免疫、進化疫学、進化医学:
2006年

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 進化医学


2006/11 EurekAlert UVa finds 'Alzheimer's gene' protects children from severe diarrhea
『アルツハイマーの遺伝子』は子供を激しい下痢から守る
ヒト行動が疫病を進化させる
2006/07 EurekAlert Human behavior changes the number of strains of infectious diseases
 複数の伝染病の共存は、一夫一婦制の母集団から
聴覚障害の遺伝子、健康にご利益あり
2006/05 news@nature.com Deafness gene has health benefit
2006/05 EurekAlert Mutation in deafness gene can help heal wounds and prevent infection
寿命の性差は太古からの普遍性質
2006/05 EurekAlert Evolutionary forces explain why women live longer than men

免疫の進化


2006/10 EurekAlert Tiny Tampa Bay fish key to evolution of immune system
2006/10 EurekAlert Discovery in the evolution of the immune system absorbing cells
細胞を吸収している免疫性のシステムの進化でのディスカバリー
2006/10 EurekAlert 'Killer' B cells provide new link in the evolution of immunity
 Immune cells play different roles in fish and mammals
2006/09 EurekAlert International team analyzes human genetic variation in key immune region
国際チームは、重要な免疫性の地域でヒト遺伝学的なバリエーションを分析する
2006/09 EurekAlert 'Killer' B cells demonstrate evolutionary link between fish and mammal immune systems
『キラー』B細胞は、魚と哺乳類免疫性のシステムの進化の関連をデモンストレーションをする
2006/04 EurekAlert New method to analyse the Major Histocompatibility Complex (MHC) of the human genome

past 体質の進化・人種


アフリカの血統の人々の20パーセントに、免疫システムをシャットダウンする遺伝子
2006/04 EurekAlert Found in 20 percent of people of African descent: MUHC describes gene that shuts down immune system

past アレルギー ぜんそく


2006/12 【日本語記事】毎日新聞 ぜんそく:児童・生徒、国際基準なら2倍に 潜在的な患者、把握できず--文科省
2006/12 【日本語記事】森林総合研究所 スギ花粉から多数のアレルゲン類似遺伝子を発見
2006/12 【日本語記事】 毎日新聞 特集:子どものアレルギー・大人のアレルギー 効果的な対策、治療法
2006/11 EurekAlert Infants wheeze less in homes with multiple dogs
複数の犬と一緒の家に暮らす乳幼児、より少ないゼーゼー
2006/11 【日本語記事】 asahi.com 乳酸菌食品で花粉症緩和 厚労省研究班「一定の効果」
2006/11 【日本語記事】 読売 給食アレルギー事故年300件、原因最多は果物
赤子の牛乳アレルギー
2006/11 BBC News Milk allergy in babies 'missed'
2006/11 EurekAlert Teens who smoke have increased risk of developing asthma
喫煙をする10代、喘息危険率増大
2006/11 EurekAlert Regular smoking substantially increases risk of asthma in adolescents
精液アレルギー
2006/11 Discovery Allergic to Your Husband? Blame Biology
2006/11 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM まれに存在する精液アレルギー

アレルギーなしネコ
2006/09 news@nature.com Allergy-free pets surprisingly simple
Non-allergenic cats on the market are a natural breed
市場に出ている非アレルギー性の猫は、自然な種類である
 最初遺伝子組み換えで開発しようとしていたチーム、自然種にアレルギーなしネコを見つけてびっくり
2006/09 BBC News 'Hypoallergenic cats' go on sale

2006/11 Nature Digest 【日本語PDF:「アレルギーフリー」のペット
 Allergy-free pets surprisingly simple
アレルギーを起こしにくいネコが発売されるが、これは実は自然の賜物である


2006/09 EurekAlert Low vitamin E intake during pregnancy can lead to childhood asthma
妊婦のビタミンE不足、小児喘息をまねく
スモッグとドッグはいっしょにしないで
 大気汚染地区で家に犬がいると、子供の喘息が悪化するかも
2006/08 EurekAlert USC research shows dogs and smog don't mix
科学なポッドキャスト:【podcast 音声】【英語】「花粉症、地球温暖化で増える」 MP3ファイル 2分
Allergies on the Rise Earthwatch Radio
 気温の上昇、二酸化炭素の増加、どちらも花粉の量を倍増させるんです。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。ネット Allergies on the Rise
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
2006/08 BBC News Protein 'may stop asthma attacks'
 low levels of proteins which should act as lung cells' first line of defence.
アナフィラキシーの機序
2006/08 EurekAlert Progress in battle against life-threatening acute allergy
2006/07 BBC News Swimming pool use link to asthma
2006/07 EurekAlert Allergy battle could be won in five years, says scientist
2006/07 BBC News Animal exposure may beat asthma
Exposure to certain animals may prevent rather than trigger asthma and allergies
赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍
2006/05 【日本語記事】 読売
2006/05 BBC News House dust mite jab shows promise
一般的な皮膚疾患と関連する遺伝子多型
 フィラグリンをコードする遺伝子の変異が、アトピー性疾患の発症リスクと関連
2006/04 【日本語記事】 nature genetics
イエダニアレルギー用ワクチン
2006/04 BBC News House dust mite jab shows promise
免疫のスイッチ、帝王切開だと作動せず?
2006/04 news@nature.com Natural birth teaches newborn gut a lesson
Babies born by caesarean may miss immune system trigger.
16歳未満の3割は花粉症 ロート製薬アンケート
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
2006/03 BBC News Baby antibiotics 'link to asthma'
2006/03 BBC News Peanut butter 'did not kill girl'
胎児が女の子だと、母体のゼンソクが悪化しがち
2006/02 EurekAlert Women pregnant with girls experience more severe asthma symptoms

ストレス


試験のストレスで落ちる免疫力 アレルギーも悪化
2006/08 EurekAlert Exam nerves affects students' immune defense

気分


past 病原体や寄生生物と免疫・抗体


2006/12 EurekAlert Cluster of journals publish findings on dangerous parasite, Toxoplasma gondii
危険な寄生体(トキソプラズマgondii)調査結果
2006/12 EurekAlert Single protein can determine severity of toxoplasma infections
一つのタンパク質は、トキソプラズマ伝染病の厳しさを決定することができる
2006/11 EurekAlert Evolution of typhoid bacteria
腸チフスのバクテリアの進化
2006/11 【日本語記事】 Science日本版 太古より身を潜めてきた腸チフス Typhoid, an Ancient Lurker
2006/11 【日本語記事】 Science日本版 腸チフス菌の進化の歴史 Evolutionary History of Salmonella Typhi

 カール・ジンマー
2006/11 New York Times Old Viruses Resurrected Through DNA
次々に誕生する新たな感染症はウィルスからの反撃?!
医師・旅行医学研究者  濱田 篤郎 氏
2006/10 【日本語サイト】 こだわりアカデミー
哺乳類が食わないような臭い臭気を発することができた腐敗菌が有利だったわけで
2006/11 EurekAlert Microbes compete with animals for food by making it stink
6000万年前のHorolodectes sunae
2006/10 EurekAlert Researchers give name to ancient mystery creature
眠り病の症状差と遺伝要因・環境要因 遺伝学的疫学
2006/10 EurekAlert Resistance and genetic sensitivity to sleeping sicknes
O157つき殺人ほうれん草
 大腸菌の進化疫学についての新著を準備中のカール・ジンマー
2006/09 The Loom : The Story Behind The Killer Spinach
2006/08 EurekAlert Viruses can jump between primates and humans, researchers warn
耐性菌の薬剤防御システムを解明 大阪大研究所
2006/08 【日本語記事】 asahi.com
病原菌:薬剤耐性、仕組み解明 院内感染防ぐ新薬期待--阪大
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞
多剤耐性菌、薬排出の仕組み=退治に向け原子レベルで解明-阪大など
2006/08 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
病原菌:薬剤耐性、仕組み解明 院内感染防ぐ新薬期待--阪大
2006/08 【日本語記事】 毎日新聞
多剤耐性菌克服へ糸口‐薬剤排出機構を解明
2006/08 【日本語記事】 薬事日報社
アフリカ・トリパノソーマ症 African trypanosomiasis
 環境適応の結果、普通でない染色体の構造に進化した寄生体は
2006/08 EurekAlert DNA to the defense
 the chromosomes are highly enriched in subtelomeric sequences dynamic and variable regions that connect the chromosome ends to the gene-rich cores.
2006/06 EurekAlert Bacteria have their own immune system protecting against outside DNA
細菌の薬剤抵抗性獲得
 進化は、利用できる突然変異の経路のごく少数にしか続かない ― より適当なタンパク質を達成するために
2006/04 EurekAlert Evolution follows few of the possible paths to antibiotic resistance
 Bacteria gain resistance from only a handful of 120 possible five-step mutational paths in a key gene
種をこえて感染するウィルスに見る進化
2006/03 EurekAlert Evolution in action: Why some viruses jump species
疫学:ウイルス集団では準種の多様性が協力的相互作用を通じて病原性を決める
2006/01 Nature Quasispecies diversity determines pathogenesis through cooperative interactions in a viral population
2006/01 EurekAlert A clue from macaques yields evidence for impaired retroviral defense genes in humans

寄生虫とアレルギー


2006/08 EurekAlert Researchers add crucial information on how the body's T cells react to parasitic diseases
2006/05 EurekAlert Parasitic worms used to fight bowel disease
科学なポッドキャスト:Nature Podcast: 26 January 2006
 疫学とドル紙幣 【podcast 音声】【英語】MP3 約24分
数理生態学 : ドル紙幣の動きを疫学に活かす
2006/01 【日本語記事】 Nature@日本







結核


2006/11 【日本語記事】goo/共同通信 中世の結核菌DNAを検出 日本初、聖マリアンナ医大

HIV


2006/11 【日本語記事】goo/読売 免疫効果高めるエイズワクチン、順天堂大など実験成功
  エイズウイルスの遺伝子の一部を、天然痘の予防接種に使われていた安全な種痘ウイルスに組み込んだ
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 疫学 : ゴリラもHIVの供給源?
2006/11 National Geographic HIV-Like Virus Found in Gorillas
2006/11 New Scientist Gorillas missing link in HIV mystery
2006/11 EurekAlert Wild gorillas carriers of a SIV virus close to the AIDS virus
2006/08 BBC News HIV 'switches off' immune cells
ウイルス学:HIVは核に向かう
2006/06 Nature Virology: HIV goes nuclear
医学:内核膜タンパク質エメリンはHIV-1の感染性を調節する
2006/06 Nature The inner-nuclear-envelope protein emerin regulates HIV-1 infectivity
医学 : HIVを阻止する
2006/06 【日本語記事】 Nature@日本
HIVの起源、カメルーンのチンパンジーと特定
2006/05 【日本語記事】 asahi.com
“エイズの起源”カメルーンに
2006/05 【日本語記事】 読売
2006/05 EurekAlert UAB researchers confirm HIV-1 originated in wild chimpanzees
2006/05 BBC News HIV origin 'found in wild chimps'
2006/05 National Geographic AIDS Origin Traced to Chimp Group in Cameroon
2006/05 news@nature.com HIV-like virus found in wild chimps
自然界でのHIVの隠れ家 HIV's Hiding Place in the Wild
2006/05 【日本語記事】 Science日本版

マラリア


2006/12 news@nature.com Malaria vaccine strategies get boost
Money and research results both on the up.
2006/12 BBC News Stopping malaria before the bite
ウォルバキアを操作して
2006/07 BBC News Study raises malaria block hopes
遺伝子組み替え寄生体の異形が{マラリアを止める
2006/07 EurekAlert Einstein researchers find 'key' to unlocking world's deadliest malaria parasite
P. falciparumゲノムに遺伝子を挿入して生物学的情報を得る初の効率的なテクニック
2006/07 EurekAlert Gene breakthrough heralds better prospect for malaria solution
2006/06 EurekAlert Study points to genes responsible for malaria parasite's survival in attempts to eradicate it
2006/04 EurekAlert Immune culprit in malaria-associated anemia
マラリア寄生体は、重要な免疫性のシステム細胞をそこなう
2006/04 EurekAlert Malaria parasite impairs key immune system cells
医学:熱帯熱マラリアではvar遺伝子プロモーターが毒性遺伝子の対立遺伝子排除を制御する
2006/02 Nature A var gene promoter controls allelic exclusion of virulence genes in Plasmodium falciparum malaria
寄生虫学:似たものどうしを取り替える
2006/02 Nature Parasitology: Switching like for like

インフルエンザ


2006/12 EurekAlert Recurrence of a flu pandemic similar to infamous 1918 flu could kill 62 million
悪名高い1918年のインフルエンザに似ている風邪世界的疫病禍の再発は、6200万人を殺しうる
2006/12 BBC News Flu 'could wipe out 62 million'
2006/12 【日本語記事】Science日本版
 ヒトインフルエンザA型(H3N2)の流行中間期における系統動態は突然の進化によって形づくられる
Epochal Evolution Shapes the Phylodynamics of Interpandemic Influenza A (H3N2) in Humans
2006/12 【日本語記事】Science日本版 ヒトインフルエンザの進化を解明するモデル
Model Reveals Human Flu Evolution
2006/11 EurekAlert Evolution of influenza A virus
インフルエンザAウイルスの進化
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 免疫 : 世界的大流行の可能性をはかる
免疫:H5N1インフルエンザウイルスのヒト型受容体への結合を可能にするヘマグルチニンの変異
2006/11 Nature Haemagglutinin mutations responsible for the binding of H5N1 influenza A viruses to human-type receptors
Shinya Yamada et al.
2006/11 EurekAlert Scientists find mutations that let bird flu adapt to humans
2006/10 【日本語記事】 Nature@日本 医学 : 1918年に大流行したインフルエンザの研究
 再構築された歴史上のウイルス
医学:1918年に大流行したインフルエンザウイルスによって引き起こされた宿主免疫応答
および細胞死応答の増加についてのゲノム解析
2006/10 Nature Genomic analysis of increased host immune and cell death responses induced by 1918 influenza virus

past自己免疫疾患


2006/12 EurekAlert Molecule linked to autoimmune disease relapses identified at Stanford
自己免疫疾患の再発に関係がある分子
2006/08 EurekAlert Scientists stop autoimmune disease without shutting off immune system
免疫機能を閉ざすことなく自己免疫疾患を止める
2006/07 EurekAlert Prevention is the best option: fighting autoimmune diseases
免疫が夜盲を招くとき@シャーガス病
2006/02 EurekAlert A case of mistaken molecular identity

past 免疫研究 免疫治療


免疫:胸腺での早期の出来事がエフェクターT細胞と調節性T細胞のバランスに影響を与える
2006/12 Nature Early events in the thymus affect the balance of effector and regulatory T cells
2006/12 【日本語記事】薬事日報社 【林原生物化学研究所】新たな制御性T細胞を発見‐抗癌・免疫抑制作用を併せ持つ
2006/12 【日本語記事】asahi.com BCGがアレルギー防ぐ仕組みを解明 理研
2006/12 EurekAlert UCSD researchers discover internal compass of immune cell
免疫細胞が持つ体内コンパス
2006/12 EurekAlert Preventing graft-versus-host disease disease after bone marrow transplant -- without toxicity
骨髄移植の後 ― 毒性なしで ― 対宿主性移植片病疾患を防ぐこと
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「多発性骨髄腫における骨髄移植」 MP3ファイル 28分
Bone marrow transplants in multiple myeloma
 The Health Report 2006-11-20 ABC@オーストラリア

 免疫システムのクォーターバックとも言えるT細胞。
 T細胞を多発性骨髄腫の患者さんから採取、培養して、腫瘍をやっつけるように強化操作してから患者に戻せば、効率的に腫瘍が撃退できる可能性。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
ネット Bone marrow transplants in multiple myeloma
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

免疫:Ras/MAPKシグナル伝達の区画化によって定められる胸腺での選択の閾値
2006/12 Nature Thymic selection threshold defined by compartmentalization of Ras/MAPK signalling
腫瘍の環境においてぞんぶんにふるまう進化の力学
2006/11 EurekAlert Does natural selection drive the evolution of cancer?
The dynamics of evolution are fully in play within the environment of a tumor
植物:植物の免疫系
2006/11 Nature The plant immune system
2006/11 BBC News Immune boost tackles skin cancer
免疫増強で皮膚ガン治療
2006/11 EurekAlert Mouse model underestimates the critical role of Tyk2 in human immune system
マウス・モデルは、人間の免疫性のシステムにおいてTyk2の重要な役割を過小評価する
HIV:疲弊したT細胞の元気回復法
2006/09 Nature HIV: Tired T cells turn around
医学:HIV特異的T細胞でのPD-1の発現はT細胞の疲弊と病気の進行に関係する
2006/09 Nature PD-1 expression on HIV-specific T cells is associated with T-cell exhaustion and disease progression
免疫テレビゲーム
2006/09 EurekAlert Video games: Medicine for the body
遺伝子操作を施した免疫細胞で癌を縮小
Engineered Immune Cells Shrink Tumors
2006/09 【日本語記事】 Science日本版
2006/08 EurekAlert Science researchers genetically transform immune cells into tumor fighters
遺伝子組み換えで免疫細胞を腫瘍ファイターに変える
2006/08 National Geographic Tumors Shrunk by Engineered Immune Cells, Scientists Say
2006/08 Discovery Altered Cells Fight Melanoma
黒色腫患者から免疫細胞を摘出して、よりよくガンを認識するよう改造する
2006/08 New Scientist Gene therapy breakthrough against skin cancer
2006/09 BBC News Gene therapy rids men of cancer
がん「攻撃部隊」体外で育成 米グループが新治療法
2006/09 【日本語記事】 asahi.com
免疫:マスト細胞は制御性T細胞による免疫寛容に不可欠な細胞である
2006/09 Nature Mast cells are essential intermediaries in regulatory T-cell tolerance
10.1038/nature05010
免疫 : マスト細胞と移植拒絶
2006/08 【日本語記事】 Nature@日本
2006/08 EurekAlert Scientist-astronaut sends T-cells into space
歯周病と免疫と骨粗鬆症
2006/08 EurekAlert First human study confirms that immune cells can be a primary cause of bone loss in gum disease
免疫:Card9は抗真菌自然免疫応答を誘導する非TLRシグナル伝達経路を制御する
2006/08 Nature Card9 controls a non-TLR signalling pathway for innate anti-fungal immunity
10.1038/nature04926
免疫 : 免疫系の新しいシグナル伝達経路
2006/08 【日本語記事】 Nature@日本
アルコールに似た分子が免疫細胞をおとなしくさせている場合
2006/08 EurekAlert Finding paves way for better treatment of autoimmune disease
一つのタンパク質は、オン/オフ免疫性のシステムの重要な構成要素を一転させることができる ― エレガントなgenomic舞曲のパートナーを変えることによって
2006/07 EurekAlert Flick of a protein switches immune response
ヘビ毒の解毒剤として機能する免疫システム
The Immune System's Snake-Bite Antidote
2006/07 【日本語記事】 Science日本版
2006/07 EurekAlert Researchers develop novel mouse model to witness immune system attack on chlamydia
研究者は、新しいマウス・モデルを開発する ― クラミジア感染症への免疫性のシステム攻撃を目撃するために
免疫 : KLF2の新しい役割
2006/07 【日本語記事】 Nature@日本
免疫:Kruppel-like factor 2は胸腺細胞およびT細胞の移動を調節する
2006/07 Nature Kruppel-like factor 2 regulates thymocyte and T-cell migration
免疫の目をくらませるタイプの腫瘍
2006/07 EurekAlert Tumor wizardry wards off attacks from the immune system
ドナーT細胞は、移植において幹細胞の運命を変える
2006/07 EurekAlert Donor T cells change the fate of stem cells in transplantation
小腸の細胞で病原菌感知 免疫利用の治療開発に道
2006/07 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
免疫:宿主応答における細胞内パターン認識受容体
2006/07 Nature Intracellular pattern recognition receptors in the host response
2006/06 New Scientist An immune system so versatile it might kill you
免疫学:胸腺には再度のチャンス
2006/06 Nature Immunology: A second chance for the thymus
免疫:クローン解析から明らかになった胸腺の皮質上皮および髄質上皮に共通する前駆細胞
2006/06 Nature Clonal analysis reveals a common progenitor for thymic cortical and medullary epithelium
免疫:生後の上皮前駆細胞によって誘導される機能を備えた胸腺の形成
2006/06 Nature Formation of a functional thymus initiated by a postnatal epithelial progenitor cell
アレルギーの引き金引く細胞、理研チームが突き止める
2006/06 【日本語記事】 読売
免疫学:適応可能な自然の殺し屋
2006/05 Nature Immunology: Adaptable innate killers
Natural killer cells are versatile white blood cells that act in the innate immune system. Quite how adaptable they can be in the absence of other, more specialized, immune cells comes as a surprise.
病院内の殺し屋と闘うまったく新しい抗生物質 プラテンシマイシン
2006/05 【日本語記事】 Nature@日本
悪名高いproto-発ガン遺伝子に別機能
2006/05 EurekAlert C-myc required by the immune system
 Infamous proto-oncogene turns up in a new role
免疫学:17だけの働きは?
2006/05 Nature Immunology: What does it mean to be just 17?
ワクチン:免疫をくぐり抜けるウイルスベクターを作る
2006/05 Nature Vaccines: Engineering immune evasion
2006/04 EurekAlert Researchers reveal lung's unique innate immune system
免疫抑制剤不要の新療法、京大グループが開発
2006/04 【日本語記事】 読売
免疫:ケモカインはCD4+ T細胞と樹状細胞との相互作用部位にナイーブCD8+ T細胞を誘導することによって免疫を増強する
2006/04 Nature Chemokines enhance immunity by guiding naive CD8+ T cells to sites of CD4+ T cell窶電endritic cell interaction
たんぱく質:白血球内、過剰な免疫反応抑制--理研グループが発見
2006/03 【日本語記事】 毎日新聞
2006/02 PhysOrg.com Scientists re-engineer antibiotic
 Scientists have re-engineered an antibiotic that attacks bacteria by inhibiting cell wall synthesis, thereby significantly increasing its effectiveness.
免疫学:疲れたT細胞を活気づける
2006/02 Nature Immunology: Exhausted T cells perk up
免疫:慢性のウイルス感染中に見られる疲弊したCD8 T細胞での機能回復
2006/02 Nature Restoring function in exhausted CD8 T cells during chronic viral infection
大人における脳細胞増殖と、免疫システム
 免疫アップで頭しゃっきり?
2006/01 Newsday Immune system may also help brain

past 免疫:動物


異種間移植
2006/06 EurekAlert Successful transplantation from pig embryos to mice
重要な免疫性の構成要素を欠いているマウスは、それでも慢性のウィルス伝染病を抑制する
2006/05 EurekAlert Mice lacking key immune component still control chronic viral infections
ショウジョウバエ(Drosophila)の成虫では、RNA干渉によりウイルスに対する自然免疫応答が決まる
RNA Interference Directs Innate Immunity Against Viruses in Adult Drosophila
2006/04 【日本語記事】 Science日本版
ヒトと同じ免疫のマウス 九州大グループが開発
2006/03 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2006/03 PhysOrg.com Mouse gets human-type immune system
ヒトの免疫持つマウス、九大チーム作製 薬剤開発に期待
2006/03 【日本語記事】 asahi.com
ウィルスの進化に負けず劣らず、遺伝子を速く変えることができる動物たち
2006/03 EurekAlert Animals can change genes quickly to keep up with viral ingenuity
胸腺を若返らせろ
 ホルモン投与で人体を初潮前の状態に戻せば、臓器移植の成功率が高まりそうだ@ブタ実験
2006/01 New Scientist Could organ transplants use a dose of teen hormones?
2006/01 BBC News Teen hormone transplant aid hope

past ほか


免疫:絶滅危惧種保全のための小範囲予防接種戦略
2006/10 Nature Low-coverage vaccination strategies for the conservation of endangered species
endangered Ethiopian wolf
免疫反応での性的な差異は、思春期に現れる
2006/02 EurekAlert Sexual differences in immune response appear at puberty
クローン病、免疫システムの弱化?
2006/02 BBC News Fresh theory on cause of Crohn's
2006/01 EurekAlert Commonly used antidepressants may also affect human immune system


 以上、 →2006年の記事でした


→ 「免疫、進化疫学、進化医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー