性淘汰 性差・性行動の生物学:
2011年7〜12月

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 EurekAlert High genetic diversity in an ancient Hawaiian clone
古代ハワイのクローンに高い遺伝子多様性
 ハワイのピートモスSphagnum palustreのは約5万年間現存するクローンであるように見えます。
2011/12 National Geographic Moss Has Cloned Itself for 50,000 Years, Study Says
2012/01 【日本語記事】National Geographic クローンで5万年も繁殖するコケを発見
2011/12 【日本語ブログ】トサカの進化は、相互の性選択の結果か
2011/12 EurekAlert Cockroach hookup signal could benefit endangered woodpecker
ゴキブリの性ホルモンは絶滅の危機に瀕しているキツツキにプラスになるかもしれません。
2011/12 Pop Charts Still Dominated by Men
そのうち女性も男性アーティストに匹敵するほどポップスチャートを席巻するだろうという1990年代後半にされた予測、いまだに実現せず
2011/12 Evolutionary Psychology【PDF】
More men run relatively fast in U.S. road races, 1981-2006: A stable sex difference in non-elite runners
by Deaner, R. O., and Mitchell, D.
2011/12 EurekAlert Complex sex life of goats could have implications for wildlife management
ヤギの複雑な性生活 シロイワヤギの交配習慣
2011/12 EurekAlert 
2011/12 BBC News Bloodless erections for big birds, say researchers
2011/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン ダチョウのペニスの勃起の謎が解明される
2011/12 EurekAlert Bigger, scarier weapons help spiders get the girl
より大きくて、より怖い兵器は、クモが彼女をゲットするのを助けます。
 ハエトリグモの兵器の見た目が大きければ大きいほど、ライバルは戦わずにそっと立ち去ってくれる
オスを妊娠するとちょっとオトク?
2011/12 EurekAlert Hanging with the boys ? female Alpine marmots benefit from a bit of pre-natal testosterone
雌のアルペンマーモットの生涯繁殖成功度、妊娠中に羊水を通して伝えられるテストステロンによって影響を及ぼされる
シロアリ被害を抑えてナンキンムシが駆除要請害虫ナンバーワンに
 アメリカでの南京虫被害の急増、近親交配しているせいもあるんじゃないか
2011/12 EurekAlert Inbreeding in bed bugs 1 key to massive increases in infestations
 ピレスロイドに耐性があるし非常に高いレベルの同系交配も
2011/12 【日本語記事】AFP トコジラミ大繁殖の秘密は「近親交配」、米研究
2011/12 EurekAlert Bottom of the swimming league: Naked mole rat sperm
ハダカデバネズミ精液、単純で退化している
つるんでナンパするイルカ
2011/11 ABC@オーストラリア Dolphins team up to get the girl
2011/11 EurekAlert They call it 'guppy love': UCLA biologists solve an evolution mystery
 野生のグッピーは少なくとも50万年間進化しています--男性の色彩が劇的に変化するためには長い間の十分。
 男性におけるオレンジのパッチは著しく安定した状態を保ちました。
 それはなぜそのような長日月の間、オレンジの同じ色のままで残っていますか?
 それが雌のグッピーが好む色であるので。
2011/11 朝日新聞 群れても浮気ナシ 夫婦で子育てする魚、アフリカで発見
 アフリカ・タンガニーカ湖にすむ熱帯魚「ロトゥンディベントラリス」
 京大動物生態学研究室の高橋鉄美研究員ら
局所的配偶者争奪戦下における性比調節の低下の実験的進化
2011/11 Science Experimental Evolution of Reduced Sex Ratio Adjustment Under Local Mate Competition
2011/11 ABC@オーストラリア The perils of promiscuity
乱交な鳥は、より多くのデキの悪いひよこをかえします。
調査結果は不貞の進化に関する従来のアイデアを打ち返します。
無差別なウタスズメが彼らのパートナー以外の鳥と交尾するとき、これらのカップリングが、より悪い質の子を生産すると報告します。
2011/11 EurekAlert Paying for sex and 'playing dead' - the deceitful gift-giving spider
セ…クスの代価を払って、'死んだふりをします'-- ニセ物の贈り物を与えるクモ
 キシダグモの一種は配偶者候補に絹で包装された贈り物を準備します。
 ほとんどの贈り物が昆虫を含みますが、いくつかの贈り物が、食べられない種子とか食べかすとかです。
男性は、移動離れたところの女性であれば'また死んだふりをし'ても、次に、交配を回復するのを試みるでしょう。
うそつきの男性の繁殖成功を調べて、女性が価値のない贈り物に感動していないのを示しています。
動物行動:乱交が引き合う理由
2011/11 Nature Animal behaviour: Why promiscuity pays
鳴鳥ユキヒメドリでは、不貞の子のほうが繁殖成功度が高い
doi:10.1038/479184a
2011/11 EurekAlert Monkey mothers found to be key to sons' reproductive success
サルの息子の繁殖成功度に母親は重要
 野生霊長類の研究
平等と寛容で統治されている猿社会について
性的に熟していながらも親元で暮らすオスは、母親と他の母方の親類の存在によって繁殖成功度が高めになっているっぽい
2011/11 ABC@オーストラリア Egalitarian monkeys share around paternity
ミソサザイ(鳥類)の雌雄が行う「二重奏」を実現する神経基盤
2011/11 Science Neural Mechanisms for the Coordination of Duet Singing in Wrens
2011/10 EurekAlert Elaborate plumage due to testosterone?
細かい羽毛はテストステロンのおかげ
 メスのミフウズラ、テストステロンが多いと細かい羽毛になり健康状態も良好
2011/10 【日本語ブログ】名大、交尾が排卵を引き起こす仕組みを発見
 スンクスにおいて交尾刺激は、視索前野のキスペプチンニューロンを活性化させることによってGnRH分泌を刺激し、排卵を誘起している

2011/10 【日本語ブログ】T.rex のSEX
2011/10 National Geographic Male Spiders Give "Back Rubs" to Seduce Their Mates
2011/10 【日本語記事】National Geographic “背中をさすって”口説くオスグモ
2011/10 【日本語記事】Nature 生理:食べ物が恋の滋養になるならば…
 嗅覚回路とフェロモン回路のクロストーク
 ショウジョウバエの雄が定型的な求愛行動に入る際には、十分な食物が近くにあることも必要
行動神経科学:果物風味の媚薬
2011/10 Nature Behavioural neuroscience: Fruity aphrodisiacs
doi:10.1038/478190a
生理:ショウジョウバエでは食物由来の匂い物質に対する嗅覚受容体が雄の求愛を促進する
2011/10 Nature An olfactory receptor for food-derived odours promotes male courtship in Drosophila
doi:10.1038/nature10428
2011/10 毎日新聞 ミトコンドリア:父性は細胞内自食で分解 母性遺伝解明
2011/10 毎日新聞 ミトコンドリア:母性遺伝の謎、夫婦で解明 群馬大教授と助教
 「父性」細胞内で「食われる」
 「オートファジー(自食作用)」と呼ぶ現象によって細胞内で分解される
2011/10 日本経済新聞 父のミトコンドリア、受精卵で食べられ消滅
群馬大が母性遺伝の仕組み解明
2011/10 読売新聞 「母性遺伝」仕組み解明、群大教授夫妻実験 米科学誌掲載
2011/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 父親のミトコンドリアが次世代に伝わらない機序が解明される
2011/10 EurekAlert Paternity of subordinates raises cooperative effort in cichlids
シクリッドにおける部下の父性は協調的努力を向上させます。
 非常に社会的なカワスズメ科の魚のNeolamprologus pulcherは協力的な繁殖行動を見せます
 非両親が優位な繁殖組の子を育てるのに貢献する
2011/10 Cichlid male nannies help out, especially if they've been sneaking
自分の隠し子が混じっているなら、カワスズメ科の男性の乳母は助けます。
 時折優位な繁殖組のために保育で助ける下位の雄カワスズメ科の魚は、実際に彼らが育てるのを助ける子の何人かの父親です
 この卑劣な父性は彼らの注意で子への下位の魚の投資を上げます。
おのれの命をかけて
2011/10 EurekAlert Among insects, 'chivalry' isn't dead
昆虫の中では、'騎士道'は死んでいません。
 いくつかの雄コオロギがどうやら彼らの交配パートナーの人生をそれら自身のの前に置くでしょう。
 1つのメーテッド・ペアが一緒に出かけているとき、男性は、穴の安全への女性の優先アクセスを許すでしょう、食べられるという彼自身のリスクの急騰を意味しますが。
2011/10 EurekAlert Is chivalry the norm for insects?
騎士道は昆虫のための標準ですか?
2011/10 BBC News Chivalry isn't dead, if you're a cricket
2011/10 BBC News Female flies' immune genes turned on by males' song






2011/09 92% of Top Ten Billboard Songs Are About Sex
2011/09 BBC News Penis size does matter for bank voles, says study
ハタネズミの社会的支配への秘密は彼らの性器サイズ
 優位なオスは、より広い陰茎骨を持っている
2011/09 Sexy sons thanks to mom
おかあさんのおかげでセクシーな息子
 ゼブラフィンチのオスを特に魅力的にするのは、父親の優れた遺伝子ではなく、母親の卵へのリソース投資です。
2011/09 EurekAlert Koalas' bellows boast about size
コアラのふいごはサイズを自慢します。
 通常、コアラは彼らが鳴き始める交尾期まで怠惰です。
 最も大きいコアラは、より小さい男性より深い共鳴を起こします、
 最も小さい男性さえバッファローより大きく聞こえさせて、それらのサイズの100倍である共鳴を起こします。
2011/09 ABC@オーストラリア Bellowing koalas sound as big as a bull
2011/09 BBC News Secret of koala bellow revealed
2011/09 ABC@オーストラリア Females chase males with big nuptial gifts
女性は大きい婚姻ギフトの男性を追いかけます。
精液と栄養物のパッケージの形で、男性からの大きい「婚姻ギフト」
 安全な隠れることから雌の低木コオロギを誘い出すことができます
2011/09 Sexy snacks

ゼブラフィッシュ
2011/09 BBC News Very small male zebrafish use sneaky sex strategy
小さな魚が卑劣なセックスの戦術を使用して
最小のオスの魚は科学者によると、彼女の卵を受精させるために近づく女性に絞って、卑劣な交配の戦略を採用。
同系交配傾向が強い出自の女性は、乱交傾向が強めになる
2011/09 EurekAlert Female promiscuity can rescue populations from harmful effects of inbreeding
女性の不貞は同系交配の害から人口を救う
 遺伝学的に非互換な男性の精液を選抜せんとして、より無差別になります
 モデル種としてコクヌストモドキを使用して、研究者は女性の混乱、または'一妻多夫'の生殖の利益を調査しました。
2011/09 Science Inbreeding Promotes Female Promiscuity
同系交配はメスの乱交雑を促進する
2011/09 BBC News Scientists might have explained promiscuous behaviour

女の声色で排卵期を識別できるという説にダウト
2011/09 EurekAlert Do women's voices really allow men to detect ovulation?
女性の声で、男性は本当に排卵を検出できますか?
2011/09 ABC@オーストラリア Penguins sniff out their mates
混雑している居留地で、ペンギンは一生の伴侶の匂いをかぎつけることができます。
2011/09 EurekAlert Smells may help birds find their homes, avoid inbreeding
鳥は高度な嗅覚を備えている
 においが、家に誘導するのを助け、近親交配を避けるのにも役だっている気配
2011/09 【日本語記事】National Geographic 深海イカのオスはバイセクシャル?
2011/09 ABC@オーストラリア Sea squid are same-sex swingers
2011/09 National Geographic Squid Males "Bisexual"―Evolved Shot-in-the-Dark Mating Strategy
2011/09 BBC News Light shed on bisexual and promiscuous deep-sea squid
2011/09 【日本語記事】AFP 深海のキタノヤツデイカは「男女」見境なくセックスする、米研究
2011/09 EurekAlert Evolution keeps sex determination flexible
進化は性決定をフレキシブルに保ちます。
 赤ん坊の性決定は、ほとんどの種においては、遺伝子レベルでの厳格な管理です。
 遺伝子&ゲノムのメカニズムが使えなくなっても、有機体は急速に代償の性決定方法を進化させる
2011/09 EurekAlert Manipulative mothers subdue show-off sons
母親が子の性を選択できる場合、性淘汰は崩壊し、男性の求愛誇示は消滅します
 これは、オスのディスプレイがもはや魅力的ではないからです。
 男女比を制御できるなら、最も良い子を生産する上で派手なオスは必須ではなくなる

蝶だけでなく、マルハナバチもやっている「丘の上で会おうよ」
2011/09 BBC News Male bumblebees seek mates on the hills
シオマネキロボ
2011/09 BBC News Waving robotic crab arm attracts females
2011/09 EurekAlert Hummingbirds all a-flutter during courtship
ハチドリは求愛の間、すべてはためきます。
 女性に言い寄っている間、いくつかのハチドリ種の男性は彼らの尾羽で大きな音を発生させます。
2011/09 Science Aeroelastic Flutter Produces Hummingbird Feather Songs
空力弾性フラッターはハチドリの羽音を生み出す
2011/08 EurekAlert IU research finds promiscuousness results in genetic 'trade-up,' more offspring
つがい相手以外とつがうユキヒメドリは孫の数で勝る
2011/08 EurekAlert Chickens eject sperm from males they don't fancy
メンドリは、気に入らないオスの精液を邪険にする
「鶏は気に入らないオスの精液を放出する」
2011/09 BBC News Hens evolve secret sex strategy
気に入らないオスの精子は破棄できるメンドリたち
2011/08 National Geographic Cloned Fathers Mate With Insect Daughters―From Inside
2011/08 【日本語記事】National Geographic 娘の体内で“父親”が受精させる昆虫
2011/08 EurekAlert B chromosomes affect sex determination in cichlid fishes
B染色体はシクリッドの性決定に影響します。
2011/08 BBC News Homosexual zebra finches form long-term bond
永久の契りを結ぶ同性愛ゼブラフィンチのカップル
2011/08 National Geographic Small Squid Have Bigger Sperm―And Their Own Sex Position
2011/08 【日本語記事】National Geographic 小さなオスの大きな精子、ヤリイカ
2011/08 Science Drosophila Sex lethal Gene Initiates Female Development in Germline Progenitors
ショウジョウバエのSex lethal遺伝子は始原生殖細胞のメス化を開始する
2011/08 BBC News Small squid produce bigger sperm
小柄なイカは多量の精子を生産して埋め合わせる
2011/08 EurekAlert 'Paranoia' about rivals alters insect mating behavior
ライバルに関する'パラノイア'は昆虫交尾を変更します。
 ショウジョウバエの雄は別のオスがいる前では一種の「パラノイア」を経験する
 乱交する種でもないのに、交尾時間が倍になる
2011/08 Science Signal Perception in Frogs and Bats and the Evolution of Mating Signals
カエルとコウモリにおけるシグナル知覚と交尾シグナルの進化
2011/08 【日本語記事】Nature 発生:DMRT1の欠失は性転換のきっかけ
Y染色体遺伝子Sryの有無は、哺乳類胎児で前駆細胞が精巣のセルトリ細胞に分化するか、卵巣の顆粒膜細胞に分化するかを決定する。
成体マウスの精巣細胞は、Dmrt1遺伝子を欠損すると卵巣の細胞になる。
転写因子DMRT1がないとFOXL2が活性化され、セルトリ細胞は再プログラム化されて顆粒膜細胞になる。
2011/08 EurekAlert Females can place limits on evolution of attractive features in males, research shows
メスは、オスの魅力の進化に限界をもたらしうる
太く短く
2011/08 EurekAlert Sexually extravagant male birds age more rapidly, but try to hide it
性的にブイブイ言わせる雄鳥は、年をとるのが早いが、それを隠そうとします。
 雄のフサエリショウノガン
 モテモテに放埒だけれど、生殖可能期間は短め
2011/08 BBC News Sexually showy birds age faster
2011/08 National Geographic Sexually Showy Male Birds Finish Early
2011/08 【日本語記事】National Geographic 性的魅力をふりまくオスは衰えが早い?
2011/07 EurekAlert Avian 'Axe effect' attracts attention of females and males
鳥の「アックス・エフェクト」
 においは伴侶を見つけて引き付け評価するなど多くの目的に、すべての有機体の中で使用されます。
 鳴鳥でフェロモン効果が観察された初の研究
おい、論文のタイトルに「Axe effect」w
2011/07 BBC News Stick insects survive one million years without sex
単性生殖100万年のナナフシ
2011/07 読売新聞 野生チンパンジー、求愛の木の枝ベッド作り
アンテキヌス
2011/07 ABC@オーストラリア Antechinus go out with a bang
 オーストラリアの小さい有袋類のネズミ
 精力を短時日に消耗し、ビッグバン生殖として知られている冬の交配で逆上して若い状態で死にます。
2011/07 BBC News Male black widow spiders sniff out cannibal females
クロゴケグモのオスは、オス食いメスを嗅ぎ分けるぞ
 相手のメスが腹いっぱいかどうかが匂いでわかるらしい
有性生殖は、遺伝的多様性を増やすどころか、遺伝的変異を減少させるみたいだよ
2011/07 EurekAlert Wayne State University researcher argues that sex reduces genetic variation
2011/07 【日本語記事】BioToday 有性生殖は遺伝的多様性の促進ではなく種同一性維持のためにある
有性生殖は、寄生生物の脅威を排する点で、単性生殖より有利
2011/07 EurekAlert Sex works thanks to ever-evolving host, parasite relationships
2011/07 BBC News Worms' sex life yields advantage over parasites
2011/07 【日本語記事】BioToday 病原体との共進化の下では他家生殖が存続して自家生殖は消滅しうる
2011/07 Can gulls smell out a good partner?
カモメは良いパートナーをかぎ出すことができますか?
 ミツユビカモメの体臭は個々の鳥の遺伝子構造を示唆するかも
 潜在的パートナーの遺伝的な適合性評価で配偶者選択に使用しうる


 以上、 →2011年7〜12月の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー