食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2012年1〜4月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/04 EurekAlert Keep your fruit close and your vegetables closer
近くに果物と野菜を
 果実と野菜が手の届く所にあるとき、学生が彼らをより食べそうである
 青果物をより目に見えるようにすると、果物の取入口は増加しますが、同じくらいは野菜に当てはまりません。
2012/04 EurekAlert
 Culturally tailored program helps Mexican-American women lose weight
文化に合わせたオーダーメイドのプログラムは、メキシコ系のアメリカ人の女性がやせるのを助けます。
 文化的にオーダーメイドの体重管理プログラムに参加したメキシコ系のアメリカ人の女性
 やせて、彼女らの脂肪と糖消費を抑えて、彼女らの食習慣を改良しました。
2012/04 EurekAlert Obesity affects job prospects for women, study finds
肥満が女性の仕事の見通しに影響する
 肥満体の女性は、就職で差別され、低い初任給を受け取りそうです

アイドルやモデルの写真を「スリムにフォトショ」しないで
2012/05 BBC News Former anorexia sufferer: Airbrushing should be banned
「写真加工は禁止されるべき」
拒食症に苦しんだ女性は、若者向け雑誌に有名人の体型加工写真を掲載しないよう主張する
2012/04 EurekAlert Familiarity with television fast-food ads linked to obesity
肥満にリンクされるテレビのファーストフード広告への親しみ
2012/04 EurekAlert Big girls don't cry
大きい少女は泣きません。
 肥満の若者での身体的満足と健康な心理機能との関係
 彼女らのボディーの大きさ形状に満足な若い女性は、より高いレベルの自尊心を報告する
2012/04 EurekAlert Low-income moms under stress may overfeed infants
ストレスにやられている低所得者層のおかあさんは幼児に食わせ過ぎるかもしれません。
 低所得幼児の中で肥満を防ぐための努力は、不健康な食習慣の理由にも集中するべきです
2012/04 Manipulating molecules in the heart protects mice on high-fat diets from obesity, affects metabolism
心臓の分子を操作すると、高脂肪食のネズミが肥満から保護されて、新陳代謝は影響されます。
 ボディー、肥満、糖尿病、および心臓病に関する、より効果的な処理を示すかもしれない調査結果
 心臓がエネルギー収支を整えることができる
2012/04 Why do the different people's bodies react differently to a high-fat diet?
異なった人々の身体はなぜ高脂肪食に異なって反応しますか?
 油っこい食べ物で栄養に富んだ食事は私たちの腸管内菌叢で不均衡を引き起こします。
 腸管内菌叢の構成はボディーが糖尿病などのある新陳代謝の異状を開発する方法を決定するように思えます
2012/04 【日本語記事】BioToday
 肥満傾向ラットの腸内細菌を移した無菌ラットはよく食べてより太る
2012/04 【日本語記事】MT Pro 睡眠制限+概日リズム障害で健康人が前糖尿病状態に/米研究
2012/04 EurekAlert Lack of sleep is linked to obesity, new evidence shows
2012/04 BBC News Fat tax: Mike Rayner on unhealthy foods
脂肪税 "は多くの命を救うことができる"
脂肪税が資金を調達し、人々がより健康に食べて得るのを助けることができ、オックスフォード大学のディレクターは言う。
2012/04 LiveScience Brain Scans Predict Weight Gain, Sexual Behavior
脳スキャンは、体重増加、性的行動を予測
脳の活動はまた、将来的に6ヶ月と同じくらいの性的行動を予測します。
2012/04 EurekAlert Dartmouth research shows brain scans can predict weight gain and sexual activity
fMRIブレーンスキャンで、今後の体重増加と性的な活動を予測しうる

out-of-hand nut (OOHN)
2012/04 EurekAlert Tree nut consumption associated with lower body weight and lower prevalence of health risks
木の実の摂取は体重減と健康リスクの低下につながる
アーモンド、ブラジルナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカデミア、ピーカン、松の実、ピスタチオ、およびクルミ
OOHN消費者では、エネルギー摂取量は非消費者より高かったのですが、いずれの年齢においても、体重もBMI値も高くはありませんでした。
2012/04 【日本語記事】BioToday ナッツ摂取は心血管疾患/代謝症候群リスク因子低下と関連する
 心血管疾患、2型糖尿病、代謝症候群リスク因子有病率低下
2012/04 EurekAlert Social ties have mixed impact on encouraging healthy behaviors in low-income areas
社会的な結びつきは低所得地域で健康な振舞いを奨励することへの影響を混ぜました。
低所得、少数民族集団に住んでいて
 友達との付き合いが多い人はヘルシーなお食事に
 友人が少ないと、不健康なお食事に
 血縁者との結び付きが強いと、高カロリーのスイーツやファーストフードが多くなる
2012/04 EurekAlert  Zip code as important as genetic code in childhood obesity
遺伝情報と同じくらい小児肥満症に重要な郵便番号
 近所のwalkabilityや、より高い上質の公園の近接や、健康な食物へのアクセスなどの要素
 子供が生きるところに重要な影響が肥満率に持たれている
2012/04 【日本語記事】BioToday スーパーや良い公園が近くにある地域の子は肥満になりにくい
2012/04 LiveScience 2 Childhood Obesity Genes Discovered
小児肥満症の2遺伝子が発見された
研究者は子供の肥満のリスクを高めるかもしれない2つの新しい遺伝子を同定した
2012/04 【日本語記事】BioToday 小児肥満と関連する2つの遺伝子座が見つかった

2012/04 EurekAlert Maternal obesity, diabetes associated with autism, other developmental disorders
母体の肥満と糖尿病は、自閉症などの発達障害に関連している
肥満は子供の障害にリンクされている
2012/04 BBC News Obesity linked to child disorders
肥満であるか、または妊娠中に糖尿病を発症する人の女性が自閉症や発達障害の子どもがいることのリスクを高める
2012/04 EurekAlert Genetic regulator of fat metabolism and muscle fitness discovered
脂肪代謝と筋肉フィットネスの遺伝子の監視委員
  Kruppel-like Factor 15
遺伝因子(KruppelのようなFactor15)が運動の間に脂肪を燃やす身体能力を決定する
2012/04 Glycemic index foods at breakfast can control blood sugar throughout the day
低グリセミック値の朝食なら1日中、血糖を制御できます。
 朝食の低いGI値を持っている食物を食べるのは、朝中と1日の次の食事の後に血糖の中でスパイクを防ぐのを助けるかもしれません
2012/04 EurekAlert Your supermarket may affect your weight
いきつけのスーパーマーケットはあなたの体重に影響するかもしれません。
2012/04 【日本語記事】BioToday プロザックではなくオランザピンで拒食症マウスモデルの生存が延長
2012/04 EurekAlert Antipsychotic drug may be helpful treatment for anorexia nervosa
抗精神病薬は拒食症に関する役立っている処理であるかもしれません。
2012/04 LiveScience Obese People Hit with More Radiation During Medical Tests
肥満の人は、正常体重の人に比べ、CTスキャン中に放射線の高いレベルにさらされる可能性があります。
2012/04 EurekAlert Obese patients face higher radiation exposure from CT scans -- but new technology can help
2012/04 【日本語記事】BioToday 幼少期の摂取カロリー制限で低出生体重児の成人期肥満を防ぎうる
2012/03 【日本語サイト】NTV 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー お肉だけ食べてやせる
一般に、糖質は消化カロリーを吸収するのに、摂取カロリーの6%分、脂質は4%分しか消費しないのに対し、タンパク質は30%分を消費する
体臭がクサくなった
普通のダイエットでは、タンパク質の摂取量が減ることで、筋肉量が減り、代謝も落ちてしまう
肉だけダイエットは、タンパク質を多く摂ったため、筋肉が落ちず、代謝が下がらなかった
ただし3食肉だけ食べ続けるのは、胃や腎臓に大きな負担をかける可能性がある
2012/04 EurekAlert Caloric moderation can reverse link between low birth weight and obesity, early study indicates
低体重で生まれた子は、食べ放題的な環境で育つと幼時~思春期に肥満しがち
米国の肥満 "思ったよりも高い"
2012/04 BBC News US obesity 'higher than thought'
米国の肥満問題は、以前考えられていたよりもはるかに悪いかもしれません。
2012/04 EurekAlert Obesity epidemic in America found significantly worse than previously believed
2012/04 読売新聞 東大教授が「ダイエットめがね」…仮想満腹感
 広瀬通孝教授らのチーム
 クッキーを1・5倍に大きく見せた場合、食べた量はメガネをかけていない時より平均9・3%減少。
神経:食欲を調節する神経回路の解明
2012/03 Nature Deciphering a neuronal circuit that mediates appetite
doi:10.1038/nature10899
2012/03 時事通信 「満腹感」詳細な解明に期待=脳中枢にブドウ糖など影響―自治医科大
 自治医科大の矢田俊彦教授(生理学)とモンゴル人の同大学院生ダラムバザー・ガンツルガさんら
 マウスの室傍核から脳神経細胞を取り出し、ネスファチンを持つ細胞を特定。
 高濃度のブドウ糖とインスリンに反応して活性化することを発見
2012/03 LiveScience Fatty Diet May Cause New Brain Cells to Sprout
脂肪ダイエットは、新しい脳細胞がスプラウトに発生することがあります。
脂肪食は脳の領域は、新しい脳細胞の成長を抜け出すように。
チョコレート "は、人々がスリムに保つことができる"
2012/03 BBC News Chocolate 'may help keep people slim'
定期的にチョコレートを食べる人々は時折それを食べるものよりも薄くなる傾向があり、米国の研究では、ダイエット、カロリー摂取量と体格指数を見て提案します。
いくつかのチョコレートを食べる人は、低いBMIを持っている
2012/03 ABC@オーストラリア Some chocolate-eaters have lower BMI
チョコレートBENEFIT:定期的にチョコレートを行使して、食べる健康な人はあまり頻繁にチョコレートを食べる人よりも低いボディマス指数を持っている傾向がある。
2012/03 【日本語記事】BioToday チョコレートをよく食べる人は体重が軽い
2012/03 【日本語記事】AFP チョコレートをよく食べる人は肥満度指数が低い傾向、米研究
2012/03 EurekAlert More frequently eating chocolate appears related to lower BMI
2012/03 EurekAlert Regular chocolate eaters are thinner

2012/03 EurekAlert Can our genes be making us fat?
遺伝子で、私たちは太るようになっている場合がありますか?
 2つの特異遺伝子(TAS2R38--苦味受容体、およびCD36--可能な太っている受容体)を報告
 何人かの人々の味覚能力における役割を果たして、食事脂肪を楽しむかもしれません。
 これらの2つの遺伝子の役割を理解することによって、彼らがどのくらいの脂肪を食べるかの制御に苦労をする人々を助けることができるかもしれません。
2012/03 EurekAlert Study: Weight loss won't necessarily help teen girls' self-esteem
減量は必ずしも十代の少女の自尊心を助けるというわけではない
 やせる肥満体の白人の十代の少女は、物理的に利益を得るかもしれませんが、
 体重変化は、彼女らが自分たちに関して好感を持つのを保証しません
2012/03 EurekAlert Obesity raises death risk tied to sleeping pills
肥満は睡眠薬がらみの死亡リスクを高める
2012/03 BBC News Obesity harms 'later brain skill'
肥満は、 "後脳のスキルを"害を与える
その後の人生で太り過ぎと脳の低下のリスクが高い
高いBMI値(BMI)と大きいウエストのものは認識力テストにおいて、より不十分に得点されました。
2012/03 EurekAlert Researchers reveal how a single gene mutation leads to uncontrolled obesity
単一の遺伝子突然変異がどう非制御の肥満に通じるか
2012/03 EurekAlert Low-income mothers risk obesity to feed children
低所得母親は、子供に食べさせるために肥満の危険をおかします
 家族に食物を提供するように財政上戦う母は、子供に食べさせていようとしている間、自分たちを肥満の危険に置く傾向があります
2012/03 【日本語記事】BioToday トランス脂肪酸の摂取量が多い人はより攻撃的
2012/03 【日本語記事】BioToday 太り過ぎや肥満の男性は精子減少や無精子のリスクが高い
2012/03 EurekAlert  Lack of sleep may increase calorie consumption
寝不足はカロリー消費を上げるかもしれません。
 十分に眠らないなら、あなたは食べ過ぎることができます--そして、その結果、肥満体によりなりそうです。
2012/03 【日本語記事】BioToday 睡眠不足はカロリーの摂り過ぎを招く
2012/03 ABC@オーストラリア Could air pollution be making us fat?
空腹を加熱させる
 大気中の二酸化炭素のレベルは着実に上昇し、新しい仮説によると、肥満のまん延に貢献することができます。
2012/03 EurekAlert  Overweight, obese adults use electronic device to stick to diet, exercise
太りすぎ肥満体の大人達は、食事、運動を続ける上で、携帯情報端末の電子日誌プログラムを利用すると順調でした
2012/03 EurekAlert Loss of appetite deciphered in brain cell circuit
脳の細胞回路で解読された食欲不振
 ネズミの食欲不振を調停する脳のサーキットは、解読されました
2012/03 EurekAlert How to best help your child lose weight: Lose weight yourself
あなたの子供がやせるのをどう最もよく助けるか: まず親が痩せろ
2012/03 【日本語記事】Nature 生理:肥満のためのシグナル
 Gタンパク質共役型受容体GPR120を欠損するマウスを高脂肪食で飼育すると、肥満、耐糖能低下および脂肪肝が起こる
生理:脂質センサーGPR120の機能不全はマウスおよびヒトの両者の肥満を引き起こす
2012/03 Nature Dysfunction of lipid sensor GPR120 leads to obesity in both mouse and human
doi:10.1038/nature10798
2012/03 EurekAlert  Walking may lessen the influence of genes on obesity by half
ウォーキングは肥満遺伝子の影響を半分にするかもしれません。
2012/03 EurekAlert  Lack of sleep may increase calorie consumption
寝不足はカロリー消費を上げるかもしれません。
 十分に眠らないなら、あなたは食べ過ぎることができます--そして、その結果、肥満体によりなりそうです。
2012/03 【日本語記事】BioToday 仕事で燃え尽きた女性は感情的摂食や制御不能摂食を呈しやすい
たいがいのダイエットサプリメントは無意味
2012/03 EurekAlert Study: Most weight loss supplements are not effective
2012/03 EurekAlert When my eyes serve my stomach
私の目が私の胃に役立つとき
 満腹な人々より空腹な人々は食物関連の単語をはっきり見る
2012/03 【日本語記事】MT Pro
 トランス脂肪酸で脳卒中40%増も,アスピリン使用者では関連が弱まる/米WHI-OS約9万人の前向きコホート研究






2012/02 Excess fat may be 'protective' in seniors over 85
85歳以上の高齢者、肥満体だと普通より少し長生きめかも:そのぶん生活習慣病に苦しむことになるかもしれないけれど
2012/02 読売新聞 抗肥満薬、米で承認へ 臨床試験で年10%減量効果
 抗肥満薬「キューネクサ」
2012/02 【日本語記事】BioToday 果糖は他の炭水化物に比べて体重を増やしやすいというわけではない
2012/02 朝日新聞 肥満の原因遺伝子発見 京大教授ら 予防・治療に期待も
 辻本豪三京都大教授(ゲノム創薬)ら
 GPR120

2012/02 読売新聞 トランス脂肪酸「健康への影響小」…食品安全委
 内閣府食品安全委員会の専門調査会
 「通常の食生活では健康への影響は小さい」
 国内での規制は不要
朝食用のケーキ?それのために行くという調査
2012/02 LiveScience Cake for Breakfast? Study Says Go for It
あなたは朝食にケーキを食べて、まだ体重を減らすことができるかもしれません、新しい研究は示唆している。
 朝にタンパク質と炭水化物豊富な食事は減量に良い
2012/02 Weight loss can be contagious, study suggests
減量が伝染性である場合がある
 チームベースの減量競争におけるチームメートがお互いの減量にかなり影響を及ぼした
2012/02 【日本語記事】BioToday 米国成人のトランス脂肪酸血中レベルがここ10年で大幅に低下した
2012/02 読売新聞 トマトが中性脂肪の燃焼助ける…京大グループ
2012/02 【日本語記事】BioToday 脳報酬回路の反応/接続性の変化が肥満の食べすぎに寄与しうる

2012/02 EurekAlert Breastfeeding can reduce risk of childhood obesity
母乳養育は小児肥満症の危険を減少させることができます。
2012/02 【日本語記事】BioToday 高脂肪食過剰摂取を防いで脂肪蓄積を阻止する中枢神経系メカニズム
2012/02 EurekAlert Obesity is associated with altered brain function
肥満は変えられた頭脳の機能に関連しています。
 肥満体の個人では、脳のグルコース代謝が脳のstriatal領域でかなり高い(領域は報酬の処理にかかわります)。
2012/02 読売新聞 トマトに中性脂肪下げる物質…京大グループ
 京都大の河田照雄教授のグループ マウス実験
 脂肪酸に似た「13―oxo―ODA」
2012/02 朝日新聞 トマトの成分、中性脂肪減らす 京大がマウスで確認
2012/02 毎日新聞 トマト:脂肪燃焼効果 京大グループが発見
2012/02 【日本語記事】京大
 トマトから脂肪肝、血中中性脂肪改善に有効な健康成分を発見:効果を肥満マウスで確認
2012/02 EurekAlert Without second wave of brown fat, young mice can't live without mama
褐色脂肪の2番目の波がない若いネズミは、ママなしで生きていることができません。
 赤ん坊が生き残るために熱を発生させる褐色脂肪の2番目のラウンドを必要とする
2012/02 EurekAlert Positive parenting during early childhood may prevent obesity
幼児期の間のポジティブな子育ては肥満を防ぐかもしれません。
2012/02 EurekAlert The heart can make 'bad' fat burn calories
心臓で、'悪い'脂肪はカロリーを燃やすことができます。
 褐色脂肪は、齧歯動物と新生な人間の体温を発生させるようにカロリーを燃やします。
 ネズミと人間からのレギュラーの脂肪細胞が心臓によって作り出されたホルモンで褐色脂肪細胞の特性を呈する
2012/02 EurekAlert Heart hormone helps shape fat metabolism
心臓ホルモンは、脂肪代謝を形成するのを助けます。
2012/02 【日本語記事】BioToday 手で掴める固形食で食事を始めるとより健康的な食生活を送りうる
 スプーンで与えるすりつぶした食物ではなく指でつかめる固形食物で離乳食を始めたほうが食生活がより健康的になりうる
2012/02 EurekAlert Weaning on finger foods rather than spoon-fed purees may help children stay slim
手で食べるものの上にさじで食べさせるよりむしろピューレを乳離れさせるのは、子供が体重を減らすままであることを助けるかもしれません。
2012/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 研究結果:砂糖は有害? 人工甘味料は逆効果?
 米国人の人工甘味料消費量は増えつつあり、肥満率も上昇し続けている。これらの因果関係は曖昧
脂っこい物好きの遺伝子
2012/02 EurekAlert Gene related to fat preferences in humans found
見つけられた人間で太っている好みに関連する遺伝子
 CD36の遺伝子のあるフォームをもっている人々がこの遺伝子の他のフォームを持っている人より高脂肪食物が好きかも
2012/02 【日本語記事】BioToday
 ダイエット清涼飲料水を毎日飲む人は心血管イベントリスクが高い
 カロリーゼロダイエット清涼飲料水を毎日飲んでいる人
 脳卒中、心筋梗塞、血管死
感染する肥満
2012/02 LiveScience Obesity Could Be Infectious
肥満は、細菌を介して広がる感染症
私たちは互いの食習慣をコピーするときに肥満は友人の間で "広がる"ことができると聞きましたが、
マウスの新しい研究は、肥満が実際に感染症であることを示唆している。
2012/01 【日本語記事】MT Pro 医師の“見た目”は肥満治療に関係ある?
プライマリケア医500人対象の米横断研究
2012/01 Physician's weight may influence obesity diagnosis and care
医師の体重は肥満診断と治療に影響を及ぼすかもしれません。
 肥満処置と信念が医師自身のBMIによって異なる
2012/01 EurekAlert Understanding causes of obesity in Aboriginal children
アボリジニの子の肥満の原因
2012/01 Pictures of food create feelings of hunger
食物の絵は飢餓の気持ちを作成します。
 外部刺激は私たちの摂食行動のホルモン調節を制御します。
2012/01 【日本語記事】BioToday 成人の褐色脂肪組織は寒いときにエネルギーを燃やして熱を生み出す
2012/01 EurekAlert Brown fat burns calories in adult humans
褐色脂肪は成人でカロリーを燃やします。
2012/01 【日本語記事】BioToday 太っている人ほど痛がり/米国100万人超を対象にした試験
2012/02 LiveScience Obese People Have More Pain, Study Finds
2012/01 【日本語記事】BioToday 太りすぎや肥満の思春期女児はにきびを生じやすい
ベストな脂肪量はどのくらい?
動物でも飢餓対策に肥満しやすいが、太りすぎると天敵に食われやすくなる
2012/01 LiveScience Why Some Animals Are Fatter Than Others
大きいこうもりは小さいのより少ない脂肪、大きい肉食動物は小型肉食動物より多くの脂肪。
齧歯動物の中では、最も多くの脂肪を持ち歩くのは、中型の種です
2012/01 EurekAlert Why bats, rats and cats store different amounts of fat
こうもり、ネズミ、および猫が異なった量の脂肪を格納する理由
ストレスで肥満、肥満でストレス
2012/01 Weighing up the causes of obesity
寝不足で食欲が増加するその機序
2012/01 EurekAlert Lack of sleep makes your brain hungry
寝不足で、あなたの脳は空腹になります。
 睡眠不足によって、人の食欲感覚に貢献する特定の脳の領域が、食物イメージに対応してさらに活性化する
2012/01 【日本語記事】AFP ダイエットは小さな食器とカラーコーディネートで、米研究
 小さくて料理と合わない色の食器を使うと、盛り付ける食べ物の量が9~31%減った
 現代のディナープレートの大きさは、約110年前の1900年と比べて23%近く大きくなっている
2012/01 EurekAlert Using contrasting colors to reduce serving sizes and lose weight
サイズに役立ちながら減少して、やせるのに対比色を使用します。
2012/01 【日本語記事】BioToday 1日のおやつ/食事の回数が多い女児は体重が増えにくい
2012/01 【日本語記事】BioToday 米国の小児や成人の肥満化は頭打ちになっている模様
2012/01 【日本語記事】BioToday CD36発現レベルが高い人ほど脂肪をより容易に検出しうる
特定のCD36遺伝子多型を有する人は脂肪検出能力が優れている
グリセミック指数の低い食品は太りすぎの、そして、肥満体の大人達の炎症のマーカーを減少させます。
2012/01 EurekAlert A diet rich in slowly digested carbs reduces markers of inflammation in overweight and obese adults
2012/01 【日本語記事】BioToday ゆっくり消化される炭水化物は太り過ぎ/肥満の人の炎症を下げうる
2012/01 EurekAlert Gut microbe networks differ from norm in obese people, systems biology approach reveals
システム生物学アプローチは、肥満体の人々の腸内細菌叢が標準と異なっているのを明らかにします。
2012/01 【日本語記事】MT Pro 抗肥満薬としても有望? GLP-1は糖尿病の有無にかかわらず体重を減らす
デンマーク・25試験対象のシステマチックレビューとメタ解析
2012/01 読売新聞 女性は腹囲80センチ以上も肥満症に 学会検討
 日本肥満学会は、体格指数(BMI)25未満で、腹囲80センチ以上の女性についても肥満症の対象とする検討を始めた。
2012/01 【日本語記事】BioToday 食べ過ぎによる脂肪量増加は摂取蛋白質量の影響を受けない

→年月別の目次

go 最新の記事へ




 以上、 →2012年1〜4月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー