性淘汰 性差・性行動の生物学:
2006年

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 性的二形 体型の性差 性器の進化


性的虚飾の進化
2006/05 New Scientist Sexual ornaments grow out of all proportion
遺伝学的な綱引きは、性的な分化を決定する
2006/05 EurekAlert Genetic tug of war determines sexual differentiation
肌色の性差、性淘汰の結果ではなさそうだと出たリサーチ
2006/05 American Journal of Physical Anthropology Human skin-color sexual dimorphism: A test of the sexual selection hypothesis
それについてのディスカッション@コメント
2006/05 Dienekes' Anthropology Blog: Skin color sexual dimorphism in humans
2006/05 EurekAlert Choosy females make colourful males
2006/05 Nature Testing the genetics underlying the co-evolution of mate choice and ornament in the wild
人間の声ピッチの性的二形の支配及び進化
2006/02 Evolution and Human Behavior doi:10.1016/j.evolhumbehav.2005.11.003
Dominance and the evolution of sexual dimorphism in human voice pitch

past つがいの形式


一夫一婦制の3様式
 性的な一夫一婦制: 一度の発情でのセックス相手が一個体のみ
 社会的な一夫一婦制:固定されたペアボンドで育児をおこなうが2号3号を持つ形も含まれる
 遺伝学的な一夫一婦制:子がみな同一の父親からしか生じていないとDNA検査で確認されるケース
2006/11 LiveScience Scientists study factors behind fidelity*
一生同じ相手とつがう生物種は、5,000種ある哺乳類のうちの、3~5パーセントだけ
 それさえも、機会あれば不倫をおこなうし、死に別れれば再婚を急いだり
カール・ジンマー、共食いを伴う交尾の進化について語る
2006/09 New York Times This Can't Be Love: The Curious Case of Sexual Cannibalism
by Carl Zimmer
不貞か貞節かはわりと環境しだい
2006/08 New Scientist Polygamous possums turn to pairing for life
Human intervention has caused the once polygamous mammal to change its social behaviour and settle down
一夫多妻のはずのオポッサム、ヒトが伐採で森をまばらにしたエリアでは一夫一妻に転向@オーストラリア
進化:異型配偶-同型配偶連続体に沿った性選択の強度
2006/06 Nature Intensity of sexual selection along the anisogamya?“isogamy continuum

past 性の進化 性の生成 有性生殖


2006/12 Nature Evolutionary genetics: Evolution of mate choice in the wild
2006/12 Nature Evolutionary genetics: Evolution of mate choice in the wild (Reply)
乱交生物種、精子競争的に最後がオトク
 先の精子が拓いてくれた経路にただ乗り
2006/10 New Scientist Winners come last in the sperm wars
{待つ} 乱交の種の男性彼らが最後である ― 一列につがうために性的な利点 ― 他の男性の精子に「寄生する」ことによる得る
2006/03 EurekAlert Sex: Why bother? Evolutionary mysteries probed at UH
 Ricardo Azevedo's research on pros, cons of sexual reproduction
進化:人工の遺伝子ネットワークにおいて有性生殖はロバストネスと負のエピスタシスを強化するような選択を行う
2006/03 Nature Sexual reproduction selects for robustness and negative epistasis in artificial gene networks
2006/03 PhysOrg.com Sex: Why bother? Scientists probe evolutionary mysteries
有性生殖vs無性生殖、DNAエラー少なめで有性生殖の勝ち
2006/02 EurekAlert Sex, cleaner of genomes

past ヒトと性淘汰 ヒトの伴侶選択


男、2.5cm背が高いごとに「つきあいたがる女」は5%ずつ増えて行くぞ
2006/11 ABC@オーストラリア Tall men get fast date
ダンスの良し悪しが表すあなたの遺伝子良し悪し
2006/02 EurekAlert EAre dancers genetically different than the rest of us? Yes, says Hebrew University researcher
2006/02 Dienekes' Anthropology Blog: Dancers vs. Non-Dancers: Genes and Personality

ヒト性行動がらみの講釈


past 生殖ホルモン


past ヒトの繁殖


2006/07 【日本語記事】 スラッシュドット ジャパン | 美しい親からは女の子が生まれる
 またカナザワ・サトシでしたか。
 →2006/08 美人って「平均顔」のことでいいの? 中間顔研究にまつわる誤謬

past 同性愛


同性愛博覧会
2006/11 MSNBC  Gay animals out of the closet?
 First-ever museum display shows 51 species exhibiting homosexuality
展覧会、その名も「これ不自然?」
 同性愛行動が見られる生物種の数は1500種
 同性愛行動が良く研究されている生物は500週
2006/10 BBC News Oslo gay animal show draws crowds
同性愛ペンギン、雌の言い寄りをまだ無視しております@ドイツの動物園
2006/02 PhysOrg.com Germany's gay zoo penguins still fending off female advances







past性淘汰・性行動


サル、 霊長類


2006/11 EurekAlert Male chimpanzees prefer mating with old females
男性チンパンジーは、年増がお好み
2006/11 Discovery Male Chimps Prefer Mature Mates
2006/11 【日本語記事】goo/読売 チンパンジーはお姉さん好き、特定パートナーは持たず
こちらのオスも、メカのオモチャと女のフィギュアがお好き
 ジェンダー役割の社会的形成とベルベットモンキー
2006/01 Vervet Monkeys and the socialization of gender roles | Anthropology.net

哺乳類


2006/12 Discovery Climate change alters seals' sexual selection
気候変化は、アザラシの性淘汰を変える
 雨量の減少が、αオス以外のザコオスが繁殖する機会を増やす
シベリア・ハムスター
2006/12 EurekAlert Sex ends as seasons shift and kisspeptin levels plummet
季節が移り変わり、kisspeptinレベルが落ちるとともに、セックスの季節も終わりを告げる
 ヒト思春期に関係するホルモンは、繁殖の季節を持つ齧歯動物の生殖活動も制御しているっぽい
生態:協同繁殖性の哺乳類でみられる同性間競争と性選択
2006/12 Nature Intrasexual competition and sexual selection in cooperative mammals
2006/12 【日本語記事】 Science日本版 繁殖力の強いオスはより多くのオスを残す
More Fertile Males Sire More Sons
野生の有蹄動物において、生まれてくる仔の性比は雌親の状態に依存
2006/11 New Scientist Sexy fertile stags sire more sons
デキの良いオスをきっぱり判別するシカ:プロングホーン
2006/10 New Scientist Frisky females know what's best for future fawns
ミーアキャットの女ボス、若いメスのストレスを上げて妊娠できなくさせている
2006/08 EurekAlert Dominant meerkats render rivals infertile
2006/08 Discovery Meerkat Moms Bully the Competition
性的競争で増える早漏や複数回射精@哺乳類
2006/04 EurekAlert Sexual competition stimulates premature and repeated ejaculation in a mammal
2006/05 Discovery Testosterone Pumps Up Hyrax Females
  Rock hyrax females have more testosterone than males -- and the machismo to show for it.
ネズミの伴侶選び、経験がものを言う  メスの香りがするオスを選びがち
2006/03 EurekAlert When mice choose mates, experience counts
有性生殖は、哺乳類の種において老化を遅らせる
2006/02 EurekAlert Sexual reproduction delays aging in a mammalian species
地リスの香る恋 5種類の雄弁な臭腺
2006/01 New York Times Love at First Sniff: How to Tell a Squirrel
配偶者と競争相手をかぎつける 鋤鼻器官ではない主嗅覚系もフェロモンに反応する
2006/01 【日本語記事】 Nature Neuroscience
恋愛中毒 プレーリーハタネズミのpair bondとドーパミン
2006/01 【日本語記事】 Nature Neuroscience

有袋類


フクロネコ科のチャアンテキヌス(Antechinus stuartii)
 乱交のメスは、彼らの一夫一婦制の姉妹より健康な赤ちゃんを生む
2006/11 Discovery Study: Free-Loving Females Fare Best
野外において交尾後性選択は複数雄と交尾を行う雌の生涯適応度を上昇させる
2006/11 Nature Post-mating sexual selection increases lifetime fitness of polyandrous females in the wild
奇怪なセックス・ライフをもつ小さな有袋類チャアンテキヌス Antechinus stuartii
2006/11 New Scientist Mate like crazy and let the sperm fight it out


テストステロンが多いほど、カロチノイドでハデハデになるオス@鳥
2006/11 National Geographic Testosterone Gives Male Birds Their Color, Scientists Say
2006/11 New Scientist Hens with bigger 'hairdos' get more sex
2006/09 EurekAlert Mother birds give a nutritional leg up to chicks with unattractive fathers
魅力のない父がはらませた卵にもたっぷり抗酸化物質を補給いたしております
メスの鳴鳥は、卵のサイズとおそらく彼らのひなの性別も変えることができる
 聞こえるさえずりがセクシーなほど、大きな卵でオスっぽい
2006/06 EurekAlert Female birds boost up their eggs when hearing sexy song
 female songbirds can alter the size of eggs and possibly the sex of their chicks
キンカチョウってマザコン
2006/06 EurekAlert Zebra finch males prefer females with exaggerated maternal traits
鳥の繁殖期にホルモンは求愛歌を聞く方法に影響を及ぼすかもしれない
2006/05 EurekAlert Hormones may affect how brain listens, Emory study finds
テストステロン・レベルの高いオス、人生短かけれど、子沢山@北米のユキヒメドリ
2006/04 EurekAlert Males with elevated levels of testosterone lead shorter lives but have more success siring offspring

科学なポッドキャスト:They Are What They Eat  【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 2分
Earthwatch Radio
 Some birds give literal meaning to the phrase
 鳥のよそおい、食べたものしだい
 ヒメレンジャクのシッポの黄色、最近赤みを帯びてきたのは外来種の赤い木の実を食べ始めたから。
 鳥の羽、黄色~赤は食物のカロチン量で左右される。

 この音声ファイルはウェブ上に台本が公開されています。
ネット Earthwatch Radio
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

2006/04 Scientific American Finches Provide Answer to Another Evolutionary Riddle


爬虫類/両生類


コモドオオトカゲにおける単為発生
2006/12 Nature Parthenogenesis in Komodo dragons
絶滅危惧爬虫類の処女懐胎を避けるために、オスとメスを分けて飼うのはやめたほうがいいか
2006/12 【日本語記事】cnn.co.jp コモドオオトカゲが「処女受胎」、誕生はクリスマス前後
2006/12 ABC@オーストラリア Dragon waits for virgin birth
2006/12 BBC News 'Virgin births' for giant lizards
2006/12 National Geographic Virgin Birth Expected at Christmas -- By Komodo Dragon
2006/12 Discovery Dragon About to Become Virgin Mom
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 生物保全 : オオトカゲの「処女降誕」
2006/12 【日本語記事】asahi.com 聖母?オオトカゲ、交尾せず産卵 英の動物園
2006/12 【日本語記事】毎日新聞 トカゲ:英国で単為生殖
 英国のチェスター動物園とロンドン動物園


オスが妊娠するお魚
2006/12 EurekAlert Genetic archaeology offers clues to backstory of male pregnancy
遺伝学的な考古学は、男性妊娠のバック・ストーリーに手がかりを提供する
 ヨウジウオで発見された新しい遺伝子
 古くから腎臓と肝臓機能で働く遺伝子が、オスの子宮トリックを学んだらしい
オスがとってもうざいから
 モテすぎないよう命をかけるグッピーのメス
 オスが少なければと天敵の多いエリアを選んでしまう
2006/05 EurekAlert Female guppies risk their lives to avoid too much male attention
モテるのは水中で目立つ色のオス@アフリカのシクリッド
 色がハデだとより健康だし
2006/05 PhysOrg.com Choosy females make colourful males
ブラックシーバスの性転換 生まれたときはメス、数年経つとオス(中型のハタの仲間)
2006/04 EurekAlert Uncovering sex-change secrets of black sea bass
メスのフリをするオスの魚
2006/02 ScienCentral Mating Trick

甲殻類、 軟体動物、節足動物、 クモ


2006/12 EurekAlert For Pacific white shrimp, gender matters when competing for food
太平洋の白いエビにとって、性別は重要である ― 食物を争うとき、
2006/12 New Scientist Males with a version of the menstrual cycle
月経周期をもつオス
生理みたいな生殖の準備および更新(古い精子を一掃)の周期を経るオスのエビ
2006/06 National Geographic Sexual Prime Peaks When Males "Smell" Mates, Spider Study Shows
脱皮の際に内部骨格をこしらえるカニ
2006/04 National Geographic Invisible "Skeleton" Supports Shell-less Crab, Study Finds
2006/04 Nature Biomechanics: A pneumo-hydrostatic skeleton in land crabs
カタツムリのラブダーツ、粘液注入で繁殖効率がアップする
2006/03 PhysOrg.com Further Secrets of the Snail Love Dart

昆虫


2006/12 EurekAlert For crickets, parasitic flies can stop the music
寄生のハエは、コオロギの音楽を消すことができる
オスのコオロギは、歌でメスだけでなく寄生のハエも引き寄せる。
  ※ 藤崎憲治・田中誠二編著 「飛ぶ昆虫、飛ばない昆虫の謎」 東海大学出版会 2004/03 第2章 正木進三「コオロギー翅型変異の諸相」p.16

2006/12 EurekAlert Why do males and females of some species look so different?
カブトムシ外見の性的差異、共有特徴の欠損によって生成された
2006/11 EurekAlert Fighting like a girl or boy determined by gene in fruit flies
複雑な遺伝メカニズムがジェンダーを決定して次世代への遺伝子伝達を最大にする@ミツバチ
2006/10 EurekAlert Michigan State researcher traces the evolution of honey bee gender
2006/10 EurekAlert Insights into honey bee sex gene could bring sweet success in breeding
性淘汰=適者生存という単純な図式にあらず
2006/10 EurekAlert A little of what you fancy does you no good
 high maternal fitness was good for daughters but not sons
結局「すてきなご両親」から「平凡な子孫」が生まれるんですよ
2006/10 New Scientist Sexiest parents deliver average offspring
高適応度の継承は母方では娘にのみ効き、高適応度母方の息子は低適応母から生まれた息子よりも繁殖率低い
(セレブ女性の息子さんは、そこらの男より子孫が少なめ)
高適応度父の娘は低適応父から生まれた娘よりも繁殖率低い
(セレブ男性の嬢ちゃんより、庶民の娘のほうが子だくさん)
2006/10 EurekAlert 'Fruit fly dating game' provides clues to our reproductive prowess
 Sexual selection comes at a cost to offspring
カブトムシ、角がデカけりゃ玉小さい
2006/10 ABC@オーストラリア Horny beetles have tiny testes
2006/10 Discovery Horny Beetles Have Tiny Testes
2006/10 National Geographic Big Testes or Big Horns? It's One or the Other for Male Beetles
2006/10 New Scientist Horniest male beetles have the tiniest testicles
2006/09 New Scientist Promiscuous queen bees make healthier hives
乱交の女王蜂は、ハチの巣をより健康的にする
2006/10 National Geographic Hawai'i Crickets Evolved "Silent" Wings to Evade Parasites, Study Finds
サイレントクリケット
 寄生バエの害から、わずか20世代で鳴かないコオロギのできあがり
2006/09 EurekAlert Crickets on Hawaiian Island develop silent wings in response to parasitic attack
ハワイのコオロギ、寄生攻撃に応じて静かな翼を開発
 男は性的信号の欠損の後、女とつがう巧妙な手段を用いる
2006/06 Nature Sperm storage induces an immunity cost in ants
未受精卵はオスになる社会性昆虫 その発生の秘密
2006/04 EurekAlert Insects that produce males from unfertilized eggs reveal a surprising cellular feat
性的二形どころか、メスに形態が二種類ある甲虫
2006/01 EurekAlert New study explores beetle species with two forms of females

ボルバキア


最初に進化ありき
2006/10 EurekAlert Evolutionary first: Parasite reaches beyond host to play havoc with others' sex lives
 寄生生物ウォルバキアの波及効果 寄生対象ではない生物の生態まで左右してしまう
 寄生されていない種のメス、他種のオスと交配しない上、同種のオスまで激しく選り好み

微小生物


線虫とセックスの進化
2006/12 EurekAlert New clues to how sex evolves
2006/09 BBC News Insight into sex life of lichens
地衣類のセックス・ライフに対する洞察
2006/09 Science Battle of the Hermaphrodites
両性具有者の闘争
hermaphroditic polyclad flatworms called Pseudobiceros bedfordi.
単性生殖甲殻類のはずだったカイミジンコ、オス発見!
2006/03 PhysOrg.com Ancient asexuals: the boys are back in town
 Dr David Horne from Queen Mary, University of London, Dr Robin Smith from Lake Biwa Museum, and Dr Takahiro Kamiya from Kanazawa University, Japan
2006/03 news@nature.com Virginal shrimp not so chaste after all?
Microscopic creatures may have been having secret sex for millions of years.
2006/03 BBC News Doubt cast on 'ancient asexual'

植物


2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 植物 : 自分で始末をつける 自家不和合性
蘭の自家生殖
2006/06 Nature Pollination: Self-fertilization strategy in an orchid
An orchid that flowers in harsh conditions pollinates itself unassisted by any of the usual agents.
2006/06 National Geographic Orchid Has "Active" Sex With Itself -- A Flower First?
雌雄同体の植物は、絶滅が頻繁である地域において遺伝学的な利点を持っている
2006/02 EurekAlert Hermaphroditic plants have genetic advantage in areas where extinctions are frequent
植物 : 明らかになった同系交配の予防機構 S-RNアーゼ
2006/02 【日本語記事】 Nature@日本
植物:自家不和合性タバコが行っているS-RNアーゼの区画化およびHT-Bの分解
2006/02 Nature Compartmentalization of S-RNase and HT-B degradation in self-incompatible Nicotiana

past 性染色体の科学


2006/12 【日本語記事】読売 オス誕生のカギ、「オトコ気」遺伝子を発見
 生物進化の過程でオスが誕生する鍵となった遺伝子:OTOKOGI=侠気(おとこぎ)
2006/12 EurekAlert A new male-specific gene in algae unveils an origin of male and female
2006/09 Purdue University Rodent's bizarre traits deepen mystery of genetics, evolution
齧歯動物の奇怪な特性は、遺伝学(進化)のミステリーを深める
 染色体数が多様すぎたり、性染色体がでかすぎたり
 Y遺伝子を抱えたメスがいたり、オスメスで染色体数が違っていたり
 そんなにてんでバラバラなのにどれも見た目はそっくりだし


 以上、 →2006年の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー