動物行動学 動物の心:
2010年5~8月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2010年5~8月


2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文:Masaki Tomonaga, Yuka Uwano, Sato Ogura, and Toyoshi Saito
バンドウイルカはトレーナーの注意の状態をどのように理解しているか
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文:Masaki Tomonaga and Tomoko Imura
空に浮かぶパックマン:チンパンジーと人間における知覚的補間に及ぼす「影」の効果
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文:Chieko Yamaguchi, Akihiro Izumi, Katsuki Nakamura
コモンマーモセットは社会的状況に応じて音響特性を調節する
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文:Akira Midorikawa, Mitsuru Kawamura, Katsuki Nakamura
手の形は模倣できないが、動作の模倣はできる
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文:N. Suzuki, T. Sugawara, A. Matsui, Y. Go, H. Hirai, and H. Imai
一部苦味受容体の変異による苦味非感受性ニホンザルの発見
2010/08 ABC@オーストラリア Ant nav relies on a point of view
Ants travelling along a familiar route use their photographic memory to calculate how to stay on track
身近なルートに沿って旅行するアリ
彼らは道をはずれないよう、きわめて鮮明な記憶を使用します。
2010/08 EurekAlert Mosquitoes use several different kinds of odor sensors to track human prey
蚊は、人間の追跡に、いくつかの異なる種類のにおいセンサを使用します。
2010/08 EurekAlert Mosquitoes use several different kinds of odor sensors to track human prey
2010/08 EurekAlert Ants found to use multiple antibiotics as weed killers
除草剤として複数の抗生物質を使用するアリ
2010/08 news@nature.com What does it mean to be an ant?
ゲノム解析から見る女王とその長寿
2010/08 Science Genomic Comparison of the Ants Camponotus floridanus and Harpegnathos saltator
2010/08 【日本語記事】AFP アリのゲノムを解読、役割が変わると遺伝子発現にも変化
2010/08 EurekAlert NYU Langone scientists are first to sequence the genomes of 2 ant species
2010/08 EurekAlert Genome comparison of ants establishes new model species for molecular research
2010/08 【日本語記事】Nature ソーシャルサービス:標準的な自然選択説によって真社会性の進化を説明する
2010/08 news@nature.com Altruism can be explained by natural selection
自然淘汰は利他主義について説明できます。
Evolutionary biologists overturn long-held kin-selection theory.
進化生物学者転覆は長い間、血縁淘汰理論を保持しました。
進化:真社会性の進化
2010/08 Nature The evolution of eusociality
Martin A. Nowak, Corina E. Tarnita and Edward O. Wilson
doi:10.1038/nature09205
Masaki Tomonaga, Yuka Uwano, Sato Ogura, and Toyoshi Saito
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
 バンドウイルカはトレーナーの注意の状態をどのように理解しているか
Masaki Tomonaga and Tomoko Imura
2010/08 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
 空に浮かぶパックマン:チンパンジーと人間における知覚的補間に及ぼす「影」の効果
2010/08 BBC News New technique to collect DNA from dolphin breath

2010/08 EurekAlert Fruit flies use horizontal landmarks for altitude control, says Caltech research team
ショウジョウバエが高度制御に水平な目印を使用する
慢性疲労症候群に関わる2番目のタイプのマウスウイルス
彼らは、それらの調査結果が、どんなウイルスも兆候を引き起こすとまだ立証していないと言います。
2010/08 ABC@オーストラリア New mouse virus linked to chronic fatigue
ネズミ科白血病ウイルスに関する証拠
慢性疲労患者の86%で癌を引き起こしますが、7%未満の健康な血液提供者で引き起こします
2010/08 EurekAlert Paper wasps punish peers for misrepresenting their might
アシナガバチは、おのれの強さを虚飾する同輩を罰する
 絶えずライバルと戦うことによってエネルギーを浪費するよりむしろ、多くの動物が事実上、「私をいじくらないでください」と言う信号を使用します。
 優位なハチには、下位のハチより断片化した顔のパターンがあります。
 実験で、弱虫の顔を変更し、外観と振舞いのミスマッチを作成
2010/08 EurekAlert Less is more for a hungry bat
ヨーロッパチチブコウモリは、ステルス戦闘機のように、獲物を捕らえるのに卑劣な狩猟戦略を使用します。
 多くのガが特別な反バットディフェンスを開発しました。
 コウモリの超音波を聞いて、回避的な飛行で攻撃を避ける
 チチブコウモリが耳を持っているガを専らえじきにするのを確証
 他のコウモリより最大100倍静かなエコー
2010/08 National Geographic "Whispering" Bat Evolved to Trick Prey
2010/08 EurekAlert How flies set their cruising altitude
ハエはどうそれらの巡航高度を設定するか。
2010/08 EurekAlert Brain gene expression changes when honey bees go the distance
ミツバチが最後までやり抜くときの脳の遺伝子発現変化
 ミツバチに、食物を探して長くにまで来たと思いこませると、脳内の遺伝子発現が変更される
2010/08 EurekAlert Bees warm up with a drink, too!
ハチは飲み物でも暖まります!
 寒い日には温かい飲み物を好む
シンプルな細菌でも、遠くのご馳走を嗅ぎ分けてやってくる
2010/08 news@nature.com Bacteria sniff out their food
バクテリアはそれらの食物をかぎつけます。
The simplest form of cellular life can scent nutrients from a distance.
2010/08 BBC News Bacteria can 'smell' their environment, research shows
2010/08 National Geographic Evolution Surprise: Bacteria Have "Noses," Can Smell
2010/08 EurekAlert Bacteria breakthrough is heaven scent
2010/08 【日本語記事】National Geographic 細菌にも嗅覚がある?
2010/08 読売新聞 スナメリ、湾口でエサのイワシ待ち伏せ作戦
2010/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン サルにお金を持たせると人間と同じく非合理的な判断を下す
2010/08 【日本語ブログ】迫り来る哺乳類のなまあたたかい息に身の危険を察する昆虫たち

2010/08 BBC News Orangutans mime to get message across
 ココナッツをナタで割って開けてくれと、手のひらでナタ割りをヒト真似して要求するオランウータン
2010/08 ABC@オーストラリア Slime moulds explain irrational humans
人間は、不合理な選択をする唯一の存在ではありません。
 単細胞の粘菌も不合理な意志決定を示します
2010/08 EurekAlert Insects sense danger on mammals' breath
哺乳動物の息で昆虫は危険を感知する

2010/08 EurekAlert Artificial bee eye gives insight into insects' visual world
人工のハチ目は昆虫の視覚世界に関する洞察を与えます。
児童虐待パフィン
2010/08 BBC News Puffin chick 'bullied' by adult 'Asbo' bird on Shetland

積極派の脳、待ち受け派の脳
2010/08 EurekAlert Brain size determines whether fish hunters or slackers
摂食行動のタイプによって、魚の脳サイズは違ってくる
2010/08 EurekAlert Emotions help animals to make choices
感情は、動物が選択をするのを助けます。
 人間のように、環境がどれくらい危険であるかの判断選択を誘導する動物感情
2010/08 Blue whales align the pitch of their songs with extreme accuracy, study finds
シロナガスクジラは歌のピッチを超正確にチューニングする
2010/08 EurekAlert Stress hormones help lizards escape from fire ants
ストレス・ホルモンは、トカゲがファイヤアントから逃れるのを助けます。
2010/08 BBC News Snails 'have a homing instinct'
でんでん虫の帰巣本能
一番エネルギー効率がいい霊長類はオランウータン
2010/08 ABC@オーストラリア Orangutans most energy efficient primate
2010/08 EurekAlert Couch potatoes of the animal kingdom
動物界のカウチポテト族
2010/07 National Geographic Alligator "Feeding Frenzy" Video Shows Teamwork
チームワークで会食するワニたち
2010/07 BBC News Whale 'sense of smell' revealed
セミクジラには、空気のにおいをかぐ未知の能力があります。
 調査結果はヒゲクジラがどう犠牲の場所を見つけるかに関する私たちの理解を変えるかもしれません
 セミクジラクジラがオキアミ群れをかぎつける
光合成をする脊椎動物登場
2010/07 news@nature.com A solar salamander
太陽のサンショウオ
Photosynthetic algae have been found inside the cells of a vertebrate for the first time.
光合成の藻は初めて、脊椎動物のセルの中で見つけられました。
2010/07 毎日新聞 シロアリ:集団存続させる巧妙な仕組み 繁殖の謎に迫る
2010/07 EurekAlert Unique means of animal locomotion reported for first time
イモムシ移動のユニークな手段
 「2ボディー」のユニークなシステム
 這っているイモムシの腸は周囲の体壁や脚とは別に独自に前方へ動きます
 柔らかい体をしたロボットの設計に洞察を提供するかもしれません。
2010/07 EurekAlert Caterpillars crawl like none other
2010/07 EurekAlert Gut movements in caterpillars inspire soft-body robot design
イモムシでの腸運動は柔らかいボディーロボット設計に
地下暮らし用に進化適応していたモグラの血液
2010/07 EurekAlert Adaptation in mole blood aids tunnelling
より効率的な輸送を許容するトウブモグラの血液
 eastern moles (Scalopus aquaticus)
吸盤コウモリのナゾ
 マダガスカルのサラモチコウモリはオス数百匹にメス一匹の割合で観察される
 この性比の偏りはなに?
2010/07 BBC News 'Monastic' Malagasy bat mystifies experts
 sucker-footed bat (Myzopoda aurita)
2010/07 EurekAlert The secret to sniffing out a safe supper
安全な夕食をかぎつける秘策
 仲間の息に食物のにおいをかぎ出すと、ネズミは、将来食べるに何が安全であるかを決める上でその経験を使用します。
2010/07 EurekAlert Insulin signaling key to caste development in bees
ハチでのカースト発達に肝要なインスリンのシグナル伝達
2010/07 EurekAlert The brain of the fly -- a high-speed computer
ハエの脳-- 高速コンピューター
 ハエの脳がいったいそのような速度と精度でどう何とか動きを知覚するか
 数学的モデルによって全く正確に予測されます。
2010/07 BBC News Chatting chimps in Uganda, Africa are 'socially aware'
ウガンダのチャットしているチンパンジー
チンパンジーは、コミュニケーションの社会的影響を意識している
2010/07 【日本語記事】National Geographic 密林のネコ、サルの声をまねて狩り
2010/07 EurekAlert Wildlife Conservation Society finds wild cat mimicking monkey calls
野生生物保護協会は、山猫が猿呼び出しをまねているのがわかります。
2010/07 National Geographic Jungle Cat Mimics Monkey to Lure Prey—A Firs
2010/07 【日本語記事】BioToday オキシトシンレベルが高いサルのつがいは仲良し
2010/07 毎日新聞 シロアリ:女王、果物の香り 岡山大チームがフェロモン特定、産卵抑制や駆除応用も
2010/07 EurekAlert Don't let your termites grow up to be mommies
白アリをママになるように成長させないでください。
 ノースカロライナ州立大学の昆虫学者は、初めて、どの特定の化学物質がママになるのを防ぐのに何人かの白アリ女王によって使用されるかを示しました。
2010/07 EurekAlert For female baboons, too, it's good to have friends
雌のヒヒも、お友だちが多いと長生き
「鬼ごっこ」で学習するゴリラ
2010/07 ABC@オーストラリア Gorillas learn by playing 'tag'
ハエトリグモってどうしてあんなたくさんの目があるのかよくわかんねーぞ
2010/07 ABC@オーストラリア Jumping spider vision not so clear cut
クジラ類に見る「おばあさん効果」
2010/07 BBC News Whales and humans linked by 'helpful grandmothers'
2010/07 EurekAlert Recognition at first glance
顔の一瞥の科学
 サッチャー錯視のヒト-マカク比較







2010/06 毎日新聞 哺乳類:とげで音「シマテンレック」 声の代わり?筋肉進化 マダガスカルの固有種
2010/06 【日本語ブログ】トゲで音を出し声の代わりに?シマシマ模様がかわいい「シマテンレック」
2010/06 読売新聞 昆虫にも頼れる「おばあちゃん」分泌液で敵撃退
 自分を犠牲にして腹から分泌液を出して巣を守る
 繁殖期を終えたヨシノミヤアブラムシのメス
2010/06 EurekAlert Little E/Z changes make a big difference
小さいE/Z変化は大差を作ります。
 European corn borer
 トウモロコシの害虫 欧州アワノメイガ
 フェロモンの違いを持つEとZと呼ばれる2種
 EとZのメスそれぞれのフェロモンを生産する遺伝子を特定
2010/06 EurekAlert Desert bats reveal the secret of their survival
砂漠こうもりはそれらの生存の秘密を明らかにします。
 皮膚の化粧を変えることによって、蒸発散を抑えます
2010/06 EurekAlert Even the midnight sun won't convince bees to work nights
白夜でもハチは夜にお休みなさる
 マルハナバチのワーカーにラジオ識別子をタグ付け
 北極夏の恒明の間、動きをモニター
2010/06 BBC News Dolphins in the Atlantic prefer to eat high-energy fish
高カロリーのお魚がお好きなイルカ
cycad aulacaspis scale (CAS)
2010/06 EurekAlert Cycad pest uses small size to hide from predators
蘇鉄病害虫、捕食者から隠れるのに小さな図体が有利
 地元の天敵が手出しできない隙間に入って生き延びる
2010/06 【日本語記事】National Geographic チンパンジー、殺し合いで縄張りを拡大
2010/06 EurekAlert Chimpanzee gangs kill for land, new study shows
2010/06 EurekAlert Why chimpanzees attack and kill each other
チンパンジーがお互いを攻撃して、殺す理由
2010/06 National Geographic Chimp Gangs Kill to Expand Territory
オランウータンに見る身振りによる意思伝達
2010/06 EurekAlert Signal like you mean it
意図的な意味を持つ、特定の行動の応答への期待 大型類人猿ジェスチャー
2010/06 Crayfish brain may offer rare insight into human decision-making
費用便益計算をこなしちゃうザリガニ脳
文化を伝承するマングース
2010/06 EurekAlert Mongoose traditions shed light on evolution of human culture
マングース伝統は人間の文化の発展を解明しました。
 ウガンダのマングースが伝統を伝えると発見しました。
2010/06 ScienceDaily Tiny insect brains capable of huge feats
膨大な功績ができる小さな虫脳
昆虫は動く物の速度をどう判断するか
2010/06 BBC News Seal whiskers sense faraway fish
港のアザラシ、最大100m(328フィート)離れたところの魚をほおひげで検出できるかもしれない
2010/06 朝日新聞 サルもテレビ見てウキウキ? 京大、喜ぶ脳反応を確認
2010/06 読売新聞 サルもテレビが楽しい…前頭葉の一部活性化 京大 脳を計測
2010/06 時事通信 サルもテレビ楽しむ=脳の活動で初証明—京大霊長類研
2010/06 共同通信 サルもサーカス見て喜ぶ 京都大などが研究
2010/06 news@nature.com Timing is everything for sharks that smell in stereo
タイミングはステレオでかぎ出す鮫のためのすべてです。
Sharks sniff out their prey using the timing of scents, not concentration.
鮫は、集中ではなく、においのタイミングを使用することでそれらの犠牲をかぎつけます。
2010/06 読売新聞 豚の体外受精卵培養液、国内初の製品化…山形
2010/06 news@nature.com Lazy crows pitch in when it counts
数えるとき、怠惰なカラスは、勢いよくやりだします。
Hard times bring out the best in idle birds.
厳しい時代は活動していない鳥でベストを持ち出します。
仲間と長期の友情を形成するザトウクジラ
2010/06 BBC News Humpback whales form friendships that last years
2010/06 EurekAlert Sharks can really sniff out their prey, and this is how they do it
獲物をかぎつけたサメは、どのように獲物を目指すのか
 左右の鼻腔で感じる臭気の0.5秒差を検出できる
2010/06 National Geographic Video: Frogs Shake Booties Before Fights

2010/06 EurekAlert Introducing the good food guide for cockroaches
ゴキブリのグルメガイド
 最高の食物源に関する地元の知識を共有し、人間のように仲間の'推薦 'に従う
2010/06 BBC News How cockroaches 'talk' about food
2010/06 ABC@オーストラリア Roaches prefer dinner parties to eating alone
2010/06 EurekAlert Mongooses pass traditions on to their young, too
マングースは若者に伝統を渡します。
 野生のマングースは次世代に伝える伝統を行う
 マングースの子は穴から出ると、大部分は特定の大人、通常兄、いとこ、またはおじとの排他的な一対一仲間を形成します。
 その排他的な付添いシステムで、個々の若いマングースは狩りのテクニックの情報を習得して行く
2010/06 EurekAlert Marmots can teach us about obesity
マーモットは肥満に関して私たちに教えることができます。
 AICAR分子が、冬眠しているマーモットの食欲を刺激するのを助けることができる

血縁のある孤児を養子に迎えるにやぶさかでないリスたち
2010/06 EurekAlert Squirrels show softer side by adopting orphans, study finds
2010/06 EurekAlert Red squirrels: Altruists or self-serving survivalists?
アカリス: 利他主義者かそれとも利己的な生存主義者?
2010/06 【日本語記事】National Geographic カタツムリは覚醒剤で記憶が長期化
2010/06 National Geographic Snails on Meth Have Sharper Memories
2010/06 news@nature.com Crocodiles go with the flow
わには流れに身を任せます。
Surfing currents allows crocodiles to travel long distances.
ワニは長距離を旅行できます。
2010/05 【日本語記事】National Geographic イリエワニ、ボディーサーフで海を渡る
ワニの渡り
2010/06 BBC News Crocodiles 'surf' long distance on ocean currents
2010/06 National Geographic Crocodiles Body Surf to Hop Between Islands
2010/05 EurekAlert A Dicty mystery solved
最初に飢える粘菌細胞は、再生に有利なポジションに就けるだけでなく、他の細胞をサポートのためにたくさん食うように仕向けることができるっぽい
2010/05 【日本語記事】National Geographic カタツムリは覚醒剤で記憶が長期化
 アンフェタミンを水生のカタツムリであるヨーロッパモノアラガイに与える実験
言語の進化
動物のコミュニケーションが言語の起源を解明
EVOLUTION OF LANGUAGE
2010/05 Science Animal Communication Helps Reveal Roots of Language
Michael Balter
社会性アメーバにおける集団的振る舞いの出現
Dictyostelium discoideum(キイロタマホコリカビ)
細胞の集合と子実体構築における細胞分化と形態形成運動制御は、集団レベルの現象
2010/05 Science The Onset of Collective Behavior in Social Amoebae
2010/05 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
論文 Hamada, Y., Hirasaki, E., Rae, T.C.(編集) International Journal of Primatlogy特集号
 霊長類の比較機能形態学
2010/05 news@nature.com Mice pull pained expressions
ネズミは立腹の表情を引きます。
Animal and human faces display similar responses to suffering.
動物と人間の表面は苦しみへの類似反応を表示します。
2010/05 ABC@オーストラリア 'Face-book' to measure pain in mice
2010/05 BBC News Ancient octopus mystery resolved
2010/05 EurekAlert How do bumblebees get predators to buzz off?
マルハナバチは捕食者をどのように追い払う?
 マルハナバチのような有毒の動物はハデな警告色だったりする
 色じゃなく、特徴的形態(飛行パターンや音)が効果を持っていそうだ
2010/05 BBC News Bee stripes may not keep predators away
2010/05 EurekAlert Better synchronization helps fish deal with predator threat
より高い同期率は、魚が捕食者の脅威に対処するのを助けます。
2010/05 EurekAlert Swarming locusts need larger brains
群れを成して移動するイナゴは、より大きい脳を必要とします。
2010/05 BBC News Swarming 'swells' locusts' brains

※ 鳥の場合とは逆なのか。鳥では留鳥は渡り派より脳がでかかった。
天気予報をする生物たち
2010/05 ABC@オーストラリア Can animals predict the weather?
2010/05 BBC News Why mice fear the smell of cats
猫の唾液やラットの尿で見つけられた特異タンパクを検出すると、恐怖と反応するネズミ
Mupsと呼ばれるこれらのタンパク質は、鋤鼻器に影響します。
2010/05 EurekAlert An sRNA controls a bacterium's social life
sRNAは粘菌ミキソコッカス・ザンサスの社会生活を制御します。
2010/05 EurekAlert I am treefrog, feel me shake
こちらアマガエル。私の震動を感じますか、どうぞ?
 攻撃的なコンテストで植物止まり木の振動でコミュニケートする雄赤目のtreefrogs
2010/05 EurekAlert The making of a queen: Road to royalty begins early in paper wasps
コアシナガバチ女王の素質は早く始まります。
 コアシナガバチの社会的な地位は思ったより人生で早く確立されます
 分子分析は、順位制がさほどフレキシブルではないことを明らかにします。
2010/05 Keeping an ear out for kin
親類のために耳を傾けます。
 こうもりは自種のコールと異種のコールを識別することができます
2010/05 EurekAlert Birds and mammals share a common brain circuit for learning
鳥と哺乳動物は、学習において一般的な脳のサーキットを共有します。
2010/05 EurekAlert Garden birds shun organic
庭の鳥は有機肥料を避けます
 自由選択を与えると、野鳥は有機栽培の食品より通常食品(conventional foods)をお好みになる
2010/05 EurekAlert Common birds pass on organic seed
普通の鳥は有機栽培のエサをスルーします
 自然食品の栄養面での恩恵は、野生の鳥が有機栽培モノより従来の種子を好むことによって疑われました。
自分の姿を鏡に見た魚は攻撃的になる
2010/05 EurekAlert Fish facing reflections become feisty but fearful

2010/05 EurekAlert Spitting cobras track first, predict later
毒液を吐くコブラは獲物の動きを追跡する
 犠牲者の目がどこへ移動するかを予測し、そこを目指します。
2010/05 EurekAlert Baby corals dance their way home
踊って帰る赤ん坊のサンゴ
 赤ん坊のサンゴは自由な水泳幼虫として、動物の雑音に向かって泳ぐことによって、帰途を見つけます。
 海の騒音公害が暗礁音にマスクをかけている:これらの調査結果はサンゴ礁の未来に関する新たな心配を高めます。
2010/05 EurekAlert 'Tsunami' video sheds light on struggling pupfish
絶滅危惧種のメダカ科の魚を'津波'ビデオで見る
 ネバダのデビルズホールが地震で大揺れ
男は子供に触れて触れて触れて父親になる?
 ネズミの父さんにおかれましては、我が子に直接触れることによって「父親」になる
2010/05 EurekAlert Paternal mice bond with their offspring through the power of touch
父方のネズミは接触のパワーによって実子への愛着行動が惹起される
2010/05 BBC News Bonobo chimps filmed shaking their head to 'say no'
頭を振って「ノー」と意思表明するボノボ
2010/05 National Geographic Bonobos Say No by Shaking Heads Like Humans?
今シーズンのマストアイテムはこれ!
季節や環境の点滴の種類によって、季節ごとにデザインの違う帽子を身につけるミジンコのメス
 おすは年中同じファッションだが
2010/05 EurekAlert Large caps this spring's must-have for water fleas
 大きいキャップは小型無脊椎動物捕食者からミジンコを保護します
 小さいボディーは、視覚で餌を探す捕食魚に対して有利
 小体と大きいキャップの組み合わせに見るトレードオフ


 以上、 →2010年5~8月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー