生命倫理、生命操作、安楽死:
2006年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2006/12 【日本語記事】読売 人間住める惑星探せ!仏が探査衛星打ち上げ
2006/12 BBC News Doctor 'helps Italian man to die'
幹細胞採取のためにウクライナで健康な新生児が殺されていた!
2006/12 BBC News Ukraine babies in stem cell probe
 元気な赤ちゃんから骨髄性幹細胞や臓器を収穫してあとは廃棄
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「動物細胞にヒト遺伝子はダメなのか ほか」 MP3ファイル 50分
Science Show 2006-12-02

●右画
●00:00 Cell research - combining human nuclei with animal eggs,
 イアン・ウィルマット、動物の卵子に人間の細胞核を移植する実験が禁止されたことについてぼやく。
 患者の細胞核を動物組織に移植することによって遺伝子機能を調べ、治療につなげることができそうなのに、倫理問題で却下されるとは、いかんともしがたく。
   → 『クローン羊ドリーのイアン・ウィルマット Ian Wilmut』

2006/12 BBC News Vegetative state woman 'may die'
植物状態の女性、『死ねます』
2006/11 BBC News Woman making final embryo appeal
A woman left infertile after cancer treatment is making a final appeal to a court for permission to use frozen embryos fertilised by a former partner.
2006/11 BBC News Family right-to-die plea rejected
死ぬ権利却下
A woman in a vegetative state will be given a sleeping pill which may "wake her up" against her family's wishes.
植物状態における女性は、彼女の家族の願いに反して「彼女を起こすかもしれない」 睡眠錠剤を与えられることになる。
「超未熟児は処置をせず放置せよ」 22週未満の子には医療をいたしません
2006/11 BBC News 'Do not revive' earliest babies
 むやみに死の苦しみ・重い障害の生を長引かせないよう
キリスト教医療協力会 Christian Medical Fellowship も見解を支持
2006/11 BBC News Church enters euthanasia debate
未熟児を死ぬがままにおく境界はどこ
2006/11 New Scientist When premature babies should be allowed to die
2006/11 New Scientist UK scientists ask permission to create human-cow hybrid
英国科学者、人間の牛ハイブリッドを生み出したいと許可頼む
2006/11 BBC News Plan to create human-cow embryos

人類は将来「上等な人類」と「デキの悪い醜い人類」の2種に分かれていくだろう
2006/10 BBC News Human species 'may split in two'

 _2006/11  科学の地雷原を走る男:サトシ・カナザワ Satoshi Kanazawa


2006/10 EurekAlert People should be paid for donating an organ
臓器提供者には相応の謝礼が支払われてしかるべきだ
 需要も満たせるし、結果的に弱者が搾取されることも防げるわけだから
 だいたい臨床試験の人体実験に参加する人には代価が支払われているのであって
 金銭取引を解禁にすれば闇移植も減らせる
2006/10 BBC News Pay organ donors, expert suggests
2006/10 Scientific American Selfish Impulse Set Free by Magnetic Pulse to Brain
2006/10 【日本語記事】 asahi.com 腎臓提供者に金銭「仕組み立法化を」  米移植医が論文
2006/10 Nature Digest 【日本語PDF:倫理学者と生物学者で卵子の値段を思案する】 Ethicists and biologists ponder the price of eggs
2006/09 【日本語記事】 読売  岐路に立つ脳死移植
基準緩和への願い切実 (2006年9月19日)
生体ドナー 後遺症不安 (2006年9月18日)
支援求めるドナー遺族 (2006年9月15日)
欧米に外国人制限枠 (2006年9月14日)
小児患者に法の壁 (2006年9月13日)
受精卵はいつ「死んだ」と言えるの?
2006/09 New Scientist Does arrested development equal embryo death?
発育不全は、胚死に等しいか?
健康上の理由ではなく、気分障害から安楽死が行われてしまう恐れ
2006/09 BBC News Depressed 'could get help to die'
より多くの英国人たちが助けをかりて自殺する
2006/09 BBC News More Britons in assisted suicides
 末期患者安楽死を促進するスイスDignitasに登録されるイギリス人800人
2006/09 【日本語記事】 asahi.com 延命治療中止の指針案 「チームで判断」盛る 厚労省
2006/09 【日本語記事】 読売 終末医療初の指針、厚労省が原案
 〈1〉患者の意思が確認できる〈2〉意思が確認できない
 それぞれのケースについて必要な手続きとは
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞 終末期医療:医療チーム、患者と合意文書 厚労省が指針原案
死ぬ可能性、治る可能性 卵子提供の倫理的諸問題
2006/09 BBC News 'Donor eggs for science' debated
ATC(アドバンスド・セル・テクノロジー社)の新しい幹細胞技術は、全く現状打破でない
 大部分の人工授精カップルが「不妊の白色人種」ゆえ、材料が狭い遺伝プールの胚ばかり
 多くの病気は特定の母集団で伝わる
 つまり白人による、白人のための治療に終始しかねない
2006/08 Advanced Cell Technology's new stem cell technique is no breakthrough at San Francisco Chronicle
2006/08 Stem cell therapies will create an increasingly decrepit population at San Francisco Chronicle
【文科省】ES等の使用に抵抗感−再生医療研究で意識調査
 受精胚を壊すことや中絶胎児の利用に否定的
2006/08 【日本語記事】 薬事日報社
2006/08 BBC News Radical changes for organ donors
臓器ドナー用のラディカルな変更
Laws governing organ donation and tissue retention are to be overhauled, possibly allowing more transplants.
臓器提供と組織保留を支配している法律は精査されることになっている。そして、おそらくより多くの移植を許す。
ヒトに備わる産まれながらの抽象的な規則または原理チャンネル ― 養育により特定の道徳システムを獲得するために
2006/08 New York Times Born to Be Good*
Moral Minds: How Nature Designed Our Universal Sense of Right And Wrong (ハードカバー)
Marc D. Hauser
Ecco Pr (2006/09) 0060780703
来週の金曜日から、こっそり誰かのDNAを分析することは英国では違法なるんだよ
2006/08 New Scientist Sneaky DNA analysis to be outlawed
 (それまでは合法だったのか)
 (日本は合法なのか)
ヒト組織と動物組織を混ぜる キメラの倫理問題
2006/08 New Scientist Debate rages over animal-human chimeras
寄贈卵子を使っちゃおう
2006/08 New Scientist Human egg exchange given green light in UK
遺伝子ビジネス、倫理問題を研究へ 北里大など
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
脳死を待っていたら移植できないぞ
 新鮮な移植用臓器をゲットするために先行き見込みのない人間は殺そうよという医学界の動き
2006/08 New Scientist Not brain-dead, but ripe for transplant
「何が我らをヒトたらしめるのか」
 パキスタンで生きる小頭症(劣性遺伝)のありようから読み解く
 寺などで特殊なポジションにおかれ「チュア」と呼ばれる彼ら
 が、パキスタン政府はチュアたちを寺から排除!
 伝説曰く
 「子どもが欲しいなら授けてやろう。
  ただし最初の子は「チュア」になる。
  その子は寺の元で神に仕えさせねばならない。
  さもなければ産まれる子すべてが「チュア」になるであろう。」
 一方で巷では「小頭症は親や坊主が健康な子を虐待した結果だ」
 これを称して「ボンサイ説」orz
 パキスタンでは近親婚が多く(6割の相手がイトコ!)劣性遺伝が表に出やすい
 先進国では出生前診断で排除される
 小頭症例は脳の進化を解く鍵に
2006/08 Telegraph What makes us human?: 英国Channel 4で8月の12日と19日に放送予定
ヒトクローン胚:研究指針めぐり議論−−文科省公聴会
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞
お安く人工授精をいたしますからおたくの受精卵を少々研究に提供してください
2006/07 BBC News Cloning team's IVF deal for eggs
 兄弟の命を踏み台にして生まれるわけですな

脳死:米・カナダ滞在中に判定の3人、日本で意識回復−−02~05年度、損保調べ
 現地で「脳死」、日本で回復−−「治療中止」納得せず
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞■

 → 2005/02  『昏睡から目覚める日』
 → 2005/05 『脳死と臓器移植の日米カンチガイ』


2006/07 EurekAlert Guideline helps predict outcome in comatose survivors after CPR
CPR (心肺蘇生術:cardiopulmonary resuscitation) 後の、こん睡状態からの回復率ガイドライン
男だったら産む? 女だったら堕ろす?
 胎児の早期性別識別技術の先鋭化とそれにまつわる倫理問題
2006/07 EurekAlert Early fetal gender test demands rapid ethical policymaking
一個 $40,000 (22,000ポンド ; 32,000ユーロ)
 腎臓を売るという行為の何が悪いのか
2006/07 EurekAlert What's wrong with selling kidneys?
胎児の性別鑑定の犯罪規定化見送り 中国の刑法改正審議
2006/07 【日本語記事】 asahi.com

 









2006/06 BBC News 'Living wills' fears for doctors
A law change allowing patients to make "living wills" could leave doctors open to accusations of euthanasia
2006/06 BBC News Doctors change euthanasia stance
Doctors from the British Medical Association have changed their position on the idea of helping patients to die.
延命措置を考える 【日本語記事】 読売
判断託せる代理人契約 (2006年6月16日)
1人で1回で決めない (2006年6月15日)
事前の意思 どう生かす (2006年6月14日)
選択肢 十分な説明を (2006年6月13日)
ルールなく揺れる判断 (2006年6月12日)
あなたの子どもを幹細胞の材料に供すとき 卵子提供のリスクと利益
2006/06 EurekAlert Egg donation for stem cell research -- balancing the risks and benefits
卵子入手を厳しく制限 クローン胚指針案で議論
2006/06 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
クローン胚の研究解禁に向け、厳格な指針の改正案
2006/06 【日本語記事】 読売
ヒトクローン胚:研究の条件案、まとめる−−文科省
2006/06 【日本語記事】 毎日新聞
延命中止「法的枠組みを」 厚労省研究班が報告書
2006/06 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
合法的に安楽死、は可能か
2006/06 BBC News 'Legalise euthanasia' says expert
クローン胚、建物外へ持ち出し禁止…改定案固まる
2006/06 【日本語記事】 読売
人クローンES細胞指針固まる 卵子提供条件など
2006/06 【日本語記事】 asahi.com
ヒトクローン胚:利用再生医療研究、不要卵子に限定−−文科省部会・指針改正案
2006/06 【日本語記事】 毎日新聞
第31回厚生科学審議会科学技術部会ー議事次第ー
 1. ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針(案)について
 2. 厚生労働省における動物実験等の実施に関する基本指針(案)について
 3. 戦略研究課題の進捗状況について〔報告〕
 4. その他
平成18年5月18日  【日本語記事】 厚生労働省
2006/05 EurekAlert 'Rhythm method' may kill off more embryos than other methods of contraception
2006/05 New Scientist Rhythm method criticised as a killer of embryos
韓国、ヒトクローンES細胞研究を中断
2006/0525 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
冷凍されたヒト胚、2万個廃棄へ
2006/0526 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
合成生物学者は、論争の的となるガイドラインを拒絶する
2006/05 New Scientist Synthetic biologists reject controversial guidelines
人クローンES研究、サルの実績前提 文部科学省科学技術・学術審議会作業部会
2006/05 【日本語記事】 asahi.com
ヒトクローン胚の輸出入禁止、文科省が方針
2006/05 【日本語記事】 読売
ヒトクローン胚:輸出入は認めず 文科省部会が合意
2006/05 【日本語記事】 毎日新聞
人間能力拡張の未来と倫理
2006/05 New Scientist The new incredibles: Enhanced humans
臓器移植と家族の反対
2006/05 EurekAlert Family refusal is biggest obstacle to improving UK organ donor rate
2006/05 BBC News Families 'hamper organ donation'
2006/05 BBC News Doctors oppose right-to-die law
「脳死は人の死」医療スタッフで肯定4割 厚労省委報告
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
脳死:「人の死」妥当、まだ4割 ドナーへの対応懸念−−厚労省が医師ら調査
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
「脳死は死」妥当は39% 臓器提供病院の医療従事者
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2006/03/08 第29回厚生科学審議会科学技術部会議事録
 1.厚生労働科学研究の成果目標等について
 2.ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針(案)について
 3.厚生労働省における動物実験等の実施に関する基本指針(案)について
 4.遺伝子治療臨床研究について
 5.研究開発機関の評価結果について
 6.戦略研究課題の進捗状況について
 7.厚生労働科学研究における不正に対する今後の方針について
 8.「独立行政法人に係る改革を推進するための厚生労働省関係法律の整備に関する法律案」について
科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会「生殖補助医療研究専門委員会」(第3回)
厚生科学審議会 科学技術部会「ヒト胚研究に関する専門委員会」(第4回)
議事次第  平成18年4月7日 厚生労働省
研究用の卵子提供禁止を緩和へ  文科省部会
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
ヒトクローン胚:研究用卵子、自発的提供は容認−−科技・学術審作業部会
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
卵子提供の条件検討へ ヒトクローン胚で文科省
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
尊厳死:登録急増、昨年比2.7倍 1日100人超−−富山・射水の呼吸器外し受け
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
中国のヒト卵子販売禁止令
2006/04 PhysOrg.com China bans sale of human eggs, tightens control over sperm banks
中国:代理出産などを禁止
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
[解説]臓器移植法 二つの改正案
2006/04 【日本語記事】 読売
「尊厳死詳しく知りたい」問い合わせ殺到
2006/04 【日本語記事】 読売
尊厳死・安楽死:「国の指針必要」52% 「法制化」は意見二分−−毎日新聞調査
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
尊厳死の問題「法制化加速を」 超党派議連の幹事長
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
韓国のクローニング・スキャンダルは、幹細胞研究を再考するに良い機会じゃないかい ~Robert P. George
 ガザニガ曰く、受精卵なんてのはタダの細胞のかたまりだ 人間の尊厳は人生を経てはじめて現れるもんだろ
2006/0320 nationalreview.com Embryonic Problems
The South Korean cloning scandal offers a good opportunity to rethink stem-cell research.
重度の障害児、17ヶ月のその子から人工呼吸器をはずすか否か
2006/03 BBC News Baby's dad says 'don't play God'
2006/03 BBC News Parents to learn sick baby's fate
2006/03 BBC News US state tightens abortion laws
ヒトクローン胚研究、女性研究者からの卵子提供を禁止
2006/0306 【日本語記事】 読売
ES細胞:14カ国の科学者ら、研究に指針 科学誌に確認強化要求も
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
2006/03 Washington Post Universal Stem Cell Principles Proposed
 Rules Would Guide Research Efforts
ほぼすべての中絶禁止へ サウスダコタ州下院が法案承認
2006/02 【日本語記事】 asahi.com
どこからが生で、どこからが死か The Journal of Law, Medicine, & Ethics
 人類学者Lynn Morgan
2006/02 EurekAlert Defining the beginning and end of life
中絶の一部禁止、合憲性を審理へ 米連邦最高裁
2006/02 【日本語記事】 asahi.com
2006/02 BBC News Supreme Court to rule on abortion
2006/02 BBC News Australia ends abortion drug 'ban'
2006/02 EurekAlert Stanford ethics consulting helps researchers navigate sensitive issues
神経倫理とその増大する需要 ~Judy Illes
2006/02 EurekAlert Stanford Q&A: Neuroethicist on growing demand for ethical oversight
2006/02 EurekAlert Penn bioethics researcher gives talk on the neuroscience of ethics at AAAS Meeting
2006/02 EurekAlert Legal and ethical questions about stem cell research
臓器売買を解禁しろよの声
2006/02 BBC News Call to allow body organ selling
英が卵子提供条件緩和へ クローン胚研究で
2006/02 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2006/02 PhysOrg.com New British egg donation rules expected
2006/02 New Scientist UK stem cell scientists to recruit egg donors
2006/02 PhysOrg.com Bush demands US ban on 'egregious' human cloning
生命倫理委「体細胞研究の許可を見直す」
2006/0202 【日本語記事】 中央日報@韓国
2006/01 Nature 439, 243  doi:10.1038/439243a  Editorial:Standards for papers on cloning
2006/01 National Geographic Animal-Human Hybrids Spark Controversy
妊娠中絶及び他の論争の的となる問題に関する強い見解による人々は、
{彼らが彼らの敵と持っている} 意見の差異を誇張する傾向がある
2006/01 EurekAlert Abortion-rights and anti-abortion groups share some values
 進化論論争やオカルト論争でも似たようなパターンで
科学なポッドキャスト:iHuman
【podcast 音声】【英語】MP3 約50分  The Science Show  ABC Radio National(オーストラリア)
ヒトをヒトたらしめているものは何か 人類改造の倫理
 装いから整形へ、治療から改良へ、そして改造へ
 ロボコップやターミネーターは実現していくのか
 日本の脳接続研究 サルの脳が動かすカーソル
 バイオニックパーツ 日本やアメリカが開発中の強化用外骨格
 記憶や技能をインストールした場合、それは「自分」だと言えるのか
2006/01 BBC News Clinic assists doctor's suicide
2006/01 BBC News Right-to-die doctor investigated
韓国研究者の意見を削除  ES細胞ねつ造で文科省
2006/0117 【日本語記事】 京都新聞
再生医療の評価法確立に着手 文科省研究費で東大など
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
「幹細胞」利用の再生医療研究に厚労省が指針案_
2006/01 【日本語記事】 読売
アメリカにおける尊厳死
2006/01 BBC News US judges back assisted suicide
イギリスにおける安楽死
2006/01 BBC News Euthanasia 'extremely rare in UK'
闘論:クローン胚からES細胞
 「技術の有望性は不変 国のサポートが必要」 中辻憲夫(京都大再生医科学研究所長)
 「ヒトへの応用急ぐな 科学的合理性検討を」 勝木元也(自然科学研究機構基礎生物学研究所長)
2006/0116 【日本語記事】 毎日新聞
ES細胞増産、受精卵提供施設に不妊クリニック追加 _
2006/01 【日本語記事】 読売

 




 以上、 →2006年の記事でした


→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー