科学と社会:
2010年7~12月

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 科研費を繰り越し可能にする制度改正を行う方針が決定される
2010/12 読売新聞 科学研究費、繰り越し可能に…一部を基金で運用
2010/12 朝日新聞 官民の科学技術研究費、2年続けて減少 民間低迷響く
2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン Science誌、「過去10年間の10大研究成果」を発表
それってコンタミ?
2010/12 EurekAlert New research shows virus previously linked to chronic fatigue syndrome is a lab contaminant
慢性疲労症候群にリンクされたウイルスXMRV、研究室汚染物質である
 前の研究に使用される細胞試料が、汚染されて、XMRVがマウスゲノムで存在しているのを示しています。
2010/12 EurekAlert Computer games and science learning
コンピュータゲームと科学学習
 コンピュータゲームとシミュレーションは科学学習を改良する方法として今後の投資と調査にふさわしい
リアルご近所のほうが引用されやすいとな
2010/12 news@nature.com Love thy lab neighbour
研究室の隣人を愛してください。
Getting closer to your collaborators boosts a paper's citations.
あなたの共同制作者により近くなるのは論文の引用を上げます。
2010/12 EurekAlert Close proximity leads to better science
近接性は、より良い科学につながります。
2010/12 EurekAlert Close proximity leads to better science
近接性は、より良い科学につながります。
2010/12 news@nature.com Rapidly developing countries are innovation champions
急速に、発展途上国は革新チャンピオンです。
Top emerging economies are forging research collaborations to help the less well-off.
最高新興経済は、それほど富裕でないのを助けるために研究共同研究を作り出しています。
2010/12 朝日新聞 スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位
2010/12 Nature Response required
研究発表に対するブログやネット上でのコメントは新しい議論の形として有益であり、よい機会ととらえて応じる必要がある。
doi:10.1038/468867a
2010/12 news@nature.com The rise of the genome bloggers
ゲノムブロガーの台頭
Hobbyists add depth to ancestry trawls.
祖先血統研究に広がりを加えるアマチュアたち
2010/12 毎日新聞 ES細胞:論文ねつ造 黄元教授、2審も有罪判決
2010/12 時事通信 世界最深2400メートルに実験室=「暗黒物質」研究に本腰−中国
2010/12 【日本語ブログ】日本からNature, Science, Cellの論文が出にくい理由 Black編
2010/12 news@nature.com Lack of support keeps African discoveries languishing in labs
研究室サポートの不足はアフリカの発見が苦しまれてい続けます。
Institutional frameworks must be improved to save stagnant technologies
淀んだ技術を救うために制度的枠組を改良しなければなりません。
2010/12 読売新聞 あかつき失敗の一方で…科技研究費、下げ幅最大
2010/12 news@nature.com Self-plagiarism case prompts calls for agencies to tighten rules
政府機関が規則をきびしくするという自己盗作ケースプロンプト要求
Technology is bringing down instances of duplication, despite variability in oversight.
見落としにおける可変性にもかかわらず、技術は、複製の例を降ろすことです。
研究助成機関は、科学論文の業界関係者による隠れた代作を防ぐ対策を講じるべきだ。
2010/12 Nature Give up the ghosts
doi:10.1038/468732a
2010/12 BBC News Thousands of plant species 'undiscovered in cupboards'
新種は自然界にはいない! 標本棚にいるんだ!
 顕花植物の新種同定はやたら何年もかかるので、これから見出されるべき新種の半数は、すでに収拾済みなんじゃないか
2010/12 産経新聞 文系より理系が高収入で出世する 慶大などの約3500人分析で判明
政策決定には科学が必要である
 長い目で見れば、科学を無視して非常に重大な決定をする国家は滅ぶ。
 科学者は科学教育と地域への働き掛けにさらに努力しなければならない。
2010/12 Science Policy-Making Needs Science
2010/12 EurekAlert Industry collaboration enhances academic science, sociologist finds
産業共同作業がアカデミズム科学を高める
 シカゴ大学の社会学者ジェームズ・エヴァンス 1万8000以上のシロイヌナズナ研究論文を調査
2010/12 EurekAlert Web of international collaboration boosts worldwide nanotechnology research
国際協力網は世界的ナノテクノロジー研究を高めます。
 現在60以上の国によって資金を供給されているナノテクノロジー研究イニシアチブ
 すべての論文のおよそ4分の1が国境を越えで研究者が共同執筆
2010/11 Nature Closing the Climategate
「クライメートゲート」事件の公式調査で不正はなかったことは認められたが、気候科学の信頼性は低く、科学者は事件を教訓にする必要がある。
doi:10.1038/468345a
2010/11 【日本語記事】BioToday 取り下げられた不正論文は常習犯の手によるものが多い
研究の評価基準
発表論文数が多いのは米国大学院のごく一部
特定機関から発表された科学論文を数(占有率)と影響力の両面から評価したトムソン・ロイター社による米国研究基盤の新解析。学術研究の集中化を指摘。
2010/11 Science Handful of U.S. Schools Claim Larger Share of Output
2010/11 朝日新聞 スパコン省エネ順位、東工大の「ツバメ」が世界2位
2010/11 news@nature.com Funding woes afflict African herbal therapy institute
財政難はアフリカの薬草療法研究所を苦しめます。
Promising therapies in limbo after donor money runs out.
寄付金枯渇
2010/11 news@nature.com Nobel prize committee under fire
非難を受けているノーベル賞委員会
Errors lead to accusations that committee did not do its homework before making the 2010 award for physics.
誤りは物理学のために2010年の賞を作る前に委員会が宿題しなかったという罪名につながります。
2010/11 news@nature.com No rest for the bio-wikis
バイオウィキ
Biologists' collaborative data repositories come of age.
生物学者の協力的なデータアーカイブは成年に達します。
2010/11 news@nature.com Study says middle sized labs do best
中規模の研究室が最も良いパフォーマンスを見せる
A comparison of funding level and output has captured attention at the US National Institutes of Health.
レベルと出力に資金を供給する比較 米国国立衛生研究所
2010/11 読売新聞 スパコン世界一は中国、日本は4位
2010/11 朝日新聞 中国製スパコン、初の世界一 1秒で計算2566兆回
2010/11 毎日新聞 スパコン:中国の「天河1号」、世界最速に
2010/11 【日本語記事】AFP 「日本飛び出さない若者」像、米調査でも 頭脳流出はアジア全体で問題化
 アジア諸国・地域の若者たちがこぞって国外へ移住したがっている中、日本とシンガポールだけは例外
2010/11 毎日新聞 論文:優れたものほど若手・外国人が支え 文科省など調査
2010/11 Nature A painful remedy
論文取り下げの件数が増加しているが、意図的な不正だけでなく、誤りや不確実さが厳しく検証されるようになったのも一因である。
doi:10.1038/468006b
2010/11 Nature Support refugee scientists
亡命科学者の支援は非常に重要だが難しい課題であり、これに取り組む支援団体自体を支援する必要がある。
doi:10.1038/468005a
2010/11 産経新聞 ノーベル賞効果? 大学受験「理系離れ」に歯止め
2010/11 EurekAlert Number of doctorates awarded continued to grow in 2009
博士号の数は、2009年に成長し続けた。
米国のアカデミックな団体は、2009年に最多数の4万9562の研究博士号を与えました
「世界の破滅」扱いは逆効果
2010/11 EurekAlert Doomsday messages about global warming can backfire, new study shows
地球温暖化についての、最後の審判の日的なメッセージは裏目に出る
 おどかし過ぎると、心理的な懐疑を引き起こし、地球温暖化の証拠を無視させるようになる
医療倫理的問題
2010/11 EurekAlert US scientists significantly more likely to publish fake research
捏造した研究結果の発表頻度、米国の科学者はけっこう多め
2010/11 Rural library outreach a new initiative in 'free-choice learning' movement
田舎の図書館は、住民の'自由選択学習'を広げ、科学リテラシーを向上させます
2010/11 EurekAlert Should our biggest climate change fear be fear itself?
私たちの最も大きい気候変動の恐怖は恐怖自体であるべきですか?
 終末論的な予測から大規模絶滅まで、気候変動は、未来を恐ろしい予測で埋め尽くす
 現在の社会は、どのような過程を経て、気候変動をカタストロフィーや恐怖ネタ扱いするようになったか
2010/11 More talk, less agreement: Risk discussion can hurt consensus-building on science/technology
より多くの話、より少ない協定:
リスク議論は科学/技術に関するコンセンサス形成に害を与えうる
アメリカ南部
2010/11 EurekAlert Vet med's big shift to more women, fewer men driven by falling barriers, more female grads
女性の獣医が増えている かつて、医学や法学で女性が増加したように
2010/10 EurekAlert Tighter ethics rules have reduced industrial relationship of NIH scientists
よりきつい倫理規定はNIHの科学者の産業関係を減少させました。
The 2005 ethics rules that govern relationships between researchers within the National Institutes of Health and industrial companies have significantly reduced the prevalence of such collaborations without affecting standard measures of research productivity, according to a study from the Mongan Institute for Health Policy at Massachusetts General Hospital.
研究の生産性に影響せずに、国立衛生研究所と生産会社の中で研究者との関係を治める2005年の倫理規定は、そのような共同研究の普及をかなり減少させました
しかしながら、NIHの科学者と管理者は、新しい規則の制限は強すぎると感じている
2010/10 朝日新聞 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か
2010/11 news@nature.com US government wants limits on gene patents
米国政府は遺伝子特許に制限をかけるべく
Unexpected challenge to controversial patents on naturally occurring DNA sequences.
自然に起こっているDNA配列に関する論議を呼んだ特許への予期していなかった挑戦。
2010/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 米司法省、遺伝子に特許を認めるべきでないと文書で表明
2010/10 読売新聞 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位
2010/11 朝日新聞 中国のスパコン「世界最速」に 演算、米の記録更新
2010/10 朝日新聞 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か
2010/10 朝日新聞 遺伝子検査ビジネスご注意 学会警鐘「根拠あいまい」
2010/10 読売新聞 体質、病気、知能…市販の遺伝子検査に警鐘
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる
2010/10 news@nature.com Mystery fraud accusations
幹細胞研究を狙う詐欺グループ?
Stem-cell researchers targeted by e-mails from unidentified group.
正体不明の組織から妙なメールを送り付けられる幹細胞研究者たち
2010/10 news@nature.com Educators take aim at climate change
気候変動教育を推進せよ
US scientists chart their success in targeting hunters as part of a global-warming education drive.
2010/10 news@nature.com Questions raised over medical journals' financial ties to industry
企業と医学雑誌の財政的癒着
Warning flag raised over profitable reprinting of industry-funded papers.
2010/10 EurekAlert Better transparency needed on medical journals' competing interests
医学雑誌の競合利益上、透明性の向上が必要である
 ジャーナルは、ポリシーを定める必要があります。
 増刷収入をもたらすかもしれない、または自己のインパクトファクターを増加させうる論文を発行する際に、必然的に発生する利益競合をいかに扱うか
2010/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 10億円級、エキサイティングな生物学デジタル教科書(動画)
2010/10 【日本語記事】Nature 都市はどのようにして科学研究を育て、科学はどのようにしたら都市を維持できるのか
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 ソウル大教授協「国立大の教授年棒制反対」声明発表
 「学問的成果による成果給制はすでに施行されており、国立大先進化案の年棒制導入は教授たちが短期課題で済ませる危険がある」
2010/10 news@nature.com Canada urged to tackle research misconduct
カナダが研究不正行為に取り組むよう促されます。
More education, advice and transparency needed to improve integrity.
より多くの教育、アドバイス、および透明性は、保全を改良する必要がありました。
2010/10 日経ビジネス ハーバードと韓国、それぞれの「国際人」教育
 英語を話すことに安住せず、異なる環境に身を置く
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101012/216594/
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 帰国した中国人科学者が納得「これじゃ、一流の成果はムリ」
 「外国に比べ、中国の科学者は、大量の時間を意味のないことに使うよう強いられている。そして、科学の発見は早いもの勝ちだ。私は、いつも、敗北者だ」
 大学は、実験室の光熱費を負担してくれない。それどころか、使用している研究者が大学に研究室の「賃料」を支払うことになる。
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ ノーベル賞には「100年早い」「永遠にムリ」の声18%=中国
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 中国人、ノーベル賞をなぜ取れぬ…答え「自分の頭脳で考えない」
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 日本人ノーベル賞受賞に「過去の侵略のおかげ」の見方=中国
 「侵略で得た財産を科学技術や経済発展に投資」と考える中国人が多い
2010/10 Nature Politics without the poison
米議会が、中間選挙を契機に気候変動などの緊急課題への取り組みを進展させるためには、中傷や非難、愚かな「何でも反対」戦略はやめるべきだ。
doi:10.1038/467751a
科学と政治:声を上げて科学を語る
2010/10 Nature Science & politics: Speaking out about science
doi:10.1038/467768a
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 「論文の盗作は知っているが評価書の盗作は初めて」
 国務総理室傘下の経済人文社会研究会に所属する23の国策研究機関の研究成果評価を担当する教授らが、ほぼ同一の評価書を出しており、合わせて7300万ウォン(約536万円)余りの手当てを受け取っていた
2010/10 news@nature.com Stem cell papers under suspicion
容疑の下の幹細胞論文
Duplicate plots may be at issue in a retracted stem cell study.
問題には写しの構想が取り下げられた幹細胞研究にあるかもしれません。
2010/10 朝日新聞 海底のレアアース探査、ロボ開発加速へ 中止から一転
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 【取材日記】なぜ韓国からノーベル科学賞の受賞者が出ないのか
2010/10 毎日新聞 IPCC:国連報告書、捏造疑惑・記述ミス 「報告書の信頼性に問題ない」意見書
2010/10 読売新聞 博士でも大丈夫!東大院が父母に8割就職とPR
2010/10 news@nature.com Austerity measures sap Spanish science
緊縮政策はスペインの科学を徐々に破壊します。
But science minister defends draft budget.
しかし、科学大臣は予算案の正当性を証明します。
2010/10 毎日新聞 遺伝資源:政府、途上国を支援へ 円滑確保狙い、保存・培養技術提供
2010/10 読売新聞 全国の大学理学部長、研究予算拡充へ緊急声明
2010/10 朝日新聞 今後のノーベル賞困難に? 基礎研究予算削減に警鐘
2010/10 読売新聞 日本の研究者、内向きに…海外派遣10年で半減
2010/10 Nature Stem-cell laws in China fall short
中国の幹細胞治療に関する規制は原則的には優れたものだが、患者の権利を守るためには、より強力な強制措置が必要だ。
doi:10.1038/467633a
2010/10 産経新聞 中国人の95%が「月面有人着陸は日本より中国が先」 探査衛星打ち上げで自信高揚
2010/10 【日本語記事】BioToday 3年前に比べて米国バイオテック業界は有意に縮小している
2010/10 news@nature.com Garage biotech: Life hackers
地下室のバイオテクノロジー:生命ハッカー
Amateur hobbyists are creating home-brew molecular-biology labs, but can they ferment a revolution?
アマチュア趣味に熱中する人は自家製ビール分子生物学研究室を創設していますが、それらは革命を推し進めることができますか?
2010/10 Nature Garage biology
自宅で実験するアマチュア科学者をプロの科学者が受け入れ、協力すれば、互いに得るものがあるだろう。
doi:10.1038/467634a
2010/10 news@nature.com Scientists need a shorter path to research freedom
科学者は、自由について研究するために、より短い経路を必要とします。
Francis Collins explains why the NIH is launching a bid to help some doctoral students dramatically reduce the time required to start an independent career.
フランシス・コリンズは、NIHがなぜ何人かの博士課程の学生が独立しているキャリアを始めるのに必要である時間を劇的に短縮するのを助ける努力を始めているかを説明します。
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 ホーキング博士曰く「万物の理論など見つからないかもしれない」
2010/10 EurekAlert Is team science productive?
チーム科学は生産的ですか? 
 共同研究の生産性を測定
 2006年以来ITMATメンバーにとって、協力的な書類の数が倍増した
 協力関係はうちわの中でのケースが多い
2010/10 EurekAlert Call for long-term view on 'dire' funding of biological research databases
生物学系データベース基金の「恐ろしい」状況について再考が必要である
これらのリソースの長期の持続性に対処するために現在使用されているビジネスモデルを見直して、
借換政策における「地球規模の変化」が必要であると示唆します。
2010/10 EurekAlert Large gaps found in public understanding of climate change
気候変動理解の国民ギャップ
アメリカ人の63%は地球温暖化を認めているが、その大半は原因を理解していない
ひとびとは「人為的な介入」に、高いゼロリスクを願っている
 信頼がリスクコミュニケーションを左右する
 合意形成の社会心理  中谷内 一也 (なかやち かずや)
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 「粘菌で交通ネットワーク計画」などにイグ・ノーベル賞
2010/10 読売新聞 ネバネバ菌が鉄道網…日本人にイグ・ノーベル賞
2010/10 朝日新聞 粘菌で鉄道網の最適設計 中垣教授らにイグ・ノーベル賞
2010/10 【日本語記事】47ニュース 「粘菌で鉄道網整備」受賞 イグ・ノーベルで中垣氏ら
2010/10 毎日新聞 イグ・ノーベル賞:粘菌の交通計画に はこだて未来大・中垣教授ら受賞
 日本人4年連続
2010/10 【日本語記事】AFP イグ・ノーベル賞、各賞の内容
2010/10 National Geographic Whale Snot, Cursing Away Pain Among 2010 Ig Nobels
2010/10 【日本語記事】National Geographic 2010年度イグ・ノーベル賞発表






2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 科研費を繰り越し可能にする制度改正を行う方針が決定される
2010/12 読売新聞 科学研究費、繰り越し可能に…一部を基金で運用
2010/12 朝日新聞 官民の科学技術研究費、2年続けて減少 民間低迷響く
2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン Science誌、「過去10年間の10大研究成果」を発表
それってコンタミ?
2010/12 EurekAlert New research shows virus previously linked to chronic fatigue syndrome is a lab contaminant
慢性疲労症候群にリンクされたウイルスXMRV、研究室汚染物質である
 前の研究に使用される細胞試料が、汚染されて、XMRVがマウスゲノムで存在しているのを示しています。
2010/12 EurekAlert Computer games and science learning
コンピュータゲームと科学学習
 コンピュータゲームとシミュレーションは科学学習を改良する方法として今後の投資と調査にふさわしい
リアルご近所のほうが引用されやすいとな
2010/12 news@nature.com Love thy lab neighbour
研究室の隣人を愛してください。
Getting closer to your collaborators boosts a paper's citations.
あなたの共同制作者により近くなるのは論文の引用を上げます。
2010/12 EurekAlert Close proximity leads to better science
近接性は、より良い科学につながります。
2010/12 EurekAlert Close proximity leads to better science
近接性は、より良い科学につながります。
2010/12 news@nature.com Rapidly developing countries are innovation champions
急速に、発展途上国は革新チャンピオンです。
Top emerging economies are forging research collaborations to help the less well-off.
最高新興経済は、それほど富裕でないのを助けるために研究共同研究を作り出しています。
2010/12 朝日新聞 スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位
2010/12 Nature Response required
研究発表に対するブログやネット上でのコメントは新しい議論の形として有益であり、よい機会ととらえて応じる必要がある。
doi:10.1038/468867a
2010/12 news@nature.com The rise of the genome bloggers
ゲノムブロガーの台頭
Hobbyists add depth to ancestry trawls.
祖先血統研究に広がりを加えるアマチュアたち
2010/12 毎日新聞 ES細胞:論文ねつ造 黄元教授、2審も有罪判決
2010/12 時事通信 世界最深2400メートルに実験室=「暗黒物質」研究に本腰−中国
2010/12 【日本語ブログ】日本からNature, Science, Cellの論文が出にくい理由 Black編
2010/12 news@nature.com Lack of support keeps African discoveries languishing in labs
研究室サポートの不足はアフリカの発見が苦しまれてい続けます。
Institutional frameworks must be improved to save stagnant technologies
淀んだ技術を救うために制度的枠組を改良しなければなりません。
2010/12 読売新聞 あかつき失敗の一方で…科技研究費、下げ幅最大
2010/12 news@nature.com Self-plagiarism case prompts calls for agencies to tighten rules
政府機関が規則をきびしくするという自己盗作ケースプロンプト要求
Technology is bringing down instances of duplication, despite variability in oversight.
見落としにおける可変性にもかかわらず、技術は、複製の例を降ろすことです。
研究助成機関は、科学論文の業界関係者による隠れた代作を防ぐ対策を講じるべきだ。
2010/12 Nature Give up the ghosts
doi:10.1038/468732a
2010/12 BBC News Thousands of plant species 'undiscovered in cupboards'
新種は自然界にはいない! 標本棚にいるんだ!
 顕花植物の新種同定はやたら何年もかかるので、これから見出されるべき新種の半数は、すでに収拾済みなんじゃないか
2010/12 産経新聞 文系より理系が高収入で出世する 慶大などの約3500人分析で判明
政策決定には科学が必要である
 長い目で見れば、科学を無視して非常に重大な決定をする国家は滅ぶ。
 科学者は科学教育と地域への働き掛けにさらに努力しなければならない。
2010/12 Science Policy-Making Needs Science
2010/12 EurekAlert Industry collaboration enhances academic science, sociologist finds
産業共同作業がアカデミズム科学を高める
 シカゴ大学の社会学者ジェームズ・エヴァンス 1万8000以上のシロイヌナズナ研究論文を調査
2010/12 EurekAlert Web of international collaboration boosts worldwide nanotechnology research
国際協力網は世界的ナノテクノロジー研究を高めます。
 現在60以上の国によって資金を供給されているナノテクノロジー研究イニシアチブ
 すべての論文のおよそ4分の1が国境を越えで研究者が共同執筆
2010/11 Nature Closing the Climategate
「クライメートゲート」事件の公式調査で不正はなかったことは認められたが、気候科学の信頼性は低く、科学者は事件を教訓にする必要がある。
doi:10.1038/468345a
2010/11 【日本語記事】BioToday 取り下げられた不正論文は常習犯の手によるものが多い
研究の評価基準
発表論文数が多いのは米国大学院のごく一部
特定機関から発表された科学論文を数(占有率)と影響力の両面から評価したトムソン・ロイター社による米国研究基盤の新解析。学術研究の集中化を指摘。
2010/11 Science Handful of U.S. Schools Claim Larger Share of Output
2010/11 朝日新聞 スパコン省エネ順位、東工大の「ツバメ」が世界2位
2010/11 news@nature.com Funding woes afflict African herbal therapy institute
財政難はアフリカの薬草療法研究所を苦しめます。
Promising therapies in limbo after donor money runs out.
寄付金枯渇
2010/11 news@nature.com Nobel prize committee under fire
非難を受けているノーベル賞委員会
Errors lead to accusations that committee did not do its homework before making the 2010 award for physics.
誤りは物理学のために2010年の賞を作る前に委員会が宿題しなかったという罪名につながります。
2010/11 news@nature.com No rest for the bio-wikis
バイオウィキ
Biologists' collaborative data repositories come of age.
生物学者の協力的なデータアーカイブは成年に達します。
2010/11 news@nature.com Study says middle sized labs do best
中規模の研究室が最も良いパフォーマンスを見せる
A comparison of funding level and output has captured attention at the US National Institutes of Health.
レベルと出力に資金を供給する比較 米国国立衛生研究所
2010/11 読売新聞 スパコン世界一は中国、日本は4位
2010/11 朝日新聞 中国製スパコン、初の世界一 1秒で計算2566兆回
2010/11 毎日新聞 スパコン:中国の「天河1号」、世界最速に
2010/11 【日本語記事】AFP 「日本飛び出さない若者」像、米調査でも 頭脳流出はアジア全体で問題化
 アジア諸国・地域の若者たちがこぞって国外へ移住したがっている中、日本とシンガポールだけは例外
2010/11 毎日新聞 論文:優れたものほど若手・外国人が支え 文科省など調査
2010/11 Nature A painful remedy
論文取り下げの件数が増加しているが、意図的な不正だけでなく、誤りや不確実さが厳しく検証されるようになったのも一因である。
doi:10.1038/468006b
2010/11 Nature Support refugee scientists
亡命科学者の支援は非常に重要だが難しい課題であり、これに取り組む支援団体自体を支援する必要がある。
doi:10.1038/468005a
2010/11 産経新聞 ノーベル賞効果? 大学受験「理系離れ」に歯止め
2010/11 EurekAlert Number of doctorates awarded continued to grow in 2009
博士号の数は、2009年に成長し続けた。
米国のアカデミックな団体は、2009年に最多数の4万9562の研究博士号を与えました
「世界の破滅」扱いは逆効果
2010/11 EurekAlert Doomsday messages about global warming can backfire, new study shows
地球温暖化についての、最後の審判の日的なメッセージは裏目に出る
 おどかし過ぎると、心理的な懐疑を引き起こし、地球温暖化の証拠を無視させるようになる
医療倫理的問題
2010/11 EurekAlert US scientists significantly more likely to publish fake research
捏造した研究結果の発表頻度、米国の科学者はけっこう多め
2010/11 Rural library outreach a new initiative in 'free-choice learning' movement
田舎の図書館は、住民の'自由選択学習'を広げ、科学リテラシーを向上させます
2010/11 EurekAlert Should our biggest climate change fear be fear itself?
私たちの最も大きい気候変動の恐怖は恐怖自体であるべきですか?
 終末論的な予測から大規模絶滅まで、気候変動は、未来を恐ろしい予測で埋め尽くす
 現在の社会は、どのような過程を経て、気候変動をカタストロフィーや恐怖ネタ扱いするようになったか
2010/11 More talk, less agreement: Risk discussion can hurt consensus-building on science/technology
より多くの話、より少ない協定:
リスク議論は科学/技術に関するコンセンサス形成に害を与えうる
アメリカ南部
2010/11 EurekAlert Vet med's big shift to more women, fewer men driven by falling barriers, more female grads
女性の獣医が増えている かつて、医学や法学で女性が増加したように
2010/10 EurekAlert Tighter ethics rules have reduced industrial relationship of NIH scientists
よりきつい倫理規定はNIHの科学者の産業関係を減少させました。
The 2005 ethics rules that govern relationships between researchers within the National Institutes of Health and industrial companies have significantly reduced the prevalence of such collaborations without affecting standard measures of research productivity, according to a study from the Mongan Institute for Health Policy at Massachusetts General Hospital.
研究の生産性に影響せずに、国立衛生研究所と生産会社の中で研究者との関係を治める2005年の倫理規定は、そのような共同研究の普及をかなり減少させました
しかしながら、NIHの科学者と管理者は、新しい規則の制限は強すぎると感じている
2010/10 朝日新聞 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か
2010/11 news@nature.com US government wants limits on gene patents
米国政府は遺伝子特許に制限をかけるべく
Unexpected challenge to controversial patents on naturally occurring DNA sequences.
自然に起こっているDNA配列に関する論議を呼んだ特許への予期していなかった挑戦。
2010/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 米司法省、遺伝子に特許を認めるべきでないと文書で表明
2010/10 読売新聞 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位
2010/11 朝日新聞 中国のスパコン「世界最速」に 演算、米の記録更新
2010/10 朝日新聞 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か
2010/10 朝日新聞 遺伝子検査ビジネスご注意 学会警鐘「根拠あいまい」
2010/10 読売新聞 体質、病気、知能…市販の遺伝子検査に警鐘
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる
2010/10 news@nature.com Mystery fraud accusations
幹細胞研究を狙う詐欺グループ?
Stem-cell researchers targeted by e-mails from unidentified group.
正体不明の組織から妙なメールを送り付けられる幹細胞研究者たち
2010/10 news@nature.com Educators take aim at climate change
気候変動教育を推進せよ
US scientists chart their success in targeting hunters as part of a global-warming education drive.
2010/10 news@nature.com Questions raised over medical journals' financial ties to industry
企業と医学雑誌の財政的癒着
Warning flag raised over profitable reprinting of industry-funded papers.
2010/10 EurekAlert Better transparency needed on medical journals' competing interests
医学雑誌の競合利益上、透明性の向上が必要である
 ジャーナルは、ポリシーを定める必要があります。
 増刷収入をもたらすかもしれない、または自己のインパクトファクターを増加させうる論文を発行する際に、必然的に発生する利益競合をいかに扱うか
2010/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 10億円級、エキサイティングな生物学デジタル教科書(動画)
2010/10 【日本語記事】Nature 都市はどのようにして科学研究を育て、科学はどのようにしたら都市を維持できるのか
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 ソウル大教授協「国立大の教授年棒制反対」声明発表
 「学問的成果による成果給制はすでに施行されており、国立大先進化案の年棒制導入は教授たちが短期課題で済ませる危険がある」
2010/10 news@nature.com Canada urged to tackle research misconduct
カナダが研究不正行為に取り組むよう促されます。
More education, advice and transparency needed to improve integrity.
より多くの教育、アドバイス、および透明性は、保全を改良する必要がありました。
2010/10 日経ビジネス ハーバードと韓国、それぞれの「国際人」教育
 英語を話すことに安住せず、異なる環境に身を置く
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101012/216594/
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 帰国した中国人科学者が納得「これじゃ、一流の成果はムリ」
 「外国に比べ、中国の科学者は、大量の時間を意味のないことに使うよう強いられている。そして、科学の発見は早いもの勝ちだ。私は、いつも、敗北者だ」
 大学は、実験室の光熱費を負担してくれない。それどころか、使用している研究者が大学に研究室の「賃料」を支払うことになる。
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ ノーベル賞には「100年早い」「永遠にムリ」の声18%=中国
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 中国人、ノーベル賞をなぜ取れぬ…答え「自分の頭脳で考えない」
2010/10 【日本語記事】中国サーチナ 日本人ノーベル賞受賞に「過去の侵略のおかげ」の見方=中国
 「侵略で得た財産を科学技術や経済発展に投資」と考える中国人が多い
2010/10 Nature Politics without the poison
米議会が、中間選挙を契機に気候変動などの緊急課題への取り組みを進展させるためには、中傷や非難、愚かな「何でも反対」戦略はやめるべきだ。
doi:10.1038/467751a
科学と政治:声を上げて科学を語る
2010/10 Nature Science & politics: Speaking out about science
doi:10.1038/467768a
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 「論文の盗作は知っているが評価書の盗作は初めて」
 国務総理室傘下の経済人文社会研究会に所属する23の国策研究機関の研究成果評価を担当する教授らが、ほぼ同一の評価書を出しており、合わせて7300万ウォン(約536万円)余りの手当てを受け取っていた
2010/10 news@nature.com Stem cell papers under suspicion
容疑の下の幹細胞論文
Duplicate plots may be at issue in a retracted stem cell study.
問題には写しの構想が取り下げられた幹細胞研究にあるかもしれません。
2010/10 朝日新聞 海底のレアアース探査、ロボ開発加速へ 中止から一転
2010/10 【日本語記事】中央日報@韓国 【取材日記】なぜ韓国からノーベル科学賞の受賞者が出ないのか
2010/10 毎日新聞 IPCC:国連報告書、捏造疑惑・記述ミス 「報告書の信頼性に問題ない」意見書
2010/10 読売新聞 博士でも大丈夫!東大院が父母に8割就職とPR
2010/10 news@nature.com Austerity measures sap Spanish science
緊縮政策はスペインの科学を徐々に破壊します。
But science minister defends draft budget.
しかし、科学大臣は予算案の正当性を証明します。
2010/10 毎日新聞 遺伝資源:政府、途上国を支援へ 円滑確保狙い、保存・培養技術提供
2010/10 読売新聞 全国の大学理学部長、研究予算拡充へ緊急声明
2010/10 朝日新聞 今後のノーベル賞困難に? 基礎研究予算削減に警鐘
2010/10 読売新聞 日本の研究者、内向きに…海外派遣10年で半減
2010/10 Nature Stem-cell laws in China fall short
中国の幹細胞治療に関する規制は原則的には優れたものだが、患者の権利を守るためには、より強力な強制措置が必要だ。
doi:10.1038/467633a
2010/10 産経新聞 中国人の95%が「月面有人着陸は日本より中国が先」 探査衛星打ち上げで自信高揚
2010/10 【日本語記事】BioToday 3年前に比べて米国バイオテック業界は有意に縮小している
2010/10 news@nature.com Garage biotech: Life hackers
地下室のバイオテクノロジー:生命ハッカー
Amateur hobbyists are creating home-brew molecular-biology labs, but can they ferment a revolution?
アマチュア趣味に熱中する人は自家製ビール分子生物学研究室を創設していますが、それらは革命を推し進めることができますか?
2010/10 Nature Garage biology
自宅で実験するアマチュア科学者をプロの科学者が受け入れ、協力すれば、互いに得るものがあるだろう。
doi:10.1038/467634a
2010/10 news@nature.com Scientists need a shorter path to research freedom
科学者は、自由について研究するために、より短い経路を必要とします。
Francis Collins explains why the NIH is launching a bid to help some doctoral students dramatically reduce the time required to start an independent career.
フランシス・コリンズは、NIHがなぜ何人かの博士課程の学生が独立しているキャリアを始めるのに必要である時間を劇的に短縮するのを助ける努力を始めているかを説明します。
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 ホーキング博士曰く「万物の理論など見つからないかもしれない」
2010/10 EurekAlert Is team science productive?
チーム科学は生産的ですか? 
 共同研究の生産性を測定
 2006年以来ITMATメンバーにとって、協力的な書類の数が倍増した
 協力関係はうちわの中でのケースが多い
2010/10 EurekAlert Call for long-term view on 'dire' funding of biological research databases
生物学系データベース基金の「恐ろしい」状況について再考が必要である
これらのリソースの長期の持続性に対処するために現在使用されているビジネスモデルを見直して、
借換政策における「地球規模の変化」が必要であると示唆します。
2010/10 EurekAlert Large gaps found in public understanding of climate change
気候変動理解の国民ギャップ
アメリカ人の63%は地球温暖化を認めているが、その大半は原因を理解していない
ひとびとは「人為的な介入」に、高いゼロリスクを願っている
 信頼がリスクコミュニケーションを左右する
 合意形成の社会心理  中谷内 一也 (なかやち かずや)
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 「粘菌で交通ネットワーク計画」などにイグ・ノーベル賞
2010/10 読売新聞 ネバネバ菌が鉄道網…日本人にイグ・ノーベル賞
2010/10 朝日新聞 粘菌で鉄道網の最適設計 中垣教授らにイグ・ノーベル賞
2010/10 【日本語記事】47ニュース 「粘菌で鉄道網整備」受賞 イグ・ノーベルで中垣氏ら
2010/10 毎日新聞 イグ・ノーベル賞:粘菌の交通計画に はこだて未来大・中垣教授ら受賞
 日本人4年連続
2010/10 【日本語記事】AFP イグ・ノーベル賞、各賞の内容
2010/10 National Geographic Whale Snot, Cursing Away Pain Among 2010 Ig Nobels
2010/10 【日本語記事】National Geographic 2010年度イグ・ノーベル賞発表


 以上、 →2010年7~12月の記事でした


→ 「科学と社会」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー