食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2011年7〜12月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 EurekAlert How obesity alters the brain area involved in body weight control
肥満はどう体重コントロールにかかわる脳の部位を変更するか。
2012/01 【日本語記事】MT Pro 高脂肪食で太る理由を解明? 脳にダメージで食欲を刺激
米研究
2011/12 【日本語記事】BioToday 肥満は視床下部の神経損傷や神経新生抑制をもたらしうる
2011/12 【日本語記事】BioToday 7歳時点で太り過ぎだった子は喘息になりやすい
2011/12 読売新聞 脳内ホルモン体内投与でメタボ治療も 自治医大
 身体に投与したオキシトシンの脂肪燃焼などへの効果を研究
 オキシトシンが内臓脂肪と高血糖に効果を与え、肥満症の改善にも有効である
2011/12 EurekAlert New evidence that bacteria in large intestine have a role in obesity
大腸のバクテリアは肥満を左右しうる
 人の大腸にいるバクテリアは褐色脂肪の活動を減らすかもしれません
 「細菌なし」の(GF)ネズミと通常のネズミを比較
 また、大腸のバクテリアは体重の性差にリンクされるように思えました。
 正常な雄ネズミは、雌よりさらに重くて肥満体でしたが、それらの違いはGFネズミで消え失せました。
2011/12 BBC News 'Tell loved ones they are overweight this Christmas'
食べ過ぎは脳の老化を促進する
2011/12 EurekAlert Eating less keeps the brain young
2011/12 EurekAlert Teens choose water when calorie count of sugary beverages is easier to understand
甘ったるい飲料のカロリーカウントはより理解しやすいとき、未成年の子たちは水を選びます。
 「ランニング20分」「一時間の散歩」「なわとび120回ぶん」とかで表示したほうが、カロリー数値で表すより健康的な摂取行動を誘発できる
 特に身体的活動同等物の形で容易に理解できるカロリーの情報を提供すると、砂糖入り飲料購買の見込みは若者の中で半分減少するかもしれません。
2011/12 【日本語記事】BioToday 就学前小児のテレビ視聴と高カロリー/低栄養食摂取亢進が関連する
2011/12 EurekAlert Endangered orangutans offer a new evolutionary model for early humans
絶滅の危機に瀕しているオランウータンは古代人の進化モデルを提供します。
 オランウータンがどう厳しい環境に対処するかを研究
2011/12 EurekAlert Starving orangutans might help to better understand obesity and eating disorders in humans
オランウータンを飢えさせるのは、人間で肥満と摂食障害をより理解するのを助けるかもしれません。
2011/12 Study challenges decades-old treatment guidelines for anorexia
研究は何10年も用いられてきている拒食症治療ガイドラインに挑戦します。
2011/12 EurekAlert Intermittent, low-carbohydrate diets more successful than standard dieting
間欠低糖質食事、標準のダイエットよりうまくいっている
ダイエットをしなくても、ストレスの軽減と心の癒しで痩せられる
2011/12 EurekAlert Stress reduction and mindful eating curb weight gain among overweight women
 瞑想とマインドフル・イーティングで、脂肪とコルチゾールが減る

軽い散歩で間食の量を減らそう
2011/12 EurekAlert Short walk cuts chocolate consumption in half
15分の散歩はチョコレートの消費量を半分にします。
 ストレスの多い状況でも、軽い運動をしたあとでは、労働者は通常の半分のチョコレートを食べただけだった
2011/12 EurekAlert With mutation, you can have your cream and eat it, too
特定の遺伝子バリエーションがある人々は、システムから脂肪をきれいにするのが特に上手です。
2011/12 【日本語記事】BioToday 筋交感神経活動レベルが高い人は食事介入で体重低下しやすい
「お子さんは太りすぎですよ」と医者に指摘されても親はあまり気にしないらしい
2011/12 EurekAlert Few parents recall being told by doctors that their child is overweight
わずかな両親しか、彼らの子供が太っていると医師に言われたことを思い出しません。
肥満税
2011/12 If a fat tax is coming, here's how to make it efficient, effective: ISU economists
2011/12 'Just chill?' Relaxing can make you fatter 
リラックス状態は肥満細胞を増やす
 座りきりや、寝転んでいるとき、「前駆脂肪細胞」がさらに速く脂肪細胞に変わって、さらに多くの脂肪を作り出す
体の組織が長期の「機械的なストレッチング負荷」、静的なストレッチングにあると、脂肪細胞は、より多くのトリグリセリドを作り出す
2011/11 【日本語記事】BioToday 成長ホルモン治療は肥満女性の骨形成を促す
全粒粉
2011/11 【日本語記事】BioToday 全流穀物に比べて精製穀物はより速く食べてしまう
2011/11 【日本語記事】BioToday 野生型視床下部神経の移植でレプチン受容体欠損マウスの障害が回復
 レプチン受容体欠損(db/db)マウスのレプチン反応性の回復や高血糖/肥満の改善をもたらしました。
午前中におやつを食べてしまう女子、痩せづらいぞ
2011/11 Mid-morning snacking may sabotage weight-loss efforts
2011/11 【日本語記事】東大、肥満細胞が産出する生理活性物質ががんの成長を抑制することを確認
2011/11 EurekAlert Anorexia nervosa study finds inner conflicts over the 'real' self that have treatment implications
拒食症研究は'本当'の自己の上の治療意味をめぐる自己葛藤を見つけます。
 拒食症をもっている人々は彼らの本当の、または、「正統」の自己に関する質問と戦います
そして、この闘争には、強制治療のための意味があります
満腹感を与えるガム
2011/11 EurekAlert Chew gum, lose weight
満腹感ホルモンは経口で血流に入れることができる
PYYは食欲を抑圧するホルモンです
しかし、口頭で取ると、胃でホルモンを破壊します、そして、破壊されないものは、腸を通した血流と交差するのに苦労します。
懸案中の特許ビタミンB12システムにPYYホルモンを取り付けました。
2011/11 【日本語記事】BioToday 肥満手術による体重低下で歯周病治療効果が改善しうる
2011/11 【日本語記事】BioToday 思春期後半のIQが低かった男性は中年初期に腹が出やすい
2011/11 【日本語記事】BioToday 小児期の肥満状態が成人期に正常化すれば心血管リスクも正常化する
子供のときから大人になるまで一貫して肥満状態の人は
小児期のBMIが正常で大人になってからも肥満にならなかった人に比べて
2型糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化リスクが高い
2011/11 【日本語記事】BioToday 遠隔支援のみでも対面支援を伴う介入と同等の体重低下を期待しうる

2011/11 EurekAlert Enzyme boosts metabolism, prevents weight gain in mice
酵素は、新陳代謝を上げて、ネズミでの増量を防ぎます。
 酵素IKKbetaを発現するよう遺伝子改変されたネズミは、たくさん食べても太らない
三子の体重100までも
2011/11 EurekAlert Future obesity may be predicted at 3.5 years of age
今後の肥満は3.5歳のときに予測されるかもしれません。
 周産期の状態と母親の振舞いを調べることによって、子供がどれだけ肥満するかをたぶん予測できます
2011/11 【日本語記事】BioToday 繊維豊富な食事をよく摂っている10代若者は代謝症候群を呈しにくい
2011/11 EurekAlert Obese monkeys lose weight on drug that attacks blood supply of fat cells
肥満体の猿は脂肪細胞の輸血用血液を攻撃するドラッグの上でやせます。
実験的な肥満防止薬が与えられた肥満体の赤毛猿はそれらの4週間以上の体重の平均した11パーセントを失いました。
白色脂肪を支える血管を攻撃します。
2011/11 EurekAlert Researcher provides further evidence that slow eating reduces food intake
ゆっくり食べるのが食物摂取量を減少させる
 女性より男性がかなり速く食べる
 重い人々は、スリムな人々より速く食べます
 精製された穀物は全粒粉より速く消費されます
2011/11 EurekAlert Web-based intervention appears ineffective for preventing weight gain in adolescents
若者の肥満防止をめぐるウェブベースの介入は効力がなく見えます。
 身体的活動を増加させて、座りっきりを減少させて、若者の中で健康的な食べ物を促進することを目指すウェブベースのコンピュータオーダーメイドの介入
 上向きの長期の結果判定法に関連づけられませんでしたが、摂食行動への前向きの短期的効果だけはあったようだ
2011/11 【日本語記事】BioToday 座りがちな人への運動促進プログラムの紹介の効果は明確ではない
2011/11 EurekAlert Body weight, sleep-disordered breathing and cognition linked in children
体重、睡眠呼吸障害、および子供でリンクされた認識力
 小学校の児童で肥満と、睡眠呼吸障害と認知機能
2011/11 Study shows that fast-food dining is most popular for those with middle incomes
ファーストフードを一番良く食べているのは中くらいの所得層
 低所得から中流の所得に上がるにつれ、ファーストフードの消費が多くなる
 貧困層が太るのはファーストフードのせいだという説に反するかも
2011/11 EurekAlert Study finds overweight teens want to lose weight, going about it the wrong way
やせたがっている太った十代、希望に反して、おおかたはやせるような生活はなさっていないわけで
2011/11 EurekAlert Physical activity reduces the effect of the 'obesity gene'
身体的活動は'肥満遺伝子'の効果を減少させます。
 物理的にアクティブなライフスタイルを住ませることによって、「脂肪の塊と肥満は交際した」(FTO)の遺伝子による肥満への遺伝子的疾病素質をかなり下げることができます
 活動的な暮らしでは、肥満のリスクへのFTOの遺伝子の効果が肉体的に不活発な大人達よりおよそ30パーセント弱い
リバウンドはホルモンのせい?
2011/10 Obese people regain weight after dieting due to hormones
肥満体の人々は、ダイエットした後に、ホルモンの影響で重さを取り戻します。
 肥満体の人々は、ホルモンの変化のためリバウンドするかもしれません
2011/10 【日本語記事】BioToday 肥満はインフルエンザウイルスに対する免疫応答能を障害しうる
男の過食症は存在数のわりには治療を受けていないみたいだぞ
2011/10 EurekAlert Study shows why underrepresented men should be included in binge eating research
寝不足の子は太るかも
2011/10 EurekAlert Lack of sleep may lead to weight gain in teens
 一晩8時間未満の睡眠は十代で増量にリンクされるかもしれません
2011/10 EurekAlert Teen sleep deprivation related to weight gain
2011/10 EurekAlert UT Southwestern study shows estrogen works in the brain to keep weight in check
エストロゲンがエネルギー消費、食欲、体重を規制する
 脳の特定の部分の不十分なエストロゲン受容体は肥満に通じるかもしれません
2011/10 【日本語記事】BioToday 肥満の女児は肥満の男児に比べて血圧上昇リスクがずっと高い
2011/10 【日本語記事】BioToday 大幅な体重低下を長期間維持することは可能
2011/10 【日本語記事】UK Today (JAPAN JOURNALS) ダイエットを始めるのに最悪なのは…火曜日!
2011/10 EurekAlert New research links common RNA modification to obesity
新しい研究は一般的なリボ核酸変更を肥満にリンクします。
 ありふれたリボ核酸変更が肥満と成人病タイプの糖尿病の原因となる遺伝子の規定の過程の生理的な基礎を提供する
2011/10 Obese women have higher risk of suffering breast cancer
肥満女性は、乳癌の発症リスクが高め
 9~10歳の早期に初潮を迎えた女性は、乳がん発症年齢が若め
2011/10 EurekAlert Halo effect: Family members of gastric-bypass patients also lose weight, Stanford study finds
ハロー効果でダイエット
 胃バイパス手術を受けた患者のご家族も、ヘルシーな食事や運動で体重減ってます
2011/10 EurekAlert Undergoing bariatric surgery associated with obese family members adopting healthier lifestyles
より健康なライフスタイルを採用する肥満体の親族
2011/10 BBC News Obesity 'worse for teen girls' blood pressure'
2011/10 【日本語記事】BioToday 妊娠中に肥満だった母親の子は喘息リスクが高い
2011/10 【日本語記事】BioToday 米国では正常体重の人の割合が若干増えている
2011/10 読売新聞 ビール腹はビールのせいじゃないという研究結果
 ビールを飲む量とは関係ない
 滋賀医科大の上島弘嗣・特任教授ら
2011/10 朝日新聞 ビール飲まなくてもビール腹 原因は運動量 医大調査
2011/10 【日本語記事】Nature ゲノムの均衡:低体重は肥満と表裏の関係
 欧州と北米にある28の細胞遺伝学センターから集めたデータの大規模スクリーニング
 低体重には16番染色体の短い領域の重複が関係している場合が多い
遺伝:16番染色体の遺伝子座p11.2の遺伝子量と関連している、鏡像的な両極端のBMI表現型
2011/10 Nature Mirror extreme BMI phenotypes associated with gene dosage at the chromosome 16p11.2 locus
doi:10.1038/nature10406
2011/10 EurekAlert A hormone that fights fat with fat
オレキシンがネズミでカロリーを燃やす褐色脂肪を活性化する
2011/10 【日本語記事】BioToday 褐色脂肪組織の分化にオレキシンが必要
2011/10 EurekAlert Frequently used weight-loss method is light on evidence
頻繁に使用されているダイエット法は効果がないんじゃないか
the transtheoretical model stages of change (TTM SOC) method
2キロかそこらしか減量できてないぞ
 行動変容モデルとして米国で最も広く行き渡っているトランスセオレティカル・モデル(Transtheoretical Model : TTM)
親が痩せている家庭は、子どもも痩せている その率は3倍
2011/10 EurekAlert Parental weight strongly influences thinness in children
 細い両親と一緒にいる子供は両親が太っている子供より3倍スマートな傾向があります
2011/10 【日本語記事】BioToday 親が痩身だと子も痩身となる可能性が高い
肥満児は高血圧リスクが3倍
2011/10 EurekAlert Overweight or obese kids at almost 3 times greater risk of high blood pressure
2011/10 EurekAlert Increased fat in children raises their blood pressure risk
2011/10 【日本語記事】BioToday 太り過ぎや肥満の子は高血圧になりやすい







2011/09 【日本語記事】BioToday 子を持つ成人は子がいない成人に比べて体重が増えやすい
2011/09 EurekAlert Early to bed and early to rise -- study suggests it's keeping kids leaner
早寝早起きの子は太りません
2,200人のオーストラリアの若者の就寝時刻
 よいっぱりさんは、早起きさんより肥満体である割合が1.5倍
 運動不足である割合は2倍
 ガイドラインより長いテレビゲーム・テレビ・コンピュータ使用時間である率は2.9倍
2011/09 ABC@オーストラリア Night-owl teens not as lean
2011/09 【日本語記事】BioToday 遅寝遅起きの若者は睡眠時間に関わらず太りやすく、運動量が少ない
2011/10 【日本語記事】MT Pro 遅寝・遅起きの児童は肥満が2.2倍,総睡眠時間に関係なく
2011/10 【日本語記事】AFP 早寝早起きは肥満を防ぐ、オーストラリア研究
内臓脂肪で喘息になる
2011/09 EurekAlert 'Belly fat' linked to development of asthma
2011/09 【日本語記事】BioToday 腹部脂肪が多い人は喘息になりやすいようだ
2011/09 【日本語記事】MT Pro 肥満症専門医を制度化へ,日本肥満学会
「淡路宣言2011」を発表
タバコで痩せたい?
 タバコで肌が荒れたり老化が加速したり性格が変わったりしても?
2011/09 ABC@オーストラリア Cigarette danger outweighs skinny incentive

2011/09 EurekAlert High-calorie food 'looks' different to obese individuals
高カロリーの食品は肥満者には「違って」見えている
 肥満体と非肥満者の脳では、高カロリー食品の視覚的刺激に対する反応が違う:脳スキャン
2011/09 EurekAlert To ditch dessert, feed the brain
血糖値が低下すると、感情や衝動を規制する脳の領域が「高カロリー食品食いたい欲」を抑える能力を失う
2011/09 ABC@オーストラリア Obesity linked to lack of brain control
妊娠前や妊娠中に高脂肪食ばんばん食ってた母さん、生まれる子が肥満児になるよ
2011/09 EurekAlert Moms who eat high-fat diet before, during pregnancy 'program' babies to be fat, at risk
2011/09 【日本語記事】BioToday 25歳時点で太り過ぎだった人は早死しやすい

2011/09 EurekAlert 1 in 5 Canadians has metabolic syndrome
カナダ人の二割はメタボリック症候群
2011/09 【日本語記事】BioToday 白人と同様に黒人女性でも肥満は死亡リスク上昇と関連する
2011/09 【日本語記事】BioToday 仲間が多くてよく体を動かす環境は白色脂肪の褐色脂肪化を促す
2011/09 EurekAlert Obesity and large waist size linked to higher risk of death in African-American women
アフリカ系アメリカ人の女性で、肥満と大きいウエストサイズは死亡リスク高め
2011/09 EurekAlert Weight-loss surgery has its complications but costs less than standard obesity treatment
減量外科は、問題があるにもかかわらず、コストは標準の肥満治療より少なくあがります。
 肥満の減量手術を受ける人々の大部分が処置の利益を得ますが、長期の副作用や再手術は珍しくはありません。
 しかしながら、肥満手術は一般的な治療法より費用対効果に優れた方法です。
2011/09 EurekAlert Scientists discover switch that turns white fat brown
白色脂肪を褐色脂肪に変えるスイッチを発見
 変化は、神経と脳で始まって、白色脂肪細胞に終わる生化学の小道を活性化することによって、引き起こされています。
2011/09 EurekAlert In more socially engaging environment, white fat turns to brown
社会的により魅力的な環境で、白色脂肪は褐色脂肪に変わります。
 社会的な刺激が豊富な魅力的な場所をネズミに与えると、白色脂肪が褐色脂肪に変わる
2011/09 EurekAlert McMaster researchers find missing genes may separate coach potato from active cousin
運動不足のカウチポテトになるのも遺伝子のせい
まずい食い物でも、ふだんそれを食べているシチュエーションにおかれると普通に食ってしまうという生活習慣の恐ろしさ
2011/09 EurekAlert Habit makes bad food too easy to swallow
 「映画鑑賞=ポップコーン」タイプの人は、ポップコーンがまずくても美味しくても、いつもの量だけ食ってしまう
 テレビ見ながらポテチ、が習慣になっている人でも同じ現象がみられる
2011/08 EurekAlert 'Gene overdose' causes extreme thinness
'遺伝子過量'は極端な痩せを引き起こします。
2011/08 EurekAlert Free radicals crucial to suppressing appetite
食欲を抑圧するのに重要な遊離基
 活性酸素を制御する分子機構が食餌性肥満における食欲増加の根幹にある
2011/08 EurekAlert Large weight gains most likely for men after divorce, women after marriage
男は離婚で太り、女は結婚で太る
2011/08 BBC News Marriage and divorce 'up weight', says study
2011/08 【日本語記事】BioToday 女性は結婚後、男性は離婚後に大幅な体重増加をきたしやすい
2011/08 【日本語記事】BioToday 健康な肥満者の死亡リスクは正常体重の人と変わらない
2011/08 EurekAlert Maternal fat has negative impact on embryo development
母の脂肪は胎児の発達に負の衝撃を持っています。
 高いレベルの飽和脂肪酸に胚を露出すると、胎児の発達が弱まる
2011/08 ABC@オーストラリア More fork means eating less
大きなフォークだと食べる量が減る
2011/08 EurekAlert Positive impact of growing public awareness of obesity epidemic
小児期肥満が蔓延しているという公衆の認識は、子供らのBMI減少に貢献しているかも
2011/08 【日本語記事】BioToday 肥満や太り過ぎの母親から生まれた子は喘息症状・喘鳴を呈しやすい
2011/08 EurekAlert Scientists highlight link between stress and appetite
ネズミに見るストレスと食欲のリンク
2011/08 【日本語記事】BioToday 褐色脂肪組織の活性レベルは痩身の子ほど高い

2011/08 朝日新聞 太る→血圧上昇、たんぱく質がカギ やせ薬開発に期待も
太り過ぎは寿命が縮む
2011/08 EurekAlert Contrary to earlier findings, excess body fat in elderly decreases life expectancy
年配の過剰な体脂肪は平均余命を減少させます。
 BMI22.3以上の75歳以上の男性、3.7年短い平均余命
 BMI27.4がある75歳以上の女性、2.1年短い平均余命
2011/08 'Good fat' most prevalent in thin children
スリムなお子さんは褐色脂肪が豊富
2011/08 【日本語記事】BioToday 脂肪摂取欲求低下が胃バイパス手術の長期体重低下維持に寄与しうる
2011/08 読売新聞 東北大「肥満で血圧上昇」解明…体重増防止機能
交感神経、活動活発化で
 動物の体には、食べ過ぎると代謝を活発にして体重が増えないようにする機能が備わっている
 肥満になるとこの機能が常時働くため、高血圧を招いていた
2011/08 EurekAlert Antioxidant spices reduce negative effects of high-fat meal
酸化防止剤スパイスは高脂肪食のマイナス効果を減少させます。
 ウコンやシナモンのようなスパイスに富む食事を食べると、高脂肪食による身体のネガティブ応答は抑制される
2011/08 A true challenge for any superhero: Can comic books combat childhood obesity?
アメコミは小児肥満症と戦うことができますか?
 ヘルシーなメッセージを伝える漫画を開発、けっこう効きます
2011/08 EurekAlert Why diets don't work? Starved brain cells eat themselves
飢える脳細胞はおのれを食べ始めるぞ
 飢餓状態になると、食欲を発信する脳細胞は自食をはじめるらしい
 そのカニバリズム行動が、摂食をうながす飢餓信号をオンにすると
2011/08 EurekAlert New link found between obesity and insulin resistance
肥満とインスリン耐性の間に新たなリンク
 肥満が大破壊を加える新しい方法を発見しました、
他のタンパク質がどう継ぎ合わせされるかに影響するタンパク質の生産を変更することによって。
摂食障害の既往歴がある女性は妊娠しづらくなる
2011/08 BBC News Eating disorders delay pregnancy
2011/08 EurekAlert Research into eating disorders and fertility reveals mixed picture
拒食症や過食症などの摂食障害は受胎障害や妊娠への否定的態度に関連しています。
 拒食症の既往歴がある女性の場合、高い率の計画外妊娠があるらしい
2011/08 EurekAlert School obesity-prevention curriculum can reduce medical costs
学校の肥満予防カリキュラムは医療費を下げることができます。
 中学生に栄養と運動に関して教えて、テレビを見る時間を減らすよう奨励すると、かなりの医療費を節約できます
2011/08 EurekAlert High blood pressure, diabetes, smoking and obesity in middle age may shrink brain, damage thinking
思考力を損なうもの:中年期の高血圧、糖尿病、喫煙、肥満
2011/07 Gastric bypass surgery changes food preferences
胃バイパス手術は食品の嗜好を変えます。
 脂っこいものをあまり食べなくなるらしい
2011/07 EurekAlert New study sheds light on role of genetics in recovering from eating disorders
2011/07 EurekAlert Treating obesity via brain glucose sensing
脳のグルコース感知で肥満を治療
 脳の病変のグルコース感知の過程が肥満や関連疾患の発病を招く
家でも食べ過ぎているし、外食も増えてよけい太る子どもたち
2011/07 EurekAlert Children eating more, and more frequently outside the home
 家庭内で食べるファーストフードや加工調理済み食品、そして外食の増加が、総カロリー摂取量の増加をあおっています。
2011/07 【日本語記事】BioToday 成人肥満有病率が30%以上の米国州の数は12に増えた
2011/07 【日本語記事】BioToday 太り過ぎ成人の試験で筋トレの代謝症候群改善効果示せず
2011/07 【日本語記事】BioToday スーパーマーケットを増やしても米国人の食生活は改善しそうにない
2011/07 Weight-loss surgery cost-effective for all obese
重度の肥満でなくても、普通の肥満体の人にも減量手術はコストパフォーマンスに優れているよ
2011/07 【日本語記事】BioToday 大きなフォークを使うと食べる量を抑えれる
2011/07 EurekAlert Size matters: Why do people eat less when they have big forks?
2011/07 EurekAlert Modulation of inhibitory output is key function of antiobesity hormone
抑制出力の変調は反肥満ホルモンの主要な機能です。
 レプチンの抗肥満作用の基礎となるかもしれないneurobiologicalメカニズム
2011/07 EurekAlert Family meals remain important through teen years, expert says
お子さんが十代になっても家族揃っての食事は重要
 摂食障害などの対策に良さげ
2011/07 Molasses extract decreases obesity caused by a high-fat diet
糖蜜からの抽出成分は高脂肪食で引き起こされた肥満を減少させます。
2011/07 Feeding hormone ghrelin modulates ability of rewarding food to evoke dopamine release
グレリン含有食は、食物の報酬を喚起するドーパミン放出能力を調節します。
2011/07 Evidence for 'food addiction' in humans
ヒトの'食物依存症'に関する証拠
 非常においしい食物に依存し、強迫的な消費パターンに陥るケース
2011/07 Ghrelin increases willingness to pay for food
グレリンは食物の代金を支払う意欲を増加させます。
2011/07 EurekAlert The metabolic effects of antipsychotic drugs
抗精神病薬の新陳代謝に与える影響
 一部の抗精神病薬がなぜ食べ過ぎ、増量、およびインスリン耐性を促進できるか
中国の肥満児は、たっぷり野菜とわずかな甘味で太ってるぞ
2011/07 EurekAlert 'Healthy' habits linked to childhood obesity in China
中国で小児肥満症にリンクされた'健康な'習慣
2011/07 EurekAlert New brain research suggests eating disorders impact brain function
摂食障害は、頭脳の機能に影響を与える
2011/07 【日本語記事】BioToday 朝食でアーモンドを摂ると満腹感がより長続きするようだ
神経科学:煙草を吸って減量する
2011/07 Nature Neuroscience: Weight loss through smoking
doi:10.1038/475176a
2011/07 EurekAlert Higher-protein diets can improve appetite control and satiety
高蛋白食は食欲制御と満腹を改良できます。
 減量の間、高タンパク食が太りすぎ・肥満体の男性で知覚された食欲と満腹を改良する
2011/07 【日本語記事】BioToday グレリンは側坐核活性を介して食べ物への出費意欲を高めうる
2011/07 【日本語記事】BioToday 糖蜜エキスはエネルギー排泄を促して高脂肪食による体重増加を防ぐ
2011/07 BBC News Rise in men suffering from eating disorders, say GPs
男の摂食障害増加中
2011/07 【日本語記事】BioToday 肥満でもよいという認識の下で肥満者集団が形成されるわけではない
2011/07 EurekAlert Surprising culprits behind cell death from fat and sugar overload
脂肪や糖分の摂り過ぎは、肥満だけでなく細胞死を招く
2011/07 EurekAlert Study shows answers for treating obesity-related diseases may reside in fat tissue
脂肪質の、または、脂肪組織の品質(量であるだけではない)が、肥満者における炎症の発症と血管系の病気の重要な要因である
2011/07 EurekAlert Patients with eating disorders have an elevated rate of death
摂食障害患者は、死亡率が高め
2011/07 【日本語記事】BioToday 摂食障害患者は死亡リスクが高い
2011/07 【日本語記事】BioToday 健康的な体重維持/生活習慣と突然心臓死リスク低下が関連する
 非喫煙・BMI 25未満・1日30分以上の運動・地中海食様食事で定義される健康的生活習慣の遵守
2011/07 【日本語記事】BioToday 脂肪を摂ると腸で内在性カンナビノイドが作られてもっと欲しくなる
2011/07 EurekAlert Body's natural marijuana-like chemicals make fatty foods hard to resist
2011/07 【日本語記事】中央日報@韓国 韓国人男性は太っているほど月収が高い
 女性は太っているほど所得水準が低いのに対し、男性は太っているほど所得が多かった。
2011/07 【日本語記事】Nature 生理:糖尿病と肥満治療の新たな標的候補
 肥満ではmiRNA-103とmiRNA-107の発現が増加している
 これらのmiRNAのサイレンシングにより、グルコース恒常性とインスリン感受性が改善される


 以上、 →2011年7〜12月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー