性淘汰 性差・性行動の生物学:
2007年

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 性的二形 体型の性差 性器の進化


2007/09 Scientific American Strange but True: Males Can Lactate
奇妙なことだが真実だ:オスは、乳を出すことができる
2007/05 New Scientist Female ducks fight back against 'raping' males
2007/05 ABC@オーストラリア Duck penises show battle of the sexes
アヒルペニスは、性の闘争を示す
アヒルは、性の間の『軍備拡大競争』で進化した複雑な性器を持つ
2007/05 New York Times In Ducks, War of the Sexes Plays Out in the Evolution of Genitalia
By CARL ZIMMER カール・ジンマー
2007/05 New Scientist Female ducks fight back against raping males
2007/01 EurekAlert How does one sex grow larger than the other?
性的多型の大きさの場合、その差は成長期間の長短ではなく成長のスピードで左右されるケースが多い
2007/01 EurekAlert How are phenotypic differences between sexes related to phenotypic variation within sexes?
どのように、phenotypicな性的多型は、性の範囲内でphenotypicなバリエーションに関連しているか?
 Telostylinus angusticollisオスは体サイズと形において非常に変化する
 性的二形は、{状態依存関係を生成する} 遺伝子の多面発現結果である

past つがいの形式


2007/09 Royal Society A new theory for the evolution of polyandry as a means of inbreeding avoidance
一妻多夫における近親交配回避手段 その進化のための新しい理論
近親交配するコストが ― 淘汰を条件として明確な遺伝学的なモデルを用いる一妻多夫の表現型による侵入を調べる。
2007/08 The Royal Society The evolution of the social brain: anthropoid primates contrast with other vertebrates
社会的な脳の進化:類人猿霊長類は、他の脊椎動物と対照をなす
 全ての非霊長類分類群に渡って、相対的な脳サイズは、一夫一婦制ではなく主にペアボンド行動に比例する

past 性の進化 性の生成 有性生殖


2007/11 EurekAlert Hotspots found for chromosome gene swapping
染色体遺伝子スワッピングのホットスポット
 減数分裂の間、交差、二重のストランドDNA破壊は、通常は酵母菌染色体の上でランダムに起こることはないが、
染色体のテロメアの近接度合いによって、大いに影響される
2007/10 EurekAlert A new explanation for evolutionary changes in genetic sex-determination systems
遺伝子のセックス-決定システムにおける進化上の変化において新しい説明
2007/10 BBC News Eighty million years without sex
8000万年のセックスレス
精子に比べて高コストの卵子、なぜ長期保持しない?
 母体の栄養として使いまわすほうが有利だったりするから
2007/02 EurekAlert The cost of keeping eggs fresh for mother cockroaches
母ゴキブリにとっての、卵を新鮮に保つコスト
イケメンと作った子、病弱かも
2007/01 EurekAlert The price of vanity: Mating with showy males may reduce offspring's ability to fight off pathogens
虚飾の代価:目立つ男性と交尾することは、子の病原体を排除する能力を削減するかもしれない

精子戦争


2007/12 【日本語記事】R25  実はチームプレイで動く!?“カミカゼ精子仮説”とは
ベイカー&ベリス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000011-rec_r-ent
2007/09 EurekAlert Primate sperm competition: speed matters
霊長類精子競争:スピードに賭ける
 乱交の霊長類種の精子は一夫一婦制の種よりすばやく泳ぐ
2007/09 EurekAlert Study looks at mitochondrial variation in sperm traits and sperm competitive ability
ミトコンドリア・バリエーションによる精子特性と精子競争的能力に着目する
 性淘汰で見のがされていた重要なリンク
 ミトコンドリアの母の継承が精子特性と競争的能力の上で最も大きいその衝撃を持つ
2007/02 EurekAlert Size matters if you're a rodent
ペニスが長い方が、精子競争で有利っぽい齧歯類
精子戦争
2007/02 EurekAlert Romance, schmomance -- Natural selection continues even after sex
精子競争
2007/02 EurekAlert Males have adapted to battle with competing sperm
オスは、精子を交戦に適応させた
生殖生物学:精子の同盟
2007/01 Nature Reproductive biology: Sperm alliance
2007/01 EurekAlert Rodent sperm work together for better results
齧歯目の精子は良い結果のために協力する
 乱交の齧歯動物における個々の精子は、同時に働く ― 対抗するオスの精子に対して競争するために

past ヒトと性淘汰 ヒトの伴侶選択


2007/12 The Royal Society Marrying women 15 years younger maximized men's evolutionary fitness in historical Sami
15歳若い女と結婚することは、サーミ人の歴史上、男性の適応度を最大にした
2007/11 【日本語記事】Science日本版 成熟するのが遅いヒト族の雄
Later Maturation for Male Hominins
パラントロプス・ロブストスの雄は、雌より成熟するのが遅く、雌のグループを独占するという繁殖方法を採っていた
Paranthropus robustus
2007/11 National Geographic Early Human Ancestors May Have Had "Harem" Societies
早期のヒト先祖社会は、" ハーレム"を持ったかもしれない
2007/11 The Royal Society Voice pitch predicts reproductive success in male hunter-gatherers
声音の高さは、男の狩猟採集民で繁殖成功度を予測する

2007/09 Evolutionary Psychology【PDF
 Differences in dietary intake as a function of sexual activity and hormonal contraception
性的活動の機能として食事の摂取量における差異とホルモン避妊の効果
by Fleischman, D.S. and Fessler, D.M.T.
月経サイクルの黄体期は、受胎に伴うオス由来の遺伝学的な材料を寛大に扱う必要性の結果として、母体の免疫反応を下方制御するため、伝染病罹病性が増大してしまう。
progesterone induced blocking factor (PIBF)
「肉食」は菜食より感染源としてのリスクが高いため、黄体期の肉摂取量が減ることが予想される。
蛋白質に関する調査結果では、黄体期にタンパク質を多く食ったり食わなかったりまちまち。でも「肉食」に限った調査はされていない。
ホルモン性の避妊薬を使っている女性における、肉摂取量の調査を行った。
機能の観点からは、無排卵性周期の間と閉経後の女性においては免疫調節が不要であるので、黄体期補正的な行動防御は不在であると予測された

…これは「イケイケ女のほうがよくダイエットしています」じゃないのか。


2007/07 Evolutionary Psychology 【PDF
The effect of mood on opposite-sex judgments of males' commitment and females' sexual intent
オスのコミットメント、そして、メスの性的な意図の反対の性判断に関する感情の影響
by de Quadros-Wander, S., and Stokes, M.
2007/05 EurekAlert Research suggests men's sexual behavior adapts to perceived threats
男の性的な行動は性淘汰のたまもの
行動的・身体的な特徴は、男性の「精子競争」力をもたらす
2007/03 Evolution and Human Behavior  Volume 28, Issue 2
  Overestimation bias in mate competition
配偶競争における過大評価バイアス Pages 118-123
Sarah E. Hill

ヒト性行動がらみの講釈


2007/08 【日本語記事】AFPBB News
なぜ男性は若い女性と結婚したがるのか?ウィーンの学者が研究結果を発表
2007/08 ABC@オーストラリア Age difference key to having most kids
2007/08 PhysOrg Facial attraction -- choice of sexual partner shaped the human face
顔の魅力-性淘汰がヒト顔を形づくった
大きいあご、広い頬と大きい眉の男性は、セクシーである ― 我々の先祖の眼には
トリヴァース&ウィラードの仮説 Trivers & Willard (TW) hypothesized
 よい状態の親はより多くの息子を持つ、貧しい親からは多くの娘。
2007/08 The Royal Society Trivers-Willard at birth and one year: evidence from US natality data
米国の出生率データからの証拠
 高学歴の若い既婚女性は息子が多め
 未婚の若い女性では、幼い息子の死亡率が高め

 関連情報は → 『 男が欲しけりゃ女を大事に:男女産みわけ性淘汰 』
「おばあちゃん仮説」はありでも、「おじいちゃん仮説」は成り立たない
2007/08 The Royal Society Selection for long lifespan in men: benefits of grandfathering?
 男性における長寿の淘汰:祖父役の効果はいかに
 長生きするじいちゃんこそ、子孫の繁殖率に全然貢献してない
 ばあちゃんは、子孫の繁殖に貢献してくれるのに

 詳しくは → 『 おばあさん仮説、閉経、繁殖 』
どうして世の中美男美女ばかりじゃないの?
遺伝子の突然変異は『性的魅力を多様にする』  ~Marion Petrie and Gilbert Roberts
2007/03 BBC News Gene mutation 'varies sex appeal'
母集団を通した「良い遺伝子」の広がりは、全員を素晴らしい個体にするわけではない
 進化論に懐疑的な側からすれば、「レックのパラドックス」の好例
 従来の性淘汰における見解では、女性が最も魅力的な男性をを選択するならば、その優良遺伝子は速く普及するはず
 が、遺伝子突然変異は、ちょくちょくDNA修復作業キットに影響を及ぼすため、優良の普及以上にダメージ遺伝子が発生してくる

past ヒトの繁殖


2007/09 The Royal Society Producing sons reduces lifetime reproductive success of subsequent offspring in pre-industrial Finns
息子を産むと、前産業時代のフィンランド人においてはその後の子孫の生涯繁殖成功度が減った

past フェロモン


2007/08 【日本語記事】Nature@日本 動物行動:フェロモンで決まる愛の形
配偶行動の性的指向は、発生の際にあらかじめ決まるわけではない
鋤鼻器官に異常のある雌は雄のような性行動をとる
鼻が行ったら性転換
2007/07 news@nature.com Nose goes, gender bends
Knocking out pheromone sensor makes female mice act male.
フェロモン・センサーをノックアウトすると、メスのネズミがオスっぽい行動に
  遺伝子TRPC2を削除して鋤鼻器官を不活発にさせました
メスネズミの積極的に異性と交尾しようとする行動回路は通常は抑制されている。
2007/08 EurekAlert A sensory organ, not the brain, differentiates male and female behavior in some mammals
突然変異の鋤鼻器官によってメスネズミはオスの性的な行動を見せ、母らしい行動を失う
2007/08 EurekAlert Disabling a sensory organ prompts female mice to act like male mice
2007/08 New Scientist Organ removal gives female mice a masculine thrust
2007/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 遺伝子操作で「セックスしか考えないオス」化したメスマウスが誕生
AXE!
2007/07 New Scientist Sex pheromones make mice brains grow
支配的なオスネズミの香り、メスの脳に新しいニューロンを萌やし発情させる

past 同性愛


薬でホモになる/遺伝子組み換えでホモになる
2007/12 EurekAlert In fruit flies, homosexuality is biological but not hard-wired
ショウジョウバエにおいて、同性愛は先天的に決定的ではございませんでした
 ショウジョウバエにおける性的好みは、シナプス強度の調整によって制御される。
 遺伝子操作でもあるいは薬剤使用でも ― ハエの同性愛行動を1時間以内にオン/オフしてしまえます
2007/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 数時間だけ同性愛に:薬物と遺伝子操作でハエを操縦
同性愛擁護者だの動物愛護団体だの市民運動家だのが寄ってたかってもうわやだ
2007/01 New York Times Of Gay Sheep, Modern Science and the Perils of Bad Publicity
同性愛の羊、現代の科学と悪い広告の危険
 Charles Roselliは「8%の羊がゲイになるのはなぜか」を解明しはじめた
 そこにニュースメディアやブロガーたちが飛びついて炎上
進化生物学:遺伝学と両性愛
2007/01 Nature Evolutionary biology: Genetics and bisexuality
A population-genetic model indicates that if there is a gene responsible for homosexual behaviour it can readily spread in populations. The model also predicts widespread bisexuality in humans.

past性淘汰・性行動


サル、 霊長類


オスのオナガザルは、交尾相手のメスにグルーミングでこびを売る
2007/12 Discovery Monkeys, Too, Will Pay for Sex
 オスはメスに毛づくろいをしてあげないとエッチしてもらえない
 人間外の霊長類で、「社会的な市場」がセックスのかけひきに影響するという最初の証拠。
2008/01 【日本語記事】時事通信 【こぼれ話】売春は人類以前から存在?=サルに類似行動
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-AFP015842.html
2007/12 EurekAlert Wild chimpanzees appear not to regularly experience menopause
野性チンパンジーは、一般には更年期を経験しないっぽい
 ヒト近縁種は、型通りの更年期は経験しない
2007/12 EurekAlert Unlike humans, chimpanzees don't go through menopause
ヒトとは異なり、チンパンジーは更年期を経験しない
2007/12 New Scientist Menopause sets humans apart from chimps
更年期は、ヒトとチンパンジーをわかつもの
2007/12 【日本語記事】京都新聞 野生のチンパンジー「おばあさん」時期なし 死期近くまで出産
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000007-kyt-l26
2007/12 【日本語記事】朝日新聞 メスの閉経期、チンパンジーになかった 米大教授ら確認
http://www.asahi.com/science/update/1218/OSK200712180009.html
リチャード・ランガム教授や松沢哲郎所長らの国際共同研究チーム
2007/09 【日本語記事】朝日新聞 チンパンジー、パパイア盗んで 雌に「贈り物」
http://www.asahi.com/science/update/0912/OSK200709110071.html
2007/09 【日本語記事】毎日新聞 野生チンパンジー:雌に盗んだパパイア「贈り物」
 アフリカで日英研究チームが初確認
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/09/20070912dde041040053000c.html
2007/09 MSNBC Chimps impress the ladies with stolen fruit
2007/09 EurekAlert Study shows wild male chimpanzees use stolen food to win over the opposite sex
メスの気を惹くために盗品を用いる野性のオスチンパンジー
2007/09 BBC News Chimps 'raid' fruit to lure mates
2007/09 【日本語記事】goo/時事通信 チンパンジーも「女性に贈り物」=パパイア分け合う-京大霊長類研など
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-12X715.html

日本ではこれ売春がらみで報道しているところはないのか?
2007/07 New Scientist In promiscuous primates, sperm feel need for speed
乱交の霊長類種は、一夫一婦制のよりすばやい精子を持つ
アヌビスヒヒ(Olive baboons in Nigeria)のメス、天然生薬の避妊薬をお使いです
 プロゲステロンが豊富な特定の黒い果実をよく食べる個体は妊娠率も発情も低め
2007/07 New Scientist Primates on the 'pill'
おサルのお尻はまっかっか おサルのお顔もまっかっか
 霊長類の赤い皮膚や赤毛を進化させたのはカラー視覚
2007/05 EurekAlert Color vision drove primates to develop red skin and hair, study finds
 採餌のために三原色の視覚が生じ、そこから性淘汰で体色に赤色が発生
2007/05 Discovery Male Baboons Eavesdrop on Mating
オス・ヒヒは、交尾を立ち聞きする
 キャクマヒヒは、信じられない量の騒音を交尾で産み出す
 交尾カップルの関係の状態を確定するために他のオスが盗み聞きする
2007/05 New Scientist Rivalry leaves its mark on primate brains
Brain structures in primates have developed due to different pressures on males and females to keep up with social or competitive demands
2007/04 【日本語記事】読売新聞 ニホンザル排卵期のメス、選ぶのはボスザルより新顔
2007/03 news@nature.com Who's your daddy?
Marmoset families have mixed-up genetics.  ~Corinna Ross
クロミミマーモセット
腹の中で兄弟とキメラ状態になることが頻発している霊長類において、兄弟の子は自分の子と同等の重さを持ちうると言う事実
2007/03 EurekAlert Female chimps keep the bullies at bay
メスチンパンジーの非同期的な発情周期は、最善の仲間と最も強い子供たちを保証する
 女性のチンパンジーは、最も高いランキング・オスだけとつがうことを確実にする絶対確実な方法を発見したかもしれない
 重要な社会的・身体的な特徴が子供たちに遺伝する
2007/03 【日本語記事】読売新聞 チンパンジーの雌「強い子孫残すため」発情時期ずらす
 粕谷英一 松本晶子(松本-小田 晶子)

哺乳類


2007/12 LiveScience Sex Role Reversals Common in Wild Kingdom
2007/11 New Scientist Male antelopes play hard to get
オスのレイヨウは、気のない素ぶりをする
  オスがタカビーぶるアフリカのレイヨウtopi
2007/11 BBC News Male topi antelope's sex burden
好みのうるさいオス、攻撃的なメス、は、トピの役割反転性行動
2007/11 EurekAlert In promiscuous antelopes, the 'battle of the sexes' gets flipped
乱交のレイヨウにおいて、『セックスの闘争』は逆になる
2007/11 EurekAlert New evidence for female control in reproduction
生殖におけるメス・コントロールにおいて新しい証拠
 メス哺乳類の生殖のシステムは、精子の存在を「検知することができ」て、子宮の環境を変えることによってそれに反応することができる。
2007/11 EurekAlert The genetic basis of inbreeding avoidance in house mice
ハツカネズミにおける近親交配回避行動の遺伝基盤
 {野性ハツカネズミが彼らの親戚とつがうことを避ける} 方法に対する新しい洞察。
 ネズミは、尿の特別なタンパク質(MUPs)を判別してインセストを回避
2007/10 news@nature.com Males that fight for mates evolved to die young
メスをめぐる闘いをするよう進化したオスは、早死にする
オスのシカは生き急ぎ、死に急ぐ
2007/08 EurekAlert Male deer are born to live fast, die young
Study of 123 ungulate species shows males are born with smaller molars, expecting shorter lives
メス獲得においてオスどうしの競争が激しい生物種のオスは、 メスより平均寿命が短めだ
メス・ハイエナは、出身グループから血縁のオスを追い出すことによって近親交配を避ける
2007/08 EurekAlert Females avoid incest by causing male relatives to leave home
メスは、近親相姦を避ける ― 男の親戚が家出する原因となることによって
2007/08 National Geographic Hyenas Encourage Sex With Strangers to Prevent Incest
2007/08 【日本語記事】Nature@日本 生態:分散の種子をまくのは雌
2007/07 MSNBC Foxes, once believed to be loyal, sleep around
北極ギツネのふしだらさ
2007/07 EurekAlert Foxes get frisky in the far north
キツネは、極北で活発になる  複数の父で一妻多夫だ 最初の遺伝学的な証拠
ハダカデバネズミに見るストレスと不妊の関係
 排卵が止まるし精子の数も減るし
2007/07 BBC News Clues to stress-infertility link
2007/07 EurekAlert Stressed-out African naked mole-rats may provide clues about human infertility
2007/06 New Scientist High-performing males have underachieving daughters
少なくともアカシカにおいては、評判がよいオスの娘はダメダメになる傾向
2007/06 The Scientist Gender-specific fitness?
 Study finds that reproductively successful males have unsuccessful daughters
2007/06 ScienceDaily Why Female Deer Like A Stag To Be A Big Noise In The Forest
メスの鹿が大声の雄鹿を好む理由
 印象的な枝角は最も人目をひくオスのアカシカの属性
 でも、メスを引きつけるのは雄鹿の盛り鳴き
アルプスアイベックス
2007/06 EurekAlert Bigger horns equal better genes
 Size matters. At least, it does to an alpine ibex.
2007/05 【日本語記事】cnn.co.jp 不貞な?チーターのメス、子の半数は「種」違いと
 同時に出産する子どもの半数が父親違いの兄弟
2007/05 EurekAlert Philandering female felines forgo fidelity
 Cheetah study reveals many litters have more than one father
ノロジカ
2007/03 EurekAlert Why are male antlers and horns so large?
 Roe deer horns show who's the fittest
2007/03 EurekAlert The penalty of having a sister -- why sibling sex matters for male saiga antelopes
姉妹を持つペナルティー(兄弟の性別がオスのサイガ・レイヨウにとって重要である 理由)
 双子の姉妹を持つオスのサイガ・レイヨウは小柄、生殖上不利になる可能性







海獣類


女にみつぐイルカのオス
2007/12 New Scientist Dolphins carry 'bling' objects to attract a mate
遊泳速度と歌唱の頻度
歌うクジラはモテるが飢える 歌わぬクジラは太るがモテぬ
2007/05 New Scientist Singing whales like a big audience
せこい? あまり彼氏を選んでいられなさそうなメスを選ぶオスイルカ
2007/04 EurekAlert Fighting for their attention
生態:オットセイの雌はヘテロ接合度が高くて血縁関係のない雄を積極的に選ぶ
2007/02 Nature Female fur seals show active choice for males that are heterozygous and unrelated

2007/02 EurekAlert Female Antarctic seals give cold shoulder to local males
メスの南極のアザラシは、地元の男性に冷遇を行う
 メスの南極のオットセイは、地元の有力な男性と交尾するよりはむしろ、遺伝的に多様で無関係である男性を捜すため営巣地の外に積極的に旅する


デュエットじょうずなカップルでも、貞節が長続きするとは限りません
2007/12 news@nature.com Duetting birds found to be unfaithful
Those sing-a-longs don't mean bird pairs will stick together.
色黒卵をえこひいきするようにできている父さんたち ムジホシムクドリ
2007/11 New Scientist The darker the egg, the better the dad
 健康状態の劣るメスが生む卵は、色が淡め
 色が濃い卵から孵った子には、オスは倍たくさんエサを運んでくる
2007/11 New Scientist The darker the egg, the better the dad
高齢の石炭シジュウカラ・オスは浮気によって若いものより多くの子孫をはらませる
2007/10 EurekAlert Age increases chance of success as two-timer
年齢は、二重生活者として繁殖成功度を増大させる
2007/10 EurekAlert Testosterone turns male juncos into blustery hunks -- and bad dads
テストステロンは、オスのユキヒメドリをダメ男・ダメ父に一転させる
2007/10 EurekAlert In birds, expecting to mate leads to higher fertilization rates
鳥においては、交尾を予想すると受精率が高まるようです
2007/10 EurekAlert UF researchers devise way to calculate rates of evolution
新しい種の形成を促進する父系遺伝子
2007/10 EurekAlert Genes from the father facilitate the formation of new species
 交雑可能な近縁2種のヒタキ(鳥)において、メスは自分と同種のオスに惹かれやすい。
 この性的嗜好に関わる遺伝子は、父からの性染色体に存在する。

 娘がどんなオスを好きになるかは、父さんの遺伝子が決めてしまうという事例
エトロフウミスズメが求愛行動で塗りつけ合う香油には、寄生虫よけの効果もございます
2007/08 EurekAlert Researcher finds amorous avian anointment protects mates
浮気をはじめると、高確立で子どもを見捨ててしまうツリスガラの親御さんたち
2007/07 EurekAlert Parents seeking sex abandon 1 in 3 offspring
The eggs of the penduline tit Remiz pendulinus are frequently abandoned as both parents go in search of new sexual conquests
2007/07 The Royal Society Female preferences drive the evolution of mimetic accuracy in male sexual displays
女性の先取権は、男の性的な見せびらかしで模倣の的確さの進化を駆りたてる
音声の模倣の的確さ、そして、模倣されるモデル種の数は、両方ともオスの繁殖成功率に独立に関連している。
懐メロはださい
2007/07 EurekAlert It don't mean a thing if it ain't got that (modern) swing
メスのミヤマシトドは、最新のヒットソングを歌うオスが好き
2007/06 EurekAlert Sex in the morning or the evening?
朝にセックスまたは夕方?
Female fowl avoid male harassment in the morning
メスの鳥は、朝のオスのハラスメントを避ける
ムクドリのメス、いろんな理由でオスをごまかしてます
 育児をサポートさせるためにザコオスを引き込んだり
2007/06 EurekAlert CU study reveals why starling females cheat
2007/06 EurekAlert Study investigates 'divorce' among Galapagos seabirds
ガラパゴス海鳥の『離婚』を取り調べ
Many Nazca booby females switch mates after successfully raising a chick
2007/04 BBC News Bird kicks rival's eggs from nest
  An osprey has returned to a nesting site to find his long-time mate incubating the eggs of his arch-rival.
ツバメのシッポは性的アピールより飛翔第一
2007/04 PhysOrg More flight than fancy?
高齢出産のほうがオトク
血縁個体の育児を助けるGreen woodhoopoes、年増になってから繁殖をはじめたメスは子だくさんになる
 オスはその逆
2007/04 EurekAlert Females do best if they wait a while
2007/04 EurekAlert Delayed breeding is not necessarily costly to lifetime reproductive success
2007/03 EurekAlert Bird sex is something else
鳥性別は、何か特別なものである
birds are extraordinary, because some bird genomes can live with an apparent overdose of sex-related genes.
for birds, most genes on the Z chromosome are not fully dosage-compensated, at least at the transcriptional level.
あの子は愛のキューピッド αオスの交尾を助けるザコオスたち
 Lance-tailed Manakin, Chiroxiphia lanceolata, ハリオセアオマイコドリ
2007/03 EurekAlert 'Wingman' -- how buddies help alpha males get the girl
 Cooperative courtship in the lance-tailed manakin
さえずりって元はメスのほうで進化したんじゃないか
 なんでこんなに「メスのさえずり」は無視されているのか
2007/02 New Scientist Are female songbirds evolution's unsung heroines?
メス鳴鳥は、進化の詩歌によって誉め称えられないヒロインか?

爬虫類/両生類


厳しい環境に置かれると、自分の種でない相手とも交尾しようとしはじめるスキアシガエルのメス
2007/11 news@nature.com Toads mate across the species divide
時節が手に負えないとき、ストライクゾーンを広げるヒキガエル
2007/11 BBC News Toads are 'open-minded' about sex
ヒキガエルは、セックスについて『心を開いている』
2007/11 New Scientist Mating toads cross the species barrier
種の壁をこえてつがうヒキガエル
2007/10 EurekAlert Three-way mating game of North American lizard found in distant European relative
ヨーロッパの遠い親戚でもやっていた
 北アメリカ・トカゲのジャンケン交尾ゲーム
2007/06 MSNBC Rattlesnake moms stay at home, dads roam
おかあさんが家に、お父さんは街を徘徊するガラガラヘビ
2007/06 Scientific American How is gender determined by temperature in reptiles?
ガラパゴスのメスイグアナ、エサ探しより、子育てより、天敵回避より、オス選びがたいへん
2007/06 EurekAlert Female iguanas pay high costs to choose a mate
{高い支払いが費やす ― 配偶者を選ぶために} メスのイグアナ
foraging, producing eggs, or avoiding predators.
探しまわるか、卵を産み出すか、捕食動物を避けること。
2007/05 EurekAlert Species thrive when sexual dimorphism broadens their niches
生態学上明白なオスとメスの存在は、大いに種のニッチを増大する
カリブ海のトカゲの強い性的二形は大きいニッチと生息地にコロニーを作る
2007/05 【日本語記事】Nature@日本 進化 : 性差も生物多様性にかかわっている
2007/05 National Geographic Sex Differences Help Spur New Species, Lizard Study Shows
2007/04 【日本語記事】Science日本版 遺伝子と温度がトカゲの性別を決定する
Genes and Heat Determine Lizard Sex
2007/04 National Geographic Heat Triggers Sex Change in Lizards by "Turning Off" Key Gene
2007/04 New Scientist Genes versus heat a reptile sex trigger
tungara frog
2007/02 EurekAlert The love song of male t?gara frogs
オスのトゥンガラガエルの愛の歌
複雑な呼び声は、メスだけでなく捕食者と寄生体をも引きつける
2007/01 【日本語記事】cnn.co.jp 「処女受胎」コモドオオトカゲの卵が孵化 英動物園
2007/01 【日本語記事】goo/時事通信 単為生殖でコモドオオトカゲの子供が生まれる=英国の動物園
2007/01 BBC News Virgin lizard becomes new parent
2007/01 Discovery 5 Komodo Dragons Born to Virgin Mom


尿で威嚇
2007/12 EurekAlert Piddling fish face off threat of competition
 テリトリーを守る攻撃的なオスのモザンビークティラピア(Oreochromis mossambicus)は、尿から化学的メッセージを送る
 おとなしいオスに比べて多量の臭い尿を出す
2007/12 EurekAlert When she's turned on, some of her genes turn off
彼女がその気になると、一部の遺伝子はその気を失う
 メスのソードテール魚がオスに引きつけられると、彼女の脳全体における遺伝子セットの遺伝子スイッチが、オン/オフがらりと様変わりする
2007/12 New Scientist Voyeurs put male fish off their ideal mate
のぞき屋は、理想的な交尾相手から男の気を逸らす
 つがっている魚は、観衆を好まない。別のオスの気配がするとき、オスは別の女に好みを変える
 ふつうは繁殖力の強そうなでかいメスを選ぶ molly fish だが、別のオスが近くにいると、メスが大きかろうが小さかろうが選り好みしなくなる
シクリッドに、ニセ卵の模様をこさえてメスにオーラルセックスさせる遺伝子
2007/11 New Scientist Oral sex gene helps male fish fake it
 精子放出口付近にダミーを発生させ、メスが口で精子を吸ってしまうように行動させる
ホオジロザメのセックス・スポットかな、これ
2007/08 Discovery Great White 'Secret' Sex Spot Found?
アジアコイ
2007/07 news@nature.com Sex change wipes out invasive species
'Trojan chromosomes' enlisted in battle against alien invaders.
恋愛にビリビリ 電気魚は繁殖行動に電気を使う
 飼育下での繁殖は難しいことと、どの個体が放電しているのか特定しにくかったこと、この二つをクリアできたので確認できました
 オスメスともに放電で愛のシグナルを交わしています
2007/07 National Geographic Electric Fish Engage in "Shocking" Mating Ritual, Study Finds
 アフリカ産の魚 Brienomyrus brachyistiusは、恋の信号に電気パルスを使う
ブリエノミルス・ブラキスティウス(ホエールエレファント/ゾウギンザメ属)
  ●ネット Brienomyrus brachyistiusの画像集
サメの処女生殖
2007/05 BBC News Captive shark had 'virgin birth'
 Female hammerhead sharks can reproduce without having sex
2007/05 New Scientist Shark pup result of 'virgin birth'
2007/05 Discovery Female Sharks Reproduce Without Dad
2007/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 単為生殖が可能なサメ
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 ハンマーヘッドシャーク:雄なしで子ザメ誕生 米英の研究チームが確認
2007/04 EurekAlert Hearts of male and female rainbow trout are different
男のと女のニジマスの心臓は、異なる
女のニジマスは炭水化物を好み、オスより低酸素レベルによく耐える
クローキング・グラミー(croaking gourami)
2007/02 Discovery A Female Fish Purrs While Mating
メスの魚はのどを鳴らす ― 交尾する間
2007/02 EurekAlert Ready when you are
視覚のきっかけが性的成熟のタイミングに影響を及ぼすという最初の証拠
クシフォフォルス・ヘラーリイ  Green swordtail X.hellerii カダヤシ目 カダヤシ科
2007/02 EurekAlert For some species, an upside to inbreeding
一部の種にとっては近親交配したほうが、有利だったりする
 アフリカのシクリッド Pelvicachromis taetiatus が実例だ
 non-kinよりは親しくない近い親族と交尾することを好む
 子供の養育に手間がかかるため、血縁淘汰でこうなってんじゃないか
2007/01 news@nature.com Inbreeding gives some an advantage
Sibling matrimony pays off for African fish.

甲殻類、 軟体動物、節足動物、 クモ


2007/09 Discovery Experienced Spiders Prefer Smaller Mates
経験を積んだクモは、より小さい仲間を好む
 Evarcha culicivora
 Female adult African jumping spiders vary in size between three and six millimeters,
while males range between four and seven, giving rise to the possibility of
larger males mating with smaller females and vice versa.
処女の女性は かっぷくのいいオスを選びたがる
が、一旦交接した女性は、3中2は、見た目最も小さいオスにまっしぐら。
2007/08 EurekAlert First finding of a metabolite in 1 sex only
1つの性だけにおける代謝物質の最初の発見
 オスのワタリガニで、{メスで存在しない}化学物質化合物を発見
 {全酵素系が発見された ― 1つの性だけで活性化されるために} あらゆる種における最初の機会。
カニ
  ハデな雄を好むメスの傾向は、「オスの健康さ」という利点の獲得ではなくて、メスが天敵におそわれにくくなるという現象の結果なのでは
2007/05 EurekAlert Scientists report new take on sexual signaling
危険な環境において、配偶者のために目を向けているメスは、大きいリスクをおかす
男はみんなウソツキ詐欺師! そんなザリガニの世界なのでした
2007/04 EurekAlert Are all male's liars and cheaters? Yes -- if they're crayfish!
オーストラリアのオスザリガニは、なわばりバトルで「俺のほうがスッゲー強ええんだぜっ」とウソのサインを使いまくってる
メスのザリガニではそのような傾向は見られない
『貞操帯』は、メスのクモでライバル精子をブロックする
2007/03 New Scientist 'Chastity belts' block rival sperm in female spiders
2007/01 【日本語記事】Science日本版 ハエトリグモの求愛行動には紫外線が不可欠
UV Light Critical to Jumping Spider Courtship

昆虫


セックスは大事だが、交尾ばかりじゃ殖えられない
 虫の性行動を鎮めて産卵に移らせるスイッチ
2007/12 New Scientist Keep-'em-keen gene stops insects starting a family
繁殖行動の分子スイッチをいじってしまえ
2007/12 ABC@オーストラリア 2007/12 ABC@オーストラリア Turning insects off sex might kill pests
昆虫をセックスレスにして害虫退治
ショウジョウバエにおいて、すべてはセックスの後、変わる
2007/12 EurekAlert For the fruit fly, everything changes after sex
 ある特定のニューロンで活性化してあるいはSPRを崩壊させることによって、受容体はハエの中枢神経系で局所化される可能性があった
昆虫も免疫システムを持っている
2007/12 EurekAlert  Violent sex acts boost insect's immunity system
暴力的な性行為が昆虫の免疫システムを発達させた
2007/11 EurekAlert Like father, like son: Attractiveness is hereditary
この親にしてこの子あり:魅力は、遺伝性である
 セクシーな父は、セクシーな息子を産み出す ― 少なくとも昆虫界においては
2007/09 news@nature.com Bug sexual warfare drives gender bender
虫の性的な交戦状態は、性別曲げる
African bat bugs have two types of female genitalia.
アフリカン・コウモリ虫は、2種類の女性性器を持つ。
2007/09 National Geographic Bat Bugs Evolved Fake Genitals to Avoid Sex Injuries
コウモリ虫で進化した偽の性器 ― 性怪我を避けるために
2007/08 EurekAlert How drones find queens: Odorant receptor for queen pheromone identified
雄バチが女王を発見する方法:女王フェロモンの臭気物質受容体が特定される
交尾でうるおうメスの甲虫
2007/08 EurekAlert Sex is thirst-quenching for female beetles
The males of some insect species, including certain types of beetles, moths and crickets, produce unusually large ejaculates, which in some cases can account for around 10% of their body weight.
一部の昆虫種(特定の種類の甲虫、蛾とコオロギを含む)のオスは異常に大量の射精をする
 射精の量が体重のおよそ一割におよぶものもある
 脱水状態のメスはその精液によって水分を補給する=性的な誘いを受け入れる
2007/07 EurekAlert Size and positioning of floral anthers facilitates pollen collection by bees
花の葯のサイズとポジショニングはミツバチによる花粉集積を促進する
2007/07 EurekAlert Size and positioning of floral anthers facilitates
女王以外も産んでまっせ
2007/06 PhysOrg Wood ant queen has no egg-laying monopoly
シロアリ女王は産卵権を独占しているわけではない
蛾に見る種分化、性淘汰、フェロモンの関係
2007/06 EurekAlert Another sexual attraction is possible ...
2007/05 New Scientist Female beetles have a thirst for sex
2007/04 EurekAlert Spiteful soldiers and sex ratio conflict among parasitoid wasps
スズメバチの意地悪兵士と性比対立
 血縁淘汰をさらに進めて、兵士は彼ら自身の兄弟に対して性の闘争を展開する
 スズメバチの奇怪な遺伝学:兄弟の姉妹価値は、姉妹の兄弟価値を上回る
 子を産まない幼生がグループのために犠牲になるならば、それはオスであるべきで。
 あるいは、子を産まない幼生が異性との戦いを展開するために各性によって用いられるならば、それは兄弟を殺害するメスでなければならない。
2007/03 【日本語記事】Nature@日本 生理 : ユニセックス・フェロモン
2007/03 Nature 行動遺伝学:セックスとハエと酢酸
Behavioural genetics: Sex, flies and acetate
2007/03 Nature 嗅覚:ショウジョウバエの性フェロモンへの行動反応には1種類の嗅覚ニューロンが関与する
A single class of olfactory neurons mediates behavioural responses to a Drosophila sex pheromone
2007/01 EurekAlert Bisexual fruit flies show new role for neurochemical
バイセクシャルのショウジョウバエは、神経刺激物質のための新しい役割を示す
周囲の過剰なグルタミン酸塩の情報源である神経膠細胞
そのグルタミン酸塩の量を管理するxCTトランスポータータンパク質を発見

微小生物


2007/11 EurekAlert Worms take the sniff test to reveal sex differences in brain
線虫の脳の性差は、匂い嗅ぎテストでわかる
2007/10 National Geographic Sexual Orientation Is Genetic in Worms, Study Says
性的好みは、線虫では遺伝
2007/10 EurekAlert Scientists alter sexual orientation in worms
線虫の性的嗜好をチェンジ
 線虫の脳で遺伝的に配線される同性愛
2007/10 National Geographic Sexual Orientation Is Genetic in Worms
線虫における性的好みは、遺伝子しだい
2007/10 National Geographic Sexual Orientation Is Genetic in Worms, Study Says
2007/05 EurekAlert Asexual worm quickly adapts to soil contamination
無性生殖の虫は、すばやく土壌汚染に適応する
4000万年もの間、セックスしてなくても大丈夫? 無問題
2007/03 PhysOrg No sex for 40 million years? No problem
 ※2000年:ヒルガタワムシ類は有性生殖あるいは遺伝子組換なしに進化する
2007/03 EurekAlert No sex for 40 million years? No problem

植物


2007/12 EurekAlert Biologists find unusual plant gene: abstinence by mutual consent
生物学者は、珍しい植物遺伝子を発見する:相互同意による禁欲
 遺伝子は受精を崩壊させる ― 遺伝子の突然変異がオスメス両方の生殖の細胞に存在する時だけ
母方と同じ環境で育つほうが良く伸びる
2007/11 EurekAlert Evolutionary biology research on plant shows significance of maternal effects
植物の進化生物学研究は、母の効果の重要性を示す。
2007/11 EurekAlert Simple reason helps males evolve more quickly .
オスがすばやく進化する理由は、オスのシンプルさにあり
2007/08 EurekAlert Weed gave up sex long ago
雑草は、ずいぶん昔に性を放棄した
 シロイヌナズナは過去400,000年、自家受粉してきた
2007/04 EurekAlert Plants with male and bisexual flowers on the same plant are better mothers
同じ個体の上に雄花とバイセクシャル花を持つ植物は、より上手な母である
2007/03 EurekAlert Mitochondrial genes move to the nucleus -- but it's not for the sex
ミトコンドリア遺伝子は核へ移る-セックスのためではなく
clonallyに繁殖するか、self-pollinatingすることで能力がある植物は、ミトコンドリアから核まで遺伝子を伝達した

past 性染色体の科学


ショウジョウバエにおける常染色体比率
2007/12 EurekAlert How do you know whether you are male or female?
 セックスは、Xの価値よりむしろX染色体の数によって確定される
2007/10 ScienceDaily Why Sex Chromosomes Evolve So Rapidly
{性染色体がそれほどすみやかに進化する} 理由
 性的な対立は、新しい性決定遺伝子、性染色体を確立することができる。
it explains how sex determination can move from an ancestral sex chromosome to an autosome, a non-sex-chromosome, that then invades to become a new sex chromosome.
X染色体は、新しい種の起源における著しく強力な力である。
2007/10 EurekAlert X-effect: female chromosome confirmed a prime driver of speciation
X効果: 女性染色体は、種形成の主要な駆動役
1つの種が2つに分かれるとき、娘種間の雑種における不妊率はX染色体を交換ことによってアップする
2007/01 【日本語記事】毎日新聞 遺伝子:オスはメスの派生型


 以上、 →2007年の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー