ADHD/注意欠如・多動症/リタリン:
2009年

ほか「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 2009年


2009/11 EurekAlert Exposure to lead, tobacco smoke raises risk of ADHD
鉛暴露やタバコの煙はADHDの危険を上げます。
2009/11 EurekAlert Common plastics chemicals linked to ADHD symptoms
ADHD兆候にリンクされた一般的なプラスチック化学物質フタレート
フェーズ3の分析
2009/11 EurekAlert Shire reports analysis examining emotional lability in children with ADHD taking Vyvanse
ADHD児童でのVyvanse処方による情動不安定対処効果
1日1回投与グアンファシン徐放錠・INTUNIV (guanfacine)
2009/10 EurekAlert INTUNIV demonstrated symptom reduction on oppositional subscale Conners' ADHD rating scale
INTUNIVはoppositional subscale ConnersのADHD評定尺度で症状の軽減を示しました。
2009/10 EurekAlert Shire presents study findings on its ADHD treatments at psychiatric meeting Oct. 29-30
2009/10 EurekAlert Attention-deficit/hyperactivity problems associated with low folate levels in pregnant women
妊婦の葉酸不足に関連しているADHD問題
2009/09 EurekAlert The role of genetic factors in adult ADHD
大人ADHDにおける遺伝学的な要素の役割 神経精神薬理学2009
2009/09 【日本語ブログ】井出草平の研究ノート
 [発達障害]早期教育を受けた子はAD/HDや発達障害になる?
落ち着きがない集中力が保てない・・・ADHDさんは脳内の報酬回路でドーパミンがうまく回ってないっぽい
2009/09 BBC News ADHD chemistry clue found
Differences in the brain chemistry of people with attention deficit hyperactivity disorder are found.
2009/09 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM ADHD治療薬の乱用が増加
落ち着きがない集中力が保てない・・・
 ADHDさんは、脳内報酬回路がちょっと違う?
【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】ADHD And The Brain's Reward System
2009/09 サイエンス・フライデイ Science Friday 
 注意力欠陥多動性障害(ADHD)の人々では、報酬や動機づけに必要な脳内物質ドーパミンがうまく作動していない可能性
ADHDの困難は、脳内の報酬回路でドーパミンがうまくいってないのが原因なのかも
2009/09 BBC News  ADHD brain chemistry clue found
「ADHDの子はこらえ性がないから遊園地の列並びは免除される」というサービスは逆効果じゃないか説
2009/08 BBC News ADHD 'queue jumpers' row
2009/08 【日本語ブログ】[発達障害]AD/HD自体は問題ではなく、AD/HDに併存する反抗挑戦性障害が問題なのである
2009/07 EurekAlert Vyvanse CII significantly improved ADHD symptoms for children 13 hours after administration
Vyvanse CIIは、児童に投与の後、13時間、かなりADHD症状を改善した
2009/07 【日本語記事】個の医療
 小児ADHDの治療薬「ストラテラ」(アトモキセチン塩酸塩)6月19日に発売
2009/07 EurekAlert VYVANSE CII provided significant efficacy at 14 hours in adults with ADHD
VYVANSE CIIは、大人ADHDで著しい効力を14時間提供した
2009/07 毎日新聞 医療ナビ:ADHD リタリン使用禁止後の薬物治療の状況は。







2009/06 ScienceDaily Placebo effects in caregivers may change behavior of children with ADHD
周囲の人間に施すプラシーボ効果は、ADHDの児童の行動を変える可能性がある
 先生や親は「この子は薬を飲んだ」と思い込むと、「イイコになった」と良い評価を与える傾向がある
2009/06 EurekAlert ADHD genes found, known to play roles in neurodevelopment
神経の発達に関わる遺伝子が、ADHDの症状にも影響しているっぽい
2009/06 BBC News Ritalin backed as brain-booster
健康な人々は、脳パワーを高めるためにリタリンをとることができるべきである
 ― ―と主張する、英国道徳論者 John Harris
2009/05 EurekAlert OHSU researchers study the idling brain
脳のアイドリングの仕組みをチェック ADHDのヒントになるか
2009/05 EurekAlert Study links ADHD with sleep problems in adolescents
ティーンエージャーで見られる睡眠の問題とADHDのリンク
2009/04 EurekAlert Inadequate sleep leads to behavioral problems
睡眠に障害がない児童であっても、睡眠持続期間が短いと、ADHD的な症状が増大する
アトモキセチン(ストラテラ)承認
2009年4月22日、国内では2番目の注意欠陥多動性障害の承認薬が製造販売承認されました。
2009/04 イーライリリープレスリリース
ADHD新薬承認へ 市民側、副作用・依存性を懸念
 2009/04 NPO法人全国不登校新聞社:タブロイド版新聞Fonte(フォンテ)
2009/04 EurekAlert Tourette syndrome misconceptions only one battle for patients
トゥーレット症候群の患者さんはADHDの症状にもさいなまれていることが少なくない
2009/04 PhysOrg For ADHD, It's Better to Teach Skills Than Prescribe Pills, Meta-Analysis Shows
ADHDには、薬よりまず、本人にスキルを教えたほうがいいみたいだぞ
あるときはワーキング・メモリがしゃっきりし、あるときにはワヤになる
2009/03 EurekAlert Inconsistent performance speed among children with ADHD may underlie how well they use memory
ADHD児童の矛盾しているパフォーマンス速度は、記憶を使用する方法の基礎をなす可能性がある
 活動過多や衝動性の高いレベルが、首尾一貫しない反応時間に相関する
 貧しいワーキング・メモリは、ADHDの大人や児童に存在する特徴である
線条体と前部帯状回
2009/03 EurekAlert Brain abnormality found in boys with attention deficit hyperactivity disorder
ADHD男子に見られる脳異常
2009/03 EurekAlert Hyperactivity enables children with ADHD to stay alert
ADHDの子がテンションを保つためには、活動過多で居続けなければならないらしい
ADHDの子と睡眠障害
2009/02 EurekAlert Underlying sleep problem linked to attention-deficit/hyperactivity disorder in children
2009/02 EurekAlert Childhood sleep problems persisting through adolescence may affect cognitive abilities
思春期の慢性的な睡眠障害による認知能力障害
マウス脳は、示唆する ― リタリンが習慣性があることを
2009/02 New Scientist Mouse brains suggest Ritalin is addictive
2009/02 PhysOrg Ritalin may cause changes in the brain`s reward areas
リタリンは、脳の報酬領域に変化を引き起こす可能性がある
2009/01 EurekAlert Studies examine genetic determinants of ADHD
ADHDの遺伝学的要素を調べる研究


 以上、 →2009年の記事でした


→ 「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー