利他行動の研究:
2005年~2007年

ほか「利他行動の研究」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


生まれながらに備わる気前の良さ
2007/12 EurekAlert Are we genetically programmed to be generous? Hebrew University scientists say yes
我々は、遺伝的にプログラムされる ― 気前がよい?
 ケチと非ケチは遺伝子が違う  特定変異AVPR1aを持った人々は平均より50%多く金を手放した
2007/10 EurekAlert The coevolution of parochial altruism and war
偏狭な利他主義者と戦争の共進化
 内集団利他主義者の進化と、部外者に対する敵意の進化は、表裏一体
2007/10 EurekAlert Dartmouth researchers confirm the power of altruism in Wikipedia
研究者は、Wikipediaで利他主義者のパワーを確証する
 良いサマリア人が高品質の内容に一因となる ― アクティブな、登録したユーザーを果たすとき
2007/10 Evolutionary Psychology 【PDF
 Helping others to find long-term and short-term mates:
A test of inclusive fitness, reciprocal altruism, and parental investment theories
長期、短期の仲間を発見するために他者を援助する:
適応度含む、相互関係の利他主義者、そして、親の投資理論のテスト
by Jonason, P.K., Izzo, P.L., and Webster, G.D.

進化ゲームを考える
 協力の進化とMartin Nowak 生物学に見る囚人のジレンマ
2007/07 New York Times In Games, an Insight Into the Rules of Evolution
By CARL ZIMMER ~カール・ジンマー
 第1回大久保賞:1999年にPrinceton高等研究所(現Harvard大学)のマーティン・A・ノヴァク
 (「言語進化とは何か」共著者)
ネズミに見られるおかげさま行動
2007/07 news@nature.com Generosity among rats
 お返し、利他行動、社会性
ネズミにおける一般化された相互関係
2007/07 PLoS Biology Generalized Reciprocity in Rats
親切にするチンパンジー
2007/06 New Scientist 'Altruistic' chimps act for the benefit of others
2007/06 news@nature.com Is it a chimp-help-chimp world?
Clever experiment shows altruism in great apes.
2007/06 EurekAlert Human-like altruism shown in chimpanzees
2007/06 PLoS Biology Spontaneous Altruism by Chimpanzees and Young Children
2007/06 New Scientist Chimps may display genuine altruism
2007/06 【日本語記事】Science日本版 利他主義の気持ちよさ
The Heady Feelings of Altruism

脳にデフォルト配線されている利他行動快感
2007/05 Washington Post If It Feels Good to Be Good, It Might Be Only Natural
when the volunteers placed the interests of others before their own, the generosity activated a primitive part of the brain that usually lights up in response to food or sex. Altruism was not a superior moral faculty that suppresses basic selfish urges but rather was basic to the brain, hard-wired and pleasurable.
2007/05 PhysOrg Humans hard-wired to be generous
2007/05 ScienceDaily Inner Workings Of The Magnanimous Mind: Why It Feels Good To Be Altruistic
2007/04 【日本語記事】Nature@日本 脳 : 道徳的判断と感情
 腹内側前頭前皮質損傷の患者6名から
2007/04 Nature 神経生物学:正義が気持ちいいわけ
Neurobiology: Feeling right about doing right
2007/04 Nature 神経科学:前頭前皮質の損傷によって道徳的判断の功利主義的な傾向が増す
Damage to the prefrontal cortex increases utilitarian moral judgements
2007/04 New Scientist Money game reveals our inner Robin Hood
マネー・ゲームは、我らが内なるロビン・フッドを現す
我々には生まれつき平等を求める欲望があり、自腹を切ってでも、持つ者から持たざる者へと富を分かち与えようとする
2007/04 【日本語記事】Nature@日本 みんな平等に
2007/04 Nature 進化:人間にみられる平等主義という動機 Egalitarian motives in humans
2007/04 EurekAlert Good behavior, religiousness may be genetic
遺伝学的な良い行動、遺伝学的な信心深さが、存在するかもしれない
双子の研究は、厳に環境影響ではない利他行動を示す
他者の苦しみに敏感な動物である場合
2007/03 New York Times Scientist Finds the Beginnings of Morality in Primate Behavior
科学者は、霊長類行動で道徳の始まりを発見する ~ ニコラス・ウェイド
 泳げないのに、動物園のお堀でおぼれた仲間を救おうとするチンパンジー
 エサのスイッチが仲間に電気ショックを与えてしまう場合、何日も自ら断食を敢行してしまうアカゲザル
 (…ってこの実験は動物愛護的にツッコまれないか?)
 30年以上も前のウィルソン以来の社会生物学の系譜
 マーク・ハウザーのMarc Hauserのモラル・マインド
 フランス・ドゥ・ヴァール Philip Kitcher ピーター・シンガー Sharon Street Jesse Prinz
2007/03 Evolution and Human Behavior  Volume 28, Issue 2
Audience effects on moralistic punishment
道徳主義的罰に対する観衆効果 Pages 75-84
Robert Kurzban, Peter DeScioli and Erin O'Brien
2007/03 Evolution and Human Behavior  Volume 28, Issue 2
When in Rome, do as the Romans do: the coevolution of altruistic punishment, conformist learning, and cooperation
郷に入っては郷に従え:利他的な罰、遵奉者学習と協力の共進化 Pages 112-117
Ricardo Andr?xe9;s Guzm?xe1;n, Carlos Rodr?xed;guez-Sickert and Robert Rowthorn
2007/03 EurekAlert Social tolerance allows bonobos to outperform chimpanzees on a cooperative task
社会的な耐性のおかげで、ボノボは 協力的な課題においてチンパンジーに優る能力を示す
血縁淘汰
2007/01 EurekAlert The hitchhiker's guide to altruism -- Study explains how costly traits evolve
利他主義者に至るまでのヒッチハイカー・ガイド いかにコストのかさむ特性が進化するか
社会的関係性に反応する posterior superior temporal sulcus 後上側頭溝
2007/01 EurekAlert Activation of brain region predicts altruism
脳領域の活性化は、利他主義者を予測する
 後上側頭溝における増大された活動は、強く利他行動を予測した。
2007/01 ABC@オーストラリア Selfish or selfless, test reveals all
2007/01 BBC News 'Altruistic' brain region found







2006/12 Nature 生態:間接的互恵行動と高いコストがかかる処罰との効果的相互作用
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 生態 : 処罰がこの世から消えることはない?
進化初期に互いに払った文化的な「税」の結果、利他的な特性を進化させた人間
2006/12 New Scientist Why altruism paid off for our ancestors
2006/12 【日本語記事】Science日本版 「協力」の進化 The Evolution of Cooperation
利他的行為の遺伝子を持つ集団のメンバーは、生殖機会制限という犠牲を払って食物や情報を共有することにより集団全体の健康度と集団内での相互関係が向上する。
利他的な人の集団は、危機に瀕すると、他集団から資源を奪うべく、協力して行動を起こした
利他行動の遺伝子を探せ 寛容さと協力行動の進化
2006/05 World Science Researchers trace origin of an Altruism gene
2006/10 【日本語記事】 Science日本版 脳における分かち合いと利己主義
Sharing and Selfishness in the Brain
人間は高頻度磁気刺激で自分本位になる■
2006/10 news@nature.com Brain blast squelches the desire to punish
脳爆発は、懲らしめる欲望を抑圧する
前頭皮質は、対立の審判をする ― 利己と公平の間で。
2006/10 New Scientist Sense of justice discovered in the brain
2006/08 Nature 442, 912-915(24 August 2006) | doi:10.1038/nature04981 Parochial altruism in humans
2006/09 Altruism between two tribes in Papua New Guinea | Anthropology.net
パプアニューギニアの2種族間における利他行動の考察
「共通の敵」を想定すると仲間に対してだんぜん親切になる男ども
 女じゃそんなことはないんですよ@心理的経済ゲーム
2006/09 BBC News Why men at war will pull together
アメーバは、彼ら自身を彼らの親族のために犠牲にする
2006/08 EurekAlert Tight-knit family: Even microbes favor their own kin
Single-celled microbes close ranks with relatives in times of need
社会性粘菌の一種でみられる血縁選好
2006/08 Nature Social evolution: Kin preference in a social microbe
10.1038/442881a
2006/08 The Loom; Us and Them Among the Slime Molds
進化 : 親戚を大切に ムラサキタマホコリカビ
2006/08 【日本語記事】 Nature@日本
ヒトにみられる偏狭な利他行動
2006/08 Nature Parochial altruism in humans
10.1038/nature04981
人々がボランティアをやる理由
 ・仲間へのお返し
 ・地域外への慈善、福と差異の形成
 ・緊急時の自助努力
 ・就職準備活動とキャリアアップ
2006/08 EurekAlert Doing one's duty: Why people volunteer in a deprived community
2006/07 University of Michigan Selfish genes make humans selfless, new theory suggests
利己的な遺伝子が、利他的なヒトを作るわけで
 メンバー間相互依存を高めた祖先の狩猟採集集団生活においては、高コストの利他行動が、サバイバル、成長、繁殖に有利になる
2006/07 EurekAlert People more likely to help others they think are 'like them'
 Feelings of empathy lead to actions of helping but only between members of the same group
マウスにおける痛みの社会的調節は共感が存在する証である
Social Modulation of Pain as Evidence for Empathy in Mice
2006/06 【日本語記事】 Science日本版
2006/07 New Scientist Even mice show empathy for each other
罰することの代償  The Costs of Punishment Worldwide
2006/06 【日本語記事】 Science日本版
2006/06 EurekAlert How cooperation can evolve in a cheater's world
動物行動:魚における信頼
2006/06 Nature Animal behaviour: Trust in fish
生態:掃除魚の相利共生でみられるイメージ評価と協力行動
2006/06 Nature Image scoring and cooperation in a cleaner fish mutualism
2006/06 news@nature.com Fussy fish prefer trustworthy cleaners ハ
Sea bream choose cleaners they've already spied hard at work.
生態 : 誠実なイメージ
2006/06 【日本語記事】 Nature@日本
酵母に見る利他行動の進化
2006/05 EurekAlert Survival of the selfless - scientists find cheats don't always prosper
進化:酵母の実験個体群でみられる資源競争と社会的対立
2006/05 Nature Resource competition and social conflict in experimental populations of yeast
進化 : 協力と裏切りのせめぎ合い
2006/05 【日本語記事】 Nature@日本
進化:グラフおよび社会的ネットワーク上での協力行動の進化に関する単純規則
2006/05 Nature A simple rule for the evolution of cooperation on graphs and social networks
Hisashi Ohtsuki, Christoph Hauert, Erez Lieberman and Martin A. Nowak
性格の改善:社会性細菌は単一の変異により裏切り者から卓越した協力者へ変貌する
2006/05 【日本語記事】 Nature@日本
2006/05 Nature Evolution of an obligate social cheater to a superior cooperator
2006/05 Nature Sociobiology: The Phoenix effect
A spore-forming bacterium can escape from social collapse and extinction with a single mutation that has a dramatic effect. Here is evidence that a cooperative system can recover from the very brink of destruction.
2006/01 利己的遺伝子30周年記念講演会/ドーキンス

  増補新装版 『利己的な遺伝子』 リチャード・ドーキンス (著) 紀伊國屋書店 (2006/05/01)
  参照→ 『利己的遺伝子30周年記念講演会/ドーキンス』
2006/05 EurekAlert Nice guys do finish first in lizards' evolutionary race, says MSU professor
トカゲに見る利他行動と緑髭効果の進化
2006/05 EurekAlert The greenbeards have blue throats in a breakthrough study of the evolution of altruistic behavior
進化 : 協力行動はどうやって社会に出現・定着したか
2006/04 【日本語記事】 Nature@日本
M.BurtsevとP.Turchinによるゲームシミュレーション
「カラス」ヨソモノとは戦い、同類とは仲良く
「ムクドリ」群で他者排除、資源を共有
2006/04 CNRS Why are animals altruistic ?
進化 : カラフルな「ひげ」が助け合いの社会を生む
2006/03 【日本語記事】 Nature@日本
2006/03 Nature 440, 663-666 | doi:10.1038/nature04387 Altruism through beard chromodynamics
進化:ひげの色力学によって生じる利他行動
2006/03 Nature Altruism through beard chromodynamics
Resolving the enigma of the evolution of altruism is helped along by models showing that the coexistence of many tags makes the evolution of cooperation using a recognition mechanism more likely.
繁殖上の自己犠牲 Transactional Skew theory 交流のゆがみ仮説
2006/03 EurekAlert Study explores why some individuals sacrifice to help others reproduce
人間愛に萌える人、ロマンチックな恋愛にも燃えやすい  利他行動と恋
2006/02 EurekAlert Survey links altruism and romantic love
 Empathy, altruistic behavior seen increasing
チンパンジーは仲間のために餌をひっぱってあげるか  親切タイプと意地悪タイプがおりまして
2006/01 ScienceDaily Humans Have A Strong Desire To Help Each Other, But Is Spite Also Part Of The Human Condition?
利他行動の進化心理学
2005/12 EurekAlert Why we give: New study finds evidence of generosity among our early human ancestors
進化:間接的互恵性の進化
2005/10 Nature Evolution of indirect reciprocity
チンパンジーでの利他行動実験 やっぱ社会性浅いし
2005/10 New Scientist Friendship runs shallow in captive chimps
 Chimps failed to lend a helping hand to unrelated animals in their own social group, though they would have suffered no inconvenience by doing so
2005/10 John Hawks Anthropology Weblog  Chimpanzee lets eight cousins drown
2005/10 BBC News Chimps fall down on friendship
生態:チンパンジーは集団内の非血縁個体の福利に無関心である
2005/10 Nature Chimpanzees are indifferent to the welfare of unrelated group members
生態 : チンパンジーに友への思いやりはない?
2005/10 【日本語記事】 Nature@日本
2005/05 FuturePundit: Altruistic Punishment Seen As Explanation For Mass Political Behaviors
2005/04 Dienekes' Anthropology Blog: The evolution of altruistic punishment
「誰か」が見ていると利他的にふるまう人間性質  その「誰か」はロボットでもかまわないらしい
2005/03 New Scientist Pay up, you are being watched
進化 : 家族への送金額を血縁度から予測?
2005/03 【日本語記事】 Nature@日本
進化:南アフリカ移住労働者から家族への送金額を遺伝的血縁度から予測する
2005/03 Nature Genetic relatedness predicts South African migrant workers' remittances to their families
2005/03 New Scientist Charity begins at Homo sapiens
科学者が結集してヒトの利他行動を探求
2005/02 SETI Institute Scientists Gather To Examine Altruism in a World of Need
協力的なタイプのヒトとは:進化理論とシミュレーション
2005/02 PNAS vol.102 no.5 1803-1807  10.1073/pnas.0408759102  Experiments investigating cooperative types in humans: A complement to evolutionary theory and simulations
差別待遇、相手が友人なら許せる? チンパンジー研究
2005/01 【日本語記事】 cnn.co.jp
2005/01 BBC News Chimps have 'sense of fair play'
 People readily pay to see powerful or sexually attractive individuals, and monkeys will also "pay" to view these kinds of images.
2005/01 Ananova Chimps have sense of fair play
2005/01 news@nature.com All's fair between friendly chimps
 Apes tolerate injustice if they are close to the beneficiary.
2005/01 American Renaissance News: Israeli Researchers Find ‘Altruism Gene’
双生児比較 ラシュトン
2005/01 The University of Western Ontario Humans wired to be good  Philippe Rushton


 以上、 →2005年~2007年の記事でした


→ 「利他行動の研究」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー