未分類:
2012年前半

ほか「未分類」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


6月


2012/06 LiveScience World's Oldest Meteorite Crater Found
世界最古の隕石クレーターが見つかりました
エリアは、貴重なミネラルが含まれる場合があります。
2012/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 「太陽系最古の隕石」から新種の鉱物を発見
「アエンデ隕石」の分析で、新種の鉱物が見つかり、パングアイト(panguite)と命名された。
Earth and Planetary Science Letters
2012/06 EurekAlert Earth's oldest known impact crater found in Greenland
地球のグリーンランドで見つけられる中で最も古い知られているインパクト・クレーター
2012/06 news@nature.com Injected proteins protect mice from radiation poisoning
注入されたタンパク質は放射能汚染からネズミを保護します。
Two drugs increase survival of mice even after radiation exposure.
2つのドラッグが、放射線被曝の後にさえネズミの生存を増加させます。
2012/06 【日本語記事】National Geographic 脊髄の“間接回路”の役割を解明
 ヒトなどの霊長類が手指を器用に動かせるのは、大脳からの指令が筋肉に直接送られる神経回路のほかに、脊髄にあるもう1つ別の“間接回路”による
 自然科学研究機構・生理学研究所、福島県立医科大学、京都大学の共同研究チーム
2012/06 BBC News Jack Osbourne diagnosed with MS, Ozzy and Sharon reveal
ジャック·オズボーンは、MSと診断された
オジーとシャロン·オズボーンは、息子ジャックが不治の神経学的状態、多発性硬化症(MS)があることを明らかにした。
2012/06 時事通信 J・オズボーンさんが多発性硬化症=娘が生まれたばかり
2012/06 朝日新聞 ソニー、BD技術生かした細胞分析装置販売へ
 ブルーレイディスクでつちかったレーザー技術を生かした細胞分析装置「セルソーターSH800」
2012/06 EurekAlert Research debunks bodybuilding myth: Growth-promoting hormones don't stimulate strength
ボディービル神話:成長促進ホルモンは強さを刺激しません。
 運動関連のテストステロンと成長ホルモン
 ウェイトリフティング後の筋肉増強の有力な役割を果たさない
2012/06 EurekAlert Physicists predict success of movies at the box office
物理学者は興行収入で映画の成功を予測します。
 日本人の科学者のグループは、興行収入で1セットの数学的モデルを使用することで超大作映画の成否を予測できる
ピーター・シンガー
2012/06 Award for Singer 'madness'
2012/06 EurekAlert Racial and ethnic disparities in awareness of heart disease risk in women
女性の心臓病リスクの認識における人種・民族の不一致
 心臓病のリスクの認識と心臓発作の兆候は異なった人種的で民族のグループと年令の女性の中で大いに異なります。

2012/05 EurekAlert  UC Santa Barbara researchers develop synthetic platelets
合成の血小板
2012/06 【日本語記事】BioToday 生殖可能年齢女性の説明不能な疲労が鉄摂取で軽減しうる

5月


2012/05 A 16th Century Venetian Vampire
16世紀のベネチアの吸血鬼
2012/05 【日本語記事】BioToday 通勤距離が長いと運動不足になって心肺や代謝が悪化するようだ
2012/05 EurekAlert Long commutes may be hazardous to health
長い通勤は体に悪いかもしれません。
長い通勤距離が新陳代謝のリスクの減少している心臓性呼吸フィットネス、増加する重さ、および他のインディケータに関連している
2012/05 LiveScience Columbus May Not Have Been First to America
コロンブスはアメリカに最初にされていない可能性が
曲がりくねった調査利回り驚くべき新世界を発見したかもしれない人についての手がかりと...
2012/05 読売新聞 男性型脱毛症「犯人」を見つけた…新薬に期待も
 「プロスタグランジンD2」の遺伝子の働きが、脱毛部では活発で、毛のある部分の約3倍に上る
 プロスタグランジンD2は、皮膚内の「GPR44」というたんぱく質と結合して脱毛症を引き起こす
2012/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 男性型脱毛症の原因物質と仕組みが解明される
2012/05 読売新聞 奥尻島、600~700年間隔で大津波襲来か
 平川一臣・北海道大名誉教授

4月


2012/04 【日本語記事】Nature 心筋細胞が心臓の発生を推進する
ゼブラフィッシュの心臓の表層筋はほんの少しの心筋細胞から作り出され、これらの細胞は幹細胞集団に類似したクローン優位性を示す
2012/04 【日本語記事】BioToday
 歯石/歯垢除去と心血管疾患リスク低下が関連する/台湾での試験
2012/04 news@nature.com Wind power 'can be cheaper' than photovoltaics, study says
風力、研究に'より安い場合があること'が光発電でそうすると書かれています。
Some countries could save money by switching from solar to wind.
いくつかの国が、巻き上げするためには太陽から切り替わることによって、お金を貯めることができるでしょう。
2012/04 【日本語記事】BioToday 歯周病が心疾患や脳卒中を引き起こすことは示されていない/AHA
2012/04 EurekAlert No proof that gum disease causes heart disease or stroke
歯周病が心臓病か卒中を引き起こすという証拠がありません。
2012/04 BBC News 'Eggless' chick laid by hen in Sri Lanka
鶏は、健康な "eggがない"ひよこを産む
スリランカの鶏は、最初に来たから古い質問に新しい工夫で、卵なしで生きてひよこを生みます。
The chick is fully formed and healthy, although the mother has died.
要らなくなったメガネを発展途上国に贈るのはやめて
2012/04 Don't send your recycled glasses to developing countries
 困っているだれかを助けたいなら、10ドルの目の検査と新品の眼鏡を送るほうがはるかによい
2012/04 【日本語記事】Nature 生態:人口移動の正確な予測
生態:移動性および移住のパターンの普遍的モデル
2012/04 Nature A universal model for mobility and migration patterns
doi:10.1038/nature10856
2012/04 【日本語記事】ワイアードビジョン 「天才が生まれる社会」をどう作るか






3月


2012/03 毎日新聞 知りたい!:人も冬眠できる? 「省エネ」で抵抗力向上、医療へ活用期待
 玉川大学術研究所特別研究員の近藤宣昭さん
 90年にシマリスから「冬眠特異的タンパク質」(HP)というホルモンを発見
男性のハゲへの手掛かりを発見
2012/03 BBC News Clue to male baldness discovered
男性の脱毛のための生物学的なトリガーの発見は、新しい治療法を開発するための希望を発生させます。
2012/03 EurekAlert Experts identify inhibitor causing male pattern baldness and target for hair-loss treatments
男性型はげ頭症でProstaglandin D2と呼んだ異常量を特定しました。
2012/03 読売新聞 魚はエラからセシウム排出…特殊な細胞の穴
2012/03 毎日新聞 臓器移植:心停止後移植でも臓器機能保持 自治医大チーム、ラットで
2012/03 Science Photoacoustic Tomography: In Vivo Imaging from Organelles to Organs
光音響トモグラフィー:細胞小器官から臓器までのin vivoイメージング
2012/03 EurekAlert The Japanese traditional therapy, honokiol, blocks key protein in inflammatory brain damage
日本の従来の治療(ホーノキオール)は扇動的の脳傷害で主要なタンパク質を妨げます。
 honokiolはKlf4(DNAを規制するのが知られているタンパク質)を通した活性化ミクログリアの親炎症性サイトカインと扇動的の酵素の生産を下に規制できます
2012/03 【日本語記事】BioToday アメリカでシャーガス病が広まりうる
2012/03 EurekAlert With climate change, US could face risk from Chagas disease
2012/03 読売新聞 十二指腸潰瘍できやすい「O型」…他の1・4倍
2012/03 【日本語記事】BioToday コーヒー摂取と慢性疾患リスク上昇は関連しない

2月


寒さの中でどのくらい食べ物がなくても生き残ることができますか?
2012/02 BBC News Who, What, Why: How long can someone survive without food?
2012/02 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 雪に埋もれた車に 2 ヶ月間いた男性が救出される、冬眠状態か
 スウェーデン北部
2012/02 毎日新聞 リスクと向き合う:「食」の周辺 植物工場 消費者浸透、なお課題 政府が強力支援、コスト低減が不可欠
2012/02 【日本語記事】BioToday 運動後に冷水に浸かると筋肉痛や疲労が和らぐ/コクランレビュー
2012/02 Science Dead Reckoning the Lethality of Bird Flu
鳥インフルエンザの致命率に関する絶望的観測
2012/02 EurekAlert Exercise in early 20s may lower risk of osteoporosis
20年代前半における運動は骨粗鬆症の危険を下げるかもしれません。
 20年代前半における体操は、骨の発達を改良して、人生で後で破砕の危険を減少させるかもしれません
2012/02 【日本語記事】BioToday マッサージは高負荷運動後の炎症を鎮め、ミトコンドリア生成を促す
2012/02 EurekAlert Massage is promising for muscle recovery
筋肉回復に、マッサージは有望です。
2012/02 【日本語記事】AFP 疲れた筋肉のマッサージに思わぬ効果、カナダ研究
2012/02 BBC News Do the dead outnumber the living?
死者・生者

1月


2012/01 EurekAlert More efforts needed to address motor vehicle deaths among American Indians and Alaska Natives
より多くの研究とプログラムが、インディアンとアラスカのネイティブの人口に自動車関連の死の高いレートを記述するのに必要です
2012/01 news@nature.com Prion diseases hide out in the spleen
プリオン病は脾臓に隠れます。
UK population could harbour thousands of silent infections.
イギリスの人口は何千もの隠れ感染を抱くかもしれません。
2012/01 EurekAlert High school whiz kids may face reading comprehension issues in university
高校の神童は大学で読解力問題に直面するかもしれません。
2012/01 EurekAlert 15 minutes of fame lasts a bit longer for artists who hit pop charts
アメリカのポップスデータの詳細に渡る分析
 アルバムチャートを打ったミュージシャンがもつのは平均的に5年余り
 1/3以上は'一発屋'でしょう。
2012/01 【日本語記事】BioToday 短距離走者は足前部骨が長く、足底屈筋モーメントアームが短い
2012/01 EurekAlert Foot and ankle structure differs between sprinters and non-sprinters
足と足首の構造はスプリンターと非スプリンターの間で異なります。
2012/01 LiveScience Mysterious Skin Condition 'Morgellons' Not Contagious, Study Says
神秘的な皮膚の状態"モルジェロンズ"伝染され、調査は言う
医師たちは現在、その症状がクロール感覚と皮膚に埋め込まれた繊維状物質を含む希少な神秘的な皮膚の状態についての詳細を知っている。
2012/01 【日本語記事】BioToday 身長が高い男性は心不全を起こしにくい
2012/01 毎日新聞 酸化ストレス:群馬大、可視化に成功
 群馬大の岩脇隆夫講師(分子細胞生物学)らの研究チーム
 体内の活性酸素が細胞などに損傷を与えて起きる障害「酸化ストレス」を光で確認できるマウス実験に成功
 生きたマウスでの可視化は世界初
2012/01 LiveScience World's Smallest Ear Can Hear Germs
 微細音用マイク
2012/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 世界最小の耳「ナノイヤー」、バクテリアの音を聴けるようになるかも
2012/01 【日本語記事】BioToday 無症状の心房細動は脳卒中や全身塞栓症リスク上昇と関連する
2012/01 Why humans choose running over walking
人間が歩きより小走りを選ぶ理由
 秒速2mが一般にここちよい理由 筋肉のエネルギー効率が最適になる


 以上、 →2012年前半の記事でした


→ 「未分類」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー