進化心理学:
2011年7〜12月

ほか「進化心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 EurekAlert What are emotion expressions for?
感情表出は何のためのものですか?
 漫画のおっかない顔(逃走する直前のようなびっくり目)は、私たちの霊長類先祖が危険な荒野で生き残るのを助けたかもしれません
 恐怖などの表情進化は、周囲の人の感情の合図となる
2011/12 Evolutionary Psychology【PDF】
More men run relatively fast in U.S. road races, 1981-2006: A stable sex difference in non-elite runners
by Deaner, R. O., and Mitchell, D.

同性の友人関係、異性の友人関係
2011/12 Evolutionary Psychology【PDF】
Friends with benefits: The evolved psychology of same- and opposite-sex friendship
by Lewis, D.M.G., Conroy-Beam, D., Al-Shawaf, L., Raja, A., DeKay, T., and Buss, D.M. デイヴィッド・バス
2011/12 All it takes is a smile (for some guys)
女の微笑を、誘惑とか好意とか勝手に都合よく誤解する男たち、それは進化のせい
 デイヴィッド・バス
 Carin Perilloux, who conducted the research with Judith A. Easton and David M. Buss
 エッチ目的の男や、女に熱を上げている男は、「この女はイケる」方向の読み間違いを多くやる
 しかし、女性から見て高評価の男は、かような過剰読みはなさらない
2011/12 EurekAlert Human brains unlikely to evolve into a 'supermind' as price to pay would be too high
現状のコスト&ベネフィットでは、人間の脳は'「スーパー・マインド」'には進化しそうにない
 人間の精神は進化の「スイート・スポット」を突いており、
コンピューターとかとは違って、トレードオフなしでは、これ以上賢くなることができません
2011/12 Why aren't we smarter already? Evolutionary limits on cognition
認識力における進化論の限界
2011/12 【日本語記事】BioToday 賢さを制限している進化的要因、あまり賢くないことのメリット
2011/12 A vaccination against social prejudice
社会的偏見に対するワクチン接種
 進化心理学:偏見は、サバイバルに由来する
 私たちの遠い祖先は病気を運んだかもしれない部外者を避けなければなりませんでした。
 病気に無防備だと感じるとき、汚名をきせられたグループに対して、より多くの偏見を示す
 しかし、そのリンクを壊す現代の方法があるかもしれない
ワクチン接種や手指消毒などを通して惹起された安心感が、外集団(移民から肥満者まで)に対するバイアスを減少させうる
2011/12 Moral dilemma: Would you kill 1 person to save 5?
トロッコ問題のジレンマ:
 9割!の人は、5人を救うために一人を殺すと回答 ~ミシガン州立大
 Carlos David Navarrete 進化心理学者 カルロス・デヴィッド・ナバレテ
 調査結果が仮想ベースでない過去の研究と一致している
 スイッチを引かなかった関係者は、感情的テンパリが強かった
 この理由は未知だが、新兵が射撃に失敗するような、思考停止に近いものがあったのではないか
美声の候補者に有権者が惹かれるのは進化のせい
2011/11 EurekAlert Preferences shaped by evolution draw voters to candidates with lower-pitched voices
進化によって形成された好みは、太く低い声の候補者に有権者を引きつけます。
社会的動物へ
2011/11 BBC News Primates leapt to social living
200以上の霊長類種の分析
夜行性から昼行性に移行した際に、私たちの先祖が孤独な暮らしをあきらめたと示唆します。
2011/11 【日本語記事】Nature 進化:持ちつ持たれつの社会が生まれるまで…
単独で採餌する生活から大型の集団が直接進化
その後に、こうした大集団からつがい生活や雄が1匹のハレム制が派生
社会性の発生には、夜行性から昼行性への生活様式の移行が関係している。
進化生物学:社会性に通じる道
2011/11 Nature Evolutionary biology: The path to sociality
doi:10.1038/479182a
進化:霊長類での安定的な社会性の段階的進化
2011/11 Nature Stepwise evolution of stable sociality in primates
doi:10.1038/nature10601
2011/11 【日本語ブログ】霊長類の社会性の進化史
The Folly of Fools: The Logic of Deceit and Self-Deception in Human Life
●馬鹿の愚かさ: 偽りの論理と人間の人生における自己欺瞞
 Robert Trivers (著)
 Basic Books (2011/10/25)


トリヴァースの最新刊登場
2011/11 Science Sharp Insights and a Sharp Tongue
ハーバードの心理学者スティーブン・ピンカーは、ロバート・トリヴァースを「西洋思想史上の偉大な思想家のひとり」と呼びます。
スチュアート・ウェスト(オックスフォードの進化生物学の教授)は、最近、「チャールズ・ダーウィン以来の最も有力な進化生物学者のひとり」としてトリヴァースを挙げました。
そして、1999年に、Time誌は20世紀の最も偉大な思想家と科学者100人の中にトリヴァースを選びました。

既刊邦訳 『生物の社会進化』 ロバート・トリヴァース (著) 産業図書


Payback: Why We Retaliate, Redirect Aggression, and Take Revenge
●しかえし:ヒトはなぜ報復するのか
 David P. Barash (著), Judith Eve Lipton (著)
 デイヴィッド・バラシュ (著), ジュディス・リプトン (著)
 Oxford Univ Pr (2011/5/19)

2011/09 Evolutionary Psychology【PDF】
Passing pains: Revenge, retaliation, and redirected aggression in a new light
by Sun, L.

既刊邦訳
『不倫のDNA ヒトはなぜ浮気をするのか』 デイヴィッド・バラシュ (著), ジュディス・リプトン (著) 青土社 (2001/10)
『ゲーム理論の愉しみ方 得するための生き残り戦術』 D・B・バラシュ (著) 河出書房新社 (2005/12/10)


2011/11 Understanding emotions without language
言語なしで感情を理解しています。
 感情の理解は私たちが話す言語によりますか、または私たちの知覚は言語と文化にかかわらず同じですか?
 研究は感情的な信号の認知が言語によって動かされないという新しい証拠を提供します
 感情が1セットの生物学的に進化されたメカニズムを構成するという意見を支持して。

2011/10 BBC News Why feeling disgust can be good for us
2011/10 EurekAlert Culture in humans and apes has the same evolutionary roots
人間とサルの文化には、同じ進化ルーツがあります。
 文化は、人間に特有ではありません。
 オランウータン研究
 大型類人猿も、社会的学習能力を持って何世代も文化を伝える
2011/10 倫理の進化心理学:ピーター・シンガー&ロバート・ライト
弱者曰く「やっちまえ」
2011/10 Evolutionary Psychology 【PDF】
Competitive disadvantage makes attitudes towards rape less negative
by Nunes, K. L., and Pettersen, C.
競争力で不利な立場に置かれた者では、レイフ°行為に対する抵抗感が軽くなる
胎児期における性的指向への影響: 年上の兄弟数と指の長さの比率(2D: 4D)
2011/10 Evolutionary Psychology 【PDF】
Prenatal influences on sexual orientation: Digit ratio (2D:4D) and number of older siblings
by Kangassalo, K., Polkki, M., and Rantala, M. J.
「公共財」ゲーム
2011/06 Shame and honor increase cooperation
恥や名誉は協力を増加させます。
 名誉でも、恥でも、社会的な協力の奨励に等しくうまくいきます。
 恥の脅威と名誉の約束が、それぞれ協力を最大50パーセント増加させた

2011/06 Evolutionary Psychology 【PDF】
Is there a sensitive period in human incest avoidance?
by Liqun, L.
人間のインセスト回避感受期?
進化学的観点から見る子供の危ない遊び: ゾクゾクする経験の反恐怖症効果
2011/06 Evolutionary Psychology 【PDF】
Children's risky play from an evolutionary perspective: The anti-phobic effects of thrilling experiences
by Sandseter, E.B.H., and Kennair, L.E.O.
2011/06 Evolutionary Psychology 【PDF】
Is the social brain theory applicable to human individual differences?
Relationship between sociability personality dimension and brain size
by Horvath, K., Martos, J., Mihalik, B., and Bodizs, R.
社会的な脳理論は人間の個人差に適切ですか?
社交性と脳サイズの関係
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
That’s what friends are for
A review of Daniel J. Hruschka, Friendship: Development, Ecology, and Evolution of a Relationship
by Gray, P.B., and Escasa, M.J.
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
Conceptualizing the autism spectrum in terms of natural selection and behavioral ecology: The solitary forager hypothesis
by Reser, J. E.
行動生態学と自然淘汰の経緯として自閉症の領域を概念化する: 孤独な徴発者仮説
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
進化論の裁判心理学のための自動能の含意:
The implications of automaticity for evolutionary forensic psychology:
A review of Wray Herbert,
On Second Thought: Outsmarting Your Mind's Hard-Wired Habits
by Mather, R. D., and Boggess, A. L.
考え直しに関して: あなたの心の裏をかくと、習慣は配線されました。
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
そして、マキャベリ主義者の報道対策アドバイザはCartesian劇場のスポットライトからそれらを導くものとします:
And a Machiavellian spin doctor shall lead them from the spotlight of the Cartesian theater:
A review of Robert Kurzban,
Why Everyone (Else) is a Hypocrite: Evolution and the Modular Mind
by Mather, R.D., and Hurst, A.C.
Everyone(ほかに)がHypocriteである理由: 発展とモジュールの心

2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
監視手がかりは道徳的非難を機能アップします。
Surveillance cues enhance moral condemnation
by Bourrat, P., Baumard, N., and McKay, R.
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
人間の社会生態学の増加する複雑さの創発特性としての言語:
Language as an emergent property of the increasing complexity of the human socioecology:
A review of Mike Beaken,
The Making of Language (2nd Ed.).
by Grainger, J.M., and Jonason, P.K.
メイキング・オブ言語
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
全能でない、偽薬だけ:
Not omnipotent, but a placebo:
A review of Martin D. Jaffe,
The Primal Instinct: How Biological Security Motivates Behavior, Promotes Morality, Determines Authority, and Explains Our Search for a God.
by Petroff, M.G., and Jonason, P.K.
第一の本能: 生物学的セキュリティは、神のためにどう振舞いを動機づけて、道徳を促進して、権威を決定して、私たちの検索について説明するか。
2011/05 Science Red in Tooth and Claw Among the Literati
文学者と神経科学、進化心理学
 精神現象の起源について調査し、進化生物学と人文科学に橋を架ける進化心理学
 2007年以来、進化学などの科学思想を文学研究に組み入れる本や論文の数は、倍以上に増えています。







2011/09 Evolutionary Psychology 【PDF】
Parent-offspring conflict over mating: Testing the tradeoffs hypothesis
by Apostolou, M.
交配に関する親子の対立: 見返り仮説をテストします。
2011/09 Evolutionary Psychology 【PDF】
The affective quality of human-natural environment relationships
by Hinds, J., and Sparks, P.
人間の自然環境関係の感情の品質
2011/09 【日本語記事】Nature  進化:自信過剰はそれなりに理由がある?
 資源の利用可能性の増大とともに自信過剰が強まり、争いが増える傾向がある
 戦利品の価値が競争のコストを十分上回ってさえいれば、運は勇者に味方する
進化:肯定的幻想が選択されてきたわけ
2011/09 Nature Evolution: Selection for positive illusions
doi:10.1038/477282a
進化:過剰な自信の進化
2011/09 Nature The evolution of overconfidence
doi:10.1038/nature10384
2011/09 【日本語記事】National Geographic 人間の自信過剰は進化の置き土産?
2011/09 National Geographic Evolution of Narcissism: Why We're Overconfident, and Why It Works

不倫の距離
性的・感情的不定疑惑に関わる性特有の気持ちは空間的な距離によって左右される
2011/09 Evolutionary Psychology【PDF】
Spatial distance regulates sex-specific feelings to suspected sexual and emotional infidelity
by Schutzwohl, A., Morjaria, S., and Alvis, S.

生殖メッセージ埋め込み媒体としての歌
2011/09 Evolutionary Psychology【PDF】
Songs as a medium for embedded reproductive messages
by Hobbs, D. R., and Gallup, G. G., Jr.

性行動予測: どの特色が最も重要であるか、そして、なぜ?
2011/09 Evolutionary Psychology【PDF】
Predicting preferences for sex acts: Which traits matter most, and why?
by Peterson, A., Geher, G., and Kaufman, S.B.

Sex, Murder, and the Meaning of Life: A Psychologist Investigates How Evolution, Cognition, and Complexity are Revolutionizing our View of Human Nature
●心理学者が見たセ…クス、殺人、命:進化、認知能力、複雑さは、いかに我々の人間観を変革してきたか
 Douglas T. Kenrick (著)  Basic Books (2011/4/26)

貧民窟からセレブまで: 進化法廷心理学の動的システム
2011/08 Evolutionary Psychology【PDF】
From the gutter to the stars: The dynamical system of evolutionary forensic psychology:
A review of Douglas T. Kenrick,
Sex, Murder, and the Meaning of Life
by Mather, R. D., and McReynolds, E.

Development, Ecology, and Evolution of a Relationship
●発達、生態、および人間関係の進化
 Daniel J. Hruschka (著)  University of California Press (2010/9/24)

親族関係、愛情関係、友人つながりの進化生態を各文化に見た
2011/05 Evolutionary Psychology 【PDF】
That’s what friends are for
A review of Daniel J. Hruschka, Friendship:
Development, Ecology, and Evolution of a Relationship
by Gray, P.B., and Escasa, M.J.

On the Origin of Stories: Evolution, Cognition, and Fiction
●物語の起源を語れ:進化、認識能力、そしてフィクション
 Brian Boyd (著)  Belknap Press of Harvard University Press (2009/5/30)

ホメーロス、ホートン、進化学: ストーリーについての新しい見解
2011/06 Evolutionary Psychology 【PDF】
Homer, Horton, and evolution: A new perspective on narrative
A review of Brian Boyd, On the Origin of Stories: Evolution, Cognition, and Fiction
by Cooke, B.

The Moral Brain: Essays on the Evolutionary and Neuroscientific Aspects of Morality
●道徳的な脳: 道徳の進化的と神経科学局面に関するエッセイ
 Jan Verplaetse (編集), Jelle De Schrijver (編集), Sven Vanneste (編集), Johan Braeckman (編集)
 Springer (2009/9/3)

道徳と進化
2011/09 Evolutionary Psychology【PDF】
Morality and evolution:
A review of Jan Verplaetse, Jelle De Schrijver, Sven Vanneste, and Johan Braeckman (Eds.),
The Moral Brain: Essays on the Evolutionary and Neuroscientific Aspects of Morality
by Hubbeling, D.


■左利きと男-男競争: 戦いとホルモンのデータからの洞察
2011/08 Evolutionary Psychology【PDF】
Left-handedness and male-male competition: Insights from fighting and hormonal data
by Faurie, C., Llaurens, V., Alvergne, A., Goldberg, M., Zins, M., and Raymond, M.
排卵状態の身体的手がかり
高い繁殖能力における低いウエスト・ヒップ比と高められた顔の魅力の模写し損ない
2011/08 Evolutionary Psychology【PDF】
Physical cues of ovulatory status: A failure to replicate enhanced facial attractiveness and reduced waist-to-hip ratio at high fertility
by Bleske-Rechek, A., Harris, H., Denkinger, K., Webb, R.M., Erickson, L., and Nelson, L.
人間は決して進化しませんでした:
黎明期の交尾: 私たちはどのようにつがいになるか、そして、私たちはなぜさ迷うか、そして、それは現代の関係のために何を意味しますか
2011/08 Evolutionary Psychology【PDF】
The human that never evolved:
A review of Christopher Ryan and Caclida Jetha,
Sex at Dawn: How We Mate, Why We Stray, and What It Means for Modern Relationships
by Ellsworth, R. M.
涙なる信号の価値に、加齢に伴う変化を見た
2011/08 Evolutionary Psychology【PDF】
Age-related changes in the signal value of tears
by Zeifman, D.M., and Brown, S.A.
2011/07 EurekAlert UCSB scholars study the evolution of human generosity
ヒトにおける寛大さの進化
 行動科学における未解決問題の1つは、自然淘汰が、この微笑ましいが、どうやら自分にとって損になりうる行動傾向を温存なさった理由でした。
2011/07 EurekAlert Evolution of the evolutionarily minded
進化思考の進化
 チャールズ・ダーウィンの「種の起源」の公表以来、進化論は近代生物学の岩盤になっています
 しかし、人間の精神の理解への適用は、論議を呼んだままで残っています。
 過去30年間、人間の認識力についての進化学的解釈は進化心理学によって支配されています
 「現在の進化心理学パラダイムは1980年代に形成された」
 その頃は心のモジュール理論が大流行していて、進化のペースはもっと遅いものだと考えられていたんですけどね
2011/07 Darwin in Mind: New Opportunities for Evolutionary Psychology
2011/07 Adapting evolutionary psychology
 これまで何度か進化心理学について非常に批判的な書きつけをしてきた。
 しかし、進化心理学がらみのニッチ・コンストラクションの考えは、これまで以上に私を大いにいらだたせます。
2011/07 Co-evolution of belligerence and bravery
好戦性と勇気の共進化
The Demographic Benefits of Belligerence and Bravery: Defeated Group Repopulation or Victorious Group Size Expansion?
 負けたグループを勝った側が再植民できる場合、好戦性と勇気への選択圧が強まる


 以上、 →2011年7〜12月の記事でした


→ 「進化心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー