生命倫理、生命操作、安楽死:
2007年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Neuroscience and the Law 【MP3ファイル】
2007-11-28 Scientific American:Science Talk
 「神経科学と法律、倫理」
殺人で服役中の男には、刑務所内結婚をした女性と、人工授精で子をなす権利が認められるか
2007/12 BBC News Murderer wins right for IVF baby Murderer wins right to be father
殺人者は、父になる権利をゲット
殺人者は、体外受精赤ちゃんにおいて権利を得る
2007/11 【日本語記事】ワイアードビジョン 「仏教やヒンズー教諸国はバイテクに好意的」
2007/11 EurekAlert Reprogramming the debate: stem-cell finding alters ethical controversy
討論を再プログラムせよ:幹細胞研究の進展でさまがわりする倫理論争
2007/11 PhysOrg DNA advances fuel racism fears
DNA研究進展から生じうる、人種差別の恐怖
2007/11 EurekAlert Human clones: New U.N. analysis lays out world's choices
ヒトクローン:新しい国連分析にみる世界の選択
 制限された治療的研究+ヒトクローニング禁止が、地球規模の妥協として最も現実的
 Is Human Reproductive Cloning Inevitable: Future Options for UN Governance,
released Nov. 12 by A.H. Zakri, Director of UNU-IAS, based in Yokohama, Japan.
2007/11 BBC News Humanity is the greatest problem
人間性は、最も大きい問題である
 増加する人口は、地球上のキャパシティを超えてしまった ~John Feeney
2007/10 news@nature.com Italian bioethics committee in uproar
イタリアの生命倫理委員会、混迷  内部対立は、幹細胞についての討論を阻止する。
2007/10 BBC News IVF 'cell bank' plan criticised
『体外受精細胞銀行』計画にツッコミ
 予備の体外受精胎児から幹細胞を保存するという米国企業の物議をかもすような提案は、英国科学者を怒らせた。
2007/10 news@nature.com Europe ponders restrictions on life sciences
ヨーロッパは、生命科学に対する制約を熟考する
Plan for two-tier publications gets cool reception.
2-層出版において計画は、ひややかな受付を手に入れる。
2007/10 BBC News Organ donation a 'Christian duty'
臓器提供は『キリスト教徒の義務』
小児麻痺の娘から、子宮を除去してやってくれ
2007/10 BBC News Mother seeks girl's hysterectomy
母は、女の子の子宮摘出手術を求める
歯止めはどこ
2007/10 BBC News Man donates sperm for grandchild
子どもができない孫のために自分の精子を贈与したがっているおじいちゃん
映画「es(エス)」の元ネタ、スタンフォード監獄実験(人格崩壊実験)で有名なジンバルド氏のご本。

The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil
●魔王効果:善良な人間が極悪非道に一転するその理由
 Philip G. Zimbardo (著)
 Random House Inc (T) (2007/3/13)


The Lucifer Effect
●ルシファー・エフェクト
 Philip G. Zimbardo (著)
 Rider & Co (2007/3/15)


ヒトが行う悪というもの
2007/09 American Scientist  The Evil That Men Do  Robert V. Levine
2007/09 BBC News Assisted death laws 'not abused' Assisted suicide fears unfounded
安楽死法は『虐待にあらず』
2007/09 EurekAlert No evidence physician-assisted death leads to 'slippery slope'
{ physician-assistedされた死は『滑り坂論法』のままつきすすんだりはしない
2007/09 EurekAlert Vulnerable groups are not at higher risk of physician-assisted death
弱者は、安楽死されやすいという証拠はない
2007/09 【日本語記事】中央日報@韓国 黄禹錫氏、タイで異種間核移植を研究
 動物の卵を用いる異種間核移植
 国内では倫理問題をめぐる議論のため、研究が中断された状況
2007/09 BBC News Concern over DNA database access
DNAデータベース・アクセスについての懸念
 厳しいコントロールは、必要である
 研究において集められる遺伝学的な情報が不適当に外部の団体によって用いられないことを確実に
2007/09 BBC News Experts call for DNA restrictions
 有罪ではない人間の遺伝子情報をDNAデータベースから一掃せよ
バイオバンク研究者用の倫理コード
2007/09 EurekAlert Long-awaited international ethical guidelines for biobank researchers
biobank研究者において長く待っていた国際倫理的なガイドライン
不妊治療半額セール:条件付き
2007/09 BBC News Half-price IVF offered for eggs
 英国北部の女性は、卵子を研究に使わせてくれるなら、今なら半額で不妊治療をサービスしますよ
2007/09 EurekAlert Scientists highlight benefits of genetic research in sport, but warn of ethical concerns
遺伝学的研究、スポーツ分野で貢献するが、倫理的懸念の声も
2007/09 BBC News Scientists' ethics code proposed
 政府の最高科学者は、科学者倫理の普遍的コードを準備する
2007/09 BBC News UK science head backs ethics code
英国科学頭は、倫理コードを支持する
 英国政府最高の科学アドバイザーが持つ普遍的な科学者倫理コード
ダメもとなんだから、末期患者に自由に未試験の新薬を試させてやれよ
2007/09 BBC News Terminal patients as drug testers
末期患者テスターを施薬する
2007/09 BBC News Call to revamp death definition
召集 ― 死定義を刷新するために
 医療のことばで死を明確に定義すること自体、全く誤っているかもしれない
2007/09 EurekAlert How the public perceives biotech
From fear to a constructive dialogue
公衆は、どのように生物工学を知覚するか
懸念から建設的対話まで
2007/09 The Christian Science Monitor Britain decides boundaries of stem-cell tech
2007/09 BBC News 'Human-animal' embryo green light
2007/09 【日本語記事】読売新聞 動物の卵子にヒト細胞核、英機関が「融合胚」の作成認める
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070906i404.htm
2007/09 【日本語記事】毎日新聞 ヒト性融合胚:英政府機関が承認 ロンドン大など、11月にも着手
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/09/20070906ddm041040044000c.html
2007/09 news@nature.com Britain gets hybrid embryo go-ahead
Human-animal embryos given green light after public backing.
ジェームズ・ワトソンの遺伝子?
 個人の遺伝子解析結果を公表する自由は制限されるべきか
2007/08 John Hawks Anthropology Weblog : Full frontal genomes
 ワトソン個人の全遺伝子を解析した結果が過日出た
 ワトソンは自閉症児の親であり、かねてより遺伝子改変で人類改良を推進せよと唱えてきたが、息子に遺伝子解析を頼んだことはない
 個人の遺伝子解析結果を公表することは、すなわち彼の親・子の半分の遺伝子を世界に晒すことであり、孫や姪、甥の4分の一を、そして…
告発:臓器を収穫するために障害をもった男性の死を早めようとした米国の移植外科医
2007/08 BBC News US doctor on organ harvest charge
2007/07 【日本語記事】JanJan 死刑執行モラトリアムを求める決議案、いよいよ国連総会の場へ
2007/07 【日本語記事】中央日報@韓国 胎児はいつから‘人’と見なすのか?*
 最高裁がもう一度「陣痛説(分娩開始説 :分娩直前でない胎児は人ではない)」を取り上げた。
2007/07 EurekAlert Case study: cross-cultural bioethics training program helps fight African 'brain drain'
異文化間の生命倫理訓練計画は、アフリカの『頭脳流出』と戦うのを助ける

 









2007/06 BBC News Widow urges new laws on suicide
未亡人は、新しい自殺法を要請する
The widow of a man who travelled abroad to end his life has called for assisted suicide to be decriminalised.
2007/06 【日本語記事】毎日新聞 生命倫理政策研究会:発足 生命医科学と社会のかかわりを調査研究
 〓島(ぬでしま)次郎氏ら:独立の民間シンクタンクとして政策提言し、将来はNPO法人化を目指す
先天性表皮水疱症
36年間、生まれたときから苦しみ抜いた息子を看取った母親は、安楽死・尊厳死を容認する
2006/11 times Haunted mother who backs mercy killing
JONNY KENNEDY lived and died in agony. From the moment he was born until his premature death at the age of 36 he was covered with blisters and sores, the result of a rare genetic skin condition called epidermolysis bullosa (EB). The mildest touch caused his skin to bleed and sheer off.
When he died of skin cancer on September 26, 2003, his mother Edna, who lives in Newcastle upon Tyne, admitted that her primary reaction to his death was relief, not grief.

倫理の神経科学  哲学における善と、前頭葉PFCにおける善のかけはなれ
2007/04 Columbia Daily Spectator  The Neurology of Morals Neuro? Shure-o!
By: Caitlin Shure
2007/04 BBC News Public consulted over embryo work
胚研究についての意見調査
UK regulators launched a public consultation on whether scientists should be allowed to create human-animal hybrid embryos.
英国業務監査機関は、社会諮問に着手した ― ヒト動物ハイブリッド胚を作成することの是非について。
2007/04 BBC News Euthanasia woman withdraws case
 A terminally-ill Bristol woman who had begun a legal fight to force doctors to let her die has withdrawn her case.
2007/04 【日本語記事】毎日新聞 尊厳死:医師の一致が条件 協会、延命措置中止で試案
2007/04 【日本語記事】毎日新聞 生命科学:政策提言の文明研が解散
民間シンクタンクの科学技術文明研究所
 予定していた外部からの受託研究が期待通りに伸びず
利益を考えると、獣人間の胚をこさえてもいいわけだ
2007/04 BBC News Hybrid embryo ban 'unnecessary'
『不必要な』ハイブリッド胚禁止
人間・動物ハイブリッド胚の創造を禁止するという政府計画は、潜在的に英国科学を害する
2007/03 BBC News Euthanasia doctor avoids prison
A French doctor has been given a one-year suspended jail term for poisoning a terminally ill woman.
安楽死医者は、刑務所をのがれる
病状末期の女性を毒殺したフランスの医者、判決は執行猶予付きの刑務所一年であった。
モルヒネで死が早まるというのは迷信
2007/03 EurekAlert Using morphine to hasten death is a myth, says doctor
それは、病状が末期的な女性ケリー・テイラーの事件に続く
彼女は、今月始め、モルヒネによって無意識に鎮められる権利のため裁判で争った
たとえそれが彼女の死を早めることになるとしても
2007/02 BBC News Cancer girl 'dies with dignity'
A teenage leukaemia patient from Northumberland, who shunned treatment to spend more time with her family, has died "with dignity"
2007/02 【日本語記事】朝日新聞 延命治療、意思不明なら医師が判断  救急医学会が指針案
2007/02 New Scientist New rules for stem cell research
幹細胞研究のための新しい規則
 やっていいこと悪いことの合意形成に関しては対立だらけ
 そこに International Society for Stem Cell Research (ISSCR) も初のES細胞研究国際ガイドラインをひっさげて参戦
 拘束力はないが、影響力はでかいと思われる
 彼らのスタンスは、2つの論争の的となる問題に関して寛大である:
 卵子を研究に寄付した女性への支払い
 ヒト/動物キメラを含む計画に対する自制
2007/02  Psychiatr News Volume 42, Number 3, page 12
 When Does Brain Research Cross Ethical Boundaries?
脳研究が倫理的な境界を踏み越えるのはいつ?
「死は恐ろしい」と考える医者、患者の死を早めがち
2007/02 EurekAlert Doctors' own fear of death linked to hastening death of very sick newborns
死に対する医者の自分自身の恐怖 ― 重病新生児の死を早める
2007/01 BBC News Most support voluntary euthanasia
おおかたは自発的な安楽死を支持
人々のうちの10人の中の8は法律変更を認める ― {末期患者の生活終わりが必要とする}医者が積極的に死ぬことを支える
2007/01 Nature 445, 369 (25 January 2007) | doi:10.1038/445369a; Essay
 生物学の次の革命 Biology's next revolution
腎臓や目、肝臓、そこらの市民がオンラインで臓器売っとりまんがな!
2007/01 BBC News Experts warn against organ trade
専門家は、臓器売買に対して警告する
 パキスタンや中国にまで買い付けに行く例はあとを絶たないけれど、英国内では違法行為
2007/01 【日本語記事】asahi.com 倫理委が延命治療中止容認の結論  岐阜県立多治見病院
2007/01 【日本語記事】読売 延命中止 倫理委認める
「安楽死を」患者文書、県判断で結局見送り
2007/01 BBC News Hybrid embryo work 'under threat'
『脅威の下で』ハイブリッド胚作業
 退行性疾患の治療研究のためにヒトと動物の細胞を融合させる作業、倫理問題で頓挫へ
2007/01 BBC News Public debate on hybrid embryos
2007/01 news@nature.com Proposals for cow-human embryos put on hold
保留の状態で置かれるcow-human胚のための提案
キメラ実験問題 ― 権威が明白な禁止を避けたあと。
2007/01 New Scientist Animal-human hybrid cloning deferred

 




 以上、 →2007年の記事でした


→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー