教育、子ども、乳幼児~思春期:
2012年1〜6月

ほか「教育、子ども、乳幼児~思春期」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/06 EurekAlert Sometimes, cheating is allowed
時々、不正行為することは許されています。
 小学生は基本的に正直でありたがっています。
 しかしながら、学校状況によって、彼らは、例外を作って、型破りの正直規則を採用します。
 彼らは、良い成績を取るために時々不正直です。
2012/06 EurekAlert Giving makes young children happy, UBC study suggests
贈与で幼児が幸福になる
 御馳走を他のものに与えるとき、2歳の下の幼児が御馳走自体を受けるより幸福である
10~12ヶ月の乳幼児
2012/06 Infants can't distinguish between large and small groups
幼児は大きいグループと小さいグループを見分けることができません。
 人間の脳は、2つの異なったメカニズムを使用することで物の大きくて少ない数を処理します
 幼児はまだそれらの2つの過程を一緒に働かせる能力を見いだしていません
2012/06 EurekAlert Early learning about spatial relationships boosts understanding of numbers
早く、空間的な関係に関して学ぶのは、数の理解を上げます。
 空間的な学習の早めの機会を幼児に提供する価値に関する更なる証拠
 学習は精神的に物を操作して、空間的な関係を理解する彼らの能力に貢献します。
2012/06 【日本語記事】BioToday 小児の攻撃性治療ガイドライン
 maladaptive aggression
2012/06 【日本語サイト】京都大学
 母親と他人の狭間 赤ちゃんが示す「不気味の谷」現象を発見
 明和政子&岡ノ谷一夫&松田佳尚
 母親と他人を半分ずつ重ね合わせた「半分お母さん」の顔を見ようとしない
2012/06 【日本語記事】National Geographic 赤ちゃんも『不気味の谷』現象を示す
2012/06 毎日新聞 赤ちゃん:「半分お母さん」はイヤ 日本の研究チーム発見
2012/06 EurekAlert  Anxiety disorders in children are not detected in due time
子供の不安障害は察知されてない
 デンマークの子、ほかの西欧諸国に比べて治療を受けている子はわずか
 ということは、不安障害が放置されているんじゃないか
2012/05 EurekAlert
 Despite less play, children's use of imagination increases over 2 decades
遊びの量が減ったにも関わらず、子供のイマジネーションの利用は20年間以上増加してきている
 今日の子供は想像に苦しんでいません
2012/05 EurekAlert Viral infections in infancy are not associated with wheezing symptoms in later childhood
幼年時代におけるウイルス性の感染力は学童期の喘息と関連づけられません。
 幼年時代の間のウイルス性の感染力の数は幼年期に後でゼイゼイいうと関連づけられません
2012/05 EurekAlert
  The Goldilocks effect: Babies learn from experiences that are 'just right'
赤ん坊はちょうど'よい'経験から学びます。
 幼児は簡単過ぎるか、または複雑過ぎる情報を無視します
 「金髪娘効果」
 赤ん坊が、複雑な光景、音、および運動でいっぱいの世界を理解できることをどう学ぶかを注意パターンは解明します。
2012/05 LiveScience In Photos: How Babies Learn
2012/05 LiveScience Babies Know What's Boring, Study Finds
赤ちゃんはつまらないものを知っている研究を検索します
彼らは最高の学習の可能性を約束物事に注意を払う。
2012/05 EurekAlert New musical pacifier helps premature babies get healthy
新しい音楽のおしゃぶりは、時期尚早な赤ん坊が健康になるのを助けます。
 革新的なPAL装置
 幼児がすばやく動きがしゃぶって、楽しむ必要があった筋肉を学ぶのを助けるのに音楽の子守歌を使用します。
2012/05 EurekAlert
 Testosterone-fuelled infantile males might be a product of Mom's behaviour
テストステロンであおられた子供っぽい男、おかあさんの育児の成果であるかもしれません。
 双子の5カ月の組のテストステロンレベルを比較
 幼年時代におけるテストステロンレベルが遺伝学的に引き継がれない
 環境要因しだい
2012/05 LiveScience
 Nurture, Not Nature, Determines Baby's 'Macho' Hormone Levels
2012/05 【日本語記事】BioToday
 環境要因が乳児期のテストステロンレベルを決めているようだ
2012/05 EurekAlert
 Research suggests infants begin to learn about race in the first year
幼児は一歳のお誕生を待たずに人種に関して学び始める
 幼児は複数の人種を区別する能力は同等に生まれますが、
ふだん最も頻繁に対話する人種の中での人々の表情と感情に訴える表現認識が、9カ月までにより上手になる
2012/05 LiveScience 9-Month-Olds Show Racial Bias When Looking at Faces
9ヶ月歳児の顔を見たときに人種的偏見を表示する
これと同じバイアスは、5ヶ月児には見られなかった。
2012/05 EurekAlert
 Excessive sleepiness may be cause of learning, attention and school problems
学習、注意、および行動上の問題を持っている子供は、過度の昼間の眠気(EDS)に苦しんでいるかもしれません
 臨床実験は、それらが夜十分長い間眠るのを示していますが。
2012/04 EurekAlert Unruly kids may have a mental disorder
手に負えない子供には、精神障害があるかもしれません。
2012/04 EurekAlert
 Fight or flight: Violent teens may be following parents' lead
乱暴な十代は両親のリードに続いているかもしれません。
 喧嘩っ早い子は、暴力的な近親者の行動に倣っている可能性がある
2012/04 EurekAlert Starting puberty very early carries risks of psychological problems, suggests new review
早すぎる思春期の開始は、心理的な問題のリスクが伴う
 非常に早く思春期を始める少女は、心理学的な問題を持って、危険な状態に性的虐待と早めの妊娠が、よりいそうです
2012/04 LiveScience
 Headache-Plagued Kids Often Opt for Mind-Body Therapies
頭痛に悩まされている子供たちはしばしば、マインドボディセラピーを選ぶ
一般的な神経学的条件を持つ子供は、一般人口に比べCAM療法を模索する可能性が高くなります。
2012/04 EurekAlert
  That impulsive, moody preschooler may grow up to be a problem gambler
衝動的で、気分屋な未就学児は成長して、問題ギャンブラーになるかもしれません。
 3歳の子供を見れば、大人のギャンブル中毒が透け見える
2012/04 LiveScience 'Moody' Toddlers More Likely to Become Problem Gamblers, Study Suggests
'メンタル・ヘルス健康診断'は学校での健康管理の人工部分であるべきですか?
2012/04 EurekAlert Symptomatic behaviour in childhood strongly predicts psychiatric treatment as a young adult
幼年期の徴候的なふるまいはヤングアダルトとして強く精神科的療法を予測します。
 8歳の子供のメンタル・ヘルスにおける調査
 10代の精神科的療法か成人早期が非常に必要でありそうな個人を、特定するのを助けることができました。
 しかしながら、少年と少女の間には、そのような調査に関する予測因子の明確な違いがあります
 この年令での憂うつの兆候は少年と少女と共に後のうつ病治療にリンクされました
 片親の家庭バックグラウンドは十代か成人早期に両方の性に必要であるさまざまな精神科医療にリンクされました
 女子では幼少時の不安とうつがのちの心の病に
 男子では盗みや粗暴さなど行動障害がのちの心の病に
2012/04 EurekAlert Cyberbullying and bullying are not the same: UBC research
ネットいじめといじめは同じではありません:
 伝統的ないじめをネット上でのいじめと比べる
 オンラインいじめの力学が異なっているのがわかります
 反いじめプログラムがオンライン攻撃性を狙うために特定の介入を必要とする

長いものに巻かれます
2012/04 EurekAlert
 Listen up, parents: For toddlers (and chimps), the majority rules
子供もチンパンジーも多数決
 幼児でさえ、多数派に従う傾向があります。
 その感度は人間に限ったことではありません。
 「他のみんなはそれをしている」なら、チンパンジーもそれに従いそうです
2012/04 EurekAlert Early-life exposure to BPA affects adult learning
幼いときにビスフェノールAに侵されると、成長後の学習能力がかんばしくなくなる
 ゼブラフィッシュモデルを使用し、神経行動作用を特定
2012/04 EurekAlert Early life emotional trauma may stunt intellectual development
幼い頃の心の傷は情操教育を妨げるかもしれません。
十代の脳は、神経プルーニングを受ける
2012/04 ABC@オーストラリア Teen brains undergo neural pruning
思春期の変更:の青年期の脳波の主な変更点は、思春期は、脳の接続の大規模な剪定を指すことが発見後すぐに発生します。







2012/03 Young infants' imitation not guided by rational thinking
合理的思考によって誘導されなかった年少乳児のイミテーション
 幼児の合理性は誇張されました。
 2002年に、ジャーナルネイチャーで外観上発表された研究は、単に14カ月目である子供に驚異的な認識力を示しました。
 実験では、子供は、大人がヘッドでそれに触れることによってランプを照らす型破りの動きを実行しているのを観測。
「合理的なイミテーションを仮定する場合、より長い時間毛布で包装された人を見ると、どちらかと言えば、さらに低イミテーション率はもたらされるべきでした。
 これらの結果で、この年令のときに子供の選択しているイミテーションの理由として合理的思考を除外できます。」
2012/03 【日本語記事】BioToday
 貧困地域での乳幼児突然死減少は開始がより遅く、ゆっくりだった
2012/03 EurekAlert  Self-centered kids? Blame their immature brains
お子さんが自己中? そりゃ未熟な脳のせいですが
 他のものの好みを考える能力における時代で関連している改良が自制にかかわる脳の領域の成熟化にリンクされる
2012/03 EurekAlert  Kids' abnormal breathing during sleep linked to increased risk for behavioral difficulties
子供の行動問題のリスク増に睡眠中の異常呼吸
2012/03 A healthy teenager is a happy teenager
健康なティーンエイジャーは幸福なティーンエイジャーです。
 健康なライフスタイルに背を向けて、飲み物、タバコ、およびジャンクフードに走るティーンエイジャーは、健康な同輩よりかなり不幸です。
 12-13才が、お子様の日々から卒業して危険な振舞いにかかわり始める年代である
大人びたファッションの小学生は損をする?
2012/03 LiveScience Sexualized Clothing on Kids Sends Troubling Signals
 セクシーな子供服は厄介な反応を引き起こします
 性的な装いの小学生女子は、大人たちからなにかと厳しい判断を下されがち

2012/03 LiveScience Selfish Kids? Immature Brain Gets the Blame
利己的なキッズ?未熟な脳は非難を取得します。
彼らが共有の利点を理解しているため子供たちは勝手にしない振る舞いが、彼らの脳の未熟な地域は難しい利己的な衝動に抵抗するようになるので、新しい研究は述べています。
2012/03 【日本語記事】BioToday
 小児近視は眼の成長にレンズがついていけなくなることに起因しうる
2012/03 LiveScience Pointing Your Finger Makes You Credible to Kids
指を指すことは子供にあなたが信用できるにします
新しい研究では、ポインティングの単純な行為は、彼らはあなたが分からないことを示す他の証拠を見ても子供たちが、あなたを信じさせることを示しています。
いびきに "子どもの行動のリンク"
2012/03 BBC News 'Child behaviour link' to snoring
いびきや、子供たちは他の夜間の呼吸状態が行動上の問題から危険にさらされているが、11000英国の子供たちの研究は示唆している。
2012/03 LiveScience
 Kids with Sleep Apnea More Likely to Develop Behavioral Problems
行動上の問題を開発する可能性睡眠時無呼吸と子供たち
彼らの睡眠時呼吸障害を持つ子どもは、新しい研究では多動性や攻撃性を開発する可能性が高かった。
2012/03 【日本語記事】BioToday
 睡眠時呼吸障害小児は行動、情緒、社交性障害を呈しやすい
「オマエモナー」
2012/03 EurekAlert
 Boys' cynicism towards school increases at upper secondary school
学校に対する男子の皮肉は高等学校で増加します。
 高校に進むと、学校に対する男子の否定的でシニカルな態度は劇的に増加します。
問題を抱えた子が問題を抱える子を作る・・・
2012/02 EurekAlert Research finds bullies and victims 3 times more likely to have suicidal thoughts by age 11
いじめっ子もいじめられっ子も、11歳までに自殺企図を催す割合がふつうの3倍
脳震盪に対して特に脆弱で十代の脳
2012/02 LiveScience.com Teenage Brains Particularly Vulnerable to Concussions
十代の若者たちは、大人未満のお子様より脳震盪の影響をより脆弱になる可能性があります。
2012/02 EurekAlert How 1-year-olds can recognize beliefs of others
1歳がどう他のものの信念を認めることができるか。
パズルで算数がうまくなる
2012/02 Puzzle play improves math skills
パズルプレーは数学の技能を改良します。
 推理による問題を理解するための重要な文脈がパズル遊びであると言います。
 と2-4歳の子供(パズルで遊びます)には、4 1/2歳のときに評価されるより良い空間能力があるのがわかった
2012/02 毎日新聞 赤ちゃん:顔色うかがう? 視線装置でチンパンジーと比較、京大グループが実験
 明和政子・大学院教育学研究科准教授(発達科学)
 平田聡・霊長類研究所特定准教授(比較認知科学)ら
 視線検出装置:乳児は動きの予測はできず、女性の顔とコップを交互に追う
 映像を予測不能な行動に置き換えても、人間は表情をうかがい、チンパンジーは物の動きに注目する傾向
2012/02 【日本語記事】National Geographic 赤ちゃんは人の顔色を見て育つ!?
2012/02 Babies know what's fair
赤ん坊は、何が公正であるかを知っています。
 2歳前に公正さの感覚を取得します
2012/02 【日本語記事】BioToday
 100年以上前から現代に至るまで子供は常に寝不足とみなされている
生後6ヶ月の乳児は言葉を理解
2012/02 LiveScience 6-Month-Old Infants Understand Words
彼らはまだ話をすることはできませんが、乳児はあなたのママ·バブルを理解する。
2012/02 【日本語記事】BioToday
 生後6-9ヶ月の幼児は話し言葉の多くの単語を理解しているようだ
2012/02 EurekAlert
 Depression forecasts difficulties with peers in middle childhood
小学校高学年のうつは仲間と上手くやれない状態のサイン
2012/02 EurekAlert
 New study: Adolescents suffering from depression more likely to be bullied
思春期にうつ状態に陥る子はいじめられっこ率が高い
2012/02 EurekAlert
 Teen school drop-outs 3 times as likely to be on benefits in later life
学校をドロップアウトした子、20代に福祉を受ける状態に陥る率が3倍:ノルウェー
2012/02 EurekAlert Infections in childhood linked to high risk of ischemic stroke
幼年期の感染で脳梗塞の高いリスクに
 一般の感染症は子供の脳梗塞の高い危険を引き起こします
 ストロークの引き金となるのにおいて急性感染症が時間がたつにつれて慢性の感染力より重要である
 脳梗塞に見舞われたほとんどの以前に健康な子供が脳血管の病気にかかっています
 そして、これらの子供は脳卒中再発の最も高いリスクでいます。
2012/01 EurekAlert Lifelong payoff for attentive kindergarten kids
注意深い幼稚園児はよく伸びる
 幼稚園の注意深さは正確に小学生での「仕事指向」の技能の開発を予測します
児童発達における偏見の発生
2012/01 EurekAlert Prejudices? Quite normal!
偏見? かなり正常!
 3~4歳の時点で、同性もしくは同じ人種の子への選好が現れる
 就学前からあらわれはじめ、5~7歳でピークに達する
 これは子供の通常の認知発達を反映します。
 初めに、彼らは、彼らの社会環境、主に両親から社会的なカテゴリを採用します。
Then they start to build up their own social identity according to social groups, before they finally learn to differentiate and individual evaluations of others will prevail over stereotypes."
「次に、社会集団によると、彼らはそれら自身の社会的アイデンティティを確立し始めます、分化することを最終的に学んで、他のものの個々の評価がステレオタイプに打ち勝つ前に。」
Therefore the psychologists reckon this age is the ideal time to start well-designed prevention programmes against prejudice.
したがって、心理学者は、この時代が、偏見に対してよく設計された防止プログラムを始める理想的な時間であると思います。
2012/02 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 ガジェットにはまって育った女の子は社会性に難あり?
2012/01 【日本語記事】BioToday
 ビデオや電子機器の並行使用は女児の社会順応技術の発達を妨げうる
友人の存在は何のため?
 そばにいるだけで、いやなことを緩和してくれるのです
2012/01 What are friends for? Negating negativity
 友人が近くにいると、心と身体に良い効果がありますね。
 友人の存在が否定的経験の影響を緩和する
 先生や友達と喧嘩になったお子さん、急激にストレスホルモンが増加する
 ストレスホルモンが多いと、如実にお子さんの発達に悪影響が出てしまう
2012/01 Babies are born with 'intuitive physics' knowledge, says MU researcher
赤ん坊は'直感的な物理学的知識'を備えて生まれるのではないか
 幼い脳が「素朴物理学」に関する知識を備えていた状態で生まれる
2012/01 EurekAlert Brainiac babies
優等生の赤ん坊
2012/01 朝日新聞 子どものうつぶせ寝に注意 保育施設で死亡の8割占める

2012/01 EurekAlert
 Adolescents' brains respond differently than adults' when anticipating rewards
報酬を予期するとき、若者の脳の反応は、大人のとは違っている
 ティーンエイジャーは依存症やうつのような異状に侵されやすい
2012/01 EurekAlert Diet counts: Iron intake in teen years can impact brain in later life
十代の鉄摂取は晩年の脳に影響を与えうる
 育ち盛りのお子さん、鉄分不足でいると、育ってからの脳が衰えやすいものになるかも
 鉄と脳の構造の両方に影響を及ぼす共通遺伝子セットも特定
2012/01 【日本語記事】BioToday 睡眠の問題が幼児期まで続く赤ちゃんは結構多いようだ
2012/01 【日本語記事】BioToday 幼児の睡眠不足は刺激的な経験や困難から学ぶ能力を妨げうる
運動する子は成績も上がるかも
2012/01 EurekAlert Physical activity, school performance may be linked
身体的活動、学業はリンクされるかもしれません。
 身体的活動と子供の学業成績との積極的な関係があるかもしれない
2012/01 BBC News Academic performance at school linked to exercise
2012/01 【日本語記事】BioToday 運動する子の学校成績は良い


 以上、 →2012年1〜6月の記事でした


→ 「教育、子ども、乳幼児~思春期」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー