
 糖尿病発現前の食事誘発性2型糖尿病マウスにカフェイン抜きコーヒーを与えた
2012/02 EurekAlert Decaffeinated coffee preserves memory function by improving brain energy metabolism
カフェイン抜きのコーヒーは、脳のエネルギー代謝を改良することによって、記憶機能を保存します。
2012/01 EurekAlert GABA deficits disturb endocannabinoid system
GABAの不足はエンドカンナビノイドのシステムを擾乱します。
2012/01 EurekAlert Study finds delirium after stroke linked to poorer outcomes for patients
脳卒中入院患者の3割は精神錯乱を呈する
 錯乱を呈した患者の予後は良くない
脳腫瘍の放射線治療で引き起こされる脳組織へのダメージは、酸素供給を欠乏させると回復しうる
2012/01 EurekAlert Radiation-induced damage to brain tissue reversed by oxygen starvation in mice
ネズミで酸素欠乏によって逆にされた脳組織への放射で誘発された損害
腕を骨折して三角巾で吊ったりギプスをはめたりすると、脳は早々に腕操作担当部位をリストラしちゃうのです
2012/01 EurekAlert Broken arm? Brain shifts quickly when using a sling or cast
 右の骨折で左手を使っていると、二週間ちょいで左脳の灰白質と白質の量が一割も減少、右脳のほうの量は増大しました
2012/01 EurekAlert Arm in plaster changes brain in 16 days
2012/01 EurekAlert Brain glia cells increase their DNA content to preserve vital blood-brain barrier
脳のグリア細胞は、必要な脳-血液関門を保持するためにそれらのDNA含量を増加させます。
 ショウジョウバエの脳が、発達過程で倍数化として知られている過程で
それらのゲノムの複本を作成することによって拡大するよう血液脳関門を形成する細胞に命令する
2012/01 EurekAlert Neural balls and strikes: Where categories live in the brain
野球の試合の間の何百回も、ボールかストライクか、主審は即座にピッチを分類しなければなりません。
 これらの種類の視覚カテゴリがコード化される脳領域を正確に指摘しました。
2012/01 【日本語記事】脳回路が驚くほど精密に配線されていることを発見
(新開発の撮影技術で、数十年来の脳科学の謎を解決)
JST 課題達成型基礎研究の一環
東京大学 大学院薬学系研究科の池谷 裕二 准教授らの研究グループ
 大規模スパインイメージング法
 ニューロンが1000分の1mmレベルで局所集中した回路を正確に編んでいる
2012/01 【日本語記事】BioToday マグネシウム豊富な食事で脳卒中リスクが下がる/メタ解析
2012/01 【日本語記事】BioToday 赤味肉の食べすぎは脳卒中リスクを高めうる
2012/01 EurekAlert Omega-3 fatty acids could prevent and treat nerve damage, research suggests
オメガ3脂肪酸が神経損傷を防ぎ、治療もするかもしれない
 魚油 負傷から神経を保護して、作り直すのを助ける可能性がある

2012/01 読売新聞 子の脳脊髄液減少症発症 1年以内に治療改善96%
2012/01 【日本語記事】BioToday 高レベルの内因性オメガ-3脂肪酸で末梢神経損傷の転帰が改善しうる
2012/01 【日本語記事】科学技術振興機構(JST)
脳の低酸素状態の防御機構に生体ガス分子が関係
 脳梗塞など脳虚血病態の制御法開発へ道


 以上、 →2012年1〜4月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー