フローレス人、フロレス原人:
2006-2007年

ほか「フローレス人、フロレス原人」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


フローレス原人の謎は続く ~ Ralph Holloway
2007/11 New York Times In Study of Brain Evolution, Zeal and Bitter Debate
脳進化、熱意、激しい討論の研究において、
 多くの人類学者がホビットがヒトの新しい種に相当することを、確信しているのだが、
  一部の科学者は騒々しく論ずる ― それが小頭のホモ・サピエンスであって、何も新しくないことを
 これまでにタウング・チャイルドや、他のアウストラロピテクス頭の頭蓋腔の型を作成しているホロウェイ博士は、フローレス原人が新種であるか否かについては今もなお「はっきりしない態度でいる」。
 「ホモ・フロレシエンシスは、小頭症の古典的な徴候を少しも示さない」
 「他方、著しく平らな脳は、扁平頭症の非常に珍しい等級を示す」
 これは、ホビットが小頭症以外の病理に見舞われていた可能性を指し示すものである。
テウク・ヤコブ教授訃報
 フロレス原人は新種ではない派のインドネシア考古学重鎮
2007/10 Indonesians in Focus: Teuku Jacob
2007/11 remote central: Professor Teuku Jacob - December 6, 1929 - October 17, 2007
2007/11 Cryptomundo.com - Hobbits Foe Teuku Jacob Has Died
フローレス原人の化石に伴って発掘された石器について
2007/10 John Hawks Anthropology Weblog : Tools of the hobbits
道具の未熟さ: 緻密な運動コントロールができない手首の形態のせいか。
植物を料理したり屠殺肉を処理したりした痕跡が数万年分積もっている。
2007/09 BBC News 'Hobbit' wrists 'were primitive'
『ホビット』手首は、『原始的だった』
2007/09 EurekAlert New research sheds light on 'hobbit'
新しい研究は、『ホビット』に光を注ぐ
2007/09 【日本語記事】Science日本版 ヒントは手首に:「ホビット」の骨から新種発見か?
2007/09 【日本語記事】Science日本版 「ホビット」骨から新種発見?
It’s in the Wrist: “Hobbit” Bones Suggest a New Species
LB1の手根骨3つがくさび形で原始的
新種ホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis)仮説を裏付ける
2007/09 news@nature.com Wrist bones bolster hobbit status
手首骨は、ホビット状態を強める
Ape-like wrists suggest that Homo floresiensis was a distinct species.
サルのような手首は示唆する ― ホモ・フロレシエンシスが明白な種であったことを。
2007/09 Discovery The Hobbit: Not Human?
ホビット:人類でない?
2007/09 New Scientist 'Hobbit' wrist bones suggests a distinct species
明白な種を示唆する 『ホビット』手首骨
2007/09 National Geographic Human Was Unique Species, Wrist Bones Suggest
固有の種であった
フロレス原人2007年夏の陣
2007/08 John Hawks Anthropology Weblog : A hobbit Internationale
フロレス・ホミニッドについてのインドネシアにおける国際会議
A New Human: The Startling Discovery and Strange Story of The "Hobbits" of Flores, Indonesia
●新しい人類:フロレス原人「ホビット」の奇妙な物語
 by Mike Morwood, Penny van Oosterzee
 Hardcover: Collins (May 1, 2007)

オーストラリアで「Discovery of the Hobbit」のタイトルで出ていた書籍のアメリカ版

2007/06  American Scientist  Choosing One's Relatives
 Peter Andrews
check  
【日本語記事】 *2005/12  まだまだ続くフローレス人論争(フロレス原人)
【日本語記事】 *2006/08  炎上続行:まだまだフロレス原人は新種じゃない
 ホビットは新種だとは言いきれない、ていうか、なぜみな新種説をうのみにした?
フロレス原人は「 Laron Syndrome, ラロン型小人症」の可能性もあるぞ
 成長ホルモンの不具合だ
2007/07 John Hawks Anthropology Weblog  Another diagnosis for a hobbit
オーストラリアのフロレス原人集会(2007/02)、新種派だらけ
 小頭症派ガンバ(という内容のブログ)
2007/06  Panda'sThumb The Hobbit on Darwin Day
2007/05 The Sydney Morning Herald 'Hobbit' finder relishes discovery trail
『ホビット』発見者は、発見コースを楽しむ
 Next month, Professor Morwood, with a team headed by Indonesian archaeology Professor Fachroel Aziz from Indonesia's Geological Survey Institute, will start excavations in Timor's Atambua Basin.
 来月、Morwood教授は、インドネシアの考古学教授FachroelアジズらとティモールのAtambua盆地で発掘を始めることになる
 それからフロレスのリアン・ブア洞穴に戻る前に、チームはスラウェシに移動する
フロレス原人島嶼化説 ~Lindell Bromham and Marcel Cardillo, Imperial College London
2007/04 Discovery Hobbit Hominids Followed Island Rule
ディーン・フォークはわずかな証拠をもって新種と断言する冒険をおかした
 その調子でやっていいなら、同じ証拠は、新種でないと断定することもできる
2007/02 John Hawks Anthropology Weblog : Size, shape, and microcephaly
2007/02 【日本語記事】 「ホビット」を追って - CNET Japan
 ディーン・フォーク インタビュー
2007/02 Chasing the trail of the 'Hobbit' | Newsmakers | CNET News.com
ディーン・フォーク女史の主張 発掘再開を待って出したのかな
2007/01 EurekAlert FSU anthropologist confirms 'Hobbit' indeed a separate species
FSU人類学者は、本当の『ホビット』を確かめる異なる種
Dean Falk led international team in brain analysis of ancient hominid
ディーン・フォークは、古代のホミニッドの脳分析で国際チームをリードした
2007/01 BBC News 'Hobbit' human 'is a new species'
2007/01 Discovery Study: 'Hobbit' Is New Species
2007/01 National Geographic "Hobbit" Was Own Species, Not Diseased Human, Brain Study Says
フロレス原人/ホビットの洞穴、発掘再開!
2007/01 BBC News Hobbit cave digs set to restart
遺骨紛争のため、2005年以降インドネシア当局は洞穴への出入りを制限していた。
フロレス原人の2006年を画像のオンパレードで振り返る
2007/01 2006: Another Hobbit Year In Images at Cryptomundo.com
栄養に恵まれないオランウータン、脳が縮む フロレス原人みたいだね
2007/01 Journal of Human Evolution Volume 52, Issue 1
doi:10.1016/j.jhevol.2006.07.010 Variation in brain size and ecology in Pongo





フロレス原人会議
2006/12 Notes from recent Australasian conference on H. floresiensis
2006/12 Timor cave may reveal how humans reached Australia
東ティモール洞穴は、{ヒトがオーストラリアに到着した} 方法を示すかもしれない
 カメ、マグロと巨大なネズミを食べて、42,000年以上前生活した洞穴遺跡
 スー・オコナーによって発掘された
2006/12 PLoS Biology What Is the Hobbit?  Tabitha M. Powledge
 オーストラリアからフロレス原人の本が出ました。
 著者はオーストラリアチーム(新種派)トップの Mike Morwoodと、Penny van Oosterzee
2006/11  The Discovery of the Hobbit Arrives in Australia at Cryptomundo.com

 このオーストラリア版はアマゾンには出ていない。
 来年の5月に出るアメリカ版(タイトルが違う:A New Human)を待つべきか。

A New Human: The Strange Story of the "Hobbit" : How the Biggest Discovery in Anthropology Since Lucy Shattered More Than a Century of Textbook Science
●新しい人類:「ホビット」の奇妙な物語:
ルーシーから1世紀以上の科学教科書を粉砕した人類学における最も重要な発見
by Mike Morwood, Penny van Oosterzee
Hardcover: Collins (May 1, 2007)

 参照 → 『まだまだ続くフローレス人論争(フロレス原人)』


2006/10 EurekAlert Study suggests evolutionary link between diet, brain size in orangutans
オランウータンの研究から見えてくる、食べ物と脳サイズ進化の関係
 一時的な、避けられない食物不足は、脳サイズ(おそらく体サイズの微妙な減少だけを伴う)の減少を選択するかもしれない
 フローレス人もあり得るぞという説明にも

フロレス原人をめぐる悶着も、はや2年目を迎えまして
2006/10 The Loom : Homo floresiensis: Two Years Out
 テウク・ヤコブ先生のより詳しい論文が公開されたこと、カール・ジンマー的に繁忙期が終わったことから、
 まずはこれまでの経過を簡単に振り返ってみましょう。
 2004/10 フローレス人のデビュー 「大きい人類から小さく進化した新種だ」として
 2004/11 「新種ではなく病例だ」とするインドネシアのテウク・ヤコブ先生のとこに現物が幽閉状態に
  その際人骨にダメージも
 2005/03 ディーン・フォークによる頭骨復元と検証の「やはり新種である」結果発表
 2005/06 いざこざのあまり、発掘現場が発掘チーム以外には非公開に
 2005/10 さらなる同様の人骨発掘結果から「やはり新種」
 2005/10 別途頭骨を復元したドイツチームが「いや小頭症例だ」
 2006/05 さらにRobert Martinの「新種じゃない小頭症例だ」論文
 2006/05 Gary Richardsのアイデアは「新種じゃなくてもホモサピエンスは島嶼化でふつうにああなるんじゃないか」
 2006/08 テウク・ヤコブ先生が「新種じゃない」論文をまとめあげた
   「フロレス原人を西洋人と比較してどうする」
 2006/10 発掘チームとは別のオーストラリアチームが「やはり新種だ」発表
 2006/10 もっぺんシカゴのRobert Martin
   「石器は異時代物、島嶼化の範囲を越えた異常な頭骨、歯のサイズや種々の小頭症例比較からみて、新種じゃなく病例だってば」

Robert Martin
2006/10 The Anatomical Record Part A: Discoveries in Molecular, Cellular, and Evolutionary Biology
 Flores hominid: New species or microcephalic dwarf?
『ホビット』化石はホミニッドの新種にあらず
2006/10 EurekAlert Compelling evidence demonstrates that 'Hobbit' fossil does not represent a new species of hominid
2006/10 EurekAlert New hominid species may be early version of Homo sapiens
2006/10 Dienekes' Anthropology Blog: New Anatomical Record on Flores hominid

 微妙なウワサで、フロレス人の古DNA解析がなんぼかできたというような話もささやかれているらしい。


「フロレス人は新種じゃない、小頭症だ」 再炎上の予感
2006/08 The Loom : Return of the Microcephalic Hobbit
テウク・ヤコブ先生たちが論文出したぞ!
どれも、現代ヒトにない特徴だとはいえない
 ・頭骨のゆがみは「正常に発達したものではない」ことを示す
 ・地圧によって生じたゆがみではない
 ・体骨も正常な筋肉ではなく病理学的な症例であったことを示している
 ・孤島でもなかったし島の規模的に維持もできなかったろう
2006/08 John Hawks Anthropology Weblog : Is this the end for Homo floresiensis?
2006/08 Hobbit was a disabled caveman - Sunday Times
2006/08 Report Reignites Feud Over Little People of Flores - New York Times
2006/08 EurekAlert No hobbits in this shire
PLEASE NOTE: The embargo for this release has been lifted.
2006/08 National Geographic "Hobbits" Were Pygmy Ancestors, Not New Species, Study Says
2006/08 Discovery Study: Hobbit Humans 'Impossible'
インドネシアの身長1mの化石 「ヒトの新種」に異論
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
2006/08 Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.0605563103
Pygmoid Australomelanesian Homo sapiens skeletal remains from Liang Bua, Flores: Population affinities and pathological abnormalities
2006/08 news@nature.com Will the hobbit argument ever be resolved?

科学なポッドキャスト:【podcast 音声】【英語】「インドネシアのホビットは新種じゃなかったの?」 MP3ファイル 5分 Did hobbit humans really exist?  Discovery News Update: 2006-08-26


これまでに誰か小頭症の専門家で説を支持した者はいるのか?
2006/06 John Hawks Anthropology Weblog : Narrowing down Flores microcephaly
 the series of remains as representative of non modern humans is not very substantial.
 この遺骨群は、非現代人とするにはやはり無理がある
2006/07 The Loom : Hobbits: Happy, Healthy, Human?

「小型人類」の前にも石器 インドネシア真偽論争過熱
2006/05 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)■
2006/05 National Geographic "Hobbit" Island Tools Predate Modern Humans, Study Says
2006/05 BBC News New twist in 'hobbit' human story
2006/06 news@nature.com Old tools shed light on hobbit origins
考古:フローレス島の初期石器技術とホモ・フロレシエンシスに対するその影響
2006/06 Nature Early stone technology on Flores and its implications for Homo floresiensis
考古 : 石器は語る
2006/06 【日本語記事】 Nature@日本

 旧聞も、あらためてネイチャーやサイエンスに載ってやっと考慮の対象になるというわけ?
 あと、85万年前とか言ってるのを聞いていると、微妙に日本の「神の手事件」を思い出すんだが

小さなおなごの手に石器 ~カール・ジンマー
2006/05 Small Girls with Sharp Rocks. The Loom


フロレス原人の本がいろいろ出るぞ
 オーストラリアチームから「The Hobbit's Tale: Discovery, Significance and History of a New Human Species on the Island of Flores, Indonesia」
 タッタソールらの「Handbook of Palaeoanthropology Volume 3: Phylogeny of hominines」
 政治ジャーナリストのRobin Osborneも執筆中
2006/05 Cryptomundo  Hobbits Book Announced

ジャワの地震災禍から、
メラピ火山の噴火の恐れ
  →ガダ・マジャ大学(フロレス原人騒ぎのテウク・ヤコブがいる)の貴重な東南アジア出土資料が危ない
みたいな懸念が出ていたりする


フローレス人は新種じゃない 脳-体躯比率
2006/05 New Scientist New research suggests 'hobbit' was not a new species
2006/05 EurekAlert Scientists scuttle claims that 'Hobbit' fossil from Flores, Indonesia, is a new hominid
2006/05 National Geographic "Hobbit" Humans Were Diseased, Not New Species, Study Says
2006/05 BBC News 'Hobbit' stirs scientific clash
2006/05 ScienceDaily: Scientists Scuttle Claims That 'Hobbit' Fossil From Flores, Indonesia, Is A New Hominid
ディーン・フォークらからの反論
2006/05 Dienekes' Anthropology Blog: Hobbit Sparks Duel of the Anthropologists
小頭症論争
2006/05 John Hawks Anthropology Weblog : Martin versus Falk on microcephaly
骨盤と大腿骨は?
2006/05 John Hawks Anthropology Weblog : Hobbit news from Stony Brook
カール・ジンマーによるおまとめ
2006/05 Jakob the Hobbit?. The Loom
科学なポッドキャスト:Scientific American Podcast 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 21分
Episode 6: March 15, 2006
Flores hobbit update, chemistry in art, environmental impostors.
冒頭の5分はフロレス原人について

フローレス人の脳形状は何を現すのか
 Ralph Holloway ラルフ・ハロウェイと、ディーン・フォークの、それぞれの見解
 小頭症の症例にはどのようなものがありえるのかをもっと検討しないと
2006/03 Scientific American Hobbit News, Part 2 *
2006/03 Scientific American Whatever Happened to the Hobbit? TB
2006/03 The Mystery of the Human Hobbit: John Hawks Anthropology Weblog
フローレス人は怪力の持ち主だった
 チンパンジー(人間の4倍の腕力)なみだったかも
2006/02 Oregon Daily Emerald  Paleoanthropologist speaks at UO about 'hobbits' discovery


 以上、 →2006-2007年の記事でした


→ 「フローレス人、フロレス原人」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー