進化心理学:
2009年

ほか「進化心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


政治の科学的解析
2009/12 EurekAlert There may be a 'party' in your genes
あなたの遺伝子の中に'政党'があるかもしれません。
 保守を好む遺伝子、タカ派に投票したがる遺伝子・・・
 進化心理学や生物学的な枠組みを使用して、最高学者は政治と政治行動の研究への新しい取り組み方を提供します。
2009/12 EurekAlert Seeing without looking
見ずに、見ます。
 視野内の、注視対象以外のエリアの動きを処理する上丘
 霊長類は、相手を直視せずに他個体の動向を観察する必要があるわけで
Comeuppance: Costly Signaling, Altruistic Punishment, and Other Biological Components of Fiction
●当然の報い:身を削る威嚇、利他的な懲罰、フィクションの生物学的要素
 William Flesch (著) ウィリアム・フレッシュ/フレシュ
 Harvard University Press (2008/1/31)

フィクションとは「この世」を理解する最も強力なツールでなのである.

ハムレットとスーパーマンの進化心理学
2009/11 Evolutionary Psychology【PDF】 Using Darwin to explain Hamlet and Superman.
A review of William Flesch, Comeuppance: Costly Signaling, Altruistic Punishment, and Other Biological Components of Fiction
by Friedrich, M.


How Women Got Their Curves and Other Just-So Stories: Evolutionary Enigmas
●女の曲線美はこうして進化した:進化的解釈ごっこと進化論の謎
 David P. Barash (著), Judith Eve Lipton (著)
 デヴィッド・P.バラシュ、ジュディス・イブ・リプトン
 Columbia Univ Pr (2009/05)


人の女はどうしておっぱいがデカイ?
なぜあんな月経がある?
女性のオル力"スムの理由は何?
排卵の兆候がほとんどないのはどうして?
閉経はヒト特有?
 さまざまなオンナの謎を読者とともに探検する!

女の進化論の謎
2009/11 Evolutionary Psychology【PDF】 Women's evolutionary enigmas
A review of David P. Barash and Judith Eve Lipton, How Women Got Their Curves and Other Just-So Stories
by Vandermassen, G.

『不倫のDNA ヒトはなぜ浮気をするのか』  デイヴィッド バラシュ (著), ジュディス リプトン (著)  青土社 (2001/10)  =同著者の既刊邦訳.

 


2009/12 【日本語ブログ】「信じる運命?」進化心理学・認知科学による宗教への科学的接近 - スウィングしなけりゃ脳がない!
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Are parents' perceptions of offspring facial resemblance consistent with actual resemblance? Effects on parental investment
子に対する両親の認知は、実際の顔の類似と一致するか? 親の投資への効果
Alexandra Alvergne, Charlotte Faurie, Michel Raymond
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Commitment bias: mistaken partner selection or ancient wisdom?
委任バイアス: 間違った伴侶選択、それとも先人の知恵?
Istvan H. Back
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Kind toward whom? Mate preferences for personality traits are target specific
だれに向かって親切ですか? 人格に対する伴侶選好は目標特有です。
Aaron W. Lukaszewski, James R. Roney
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Sexual selection under parental choice in agropastoral societies
親の選択下における 農畜産社会での雌雄淘汰
Menelaos Apostolou
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Genetic dissimilarity, genetic diversity, and mate preferences in humans
遺伝子の相違点、遺伝的多様性、およびヒトの伴侶選好
Hanne. C. Lie, Leigh W. Simmons, Gillian Rhodes
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Women's preferences for masculinity in male faces are predicted by pathogen disgust, but not by moral or sexual disgust
男性の顔の男らしさの女性の好みは、病原体忌避によって予測されますが、道徳性や性的忌避によって予測されるというわけではありません。
Lisa M. DeBruine, Benedict C. Jones, Joshua M. Tybur, Debra Lieberman, Vladas Griskevicius
2009/12  Evolution and Human Behavior Volume 31, Issue 1, Pages 1-78 (January 2010)
Low fertility in contemporary humans and the mate value of their children: sex-specific effects on social status indicators
近代人における低い出産力と子孫の伴侶選択価値: 社会的ステータス指標の性的特異効果
Ralf Kaptijn, Fleur Thomese, Theo G. van Tilburg, Aart C. Liefbroer, Dorly J.H. Deeg
2009/12  Evolutionary Psychology
Sex differences in food preferences of Hadza hunter-gatherers
Hadza狩猟採集民における食品嗜好の性差
by Berbesque, J.C., and Marlowe, F.W.
2009/12 Evolutionary Psychology
Life history strategy and disordered eating behavior
生活史戦略と摂食行動の乱れ【PDF
by Salmon, C. Figueredo, A.J., and Woodburn, L.
2009/11 Evolutionary Psychology【PDF】
Height among women is curvilinearly related to life history strategy
女性の身長は生活史戦略に関連します。
2009/11 Evolutionary Psychology【PDF】
Backward masked snakes and guns modulate spatial attention
by Carlson, J.M., Fee, A.L., and Reinke, K.S
孫に対するえこひいきがあらわになる「おばあさん効果」
2009/10 ABC@オーストラリア Granny really does play favourites
Grandmothers play favourites among their grandchildren to preserve their genetic legacy
2009/10  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 6 (November 2009)
Does women's greater fear of snakes and spiders originate in infancy?
女性のほうがヘビやクモに大きい恐怖を抱きがちなのだが、その性差の発端は幼少時からか?
David H. Rakison
2009/10  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 6 (November 2009)
Face and voice attractiveness judgments change during adolescence
声や顔の魅力の判断は、思春期に変化する
Tamsin K. Saxton, Lisa M. Debruine, Benedict C. Jones, Anthony C. Little, S. Craig Roberts
2009/10  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 6 (November 2009)
The relative importance of the face and body in judgments of human physical attractiveness
人間の身体的魅力の判断における顔・身体の相対的な重要性
Thomas E. Currie, Anthony C. Little
2009/10  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 6 (November 2009)
Patterns of eye movements when male and female observers judge female attractiveness, body fat and waist-to-hip ratio
男性と女性の観察者が、女性の魅力度・肥満度・体型を判定する際に見られる、眼の動きパターンの性差
Piers L. Cornelissen, Peter J.B. Hancock, Vesa Kiviniemi, Hannah R. George, Martin J. Tov?xe9;e
『パーソナリティを科学する 特性5因子であなたがわかる』
 ダニエル・ネトル著
 白揚社 (2009/09)

 一般向け心理学「ビッグ5(性格の5大因子)」の本( 原書「Personality」は2007年)をなぜ彼が。とチェックしてみたら、その2年後の今年、最新刊 『 Evolution and Genetics for Psychology 』 (「心理学のための進化学と遺伝学」・・・安藤寿康さんが喜びそうな!)が出ているわけで。『パーソナリティを科学する』は、思いきりその本命の下ごしらえに見える、たぶん。


2009/10 【日本語記事】[BPnet] 男と女の付き合い学:離婚理由に見る男女の違い: 男と女はどこが違うのか?
『ナンパを科学する』の著者、坂口菊恵氏が、進化心理学的な観点から男女の行動を検証するコラム
「neuregulin 1」遺伝子がもたらす創造性と狂気
2009/09 EurekAlert Mad genius: Study suggests link between psychosis and creativity
 天才という狂気:精神病と創造力のリンクを見る

2009/09 BBC News Genes to blame for women's fear of spiders
女は男より、遺伝的にクモを恐がりやすい仕様
New research suggests that women are more genetically predisposed to being scared of spiders than men.
2009/09 Evolutionary Psychology 【PDF
 Sex differences in violent versus non-violent life-threatening altruism
 暴力的行動と、命がけの非暴力的な利他行動の、性差
 By Fitzgerald, C. and Whitaker, M. B.
Evolutionary Forensic Psychology: Darwinian Foundations of Crime and Law
●進化法廷心理学:犯罪と法のダーウィン主義的基盤
 Joshua D. Duntley (編集), Todd K. Shackelford (編集)
 Oxford University Press, USA; Parental Adviso.版 (2008/8/20)


2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
J.D. Duntley and T.K. Shackelford, Editors,
Evolutionary forensic psychology: Darwinian Foundations of Crime and Law,
進化法廷心理学: 犯罪と法における進化学的基盤
Oxford University Press, Oxford and New York (2008) ISBN 978-0-19-532518-8 (314 + xiv pp. author index and subject index.

Mothers and Others: The Evolutionary Origins of Mutual Understanding
●母と他者:意思疎通の進化上の起源
 Sarah Blaffer Hrdy (著)  サラ・ブラッファー・ハーディ
 Belknap Press of Harvard University Press; 1版 (2009/4/30)


2009/07 Evolutionary Psychology【 PDF
A growing thought. A review of Sarah Blaffer Hrdy, Mothers and Others: The Evolutionary Origins of Mutual Understanding
By Ellison, P.T.

サラ・ブラッファー・ハーディの既刊邦訳
 → 『 マザー・ネイチャー:母性とフェミニズム 』

Sexual Coercion in Primates and Humans: An Evolutionary Perspective on Male Aggression Against Females
●霊長類と人間における性的強制:メスに対するオスの攻撃性はどのように進化したか
 Martin N. Muller (編集), Richard W. Wrangham (編集)
 マーティン・ラー/リチャード・ランガム
 Harvard University Press (2009/6/19)


2009/08 Evolutionary Psychology 【 PDF
An important contribution to the study of sexual coercion.
A review of Martin N. Muller and Richard W. Wrangham, (Eds.) Sexual Coercion in Primates and Humans: An Evolutionary Perspective on Male Aggression Against Females
By Palmer, C.T.

 → 『 リチャード・ランガム、料理とヒト進化を語る 』

2009/08 EurekAlert Trust in a teardrop
涙における信頼
 涙は、個人的な関係を構築し、強化するのを助けることができる
 涙は生理的な困窮の信号ではあるが、人々の連帯を強めるように進化-ベースのメカニズムも作用する
配偶者選択と提携評価に関する相対的なランクやコンテキストの影響
Effects of context and relative rank on mate choice and affiliation ratings
2009/08 Evolutionary Psychology 【PDF
By Honey, P. L., and Coulombe, C. D.
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
The relation between mate value, entitlement, physical aggression, size and strength among a sample of young Indian men
配偶者の価値、名誉と、身体的な攻撃性・大きさ・強さの関係性:若いインド男性のサンプルにて
John Archer, Vanlal Thanzami
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
Costs and benefits of fat-free muscle mass in men: relationship to mating success, dietary requirements, and native immunity
脂肪のない筋肉量の、男におけるコスト&ベネフィット:繁殖成功率、必要な栄養条件と免疫能力のかけひき
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
Social and biological determinants of reproductive success in Swedish males and females born 1915-1929
1915-1929年に生まれたスウェーデンの男女に見る、繁殖成功度の社会的・生物学的決定要因
Anna Goodman, Ilona Koupil
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
Physical attractiveness and reproductive success in humans: evidence from the late 20th century United States
人間における身体的な魅力と繁殖成功度:20世紀末のアメリカからの証拠
Markus Jokela
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
Implicit associations with social status: the effects of relationship involvement
社会ステータスに伴う潜在的な効果:関係性関与の影響
Murray G. Millar
マレイG.ミラー
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
The force of selection on the human life cycle
人間のライフ・サイクルの淘汰の力
James Holland Jones
2009/08  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 5 (September 2009)
Frequency and recency of infection and their relationship with disgust and contamination sensitivity
頻度と感染の新しさは、嫌悪感や汚染に対する感受性の高低にどう関わるか
Richard J. Stevenson, Trevor I. Case, Megan J. Oaten
機能不全の心理社会学状態へのポピュラーな狂的信仰の慢性の依存関係
The chronic dependence of popular religiosity upon dysfunctional psychosociological conditions
2009/07 Evolutionary Psychology【PDF
By Paul, G.
2009/07 Evolutionary Psychology 【PDF
 Structural relations among negative affect, mate value, and mating effort
関係の構造性:ネガティブな影響、配偶者価値、交尾努力
by Kirsner, B. R., Figueredo, A. J., and Jacobs, W. J.
2009/07 Evolutionary Psychology【PDF
 Hot topics and popular papers in evolutionary psychology:
進化心理学におけるホットな話題とポピュラーな論文:
Analyses of title words and citation counts in Evolution and Human Behavior
進化と人間行動研究の主文と引用総数の分析
by Webster, G.D., Jonason, P.K., and Schember, T.O.







2009/06 Evolutionary Psychology【PDF
Enhanced source memory for names of cheaters
詐欺師の名前における強化されたソース記憶
by Bell, R., and Buchner, A.
2009/06 EurekAlert Competition may be reason for bigger brain
脳の巨大化の裏に競争あり
 環境要因よりも、社会的競争が大きな要因である
2009/06 news@nature.com Conformists may kill civilizations
遵奉者は、文明を殺す可能性がある
 独創的なアイデアが不足している社会は、環境の大変動に対して脆弱になる
Lack of original ideas leaves societies vulnerable to environmental upheaval, model suggests.
進化心理学から教育のコツを考える
2009/06 PhysOrg MU Study Finds Connection Between Evolution, Classroom Learning
進化とクラスルーム学習
2009/06 Evolutionary Psychology Volume 30, Issue 4

Social exchange and solidarity: in-group love or out-group hate?
社会交換と団結:内集団への愛あるいは外集団に対する憎しみ?
Toshio Yamagishi, Nobuhiro Mifune 三船恒裕(北海道大学)・山岸俊男(北海道大学)

Sex differences in response to coalitional threat
結託の脅威に応じた性差
Daphne Blunt Bugental, David A. Beaulieu

The evolution of costly displays, cooperation and religion: credibility enhancing displays and their implications for cultural evolution
コストのかさむディスプレイ、協力と信仰の進化:信憑性強化と文化進化のヒント
Joseph Henrich

The evolution of conformist social learning can cause population collapse in realistically variable environments
遵奉者社会の学習の進化は、現実的に可変の環境で人口崩壊を引き起こすことができる
Hal Whitehead, Peter J. Richerson

Cultural transmission of ethnobotanical knowledge and skills: an empirical analysis from an Amerindian society
民族植物学的情報やスキルの文化的伝播:アメリカ原住民社会からの経験的分析
Amazonian Panel Study (TAPS) アマゾン川の委員会研究

On the relationship between interindividual cultural transmission and population-level cultural diversity: a case study of weaving in Iranian tribal populations
個人間の文化的な伝達と人口-レベル文化的な多様性との関係に関して:ケーススタディ ― イランの種族の人口で織る
Jamshid J. Tehrani, Mark Collard
2009/06 【日本語記事】日経ビジネスオンライン:「進化政治学」で選挙が見える 森川友義・早稲田大
ヒトはこの先の環境について思い悩むように進化してきた
2009/05 EurekAlert Research suggests we are genetically programmed to care about climate change
 異常気象について気にかけるよう遺伝的にプログラムされている人類
社会的行動に関する計算論的アプローチ
2009/05 Science  The Computation of Social Behavior
「不正確な判断」が有益な時:「浮気」と認知バイアス論
 2009/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 垂直方向の距離は長めに見積もられ、歩く男性は自分に向かってくるところだと知覚されやすい。
 これらの例は、ある種の「認知バイアス」が、進化上で選択されてきたことを意味する。
ベジタリアンならともかく? マキャベリ的社会性脳仮説
 社交性と脳サイズは肉食獣では相関性が薄め
2009/05 EurekAlert Smart and social?
賢こさと社会性
背の高さと高収入
2009/05 PhysOrg Study finds tall people at top of wages ladder
内因性のアタッチメント行動に結びつけられる音楽性の神経生物学?
2009/05 EurekAlert The neurobiology of musicality related to the intrinsic attachment behavior?
 ヒト進化と社交活動における音楽の神経学的基盤
 ペアボンディングや子育てを含む社会・感情・行動に関わる「arginine vasopressin receptor 1A (AVPR1A) 」遺伝子と、音楽の才能の相関
2009/05 EurekAlert Warriors do not always get the girl
戦士たるもの、必ずしも女をゲットできるわけではない
 南米の一部の部族では、攻撃的な、復讐心に燃えた男の行動は、より多くの児童や妻を手に入れることで有利だと見做される
 しかし、エクアドルのWaorani族においては、そのかぎりではないらしい
 より攻撃的な戦士は、非戦闘的な男より低い繁殖成功度を持つ
2009/05 Nature Making war not love
 Fiercest warriors in Amazon tribe left fewer descendants.
2009/05 Evolutionary Psychology Evolution, psychology, and a conflict theory of culture【PDF
進化、心理学と文化の闘争理論
by MacDonald, K.
2009/05 Evolutionary Psychology Altruism and reproductive limitations 【PDF
利他行動と生殖の限界
by Fitzgerald, C.J., and Colarelli, S.M.
2009/05 Dienekes' Anthropology Blog Gender differences in reproductive success (Brown et al. 2009)
1. greater mating variance in men than women;
2. greater reproductive variance in men than women;
3. correlation between mating and reproductive success.
男におけるより大きい交尾バリエーション ― 女性より;
男におけるより大きい生殖の変化 ― 女性より;
交尾と繁殖成功度との間で相互関係。
Trends in Ecology & Evolution doi:10.1016/j.tree.2009.02.005
Bateman's principles and human sex roles
Gillian R. Brown et al.
2009/04 Evolutionary Psychology【PDF
Age variation in mating strategies and mate preferences: beliefs versus reality
交尾戦略と配偶者好みにおける年齢バリエーション:現実対信念
by Bleske-Rechek, A., VandenHeuvel, B., and Vander Wyst, M.
2009/03 Evolutionary Psychology 【PDF
Biologically costly altruism depends on emotional closeness among step but not half or full siblings
生物学上コストのかさむ利他現象は、段階の中の感情的親密さしだい
ただし、半分以上血のつながっている兄弟ではその限りにあらず
by Bressan, P., Colarelli, S.M., and Cavalieri, M.B.
マイケル・ルース ナイルズ・エルドリッジ デイビッド・スローン・ウィルソン
Michael Ruse, David Jablonski, Carl Simpson, Charles Goodnight, David Sloan Wilson, Hywel Williams, Timothy Lenton, Niles Eldredge
2009/03 New Scientist The selfless gene: Rethinking Dawkins's doctrine
無私の遺伝子:ドーキンスの教義再考
ハーバード大学のダニエル・リーバーマン(Daniel Lieberman)
2009/03 PhysOrg Culture skews human evolution
 文化はヒト進化をゆがめる
 我々の身体は、現代社会用に設計されてない
 「ヒトは、ダーウィンのように思考して狩猟採集民のようにふるまうべきだ」
2009/02 Evolutionary Psychology 【PDF
Differential investment behavior between grandparents and grandchildren: The role of paternity uncertainty
祖父母と孫の関係における差別的な投資行動:父たることの不確実性の影響
by Bishop, D.I., Meyer, B.C., Schmidt, T.M., and Gray, B.R.
2009/02 Evolutionary Psychology 【PDF
Dead or alive? Knowledge about a sibling's death varies by genetic relatedness in a modern society 死んだか生きているか?
現代社会における兄弟の死についての認識は、遺伝学的な血縁関係によって異なる
by Pollet, T.V., and Nettle, D. ダニエル・ネトル
2009/02 【日本語記事】Science モラルに関する不快感は口の中の不快感が起源か?
From Oral to Moral?
「後味の悪さ」:不快感を表す顔面筋の研究結果
まずい飲み物、ひどく不快な写真、ゲームをしているときの不正な扱いなどにより、上唇が上がり、上唇挙筋を介して鼻にしわが寄る
2009/02 Discovery Moral, Physical Disgust Hard-Wired Alike
道徳の嫌気と物理的な嫌気は、同じ仕様にできている
2009/02 PhysOrg Psychologists shed light on origins of morality
心理学者は、道徳の起源に光を注いだ
2009/02 Evolutionary Psychology 【PDF
Gift-giving as a courtship or mate-retention tactic?: Insights from non-human models
贈与行為は求愛か配偶者-保留戦術か:人間以外のモデルからの洞察
by Jonason, P.K., Cetrulo, J.F., Madrid, J.M., and Morrison, C.
2009/02 【日本語記事】Nature みんなのダーウィン:DARWIN 200特集:人間性と進化
健康指標としての「お臍の魅力」
2009/01 Discovery Belly Button Beauty Cues Potential Mates
おへそ美しさは配偶者可能性のヒント
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
Life history variables and risk-taking propensity
生活史変数と冒険傾向
 X.T. Wang, Daniel J. Kruger, Andreas Wilke
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
The 7R polymorphism in the dopamine receptor D4 gene (DRD4) is associated with financial risk taking in men
ドーパミン受容体D4遺伝子(DRD4)における7R多形性は、人で採用している財政的リスクと関連する
Anna Dreber, Coren L. Apicella, Dan T.A. Eisenberg, Justin R. Garcia, Richard S. Zamore, J. Koji Lum, Benjamin Campbell
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
Late reproduction behaviour in Sardinia: spatial analysis suggests local aptitude towards reproductive longevity
最近の Sardiniaに見る生殖行動:空間の分析は、生殖の長寿の方へ地方住民傾向を示唆する
Paola Astolfi, Graziella Caselli, Ornella Fiorani, Rosa M. Lipsi, Antonella Lisa, Stefania Tentoni
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
Do sincere apologies need to be costly? Test of a costly signaling model of apology
真実の謝罪は、コスト高である必要はあるか? コストのかさむ信号を出す謝罪モデルのテスト
正直な謝罪意図の伝達とコストリー・シグナリング:大坪庸介・渡邊えすか(神戸大)
Yohsuke Ohtsubo, Esuka Watanabe
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
A sharp eye for her SOI: perception and misperception of female sociosexuality at zero acquaintance
彼女のSOIにおける鋭い眼:面識のない女性の社会的セクシュアリティについての知覚と誤認
Tyler F. Stillman, Jon K. Maner
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
Menstrual cycle shifts in attentional bias for courtship language
月経サイクルによって、求愛言語における注意力のバイアスは変化する
Maya L. Rosen, Hassan H. L用ez
2009/01  Evolution and Human Behavior Volume 30, Issue 2 (March 2009)
Partner wealth predicts self-reported orgasm frequency in a sample of Chinese women
パートナーの富裕度によって、中国女性のサンプルにおけるオルガスムの自己申告頻度が予測しうる
Thomas V. Pollet, Daniel Nettle ダニエル・ネトル
社会的ボンドとしての、小説や物語
2009/01 New Scientist How novels help drive social evolution
小説が、社会進化の駆動をどう助けるか
2009/01 Evolutionary Psychology 社会的包含は、交配の興味を促進する
Social inclusion facilitates interest in mating 【PDF
by Brown, C.M., Young, S.G., Sacco, D.F., Bernstein, M.J., and Claypool, H.M.


 以上、 →2009年の記事でした


→ 「進化心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー