性淘汰 性差・性行動の生物学:
2008年7~12月

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2008/12 National Geographic Bizarre Squid Sex Techniques Revealed
イカの奇怪なセックステクニック
2008/12 National Geographic Bizarre Squid Sex Techniques Revealed
イカの奇怪なセックステクニック
2008/12 【日本語記事】National Geographic イカの奇抜な交尾方法が明らかに
2008/12 National Geographic Tusks Led to New Whale Species?
クジラの新種誕生に導く牙?
2008/12 【日本語記事】National Geographic ハクジラの種の分化、性選択的進化か
2008/12 PhysOrg Study Finds Beaked Whales' Tusks Evolved Through Sexual Selection Process
オオギハクジラの牙は、性淘汰で進化した
2008/12 BBC News Whales' teeth are aid to mating
セアカゴケグモ Latrodectus hasselti
2008/12 EurekAlert Spider love: Little guys get lots more
クモ愛:小さい男はたくさんモテる
 面と向かってじゃ大きいオスには勝てないけれど、すばやく熟れて、お先にいただく戦法です
2008/12 EurekAlert In the animal world, bigger isn't necessarily better
動物の世界では、大きけりゃいいってもんじゃない
2008/12 EurekAlert U of Minnesota researcher finds link between aggression, status and sex
攻撃性、ステータスとセックス
 単にステータスにおける欲望を活性化するだけで、攻撃性を誘発することができる。
 攻撃的なディスプレイは間接的にステータスを強化し、配偶者を引きつけて個人の繁殖能力を高める。
2008/12 BBC News Man's genes 'key to baby's sex'
生まれる赤ちゃんの性別を決めるのは、男の遺伝子
 男性の遺伝子構成は、彼が息子あるいは娘を持つかどうかを左右する可能性がある
2008/12 EurekAlert Boy or girl? It's in the father's genes
2008/12 PhysOrg Sex life of killer fungus finally revealed
最終的に明かされるキラー・カビのセックス・ライフ
 アスペルギルス フミガタス(Aspergillus fumigatus)
パパとママは、あなたの遺伝子の中で戦っている そして脳の中でも
●NEWS2008/11 Discover Magazine Mom and Dad Are Fighting in Your Genes - and in Your Brain
 統合失調症や自閉症を引き起こしうる性競合を抱えている我々の脳
 by Carl Zimmer カール・ジンマー
 我々は、父さんと母さんから一対ずつ染色体をもらってくる。
 統合失調症っぽい症状を作るプラダー・ウィリー症候群は、15番染色体の父方遺伝子が大きく欠損する突然変異によって引き起こされる遺伝子の障害。その父側の障害は、共感能力を暴走させる。過剰に”心の想定”機能を働かせ、幻聴や幻覚などの論理がぶっ飛んだ心の混線を引き起こす。
 自閉症っぽい症状を作るアンジェルマン症候群は、15番染色体上の母方遺伝子での突然変異と関連する。母側の障害は共感能力を欠落させ、”心の想定”をしない論理屋さん的な孤立した心を作る。
  ~Crespi and Badcock


 :カール・ジンマーさんによる、極めて示唆に富むおいしい切り口の一報。
 :15番染色体すごいな。o
 :共感能が過剰な女、共感能を使わぬ男、その図式が場合によってはこんな形で出てくるわけだ。
 → 共感能とは 『 男脳、女脳、自閉症:共感脳システム脳とバロン=コーエン 』

アロワナ目モルミルス科 Campylomormyrus compressirostris
2008/11 PhysOrg Sex between electric fish is a current affair
電気魚の恋のかけひきは微妙な電流しだい
2008/11 【日本語記事】AFP 電気魚のパートナー探しは「ビビッときた」かどうかで決まる、独研究
2008/11 PhysOrg Flexibility trumps fitness in sexual reproduction, says new theory in evolutionary biology
柔軟性は性的な生殖でフィットネスを勝ち取る鍵:進化生物学の新理論
 有性生殖は、最良最強の遺伝子セットより、どんな組み合わせでもしっかり働く汎用遺伝子のほうを支持なさる
2008/11 ABC@オーストラリア Ears a fishy story about sex change
性転換についての魚の話を聴く
 魚の耳は、性転換がいつサンゴ礁の魚で生じるか計算の手かがりである可能性
2008/11 EurekAlert Two from one: Pitt research maps out evolution of genders from hermaphroditic ancestors
植物における性染色体の進化
ダーウィンは、{進化が全体のグループに影響を及ぼすことができる} 方法について適切だった
2008/11 EurekAlert Worker ants of the world, unite! You have nothing to lose but your fertility
世界の労働者アリ、団結せよ! あなたは、生殖力以外に失うものは何もない!
 分子信号は、アリ社会のハーモニーを維持することができる ― 彼らの生殖力を束縛することによって。
2008/11 National Geographic Male Bats Blast Rivals with Deep Calls
オス・コウモリは、低音を変える ― ライバルを脅迫してとメスを引きつけるために
2008/11 PhysOrg Females compensate for unattractive partners
メスは、魅力に欠けるパートナーのぶんを補償する
 キンカチョウは、一生一夫一婦制で再婚できません
 メスはダメオスをつかんでしまうとほかのオスに目移りする余地がない
 その場合、メスは栄養いっぱいのでっかい卵を産むことで、オスのダメ遺伝子ぶんを補填しようとする
2008/11 EurekAlert Sex and the pond snail
性別とポンドスネール
 タニシの交尾の行動における利き手は、非対称によって{前その母の遺伝子によってプログラムする} 脳でマッチされる。
2008/11 New Scientist Why fertile women hate a pretty face
熟れた女性がかわいい顔を憎むわけ
2008/11 EurekAlert Hormones and brain activity: Kinsey Institute study sheds light on facial preferences
ホルモンと脳活動:キンゼー研究所研究は、顔の好みに光を注ぐ
2008/11 PhysOrg Menopause eases sex rivalry between women: study
更年期は、女性間の性競争を和らげる
さっさとすませようとするオスグモは食われやすい
2008/11 New Scientist Female spiders make a meal out of lazy lovers
メスのセアカゴケグモは、怠惰な恋人から食事を作る
Primeval Kinship: How Pair-Bonding Gave Birth to Human Society
●原始の血族関係:ヒト社会を生み出したペアボンディング(一夫一婦制)
 Bernard Chapais (著)
 Harvard Univ Pr (2008/4/17)


2008/10 Evolutionary Psychology 【 PDF
Kinship back on track: Primatology unravels the origin and evolution of human kinship.
血族関係再考:霊長類学から見るヒト血族関係の起源と進化
A review by Stone, L.
2008/11 PhysOrg Unraveling the natural history of the lion using host and virus population genomics
遺伝子構成とライオン母集団の歴史
 彼らの研究は、アフリカのライオンが単一の、ランダムに繁殖している(panmicticな)母集団から構成されているという仮説を論駁する。
2008/11 EurekAlert Nature study demonstrates that bacterial clotting depends on clustering
自然研究は、証明する ― バクテリアの凝固はクラスタリングに依存する
 直接ヒト血と血漿を凝血させることができるバクテリア
 脊椎動物進化の流れの間、失われたはずのプロセス
2008/11 National Geographic Homosexual Beetle Activity Offers Reproductive Edge
甲虫の同性愛で子だくさん
 コクヌストモドキのオス同性愛活動は、実際に昆虫の繁殖確率を増大する
2008/11 【日本語記事】National Geographic 甲虫の同性愛行為、繁殖に影響していた
2008/11 BBC News Antelope's sex signal in the knee
ひざにおけるレイヨウの性別信号
 Male antelopes 'click their knees' to demonstrate sexual fitness
オスのレイヨウは、『彼らのひざをクリックする』 ― 性的なフィットネスを証明するために
2008/11 PhysOrg Clicking knees are antelopes' way of saying 'back off'
ひざクリックは、レイヨウの威嚇方法である
2008/11 【日本語記事】朝日新聞 右はオス、左はメス 「雌雄」クワガタ成長中
 http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/K2008110601201.html
微胞子虫(びほうしちゅう、Microsporidia)
2008/10 PhysOrg Tiny fungi may have sex while infecting humans
小さいカビは、人間を下痢させているときに、性別を持つ可能性がある
2008/10 EurekAlert Female plant 'communicates' rejection or acceptance of male
雌花は、男の拒否あるいは受け入れを『コミュニケートする』
 近親交配を避ける受精プロセスに関わる 花粉タンパク質
ひなを母のストレスにさらすと、長期の繁殖成功度につながる
2008/10 EurekAlert Exposing chicks to maternal stress leads to long-term reproductive success
 ヨーロッパムクドリで、母由来のストレスホルモン、コルチコステロンに暴露された子
 実験的に卵黄のコルチコステロン・レベルを増大することによって、低い品質の母だと示す「信号」を子に与える
 そして、信号ありヒナと、信号無しヒナを、低品質母鳥に世話をさせて比較する
 すると、オスのヒナは死にやすく、メスのヒナが元気に育つ傾向が出た
 これは繁殖成功度上、理にかなっている結果である
2008/10 news@nature.com Yeast reveals sexual selection in action
酵母菌に見る現在進行形の性淘汰
Microbe provides way to track evolution gene by gene.
微生物は、遺伝子一個一個の進化を追跡する手段を提供してくれる
健康な母さん馬は、娘より息子とよく遊ぶ
 ニュージーランドのKaimanawa馬に見る繁殖戦略
2008/10 Discovery Healthy Horse Moms Play More With Sons
2008/10 【日本語記事】cnn.co.jp サメの「処女受胎」を確認、2例目と 米バージニア水族館
2008/10 National Geographic Shark "Virgin Birth" Confirmed
2008/10 Discovery Second 'Virgin Birth' Documented in Shark
サメで詳細に記録される二番目『処女降誕説』
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 雄と交尾せずサメが妊娠 米の水族館
http://www.asahi.com/science/update/1018/TKY200810180137.html
米国の水族館で死んだ雌のサメが、雄と交尾することなく「単為生殖」で妊娠していた
2008/10 【日本語記事】National Geographic 謎の妊娠:サメの単為生殖を確認
2008/10 【日本語記事】毎日新聞 脳細胞:オスの性行動を起こす脳細胞、10万個中わずか20個
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/10/05/20081005ddm016040044000c.html
山元大輔・東北大教授(行動遺伝学)と木村賢一・北海道教育大教授(神経遺伝学)ら
10万個のショウジョウバエ脳細胞のうちわずか20個の細胞がかかわっている
「歌うとキモチええ~」
2008/10 EurekAlert Singing to females makes male birds' brains happy
 女性に歌うことは、男の鳥の脳を幸福にする
恍惚の陶酔の中、歌っております
2008/10 New Scientist Love is the drug for male finches
愛は、男フィンチにおける薬物である
2008/10 BBC News Male Songbirds Are High on Love
オスの鳴鳥は、愛でハイ
2008/10 news@nature.com Female birds sacrifice health to create more colourful eggs
 Bright blue eggs keep males keen on fatherhood.
 メス鳥は、よりカラフルな卵を生み出すために健康を犠牲にする
 明るい青い卵は、オスを父親業に夢中にさせる
2008/10 【日本語記事】毎日新聞 遺伝子解析:“恋心”に染まる魚
 環境で体色変化 アフリカ・ビクトリア湖
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/10/02/20081002dde041040050000c.html







cusk-eels コンニャクイタチウオ 深海魚の音響コミュニケーション
2008/09 EurekAlert Researchers study acoustic communication in deep-sea fish
 コンニャクイタチウオは、音を産み出すために筋肉のいくつかのセットを使用する
 それは、男の盛り鳴きで顕著な役割をプレーする
2008/09 PhysOrg Male-specific neurons directly linked to gender-specific behaviors
オス行動を引き起こすニューロン
 ショウジョウバエにおけるオスの典型的求愛行動をメスから引き出すことができる} 2、3の重要なニューロンを特定
2008/09 Elsevier Genetic factors predisposing to homosexuality may increase mating success in heterosexuals
{同性愛の素因ある} 遺伝子要素は、異性愛者で交尾の成功を増大する
2008/09 EurekAlert Is that song sexy or just so-so?
その歌は、セクシー? ぼちぼち?
 知覚された刺激が何を意味するかは、(脳の単一の領域よりむしろ)社会全体の行動ネットワークにおける活動と関連する可能性がある。
2008/09 【日本語記事】時事通信 幸せの鳥、実は浮気性? 「一妻二夫」「一夫二妻」観察
 兵庫コウノトリの郷公園
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-080921X171.html
2008/09 EurekAlert The groan says it all -- dominant male deer have the deepest calls
うなり声は、統べてを語る-支配的な男の鹿は、最も低い呼び声を持つ
2008/09 National Geographic Deep-Voiced Male Deer Get the Doe
2008/09 【日本語記事】National Geographic 低くて太い声のオスジカはメスジカにもてる
2008/09 New Scientist Tree frogs pick out the loudest call in the chorus
アマガエル、合唱で最も大きい声のオスが勝ち
2008/09 New Scientist Promiscuous toads are just hedging their bets
賭けをヘッジする乱交ヒキガエル
2008/09 EurekAlert Australian frog species chooses not to put eggs in 1 basket
オーストラリアのカエルは、卵を1つのバスケットに置かないほうを選ぶ
2008/09 New Scientist The sex lives of animals: A rough guide
動物のセックス・ライフ
2008/08 New Scientist How bisexuality is passed on in the genes
バイセクシャリティは、遺伝子の上でどのように渡されるか
クモのオス、小さいほうが、メスに食われやすい  コモリグモ科の一種「Hogna helluo」
2008/09 EurekAlert In spiders, size matters: Small males are more often meals
2008/09 【日本語記事】ANP 交尾後のクモの“共食い”、メスはすべてのオスを捕食するわけではない-米調査
2008/09 【日本語記事】朝日新聞 樹木減って一夫多妻に? 沖縄のダイトウコノハズク
http://www.asahi.com/eco/SEB200809100019.html
世界で200種類以上いるフクロウのなかで、一夫多妻での繁殖が確認されているのは10種類ほど。
女となわばりを守るのだ
2008/09 Discovery Songbirds Duel With Duets
デュエット形式で決闘するセアカマユミソサザイ
2008/09 National Geographic Bird Duets Are "Aggressive Audio Warfare"
一夫多妻制における社会的ボンドのコストを考えよ
 群を作れなければサバイバル率が落ちるのだ
2008/09 ABC@オーストラリア Monogamous offspring stick closer together
一夫一婦制で生まれたグッピーの子(一腹の子)は、腹違いの兄弟よりしょっちゅういっしょに行動する
2008/09 New Scientist Fussy fish pick a partner from afar
シャケのメスは、卵といっしょに粘液を放出するんだけども、それでがんばって泳いでくる品質の良い精子だけを近づけるようにしているみたいだよ
2008/08 ABC@オーストラリア Sex life of sea squirts revealed
明かされるホヤのセックス・ライフ
 ホヤは、彼らの生殖力を制御することができる
 近隣の生息密度しだいでホヤの生殖細胞(卵と精子)はサイズや量が変化する
2008/09 Discovery Jamaican Lizards Work Out at Dusk and Dawn
夕暮れにジャマイカの外へトカゲ・ワークと夜明け
年をとらないフィットネス導師のように、トカゲは活発な腕立て伏せによって朝を迎える
2008/08 EurekAlert Jamaican lizards' shows of strength mark territory at dawn, dusk
ジャマイカのオスのアノール・トカゲは、腕立て伏せ、のど袋、ハデな首飾りの誇示で、朝晩テリトリーを守る
2008/08 EurekAlert Feats of strength begin a lizard's day
異なる地域の、甲虫エンマコガネの一種Onthophagus taurusにおける角と臓器の進化
2008/08 EurekAlert How 'secondary' sex characters can drive the origin of species
どう『第二の』性別キャラクタが、種の起源を駆りたてることができるか
 見栄をはるもの(時々奇怪な品質)は、生物の配偶者を見つける確率を改善する
 それは、母集団の生殖の分離と新しい種の進化を駆りたてる可能性がある
生理:低分子の混合物が線虫の交尾行動と発生を制御する
2008/08 Nature A blend of small molecules regulates both mating and development in Caenorhabditis elegans
doi:10.1038/nature07168
2008/08 PhysOrg Fish cancer gene linked to pigment pattern that attracts mates
魚のガン遺伝子は、異性を引きつける色素パターンも左右する
賢い歌を歌える男が、モテモテであるその理由
 最も複雑なメロディーを歌ったゼブラフィンチのオスは、食べ物の探し方もうまい!
2008/08 news@nature.com Sing me something smart
コモリグモの派手な求愛ダンスにまといつく「補食されるリスク」
 その危険に耐えることができるオスが最強
2008/08 New Scientist Mating is a dance of death for spiders
2008/08 【日本語記事】森林総研
 蛾の密やかなラブソング:鱗粉による発音のメカニズムと交尾行動における機能の解明
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 ガ:雄の羽こすり、超音波で「愛の歌」 東大などが発見、害虫対策に応用も
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/13/20080813ddm003040096000c.html
2008/08 【日本語記事】朝日新聞 ガの雄、鱗粉こすり愛の超音波 雌コロリ
http://www.asahi.com/science/update/0813/OSK200808120144.html
2008/08 【日本語記事】読売新聞 ガの「ラブソング」は超音波、鱗粉こすり合わせひそやかに
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080813-OYT1T00085.htm
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン ニュージーランドで111歳のムカシトカゲが繁殖行動
2008/08 Discovery Female Guppies Risk Death to Avoid Males on the Make
死のリスクを賭けてまでしてもオスを避けるグッピーのメス
進化ってけっこう平等だったりする
 オスの支配は、遺伝的成功の観点からは何の保証にもならない
2008/08 New Scientist Male dominance is no guarantee of genetic success
 たいがいの場合、ボスの遺伝子がザコを席巻するわけではないようで
 ヒトY染色体の遺伝調査から
2008/07 EurekAlert Caltech researchers find dual-use sexual attraction and population-control chemicals in nematodes
線虫において、性的魅力と個体数調節の二通りに使える化学物質
2008/07 EurekAlert Olfactory fine-tuning helps fruit flies find their mates
ショウジョウバエが交尾相手を見つけやすくする嗅覚のファインチューニング
2008/07 【日本語記事】ワイアードビジョン 「動物たちの多種多様なセックス」展覧会、写真レポート
 ニューヨークの『セックス博物館』で始まった展覧会『動物たちの性生活』
2008/07 EurekAlert 1 missing gene leads to fruitless mating rituals
遺伝子1つの欠損は、効き目がない交尾儀式に導く
 1つの特定の臭気受容体における遺伝子をはずしているオスのショウジョウバエは、愛のかけひきで手がかりがなくなる
2008/07 EurekAlert Sex and lifespan linked in worms
線虫で関係があるセックスと寿命
 両方をコントロールしているフェロモンの糖ファミリー
2008/07 EurekAlert Mate or hibernate? That's the question worm pheromones answer
色に走るか冬眠するか? その問いには、線虫フェロモンが答えます
ミツバチにおける新規な性決定経路の進化的発生の証拠
2008/07 Nature Evidence for the evolutionary nascence of a novel sex determination pathway in honeybees
doi:10.1038/nature07052
2008/07 【日本語記事】Nature 進化:雄バチたるべきか、雄バチたらざるべきか
2008/07 【日本語ブログ】Orangutan Blog  【研究】大型類人猿の閉経とオランウータンの繁殖
Rumex nivalis ルメクス・ニヴァリス(タデ科-ギシギシ属) @スイスアルプス
2008/07 EurekAlert U of T discovers environmental factors linked to sex ratio of plants
植物の性比に関係がある環境の要素
 環境要素は、植物個体群でオスメスの比率を変化させることができる
 オスに囲まれて花粉をたくさんキャッチしたメスは、メスに偏った種をたくさん作る。
2008/07 EurekAlert Pregnant mice block out unwelcome admirers to protect their pups
妊娠したネズミは、よけいなオスを追っ払う ― 彼らの子を保護するために
 脳の化学変化で、妊娠したネズミはオスのにおいに無頓着になる
コオロギではオスとメスとで食餌による寿命差がある
 メスはタンパク質が多めに必要
2008/07 New Scientist Do the sexes have different dietary needs?
2008/07 EurekAlert  Men and women may need different diets: research
男性と女性は、必要な飲食物が異なるかもしれない
2008/07 ABC@オーストラリア Sexes need different dinners, says study
2008/07 Discovery Sexes May Need Different Dinners


 以上、 →2008年7~12月の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー