文化人類学:
2007年

ほか「文化人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Deep listening: working with Indigenous mental distress 【MP3ファイル】
2007/12/22 ABC@オーストラリア
「深き聞き取り:ネイティブの心の障害を見る」

どうやって語らせればいいのだろう。
文化と言語の障壁が大きく立ちはだかる、先住民のメンタルヘルス問題。
複雑に影を落とす不幸な歴史と誤解の折り重なり。
異文化間コミュニケーションと、医療。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット Deep listening
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語『熱帯の焼畑民 マレーシア・サラワク州のイバン族』
2007/12 高知大学ラジオ公開講座
 講師:田中 壮太(黒潮圏海洋科学研究科)
2007/12 【日本語記事】共同通信 アイヌ民族を先住民と明記 北海道白老町「基本方針」
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2007122901000164.html
2007/12 【日本語記事】AFPBB News 北米先住民族ラコタ、米国から「独立宣言」
http://www.afpbb.com/article/politics/2328199/2469480
2007/12 【日本語ブログ】surontiko masyarakat/ilmu alam /福島真人 
古典を読む(文化人類学)
「重箱の隅をつつくように、過去の政治的バイアスを穿り出す、みたいな歴史研究ばかりやっているうちに、古典の可能性などどっか行ってしまった。」
2007/11 【日本語記事】nikkeibpコラム 伊藤洋一の『BRICsの衝撃』
カーストと貧困のインド[後編]「貧富の固定化」が生む課題
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/itou/10/
「ヴァルナ」と呼ばれる肌の色による差別と、「ジャーティ」という職業別の身分差別が複雑に絡み合っている
インド国内に約2億人(よって10人に2人)いると言われる不可触賤民「ハリジャン(神の子)」は、自らを「ダリット(Dalit)壊された民」と呼ぶ。
「日本人たる者は!」というファシズム
2007/10 PhysOrg Anthropologist finds cultural emphasis on group over individual might hinder democracy
人類学者は、発見する:個人をさしおいた文化的グループの強調は民主主義を妨げるかもしれない
2007/10 New Scientist Getting married saps your testosterone
結婚は、あなたのテストステロン量を下げる
 ケニヤ北部の生活牧羊者で生きるAriaal族
 彼らは彼らが結婚する時だけ男性ホルモンレベルの衰退を経験する
 発見は、テストステロン減少において年齢要因以外の、社会的・進化上の説明を与える。
2007/09 Anthropology News 48(6) Problematic Language Assessment in the US Census
米国人口調査における問題を含む言語評価
Ana Celia Zentella, Bonnie Urciuoli, Laura R Graham
 2000年の時点で、アメリカ人の2割は、家では英語以外の言語を使っており、かなりの急増率


Building on Strength: Language And Literacy in Latino Families And Communities

 強さの上で構築すること:ラテンアメリカ系市民家族及びコミュニティにおける言語及び読み書きの能力
 Ana Celia Zentella (編集) Teachers College Pr (2005/8/17)


Growing Up Bilingual: Puerto Rican Children in New York

 バイリンガルに成る:ニューヨークのプエルトリコっ子
 Ana Celia Zentella (著) Blackwell Pub (1997/04)


Exposing Prejudice: Puerto Rican Experiences of Language, Race, and Class

 偏見をさらすこと:プエルトリコ人が見た言語、人種及び階級
 Bonnie Urciuoli (著)  Westview Pr (Short Disc); New Ed版 (1996/07)


Performing Dreams: Discourses of Immortality Among the Xavante of Central Brazil

 機能する夢:中央ブラジル・シャヴァンチ族に伝わる不死のディスコース
 Laura R. Graham (著) Univ of Texas Pr (1995/10)


2007/09 Anthropology News 48(6)
 Efforts to Reject Muslims From the Human Family Prove Ridiculous
ヒト家族からムスリムを拒絶する努力は、ばかばかしいと判明する
A Response to Stanley Kurtz' "Marriage and the Terror War," Part 2
Sabra Webber
 「いとこ婚」は田舎より、都市部の貧困層で多いわけで
 南インドを見れば、イスラムよりヒンディーで近親婚が多い状態
 女性の婚期が早く、貧しい閉鎖的なコミュニティでは、宗派云々に関わらず近親婚は頻発するものである
All the Mothers Are One: Hindu India and the Cultural Reshaping of Psychoanalysis
 Stanley N. Kurtz (著)  Columbia Univ Pr (1992/7/15)
Romancing the Real: Folklore and Ethnographic Representation in North Africa
 Sabra Jean Webber (著)  Univ of Pennsylvania Pr (1991/11)

2007/09 Anthropology News 48(6) 特集「Conflict Resolution and Anthropology」
リンク An Analytic Introduction and a Call for Interdisciplinary Engagement
 我々は、ヒトの協力性質と暴力要因について新しい理論を進展させ続ける
 Mark Davidheiser, Inga E Treitler


The Human Potential For Peace: An Anthropological Challenge To Assumptions About War And Violence

 平和に対するヒト可能性:戦争及び暴力についての仮定への人類学的な挑戦
 Douglas P. Fry (著)  Oxford Univ Pr (Sd) (2005/07)


Beyond War: The Human Potential for Peace

 戦争を越えて:平和をもたらすヒトの可能性
 Douglas P. Fry (著)  Oxford Univ Pr (T) (2007/1/20)


Keeping the Peace: Conflict Resolution and Peaceful Societies Around the World

 平和の保持:世界中の対立決議と平和な社会
 Graham Kemp, Douglas P. Fry (編集)  Routledge (2003/10)


The Anthropology of Peace and Nonviolence

 平和と非暴力の人類学
 Leslie E. Sponsel, Thomas Gregor (編集)  Lynne Rienner Pub (1994/3/15)


Endangered Peoples of Southeast and East Asia: Struggles to Survive and Thrive

 東南~東アジアの危険に瀕した人々:生き抜くためのあがき
 Leslie E. Sponsel (編集)  Greenwood Pub Group (2000/3/30)



A Natural History of Peace

 平和の博物誌
 Thomas Gregor (編集)  Vanderbilt Univ Pr (1996/06)


Naked Science: Anthropological Inquiry into Boundaries, Power, and Knowledge

 裸の科学:境界、パワー及び知識の人類学的調査
 Laura Nader (編集) Routledge (1996/03)

 リンク 紛争処理過程研究の現在:ローラ・ネイダーのADR批判を中心に
 高野さやか 2003年 現代人類学研究会


Ethnography in Unstable Places: Everyday Lives in Contexts of Dramatic Political Change

 不安定な場所における民族誌学:劇的な政治的な変化の前後関係における日常生活
 Carol J. Greenhouse, Elizabeth Mertz, Kay B. Warren (編集)   Duke Univ Pr (Tx) (2002/03)

2007/09 Anthropology News 48(6) 特集「Conflict Resolution and Anthropology」
 A Historical Overview of Anthropology and Conflict Resolution
 人類学と紛争解決の歴史の概観 Kevin Avruch

2007/09 Anthropology News 48(6) 特集「Conflict Resolution and Anthropology」
 What's Good About Conflict?
 Laura Nader

2007/09 Anthropology News 48(6) 特集「Conflict Resolution and Anthropology」
 The Halle Approach to Integration and Conflict
 G殤ther Schlee

2007/09 Anthropology News 48(6) 特集「Conflict Resolution and Anthropology」
 Building Sustainable Imagined Communities
 Bruce White
2007/09 Anthropology News 48(6)
 Celebrity Big Brother, Inequality and Hindu Nationalism in India
有名人独裁者、不平等とインドにおけるヒンズーの国家主義
Opportunity for Critique of Internal Inequalities Minimized in Debates About International Racism
国際人種差別についての討論で最小にされる内部不平等の批評のための機会
Elizabeth Finnis
2007/09 Anthropology News 48(6) Nicholas Wade Speaks to Leakey Audience
リーキー基金の集会で語るニコラス・ウェイド
Productive Dialogue or Dangerous Advocacy?
生産的な対話または危険な主張?
Rachel Dvoskin  ・ニコラス・ウェイド
2007/08 【日本語記事】JanJan カナダ:先住民族との土地譲渡条約にさまざまな反応
 政府とのブリティッシュコロンビア州土地請求交渉に、ようやく出口が見え始めた
アボリジニの喫煙も目の敵かい
2007/08 BBC News Aborigine smoking rates targeted
 Very high rates of smoking among Australia's Aborigines are the target of a new campaign by health officials.
2007/07 【日本語記事】JanJan 米国のモン(Hmong)族の若者が向き合う暗い歴史
http://www.janjan.jp/world/0707/0707290039/1.php
 米国に住む多くのモン族第二世代に、モン族の歴史を新たに認識させる事件
 ベトナム戦争中にモン族は米軍に協力したにもかかわらず、終戦後、米軍はモン族社会を置き去りにした。

2007/07 【日本語記事】朝日新聞 文明拒むインディオ、突然出現 歌残し姿消す アマゾン
http://www.asahi.com/international/update/0712/TKY200707110554.html
2007/07 【日本語記事】JanJan 米国:経験を共有したアメリカ先住民と移民
2007/07 【日本語記事】JanJan ダルフール紛争を知らない日本人
 2003年2月に内紛が起こり、以来、20万とも言われる人々が殺害され、強姦され、
250万人が家屋を失い、今だ解決の目途すら立っていないスーダンの悲劇
2007/07 【日本語記事】JanJan アフリカは遠いか ダルフール紛争に
 日本のマスコミがダルフール紛争を取り上げないのは、中国批判を控えているからなのだろうか
デジタル録音で、チベットの失われゆく民族音楽をいまのうちに保存しろ
2007/07 National Geographic Digital Music Project Races to Save Tibetan Folk Songs







2007/06 【日本語記事】JanJan オーストラリア:アボリジニの失われた過去は戻って来ない
アボリジニ居住区の北部における飲酒やポルノを禁止
 性的児童虐待を抑制するために ~オーストラリア政府
2007/06 New Scientist Aboriginal child sex abuse a 'national emergency'
2007/06 BBC News Alcohol banned in Aborigine areas
Plans by the Australian government to ban alcohol and pornography in some Aboriginal communities have been branded racist by critics.
オーストラリアの政府による計画:アボリジニの一部コミュニティでアルコールやポルノを禁止する:は、人種差別の烙印を押された
2007/06 BBC News Aboriginal abuse curbs 'racist'
2007/06 BBC News S Leone bans child brides not FGM
シェラ・レオネ、幼い花嫁を禁止するが、女子割礼は容認
議会は子供の権利議案を通した。未成年の結婚式を禁止、女性の割礼を非合法化する条項を却下
2007/06 【日本語記事】JanJan アイヌ民族の今と未来 「文化振興法制定」10年*
2007/05 【日本語記事】JanJan ラテンアメリカ:先住民の「失われた10年」
 先住民の住んでいる地域は、期せずして天然資源が豊富な地域であることが多いため、地元 住民である先住民の意向をまったく無視した、多国籍資本による資源開発が頻発している。
2007/05 Anthropology News 48(5) Anthropologists Should Shed Light on the Violence in Balochistan Province, Pakistan
人類学者は、Balochistan行政区(パキスタン)で暴力に光を注がなければならない
2007/05 Anthropology News 48(5) Land Grab Here and Real Estate Market There
中国の不動産改編
大災害、大虐殺の死者の身元確認がもたらす撹乱
最愛のものが死んだことを確認するために、おのれの血を提供する
中には、「さらった子を育てていた」事実が暴かれ、検査=両親の逮捕、という事例も発生している
2007/05 Anthropology News 48(5) DNA Identification
DNA鑑定 真実と司法の期待をチェックすること
Checking Expectations of Truth and Justice
2007/05 Anthropology News 48(5) Muslim Women and the Public Sphere in Europe
ヨーロッパにおけるイスラム教徒女性と社会領分
2007/04 National Geographic Drug Wars Threaten to Wipe Out Amazon Nomads
  薬戦争が脅す ― アマゾン遊牧民を一掃する
 コカイン植物をめぐる市民の争いと戦争は、コロンビアの貴重な狩猟採集民を破滅に追いやる
2007/04 New Scientist Aboriginal health lagging 100 years behind
語りは汝の知識を表さず
2007/04 EurekAlert What people say may not be what they know
Increased observation, skepticism of talk about environmental knowledge necessary
聞き手に合わせて語る内容は語り手の内実を示さない
ネイティブと交渉するときはご用心 ヨソモノ対策の語りではないのか
2007/04 【日本語記事】JanJan コロンビア:変わる世界、変わる信徒
 91年にコロンビア新憲法が信教の自由を認めると、人口4,300万人のうち、プロテスタント信者は200万人に拡大。
さらに2006年には500万人に拡大した。一方、国民の90%を占めていたカトリック教徒の割合は82%に減少した。
2007/04 【日本語記事】JanJan 先住民の権利、再度無視される
 国際労働機構(ILO)は、1989年6月、独立国における先住民・部族民に関する条約(169条約として知られる)を提出したが、 批准国は主にラテンアメリカの18カ国止まり。欧州ではノルウェー、オランダ、スペインが批准したのみ、ドイツは先週否決。
グアテマラでは、政府が2003年にカナダのグラミス社に金の採掘権を与えたことから、金鉱のある南西部マルコス居住のマヤ農民との間で紛争。政府はマヤ・インディアンの要求を無視している。
2007/04 【日本語記事】中央日報@韓国  韓国人25%「所得が異なる人との対話は不便」
所得階層・世代間断絶の問題を軽視してはならない水準に達した
宗教・政治より、地域・学歴基準に友人を作る傾向
所得が異なる階層と対話をする際「不便だ」22.3%、「非常に不便だ」2.5%
世代差がある人と対話する時「不便だ」(「非常に不便だ」を含む)24.6%
集団間不便「宗教」18.3%、「学歴」18.8%、「政治性向」18.1%、「出身地域差」11.6%
人に対する全般的な信頼度も低い。
2007/04 【日本語記事】goo/共同通信 北大に先住民族研究施設 アイヌ、アボリジニなど研究
2007/04 Anthropology News 48(4)
 Beyond Regulation: Ethical Questions for Research With Children
規制を越えて 子供との研究における倫理問題
我々は子供について、研究の間も含めて保護される側として受動的に考えがちである
子供は、成長過程にある、脆弱で未完成な存在
たしかに、児童は、大人とは異なる感情と生理にあるし、虐待の被害者にもなりやすい。
が、現実には子供は彼ら自身の権利において、社会的に自立的な存在であるわけで
 Turkey, Europe and the Middle East
トルコのポジションをめぐる三つの視点 EUから見れば/トルコから見れば/中東から見れば
 The Middle East Amongst Us
我らが内なる中東 西欧vsイスラムの2分悪弊を超えるには中東世界の人類学者の協力が必要だ
 Race: Are We So Different?
ミネソタ科学博物館の展示「人種:我々は、そんなに違うのか?」 ~Alan Goodman/Robert Garfinkle
 Cultural Rights Exceptionalism and the US Domestic Human Rights Movement
文化的権利例外主義と米国内の人権運動
人民を守れ
2007/03 BBC News Peru 'must protect Amazon tribes'
ペルーは、『アマゾンの民を保護してくれ』
 ペルーはアマゾン川の隔離民族を違法な伐採者から保護するために、素速く行動しなければならない
 伐採者は殺されているし、ネイティブは外からの疫病で死んでいく
2007/03 EurekAlert Johns Hopkins researchers examine why people eat the foods they do
人が食糧を食べる理由を調べる
人々は、彼らの収入レベルや、食糧の健康利益とコストにおける彼らの所信に基づく食糧を購入する。
しかし、民族性と性別も、人々の食糧選択に影響を与える
祖先がいちばんよく知っている:僻地アマゾンにおける小児期健康の鍵は薬草(植物知識)
2007/03 EurekAlert Mother knows best: Plant knowledge key to childhood health in remote Amazon
子供の健康な発育に大事な土着の知識を、徐々にむしばんでいくグローバライゼーション
2007/03 EurekAlert Survey reveals family ties and traditional activities keep arctic communities vital
活気のある北極コミュニティを保つには、家族つながりと伝統的な活動を

我々の遺伝子に手を出すな
 太平洋ネイティブ、バイオプロスペクトの搾取に異議申し立て
2007/03 ABC@オーストラリア Hands off our genes, say Pacific Islanders
太平洋の島民は彼らのヒト、植物と動物に由来する遺伝子特許取得を制限する力を要求する ― たとえそれが国際特許法に反しているとしても。
2007/03 Evolution and Human Behavior  Volume 28, Issue 2
Signaling by consumption in a native Amazonian society
消費によって信号を送るアマゾンネイティブ社会 Pages 124-134
Ricardo Godoy, Victoria Reyes-Garc?xed;a, Tom?xe1;s Huanca, William R. Leonard, Thomas McDade, Susan Tanner, Vincent Vadez and Craig Seyfried
法外な複雑さをかかえた問題:アボリジニの健康政策
2007/03 EurekAlert Give a 'fresh start' to the health of the next generation of Indigenous Australians
原住民のオーストラリア人の次世代の健康に、『新たな出発』を与えなさい ~Ray Martin
インドへのバイオ農作物導入、急速すぎ
2007/03 Washington University New technologies coming too fast for Indian farmers
 開発途上国にもたらされる遺伝子組み換え作物栽培は、ローカル文化によって一枚ウワテの複雑さをかもす
 これらの作物と方法が与える影響の最初の詳細な人類学的なフィールドワークが完了
綿の種は、貧しい国における混乱である
2007/03 New Scientist Cotton seed is confusion in poor countries
 表面的には、モンサントBt綿のインド市場占有率は2003~2005に12%から62%まで上昇し成功を収めた。
 が、その数値は「綿の耕作システムにおける完全な故障」に寄与するという真相をおおい隠している
オアハカの反乱 Oaxaca Rebellion  南メキシコ
2007/03 Anthropology News 48(3)
 Anthropological Perspectives on the Oaxacan Rebellion
オアハカ反乱に関する人類学的な展望 オアハカと合衆国間の大規模な人の動き
 the Popular Assembly of the Peoples of Oaxaca (APPO). 
 The Rise and Fracture of the Popular Assembly of the Peoples of Oaxaca
オアハカ民衆会合の興亡
 オアハカは70年以上、最も巧妙かつ効果的な政治的機構に支配されていた
 APPOは、内部から砕かれ外部から乱打された
 Political Autonomy and Cultural Diversity in the Oaxaca Rebellion
オアハカ反乱における政治的な自律性と文化的な多様性
 Indigenous Demands and the Popular Assembly of the Peoples of Oaxaca
原住民の要求とオアハカ民衆会合
 Women in the Oaxaca Social Rebellion オアハカの社会反乱における女性
 Section 22: Trade Unionism or Education?
貧民や少数民族に押し付けられる、危険な廃棄物施設
2007/02 EurekAlert Study verifies more hazardous waste facilities located in minority areas
2007/02 【日本語記事】JanJan 金猪年の出産ブーム 人は合理性より気持ち
 繁殖力があり「最強の金運」金猪(黄金豚)の年、空前の出産ラッシュ
 実際は暦上は次の金猪年は2031年なのだがマーケットが煽った
2007/02 EurekAlert American culture in conflict with traditional values of Hispanic male immigrants
ヒスパニック男性の移民の伝統的な価値と対立しているアメリカ人の文化
アボリジニ児童の健康理解で特定されるギャップ
2007/02 EurekAlert Gaps identified in understanding Aboriginal children's health
 過去行われた調査の大半は身体的健康面ばかり 社会性や精神面はそっちのけ
 しかも西欧的尺度で云々されるわけで、土着の健康・幸福尺度じゃどうなのよ
2007/02 Anthropology News 48(2) February 2007
 Women's Dignity Scorched in Palestine
パレスチナで焦土化される女性の尊厳 きれいな水が断たれるとき
The 2006 UN Human Development Report, Beyond Scarcity:Power, Poverty and the Global Water Crisis
きれいな水と衛生学の個人の公衆衛生の方法欠如のための国際関心は女性の健康と尊厳の上で影響を与える。
 What Lessons Can Be Learned From History?
歴史からどんなレッスンを学べるか?
我々は「誰の」歴史から学ばなければならないか?
学ぶことができる全く中立無実な位置は、存在しない。
 On the Front Lines of War From an Anthropologist Infantryman
人類学者の歩兵から戦争の前線について
 Eight Points on War
戦争の8項目
War Is Not In Our Genes 戦争は、遺伝子にきざまれてはいない
Practical Interests Combine With Cultural Values  実際的な利害関係者は、文化的な価値と結合する
War Is a Causal Force 戦争は、因果関係の作用である
War Exists in Multiple Contexts 戦争は、複数の前後関係で存在する
Opponents Are Constructed in Conflict  敵は、対立で造られる
War Is a Vector of Internal and External Politics 戦争は、内外政治のベクトルである
Leaders Make War リーダーが、戦争を作る
Peace Is Hard Work 平和は、激務である
違法開発に対抗するためにGPSを駆使するアマゾン奥地の原住民
2007/01 National Geographic Amazon Tribes Use Latest Gadgets to Battle Developers

ブラジルに存在するアメリカ原住民のグループは予想以上に多い
 完全な隔離状態で暮らしている南米先住民集団は67部族にものぼる
 彼らは伐採者や鉱夫たちによる侵略によって種族絶滅の危機に瀕している
 おおかたのイゾラドたちは、隔離された生活を続けたいと考えている
2007/01 CNN Brazil sees traces of more isolated Amazon tribes
ブラジルは、隔離されたアマゾン種族の跡をさらに見る
 文化交流のないイゾラド部族、これまでは40程度と思われていた

_2007/01 先住民イゾラドの尊厳、FUNAIとインディオ


2007/01 Anthropology News 48(1)
An Informal Survey of Distant Education in Anthropology
 人類学における遠隔教育の非公式の調査
Anthropologists Must Enter the News About the Middle East and Expand Its Limits
 人類学者は、中東ニュースに介入し、その限界を広げなければならない


 以上、 →2007年の記事でした


→ 「文化人類学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー