古人類学 人間の祖先、ヒトの進化:
2011年7〜12月

ほか「古人類学 人間の祖先、ヒトの進化」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2011/12 Am J Phys Anthropol DOI: 10.1002/ajpa.21591
Ecogeographical associations between climate and human body composition: Analyses based on anthropometry and skinfolds
気候と身体組成
 気候と人体構成との生態地理学的相関
2011/12 BBC News Viewpoint: Has 'one species' idea been put to bed?
フロレス人、デニソワ人、ネアンデルタール人、および私たち自身の先祖。
 「多くの地理的変異にもかかわらず、1つ以上のヒト種はいかなる時も、地球に決して存在しなかった」というエルンスト・マイアの主張は時代遅れに
遺伝子から見る中国人、韓国人、日本人
2011/12 Chinese, Korean, Japanese (genetic edition)
2011/12 Forensic analysis of King Tut and his relatives
ツタンカーメン王一族の遺伝子解析
遺伝的構成から見る中国人
2011/12 Genetic structure in China
2011/12 Craniofacial Differences Between Modern and Archaeological Asian Skeletal Populations (Ph.D. thesis)
現代人と古代アジア人の骨格の人口の頭蓋顔面差
皇帝曹操のY染色体:O2
2011/12  Dienekes Y-chromosome of Emperor Cao Cao: O2
集団遺伝学の驚異のおかげで、私達だけは、Y -ハプログループの良い推論がありますか曹操と曹操シェンを 、私たちも18~19世紀も前から(?)中国の皇帝の降下の主張を偽ることができる。
先史時代のヨーロッパ人の身長
2011/12 Dienekes Stature of prehistoric Europeans
シマデロスHuesos、シエラデアタプエルカ(スペイン)から中部更新統ヒトの完全長骨から身長を推定。
2011/12 Modern human vs. Neandertal brains
Evolution of the base of the brain in highly encephalized human species
近代人対ネアンデルタール脳
非常にencephalizedされた人類での脳の基盤の進化
2011/12 【日本語ブログ】ネアンデルタール人と現生人類の脳構造の違い
2011/12 EurekAlert Human skull study causes evolutionary headache
人間の骸骨研究
 別々の進化イベントで起こったらしき頭蓋骨形状の変化が、互いを強調させたかもしれない
2011/12 Follow your nose
 ネアンデルタールと比べて、近代人には、より良い嗅覚があります。
2011/12 ABC@オーストラリア Tiny human hairs beat back bugs
2011/12 BBC News Hairy limbs keep bed bugs at bay
2011/12 EurekAlert Endangered orangutans offer a new evolutionary model for early humans
絶滅の危機に瀕しているオランウータンは古代人の進化モデルを提供します。
 オランウータンがどう厳しい環境に対処するかを研究
2011/12 EurekAlert Starving orangutans might help to better understand obesity and eating disorders in humans
オランウータンを飢えさせるのは、人間で肥満と摂食障害をより理解するのを助けるかもしれません。
中東のゾウがいなくなったのは、現代人の台頭と関係がある
2011/12 The disappearance of the elephant caused the rise of modern man
新人の上昇を引き起こした象の消滅
 象の消滅が最初に疑われるよりはるかに早く中東でのホモサピエンスの出現につながった
 文化的で解剖学的な手がかりに食事に関する証拠を関連づけました。

2011/12 Loss of air sacs and hominin speech
Journal of Human Evolution
doi:10.1016/j.jhevol.2011.07.007
気嚢の損失はヒト科のスピーチ能力を改良しました。
2011/12 Neandertal introgression, 1000 Genomes style
2011/12 Science Genes Confirm Europeans' Blow to Native Americans
ヨーロッパ人によるアメリカ先住民への打撃を遺伝子が裏付け
2011/12 EurekAlert Changes in the path of brain development make human brains unique
脳の発達経路の変化で、人間の脳はユニークになります。
 実質的にチンパンジーやマカク属の猿とは、発達中のヒト脳の遺伝子活動レベルが違っている
 これらの変化はmicroRNAsと呼ばれる一握りの主要な調節分子によって引き起こされるかもしれません。
2011/12 Y-chromosome ties between Taiwan and Polynesia
ハプログループ Oは台湾Ami原住民とサモアとトンガのポリネシア諸島間の遺伝子の結びつきを示します。
2011/12 【日本語記事】National Geographic 米先住民の人口激減、DNAで分析
2011/12 【日本語ブログ】ドマニシ人の歯の分析
2011/12 Anthropology.net Microwear Analysis at Dmanisi
白骨体に基づいて、私たちはどうしたらヒト科の食事の詳細を確かめることができますか?
Microwear Analysis 使用痕分析
2011/12 【日本語記事】Nature 進化:脂肪と脳の大型化との関係
哺乳類100種を調べた研究で、そのようなトレードオフ関係は見いだされず
 不経済な組織がエネルギーをめぐって争うという考え方は否定された。
 ただし、脳のサイズと、脂肪組織の形で貯蔵されるエネルギーの量との間には、負の相関が認められた。
進化:脳はどうやって巨大化したのか
2011/12 Nature Evolution: Big brains explained
doi:10.1038/480043a
進化:ヒトの脳のサイズのエネルギー論と進化
2011/12 Nature Energetics and the evolution of human brain size
doi:10.1038/nature10629
2011/11 EurekAlert Trail of 'stone breadcrumbs' reveals the identity of 1 of the first human groups to leave Africa
'石のパンくず'の道は出アフリカの最初の人間のグループの1つのアイデンティティを明らかにします。
 オマーン・スルタンにおける一連の新しい考古学上の発見
アフリカから移動する最初の近代人グループの1つのタイミングとアイデンティティを明らかにします
2011/11 【日本語記事】National Geographic ネアンデルタール人は異種交配で絶滅?
噴門文化から古代のミトコンドリアDNA(新石器時代初期イベリア)
Dienekes' Dienekes
初期の新石器時代のイベリア半島の人口から古代のDNAは、最初の農家でパイオニアの植民地化をサポートしています。
2011/11 【日本語記事】Nature  考古:ヨーロッパへの初期の人類到達
 英国のケンツ洞窟内にあるオーリニャック遺跡から出土したヒト上顎骨を分析
古人類学:ヨーロッパ最古の現生人類
2011/11 Nature Palaeoanthropology: The earliest modern humans in Europe
doi:10.1038/479483a
考古:ヨーロッパ北西部の解剖学的現生人類に関する最古の証拠
2011/11 Nature The earliest evidence for anatomically modern humans in northwestern Europe
doi:10.1038/nature10484
考古:ヨーロッパでの現生人類の初期分散とネアンデルタール人の行動に及ぼした影響
2011/11 Nature Early dispersal of modern humans in Europe and implications for Neanderthal behaviour
doi:10.1038/nature10617
遠く遡ったヒトの家系の研究は、拡大の波面にいることの選択優位性を明らかにする
2011/11 Science Deep Human Genealogies Reveal a Selective Advantage to Be on an Expanding Wave Front
2011/11 【日本語記事】BioToday 柔らかい食べ物で人の口は小さくなっているかもしれない
2011/11 ABC@オーストラリア Lifestyle could change your jaw shape
2011/11 BBC News Jawbones are 'shaped by diet', a study finds
Parasites drove human genetic variation
Adapting to pathogens was more important than climate and diet in driving natural selection.
Nature News (11 November 2011) | doi:10.1038/nature.2011.9345
寄生体は人間の遺伝的変異を追い立てました。
自然淘汰では病原体に順応するのは気候や食事より重要でした。
アフリカ人のXな多様性
2011/11 Science X-tra Diversity for Africans
ヨーロッパ人やアジア人と比べて、アフリカ人は彼らのX染色体の上に余分な多様性を持っています
開拓者は何が有利か
2011/11 EurekAlert The benefits of being the first to settle
決着をつける1つの番目であるものの利益
古代人パイオニアの系図の新しい研究は、最初に、世界の新しい領域を植民することになっていた移住者が、彼らの後をつけた移住者より多くの子を生産したと示唆します。
2011/11 EurekAlert Evolution during human colonizations
人間の植民地化の間の進化
2011/11 EurekAlert The selective advantage of being on the edge of a migration wave
移動波の縁にある選択的優位性
 新天地に住み着く最初の個人が、移住しなかった人より成功しているのを明らかにします。
多産な生活を送った開拓者
2011/11 Science Life on the Fertile Frontier
2011/11 BBC News Pioneers boast high fertility, say scientists
2011/11 BBC News Teeth and jaw are from 'earliest Europeans'
Two baby teeth and a jaw fragment unearthed in Italy and the UK have something revealing to say about how modern humans conquered the globe.
2011/11 EurekAlert New evidence for the earliest modern humans in Europe
ヨーロッパで最も早い近代人の新しい証拠
2011/11 Earliest sapiens remains in Europe
2011/11 EurekAlert Jawbone found in England is from the earliest known modern human in northwestern Europe
イギリスで見つけられた顎骨は、北西のヨーロッパで最も早い知られている近代人から来ています。
2011/11 EurekAlert Homo sapiens arrived earlier in Europe than previously known
ホモサピエンスは、以前に知られているよりヨーロッパでは、早く到着しました。
2011/11 毎日新聞 「旧人」化石:欧州最古の現生人類だった
イタリアや英国で発掘され、これまでネアンデルタール人(旧人)の化石として収蔵されていた乳歯やあごの骨
最高約4万5000年前の欧州最古の現生人類と再鑑定で判明
2011/11 【日本語ブログ】ヨーロッパ最古の現生人類?
2011/11 BBC News Early humans' route out of Africa 'confirmed'
デニソワ人おまえもか
2011/10 EurekAlert Shared genes with Neanderthal relatives not unusual
ネアンデルタールの親類と共有された遺伝子はわりと普通じゃん
 人類の進化の間、私たちの先祖はネアンデルタールのみならず、他の関連するヒト科とも「仲間」になりました。
 東アジアの連中、デニソワ人系の遺伝子持ってるぞ
2011/11 【日本語記事】National Geographic アジアでもデニソワ人と交雑の可能性
2011/10 Archaic human ancestry in East Asia (Skoglund and Jakobsson 2011)
2011/11 How widespread is Denisovan ancestry today?
2011/11 【日本語記事】BioToday 現代東アジア人にデニソワ人の遺伝的痕跡?
2011/10 【日本語記事】BioToday 初期人類の食性についての見直し
進化:29種の哺乳類を用いて作成したヒトの進化的制約の高分解能マップ
2011/10 Nature A high-resolution map of human evolutionary constraint using 29 mammals
doi:10.1038/nature10530
2011/10 'Junk DNA' defines differences between humans and chimps
'ジャンクDNA'は人間とチンパンジイの違いを定義します。
 遺伝子の近くの大きいDNAの挿入と削除が人間とチンパンジーの間で非常に可変であり、これらの主要な違いを説明するかもしれないと決心していました。
2011/10 Face-to-face with an ancient human
面と向かって古代人と共に
 ノルウェーの石器時代
 最もよく保存された頭蓋骨に基づく再建
 7,500年前にスタバンゲル郊外に住んでいた少年
2011/10 Short-legged Neandertal mystery solved (and other interesting thoughts)
ネアンデルタールの短足は、寒冷地適応ではなく、山岳環境踏査の効率からきたものである
クローヴィス期以前のマストドン狩人たちの狙い撃ち
2011/10 Science Pre-Clovis Mastodon Hunters Make a Point
1970年代に骨のやりの鏃があばら骨にある状態で見つけられたマストドンの遺骸の新しい分析を報告
クロービス人登場のずっと前に、マストドンやマンモスなどの大型哺乳動物の絶滅が始まったかもしれない
ワシントン州、マニス遺跡ではクロヴィス文化以前(13,800年前)にマストドン狩猟が行われていた
2011/10 Science Pre-Clovis Mastodon Hunting 13,800 Years Ago at the Manis Site, Washington
2011/10 news@nature.com Mastodon fossil throws up questions over 'rapid' extinction
2011/10 Pre-Clovis Mastodon hunters from Manis, Washington
2011/10 【日本語ブログ】北アメリカ大陸におけるクローヴィス文化以前の狩猟
2011/10 EurekAlert Tracing the first North American hunters
2011/10 EurekAlert Texas A&M study: Hunters present at least 800 years earlier than previously thought
2011/10 【日本語記事】National Geographic 人間による乱獲、マストドンの骨解析
2011/10 【日本語記事】AFP 化石にささったやり先、北米最古の人類の存在を証明

2011/10 EurekAlert Young human-specific genes correlated with human brain evolution
歴史の浅い特異なヒト遺伝子は人間の脳の進化に相関する
 霊長類の系統が他の哺乳類と分かれてから現れた若い遺伝子が、進化している人間の脳の特異構造で表現されます
2011/10 EurekAlert Young genes correlated with evolution of human brain
アフリカのデータに基づき現生人類の起源に関する新たな見解が浮上
2011/10 Science African Data Bolster New View of Modern Human Origins
2011/10 news@nature.com Breathing life into an extinct ethnicity
絶滅した民族性に生命を吹き込みます。
Participants in the 1000 Genomes project reconstruct the genetic variation of a lost group of Native Americans.
1000年のGenomesプロジェクトの関係者はインディアンの無くなっているグループの遺伝的変異を再建します。
2011/10 EurekAlert New technologies challenge old ideas about early hominid diets
新技術は初期のヒト科の食事に関する古い考えを覆すかも
 初期ヒト化の食餌を調べる研究に最新のハイテク機器を使用
2011/10 Science The Diets of Early Hominins
初期人類の食性
2011/10 【日本語記事】AFP 人類は今も進化中、小さな進化は数世代で顕在化 カナダ研究
2011/10 EurekAlert Sexual selection by sugar molecule helped determine human origins
糖分子による性淘汰は、人間の起源を決定するのを助けました。
 特定の種類の糖分子を作る能力を失うと初期のヒト科で免疫が向上した
2011/10 EurekAlert Study tracks mutations causing CDA II back to the Roman Empire
CDA II変異がローマ帝国に凱旋した経緯
 SEC23Bの遺伝子の2回の変異(109EのKとR14W)を分析して、それらの1つはイタリアの人口における、CDA IIの高周波化に責任があると発見します。
 最初の変異(109EのK)は、約2.400年前に中東で起こって、ローマ帝国の絶頂で広まったかもしれません。
 もう片方が、約3.000年前に南部のイタリアで起こったかもしれません。
古人類学:マラパとヒト属
2011/10 Nature Palaeoanthropology: Malapa and the genus Homo
doi:10.1038/478044a
2011/10 Major population expansion in mtDNA of East Asians
東アジア人の人口拡大は新石器時代の前に始まりました: mtDNAゲノムに関する証拠
北海道縄文時代のミトコンドリアDNAに見る南東シベリアとのおつながり
 ~山梨大学・安達登
2011/10 Ancient mtDNA of Hokkaido Jomon
 日本の有史以前の縄文の人々が南東のシベリアに彼らをつなぐmtDNA haplogroupsに属しました
 現在のいくらかのhaplogroupsは欠けていた
 アイヌは、縄文遺伝子プールを引き継いだように思えますが、彼らの主要系列はオホーツク海の人々に結びます。
 日本の最も深い祖先はシベリア系のみならず、むしろ古代シベリアのさまざまな人口層
 縄文、アイヌ、および(たぶん)現代の日本人だけに独特でないように思えます。
多地域における旧人類との交雑により現生人類の免疫系が形作られた
2011/10 Science The Shaping of Modern Human Immune Systems by Multiregional Admixture with Archaic Humans







2011/09 Unexpected ancient mtDNA from Neolithic Hungary
ハンガリー新石器時代からの予期せぬ古代のミトコンドリアDNA
2011/09 Bronze age Y-chromosomes and mtDNA from Liao River (northern China)
遼河(中国北部)から青銅器時代のY染色体とミトコンドリアDNA
2011/09 EurekAlert DNA study suggests Asia was settled in multiple waves of migration
DNA研究は、移動の多重波でアジアに植民したと示唆します。
 デニソワ人がアジアのいくつかの人口に遺伝子を寄付
 近代人が1つ以上の移動におけるアジアに植民した
2011/09 Widespread Denisovan admixture (Reich et al. 2011)
2011/09 EurekAlert Many roads lead to Asia
多くの道路がアジアに通じます。
 近代人は1回以上の移動波でアジアに居住したかもしれません。
2011/09 【日本語ブログ】オーストラリア先住民のゲノム解読とデニソワ人との交雑
2011/09 Science Tracing the Paths of the First Americans
最初のアメリカ原住民の軌跡をたどる
2011/09 EurekAlert Aboriginal Australians: The first explorers
初めて、アボリジニのオーストラリア人であった男性のゲノムを配列しました。
彼らは、現代のアボリジニのオーストラリア人が約5万年前に大陸で到着した最初の人々の直系の子孫であり、
先祖がヨーロッパやアジアの系統より早くアフリカを出たのを示しました。
2011/09 Science Aboriginal Genome Shows Two-Wave Settlement of Asia
アボリジニ民族のゲノムが示すアジアにおける2集団定着
2011/09 news@nature.com First Aboriginal genome sequenced
最初のアボリジニのゲノムは配列されます。
1920s hair sample reveals Aboriginal Australians' explorer origins.
1920年代の髪のサンプルはアボリジニのオーストラリア人の探検家の起源を明らかにします。
2011/09 ABC@オーストラリア Aboriginal DNA dates Australian arrival
2011/09 BBC News Lock of hair pins down early migration of Aborigines
2011/09 【日本語記事】AFP 人類最初の冒険者はアボリジニの祖先、サイエンス誌
2011/09 news@nature.com Aboriginal genome analysis comes to grips with ethics
アボリジニのゲノム分析は倫理に取り組みます。
Sequencing effort provides a model for future studies of museum samples.
努力を配列すると、モデルは博物館のサンプルの未来の研究に提供されます。
2011/09 Aboriginal genome analysis and ethics
アボリジニのゲノム分析と倫理
2011/09 毎日新聞 アボリジニ:「アジア一番乗り」 ゲノム解析、人類史解明ヒントに
2011/10 Science An Aboriginal Australian Genome Reveals Separate Human Dispersals into Asia
アジアへのヒトの拡散は分散して行われたことがオーストラリア先住民のゲノムから判明
2011/09 【日本語記事】BioToday 幾つかの文化における現地言語は男性の移住に起因しているようだ
2011/09 【日本語ブログ】さかのぼるネアンデルタール人による海産資源の利用
2011/09 【日本語記事】AFP ネアンデルタール人は15万年前には貝を食べていた、スペイン研究
ネアンデルタール人との交雑はレア
2011/09 ABC@オーストラリア Human-Neanderthal coupling rare: study
古人類学者は現在、続々と新しい化石を発見している
2011/09 Science Paleoanthropologist Now Rides High on a New Fossil Tide
小さな足の大きな謎
2011/09 Science Little Foot, Big Mystery
骨格がもたらした難解な古代の謎
2011/09 Science Skeletons Present an Exquisite Paleo-Puzzle
アウストラロピテクス・セディバMH 1の頭蓋内鋳型
2011/09 Science The Endocast of MH1, Australopithecus sediba
アウストラロピテクス・セディバの骨盤の一部
2011/09 Science A Partial Pelvis of Australopithecus sediba
アウストラロピテクス・セディバの手により移動運動および操作性に関する能力がモザイク状に進化したことが示された
2011/09 Science Australopithecus sediba Hand Demonstrates Mosaic Evolution of Locomotor and Manipulative Abilities
アウストラロピテクス・セディバの足および足関節
2011/09 Science The Foot and Ankle of Australopithecus sediba
197万7000年前という年代から、アウストラロピテクス・セディバがホモ属の起源になる可能性が強く示唆された
2011/09 Science Australopithecus sediba at 1.977 Ma and Implications for the Origins of the Genus Homo
2011/09 EurekAlert Australopithecus sediba paved the way for Homo species, new studies suggest
新しい研究は、アウストラロピテクスsedibaがHomo種へ道を開いたと示唆します。
 ヒト科の顔の「モザイク」の本質のため、Au. sedibaがヒト属への先祖の最も良い候補であると示唆しています。
2011/09 EurekAlert Human brain evolution, new insight through X-rays
人間の脳の進化、エックス線による新たな知見
 アウストラロピテクスsediba(古代人先祖)に関する脳のケースの正確な高解像度のエックス線スキャンを明らかにします。
2011/09 EurekAlert New evidence suggests that Au.sediba is the best candidate for the genus Homo
新しい証拠は、Au.sedibaがヒト属の最も良い候補であると示唆します。
2011/09 EurekAlert
 Fossil discovery supports evolutionary link between Australopiths And Homo, says Texas A&M prof
テキサスのAM教授は、化石発見がAustralopiths And Homoの間の進化論のリンクを支えると言います。
2011/09 EurekAlert Handier than Homo habilis?
ホモハビリスより便利ですか?
 アウストラロピテクスsedibaの多能な手は工具製作ヒト科前半のホモハビリスの手より良い候補を作ります。
2011/09 Sediba hominid skull hints at later brain evolution
後の脳の進化のSedibaヒト科の頭蓋骨のヒント
2011/09 EurekAlert Fossil discovery could be our oldest human ancestor
化石発見は私たちの最も年取った人類の祖先であるかもしれません。
 198万歳のときにことによると私たちの最も年取ったダイレクト人類の祖先の年令を確認しました。
2011/09 news@nature.com Fossils raise questions about human ancestry
2011/09 読売新聞 南ア発見のセディバ猿人、やはり現代人の祖先?
 従来有力視されてきた「ホモ・ハビリス」よりも有力
2011/09 BBC News African fossils put new spin on human origins story
2011/09 BBC News Hi-tech scans reveal brain of human 'ancestor'
2011/09 National Geographic Human Ancestor May Put Twist in Origin Story, New Studies Say
2011/09 ABC@オーストラリア Tool-making ancestor may rewrite history
2011/09 【日本語記事】National Geographic セディバ猿人、現生人類の祖先の可能性
2011/09 BBC News Skull points to a more complex human evolution in Africa
2011/09 EurekAlert Not just skin deep -- CT study of early humans reveals evolutionary relationships
2011/09 EurekAlert Ancient humans were mixing it up
古代人は交雑していました。
 アフリカから移動する前にも、近代人は、解剖学的に原始的なほかのヒト科動物と交雑していた
2011/09 news@nature.com Human ancestors interbred with related species
人類の祖先は近縁種でinterbredされます。
Analysis suggests genetic mixing occurred in Africa around 35,000 years ago.
分析は、遺伝子混合が約3万5000年前にアフリカに起こったと示唆します。
2011/09 EurekAlert Evolution's past is modern human's present
進化の過去は近代人の今につながる
2011/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 旧人類との交雑が現生人類の免疫系に大きく影響
2011/08 EurekAlert Canoodling with cavemen gave healthy boost to human genome, Stanford study finds
異種混血が健康増進をヒトゲノムに与えた
 ネアンデルタールやデニソワ人などの近親種との交雑は、
 免疫システムのいくつかの遺伝子の有益なバージョンを人間の遺伝子プールを付しました
2011/08 読売新聞 現代人の祖先、古代人類との交雑で免疫力獲得か
2011/08 No evidence for Neandertal admixture from mtDNA
ミトコンドリアDNAからの、ネアンデルタール人との交雑の証拠はない
 ネアンデルタール人ゲノムの解釈にダウト
2011/08 BBC News Neanderthal sex boosted immunity in modern humans
免疫系におけるデニソワ人の遺産とは?
2011/08 Science A Denisovan Legacy in the Immune System?
2011/08 BBC News DNA study deals blow to theory of European origins
新しい研究はほとんどのヨーロッパ人の男性が何年も前に近東5,000-10,000からわたった農業者の血を引いているという考えに一撃を与えます。
最新の研究はヨーロッパの男性の大部分が家系の線を石器時代のハンターにたどるという考えに傾きます。
2011/08 【日本語記事】BioToday 英国男性の大部分は移住農民以前の狩猟採集人を起源とするようだ
2011/08 朝日新聞 調理と早食い、サルとヒトの分かれ目? 米大学研究成果
2011/08 EurekAlert Getting inside the mind (and up the nose) of our ancient ancestors
私たちの古代の先祖の心(そして鼻に)の中に入ります。
 脳と感覚器官の再編成は脊椎動物の進化論の成功のキーであるかもしれません
2011/08 news@nature.com Ancient DNA reveals secrets of human history
古代のDNAはヒトの歴史の秘密を明らかにします。
Modern humans may have picked up key genes from extinct relatives.
近代人は絶滅した親類から主要な遺伝子を拾ったかもしれません。
2011/08 産経新聞 欧州男性の半数、ツタンカーメンと同じ遺伝子ルーツ
 英国人男性の最大7割と西欧諸国の男性の半分が、古代エジプト王ツタンカーメンと同じ遺伝子ルーツを持っている
 現代のエジプト人でこの遺伝子グループに分類される人の割合は1%未満
2011/08 6 million years of African savanna
アフリカのサバンナ600万年間
 過去ヒト祖先が暮らしたアフリカ東部は樹木が点在する草原だった
 土の化学同位元素を使用して有史以前の木陰を測定
2011/08 【日本語記事】Nature 考古:人類進化の背景を彩った森林とサバンナ
人類学:サバンナの影響
2011/08 Nature Anthropology: Shades of the savannah
doi:10.1038/476039a
考古:過去600万年の木本被覆率と人類の居住環境
2011/08 Nature Woody cover and hominin environments in the past 6 million years
doi:10.1038/nature10306
2011/08 ABC@オーストラリア Where did humans learn to walk?
2011/08 【日本語ブログ】初期人類の生息環境
2011/07 【日本語ブログ】全ゲノム塩基配列から推定される人口史
2011/07 【日本語記事】Nature  遺伝:遺伝子から人口の歴史を読み取る
 ヨーロッパ人と中国人の集団サイズの変遷は、2万~1万年前までは非常によく似ていた
 遺伝学的な意味での現生人類の分化は、12万~10万年前には早くも始まっていた可能性
遺伝:複数の個人の全ゲノム塩基配列から、ヒト集団の歴史を推定
2011/07 Nature Inference of human population history from individual whole-genome sequences
doi:10.1038/nature10231
2011/07 Initial settlement of the Americas: recurrent gene flow with Asia
アメリカ大陸初期沈下: アジアがある再帰的な遺伝子流動
microevolutionaryの評価は新世界の早期解決にモデル化されます: アジアからの再帰的な遺伝子流動の重要性
 Evaluating microevolutionary models for the early settlement of the New World: The importance of recurrent gene flow with Asia

2011/07 【日本語記事】AFP ネアンデルタール人の絶滅、現生人類の増加が原因 英研究
2011/07 【日本語ブログ】ヨーロッパにおけるネアンデルタール人から現生人類への移行と人口増加
2011/07 ABC@オーストラリア Humans crowded out Europe's Neanderthals
2011/07 Science ネアンデルタール人の10倍もの人口増加が、ネアンデルタール人から現生人類への移行をもたらした
2011/07 Aging brains are different in humans and chimpanzees
老齢脳は人間とチンパンジーで異なっています。
2011/07 ABC@オーストラリア Polar people have bigger eyes and brains
2011/07 BBC News How dark winters meant bigger human brains and eyeballs
2011/07 【日本語記事】BioToday 北に住む人の眼球は大きい~光レベル低下への順応
2011/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 高緯度に住む人ほど「頭と眼が大きくなる」説
2011/07 ABC@オーストラリア Footprints show how our ancestors walked
古代人の歩きぶりをあしあとに見る
2011/07 EurekAlert Ancient footprints show human-like walking began nearly 4 million years ago
古代の足跡は、人間的なウォーキングがおよそ400万年前に始まったのを示しています。
2011/07  Climate-related variation of the human nasal cavity (Noback et al. 2011)
ヒト鼻腔の形状変化と気候
2011/07 BBC News 'Extraordinary' genetic make-up of north-east Wales men
 なぜまれな遺伝子をお持ちであるのかを発見するため
 DNAサンプルを提供するよう東北ウェールズの人々に頼んでいます。
2011/07 Craniofacial morphology in Austrian Early Bronze Age
オーストリアの顎顔面形態、青銅器時代初期
 オーストリア初期青銅器時代の人口における顎顔面形態は性特有の移動様式を反映します。
 Craniofacial morphology in Austrian Early Bronze Age populations reflects sex-specific migration patterns.
2011/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 人類のX染色体上にネアンデルタール人由来のDNA配列が見つかる
2011/07 【日本語ブログ】X染色体におけるネアンデルタール人と現生人類との交雑の痕跡
2011/07 news@nature.com Human history writ large in a single genome
単一のゲノムで大きいヒトの歴史令状
The first humans to leave Africa continued to interbreed with Africans for tens of thousands of years.
アフリカを出る最初の人間は、何万年間もアフリカ人と共に雑交し続けていました。
2011/07 Human population history from single human genomes (Li & Durbin 2011)
2011/07 EurekAlert New elegant technique used for genomic archaeology
ゲノム考古学に使用される新しいエレガントなテクニック
 非アフリカ人口はアフリカからの6万年前の移動の後に遺伝子の装填室を交換し続けていました。
 これは、これらのグループの間で雑交するのがオリジナルの大移動のずっと後に続いたと推論します。

2011/07 【日本語ブログ】コーカサス山脈北部の後期ネアンデルタール人の年代
 39700±1100年前
アフガニスタンのY遺伝子
2011/07 Y chromosomes from Afghanistan


 以上、 →2011年7〜12月の記事でした


→ 「古人類学 人間の祖先、ヒトの進化」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー