初潮・月経・更年期・閉経:
2007年

ほか「初潮・月経・更年期・閉経」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2007/12 BBC News Asthma risk 'rises in menopause'
喘息リスク『更年期における増加』  更年期の女性は、呼吸器病リスク高め
2007/12 BBC News Nerve system link to PMS misery
月経前症候群の原因は神経のバランス
 日本のチームは、発見した ― PMSが{毎月体の平衡を制御する} 自律神経系の活動減少に由来すると
祖父母からの援助の手
2007/12 EurekAlert A helping hand from the grandparents
 ヒト以外でめったにみられない「おばあちゃん効果」が鳥で観察されました
  リンク セイシェルウグイス Seychelles warbler

 :繁殖できない状態になった個体が、孫や親戚の世話をして生存率をアップさせる効果。
 :これまでは、いくつかのサル種とゴンドウクジラではそれらしいものがみられていたが、鳥さんではこれが初。

2007/12 EurekAlert Wild chimpanzees appear not to regularly experience menopause
野性チンパンジーは、一般には更年期を経験しないっぽい
 ヒト近縁種は、型通りの更年期は経験しない
2007/12 EurekAlert Unlike humans, chimpanzees don't go through menopause
ヒトとは異なり、チンパンジーは更年期を経験しない
2007/12 New Scientist Menopause sets humans apart from chimps
更年期は、ヒトとチンパンジーをわかつもの
2007/12 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 閉経は進化の過程で獲得したヒト特有のもの
2007/12 EurekAlert Experts call for better research into link between women's hormones and mood disorders
女性ホルモンと感情障害の関係を調査せよ
2007/12 EurekAlert  Altered sex hormone levels, higher body temp affects sleep quality in postmenopausal women
閉経後の女性における高い体温と性ホルモン・レベル変化が睡眠の質に与える影響
 性ホルモン、性腺刺激ホルモンの変えられたレベルは、高齢の閉経後の女性で不眠症の一因となるかもしれない
 高い体温が貧弱な睡眠品質を招く
2007/12 【日本語記事】時事通信 大豆で脳・心疾患リスク減=中高年女性、閉経後に顕著
  疫学調査・厚労省研究班
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-03X442.html
うつ病だと骨密度が薄め
2007/11 The National Institutes of Health Depression Linked to Bone-Thinning in Premenopausal Women
初潮が早いのは家族関係が良くない証拠?
2007/11 EurekAlert Family conditions may affect when girls experience puberty .
家族の状態は女子の性的成熟時期に影響を及ぼすかもしれない
2007/11 EurekAlert Girls will be girls longer when home life is stable .
女の子はより長く女の子のままであるだろう ― 家庭の暮らしが安定していれば
2007/11 【日本語記事】読売新聞 更年期過剰検査434億円…京大教授推計
投薬も188億円 不適切な診断で
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071117-OYT8T00062.htm
 西村周三(医療経済学)
生理の血を預ける銀行ってありなのかよ
 将来の健康のために月経血から採取した幹細胞を保存いたします
2007/11 BBC News Menstrual blood bank criticised
民間の経血銀行にツッコミ
 「人々の不安につけこんだあこぎな商売だ」
 それらの用途を支持する科学的な証拠が無い ~幹細胞専門家
2007/11 EurekAlert Diet and lifestyle changes may help prevent infertility from ovulatory disorders
食餌療法、ライフスタイル変化は、排卵障害による不妊を予防するかもしれない
おばあちゃん仮説 更年期が進化したわけを検証する
2007/10 The Royal Society Testing evolutionary theories of menopause
 2つの主な進化仮説
 母の年齢に特有の死亡率リスクから保護する
 祖母として、孫の育児にプラスになる
最近の理論上の仕事は、指し示す ― 更年期が進化上の利点を与えることであるならば両方の要素が協力して必要
 我々は、ガンビアからの著しく完全なデータセットに基づく研究を述べる。
2007/10 EurekAlert Obesity risks increase after menopause
更年期以後増大する肥満リスク
女性は3分の2は月経を止められることに興味があると答えるが、副作用が心配
医者のほとんどは、月経は止められるし、じゅうぶん安全だと考える
2007/10 EurekAlert Differing attitudes found between women and doctors concerning menstrual suppression
月経の抑制に関して、女性と医者で態度の食い違い
重い月経前症候群を抱える女性
 実際には睡眠パターンに変わりはないのに、周期の後半に睡眠の質が落ちると感じている例多し
2007/10 EurekAlert Women with severe PMS perceive their sleep quality to be poor
ひどいPMSによって女性は、睡眠品質が貧弱なるとみなしている
2007/09 New Scientist HRT boosts women's sexual interest
HRTで女の性欲アップ
おばあちゃん仮説
2007/09 New Scientist Caring grandmas explain evolutionary role of menopause
おばあちゃんによる世話と、更年期の進化
2007/09 EurekAlert Less than one-third of women aware of landmark hormone therapy study, Stanford researcher finds
画期的なホルモン治療研究の成果があるのに、それを知っている女性は3割
2007/09 Evolutionary Psychology【PDF
 Differences in dietary intake as a function of sexual activity and hormonal contraception
性的活動の機能として食事の摂取量における差異とホルモン避妊の効果
by Fleischman, D.S. and Fessler, D.M.T.
月経サイクルの黄体期は、受胎に伴うオス由来の遺伝学的な材料を寛大に扱う必要性の結果として、母体の免疫反応を下方制御するため、伝染病罹病性が増大してしまう。
progesterone induced blocking factor (PIBF)
「肉食」は菜食より感染源としてのリスクが高いため、黄体期の肉摂取量が減ることが予想される。
蛋白質に関する調査結果では、黄体期にタンパク質を多く食ったり食わなかったりまちまち。でも「肉食」に限った調査はされていない。
ホルモン性の避妊薬を使っている女性における、肉摂取量の調査を行った。
機能の観点からは、無排卵性周期の間と閉経後の女性においては免疫調節が不要であるので、黄体期補正的な行動防御は不在であると予測された

…これは「イケイケ女のほうがよくダイエットしています」じゃないのか。
2007/09 【日本語記事】朝日新聞 「骨壊し屋」女性ホルモンが抑制 
東大教授チーム解明
http://www.asahi.com/science/update/0907/TKY200709060461.html
エストロゲンを働かせるとマウスの破骨細胞の数が減った。
2007/09 【日本語記事】読売新聞 骨粗しょう症のメカニズム解明、新治療法開発へ期待
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070907i401.htm
2007/09 【日本語記事】毎日新聞 骨量:女性ホルモンが維持 東大など、調節機能突き止める
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/09/20070907ddm002040015000c.html
2007/08 BBC News Ovary removal 'raises brain risk'
卵巣除去は、『脳リスクを高める』
{更年期の前に卵巣を摘出される女性は、パーキンソン病と記憶問題のリスクを増大する可能性があった。
2007/08 【日本語記事】毎日新聞 特集:更年期障害と漢方 動悸、不眠…体調の変化感じたら
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/archive/
news/2007/08/20070825ddm010100105000c.html
2007/08 EurekAlert Grapes, soy and kudzu blunt some menopausal side effects
ブドウ、大豆、そして、葛は、更年期の一部の副作用を和らげる
テストステロン補充療法の安全性
2007/08 EurekAlert Testosterone replacement therapy: How safe for aging men?
2007/08 EurekAlert Study suggests estrogen deficiency can lead to obesity-induced high blood pressure after menopause
更年期以後、エストロゲン不足がobesity-inducedされた高血圧に至る可能性
2007/07 EurekAlert Breast cancer and hormone therapy -- A looking-glass mirror?
premenstrual dysphoric disorder, or PMDD 月経前症候群
2007/07 EurekAlert Study finds hereditary link to premenstrual depression
月経前の気分の落ち込みも遺伝子しだい
 特定の遺伝学的なバリエーションでは、月経前にひどいうつになるリスクが高めっぽい
2007/07 New Scientist Abortion pill could become daily contraceptive
 The "abortion pill" RU-486 could become a new form of daily contraceptive.
 oestrogen increases the risk of breast cancer. Progesterone-only pills often cause irregular bleeding and spotting.
 RU-486 contains mifepristone, a synthetic steroid that stops ovulation through a different mechanism.
2007/07 BBC News Low testosterone may risk heart
低テストステロンは、心臓リスクにつながるかも
 男性ホルモン・テストステロンが少ない閉経後の女性は、心臓病をわずらう率高め
2007/07 【日本語記事】毎日新聞 PMS:毎月の頭痛、不安感…月経前症候群では?
 女性が生涯に経験する月経の回数は石器時代が50回、米国の開拓時代には150回程度だったと推定されているが、現代は450回以上。
 初潮の低年齢化や少産化などで大幅に増えている。






【日本語記事】読売新聞 男の更年期
定年後「暇」でストレス(2007年6月8日)
ホルモン注射 半年で効果(2007年6月7日)
「何事も60%」助言で楽に(2007年6月6日)
万能でないホルモン治療(2007年6月5日)
疲労感、気力低下は要注意(2007年6月4日)
2007/06 EurekAlert Study finds estrogen therapy gives aging brain cells a boost
研究によると、エストロゲン治療は、老化脳細胞に上昇を与える
2007/06 Daily Mail Scientists develop pill to delay the menopause
更年期を遅れさせるピル
2007/06 New Scientist HRT may protect brain against effects of ageing
50-59才女性、経口エストロゲンで冠状動脈石灰化率が減りました
2007/06 EurekAlert  New WHI data show that women aged 50-59 taking oral estrogen therapy had reduced levels of coronary artery calcification
2007/05 BBC News US approves pill to stop periods
米国は、月経を止めるピルを承認 ― 毎月の生理を止めるためにデザインされる最初のバースコントロールピル
2007/05 EurekAlert No evidence older women generate new eggs
高齢の女性が新しい卵子を生成するという証拠なし
生殖力を回復することができるという話はありえない
2007/04 【日本語記事】読売新聞 元気ない40~50代、男性ホルモン60代より少なく
 男性ホルモン量、日本人サラリーマン中年層で最低下
母さんの初潮が早かったか遅かったかで、そのお子さんの肥満リスクがわかります
2007/04 BBC News Mother's puberty 'obesity clue'
 初潮が早かった母さん、”成長が早い”血筋で太りやすいかも
2007/04 EurekAlert Decrease in breast cancer rates related to reduction in use of hormone replacement therapy
ホルモン補充療法の削減にともなう乳ガン率減少
卵巣癌もホルモン補充療法のせいだったか
2007/04 BBC News HRT linked to ovarian cancer risk
2007/04 New Scientist HRT increases risk of dying from ovarian cancer
男の更年期にものぼせを見た!
2007/04 EurekAlert Study: Not just a menopausal symptom -- men have hot flashes, too
10代の生殖力を誘発するホルモンは、高齢不妊女性の妊娠を援助するかもしれない
2007/03 New Scientist Teen hormone may aid infertile women
思春期誘発ホルモンのキスペプチンkisspeptinは、排卵を誘発する。
2007/03 EurekAlert Childhood obesity may contribute to earlier puberty for girls
小児期肥満は、女の子の早期性的成熟に寄与するかもしれない
2007/03 New Scientist Childhood obesity brings early puberty for girls
2007/03 BBC News Fat toddlers 'risk early puberty'
2007/02 EurekAlert The influence of the menstrual cycle on the female brain
女性の脳の月経の周期の影響
女、毎月特定の期間に怪我しやすくなる
2007/02 BBC News Menstrual cycle injury risk link
2007/02 EurekAlert Brain's reward circuit activity ebbs and flows with a woman's hormonal cycle
脳の報酬回路活動は、女性ホルモン周期で増減する
2007/02 【日本語記事】読売新聞 月経血から筋肉細胞
 月経血に含まれる細胞(おそらく子宮内膜細胞)をマウスに注射
 筋肉細胞と移植した細胞が融合し、ジストロフィンを分泌
念入りに着飾る日は危険日
2007/01 New Scientist Best dressed women have babies on their mind
最善の着飾る女性は、彼らの心の上で赤ちゃんを持つ
女性は彼らの見た目についてより大きい配慮をする ― 彼らが生殖力のピークのレベルにいるとき。
2007/01 EurekAlert Benefits of testosterone treatment unknown, research shows
テストステロン治療の効果は未知


 以上、 →2007年の記事でした


→ 「初潮・月経・更年期・閉経」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー