犯罪、暴力、麻薬:
2011年1〜6月

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


特にこの2年で顕著
アメリカの犯罪率はどうして下がったの?
2011/06 BBC News US crime figures: Why the drop?
諸説10件紹介いたします
2011/06 Youth cybercrime linked to friends' influence
友人の影響にリンクされた若者サイバー犯罪
 仲間の影響と低い自己抑制はコンピュータへの不正侵入やオンラインいじめなどの少年のサイバー犯罪をあおる重要な要因である
2011/06 EurekAlert Drug use tied to fatal car crashes
致命的な自動車事故に結ばれた薬物使用
 クラッシュで死んだ米国のドライバーでは約25パーセントがドラッグのために検査で陽性と出たのがわかりました。
 最も一般的なドラッグは、コカインとアンフェタミンを含むマリファナと興奮剤でした。
2011/06 EurekAlert Study suggests link between childhood bullying and adult intimate partner violence perpetration
子供の頃にいじめをやったことがある男は、成人後に彼女さんに暴力を振るうようになるかも
2011/06 EurekAlert Brain scans appear to show changes associated with violent behavior
脳スキャン:暴行歴のある男性、特定の脳部位における灰白質の量が異常に多いかもしれない
 薬物乱用歴のある男は、逆にそこの灰白質量は少ないかもしれない
2011/06 EurekAlert Molecular imaging shows chronic marijuana smoking affects brain chemistry
分子イメージングで見える
 マリファナ喫煙常用は脳内の化学成分に影響する
犯罪は罪か、それとも脳のトラブルか
2011/06 Will neuroscience challenge the legal concept of criminal responsibility?
神経科学は刑事責任能力に関する法的概念に挑戦するでしょうか?
 神経科学の進歩が、精神的に病気のクライアントの代理をする被告弁護士でいくつかの負担を軽減するのをどう助けるかもしれないかについて神経倫理の専門家は議論します。
2011/05 EurekAlert Higher return to prison for women without drug abuse programs
釈放後にドラッグ治療計画に参加しなかった女性の囚人は、1年以内に刑務所に舞い戻る率が10倍
2011/05 EurekAlert Steady relationships reduce amphetamine's rewarding effects
良い人間関係に恵まれている人は、麻薬やってもあんまし中毒にならない
 成人期に形成された安定的な社会的靭帯が、麻薬に溺れにくい脳変化に通じる
2011/05 Buying 'legal highs' from the Internet is a risky business
ネット通販の合法麻薬はたいがいマトモな成分じゃない
 表示の成分を含んでいないだけでなく、有害な成分を含有してたりする
2011/05 EurekAlert Increase in Internet access parallels growth in prescription drug abuse
インターネット・アクセスの増加とともに、医療用麻薬の濫用も増加
2011/05 EurekAlert Ecstasy associated with chronic change in brain function
脳機能の慢性変化に関連しているエクスタシー







2011/04 EurekAlert Hard to arouse, hard to calm down
しゃっきりしづらい上に、落ち着きにくい
メタンフェタミンにさらされた新生児の行動問題
2011/04 EurekAlert Study: To students, music piracy and shoplifting are worlds apart
学生にしてみれば、音楽著作権侵害と万引きは別次元の話
2011/04 EurekAlert Research discovers how marijuana affects the way the brain processes emotional information
マリファナがどのように脳の感情的な情報処理に影響するか
 直接、へん桃核もカンナビノイド受容体を動かして、強く、感情的な情報と記憶過程の意味に影響を及ぼすことができます。
 前部前頭葉皮質の連結領域でニューロンの活動パターンを劇的に増加させました
2011/03 【日本語記事】BioToday 大麻は多発性硬化症患者の認知機能を障害しうる
2011/03 【日本語記事】BioToday 医療用マリファナの米国売り上げは今後5年で89億ドルに達する
2011/03 【日本語記事】BioToday メタドン長期使用は注意機能を妨げうる
薬物依存の治療に使用されるメタドンの長期服用は脳細胞の変化を介して持続的な認知機能障害を及ぼしうる
2011/03 【日本語記事】BioToday エクスタシーと関連する救急科受診が増えている/米政府機関の報告
不正薬物エクスタシー(MDMA)使用と関連する救急科受診は2004年から2008年に74.8%も上昇
2011/03 【日本語記事】ワイアードビジョン 「体外離脱感覚」を誘発する薬物:ケタミン
 ドラッグとしても使用される麻酔薬「ケタミン」は、体外離脱感覚をかなりの高率で引き起こす
若い時に大麻をやると、精神病の発症リスクがアップする
2011/03 BBC News Cannabis use 'raises psychosis risk' - study
2011/03 【日本語記事】BioToday 大麻使用は精神症状発現リスクを高める
2011/03 【日本語記事】AFP 大麻吸引は精神疾患リスクを増大、欧州研究
2011/03 EurekAlert Cannabis use precedes the onset of psychotic symptoms in young people
大麻使用は若年層の精神病の症状の開始に先行します。
2011/03 EurekAlert Brain scans reveal differences in brain structure in teenagers with severe antisocial behavior
重度の反社会的行動をなさるティーンエイジャーに見た脳構造の違い
 へん桃核と島(他の人々が困っているときの感情知覚、感情移入、認識に貢献する脳の部分)が、きわだって小さい
 脳の構造のこれらの変化が原因かそれとも結果であるかを調査するのに更なる研究が必要です。
いくら鎮痛効果があるったって、多発性硬化症患者さんでは、そのベネフィットは思考能力を害するマイナスを越えるものじゃなかったりする
2011/03 EurekAlert Marijuana use may hurt intellectual skills in MS patients
マリファナ使用はMS患者で知的な技能に害を与えるかもしれません。
2011/03 EurekAlert Genetic makeup and duration of abuse reduce the brain's neurons in drug addiction
遺伝子構造と麻薬乱用の持続時間は中毒で脳のニューロンを減少させます。
麻薬を常用する男、6割がパートナーを虐待する
2011/03 6 out of 10 male drug-addicts abuse their partners, a study says

2011/02 EurekAlert Strong link found between victimization, substance abuse
被害者経験と、物質乱用との強い相関
 相関関係は同性愛者、レスビアン、および両性愛者の中で特に一般的です
2011/02 EurekAlert Queen's University researcher connects cannabis use and sexual dysfunction
大麻で性機能不全に
2011/03 【日本語記事】BioToday 大麻活性成分THCは癌患者の食欲や味覚を改善しうる
2011/02 【日本語記事】AFP 大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究
2011/02 EurekAlert Cannabis ingredient can help cancer patients regain their appetites and sense of taste
大麻成分は、癌患者が彼らの食欲と味覚を取り戻すのを助けることができます。
2011/02 【日本語記事】BioToday 米国で処方用オピオイド不正使用による死亡数が増え続けている
2011/02 【日本語記事】Nature 脳:攻撃行動と交尾行動はリンクしている?
 視床下部腹内側野の一部の領域内のニューロンを光遺伝学的に刺激すると、不適切な攻撃行動が起こることがあるが、電気刺激では同様なことが起こらない
 攻撃と交尾にかかわるニューロン集団が重なって分布している
 2つの行動は競合している可能性がある
2011/02 EurekAlert New study finds no cognitive impairment among ecstasy users
エクスタシーユーザに認知機能障害はみられない
 多くの先行研究とは対照的に、認識機能障害の兆候を全く示さず、知能も減少させませんでした。
2011/02 ABC@オーストラリア Cannabis hastens onset of psychosis
大麻は精神病の発症を早める
大麻は精神病発症年齢を若年化させる
2011/02 Cannabis Use and Earlier Onset of Psychosis
2011/02 【日本語記事】BioToday 大麻使用とより若年での精神病発症の関連が示された
2011/02 EurekAlert Psychotic illness appears to begin at younger age among those who use cannabis
大麻をやっている人は、若くして精神病に陥りがち
2011/02 EurekAlert Cannabis linked to earlier onset of psychosis
2011/02 EurekAlert Drug-abusers have difficulty to recognize negative emotions as wrath, fear and sadness
薬物乱用者は、復讐や恐怖、悲しみのような否定的情動の認識が下手
2011/01 EurekAlert Training the brain to think ahead in addiction
薬物依存症の先を予想するよう脳を訓練します。
 麻薬の乱用の否定的な結果はテレビで定期的に現れます。
 社会的に不適当で自己破壊的な方法で振る舞う有名人の話から
 「介入」や他の実録番組における禁断症状の厳しさの脚色まで
2011/01 EurekAlert Memory training explored as strategy for addiction treatment
依存症治療の戦略として調査された記憶訓練
 将来の報酬の価値を増加させるための戦略を提示するよ
2011/01 EurekAlert Violence against mothers linked to 1.8 million female infant and child deaths in India
インドの女児・児童死亡180万件に相関する母親に対する暴力
 過去20年間のインドの180万人の児童死は彼らの母親に対する家庭内暴力に関連します
2011/01 EurekAlert Team creates novel vaccine that produces strong immunity against cocaine high
コカインの酩酊に対して強い免疫を発生させるワクチン
2011/01 EurekAlert Vaccine blocks cocaine high in mice


 以上、 →2011年1〜6月の記事でした


→ 「犯罪、暴力、麻薬」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー