恋愛:
2010年

ほか「恋愛」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2010/12 【日本語記事】BioToday 反社会的でない男性ほど結婚しやすく、結婚は男性の反抗心を殺ぐ
2010/11 【日本語記事】BioToday 見上げた場合と見下げた場合で顔の性的魅力が変化するようだ
男性は上から見た女性の顔をより女性的で魅力的と感じ、女性は逆に下から見た男性の顔をより男らしいと感じる

2010/11 【日本語ブログ】愛を感じると全身が麻痺し睡眠状態に陥るという奇病「Narcolepsy-Cataplexy Syndrome」
2010/11 【日本語ブログ】男女の別れの時期をFacebookのステータスで視覚化したインフォグラフィック
2010/11 National Geographic Women Prefer Men With Yellow, Red Faces
女性にとっては、肌が黄色っぽい男のほうが魅力的
2010/11 Skin yellowness but not masculinity as indicators of male facial attractiveness
2010/11 【日本語記事】National Geographic 男らしさより健康的な顔色が好まれる
2010/10 【日本語記事】BioToday 性的攻撃性が強い男性は女性の誘惑/拒絶の合図を覚える能力が低い
2010/10 EurekAlert UI study investigates variability in men's recall of sexual cues
性的な手がかりの想起では、男性はかなり可変的
 女がかなりはっきり性的関心もしくは拒絶を表現していても、その状況の想起能力は男によってピンきり
2010/10 EurekAlert Falling in love 'more scientific than you think,' according to Syracuse University professor
「恋の脳スキャン」
2010/10 【日本語記事】BioToday 愛は報酬系のみならず高次認知機能を担当する脳領域とも関連しうる
2010/10 【日本語ブログ】家庭内に異性が多い人ほど、恋愛にガツガツしない傾向があることが明らかに
 ラット実験の結果
百聞は一見にしかず
2010/10 EurekAlert A picture worth a thousand words: New research links visual cues to male sexual memory
 男の性的記憶と視覚的刺激のリンク
 煩悩で刻まれる記憶
 特に魅力的、挑発的なファッション、積極的な性的な関心を示す、と感じられる女性に対しては、男子大学生は、女性の初期の性的関心(誘惑や拒絶)を、めっさよく覚えている
2010/10 【日本語記事】BioToday 新しい恋人の写真を見ると報酬系活性化を介して痛みが和らぎうる
2010/10 BBC News Love can ease pain, say brain researchers
2010/10 EurekAlert Love takes up where pain leaves off, Stanford brain study shows
愛の鎮痛効果
理想と現実
2010/10 EurekAlert Study shows real partners are no match for ideal mate
現実に選ぶパートナーは、理想的な伴侶とはけっこうかけはなれているわけで
 完全なパートナーの理想的なイメージは現実のパートナーから大きな開きがあります
 実物は、理想的に選ぶものより異なった身長、体重、およびBMI値のものである
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 魅力的なのは「若く、背が高く、腕の長い」女性
 被験者が女性を見て、魅力を評価するのにかかった時間は平均たった5.35秒だった
2010/09 【日本語記事】BioToday 短期的な関係を求める男性は女性の体に関心を持つ
男は地位や財産を築くまで結婚できなかったり
2010/09 Women: Hope to marry young? Head to Alaska, steer clear of Alabama
早く結婚したけりゃ女は関東に行け。九州には行くな
 女より男が多いなら、女の結婚年齢は下がり、配偶者間の年齢差は大きくなる傾向になる
 男過多だと、色恋沙汰の暴力件数が増える
 女過多だと、アバンチュール増加による性病蔓延になったりする
※ 日本の都道府県別男女比
ストレスの少ない男のほうが魅力的
2010/09 BBC News Laid back men 'more attractive'
Men with low levels of the stress hormone cortisol (picture on left) are more attractive says the study
2010/09 【日本語ブログ】右ひざのキレが重要?女性を魅了するダンスの秘密が明らかに
2010/09 BBC News Good dancing may be sign of male health, scientists say
2010/09 ABC@オーストラリア Researchers uncover dance moves to impress
2010/09 EurekAlert Verbal snippets offer insights on well-being amid separation, divorce
言葉の切れ端から見る幸福、別れ、離婚
 ロマンチックに切り離された人々の研究
 わずか数秒の会話に現れる情動状態の手がかり
2010/08 【日本語ブログ】似たもの夫婦はもともと似ているのか、だんだん似てくるのかの結論が研究で明らかに
 「似たもの夫婦」は結婚する段階で性格が似ている相手を選んでいた
2010/08 【日本語記事】BioToday 配偶者同士がより似ているのは似た者同士の結婚によるようだ
2010/08 EurekAlert Spouses do not grow more alike, study finds
配偶者は連れ添うことで似てくるわけではない
2010/08 EurekAlert Internet access at home increases the likelihood that adults will be in relationships
家でインターネットをしている大人はイイ人がいる率が高め
 家にインターネット・アクセスを持っている大人達は、インターネット・アクセスのない大人達よりはるかにモテるのかも
 インターネットは、特に同性カップル形成に重要
 近いうちに、すべてのアメリカ人が彼らのロマンチックなパートナーに会う主要な方法として友人よりネットを活用する時代になるのかも
2010/08 【日本語記事】AFP 妻よりも稼ぎが少ない夫は浮気しやすい、米研究
2010/08 【日本語記事】BioToday 稼ぎが女性パートナーと不釣合いな男性は浮気しやすい
2010/08 EurekAlert Men more likely to cheat if they are economically dependent on their female partners
2010/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン iPhoneユーザーはセクシャルなパートナーを多く持っている
2010/08 【日本語記事】BioToday 排卵中の女性はライバル女性に勝つためにより印象的な服で着飾る
2010/08 EurekAlert U of M research finds ovulating women unconsciously buy sexier clothing to outdo attractive women
2010/08 朝日新聞 モテたい男よ、赤を着ろ! 魅力アップ、米英独中で研究
2010/08 Women attracted to men in red, research shows
研究は、女性が赤で男性に引き付けたのを示しています。
2010/08 EurekAlert Women more attracted to men in red
男性に赤でさらに引き付けられた女性
カップルが破局するか否かを言語連想法タスクで予測してみました
2010/07 Predicting relationship breakups with a word-association task
2010/07 EurekAlert Romantic rejection stimulates areas of brain involved in motivation, reward and addiction
失恋は、動機、報酬、および依存症にかかわる脳の領域を刺激します。
 中脳の腹側被蓋領域
 側座核と眼窩前頭皮質/前部前頭葉皮質
 島皮質と前葉帯
2010/07 EurekAlert Study links romantic rejection with reward and addiction centers in the brain
研究は脳の報酬と依存症センターにロマンチックな拒絶をリンクします。






男って全然クールじゃない もしくは 意外と女は図太い
2010/06 EurekAlert Study finds young men more vulnerable to relationship ups and downs than women
若い男は女より関係浮沈(惚れた振られた)で傷つきやすい
 通念とは逆に、ロマンチックな関係の浮沈は女性より大きな影響を男のメンタル・ヘルスに与えます
2010/06 Strangers influence our dating preferences
見知らぬ第三者は、デートの好みに影響を及ぼします
men and women are greatly influenced by what their friends and strangers think of their potential fling or partner.
2010/05 EurekAlert The sound of seduction
口説きの音
 いちゃつきに声も役割を果たします。
 両方の性が下側のピッチ声を使用し、より魅力的な異性目標に話すとき、より高いレベルの生理学的覚醒を示した
デビッド・バスが語るヒトの煩悩
【ヒアリング音声】科学なポッドキャスト
【英語】Why Humans Have Sex 【MP3ファイル】
The New York Academy of Sciences
  Science & the City
Evolutionary psychologist David Buss explains the mating rituals and patterns of our quirky species. We might not have colorful peacock tails, but we've got some fancy strategies of our own to make up for it.
 なぜ人間はセ"/クスをするのか
 ヒトに見られる交配の儀式やパターンを説明する進化心理学者デビッド・バス。
 我々は、カラフルな孔雀の尾は持ってないけれど、それなりにみな派手な戦略を展開させております。

『女と男のだましあい―ヒトの性行動の進化』 デヴィッド・M. バス (著)
『一度なら許してしまう女 一度でも許せない男―嫉妬と性行動の進化論』 デヴィッド・M. バス (著)
『「殺してやる」―止められない本能』 デヴィッド・M. バス (著)
2010/04 EurekAlert Quantity may determine quality when choosing romantic partners
ロマンチックなパートナーを選ぶとき、量は品質を決定するかもしれません。
 大勢のパーティでスピードデートの相手を急いで選ばなければならない場合
 ぱっと見で判断できる要素、身長や体重あたりでけっこう選り好みされている
2010/04 EurekAlert Blinded by jealousy?
嫉妬で目もくらみ 
 嫉妬で本当に「目が眩むようです」。
 やきもちを焼かされた女性は、コンピュータテストで目標を見つけることができませんでした。
2010/04 【日本語記事】National Geographic 脳は高度な働きで性的魅力を判断
 ほとんどの被験者は0.5秒もかからずに判断を下したが、これほど短い時間の間に高次脳領域を含む脳の複数の異なる領域で電気的活動が確認できた
 自己イメージが確立していない人は、性的欲望にも混乱がみられる
2010/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 国民の健康水準が上がると、「ソフトな外見」の男子がモテるようになるらしい
2010/03 【日本語記事】ストレス下の男性は自分と似ていない女性を選ぶ、研究  AFPBB News
2010/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン ストレス下の男性は女性の好みが変わる?
2010/03 ABC@オーストラリア 'Talkative women' is gender gibberish
GREAT MOMENTS IN SCIENCE: Dr Karl talks a lot because talking about stuff is his job. Even so, he was very surprised when he heard that women have more to say than men.
'話し好きな女性'は性おしゃべりです。  女には男以上に言うべきことがある
Why Him? Why Her?: Finding Real Love by Understanding Your Personality Type
●どうして恋人がこの人なのか:自分の人格タイプを知って真の愛を見つけよう
 Helen Fisher (著)  ヘレン・フィッシャー
 Henry Holt & Co; 1版 (2009/1/20)

2010/03 Evolutionary Psychology【 PDF
Who said (a falsifiable) what to whom?
by Mather, R. D..
CD  Why Him? Why Her? [Audiobook]  Helen Fisher (著)  MacMillan Audio; Unabridged版 (2009/1/20)

【podcast 音声】科学なポッドキャスト 愛の科学と恋人選びの生物学
【英語】The Science of Love and Whom We Choose  【MP3ファイル】
2010/01 Science & the City
 ノルエピネフリンとドーパミンの行動影響調査から、愛の人類学者が語る「一生添い遂げるコツ」
 「4年程度で冷める恋」は、人類の繁殖周期にかなった仕様であるのだ

『「運命の人」は脳内ホルモンで決まる!
 4つのパーソナリティ・タイプが教える愛の法則』
 ヘレン・フィッシャー著 講談社 (2009/10/9)

 原書:どうして恋人がこの人なのか:自分の人格タイプを知って真の愛を見つけよう
 『Why Him? Why Her?: Finding Real Love by Understanding Your Personality Type』 2005年

 → 『 恋愛科学の世界:ヘレン・フィッシャーHelen Fisher 』.


2010/03 EurekAlert The influence of a romantic breakup on self-concept
自己概念への失恋の影響
 破局の後に生じる自己概念変化
2010/02 EurekAlert Male college students also victims of violence at girlfriends' hands
ガールフレンドの暴力の犠牲者になる男子大学生
 女子大学生がパートナーに対して暴力を振るうケース
2010/02 【日本語記事】National Geographic 脳は高度な働きで性的魅力を判断
2010/02 【日本語記事】National Geographic バレンタインデーの歴史と愛の脳科学
2010/01 EurekAlert His or hers jealousy? Study offers new explanation for sex differences in jealousy
嫉妬の性差


 以上、 →2010年の記事でした


→ 「恋愛」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー