進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理:
2007年

ほか「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


「あんたそんな無駄遣いして!!」
2007/12 PhysOrg Men more optimistic than women on economy
経済に関しては、男は女より楽天的 18ヶ国調査
魅力的な販売員のほうが、たくさん買ってもらえる
2007/12 PhysOrg Shoppers more likely to buy from attractive salespeople
より多くの買い物客が、おそらく魅力的な販売員から購入する
2007/12 EurekAlert  One bad apple: Consumers prefer perfect produce
たった1個の腐ったリンゴ:消費者は完璧な製品がお好き
 見た目は、消費者における購入決定のカギである
 有機農法のリンゴにプレミアム価格を払えるのは、見た目が良い場合に限る
 見た目とコストの折り合いを考えよ
試用の前に消費者は買いたいものを決めていることが多いけれど、いったん試用してみると、消費者は一番簡単に使える製品を選ぶようになる
2007/12 EurekAlert  Test-drive: Using a product before buying it changes what you want
Test-drive:購入前に 製品を使用することは、{あなたが欲しい} ものを変える
「何をお買い求めですか」ではなく「この中ならどれがお好みですか?」と聞けばいい
 購買決定のプロセスを進めてしまえば購入率アップ
2007/12 EurekAlert  Holiday shopping: Choosing a favorite may increase the likelihood of purchase
休日の買い物:お気に入りを選ぶことは、購入の見込みを増大するかもしれない
「その程度のことでは許せません」
 評判の良い企業には、失態への対処に過大な期待を押し付けます
2007/12 EurekAlert  A company's good reputation can be a bad thing
企業の良い名声は、悪いものであることができる
2007/11 【日本語記事】 R25 脳の研究から導き出される驚愕の新マーケティング論
ニューロマーケティング
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000004-rec_r-bus_all
もらったお金に満足か否かは、同僚との比較しだい
2007/11 EurekAlert Money motivates -- especially when your colleague gets less
お金が ― 特にあなたの同僚がより少なく得るとき ― 動機を与える
2007/11 【日本語記事】Science日本版 
社会的比較はヒトの腹側線条体における報酬行動関連の脳活動に影響を与える
Social Comparison Affects Reward-Related Brain Activity in the Human Ventral Striatum
報酬の絶対額でな く、被験者の得た報酬の差が、腹側線条体における血中酸素濃度依存性反応に影響を及ぼす
2007/11 【日本語記事】Science日本版 満足感は人との差が大事!
公正な社会に暮らせるなら、財産の2割程度は支払っても良いと考える
 なかでも白人と高学歴層のほうが、公正さに執着が強かったりしていますが
2007/11 EurekAlert People can put a price tag on economic justice, economists say .
人々は、経済の司法に値札をつけることができると、経済学者が言う。
貯金のことを想起させるか、手持ちの金額を想起させるかで違ってくる財布の紐のゆるみ
2007/11 EurekAlert Big ticket: You'll spend more thinking about your bank account than about your wallet
●NEWSポール・ザク、進化心理学的に語る
 2年前の親和的感情のホルモンについての論文を覚えておいでですか。
 ほらほら、オキシトシンを使えば、お客さんがこんなに気前よくなるんですよ。
2007/11 EurekAlert New paper on oxytocin reveals why we are generous
 オキシトシンを飲ませた被験者、通常より太っ腹な行動に

 → 『 いまさらオキシトシン@信用ホルモン 』
 ポール・ザクってこんな人 リンク Paul J. Zak

2007/10 Scientific American How to Win an Election: Make a Good First Impression (in Less than 250 Milliseconds)
選挙に勝つ方法:(0.25秒未満で)良い第一印象を与えなさい
2007/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 製品デザインに必要なのは「感情」
刑より罰金
2007/10 EurekAlert Lesser of two evils: When do we prefer to get rid of things?
いやな2つのどっちがまだまし?
感情価減退嫌悪(ネガティブ方向の変化を避けたいか)
所有減少嫌悪(自分の財産が減るほうがいやか)
 いやな2つのいずれかを選ばなくてはならないとき、ヒトは金を払うほうを選びがち
買い物について想像すると、選ぶルートが変わるかも
2007/10 EurekAlert Can thinking about shopping change the route you take?
 男性と女性は特定の刺激から異なる影響を示す
 「新しい服を買う」情報(将来のプラスの展望)にさらされた被験者は、それとは関係ない「道順選び」の課題で
 男は直行を、女は風景の良い道を選ぶ
長けりゃいいってものでもないのに、時間が長くかかるほうが「良い」と消費者はみなしがち
 例えばカギ開けサービス。
 早いほうが腕がいいに決まっているのに、長くかかるほうが良いサービスだとみなす人が少なくない
2007/10 EurekAlert When taking a long time is seen as a good thing
あれは買わないほうがいいみたい
2007/10 EurekAlert Negativity is contagious, study finds
情報のネガティブさは、感染しやすい
2007/09 EurekAlert Oohs and aahs: Vowel sounds affect our perceptions of products
「おお」と「あぁ」:母音は、商品の認識に影響を及ぼす
 母音を含む製品名は消費者によって好意的にみなされ、ポジティブな属性を製品について伝達する
2割引からさらに25%をオフします:これと「4割引」とどっちがオトク?
2007/09 EurekAlert When 2 plus 2 doesn't equal 4: How consumers miscalculate sale prices
2たす2は4にあらず:消費者は、どのように販売価格を誤算するか
消費者を混乱させれば売り上げアップ
2007/09 EurekAlert Can consumers be confused into buying? Yes -- and more easily than you think
混乱させるセールス・トークを提示したのちに、ベタなコマーシャルを見せればほいほい言うことをきくぜ
右はしの桁:割引価格と視覚のゆがみ
2007/08 EurekAlert Right-hand digits: study reveals new visual distortion effect
割引の量はより重要でないかもしれない ― 一番遠い右の桁の数値的な価値より
「右の桁影響」は、販売価格の認識に影響する。
右はし桁の数値が小さいとき、より大きい割引量であると錯覚する消費者
画像によって書く:イメージに対する消費者反応の統一理論に向けて
2007/08 EurekAlert Writing with pictures: toward a unifying theory of consumer response to images
現代の消費者文化におけるイメージは、 新生の「書く」形態である。
マスコミュニケーション技術は「文化的教室」を作成し、世界最初の民主主義による絵文字記述法が開発された
実験は、画像(アブストラクト・イメージさえ)を製品特徴の声明として読みとる現代の消費者能力を実証する。
2007/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
世界中の人の買い物がリアルタイムでわかるソーシャル・ショッピング・サイト
かしこいってのは割に合わねぇや
 賢ければ裕福だとは限らない
 賢ければ幸せだとは限らない
2007/08 USA TODAY Study: It doesn't pay to be smart
 かしこいほうが、かえってお金持ちになれない気配 ~Jay Zagorsky
 高い知能指数でじゃっかん高めの破産率
 頭が悪いと金持ちになれないという思い込みは捨てろ
 頭が良いと成功するはずだという勘違いもやめろ
  → 『 幸せになるコツとデータ 』
2007/08 PhysOrg Most People Don't Bargain as Well as They Think They Do, Study Finds
おおかたの人々、自分がみなすほどにはうまいこと商談できてない
 実際よりスゴイギブ・アンド・テイクをやったと思っている私たち
なぜ懲りずにまた買う?
2007/08 EurekAlert Why guilt doesn't keep some of us from making the same mistakes twice
 衝動買いが常習の消費者は、ネガティブな感情(例えばストレス)は感じても、罪悪感や後悔の念は少ないようで
 おまけにネガティブ感情はさっさと消えるらしい
2007/07 EurekAlert E-shop till you drop
Role models for internet shops
大物は少々の損失など気にしない
2007/07 EurekAlert Intelligent people are more patient in financial matters
 小さなことでガタガタいうのは頭が悪い証拠?
 人間は高IQのほうがリスクに寛大 知的な人々は、財政的案件で忍耐強い







合理的経済人 ホモ・エコノミカスの見込み
2007/06 Scientific American The Prospects for Homo economicus
新しいfMRI研究は、合理的にお金の効用最大化するという 神話の仮面をはぐ
2007/06 【日本語記事】CNET Japan  「消費者はプライバシー保護のための出費を惜しまない」--米調査
楽しさ盛り上げ優先の消費:promotion-focused
 悪いこと予防優先の消費:prevention-focused
2007/06 EurekAlert You are what you buy: How different consumer types shop
なんで外貨はオモチャのお金のように思えてしまうの?
2007/06 EurekAlert Why does foreign money seem like play money?
 外国の通貨の額面がより高いとき、より多くの消費者は浪費した。
2007/06 EurekAlert Cognitive lock-in:Why you can't teach an old dog new tricks
人々は客観的に使いやすいか否かより、使い慣れているかどうかで選ぶ
2007/05 EurekAlert Where consumer culture doesn't quite reach
{消費者文化が全く届かない} ところ
研究は、都会に住む領域の周辺で、急速に生じている不法占拠者コミュニティを調査する
アンカラの外、トルコの新開地定住者で暮らしている貧乏な移住者女性
2007/05 EurekAlert For better or for worse -- Optimists and pessimists are influenced by different ad messages
よかれあしかれ-楽観論者と悲観論者は、異なる広告メッセージによって影響される
経済性向の2種類:prevention-focusedする(risk-averse)か、promotion-focusedした(獲得を指向する)。
防止-集中する人々は、比較広告を用いるブランドを支持する傾向があった。
防止-集中する人々はまず比較対象ブランドに目を向けるのに対し、 販売促進-集中する人々は広告されたブランドの査定にかまける
2007/05 【日本語記事】Science日本版
 脳は金銭による動機付けをどのように運動の強度に変えているのか:無意識下での動機付けにおける神経画像研究
How the Brain
Translates Money into Force: A Neuroimaging Study of Subliminal Motivation
2007/05 【日本語記事】 UK Today (イギリス)  お金を失うのは思ったよりも「痛い」経験!
2007/05 EurekAlert Study shows response to financial loss parallels brain's processing of pain
研究は、示す ― 金融の喪失への反応が苦痛の脳の処理に近似することを
頭がよければ豊かになれるとは限らない ~Jay Zagorsky
2007/04 PhysOrg You don't have to be smart to be rich, study finds
収入に限ると、IQが高ければ収入も多いが、蓄えの量を考慮に入れると、財力はバカでもカシコでもどっこいどっこい
収入が多くても多いだけ使ってしまうんじゃないか
高IQでも、クレジットカードを限度まで使い切り返済が滞る率はけっこうあるわけで
若い連中の脳は年寄りより「損」に反応しすぎ
 トクに対する反応にはそんなに差がないのにね
2007/04 New Scientist Younger generation has greater fear of loss
 younger adults showed more activity their insula and caudate ミ areas of the brain
involved in processing emotion ミ when anticipating losses than the elderly.
2007/04 【日本語記事】 UK Today (イギリス) 「隣の芝生は青い」!?――生活レベルを周囲に合わせようと無理をする人が増加
2007/04 New Scientist Money game reveals our inner Robin Hood
マネー・ゲームは、我らが内なるロビン・フッドを現す
我々には生まれつき平等を求める欲望があり、自腹を切ってでも、持つ者から持たざる者へと富を分かち与えようとする
2007/04 【日本語記事】Nature@日本 みんな平等に
2007/04 Nature 進化:人間にみられる平等主義という動機 Egalitarian motives in humans
2007/04 【日本語記事】Science日本版 ヒトは無意識のうちに高い報酬を求めて一生懸命働く
Without Knowing It, We Work Harder for More Cash
2007/04 Science DOI: 10.1126/science.1140459
 How the Brain Translates Money into Force: A Neuroimaging Study of Subliminal Motivation
脳がさもしいからこそ貧民なのか?
2007/04 EurekAlert Measuring the brain's 'rich switch'
脳の『金持ちスイッチ』
 金持ちは貧乏人より、金融の報酬と刺激を結びつけることを学ぶのが遅い
 より遅い学習は、より遅い反応で脳領域で反映される
 それは、報酬と「報酬目的とした学習」と結びつけられる。
2007/04 New Scientist Poor brains light up with small cash rewards
「我が社の製品が最高だ」と誇示するのも良し悪し
 誇大表現に見合わない製品だと感じると、企業イメージが大幅ダウン
2007/03 EurekAlert The 'best ever' marketing strategy?
2007/03 Evolution and Human Behavior  Volume 28, Issue 2
Signaling by consumption in a native Amazonian society
消費によって信号を送るアマゾンネイティブ社会 Pages 124-134
Ricardo Godoy, Victoria Reyes-Garc?xed;a, Tom?xe1;s Huanca, William R. Leonard, Thomas McDade, Susan Tanner, Vincent Vadez and Craig Seyfried
2007/02 EurekAlert It's not easy being green
 Being a green consumer is hard work
たむろっているときに特定のブランドネームに晒されると、他社のブランドネームが想起されにくくなる
2007/02 EurekAlert Being around friends can impair your memory
友人の周囲にいることは、あなたの記憶をそこなうことができる
2007/01 EurekAlert Morals do not conquer all in decision making
モラルが、意思決定で全てを克服するというわけではない
 保護された価値は、必ずしも分量に無感覚な選択を産み出さない。
脳スキャンを用いて予測 ― 消費者が製品を買うとき
2007/01 EurekAlert Researchers use brain scans to predict when people will buy products
 製品提示:皮質下の中隔側坐核が活性化 ― 喜びの期待と結びつけられる部位
 価格が高すぎるとき:島(インスラ)は活性化、対獲得をはかりにかける中間の前頭葉前部皮質は非活性化
2007/01 BBC News Shopping urges 'spotted in brain'


 以上、 →2007年の記事でした


→ 「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー