犯罪、暴力、麻薬:
2010年

ほか「犯罪、暴力、麻薬」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2010/12 EurekAlert NIH-led study identifies genetic variant that can lead to severe impulsivity
激しい衝動性に通じることができる遺伝子変異を特定
 アルコールの影響を受けると、脳の受容体分子の遺伝子変異によって乱暴かつ衝動的な行動をもたらす
2010/12 EurekAlert Genetic trait could triple odds of whites' susceptibility to heavy cocaine abuse
遺伝形質は白人の重いコカイン中毒なる率を3倍にするかもしれません。
2010/12 【日本語記事】BioToday 麻薬MDMAは共感能や社交性を改善しうる
2010/12 EurekAlert MDMA: Empathogen or love potion?
MDMA「エクスタシー」 感情移入と社会的な接続の気持ちを増加させます。
2010/12 Violent games not to blame for youth aggression
若者の攻撃性は暴力的なゲームのせいではなく
 彼らがどれくらい落ち込んでいるか、のほうが、攻撃性の予測指標として適切
2010/12 EurekAlert Alcohol consumption may increase amphetamine abuse
飲酒はアンフェタミン乱用を増加させるかもしれません。
 適度のアルコール消費(1週間あたり7杯以上)でアンフェタミン乱用リスクが増加

兄弟を殴る男は女も殴るぞ
2010/12 EurekAlert Teens who perpetrate dating violence also likely to perpetrate violence involving siblings or peers
デート暴力を犯す十代は、兄弟や仲間にも暴力を振るう傾向がある
2010/11 EurekAlert Study: Avoidance, poor coping challenge prisoners returning to society
シャバに出る囚人が採用しがちな、社会的障壁への対処策は逃避や回避
 麻薬なり、酒なり、ひきこもりなり
 健全な対処策を知っている場合でさえ、なかなかそちらには向かわない
2010/11 EurekAlert Teenage girls face greater violence threat from poverty
十代の少女は貧困から、より大きい暴力の脅威に直面しています。
2010/11 EurekAlert New study reveals how cannabis suppresses immune functions
大麻がどう免疫機能を抑圧するか
 マリファナの吸引がボディーの免疫機能の抑圧の引き金となる
2010/11 【日本語記事】AFP 妊娠中のたばこの吸い過ぎ、子どもが犯罪者になる確率高まる
2010/11 EurekAlert Heavy smoking during pregnancy linked to kids becoming repeat offenders as adults
妊娠中の多量の喫煙によって、子はのちのち成人後に再犯者になる率が高まる
2010/11 BBC News Brain injury 'more likely' in young offenders, study says
若い犯罪者は比較的脳障害を抱えている率が高め
2010/11 【日本語ブログ】少年凶悪犯も携帯インターネット急増後に減少した

2010/11 【日本語記事】BioToday モルヒネはテストステロン低下をもたらす作用をゲノムに及ぼしうる
2010/11 EurekAlert 23 percent of young people get into fights when they go out at night
夜歩きするとき、若年層の23パーセントは、喧嘩を始めます。
 若いスペイン人の中の夜間暴力はかつてより一般的になっています
2010/10 【日本語ブログ】NHK解説委員室ブログ 時論公論 「犯罪被害者支援の充実を」
2010/10 EurekAlert Year-long opiate substitution for drug misusers has 85 percent chance of cutting deaths
ドラッグ乱用者への1年の鎮静剤の代替で、死亡リスクが8割以上削減できる
ニューロンの種類に特異的なBDNFシグナル伝達経路の阻害は光遺伝学的手法によるコカイン報酬効果の調節を再現する
 BDNF:brain-derived neurotrophic factor (脳由来神経栄養因子)
 optogenetics:光遺伝学(チャネルロドプシンなど光に反応するタンパクをある特定のニューロンに発現させ、特定の波長の光を照射することによってそのニューロンの活動を迅速に促進または抑制する手法)
 コカイン報酬効果の鍵となるメディエータ側坐核
 側坐核の投射ニューロンのうちドーパミンD1受容体発現ニューロンとD2受容体発現ニューロンの役割の違いが今回明らかになった。
2010/10 Science Cell Type-Specific Loss of BDNF Signaling Mimics Optogenetic Control of Cocaine Reward
2010/10 EurekAlert Mount Sinai researchers discover why cocaine is so addictive
2010/10 news@nature.com Key ingredient staves off marijuana memory loss
主成分はマリファナ記憶喪失を避けます。
Cannabis composition determines effects on the brain.
大麻構成は脳への効果を決定します。
2010/10 EurekAlert Alienated youths are more likely to lash out
阻害された若者による、大量殺人などのキレ犯罪
 同輩によって拒絶されると、彼らは、しばしば激しく襲いかかります。
16億円
2010/10 EurekAlert Iowa State team calculates societal costs of five major crimes; finds murder at $17.25 million
アイオワ州チームは5つの重大犯罪の社会のコストについて計算します。
殺人のコストは1725万ドル
2010/09 EurekAlert Father's incarceration associated with elevated risks of marijuana and other illegal drug use
父さんが投獄経験持ちである場合、お子さんは麻薬や違法薬物に手を出す率が高め
2010/09 EurekAlert Homeless youths most often victims of crime: study led by York U researcher
住所不定の若者は、最も犯罪の被害者になりやすい
 トロントで調査された若年ホームレスのうち、76%以上は、昨年の凶悪犯罪の犠牲者であった
 しかも、およそ四分の三が複数の事件を報告しました。
 16か17歳のときに住所不定になった人と女性は、最もリスクが高かった
2010/09 EurekAlert Increasing taxes on alcoholic beverages reduces disease, injury, crime and death rates
酒税を引き上げると、病気も負傷も犯罪も死亡率も低下するよ
2010/09 EurekAlert Could brain abnormalities cause antisocial behavior and drug abuse in boys?
少年の反社会的行動や麻薬の乱用を引き起こす脳異常
 無謀に麻薬を乱用して、法を犯して、行動する非社交的な少年は、「悪い」子供であるだけではありません。
 これらの少年の多くには、新しい研究によると、誤動作脳があるかもしれません。
2010/09 Mixed-use neighborhoods reduce some violent crimes, study says
複合開発地区はいくつかの凶悪犯罪を減少させる
 住宅と職場が混在するエリアは、特定の犯罪種の発生率が低め
2010/09 EurekAlert Why the craving for cocaine won't go away
コカイン欲求が消えない理由
 摂食やセックス(生存と繁殖に必要な行動)を楽しいものにする脳の報酬システムを「ハイジャック」
2010/09 BBC News License cannabis sales, expert says
政策立案者は、遊びでの使用のための大麻の認可販売を許すべき、とイギリスのドラッグの指導的研究者のひとりは言います。
2010/09 EurekAlert Brain mechanism linked to relapse after cocaine withdrawal
コカインを絶ったあとでも再発する麻薬中毒に関わる脳のメカニズム
2010/09 【日本語記事】BioToday リタリンはコカイン依存患者の認知課題時帯状皮質反応を高める
2010/09 EurekAlert Ritalin improves brain function, task performance in cocaine abusers
リタリンはコカイン乱用者で頭脳の機能、作業成果を改良します。

2010/09 EurekAlert Decision-making deficits related to driving under the influence are often undetected
飲酒および麻薬の影響下の運転に関連する意志決定能力の低下はしばしば気付かれていないです。
2010/09 EurekAlert Hallucinogen appears safe, may improve mood among patients with advanced-stage cancer and anxiety
幻覚剤サイロシビンが、癌患者の不安や気分障害を安全に改良する可能性
2010/09 EurekAlert LA BioMed research finds hallucinogen can safely ease anxiety in advanced-stage cancer patients
幻覚剤が進行癌患者で安全に不安を静めることができる
2010/09 Bipolar disorder does not increase risk of violent crime
双極性障害は凶悪犯罪の危険を増加させません。
 代わりに、凶悪犯罪統計における双極性障害に伴う個人の過剰代理は同時発生の物質乱用にほぼ完全に起因しています。
2010/09 BBC News Bipolar disorder 'not to blame for violent behaviour'
 重度の精神障害を伴う人々は健常者以上に乱暴ではない--ドラッグや酒をやっていない限り
2010/09 EurekAlert Medicinal cannabis review highlights dilemmas facing health care professionals
薬の大麻レビューはヘルス・ケアの専門家に直面しているジレンマを強調します。
 薬用大麻を使用する患者
 徹底的なレビューに従って治療する担当専門家との、法的・倫理的な医学のジレンマを引き起こします。
また、研究は大麻派生物薬物療法を主流の医学的用途と統合することに関して特別な注意を見つけました。
2010/09 EurekAlert Risk of marijuana's 'gateway effect' overblown, new UNH research shows
マリファナの'ゲートウェイ効果'はそんなにでかくない
 ティーンエイジャーの大麻使用が青年期の強い違法薬物に手を出す率を高めるか
2010/08 BBC News Satellites used to track mentally-ill violent criminals
衛星で精神病の粗暴犯を追跡
2010/08 Drug addicts get hooked via prescriptions, keep using 'to feel like a better person,' research shows
入院した麻薬常用者に訊きました。
 半数は、最初に麻薬の味を覚えたのは、合法的に処方された鎮痛剤
2010/08 EurekAlert Heavy drug-use among bad boys curbed by parental monitoring and peers
非行少年における違法薬物の濫用は、親や同輩によるモニターで抑えうる
2010/08 EurekAlert In NIH-funded study, researchers uncover step in brain events leading up to addiction
 まれな遺伝子の脳障害に関わるタンパク質もコカイン中毒における重要な役割を果たすかもしれません
 コカインがネズミの脳で遺伝子発現に影響を及ぼし、核に往復して戻る調整タンパク質MeCP2を増加させた
2010/08 EurekAlert Scripps Research scientists uncover possible cocaine addiction trigger
コカイン中毒引き金 methyl CpG binding protein 2 (MeCP2)
 精神遅滞に関わるタンパク質は、脳のドラッグ効果の統制要因であるかもしれません。
2010/08 'Fused' people eager to die and kill for their group, research shows
仲間のために自己犠牲も殺人行為も切望する人々
 国や集団との非常に強い結びつきをもっている人々は、応じるだけでなく自主的に、同胞を救うために自分を犠牲にしたがる
2010/08 People with 'fused' identities are willing to die for their social group
'溶断された'アイデンティティをもっている人々は、それらの社会集団のために死んでも構わないと思っています。
2010/08 EurekAlert Chemical system in brain behaves differently in cocaine addicts, UT Southwestern scientists find
コカイン常用者では、脳の化学系の反応がひと味違う
2010/08 EurekAlert Study finds similar personality types in male and female domestic violence perpetrators
男性・女性の家庭内暴力加害者は、割と似たような人格タイプ
加害者を3つのグループに分類できる
研究はまた、以下の3つの特殊型が女性の加害者の中に存在しているという予備的証拠を提供します:
* 非社交的な加害者は、家庭外でもしばしば暴力をふるい、人格障害っぽい
* Dysphoric加害者には、高いレベルの不安、うつ、などの心の病があるかもしれません。
* 低いPathology加害者は、人格的には病性はないが親しい者にばかり暴力を振るう
2010/08 EurekAlert Memory-boosting drug may help cocaine addicts avoid relapse
行動療法と併用する記憶力向上薬 D-シクロセリン は、コカイン中毒の再発防止に使えるかも
2010/08 【日本語記事】BioToday 自己陶酔異性愛男性の敵意はもっぱら異性愛女性に向かう
2010/07 A man with attitude
 自己愛的異性愛男性は、異性愛女性に敵意を抱く
 異性愛男性、同性愛男性、およびレスビアン女性には、柔らかい態度だったりするのに
2010/07 【日本語ブログ】NHK解説委員室ブログ
 スタジオパーク 「犯罪のグローバル化」と対策
2010/07 【日本語記事】Nature 神経:抗嗜癖マイクロRNA
 ラット実験
 強迫的なコカイン探索行動の発症の支配に、線条体のマイクロRNAが重要な役割を担っている
非行少年は成人しても犯罪を続けるというのはガセ
2010/07 EurekAlert Once a delinquent, always a delinquent?
かつての法律違反者、いつも法律違反者?
早くから人生で法との闘争に入る子供は、その後、必ず長期の犯罪者になるというわけではありません。
2010/07 EurekAlert Healthy families, religious involvement buffer youth against risk factors related to drug abuse
健康な家族と信心深いかかわり合いで、若者の麻薬の乱用を減らせます
 ネイティブ・アメリカンの若者は、他の民族より違法薬物使用率が高め
 積極的な家族関係と所属する宗教は、薬物使用の危険因子(依存症の親族、暴力への露出、不良の同輩を含む)を打ち消すことができる
2010/07 EurekAlert Criminalization of drugs and drug users fuels HIV; laws should be reviewed, say experts
ドラッグや麻薬使用の非合法化はHIVをあおります。 法が見直されるべき
2010/07 EurekAlert Legalizing marijuana in California would lower the price of the drug and increase use, study finds
カリフォルニアにおけるマリファナ合法化はドラッグの価格を下げて、麻薬使用を増加させる
2010/07 EurekAlert Scripps Research scientists uncover previously unknown natural mechanism that controls cocaine use
 コカイン使用をコントロールする未知の自然なメカニズムを発見
 MicroRNA-212は、動物がどのくらいコカインを消費したかを制御
イギリスとウェールズでの動向
2010/07 EurekAlert Homicide and suicide rates among mentally ill on the decline
 メンタルヘルス患者による自殺数、他殺数、ともに減少傾向
宗教テロの背後には「不安」
2010/07 EurekAlert York U researchers find anxiety may be at root of religious extremism
 宗教上の過激主義の根
 社会的不安と将来の展望の不確実性によって。ヒトの信仰は、より理想主義的かつ急進的に先鋭化する







2010/06 【日本語記事】Science どんなラットが薬物依存症になるか
Which Rat Will Become an Addict?
 コカインが側坐核の神経細胞の結合強度に影響を及ぼす仕組み
薬物依存への移行にはシナプス可塑性の持続的な障害が関与している
2010/06 Science Transition to Addiction Is Associated with a Persistent Impairment in Synaptic Plasticity
収監したテロリストの牙を抜くプログラム
2010/07 Terrorist de-radicalization shows promise, comprehensive study finds
 サウジアラビア、シンガポール、インドネシアなどでも効果を確認
2010/06 BBC News Synthetic drugs popular as use of opiates wanes - UN
麻薬のトレンドは、コカインやあへんから、アンフェタミンなどの合成ドラッグに移りつつある
麻薬中毒を抱える帰還兵の死は、過剰摂取より暴力の関わりの方が多い
2010/06 EurekAlert Violence, not overdose, the likely method of suicide in veterans with substance use disorders
薬物中毒の遺伝と環境
2010/06 EurekAlert New research shows peer drug use may increase an individual's genetic tendency to use drugs
仲間がヤッていると、麻薬に手を出す個人の遺伝的傾向に拍車がかかるかもしれない
 若い女性は、ヤクをやるような友人に惹かれがち
 若い女性は、友人がヤクをやっていると手を出しがち
2010/05 EurekAlert New research at the University of Leicester links shoplifting to your personality
万引き癖があるイギリス人に多い性格パターン
 男性
 愛想が悪く非社交的
 自律も信用もしがたい
若く外交的な人間で、些細な万引き行動が多め
 活発な万引犯は不活発な万引犯や一度も万引きしたことがない人よりかなり若かった
2010/05 EurekAlert The usual suspects: Identifying serial offenders and their crimes
常習犯: 連続犯罪の犯人と彼らの犯行を特定します。
 犯罪を犯すとき、犯罪者にはそれぞれに特有の「ローカルのたびたび行く所」がある
2010/05 EurekAlert Majority of young victims of unintentional shootings shot by another youth
意図的でない射撃の若い犠牲者の大部分は、別の若者によって撃たれた
2010/05 朝日新聞 高齢者の犯罪、10年で3倍 白書「孤立が再犯の要因」
2010/05 US terror concentrated in New York City; bombs weapon of choice
過去40年に合衆国で発生したテロ攻撃はニューヨークに集中し、たいがいは爆弾テロである
2010/04 EurekAlert Civic engagement imperative for reduction of violence and improved public health
積極的な参加者がいる共同体は犯罪率も死亡率も低い
2010/04 産経新聞 街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上
 今年1~2月の発生件数が東京都を下回り
2010/04 EurekAlert Researchers develop technique to visualize 'your brain on drugs'
 米国エネルギー省:正常人と麻薬中毒者の両方で脳活動の報酬回路を映像化するイメージプロトコルを開発
● あなたは脳を裁けるか
【ヒアリング音声】科学なポッドキャスト
【英語】The Brain on Trial 【MP3ファイル】
2010-04-24 ABC@オーストラリア All in the Mind
 裁判にかけられているのは一人の人間の脳。
 あなたは裁判員。
 リアルの裁判官、神経科学者、そして弁護士をフィーチャーした仮想殺人事件で、証拠として取り上げられるのは脳スキャン画像だ。
 そんな展開が近い将来、実際の裁判において繰り広げられるだろう。
 そのような法廷において、法学は脳科学をどう扱っていけばよいのか。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット The Brain on Trial
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
『The Scientific American Brave New Brain: How Neuroscience, Brain-Machine Interfaces, Neuroimaging, Psychopharmacology, Epigenetics, the Internet, and Our Own Minds are Stimulating and Enhancing the Future of Mental Power』
 サイエンティフィックアメリカン編:新時代の脳科学
 神経科学、BMI、脳スキャン、向精神薬、エピジェネ、インターネット、心の拡張と未来
 Judith Horstman (著), Scientific American (著)
 Jossey-Bass (2010/4/5).

2010/04 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 米フロリダ州、「犯罪予測システム」導入へ
米フロリダ州は将来非行に走る青少年を「予測」するコンピューターシステムを導入
2010/03 【日本語記事】UK Today (JAPAN JOURNALS) 
 日常的に校内暴力の危険にさらされているのは、教師の10人に9人! イギリス
2010/03 National Geographic Global Warming Making People More Aggressive?
Forget anger over leaked emails: Murders and assaults could jump by a hundred thousand cases a year in a warmer world, a new study says.
2010/03 【日本語記事】National Geographic 地球温暖化で人間が攻撃的になる?
 アメリカでは平均気温が摂氏4.4度上がると殺人と暴行の件数が年間約10万件増えると推定
 ハリケーンの被害を受けた人々が移り住んだが、その直後に殺人事件が急増
 気温が上昇すると脳の温度が上がり、認知機能障害や情緒的ストレスが起き、攻撃的になって、暴力犯罪の増加に繋がる
2010/03 EurekAlert Brain abnormalities identified that result from prenatal meth exposure
 母親がメタンフェタミン(メタンフェタミン)を誤用した子供は、妊娠中の胎児期にアルコールにさらされた子より重度の脳異常に陥りうる
2010/03 EurekAlert Researchers ID brain abnormalities in children exposed to methamphetamine in utero
子宮内でメタンフェタミンにさらされた子供の脳異常
2010/03 読売新聞 大麻・覚せい剤など、276万人が経験か
2010/03 産経新聞 「心神喪失」専門家でも分かれる判断 明確な基準必要
2010/03 EurekAlert Violent crime 'race gap' narrows, but persists in US
アメリカにおける凶悪犯罪の'人種差'は、狭まりはしたが依然として存在している
 ギャップは1970年代に半分以上縮まったが、80年代に再拡大しました。
2010/03 EurekAlert Cocaine-related deaths rise in warm weather
コカイン関連の死は、温暖な天気のときに上昇します。
 毎週の平均気温が摂氏24度(華氏75度の)を越えると、コカインがらみの過失による過量投薬死が増加する
2010/03 EurekAlert UM School of Medicine finds prenatal cocaine exposure not severely damaging to growth, learning
母体がコカインをやると、胎児の成長と学習能力に多大なダメージが
2010/03 EurekAlert Long-time cannabis use associated with psychosis
精神病に関連している長年の大麻使用
 マリファナを常用している人は妄想や幻覚が多め
2010/03 時事通信 万引き認知件数18%増=被害全件届け出促進で警視庁

2010/03 EurekAlert The geography of violence
暴力の地理学
 若者の日常活動と暴力による負傷リスク
2010/02 EurekAlert More alcohol sales sites mean more neighborhood violence, new Indiana University research finds
酒の自販機が多い地域は暴力が多い
2010/02 EurekAlert Do recreational drugs make us fail to remember?
気晴らしのための麻薬で、記憶力を失う人々
 定期的にエクスタシーや他の気晴らしのための麻薬を使用する者は、うっかり忘れが多い
2010/02 EurekAlert UC studies show marijuana has therapeutic value, reports to legislature
いくつかの特定の、そして、痛み関連の医療状態に関して「大麻が有望な治療であるという合理的な証拠」を見つけました。
2010/02 ABC@オーストラリア Ecstasy damages complex memory: study
ABC: Latest News in Science
Ecstasy users have more trouble with difficult memory tasks than non-drug takers and even cannabis users, according to new Australian research.
エクスタシーは複雑な記憶を破損します
 エクスタシーユーザは、難しい記憶テストが解けなくなる
 非麻薬使用者よりも、大麻ユーザよりも、成績が落ちる
2010/02 EurekAlert Cocaine or ecstasy consumption during adolescence increases risk of addiction
思春期のコカインやエクスタシー使用は依存症のリスクを増加させます。
2010/02 【日本語記事】Nature  薬学:ベンゾジアゼピン依存性が生じる仕組み
 ドーパミンニューロンの近傍の介在ニューロン上にある、α1サブユニットを含むGABAA受容体の正の調節を介して、腹側被蓋野のドーパミンニューロンの発火を増す
2010/01 EurekAlert Might not be a tomorrow: Youth anticipate early death
夭折を予期する若者は犯罪に走りやすい
用語と偏見
2010/01 EurekAlert Words used to describe substance-use patients can alter attitudes, contribute to stigma
2010/01 EurekAlert Sudden death in cocaine abusers: Study reveals the role played by the illegal drug
コカイン中毒者に多発する突然死
 法病理学者は、南西スペインのすべてのサドンデスの3パーセント以上がコカインの使用に関連するのを示しました。
2010/01 BBC News 'No such thing as safe cocaine'
The myth that cocaine is a safe party drug should be dispelled, say UK experts, as a study links the drug to 3% of sudden deaths.

2010/01 EurekAlert New mechanism underlying cocaine addiction discovered
2010/01 【日本語記事】Science コカインが脳遺伝子に影響する仕組み
How Cocaine Affects Brain Genes
長期的にコカイン曝露を受けると、側坐核の染色体の一部に対する特定の「ヒストンリジンメチル化」という生物学的修飾が減少、特定のニューロンの可塑性を増大させて、ニューロン同士を異常に結合しやすくさせ、マウスのコカイン嗜好を一層増大させた。
コカインによって誘発される神経可塑性においてヒストンメチル化酵素G9aがきわめて重要な役割を果たしている
2010/01 Science Essential Role of the Histone Methyltransferase G9a in Cocaine-Induced Plasticity


 以上、 →2010年の記事でした


→ 「犯罪、暴力、麻薬」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー