睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚:
2008年

ほか「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 2008年


2008/12 EurekAlert Another reason to avoid high-fat diet -- it can disrupt our biological clock
高脂肪飲食物を避けるべき、もう一つの理由-それは、我々の体内時計を混乱させることができる
妙な夢遊病や睡眠中の動作が起き始めると・・・
2008/12 BBC News Sleep gives brain disease warning
異常な睡眠は、脳の病気の前兆かも
2008/12 EurekAlert Sleep disorders: A warning sign for neurodegenerative disease?
睡眠障害:神経変性の病気における警告しているサイン?
2008/12 EurekAlert Sleep disorder may be early sign of dementia or Parkinson's disease
睡眠障害は、認知症あるいはパーキンソン病の初期の徴候である可能性がある
2008/12 BBC News Skipping sleep 'hardens arteries'
睡眠不足は、『動脈を堅くする』
2008/12 EurekAlert Skipping sleep may signal problems for coronary arteries
眠れないのはは、冠状動脈に問題があるというサインかも
2008/12 EurekAlert Later school start times may improve sleep in adolescents and decrease risk of auto accidents
学校の始業時間を遅くすれば、ティーンエージャーの睡眠を改善できるし自動事故のリスクも減少できるだろう
2008/12 EurekAlert Data mining of inpatient records reveals the disease pattern of obstructive sleep apnea
入院患者記録のデータマイニングは、閉塞性睡眠時無呼吸症候群のパターンを明かす
  the number of cases of OSA peaks between the ages of 0-4 years, is low during adolescence, and then rises from 25-29 years to a peak at 55-59 years.
2008/12 EurekAlert CPAP improves sleeping glucose levels in type 2 diabetes patients with OSA
シーパップ持続的気道陽圧法は、2型糖尿病患者で睡眠時無呼吸症候群によって眠っているブドウ糖レベルを改善する
2008/12 EurekAlert Study shows an independent relationship between the intensity of snoring sounds and sleepiness
研究は、いびきをかく音と眠気の強度との間で、独立した結び付きを示す
2008/12 EurekAlert Practice as well as sleep may help birds learn new songs
睡眠と同様に練習も、鳥があたらしい歌を学習するのを助ける可能性がある
一日に373カロリーほどよけいに
2008/12 BBC News Heavy snorers 'burn more energy'
 いびきを激しくかく人は『よりエネルギーを燃やす』
概日時計:氷山の一角からの情報
2008/12 Nature Circadian clocks: Tips from the tip of the iceberg
毎日、ヒストン・タンパク質の型を直すことは、サーカディアンリズム遺伝子と代謝遺伝子の相互作用の根底にある。
この調整するメカニズムは広範囲にわたる可能性があり、他の生理的プロセスにも影響を及ぼす。
doi:10.1038/456881a
生理:核内受容体コリプレッサーとヒストンデアセチラーゼ3が代謝生理の概日リズムを支配する
2008/12 Nature Nuclear receptor corepressor and histone deacetylase 3 govern circadian metabolic physiology
doi:10.1038/nature07541
2008/12 【日本語記事】Nature 生理:概日リズムでスリムになる
 胚発生に必要な酵素ヒストンデアセチラーゼ3(Hdac3)の活性化因子、核内受容体コリプレッサー1(Ncor1)
 Ncor1-Hdac3の相互作用を破壊すると時計遺伝子の調節が乱れる
 Ncor1ノックアウトのマウスは、エネルギー消費が増加し、インスリン感受性が高くなる
 正常なエネルギー収支には、代謝の概日リズムの調節が不可欠
よく眠れていますか?
2008/12 EurekAlert Poor sleep quality linked to postpartum depression
産後うつ病と貧しい睡眠品質
2008/12 EurekAlert Sleeping in school
子供の睡眠と健康
光暴露療法、黒いサングラスと厳密な睡眠予定をお使いなさい
2008/12 EurekAlert Study shows how shift workers can improve job performance and implement a realistic sleep schedule
夜勤シフトの労働者が、仕事パフォーマンスを改善し、なおかつ現実的な睡眠予定を実行できる方法
2008/12 EurekAlert Study shows how shift workers can improve job performance and implement a realistic sleep schedule
夜驚
2008/12 ABC@オーストラリア Sleep terrors may be inherited
睡眠恐怖は、遺伝される可能性がある

2008/12 BBC News 'Time-bending drug' for jet lag
時差ボケ解消に『体内時計をリセットする薬』tasimelteon タシメルテオン
2008/12 New Scientist Treatment for jet lag could take off
2008/12 EurekAlert Treating sleep apnea in Alzheimer's patients helps cognition
アルツハイマー患者の睡眠無呼吸を治療すると、しゃっきりするかもよ
2008/11 PhysOrg Nap without guilt: It boosts sophisticated memory
うしろめたくない昼寝:精巧な記憶を増進する
 昼寝をした人は、見たこともない中国の漢字を良く記憶した
2008/11 EurekAlert New research sheds light on fly sleep circuit
新しい研究は、ハエ睡眠回路に光を注ぐ
 GABAを用いて、腹側横のニューロン(LNvs)を静かにさせ、これらの細胞の興奮性を本質的に変えることによってハエで睡眠を誘発した
2008/11 EurekAlert Plants grow bigger and more vigorously through changes in their internal clocks
体内時計の変化によって、植物は、より大きく力強く成長する
2008/11 EurekAlert 26 percent of sleepless children become overweight
眠れない子の4人に一人は、デブになる
2008/11 EurekAlert Sleep helps people learn complicated tasks
睡眠は、人々が複雑な作業を学習するのを助ける
2008/11 EurekAlert Eye conditions linked with obstructive sleep apnea
眼の状態と睡眠無呼吸の関連
 眼瞼弛緩症候群 Floppy eyelid syndrome
 緑内障
 非動脈炎性前部虚血性視神経症 (nonarteritic anterior ischemic optic neuropathy NAION)
 鬱血乳頭
2008/11 EurekAlert Sleep apnea may be risk factor for sudden cardiac death, Mayo Clinic research concludes
睡眠時無呼吸症候群は、突然の心臓病患者死における危険因子である可能性がある
2008/11 PhysOrg Getting little sleep may be associated with risk of heart disease
睡眠不足は、心臓病気のリスクと関連する可能性がある
2008/11 PhysOrg Study Shows Brain Functions Same Way Awake or Asleep
脳は、目覚め・入眠で同じルートを示す
2008/11 news@nature.com Chilling device slows birdsong
冷却装置は、鳥の歌をスピードを落とす
脳のあちこちを冷やしてみたら、鳥が歌のタイミングを保つ方法が見えてきた
Cooling different brain regions reveals how birds keep time during song.
2008/11 【日本語記事】Nature 神経:頭を冷やして歌を遅くする
 キンカチョウの前運動野 HVCの活動を、冷却によって遅くすると、さえずりの全体の速度は下がったが、さえずり内の要素の音響構造には変化がなかった。
神経科学:クールな歌
2008/11 Nature Neuroscience: Cool songs
doi:10.1038/456187a
神経:鳴禽運動経路の時間的動態を温度を使って解析する
2008/11 Nature Using temperature to analyse temporal dynamics in the songbird motor pathway
doi:10.1038/nature07448
2008/11 EurekAlert Study shows pine bark reduces jetlag
松の木の皮が時差ボケを減らす
2008/11 【日本語記事】Nature 神経:自然のリズム
 複数の神経回路がマイクロ秒 からミリ秒の非常に短い時間スケールの時間情報の処理を行っていることは知られていた。
 ゼブラフィッシュの視覚系のニューロン活動が、数秒おきという比較的長い間隔で点滅する閃光のリズムを、刺激終了後も最大20秒まで保持
神経:時間間隔の知覚記憶として働くニューロン集団の同調的周期活動
2008/11 Nature Entrained rhythmic activities of neuronal ensembles as perceptual memory of time interval
Germa'n Sumbre, Akira Muto, Herwig Baier and Mu-ming Poo
doi:10.1038/nature07351
2008/10 EurekAlert Even mild sleep apnea increases cardiovascular risk
軽い睡眠時無呼吸であっても、循環器障害のリスクを増大する
2008/10 EurekAlert Respiratory rhythms can help predict insomnia
呼吸のリズムで、不眠症を予測
2008/10 EurekAlert Landmark study links sleep, memory problems in elderly African-Americans
高齢アフリカ系アメリカ人における睡眠と記憶の問題
2008/10 EurekAlert Emotion and scent create lasting memories -- even in a sleeping brain
感情と香りは、長続きする記憶を生み出す ― 眠っている脳においてさえ
夢の色はテレビが支配する
2008/10 New Scientist It's black and white: TV influences your dreams
 1915から1950年代までの研究は、 夢の大多数が白黒であることを示唆した
 60年代以降は、 最高83%の夢が一部の色を含む
治療すると頭がよくなりますか
2008/10 PhysOrg New light on link between snoring and cognitive deficits in children
子供の認知障害といびき
2008/10 PhysOrg Circadian clock may be critical for remembering what you learn
サーカディアンリズムは、何を学習したかの記憶に重要かも
2008/10 EurekAlert Learning to shape your brain activity
脳活動のコントロールを学習せよ
 特定の脳波記録の(EEG)活動を直接加減することによって、おのれの脳活動を加減する
 睡眠品質と記憶パフォーマンスを改善するために、脳の特定の活動の存在に『報酬を与える』
2008/09 BBC News Genetic clues to sleep disorder
睡眠障害の遺伝子手がかり
2008/09 【日本語記事】読売新聞 「過眠症」に関連遺伝子、東大教授らのグループが発見
ナルコレプシー 東京大の徳永勝士教授(人類遺伝学)らのグループ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080928-OYT1T00749.htm
過眠症は日本人の約600人に1人が発症
22番染色体の1か所に変異があると、過眠症に約1・8倍なりやすくなる
睡眠に関係のある遺伝子「CPT1B」など2個の遺伝子の働きが悪くなる
2008/09 ABC@オーストラリア Genetic 'defect' linked to narcolepsy
ナルコレプシー遺伝子『障害』
2008/09 EurekAlert Direct recording shows brain signal persists even in dreamless sleep
直接の録音は、示す ― 脳信号が深い睡眠でさえ残存することを
2008/10 EurekAlert Adolescent insomnia linked to depression and substance abuse during adolescence and young adulthood
ティーンエージャーの不眠症と、思春期~若い成人期におけるうつ病や麻薬使用の関係
2008/09 EurekAlert Surgery may help, but not cure, obese children with sleep disorders
扁桃やアデノイドを切除する手術は、太った児童の睡眠障害を軽減する可能性はあるが、完治は難しい
2008/09 New Scientist Sweet smells lead to sweet dreams
甘いにおいは、甘い夢に導く
 においが夢の「感情のcolouration」に影響する
 全ての被験者はバラのにおいによって刺激されるとポジティブな夢経験を報告した
 腐った卵にさらされるとおおかたは反対の経験をした。
2008/09 EurekAlert Olfactory stimuli may influence dreams
嗅覚の刺激は、夢に影響する可能性がある
2008/09 【日本語記事】ワイアードビジョン 「匂いと夢」の研究:嗅覚、感情、「原始的な脳」
2008/09 BBC News Sweet smells foster sweet dreams
甘いにおいは、甘い夢を促進する
2008/09 National Geographic Pleasant, Foul Odors Influence Our Dreams, Study Says
2008/09 EurekAlert ENT/sleep apnea patients experience higher levels of depression
ENT/睡眠無呼吸患者は、うつ病のレベルが高め
2008/09 New Scientist Plants' daily alarm clock discovered
発見される植物の毎日の目ざまし時計
2008/09 EurekAlert Erectile dysfunction related to sleep apnea may persist, but is treatable
睡眠無呼吸と関連する勃起機能不全は、長引きかねないが治療はしうる
2008/09 BBC News Women 'more prone to nightmares'
女のほうが悪夢を見やすい
 Women 'more nightmare prone'
自分の部屋にテレビを持っている子は睡眠時間が短めになっているよ
2008/09 EurekAlert Children with TVs in their room sleep less
2008/09 EurekAlert What a sleep study can reveal about fibromyalgia
睡眠と線維筋痛症
 線維筋痛症患者にみられる睡眠断片化
そのボケは、よく眠れば治るんじゃない?
2008/09 EurekAlert Brain imaging links chronic insomnia to reversible cognitive deficits without changes in behavior
慢性の不眠症と可逆的な認知障害のリンクを脳スキャンで見る
睡眠不足は、わずか一晩だけであっても、炎症を悪化させる
2008/09 EurekAlert Loss of sleep, even for a single night, increases inflammation in the body
2008/09 EurekAlert Study shows subjective sensitivity skin temperature change is decreased in older insomniac adults
主観的な皮膚温度変化への感度は、不眠症の高齢者では減少する
2008/09 EurekAlert More daytime sleeping predicts less recovery during rehabilitation for older adults
高齢者のリハビリテーションは、昼寝が多いと効き目が悪くなるようです
2008/09 EurekAlert Periodic limb movement during sleep is less common in African-Americans; associated with insomnia
睡眠の間の周期的な手足動きは、アフリカ系アメリカ人では少なめ; 不眠症と関連する
うつ病の母さんから産まれた子は、ちょっと睡眠パターンがごちゃってる
2008/09 EurekAlert Mom's mood, baby's sleep: what's the connection?
2008/08 PhysOrg 1 sleepless night increases dopamine in the human brain
一晩眠れないだけで、ヒト脳のドーパミンは増大する
 でも、認知症などの治療に使えるわけではありません
2008/08 EurekAlert Study shows more genes are controlled by biological clocks
体内時計が制御する遺伝子
不眠症:良い就寝時刻習慣なら、上手に一年中、眠るれるんだよ
2008/08 PhysOrg Insomnia: Changing your bedtime habits could help
2008/08 EurekAlert Study shows that older adult caregivers of people with dementia have worse sleep than noncaregivers
認知症高齢者の介護人、睡眠の質に恵まれない
神経科学:公認の同期性
 眠い脳は環境に少しの注意力しか払わず、ニューロンは一般的な振幅によってなだめられる。
 脳がす速く覚醒する際、それらニューロンはより独立に機能する。
2008/08 Nature Neuroscience: State-sanctioned synchrony
doi:10.1038/454839a
2008/08 EurekAlert Light receptors in eye play key role in setting biological clock, study shows
眼の光受容体が体内時計のカギ
2008/08 EurekAlert A therapy for baby boomers to sleep on
ベビーブーム世代の睡眠改善に薬を飲ませろ
2008/08 EurekAlert Study shows that surgical weight loss does not eliminate obstructive sleep apnea
外科的な体重減退は睡眠時無呼吸症候群を解消しない
我々が何を忘れ、何を覚えているかを決定するのは、睡眠
2008/08 EurekAlert Study finds that sleep selectively preserves emotional memories
睡眠は、選択的に感情記憶を保存する
2008/08 EurekAlert 94 percent of doctors surveyed are aware of relationship between type 2 diabetes and sleep apnea
94%の医者は、2型糖尿病と睡眠無呼吸の関係を知っている
睡眠薬に依存し、睡眠薬を飲むタイミングが早すぎ、依存期間が長すぎる・・・
 睡眠に問題のあるアメリカの消費者は4割以上
2008/08 EurekAlert Consumer Reports survey: 44 percent of Americans are 'Problem Sleepers'
2008/08 EurekAlert Sleep apnea a stand-alone mortality risk
睡眠時無呼吸症候群にスタンドアローンの死亡率リスク
2008/07 EurekAlert Sleep apnea linked to increased risk of death
死亡率がアップする睡眠時無呼吸症候群
2008/08 EurekAlert Australian study shows that sleep apnea is an independent risk factor for mortality
死亡率において単独の危険因子である睡眠無呼吸
2008/08 EurekAlert Study shows that people with sleep apnea have a high risk of death
睡眠無呼吸によって死のリスクが高まる
2008/07 EurekAlert Brain tweak lets sleep-deprived flies stay sharp
脳の遺伝子操作で、寝不足でもシャープで居続けるハエ
 ショウジョウバエで学習に関与する脳とメモリの部分を遺伝的に改変
年をとって記憶力が落ちるのは、睡眠中の記憶処理が悪くなるからかな
2008/07 BBC News Sleep clue to age memory decline
2008/07 EurekAlert Older people may need less sleep, study finds
老人は、あまり多くの睡眠は必要としないのかも
代謝と体内時計構成要素の分子のつながり
2008/07 EurekAlert Missing link found between circadian clock and metabolism
サーカディアンリズムと代謝の間で発見されるミッシング・リンク
2008/07 EurekAlert  Too much, too little sleep increases ischemic risk in postmenopausal women
睡眠不足や睡眠過多は、閉経後の女性で虚血性リスクを増大する
乳癌、肥満、睡眠障害と他の健康問題に関係する24時間周期の混乱の影響。
2008/07 EurekAlert  New approach sheds light on ways Circadian disruption affects human health
新しいアプローチは、24時間周期の混乱がヒト健康に影響を及ぼす方法に、光を注ぐ
2008/07 【日本語記事】Nature 細胞:細胞周期では正のフィードバックが歩調を合わせている
システム生物学:細胞周期とそのスイッチ
2008/07 Nature Systems biology: On the cell cycle and its switches
doi:10.1038/454288a
2008/07 【日本語記事】毎日新聞 むずむず脚症候群:患者らが「友の会」
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/07/15/20080715ddm013040157000c.html
2008/07 【日本語記事】Science 睡眠促進遺伝子を同定する
Finding a Sleepy Gene
ハエの正常な睡眠過程に必要なsleepless遺伝子の同定に成功
2008/07 【日本語記事】Science 睡眠促進因子「SLEEPLESS」の同定
Identification of SLEEPLESS, a Sleep-Promoting Factor
2008/07 EurekAlert Searching for shut eye: Penn study identifies possible sleep gene
 3,500匹のショウジョウバエを調べてほとんど寝ないミュータント[Sleepless]を発見
2008/07 【日本語記事】ワイアードビジョン 繁殖期を過ぎてもさえずる鳥――脳細胞自然死の抑制に成功
睡眠不足は、偽りの記憶を産み出す
 カフェインが、正確な思い出しを助けてくれるようだね
2008/07 news@nature.com Sleep loss produces false memories
But caffeine helps to boost accurate recall
2008/07 BBC News A good night's sleep may be the best way to boost our memory
良い夜の睡眠は、我々の記憶を押し上げる最善の方法であるかもしれない
 Sleeping soundly 'boosts memory'
2008/07 Discovery Sleep-Deprived? You Might Sound Drunk
2008/06 PhysOrg Delayed sleep phase syndrome linked to irregular menstrual cycles, premenstrual symptoms in women
月経不順や月経前症候群に関係がある睡眼相後退症候群(DSPS)
2008/07 EurekAlert Sleep problems associated with menopause vary among ethnic groups
更年期の睡眠問題は、人種で異なる
 夜中に起きてしまう回数は白人女性で多く、 ヒスパニックの女性はぐっすりしているっぽい
 朝早く目が覚めてしまう傾向は中国系で顕著、ヒスパニックではあまりない







2008/06 ScienceDaily Poor Sleep Quality And Insomnia Associated With Suicidal Symptoms Among College Students
大学生の自殺徴候と関連する貧弱な睡眠品質や不眠症
2008/06 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 健全な睡眠は健康な老後につながる
2008/06 EurekAlert Animal study suggests inadequate sleep may exacerbate cellular aging in the elderly
動物研究:不適切な睡眠は高齢者の細胞老化を促進するかも
2008/06 【日本語記事】毎日新聞 医療ナビ:不眠症 医師の診察を受けるのは、どのような時ですか。
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/06/20080624ddm013100138000c.html
高齢者の睡眠は太極拳で改善される
2008/06 EurekAlert Elderly's restless nights helped by ancient martial art
2008/06 EurekAlert Insomnia in parents can result in sleep problems, suicidal behavior among their offspring
両親における不眠症は、彼らの子の中の自殺の行動や睡眠問題を誘発する
2008/06 EurekAlert Sleep-related breathing disorders affect children's blood pressure during sleep
睡眠に関連した呼吸する障害は、睡眠の間、児童の血圧に影響を及ぼす
2008/06 EurekAlert REM sleep associated with overweight in children and adolescents
太りすぎの児童とREM睡眠
2008/06 EurekAlert Disturbed sleep is prevalent in widowed seniors
乱された睡眠は、やもめになった高齢者で一般的である
2008/06 EurekAlert Strong associations between disturbed rest/activity rhythms and mortality rates in older men
高齢男性における乱された安静/活動リズムと死亡率の強い結合
2008/06 EurekAlert Disturbed rest, activity linked to mortality in older men
2008/06 EurekAlert Young children in mostly Caucasian countries obtain more sleep than those in Asian countries
アジア系より白色人種国の若い児童のほうが睡眠時間が多め
2008/06 EurekAlert Moderate exercise can improve the sleep quality of insomnia patients
ゆるやかな運動は、不眠症患者の睡眠品質を改善することができる
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/aaos-mec050708.php
2008/06 EurekAlert Sleep restriction results in increased consumption of energy from snacks
スナックからのエネルギーの増大された消費における睡眠制限結果
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/aaos-srr050708.php
2008/06 EurekAlert 'Children's Report of Sleep Patterns' a reliable, maybe a valid measure of children's sleep habits
『児童の睡眠パターン報告』は頼りになる
 おそらく児童の睡眠習慣の確実な根拠のある計測
2008/06 EurekAlert Normal sleep linked to successful aging
すこやかな老化と、普通の睡眠
2008/06 EurekAlert Primary snoring in children impacts cardiovascular functioning
心臓血管の機能に影響を与える児童のいびき
2008/06 EurekAlert A self-help program delivered online can improve insomnia in adults
オンラインでもたらされる自助プログラムは、大人で不眠症を改善することができる
眼-ダメージを与えられたネズミは、時間の視覚を失う
一部の網膜細胞を欠いているネズミは、変えられた体内時計を持つ。
2008/06 news@nature.com Eye-damaged mice lose sight of the time
 Mice lacking some retinal cells have an altered body clock.
2008/06 EurekAlert Poor sleep linked to suicidal behavior among children and adolescents with depressive episodes
児童とティーンエージャーの間で抑鬱者エピソードによって自殺の行動に関係がある低品質睡眠
2008/06 EurekAlert Delaying school start time by one hour positively affects adolescents' cognitive performance
学校の始業時間を1時間遅くすると、ティーンエージャーの成績がアップ
2008/06 EurekAlert OSA patients heavily weigh psychological factors before deciding whether to adhere to CPAP
睡眠時無呼吸症候群患者は、心理的要素を強く鑑みる
 シーパップ持続的気道陽圧法に固執するべきかどうか決定する前に
2008/06 EurekAlert Maternal depression, breastfeeding and a lower socioeconomic status can affect infants' sleep
母方のうつ病、母乳保育、低い社会経済状態は、幼児の睡眠に影響を及ぼす
2008/06 EurekAlert Excessive mobile phone use affects sleep in teens
過度の携帯電話使用は、ティーンエージャーの睡眠に影響を及ぼす
睡眠を整えて成績アップ
2008/06 EurekAlert Morningness a predictor of better grades in college
Morningnessは大学の良い等級の指標
2008/06 EurekAlert Ongoing study continues to show that extra sleep improves athletic performance
余分な睡眠は、競技のパフォーマンスを改善する
 スポーツマンは、睡眠を余分にすることによってピーク・パフォーマンスを達成し機敏さと気分を改善する
2008/06 EurekAlert Women worrying about cancer are more likely to experience sleep disturbances
ガンじゃないかと思い煩う女は、不眠症じゃないか
産まれる前にタバコを含む向精神薬にさらされた子は、睡眠障害をかかえやすい
2008/06 EurekAlert Prenatal drug exposure linked to sleep problems in children
児童で睡眠問題に関係がある胎児期の薬暴露
2008/06 EurekAlert Memory loss linked to common sleep disorder
一般の睡眠障害に関係がある記憶欠損
2008/06 EurekAlert Children with Down Syndrome sleep poorly and have more fragmented sleep
ダウン症児は、なかなか良い睡眠をとれないようだ
総睡眠時間が減少すると、居眠りの際のREM睡眠が増える
2008/06 EurekAlert Decreased total sleep time associated with increased REM sleep during subsequent naps
首の太い子は睡眠障害をかかえやすいかも
2008/06 EurekAlert Children with bigger neck sizes face an increased risk of a sleep-related breathing disorder
2008/06 EurekAlert Consistent sleep aids children's performance on auditory attention task
一貫した睡眠は、聴覚の注意力作業で児童のパフォーマンスを促進する
夜勤の看護婦さんは途中で仮眠しましょう
2008/06 EurekAlert Nurses working overnight support the need for a restorative nap during the night shift
一晩働いている看護婦は、元気を回復させる昼寝における夜勤の間、必要性をサポートする
結婚生活が幸せなら低品質の睡眠もあまり気にならない
2008/06 EurekAlert More marital happiness = less sleep complaints
結婚生活上の幸福は白色人種の女性で睡眠問題のリスクを下げるかもしれない ― 結婚生活上の争いがリスクを高めるかもしれない間
学校の始業時間を遅くすれば、生徒の寝不足も居眠りも減るようです
2008/06 EurekAlert Students with a delayed school start time sleep longer, report less daytime sleepiness
成績の悪い中坊はむずむず足症候群を抱えていないか
 昼居眠りする高校生はもっとも成績が落ちやすい
 成績がふるわない大学生では不眠症がヤバイかも
2008/06 EurekAlert Sleep variables affecting school performance are different with each educational level
学校パフォーマンスに影響を及ぼしている睡眠変数は、各教育的レベルによって異なる
2008/06 EurekAlert Sleep extension improves alertness and performance during and following subsequent sleep restriction
2008/06 EurekAlert Postpartum mothers of twins have significant sleep restriction, depressive symptoms
双子の出産後の母は、著しい睡眠制限(抑鬱者徴候)を持つ
2008/06 EurekAlert Insomnia significantly affects the school performance of college students
不眠症は、大学生の学校成績にかなり影響を及ぼす
睡眠相後退症候群
2008/06 EurekAlert Delayed sleep phase syndrome linked to irregular menstrual cycles, premenstrual symptoms in women
月経不順や月経前症候群に関係がある睡眠位相遅延症候群
2008/06 EurekAlert Poor sleep can affect a student's grades, increase emotional, behavioral disturbance
2008/06 EurekAlert Bright light therapy may improve nocturnal sleep in mothers
うつや不安をかかえている子は睡眠障害をかかえているかも
2008/06 EurekAlert Children with depressive, anxiety disorders have more sleep problems
2008/06 EurekAlert Children with high risk for a sleep-related breathing disorder are more likely to have anxiety
2008/06 EurekAlert Link between migranes and sleep disorders in children
児童における頭痛と睡眠障害
晩飯や寝る前に脂っこいものを食べると、じゅうぶん眠れなくなりますよ
2008/06 EurekAlert Fat intake negatively influences the sleep pattern in healthy adults
脂肪摂取量は、睡眠パターンに否定的に影響する
2008/06 EurekAlert Increases in TST Related to CPAP treatment improve cognition in Alzheimer patients with OSA
シーパップ持続的気道陽圧法治療と関連するTSTにおける増加は、睡眠時無呼吸症候群のアルツハイマー患者で認識力を改善する
2008/06 EurekAlert Sleep problems linked to obesity, lower quality of life in school-aged children
学齢に達した児童における低QOLや肥満に関係がある睡眠問題
2008/06 EurekAlert Children who grind their teeth are more likely to have problems in school, be withdrawn
{歯ぎしりする} 児童はおそらくより多く学校に問題を持つ
2008/06 【日本語記事】読売新聞 夏時間での経済損失は1200億円、睡眠学会が試算額訂正
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080606-OYT1T00606.htm
2008/06 【日本語記事】読売新聞 「サマータイムは健康に悪影響」睡眠学会が導入反対声明
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080605-OYT1T00610.htm
2008/06 【日本語記事】読売新聞
 「むずむず脚」患者の会発足…情報提供、懇親会で孤立感解消
虫がはいずり回るような不快感
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080605-OYT8T00244.htm
腹時計は、睡眠周期を変えることができる
2008/05 news@nature.com Your belly's very own body clock
Food availability can shift sleep patterns, though researchers aren't sure how.
2008/05 BBC News Avoiding food 'may beat jet lag'
旅の時差ボケは食事時間の調節で解消せよ
2008/05 BBC News Starving yourself may fend off jet lag
断食で時差ボケ対策
 餓えは「食い物が見つかるまで」体内時計を覚醒方向に書き換える
2008/05 EurekAlert Study identifies food-related clock in the brain
研究は、食に関連した時計を脳で特定する
2008/05 BBC News No sleep 'renders brain erratic'
寝不足は『脳をむちゃにする』
睡眠不足の後、普通に近くすばやく作業をやっつけることができる脳機能の期間はある。
しかし、それは遅い反応と視覚注意力のひどい低下の期間とごっちゃになっている。
2008/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 睡眠不足だと仕事がはかどらない理由、科学的に明らかになる
2008/05 ABC@オーストラリア Green tea may help snorers sleep easy
緑茶は、いびきをかく人の睡眠を助けるかもしれない
2008/05 EurekAlert Study finds that obstructive sleep apnea causes earlier death in stroke patients
睡眠無呼吸は、卒中患者の寿命を縮める
2008/05 EurekAlert Treatment of obstructive sleep apnea with CPAP may lower blood pressure
シーパップは、血圧を下げるかもしれない
cAMP分子は体内時計「リズム」を保つ
2008/05 BBC News Body clock reset clue discovered
体内時計リセット手がかり
2008/05 EurekAlert Green tea compounds beat OSA-related brain deficits
緑茶化合物は、睡眠時無呼吸症候群に関連した脳障害を打破する
2008/05 【日本語記事】Nature 視覚:時計を気にする網膜細胞
 桿体と錐体とは関係ない概日周期機能に、第3の光受容細胞であるメラノプシン含有細胞を介したシグナル伝達が含まれる
視覚:メラノプシン細胞は、桿体-錐体入力を非像形成視覚へと伝える主要経路である
2008/05 Nature Melanopsin cells are the principal conduits for rod--cone input to non-image-forming vision
2008/05 EurekAlert Phase of clock gene expression in human leukocytes correlates with habitual sleep timing
ヒト白血球における時計遺伝子表現型の位相は、習慣的な睡眠タイミングと相関する
2008/05 EurekAlert A significant difference in the sleep disturbances among Alzheimer patients, caregivers
アルツハイマー患者と介護人の不眠症における著しい違い
寝過ぎも、睡眠不足も、メタボリックシンドロームになりやすいっぽい
2008/05 EurekAlert Sleep duration related to having the metabolic syndrome
世界的に、睡眠時間の短さと肥満には関連が
2008/05 EurekAlert A consistent, worldwide association between short sleep duration and obesity
2008/05 EurekAlert Link between sleep fragmentation and daytime napping in older adults
高齢者における睡眠断片化の関連と昼間の居眠り
2008/04 【日本語記事】共同通信 人とマウス、休息の取り方同じ 種を超えた法則存在か
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008043001000128.html
2008/04 【日本語記事】ワイアードビジョン 20分×6回の睡眠で時間を捻出:「超人睡眠法」を体験
2008/04 EurekAlert U-M study: Work hassles hamper sleep
職場での口論は、長く尾を引いた末に睡眠まで妨げる
2008/04 EurekAlert Getting a good night's sleep is the biggest problem for women entering the menopause
更年期女性は夜ぐっすり寝ないと
2008/04 EurekAlert Husbands with OSA are more likely to adhere to CPAP if their wives share the bed
睡眠時無呼吸症候群のだんなさん、奥さんといっしょに寝るほうが、シーパップ(持続的気道陽圧法)着用成績がよろしいようです
2008/04 EurekAlert JCSM: A high frequency of sleep-related breathing disorders in hospitalized patients
入院患者さんたちは睡眠障害の率高め
睡眠時無呼吸症候群患者 入院治療でも、宿泊施設治療でも、大差ない
2008/04 EurekAlert No difference in sleep of OSA patients studied in a hospital vs. a hotel-based sleep center
2008/04 EurekAlert Study sheds light on link between sleep disorder, behavior issues in kids
睡眠障害と子供の行動問題
ゾウの時間、ネズミの時間
2008/04 EurekAlert NYU dental professor discovers biological clock
 新しく発見された体内時計リズムは、視床下部に源を発する。
 この時計は生物のサイズによって周期が異なり、寿命の長短にも関わっている気配
2008/04 BBC News Baby sleep linked to weight risk
体重リスクに関係がある赤ちゃんの睡眠
 睡眠不足とテレビの見すぎは、赤ちゃんや幼児の肥満リスクを増す
2008/04 EurekAlert Lack of sleep can provoke sleepwalking
睡眠不足は、夢中歩行を誘発する
見知らぬ人に、既知の人を重ねてしまう 言いまつがいが頻発してしまう
 体内時計がずれているときに発生しやすい
2008/03 EurekAlert Are you my mother? Transference more pronounced when we are tired
多くの転移は我々が疲れているとき
2008/04 EurekAlert New study in the journal SLEEP finds a link between insomnia and depression in young adults
ジャーナル睡眠における新しい研究は、若い大人で不眠症とうつ病の関連を発見する
2008/04 EurekAlert Journal SLEEP: Insomnia may perpetuate depression in some elderly patients
ジャーナル睡眠:不眠症は、初老の一部の患者でうつ病を永存させるかもしれない
2008/04 EurekAlert Journal SLEEP: Short, long sleep duration is associated with future weight gain in adults
ジャーナル睡眠:短い、長い睡眠持続期間は、未来体重増加によって大人でかかわりを持たれる
2008/04 EurekAlert A reduced arousal threshold in Drosophila mutants prevents them from staying asleep
ショウジョウバエ・ミュータントにおける減らされた覚醒閾値は、それらが眠って居続けることを妨げる
2008/03 EurekAlert U of T research finds glycine could be key to REM Sleep Behavior Disorder
グリシンがREM睡眠行動障害へのカギである可能性
2008/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 青色発光ダイオードで体内時計をリセット
2008/03 New Scientist Blue LEDs to reset tired truckers' body clocks
2008/03 EurekAlert Adolescents with chronic insomnia report 'twofold to fivefold' increase in personal problems
慢性の不眠症によってティーンエージャーは、個人的な問題の増加を報告する
2008/03 EurekAlert Molecular biology of sleep apnea could lead to new treatments
睡眠無呼吸の分子生物学は、新しい治療法に導く可能性があった
2008/03 EurekAlert Sleep deprivation used to diagnose sleepwalking
夢遊病では睡眠不足も診て
2008/03 BBC News Tiredness 'raises sleepwalk risk'
疲労は、『夢遊病リスクを生じる』
2008/03 【日本語記事】Nature 生理:素早く動き出す春
 ウズラは光周性の研究に適したモデルとしてよく使われる
 光周性応答を引き起こすには脳下垂体前葉の隆起部での甲状腺刺激ホルモンの発現が不可欠
2008/03 【日本語記事】朝日新聞 動物の愛目覚める「春告げホルモン」 名大グループ発見
http://www.asahi.com/science/update/0319/NGY200803190010.html
 日が伸びると甲状腺刺激ホルモン「TSH」の分泌が増え、脳に「春が来た」と伝える
生理学:脳が光を受けると Hitoshi Okamura 岡村均
2008/03 Nature Physiology: Brain comes to light doi:10.1038/452294a
生理:脳下垂体隆起部の甲状腺刺激ホルモンが光周反応の引き金となる
2008/03 Nature Thyrotrophin in the pars tuberalis triggers photoperiodic response
Nobuhiro Nakao et al. doi:10.1038/nature06738
2008/03 BBC News Research finds birdsong trigger
2008/03 EurekAlert Systems biology approach identifies nutrient regulation of biological clock in plants
システム生物学アプローチは、体内時計の栄養を含む調節を植物で特定する
2008/03 EurekAlert The ABCs of childhood z's: Snoring may be chronic despite surgery
小児期のいびきは、手術にもかかわらず慢性かもしれない
2008/03 【日本語記事】読売新聞 “睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080312-OYT1T00590.htm
 睡眠時間が短いと肥満や糖尿病などの生活習慣病になりやすい
2008/03 【日本語記事】毎日新聞 睡眠時間:不足、メタボ呼ぶ 生活習慣病と関連 国内初の大規模調査
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/03/20080313ddm001040181000c.html
2008/03 EurekAlert Poor sleep more dangerous for women
寝不足の害は女性のほうが深刻
2008/03 【日本語記事】毎日新聞 体内時計:藻の遺伝子発見 進化解明に期待 名大、世界初
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/03/11/20080311dde041040007000c.html
クラミドモナスにホタルの発光遺伝子を注入。
今回発見した体内時計遺伝子6個のうち、3個は植物の時計遺伝子と似ている部分がある
来週から一時間早い放送だ
 サマータイムより何より、大衆の睡眠パターンを左右するのは番組の放送時間
2008/03 EurekAlert Early to bed early to rise ... depends on the TV schedule in your time zone
2008/03 【日本語記事】読売新聞 夜行性・昼行性など活動リズム、脳内ホルモンが関与
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080302-OYT1T00038.htm
 動物の一日の活動リズムを、新しく発見された脳ホルモンが調節する
 早稲田大の筒井和義教授(脳科学)らのグループ
睡眠不足でも、長時間眠る必要はございません
 深い眠りを増やすことで、短時間で回復するのです
2008/03 EurekAlert 'Power napping' in pigeons
ハトにおける『居眠りパワー』
2008/02 EurekAlert Journal SLEEP: Methylphenidate can have sleep benefits in adults with ADHD
ジャーナル睡眠:メチルフェニデートは、大人のADHDで睡眠利益を持つことができる
2008/02 EurekAlert New study in the journal SLEEP finds a high prevalence of eating disorders in narcoleptics
ジャーナル睡眠における新しい研究は、ナルコレプシー患者で摂食障害の高い罹患率を発見する
2008/02 EurekAlert Journal SLEEP: Children with OSA have abnormal respiratory-related evoked potentials
ジャーナル睡眠:睡眠時無呼吸症候群によって児童は、異常な呼吸器の関連する呼び起こされた可能性を持つ
2008/02 EurekAlert A similarity in the meaning of sleep quality between insomniacs, normal sleepers
不眠症の人(普通の眠る人)の間で睡眠品質を意味することにおける類似性
2008/02 New York Times A Leap Forward, but Hurdles Remain in Narcolepsy
ハードルをひとつ越えても、ナルコレプシーの将来にはまださらなるハードルが
2008/02 【日本語記事】朝日新聞 「ヒヤリハット」3倍 睡眠5時間未満のトラック運転手
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/K2008022703820.html
2008/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 動画:「夢を踊るロボット」、REM睡眠中の脳波がベース
寝不足の子は怪我しやすい 就学年齢前
2008/02 EurekAlert Children who do not get enough sleep sustain more injuries
2008/02 BBC News Six minute nap 'boosts memory'
6分の昼寝は、『記憶を促進する』
2008/02 New Scientist Are catnaps as beneficial as actual sleep?
 うたた寝は実際の睡眠と同じくらい有益か?
高齢者の昼寝に卒中リスク
2008/02 EurekAlert Daytime dozing linked to increased stroke risk in elderly
 常習的昼寝は高齢のアメリカ人で卒中のかなり増大されたリスクを前もって警告する
2008/02 BBC News Daytime dozing 'stroke warning'
昼間居眠りしている『卒中警告』
2008/02 【日本語記事】薬事日報社 喫煙者は良質な睡眠時間が少ない
2008/02 EurekAlert Surgery improves quality of life for children with sleep apnea
小児期の睡眠時無呼吸症候群を手術で治療する
2008/02 EurekAlert Sleep duration may play important role in childhood obesity
睡眠持続期間は、小児期肥満に関わりうる
2008/02 EurekAlert Insomnia patients often denied sleep treatment when they have mental health conditions
睡眠治療を拒否する不眠症患者は心に問題があるかも
2008/02 BBC News Sleepers 'at risk' from jet noise
ジェット騒音から睡眠中に『危険に陥る』
2008/02 ABC@オーストラリア Airport noise lifts blood pressure as you sleep
空港騒音は就寝中の血圧を上げる
2008/02 【日本語記事】 UK Today (イギリス)
 航空機の夜間の騒音は殺人的!?――高血圧症が空港周辺住民で50%アップ
2008/02 2008/02 New Scientist Aircraft noise poses a health risk for sleepers
2008/02 EurekAlert Brain region that can be stimulated to reduce the cognitive deficits of sleep deprivation identified
{活気づけられることができる ― 特定される睡眠不足の認知障害を減らすために} 脳領域
2008/02 EurekAlert New study in the journal Sleep finds a systematic change in dreams after Sept. 11, 2001
ジャーナル睡眠における新しい研究は、夢で9・11日テロ以後の組織的変化を発見する
2008/02 EurekAlert Journal Sleep: Respiratory disturbances during sleep increase significantly with age
睡眠の間の呼吸器の妨害は、年をとるにつれてかなり増大する
2008/02 EurekAlert PLMI predicts total sleep time in older people with cognitive impairment, sleep disturbance
PLMIは、老人で認知欠陥(不眠症)によって全体の睡眠タイミングを予測する
2008/02 EurekAlert Journal Sleep: Chronic insomnia can predict future functioning of adolescents
慢性の不眠症が、ティーンエージャーの未来に及ぼす影響
 身体や心理的な問題に大きいリスク
2008/02 EurekAlert 4 days of REM sleep deprivation contributes to a reduction of cell proliferation in rats
4日のREM睡眠不足は、ネズミで細胞増殖の削減の一因となる
2008/02 EurekAlert Journal Sleep: Study concludes a daytime nap can benefit a person's memory performance
昼寝は記憶パフォーマンスにプラス
2008/02 EurekAlert Changes in narcoleptics' skin, core body temperatures affect their vigilance and sleepiness
ナルコレプシー患者の皮膚や身体の芯における体温の変化は、覚醒と眠気に影響を及ぼす
2008/02 ABC@オーストラリア Sleep no escape from a wired world
新型のベッドはあなたのために就寝前用の映画をダウンロードする
 それからあなたの枕を調節し、温度を変え、あなたにマッサージを与えさえする
2008/01 Discovery How to Stay Online, Even in Your Sleep
オンラインまで居続ける方法 ― あなたの睡眠にさえおいて ―
2008/01 National Geographic Early Birds, Night Owls: Blame Your Genes
早起き、宵っぱり:それはもしかすると遺伝子のせい
2008/01 New York Times Study Gives Key Role to Sleep in Helping Brain Learn Anew
脳が新たに学習するのを助ける睡眠
皮から見るタイミング
2008/01 New Scientist Human skin cells hide circadian clock
 ヒト皮膚細胞の内部時計で、体内時計がライフスタイルとずれているか否か測れそう
2008/01 BBC News Cells' internal clocks revealed
明かされる細胞の内部時計
2008/01 EurekAlert AASM statement on use of sleep medications
睡眠薬物投与の用途についてのAASM声明
2008/01 【日本語記事】ITmediaニュース
 まぶたの開閉も検知する居眠り運転防止システム、トヨタが開発
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000077-zdn_n-sci
2008/01 【日本語記事】 UK Today (イギリス)
 睡眠障害 30万人以上が居眠り運転のリスクに
閉塞型睡眠時無呼吸低呼吸症候群(OSAHS)
脳内のつながりは、覚醒時は緊密で、睡眠時は疎になる
2008/01 EurekAlert Study: Brain connections strengthen during waking hours, weaken during sleep
2008/01 BBC News Sunday 'worst sleep' of the week
『眠りの質が最低になる』のは日曜日
2008/01 BBC News Mobiles linked to disturbed sleep
睡眠障害に関係があるケータイ
 寝る前に携帯電話を使うと、適切な夜の睡眠が得られない可能性
2008/01 Discovery Monarch Butterflies Guided by Inner Clock
体内時計に導かれるオオカバマダラ
 遺伝子の情報は、{オオカバマダラがカナダから冬の営巣場所であるメキシコの山まで自分の道を発見する} 方法を説明するのを助ける。
2008/01 EurekAlert 2 different neural pathways regulate loss and regain of consciousness during general anesthesia
全身麻酔の意識の欠損と意識回復を制御するそれぞれ2本の異なる神経経路
線虫は、sleep-like状態を持つ
2008/01 EurekAlert Snoozing worms help Penn researchers explain the evolution of sleep
居眠りしている線虫は、 ― 睡眠の進化を説明するのを助ける
2008/01 EurekAlert Daytime sleep improves memory consolidation
昼寝は、記憶力をアップする  90分の昼寝は長期記憶形成の速度を上げる
2008/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 35時間無睡眠のサルも元気に――脳内ホルモンを鼻内にスプレー
2008/01 PhysOrg Researchers reverse effects of sleep deprivation
2008/01 EurekAlert Researchers reverse effects of sleep deprivation
研究者は、睡眠不足の効果をくつがえす
 睡眠不足の認知機能減退効果は、天然の脳ペプチド(orexin-A)でくつがえすことができる
2008/01 【日本語記事】読売新聞 あなたの「睡眠」採点…携帯型の試作品完成、実用化目指す
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080104-OYT8T00198.htm
 耳に装着して脳波を測定する「睡眠計」 財団法人大阪バイオサイエンス研究所・裏出良博
2008/01 【日本語記事】読売新聞 寝る前のメールは不眠のもと
ホルモン分泌妨害「エスプレッソ2杯分」英で研究
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/
iryou_news/20071230-OYT8T00129.htm
2008/01 EurekAlert Study: Length of children's sleep duration varies; can influence their weight, behavior
子供の睡眠期間の長さは、異なっており、子どもの体重や行動に影響する


 以上、 →2008年の記事でした


→ 「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー