免疫、進化疫学、進化医学:
2008年

ほか「免疫、進化疫学、進化医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 12月


2008/12 EurekAlert Scientists isolate genes that made 1918 flu lethal
科学者は、{致命的な1918のインフルエンザを作った} 遺伝子を隔離する
2008/12 EurekAlert Cancer drug effectively treats transplant rejections
臓器移植の拒否反応を効果的に治療する抗がん剤
2008/12 EurekAlert Potential autoimmunity-inducing cells found in healthy adults
健康な大人でautoimmunity-inducingしている細胞
2008/12 BBC News Immune cells link to Parkinson's
パーキンソン病への免疫細胞リンク
 脳に侵入する悪者免疫細胞が、パーキンソン病の発病の一因となる可能性がある
2008/12 【日本語記事】毎日新聞 子どもの病気:化学物質との関連、母子6万組を調査へ‐‐環境省
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/12/22/20081222ddm002040131000c.html
アトピー性皮膚炎やぜんそくなど
2008/12 PhysOrg Mothers pass on disease clues to offspring
母は、病気手がかりを子に渡す
 環境のヒントに基づく免疫反応に対するtransgenerationalな影響
 妊娠中に病気の脅威に晒されたマウスは、効率的な免疫機能を備え、攻撃性向の低い安全な息子を産み出す
 母の環境における直接の病気リスクの知覚によって、子孫の病気耐性と社会の支配は潜在的に決定される。
免疫って、昼間より夜のほうが強いんだね
2008/12 EurekAlert Immunity stronger at night than during day
2008/12 BBC News MRSA targets may boost other bugs
MRSA対策は、他の耐性菌を生む可能性がある
MRSA targets may backfire
MRSA目標は、逆効果となる可能性がある
2008/12 news@nature.com  Vaccine failure explained
説明されるワクチンの故障
Immunologists show how deaths in 1966 could have been avoided.
免疫学者は、{ 1966年における死が避けられる可能性があった} 方法を示す。
 { 2人の幼児を殺した} 破滅的なワクチンの失敗は回避される可能性があった ― {免疫機能にガソリンを入れる} 化学物質補助薬がワクチンに追加されたならば。
 1966、ワクチンはアメリカで呼吸器のsyncytialなウイルス(RSV)に対してテストされた
 それはほとんどすべての児童を感染させる
2008/12 news@nature.com Imaging advances provide immune-cell breakthroughs
イメージング進展は、免疫細胞進展に供給する
Microscopy tracks living cells as they move through the body.
顕微鏡検査は生きている細胞を追跡する ― 彼らが身体中を動くにつれて。
2008/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 「宇宙で培養されたサルモネラ菌は毒性が強化」:制御するための研究
2008/12 EurekAlert Mathematical models of adaptive immunity
適応性免疫の数学的なモデル
2008/12 【日本語記事】Nature 免疫:RNAiで宿主をかわす
抗原変異によって宿主の免疫系から逃れるランブル鞭毛虫:腸に寄生する原生動物
 変異表面タンパク質(VSP)VSPの発現はランブル鞭毛虫のRNA干渉系によって制御される
免疫:ランブル鞭毛虫の抗原変異はRNA干渉によって制御されている
2008/12 Nature Antigenic variation in Giardia lamblia is regulated by RNA interference
doi:10.1038/nature07585
2008/12 news@nature.com Malaria vaccine gets shot in the arm from tests
Promising results pave the way for a vaccine candidate to undergo full-blown trials across Africa.
2008/12 【日本語記事】Science 母体由来のアロ抗原は子宮内で免疫寛容を誘導する胎児制御性T細胞の発生を促進する
Maternal Alloantigens Promote the Development of Tolerogenic Fetal Regulatory T Cells in Utero
2008/12 PhysOrg Discovery of virus in lemur could shed light on AIDS
キツネザルにおけるウイルスの発見は、エイズに光を注ぐ可能性があった
 マダガスカルからのリスのサイズの、皿のような丸い目をしたキツネザルのゲノムは、
 HIV-likeウイルスが霊長類とともに共進化したさまを理解するのを助ける可能性がある
寄生体に感染する免疫細胞のありさまを撮影
2008/12 EurekAlert Scientists film inner workings of the immune system
2008/12 EurekAlert Immune cells reveal fancy footwork
免疫細胞は、ファンシー・フットワークを明かす
 樹状細胞はリンパ節に移動する前に、粘着性の足を失う。それによって機動力が倍増する
2008/12 EurekAlert Place of birth contributes to asthma disparity
出身地は、喘息格差の一因となる
 アメリカの黒人においては、出身地で喘息の発症率にかなりの差があるぞ
 アメリカ国内生まれだと、喘息罹患率が高めなんだ
細胞:ヒトでは合成されない多糖の取り込みが細菌毒素に対するヒトの感受性にかかわっている
2008/12 Nature Incorporation of a non-human glycan mediates human susceptibility to a bacterial toxin
doi:10.1038/nature07428
2008/12 【日本語記事】Nature 細胞:二重の暴露
志賀毒素産生性大腸菌(Shiga toxigenic Escherichia coli)
食べ物の選び方によっては、毒性因子感受性を獲得すると同時に、病原菌に暴露される場合
免疫:Toll様受容体9は外部ドメインの切断によって機能的受容体となる
2008/12 Nature The ectodomain of Toll-like receptor 9 is cleaved to generate a functional receptor
doi:10.1038/nature07405
2008/12 BBC News Caesarean 'raises asthma risk'
帝王切開は、お子さんが喘息になる率をアップさせる

past 11月


免疫:セリアック病での抗グルテンT細胞応答にHLA-DQ8 β57の多型が果たす役割
2008/11 Nature The role of HLA-DQ8 β57 polymorphism in the anti-gluten T-cell response in coeliac disease
doi:10.1038/nature07524
2008/11 EurekAlert Researchers identify new leprosy bacterium
新しいハンセン病バクテリア
2008/11 【日本語記事】Nature 免疫:ILFの維持
 小腸内壁の特殊なリンパ組織孤立性リンパ濾胞(ILF)
 グラム陰性細菌のペプチドグリカンの存在が受容体NOD1によって認識される と、ILF形成が誘導される
免疫:片利共生生物によってNOD1を介して誘導されるリンパ組織形成が腸内の恒常性を調節する
2008/11 Nature Lymphoid tissue genesis induced by commensals through NOD1 regulates intestinal homeostasis
doi:10.1038/nature07450
The Plague of Athens
2008/11 EurekAlert Study of ancient and modern plagues finds common features
古代と現代の伝染病の研究は、疫病禍の共通した特徴を見つける
 アテネの疫病は海運の発達とともに彼らを襲った
2008/11 EurekAlert Researcher tricks immune system in diabetic mice
糖尿病ネズミに免疫トリック
 脾臓から一種の白血球「脾細胞」を採取し、{細胞のアイデンティティを化学物質でおおった
 島細胞移植を経る糖尿病ネズミの術前術後に、化学的な処理をされた細胞を注入。
 その結果、ネズミの免疫機能は細胞を拒絶しなかった
2008/11 EurekAlert Stopping germs from ganging up on humans
人間に対して細菌が団結することを阻止せよ
 細菌を協力させないようにすることは、抗生物質のような伝統的な薬物によって対処するより効果的に薬物耐性の進化を遅らせることができる
2008/11 【日本語記事】Science 昆虫における抗菌防御と持続感染
Antimicrobial Defense and Persistent Infection in Insects
感染後の細菌排除が極めて速やかにおこり、かつ誘導性の抗菌活性が上昇し始めるのは、大部分(99.5%)の細菌が駆逐された後 のみである
 昆虫の恒常的な免疫応答を受けて生き残った細菌は、その後に抵抗性が高まる
2008/11 【日本語記事】読売新聞 ぜんそくの「悪玉細胞」、理研がマウスで発見
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20081118-OYT8T00239.htm
2008/11 【日本語記事】毎日新聞 ぜんそく:原因の「悪玉細胞」特定 理研、新薬開発に期待
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/11/18/20081118ddm002040088000c.html
インターロイキン(IL)‐17RBというたんぱく質に着目。人為的にNKT細胞を欠損させたり、IL‐17RBの働きを止めたマウスでは気道の炎症が 起こらないことを確認し、IL‐17RBを持ったNKT細胞が気道過敏症を引き起こす「悪玉細胞」
2008/11 PhysOrg US 'super bugs' invading South America
南アメリカに押し寄せているアメリカ産『スーパー耐性菌』
 首都ボゴタで死者多数
U.S. clones of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) and vancomycin-resistant Enterococcus faecalis (VREF)
2008/11 EurekAlert Antibodies to cockroach and mouse proteins associated with asthma and allergies risk
喘息やアレルギーのリスクに関連 ゴキブリとネズミ・タンパク質に対する抗体
2008/11 BBC News 'Assassin' cells home in on HIV
HIV『暗殺』細胞
 免疫機能細胞(英国と米国科学者によって生み出される)はHIVをロックオンすることができる
2008/11 【日本語記事】Nature 医学:炎症性腸疾患とATG16L1
 腸の慢性炎症であるクローン病は、30以上の遺伝子座との関連が認められている。
 炎症免疫応答の制御と腸障壁の維持の両方に、Atg16L1(Atg16-like 1)が関与
生理:マウスおよびヒトの腸パネート細胞でオートファジーおよびオートファジー遺伝子Atg16l1が果たす重要な役割
2008/11 Nature A key role for autophagy and the autophagy gene Atg16l1 in mouse and human intestinal Paneth cells
doi:10.1038/nature07416
免疫:オートファジー関連因子Atg16L1の欠損はエンドトキシンによって誘導されるIL-1β産生を高める
2008/11 Nature Loss of the autophagy protein Atg16L1 enhances endotoxin-induced IL-1β production
Tatsuya Saitoh et al.
doi:10.1038/nature07383
2008/11 【日本語記事】読売新聞 「花粉症」3か月で改善、スイスの研究チームが新治療法
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081111-OYT1T00391.htm
2008/11 PhysOrg Persistent bacterial infection exploits killing machinery of immune cells
永続的なバクテリアの伝染病は、免疫細胞の殺人仕掛けを利用する
2008/11 EurekAlert New UGA research on gene sheds light on T-cell production
 出産の後、病気-戦いT-細胞を産み出す重要な遺伝子コントロールに胸腺の能力
2008/11 EurekAlert Previously unknown immune cell may help those with Crohn's and colitis
新顔の免疫細胞は、クローン病や大腸炎にヒントになるか
 腸管における扁桃とリンパ組織は、新しく特定される稀少免疫細胞のホームベースである
2008/11 EurekAlert Parasites that live inside cells use loophole to thwart immune system
{細胞の中に過ごす} 寄生生物は、抜穴を使用する ― 免疫機能を妨害するために
 免疫機能への化学的カギである一酸化窒素 その生産を妨げる微生物
 微生物がマクロファージを活性化させてアルギナーゼ酵素を作る

past 10月


2008/10 EurekAlert Stress may make you itch
 ストレスは皮膚の免疫細胞を活性化させて皮膚炎症を起こしうる
2008/10 EurekAlert In mice, anxiety is linked to immune system
ネズミにおいて、不安は免疫機能とリンクする
2008/10 EurekAlert Drinking milk to ease milk allergy?
ミルクを飲めばミルク・アレルギーがなんとかなる?
 経口免疫治療の研究は可能性を示すが、家でこれを試したりしないでくれ
2008/10 EurekAlert Gene against bacterial attack unravelled
バクテリアの攻撃に対抗する Toll2 遺伝子
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 タミフル耐性インフルエンザ9県で発見 国立感染研調査
http://www.asahi.com/health/news/OSK200810270017.html
2008/10 National Geographic Oldest Malarial Mummies Shed Light on Disease Evolution
最古のマラリアのミイラは、病気進化に光を注いだ
2008/10 New Scientist Human immune cells grown in pigs
ブタで育つヒト免疫細胞
2008/10 EurekAlert Cold virus found to manipulate genes
風邪のレトロウイルスが、ヒトの遺伝子を操るケース
2008/10 EurekAlert First comprehensive genomic study of common cold reveals new treatment targets
風邪における初の広範囲の遺伝学的研究は、新しい治療目標を明かす
2008/10 EurekAlert Researchers examine evolution of genes that trigger the body's immune response to viral infection
研究者は、遺伝子の進化を調べる
{身体が免疫反応を持つ} その誘因ウィルスの伝染病
2008/10 ABC@オーストラリア Egyptian mummies trace malaria's roots
エジプトのミイラに痕跡 マラリアのルーツ
2008/10 Discovery Egyptian Mummies Yield Earliest Evidence of Malaria
エジプトのミイラに、最も初期のマラリアの証拠
2008/10 EurekAlert Seemingly suicidal stunt is normal rite of passage for immune cells
見かけ上の自殺のスタントは、免疫細胞においては普通の通過儀礼である
2008/10 ScienceDaily Evolution Of Virulence Regulation In Staphylococcus Aureus
ブドウ状球菌アウレウスにおける悪性規制の進化
2008/10 EurekAlert Genetic based human diseases are an ancient evolutionary legacy
遺伝子がらみのヒト病気は、古代の進化上のレガシーである
2008/10 【日本語記事】Science 線虫(Caenorhabditis elegans)における自然免疫はNPR-1/GPCRを発現するニューロンによって制御されている
注1) NPR-1:neuropeptide receptor-1
注2) GPCR:G protein-coupled receptor
Innate Immunity in Caenorhabditis elegans Is Regulated by Neurons Expressing NPR-1/GPCR
2008/10 PhysOrg  Earliest known human TB found in 9,000 year-old skeletons
9,000年前の骨格で見いだされた、知られた中で最古のヒト結核事例
免疫:くっつくT細胞は助けになるT細胞
2008/10 Nature Immunology: Helpful T cells are sticky
doi:10.1038/455745a
免疫:SAPで制御されるT-B細胞相互作用は胚中心形成を引き起こす
2008/10 Nature SAP-controlled T--B cell interactions underlie germinal centre formation
doi:10.1038/nature07345
2008/10 PhysOrg Gene with probable role in human susceptibility to pulmonary tuberculosis identified
肺結核罹病性に役割がある遺伝子
2008/10 National Geographic Malaria Parasites Use "Cloaking Devices" to Trick Body
マラリアが免疫をだますために使用する分子トリック
2008/10 【日本語記事】National Geographic 免疫システムから身を隠すマラリア原虫
2008/10 National Geographic "Deadly Dozen" Diseases Could Stem From Global Warming
"致命的な"病気が、てんこもりに地球温暖化から生じる可能性
2008/10 【日本語記事】Nature 免疫:耐性菌に抵抗する
 バンコマイシンは腸の自然免疫系を不全状態にする
免疫:バンコマイシン耐性腸球菌は抗生物質に誘発された自然免疫系の不全状態を利用する
2008/10 Nature Vancomycin-resistant enterococci exploit antibiotic-induced innate immune deficits
doi:10.1038/nature07250
2008/10 【日本語記事】Nature 免疫:SAPが減ると抗体産生がへたばる
 SAP(signalling lymphocyte activation molecule-associated protein)の欠陥によって引き起こされるX連鎖リンパ球増殖症
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 HIV発見者論争に決着 ノーベル賞に仏の2博士
http://www.asahi.com/science/update/1006/TKY200810060306.html
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 エイズウイルス発見の2博士らにノーベル医学生理学賞
http://www.asahi.com/science/update/1006/TKY200810060247.html
2008/10 news@nature.com Virus discoveries secure Nobel prize in medicine
Work on HIV and human papilloma virus already offers health benefits.
2008/10 EurekAlert Neurotransmitter defect may trigger autoimmune disease
神経伝達物質の障害が、自己免疫疾患の誘因である可能性
免疫:STINGは自然免疫系のシグナル伝達を促進する小胞体のアダプター分子である
2008/10 Nature STING is an endoplasmic reticulum adaptor that facilitates innate immune signalling
doi:10.1038/nature07317
2008/10 【日本語記事】Nature 免疫:インターフェロンに行動を起こさせる
 体内の自然免疫系を活性化する分子 STING(STimulator of INterferon Genes)を同定
 性質が明らかになっていなかったタンパク質
2008/10 【日本語記事】Nature 医学:なかなか成功しないエイズワクチン開発
HIV-1ワクチン研究はまだ揺らん期
免疫学のモデルや仮説に当てはまらないレトロウイルス
2008/10 【日本語記事】Nature 医学:HIVおよびエイズの昔と今
 エイズ出現前の時代にさかのぼるHIV遺伝子の塩基配列
 1960年に採取されたリンパ節生検検体「DRC60」を1959年の別のHIV -1塩基配列と比較
 HIVの性感染が急激に増えている雲南省での流行封じ込め作戦
2008/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン HIVの起源は20世紀初頭
2008/10 【日本語記事】cnn.co.jp エイズウイルス、100年前には人間に感染していた?
2008/10 【日本語記事】National Geographic エイズ流行の起源は1880年代
2008/10 【日本語記事】共同通信 HIVの起源は1908年 国際チームが遺伝子解析
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008100201000008.html
エイズ:HIV-1ウイルスの先史時代
2008/10 New Scientist African cities triggered the AIDS epidemic
アフリカ人都市は、エイズ疫病禍の引き金を引いた
2008/10 Nature AIDS: Prehistory of HIV-1
doi:10.1038/455605a
医学:キンシャサでは1960年までにHIV-1の多様化が進んでいたことを示す直接証拠
2008/10 Nature Direct evidence of extensive diversity of HIV-1 in Kinshasa by 1960
doi:10.1038/nature07390
HIV:中国におけるHIV感染の変貌
2008/10 Nature The changing face of HIV in China
 中国の南からの包括的な新しいデータ
 HIVは、静脈薬物ユーザーのようなリスクの大きいグループから、一般的な母集団に広まった
 その広がりを停止させるために何が、行われる必要があるか?
doi:10.1038/455609a
医学:HIVワクチン開発における課題
2008/10 Nature Challenges in the development of an HIV-1 vaccine
doi:10.1038/nature07352
2008/10 EurekAlert MU scientists 'see' how HIV matures into an infection
2008/10 EurekAlert New findings indicate HIV/AIDS pandemic began around 1900, earlier than previously thought
2008/10 EurekAlert Urbanization in Africa at dawn of 20th century marked outbreak of HIV
2008/10 National Geographic HIV/AIDS Emerged as Early as 1880s
2008/10 Discovery AIDS Virus Traces Back 100 Years
2008/10 EurekAlert Hay fever may be best treated with self-adjusted dosing
花粉症は、自己調整投与が一番効くようだ
 効き目に従って、自分で投与量・回数を加減していってもらいます

past 9月


メタボ腹は、社会的シグナルとして進化した説
2008/09 PLoS One  Obesity as a Perceived Social Signal
「けだるい、貪欲な、政治的な、お金に関心がある、利己的、金持ち」
2008/09 【日本語記事】Nature 免疫:生涯働き続けるインフルエンザ抗体
1918年H1N1型インフルエンザウイルスのタンパク質に対する中和抗体
現在91歳から101歳の生存者32人から
免疫:1918年のインフルエンザ世界的大流行時の生存者のB細胞から
得られた中和抗体
2008/09 Nature Neutralizing antibodies derived from the B cells of 1918 influenza pandemic survivors
doi:10.1038/nature07231
2008/09 EurekAlert Children with hay fever more likely to experience headaches, facial pain
花粉症の子は、頭痛や顔の痛みを訴える頻度が高め
2008/09 EurekAlert Duke medical team finds genetic link between immune and nerve systems
免疫と神経システム関連の遺伝子
2008/09 EurekAlert Roman York skeleton could be early TB victim
ヨーク大学で発見されたローマ人の骨は、イギリス最古の結核患者である可能性があった
2008/09 BBC News Roman skeleton may give TB clues
2008/09 EurekAlert Why some primates, but not humans, can live with immunodeficiency viruses and not progress to AIDS
人間以外の一部の霊長類が、免疫不全ウイルスでエイズにならない理由
汗っかきには喘息が少なめ
2008/09 BBC News Sweaty people 'less asthma prone'
2008/09 EurekAlert Individuals vary their immune response according to age, sex and the costs
個人の免疫反応は年齢、性別、コストによって異なる
免疫:T細胞に発現するプロタンパク質転換酵素フリンは末梢の免疫寛容の維持に必須である
2008/09 Nature T-cell-expressed proprotein convertase furin is essential for maintenance of peripheral immune tolerance
doi:10.1038/nature07210
医学:西ナイルウイルス感染に関連するヒト遺伝子のRNA干渉スクリーニング
2008/09 Nature RNA interference screen for human genes associated with West Nile virus infection
doi:10.1038/nature07207
2008/09 BBC News Roman Empire 'raised HIV threat'
ローマ帝国は、『HIV脅威を引き上げた』
 ローマによってかつて支配された人々の子孫は、HIVに耐性を持ちそうにない
 HIVに耐性のある遺伝子変異の頻度は、密接にローマ帝国の境界と一致する。
2008/09 【日本語記事】時事通信 免疫T細胞の作り分けを解明 エイズやがんの新治療法期待 理研
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-080908X405.html
2008/09 EurekAlert Best way to treat malaria: Avoid using same drug for everyone, scientists say
マラリアを治療する最善の方法:全員に同じ薬を使用することを避けなさい
2008/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 親から子へ、DNA経由でウイルスも受け継がれる
ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)は卵子もしくは精子のDNAにも感染し、その結果その子供はHHV-6に感染した状態で生まれる可能性
2008/09 EurekAlert Virus weaves itself into the DNA transferred from parents to babies
ウイルスは、それ自体を両親から赤ちゃんまで移されるDNAに織り込む
2008/09 EurekAlert Scientists use remote satellite imaging to predict outbreaks of infectious disease
伝染病の発生を予測するために衛星を使用する
2008/09 【日本語記事】Nature 細胞:ウイルスに感染していた巨大ウイルス
ミミウイルス(mimivirus):多食アメーバ(Acanthamoeba polyphaga)の中で発見され、大きさは既知の最大ウイルスの3倍以上、大抵の細菌よりもでかいしまつ。
ウイロファージ(virophage;ウイルスに感染するウイルス)「サテライトウイルス」に寄生されていたりするし。
ウイルス:巨大ミミウイルス独特の寄生体としてのウイロファージ
2008/09 Nature The virophage as a unique parasite of the giant mimivirus
doi:10.1038/nature07218
2008/09 New Scientist Malaria's big bang was sparked by switching hosts
マラリアのビッグバンは、宿主切替から
 脊椎動物の多様性増加は寄生体がそれらを感染させることができるはるか前に起こった
 さまざまな動物に感染するマラリアの能力は、共進化じゃないっぽいよ
2008/09 news@nature.com Mathematical biology centre launched
Tennessee institute will focus on dynamics of animal disease.
数学的生物学センター設立
{テネシー研究所は動物の病気の力学の上で焦点を定めるだろう}。

past 8月


2008/08 EurekAlert New role for natural killers!
ナチュラルキラー細胞に新しい役割!
 NK細胞も、{免疫反応を抑制する} 化学物質を作るんだね
2008/08 【日本語ブログ】雑記帳 人類の脳の進化と精神分裂症
 健常者と精神分裂症の患者との比較から、人間の脳の進化と新陳代謝との関係について論じた研究
2008/08 news@nature.com Natural selection: The evolution of cancer
自然淘汰:ガンの進化
 Patrick Goymer reports on how evolutionary biology can be applied to cancer
2008/08 【日本語記事】読売新聞 ブタの腎臓を持つヒヒ、83日間生存…異種間移植最長記録
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080825-OYT1T00515.htm
鹿児島大学と米ハーバード大の研究チーム
 超急性拒絶反応の原因となる抗原を持たない遺伝子操作ブタ
2008/08 ScienceDaily Munich researchers discover key allergy gene
ミュンヘン研究者は、カギ・アレルギー遺伝子を発見する
2008/08 PhysOrg ETH Zurich study on salmonella self-destruction
サルモネラ菌の自殺
 細胞分裂の間のランダムな分子のプロセス
 自滅に関与することは一部の細胞を許す ― より大きい共有財産を生成するために。そして、それによって生き残っている兄弟の状況を改善する。
2008/08 Eureka! Science News Survivors of 1918 flu pandemic protected with a lifetime immunity to virus
生涯免疫によってウイルスから保護される1918年のインフルエンザ世界的疫病禍の生存者
2008/08 BBC News Bird flu hopes from 1918 victims
1918年の犠牲者から鳥インフルエンザ希望
2008/08 EurekAlert Trapping white blood cells proves novel strategy against chronic viral infections
白血球を閉じ込めることは、慢性のウィルスの伝染病に対して新しい戦略を証明する
2008/08 EurekAlert Trapping white blood cells proves novel strategy against chronic viral infections
タンパク質furin(T細胞の機能で重要な役割をプレーする酵素)
2008/08 EurekAlert NIH scientists find a novel mechanism that controls the development of autoimmunity
{自己免疫の発達を制御する} 新しいメカニズム
医学:FTY720の一過的投与は免疫を介した慢性ウイルス感染の排除を促進する
2008/08 Nature Transient FTY720 treatment promotes immune-mediated clearance of a
chronic viral infection

doi:10.1038/nature07199
免疫学:予想外の副作用
2008/08 Nature Immunology: Surprising side effects
doi:10.1038/454837a
2008/08 【日本語記事】Nature 医学:FTY720は2つの役割をもつ?
 新しいクラスの免疫抑制剤FTY720(フィンゴリモド)
2008/08 EurekAlert White blood cell uses DNA 'catapult' to fight infection
白血球は、闘い伝染病にDNA『カタパルト』を使用する
疫学:不顕性感染とコレラの動態
2008/08 Nature Inapparent infections and cholera dynamics
doi:10.1038/nature07084
2008/08 【日本語記事】Nature 疫学:コレラの隠された真実
 ベンガル地域で発生したコレラの死亡パターンからのモデル化:無症候性対症候性の比率が、実際には1,000 対1よりも大きい
 感染症の動態における不顕性感染の重要性
2008/08 【日本語記事】Science 新しい抗体がT細胞による癌退治を助ける
New Antibody Helps T Cells Kill Cancer
 非ホジキンリンパ腫患者において効率的にT細胞の攻撃照準を腫瘍細胞に合わせる抗体蛋白を開発
2008/08 【日本語記事】Science 胸腺外Aire発現細胞を介して免疫寛容が除去される
注)Aire: autoimmune regulator
Deletional Tolerance Mediated by Extrathymic Aire-Expressing Cells
 自己反応性T細胞の除去必須である胸腺のストローマ細胞による種々の自己抗原の発現は、Aire遺伝子の活性に依存している
 二次リンパ器官内で胸腺外Aire発現細胞(eTACs)を同定した
2008/08 【日本語記事】Nature 細胞:結核菌の自己活性化
 結核菌がそれ自身の活性化因子を排出する
結核:ずる賢い生き残り戦略
2008/08 Nature Tuberculosis: Shrewd survival strategy
doi:10.1038/454702a
細胞:分泌性転写因子が結核菌の病原性を制御する
2008/08 Nature Secreted transcription factor controls Mycobacterium tuberculosis virulence
doi:10.1038/nature07219
2008/08 EurekAlert Multi-tasking molecule holds key to allergic reactions
マルチタスキング分子は、アレルギーの反応にカギを保持する
RNAは、HIVに取り組む
抗体は、免疫機能細胞に干渉するRNA列を届けるのを助ける。
2008/08 news@nature.com RNA tackles HIV
 Antibodies help to deliver interfering RNA sequences to immune-system cells.
2008/08 EurekAlert Revolutionary technique could reduce lifelong drugs for transplant patients
革命的な技術に、移植患者が一生飲み続ける薬を減らす可能性
 移植受取人の血から白血球を採取し、ドナーの細胞を含めた非常に複雑な処置をほどこす。
 そしてそのテーラーメイドの細胞を患者に投与する。
2008/08 EurekAlert Novel method to create personalized immunotherapy treatments
免疫治療を個人差に合わせた治療にする新しい方法は
2008/08 EurekAlert Cutting the brakes on the immune system
免疫機能のブレーキを切る
 狼瘡で関係する新しく発見された遺伝子変異
2008/08 EurekAlert Survival of the fittest: even cancer cells follow the laws of evolution
ガン細胞の適者生存
 ガンの各タイプには、進化的な『選択的な利点』を提供する} ユニークな遺伝子突然変異が入る
2008/08 【日本語記事】Nature 疫学:数を頼りに広がるペスト
 ランダムな系における長距離の連結形成を考察するのに使える統計物理学のパーコレーション(浸透)理論
 中央アジアに生息するオオスナネズミ集団での疫病(ペスト菌感染)
 家族集団の個体数密度が十分に高くなった時にだけ、ペストが浸透していく

past 7月


2008/07 EurekAlert How 'hidden mutations' contribute to HIV drug resistance
HIV薬耐性の一因となる『隠れた突然変異』
Non-Hodgkin Lymphoma
2008/07 EurekAlert Hey fever! The surprise benefit of allergies
花粉症の人は、非ホジキン・リンパ腫(NHL)の罹患率が最高25%低め
2008/07 EurekAlert New study of gene evolution could lead to better understanding of neurodegenerative disease
遺伝子進化の新しい研究が、神経変性の病気理解に導く可能性
2008/07 EurekAlert Scientists figure out how the immune system and brain communicate to control disease
免疫機能と脳が病気コントロールにおいてどのようにコミュニケートするか
アレルゲンの種類に依存しない汎用アレルギー治療
2008/07 New Scientist 'Universal' allergy therapy a step closer
2008/07 BBC News Animal tissue rejection advance
動物の組織拒否進展
 移植医療で動物からの組織を拒絶するヒト身体の問題を克服する方法。
2008/07 【日本語記事】薬事日報社 ピロリ菌が小児の喘息を防ぐ
2008/07 EurekAlert Identification of protein able to stimulate production of T-cells
T-細胞の生産を刺激することができるタンパク質の同定
2008/07 EurekAlert New evidence of battle between humans and ancient virus
人間と古代のウイルスの間の戦いの新しい証拠
 HERV-Kに感染したヒト細胞は、いくつかの抗ウイルスタンパク質によって反撃する。
 それらのタンパク質のうちの1つAPOBEC3Gは、独特のパターンでウイルスDNAを変化させる
 人体は今どきのレトロウィルスもその経路で排除している
2008/07 EurekAlert  Asthma and other allergies tied to absence of specialized cells
専門細胞の欠如が引き起こす喘息やアレルギー
アフリカの突然変異は、HIV伝染病を増大するかもしれない
遺伝子の気まぐれは、マラリアに耐性を持つアフリカ人を、HIVに弱くするかもしれない。
2008/07 news@nature.com African mutation may increase HIV infection
 Genetic quirk fends off malaria, but may render Africans more vulnerable to HIV.
2008/07 EurekAlert  Genetic variation increases HIV risk in Africans
遺伝子バリエーションは、アフリカでHIVリスクを増大する
2008/07 EurekAlert  Gene variant found in those with African ancestry increases odds of HIV infection
アフリカ系の人々で発見される遺伝子変異は、HIV伝染病の確率を増大する
2008/07 EurekAlert  Genetic cause of innate resistance to HIV/AIDS
HIV/AIDSへの生まれつきの耐性の遺伝子原因
2008/07 BBC News Malaria gene 'increases HIV risk'
マラリア遺伝子は、『HIVリスクを増大する』
より強い免疫反応は、より長い生存と相関する
2008/07 EurekAlert Brain cancer study: Magnitude of post-vaccine immune response linked to clinical outcomes
脳ガン研究:臨床結果を左右するワクチン後免疫反応の大きさ
デング熱に「うまく」かかれば免疫で死病を逃れることができる
2008/07 New Scientist When acquiring mosquito-borne disease is a good thing
免疫:IL-21とTGF-βはヒト17型TH細胞の分化に必要である
2008/07 Nature IL-21 and TGF-β are required for differentiation of human TH17 cells
doi:10.1038/nature07021
2008/07 ABC@オーストラリア Ancient bones may hold clues to TB
古代の骨は、TBの手がかりを保持するかもしれない
 エリコの聖書の都市で結核戦いを助ける可能性があった古代の骨手がかりを調べている。
慢性の感情ストレスが免疫機能を老けさせる
2008/07 EurekAlert UCLA study identifies mechanism behind mind-body connection
2008/07 EurekAlert Researchers link Huntington's disease to overactive immune response in the brain
ハンチントン病で見られる脳組織へのダメージは、活発すぎる免疫反応によって大動脈と脳で引き起こされるかもしれない
2008/07 EurekAlert Allergy to road traffic
道路トラフィックに対するアレルギー
 交通量に関連した大気汚染への暴露と児童におけるアレルギーの病気の兆候の間の関連
母さんは木の実を食べないほうがいいのかな
2008/07 EurekAlert Consumption of nut products during pregnancy linked to increased asthma in children
児童の喘息に関係がある、妊娠中のナッツ摂取
2008/07 BBC News Asthma risk from pregnancy nuts
2008/07 【日本語記事】共同通信 よく動く人、がん遠ざける 厚労省研究班が調査
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008071001000325.html
霊長類の進化:ヒトであること
 1つの分子における違いから見る、人間と類人猿の分岐
 類人猿におけるNeu5Gc(サリチル酸)から人間におけるNeu5Acへの進化は、一つの分子の変異によってもたらされ、免疫機能にちょっとした変化を引き起こした
2008/07 Nature Human evolution: Details of being human
doi:10.1038/454021a
2008/07 BBC News Gender 'impacts on transplants'
臓器移植の結果に性差
 男のドナーから腎臓を移植された女性は、拒絶反応で予後が良くない率が高め







past 6月


IL-4 and IL-21
2008/06 EurekAlert Silencing of molecular 'conversation' may help curb severe allergies
分子の『対話』を封じると、ひどいアレルギーの抑制にいいかもしれない
2008/06 【日本語記事】読売新聞 拒絶反応抑え腎臓移植、新しい手術法を開発…女子医と順大
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080630-OYT1T00815.htm
移植された腎臓を攻撃しないように改造した免疫細胞を患者に注射する
新しいT細胞を移植患者に注射すると、他のT細胞も同じ性質を持つようになる
2008/06 EurekAlert Cancer 'cure' in mice to be tested in humans
ネズミで効いたガン『治療』を人間でやってみますよ
 選ばれたドナーからの特殊な白血球(顆粒白血球)を輸血
セルフクリーニングをする体内センサーを作りましょう
 免疫が排除できない異物には、繊維質細胞が寄ってたかってしまうので
2008/06 New Scientist Self-cleaning membrane shrugs off unwanted cells
2008/06 BBC News Chickens 'unlock allergy secrets'
チキンは、『アレルギー秘密の錠をあける』
 鳥は、人間でひどいアレルギー反応に責任があるカギ分子の化石バージョンを持つ
2008/06 EurekAlert Study further defines potential role of fish-based fatty acids in resolving, preventing asthma
喘息と魚の脂肪酸 オメガ3魚油
異性愛者におけるエイズの世界的流行は終わったらしい
2008/06 Independent Threat of world Aids pandemic among heterosexuals is over, report admits
エイズの異常流行は、本当に終わったか?
2008/06 New Scientist Is the AIDS epidemic really over?
はしかは、我々が考えた方法で作用しない
 ウイルスは、免疫機能(気管でない)を攻撃する。
2008/06 news@nature.com Measles doesn't work in the way we thought
 Virus attacks the immune system, not the airways.
2008/06 Discovery Mutant Mosquitoes May Combat Malaria
突然変異の蚊によるマラリア対策
MHC遺伝子は、{病原体攻撃での戦いに決定的である} タンパク質を産み出す。
2008/06 EurekAlert New findings on immune system in amphibians
両生類における免疫機能の新しい発見
2008/06 【日本語記事】Nature 免疫:ミョウバンアジュバントの作用機作
アルミニウム塩類は、マクロファージで働く細胞内自然免疫応答系であるNalp3インフラマソームを活性化する
2008/06 【日本語記事】Nature 免疫:バランスの維持
炎症促進性のTH17細胞と抑制性のTreg細胞の間のバランス
2008/06 EurekAlert Stress during childhood increases the risk of allergies
小児期のストレスは、アレルギーのリスクを増大する
2008/06 EurekAlert Caesarean sections associated with risk of asthma
帝王切開に喘息のリスク
2008/06 EurekAlert Road pollution blamed for higher allergy risk in kids
子供での高いアレルギー・リスクに交通公害
2008/06 EurekAlert Latest research on allergies: Specific immunotherapy can help
アレルギーの最新の研究:特定の免疫治療は、助けることができる
ベータ・エンドルフィン・ペプチドは気分を良くさせるだけでなく、免疫力をアップさせて癌排斥を促進する
 beta-endorphin peptide (BEP)
2008/06 EurekAlert Rutgers researchers show how the brain can protect against cancer
脳がガンに対して保護する方法
未知の抗生物質にさえ耐性を示してしまうばい菌たち
2008/06 New Scientist 'Time-travelling' bugs resist antibiotics of the future
2008/06 【日本語記事】Nature 免疫:低酸素状態と自然免疫の古くからの結びつき
単一のタンパク質が両方の応答に不可欠
自然免疫応答の主要な調節因子である転写因子NF-κBが、低酸素誘導性因子-1α(HIF-1α)の転写を調節している
免疫:NF-κBはHIF-1αの転写調節を介して自然免疫と低酸素応答を結びつける
2008/06 Nature NF-κB links innate immunity to the hypoxic response through transcriptional regulation of HIF-1α
doi:10.1038/nature06905
肥満は、ネズミがマラリアを払いのけるのを助ける
2008/06 New Scientist Obesity helps mice fend off malaria
「大腸菌の進化の科学」
【動画】科学なムービー
【英語】Science Saturday: Microcosm Edition
2008/05 ブロギング・ヘッズ
 カール・ジンマーとGeorge Johnsonのネット対談
・Carlユs new book, メMicrocosmモ (00:03:04-00:15:42)
 カールの新しい本「ミクロコスモス」
・E. coliユs love-hate relationship with viruses (00:15:42-00:22:01)
 ウイルスと大腸菌の愛憎の結び付き
・Our sloppy cells (00:22:01-00:35:15)
 我々のめめしい細胞
・The incredible mosaic of disease-causing E. coli (00:35:15-00:40:57)
 病気を引き起こす大腸菌のすごいモザイク
・Why nobody is immortal(00:40:57-00:49:13)
 みんなが絶対死ぬ理由
・Bacterial hitchhikers from Earth invade outer space (00:49:13-00:54:31)
 外宇宙を侵略する地球産のヒッチハイカーバクテリア

Microcosm: E. Coli and the New Science of Life
●ミクロコスモス:最新の生命科学と大腸菌の小宇宙
 Carl Zimmer (著)
 Pantheon Books (2008/5/6)

2008/06 EurekAlert Scientists demonstrate feasibility of preventing malaria parasite from becoming sexually mature
マラリア寄生体の性的成熟を妨げる手段
2008/06 【日本語記事】読売新聞 NK細胞で移植後の肝がん防ぐ
 正常な肝臓にある強い抗がん作用を持つナチュラルキラー細胞(NK細胞)を培養・投与
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080601-OYT8T00229.htm
長く花粉症をやっていると、そのうち呼吸器の能力が損なわれていくぞ
2008/06 EurekAlert Long-term bouts with hay fever worsen ability to breathe through your nose

past 5月


2008/05 【日本語記事】Nature 腸内細菌:共生細菌は健全な免疫応答にかかわる
腸内細菌 Bacteroides fragilis は、大腸炎を防ぐたった1種類の分子のおかげで善玉菌に分類される
2008/05 New Scientist That gut feeling: how friendly bugs protect us
2008/05 EurekAlert Getting better with a little help from our 'micro' friends
免疫学:腸を落ち着かせる多糖
2008/05 Nature Immunology: Soothing intestinal sugars
doi:10.1038/453602a
医学:微生物の共生因子は腸の炎症性疾患を防止する
2008/05 Nature A microbial symbiosis factor prevents intestinal inflammatory disease
doi:10.1038/nature07008
医学:ヒトA型インフルエンザウイルスのゲノム的、疫学的動態
2008/05 Nature The genomic and epidemiological dynamics of human influenza A virus
doi:10.1038/nature06945
2008/05 【日本語記事】Nature 医学:モノクローナル抗体の産生を促進する
非常に作製が難しい完全ヒトモノクローナル抗体を効率よく作り出す新しい手法
医学:インフルエンザウイルスに対する高親和性ヒトモノクローナル抗体の迅速なクローニング
2008/05 Nature Rapid cloning of high-affinity human monoclonal antibodies against
influenza virus

doi:10.1038/nature06890
2008/05 EurekAlert Protein plays key role in transmitting deadly malaria parasite
タンパク質は、カギ役割を演ずる ― 致命的なマラリア寄生体を媒介することで
2008/05 【日本語記事】Nature 医学:インフルエンザウイルスは熱帯生まれ
熱帯地方に存在 する持続的なインフルエンザ供給源から定期的に抗原変異体が出現し、これが温帯地域の受容集団へと移行する
帝王切開と喘息
2008/05 EurekAlert Possible biological explanation for C-Section-linked allergies and asthma found
 アレルギーにおける起こりうる生物学的説明
長子が喘息持ちになりやすいわけ
2008/05 EurekAlert First-born babies' higher asthma and allergy rates due to pregnancy conditions
最初に生まれた児童はより高い率で喘息やアレルギーを抱えてしまう― {彼らが子宮で経験する} 異なる状態のため、
2008/05 BBC News Allergy risk 'may be set in womb'
アレルギー・リスクは、『子宮から』
2008/05 EurekAlert Farm moms may help children beat allergies
農場母さんは、児童がアレルギーを打破するのを助けるかもしれない
妊婦+ストレス+アレルゲン=喘息の赤ちゃん
2008/05 EurekAlert Mother's prenatal stress predisposes their babies to asthma and allergy
母の胎児期のストレスは、彼らの赤ちゃんに喘息とアレルギーの素因を作る
2008/05 BBC News Asthma link to pregnancy stress
妊娠ストレスへの喘息リンク
病気の遺伝子にもご利益がある
 病気に関わる遺伝子をすべてリストアップする計画らしいが、そもそも病気遺伝子の存在自体、進化医学的な適応経緯があることを忘れるな。
2008/05 ジョン・ホークス The genetic networks underlying disease
 So we really shouldn't expect to find alleles associated with common disease phenotypes.
 我々は一般の病気表現型とかかわる対立形質の発見を予想するべきではない。
2008/05 EurekAlert Geneticists at the American Museum of Natural History trace the evolution of St. Louis encephalitis
アメリカ自然史博物館での遺伝学者は、セントルイス脳炎の進化をたどる
myosin 2 筋肉のミオシン今昔
2008/05 EurekAlert Ancient protein offers clues to killer condition
古代のタンパク質にヒト難病の手がかりを見る
 ホタテガイが数億年にもわたってミオシン2の全ての機能を保持したという真相は、我々に語る ― この折りたたみが筋肉で基本的ファンクショナル重要性である
2008/05 EurekAlert St. Jude study shows how T cell's machinery dials down autoimmunity
T細胞と自己免疫疾患
2008/05 【日本語記事】Nature 免疫:毒素と自己免疫
 ダイオキシンなどアリール炭化水素の毒性を仲介する転写因子、アリール炭化水素受容体(AHR)
 T-リンパ球集団であるTreg細胞とTH17細胞の間のバラン スの維持に、AHRがかかわっている
2008/05 【日本語記事】 UK Today (イギリス) 子供の白血病予防には、幼稚園が効く!?
 他の子供と社会的な交流があれば、白血病の発病リスクが30%少なめ

past 4月


2008/04 EurekAlert Scientists reveal evolutionary intricacies of Rickettsia pathogens
リケッチア病原体の複雑な進化
2008/04 Discovery Antibody Test Could Improve DNA IDs
抗体テストは、DNA鑑定より手っ取り早くて安い
2008/04 BBC News UK C. diff deaths 'rise sharply'
 耐性菌のクロストリジウムにやられて死ぬ65歳以上は、他国に比べて異常に多いぞ
2008/04 EurekAlert UIC scientists discover how some bacteria survive antibiotics
一部のバクテリアが抗生物質に耐えられるわけ
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 マラリア:原虫の受精に必須のたんぱく質 自治医大など発見
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/04/27/20080427ddm016040031000c.html
2008/04 EurekAlert Ugandan monkeys harbor evidence of infection with unknown poxvirus
ウガンダのサルに未知のポックスウイルス
2008/04 EurekAlert Cancer immunotherapy shows long-term promise in lung cancer
ガン免疫治療は、肺ガンで長期の約束を示す
2008/04 【日本語記事】読売新聞 冬流行のインフルエンザ、アジアで毎年新種が誕生
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080418-OYT1T00281.htm
2008/04 EurekAlert Mature B cells reprogrammed to stem-cell-like state
成熟したB細胞を幹細胞のような状態に再プログラムされる
2008/04 EurekAlert Sudden Oak Death pathogen is evolving, says new study that reconstructs the epidemic
オークの突然死病原体が進化している
ボリビアに新たな殺人ウィルス「Chapare」
2008/04 New Scientist New kind of killer virus discovered in Bolivia
2008/04 【日本語記事】Science アジアで誕生するインフルエンザの新種
 Asia, the Birthplace of New Flu Strains
 季節性インフルエンザは、アジアにおいて複数の流行が時間的に重複して発生する中で常に進化し、定期的に世界中に広がって、その後南米で死滅する
2008/04 【日本語記事】Science 季節性インフルエンザで検出されたA(H3N2)型ウイルスの地球規模循環
The Global Circulation of Seasonal Influenza A (H3N2) Viruses
2008/04 news@nature.com Flu hotspot found in Asia
Influenza strains then radiate worldwide.
2008/04 【日本語記事】産経新聞 インフルエンザ、発生源はアジア 流行経路、国際研究チームが解明
 http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/e20080417000.html
2008/04 New Scientist Revealed: the Asian source of the annual flu epidemic
2008/04 EurekAlert Study provides new understanding of forces behind seasonal flu virus evolution
2008/04 ABC@オーストラリア Flu comes fresh from Asia each year
新鮮なインフルエンザはアジアから
2008/04 National Geographic Flu Viruses Originate in Asia, Hitch Across Globe
2008/04 【日本語記事】Science 組換え免疫グロブリンGの Fc蛋白質により静注用免疫グロブリンの抗炎症活性を再現した
Recapitulation of IVIG Anti-Inflammatory Activity with a Recombinant IgG Fc
ヨーロッパ人における皮膚色の進化、そして、社会的皮膚色とプエルトリコ人における病気の関係
2008/04 Dienekes' Anthropology Blog: Skin color evolution in Europeans and Social skin color vs Disease in Puerto Ricans
 皮膚色遺伝子(SLC24A5)はアジア系以外のおおかたのヨーロッパ人において、明白に皮膚色を淡くさせる。
 SLC24A5 の進化研究からすると、欧州人の皮膚色が青白くなったのは、かなり最近の12,000~6,000年前あたりであるらしい。つまりそれまでは、ヨーロッパの人々は浅黒かった。
 約6000年前からの農耕の台頭で、食品に含有されるビタミンD量が少なくなり、ビタミンD欠乏症になりにくい点で有利な白い皮膚が広まったのではないか。
 欧州に到着してからずいぶん後に、皮膚色の変化が現れたわけで、人類の遺伝的進化がごく最近活発になってきた証拠というか。
 皮膚色が白く、ビタミンD生産がアップすれば、厚い衣服の着用も可能になるし。
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Scientists Discover Antibiotic-Eating Bacteria
「抗生物質を食べるバクテリアを発見」
2008/04 サイエンス・フライデイ Science Friday
 抗生物質を食う能力を持つバクテリアは、数百種類も存在する。
 その中には、ヒトや動物に病気を引き起こす細菌もいるのです。
臓器移植を成功させるために、寄生虫に倣った免疫操作はいかが
2008/04 EurekAlert Manipulating the immune system like a parasite
2008/04 EurekAlert Technique traces origins of disease genes in mixed human populations
技術は混合のヒト住民における病気遺伝子の起源をたどる
 DNAマーカーは各染色体上で先祖の起源を示す
2008/04 【日本語記事】Nature 免疫:血液細胞の系譜を作り直す
 成体の胸腺内に、T細胞にも骨髄系細胞にも分化できる前駆細胞が見つかった
免疫学:系譜の作り直し
2008/04 Nature Immunology: Blood lines redrawn
doi:10.1038/452702a
医学:T細胞の最初期の胸腺前駆細胞は骨髄系細胞への分化能を有する
2008/04 Nature The earliest thymic progenitors for T cells possess myeloid lineage potential
doi:10.1038/nature06840
免疫:成体のT細胞前駆細胞はミエロイド細胞への分化能を保持している
2008/04 Nature Adult T-cell progenitors retain myeloid potential
doi:10.1038/nature06839
疫学:インフルエンザの伝播に対する学校閉鎖の効果のSentinelネットワーク・データに基づく評価
2008/04 Nature Estimating the impact of school closure on influenza transmission from Sentinel data
doi:10.1038/nature06732
2008/04 【日本語記事】Nature 疫学:学校閉鎖の効果
 学校閉鎖は「効果あり」、児童へのインフルエンザ伝播率は約20%低下する。
 世界的大流行の期間中に学校閉鎖すれば、総患者数が約15%減少する。
2008/04 EurekAlert 1 in 7 cases of bird flu could be prevented by closing schools in event of pandemic
鳥インフルエンザの1/7は、防がれる可能性があった ― 世界的疫病禍のイベントで学校を閉鎖することによって
2008/04 【日本語記事】読売新聞 マラリア受精に不可欠なたんぱく質特定、ワクチン開発に期待
 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20080410-567-OYT1T00654.html

past 3月


2008/03 【日本語記事】読売新聞 「コレステロール低いと危険」免疫細胞の働き悪く
富山大が17万人分析
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080329-OYT8T00240.htm
2008/03 EurekAlert The complexities of genetic susceptibility to tuberculosis revealed
明かされる結核への遺伝的罹病性の複雑性
2008/03 EurekAlert Strengthening the tumor-fighting ability of T cells
T細胞の腫瘍-戦い能力を強化する
2008/03 【日本語記事】産経新聞 急性アレルギー反応 新たな仕組みを発見
 http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/m20080324025.html
IgEとは別の抗体のIgGもアナフィラキシーを起こす
2008/03 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 厚生労働省からインフルエンザのカードゲーム
 カール・ジンマーの新刊、いよいよ上梓。
 表紙かっこいいね。大腸菌の研究史と最新科学が満載だ。
 絶賛予約受付中。

Microcosm: E. Coli and the New Science of Life
●ミクロコスモス:最新の生命科学と大腸菌
 Carl Zimmer (著)
 Pantheon Books (2008/5/6)

Microcosm
 Carl Zimmer (著)
 William Heinemann Ltd (2008/7/3)


2008/03 【日本語記事】Nature 免疫:翻訳段階での制御
 免疫にはインターフェロンを介した遺伝子発現の転写制御が重要
 IRF7タンパク質はインターフェロン産生の主要な調節因子
 4E-BPリプレッサーはそのタンパク製造に関わっているので、4E-BP1や4E-BP2を狙えば免疫アップかも
2008/03 EurekAlert Vegan diet promotes atheroprotective antibodies in patients with rheumatoid arthritis
極端な菜食主義者飲食物は、患者で慢性関節リューマチによってatheroprotectiveな抗体を推進する
2008/03 BBC News Vegan diet 'help' for arthritis
慢性関節リューマチ患者は、gluten-free(極端な菜食主義)によって心臓発作と卒中のリスクを減らすことができるかもしれない
2008/03 EurekAlert Hissing cockroaches are popular, but they also host potent mold allergens
人気のマダガスカルオオゴキブリは、カビ・アレルゲンの宿主でもあるのです
2008/03 EurekAlert People with Job's syndrome lack specific immune cells
高IgE血症は、特定の免疫細胞を欠いている
サラセミアがマラリアに強いわけ 貧血症は、急な数によってマラリアを破る
2008/03 New Scientist Anaemia defeats malaria by sheer numbers
2008/03 EurekAlert Scientists say tropics are next emerging disease hotspot
科学者は、言う ― 熱帯地方が次の来たりくる病気ホットスポットであると
2008/03 【日本語サイト】Allabout 乳酸菌と花粉症の意外な関係
2008/03 New Scientist Reprogramming immune cells to fight disease
2008/03 EurekAlert How do infections and toxins launch a cell's self-destruct and alarm system?
どのように、{細胞が持つ} 伝染病と毒素打ち上げは、自滅してとシステムに警報を伝えるか?
ヘモフィルス-インフルエンザb型菌
2008/03 EurekAlert Deadly disease eliminated in children under 5 years of age in Uganda
5才未満児童で致命的な病気、ウガンダでほぼ根絶
2008/03 【日本語記事】朝日新聞 鼻に噴射、新ワクチン開発 新型インフルで厚労省研究班
 新ワクチンは鼻に吹きつけるだけ
http://www.asahi.com/health/news/OSK200803110124.html
2008/03 EurekAlert New bacteria contaminate hairspray
新しいバクテリアは、ヘアスプレーを汚染する
 日本の科学者は、{ヘアスプレーで生きることができる} バクテリアの新種を発見した
 理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室 (JCM)

一般の代謝障害における候補者遺伝子は、気候への適応
2008/03 PLoS Genetics: Adaptations to Climate in Candidate Genes for Common Metabolic Disorders
http://www.plosgenetics.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pgen.0040032
 エネルギー代謝に関与する遺伝子は、おそらく熱波や寒波への耐性を担って進化してきた。

 : 糖尿病は、厳しい気候への適応の結果であったとする説については、
 :→ 『 迷惑な進化:小氷河期と糖尿病 』 がけっこうまとめて紹介している。
 :”寒冷地では末梢神経の流量を下げて、体躯中心部の体温を確保できる体質の人間が生き延びやすい”


2008/03 EurekAlert Aromatherapy may make you feel good, but it won't make you well
アロマテラピーは、気持ちよくさせても、回復はさせてないでしょ
 免疫がアップするわけでなし、傷の治りが早くなるわけでもなし、痛みが和らぐわけでもなし
2008/03 EurekAlert Viruses evolve to play by host rules, according to University of Pennsylvania researchers
ホスト・バクテリアは、ウイルスに強い進化圧をふるっている

past 2月


Psychoneuroimmunology 心理神経免疫学
2008/02 EurekAlert Stress and fear can affect cancer's recurrence
ストレスと恐怖は、ガンの再発に影響を及ぼすのだ
2008/02 BBC News Race differences in immune genes
免疫遺伝子における人種差
2008/02 EurekAlert Increased allergen levels in homes linked to asthma
家にアレルゲンが多い状態と喘息の関係
2008/02 EurekAlert Autoantibodies and neuropsychiatric events in lupus
狼瘡における自己抗体と神経精神医学的イベント
 全身エリテマトーデス患者における精神病と脳血管性病に対しての可能性バイオマーカー(生体指標)
2008/02 【日本語記事】Nature 必殺の一撃:10億ドルでマラリアを根絶できるか?
 かねてより資金不足に陥っていたが、ゲイツ財団などの努力によって投資金が増大。
 Nature マラリア特集
2008/02 news@nature.com Malaria: The end of the beginning
マラリア対策  序章の終わり
 先駆的なマラリア・ワクチンは、まもなく臨床試験の最終フェーズに至るかもしれない。
2008/02 news@nature.com Malaria: The big push
マラリア対策への援助 ~ザンビア
2008/02 news@nature.com Malaria fact file
マラリア白書
エイズのルーツ
2008/02 news@nature.com HIV's ancient legacy
HIVの古代のレガシー  レトロウィルスは、何百万年も霊長類にちょっかいを出してきた
2008/02 news@nature.com Drug-resistant tuberculosis on the rise
増加している薬剤耐性結核  防疫官は、問題を過小評価した
2008/02 BBC News Virus immunity 'created in lab'
『研究室で生み出される』ウイルス免疫
2008/02 EurekAlert Yale scientists create artificial 'cells' that boost the immune response to cancer
ガン免疫反応を促進する} 人工『細胞』
 人工のcell-like小片を使用して、T細胞の急速・効率的な活性化と拡張強化をする方法
2008/02 EurekAlert Scientists identify proteins that help bacteria put up a fight
 科学者は、{病原菌細胞の融通性の一因となる ― 抗生物質の特定の種類に抵抗することで} 2つのタンパク質の役割を特定した。
2008/02 【日本語記事】朝日新聞 花粉症のメカニズムを知ろう
 http://www.asahi.com/ad/clients/bien2008/
2008/02 New Scientist Organ transplants without lifelong immunosuppressants
2008/02 【日本語記事】Nature 医学:次の新興感染症はどこで?
社会経済的、環境的、生態的要因に基づいて作る詳しい「ホットスポット」地図
監視活動や現在使われている研究費の多くが先進国に集中しているが、リスク地図は開発途上国の方が新興感染症発生の可能性がずっと高いことを示している。
2008/02 news@nature.com Disease monitors 'looking in the wrong places'
健康リーダーは、地球規模の戦略を必要とする ― 病気脅威を見つけることにおいて。
2008/02 EurekAlert Scientists make first map of emerging-disease hotpsots
2008/02 EurekAlert Emerging infectious diseases on the rise: Next target 'hotspot' predicted
2008/02 BBC News Map pinpoints disease 'hotspots'
疫学:新興疾患が世界に広まるとき
2008/02 Nature Epidemiology: Emerging diseases go global
医学:新興感染症における世界的傾向
2008/02 Nature Global trends in emerging infectious diseases
2008/02 【日本語記事】読売新聞 新興感染症、6割が動物から人へ広まる 米英研究チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080221-OYT1T00253.htm
薬剤耐性大腸菌
2008/02 BBC News Tracking global E.coli 'crucial'
『決定的』地球規模のE.coliを追跡すること
2008/02 EurekAlert Evolutionary history of SARS supports bats as virus source
SARSウイルス進化上の出処・コウモリ
2008/02 EurekAlert Single microRNA fine-tunes innate immune response
単一のmicroRNAは、生まれつきの免疫反応をファインチューニングする
2008/02 EurekAlert Math model identifies key to controlling epidemic
数学モデルは、カギを特定する ― 流行病を抑制することに
2008/02 【日本語記事】毎日新聞 アテナちゃんの教えて!:エマージングウイルス
 出現する背景に人間の活動
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/02/17/20080217ddm016070161000c.html
2008/02 BBC News Molecule 'triggers allergy attack'
『アレルギー発作の引き金を引く』分子
2008/02 EurekAlert Blocked signals to immune cells extend their life and contribute to progression of lupus
免疫細胞への信号妨害は、その寿命を延長し、狼瘡の進行の一因となる
2008/02 EurekAlert Bacterial toxin closes gate on immune response, Penn researchers discover
バクテリアの毒素は、免疫反応のゲートを閉める
 ブドウ状球菌アウレウスは免疫細胞の細胞膜にあるイオンチャンネルをシャットダウンする
2008/02 【日本語記事】Science HIV感染に必要な宿主蛋白質を機能的ゲノムスクリーニングにより同定した
Identification of Host Proteins Required for HIV Infection Through a Functional Genomic Screen
2008/02 【日本語記事】Nature 免疫:植物の免疫経路
うどん粉病菌と接触させたシ ロイヌナズナでの研究
2008/02 news@nature.com  HIV can 'never be cured'
HIVは、『決して治療されることができない』
エイズ・ウイルスは、最善の薬剤さえ妨害する ― 腸に隠れて。
2008/02 EurekAlert HIV persists in the gut despite long-term HIV therapy
HIVは、長期のHIV療法にもかかわらず胃に残存する
2008/02 【日本語記事】毎日新聞 Tリンパ球:理研、作り分けを解明 拒絶反応抑制に道
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/02/13/ 20080213ddm003040177000c.html
2008/02 Nature 免疫:TANK結合キナーゼ1はDNAワクチンに対する自然免疫と適応免疫応答を形づくる
TANK-binding kinase-1 delineates innate and adaptive immune responses to DNA vaccines
doi:10.1038/nature06537
2008/02 EurekAlert Researchers discover new battleground for viruses and immune cells
研究者は、ウイルス及び免疫性の細胞において新しい戦場を発見する
 専門の顕微鏡を使用し生体内のT細胞攻防をのぞき見る
2008/02 【日本語記事】 UK Today (イギリス) 
 どんなに食べても安心!? アレルギーを最も起こしにくい食べ物はジャガイモ
2008/02 【日本語記事】Nature 医学:アフリカの麻疹流行の消長
麻疹の疫学的研究から、流行変動の原因が感染の季節性にあることが示された。不安定性を最小にするようにワクチン接種を最適化できるかもしれない。
2008/02 Nature 医学:アフリカのサハラ以南地域における麻疹の動態
The dynamics of measles in sub-Saharan Africa
doi:10.1038/nature06509
2008/02 EurekAlert Dry season brings on measles in sub-Saharan Africa
乾いた季節は、サハラ以南のアフリカではしかをもたらす
2008/02 【日本語記事】Science 細胞傷害性T細胞の分化におけるRunx複合体による転写因子Th-POKの抑制
Repression of the Transcription Factor Th-POK by Runx Complexes in Cytotoxic T Cell Development
Ruka Setoguchi, Masashi Tachibana, Yoshinori Naoe, Sawako Muroi, Kaori Akiyama, Chieko Tezuka, Tsukasa Okuda, and Ichiro Taniuchi
T細胞亜群がどのように発生するかを理解する手掛かり
MHC(Major Histocompatibility Complex):主要組織適合抗原
腎臓移植を受けた患者に産まれる子は
2008/02 EurekAlert Immunosuppressant further linked to birth defects
 出産障害に免疫抑制剤が関わっているのか
2008/02 EurekAlert MSU researchers make new discoveries on what does and doesn't affect immune system
MSU研究者は、新しい発見を作る ― 何が免疫機能に行って及び影響を及ぼさないか
2008/02 EurekAlert Gene guards grain-producing grasses so people and animals can eat
穀物を守る遺伝子のおかげで、人や動物が食っていける
 穀物の病害を防ぐ遺伝子
2008/02 【日本語記事】Science 実験的関節炎において明らかになった、カテプシンK依存的なToll様受容体9のシグナル伝達
カテプシンK遺伝子を欠失させたカテプシンK-/-マウスは、実験的自己免疫性脳脊髄炎に対して抵抗性を示した。
カテプシンKは、自己免疫疾患の治療標的として役立つ可能性がある
2008/02 Science Cathepsin K-Dependent Toll-Like Receptor 9 Signaling Revealed in Experimental Arthritis
2008/02 【日本語記事】Science 白血球を標的とした短鎖干渉RNA(siRNA)の全身性デリバリー技術の開発によってサイクリンD1(CyD1)が抗炎症療法の標的となることが明らかになった
遺伝子サイレンシングにより白血球のCyD1の発現を生体内で選択的に抑制する技術
2008/02 Science Systemic Leukocyte-Directed siRNA Delivery Revealing Cyclin D1 as an Anti-Inflammatory Target

past 1月


2008/01 New Scientist Rat genes shed light on ancient human migrations
ネズミ遺伝子は、古代のヒト渡りに光を注いだ
2008/02 EurekAlert Globetrotting black rat genes reveal spread of humans and diseases
世界を旅行している黒ネズミ遺伝子は、ヒト及び病気の広がりを明かす
2008/01 EurekAlert Crossing the species line
種系統を越えて 動物及び植物における免疫監視機構の類似性
2008/01 EurekAlert U of M researchers discover a pathway to turn off immune system cells
免疫細胞の機能をオフにする経路
2008/01 EurekAlert Researchers uncover more about how poxviruses evade the immune system
ポックスウイルスが免疫機能を回避する 方法
2008/01 BBC News Baby allergy fears 'over the top'
赤ちゃんのアレルギーに対する母親の恐怖は過剰だ
endogenous retrovirus (ERV)
2008/01 EurekAlert Viruses for a healthy pregnancy
健康な妊娠にウィルス
 古代のウィルス感染に源を発するヒト・ゲノム
 我々の体に対する驚くべき効果を持つ上、健康な妊娠において重要でさえある
 ヒトゲノムの8%は、もとはhuman ERVs (HERVs)
MALT1
2008/01 EurekAlert A major step toward a more targeted treatment for auto-immune diseases?
自己免疫疾患の治療法へ
黒死病は、犠牲者の間で『差別待遇した』
2008/01 ABC@オーストラリア Black death 'discriminated' between victims
 ロンドン墓地の黒死病犠牲者490の骨格の分析
 健康な者ものきなみ死んでいったのだが、もとより健康状態が良くなかった貧者は、より死亡率が高かった
2008/01 BBC News Breast milk 'may be allergy key'
母乳は、『アレルギー・カギであるかもしれなかった』
 アレルゲンにさらされるメスネズミは、それを直接ミルクで子に渡すことができる。
2008/01 【日本語記事】読売新聞 鳥インフルでの死者100人…インドネシア
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080130-OYT8T00260.htm
2008/01 【日本語記事】読売新聞 イラク帰還兵から耐性菌…野戦病院で感染、拡大か
カナダ政府が近く対策会議
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080128-OYT8T00360.htm
2008/01 【日本語記事】朝日新聞 コロンブス隊、欧州に梅毒持ち込む 米大、通説裏付け
http://www.asahi.com/science/update/0123/TKY200801230361.html
世界各地の梅毒トレポネーマ26種類の遺伝子を解析
2008/01 【日本語記事】朝日新聞 骨髄移植併用で拒絶反応回避 免疫抑制剤なし、米で成功
http://www.asahi.com/health/news/TKY200801260242.html
2008/01 【日本語記事】読売新聞 米チーム、拒絶反応なしの腎移植に成功 提供者の骨髄同時に注入
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080125-OYT8T00390.htm
polymyositis/sclerodermia (PM/Scl) overlap syndrome
2008/01 EurekAlert Chopped up proteins trigger autoimmunity
自己免疫疾患の引き金を引くのは、ちぎれたタンパク質
2008/01 ABC@オーストラリア Australian girl's 'miracle' immune switch
オーストラリアの女の子の『奇跡』免疫転換
 こんな移植は世界初:血液型を変えて移植臓器に適合した免疫機能に変身
2008/01 New Scientist Bone marrow could stop organ rejection
骨髄は、拒絶反応を止める可能性があった
2008/01 news@nature.com Organ transplants without rejection
拒否のない臓器移植  免疫機能は移植臓器を寛大に扱うよう訓練される
2008/01 EurekAlert Queen's immunologists find better way to boost the immune system
免疫機能を促進するより良い方法
喘息発作をうけやすい個人の回りにおける空気を連続的に監視する センサー・システムを開発
2008/01 EurekAlert Investigating causes of asthma attacks: New sensor system monitors environmental exposure
喘息発作の原因を調査:新しいセンサー・システムは、環境の暴露を監視する
2008/01 BBC News Gene hope on immune disorder Gene advance on immune disorder
 Gene advance on Lupus
免疫性の障害に関する遺伝子希望
 英国で50,000人の人々に影響を及ぼす破壊的な免疫システム病、狼瘡に関与する遺伝子
2008/01 EurekAlert Steps toward Stopping Autoimmune Disease
2008/01 EurekAlert Lupus in women: New genetic risk factors identified
女性における狼瘡:特定される新しい遺伝子の危険因子
2008/01 EurekAlert Scientists identify genes linked to lupus in women
科学者は、女性で狼瘡に関係がある遺伝子を特定する
2008/01 EurekAlert DNA variations signal lupus risk
DNAバリエーション信号狼瘡リスク
 9つの変異は 狼瘡リスクを倍持つ人々を特定するのを助けうる
2008/01 EurekAlert Genes linked with lupus are revealed, giving hope for new treatments
2008/01 EurekAlert NEJM editorial on significance and limitations of new lupus gene expression research
2008/01 BBC News Immune therapy 'cuts heart risk'
免疫性の治療は、『心臓リスクを減らす』
心臓故障をもつ人々の一部は、活発すぎる免疫システムを弱める治療から利益を得るかもしれない。
2008/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 土を食べる人々:起源のひとつは「マラリア耐性」?
2008/01 news@nature.com Why do chimps eat dirt?
なぜ、チンパンジーは土くれを食べる?
Apes might eat soil to activate anti-malarial plants.
類人猿は、土壌を食べるかもしれない ― 反マラリアの植物を活性化するために。
2008/01 EurekAlert Down to earth remedies for chimps
チンパンジーは、 植物の抗マラリア薬特性を増強するために土壌を摂取する
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 原発性免疫不全症:理化学研究所、研究センター設立
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/20/20080120ddm016040072000c.html
「理研ジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センター」
2008/01 EurekAlert A tricky tumor virus
トリッキーな腫瘍ウイルス
 エプスタインバーウイルスは、その宿主細胞の信号タンパク質の生物学的特性を再プログラムする
2008/01 EurekAlert Battling potential disease outbreaks online
疫病禍発生の可能性とオンラインで闘う
2008/01 EurekAlert Scientists discover a new player in innate immune response
生まれつきの免疫反応における新しいプレーヤー分子を発見
 Akirin:日本語で「明白なものになること」を意味する

 :ええええ そんな日本語ないだろ …阪大が噛んでいるのか
 :ということは「明らか」の変化型のつもりかなにか?
2008/01 National Geographic Did Columbus Bring Syphilis to Europe?
コロンブスは、ヨーロッパに梅毒をもたらしたか?
2008/01 New Scientist Columbus blamed for spread of syphilis
梅毒の広がりにおいてのろわれるコロンブス
2008/01 Isolated Tribe Gives Clues to the Origins of Syphilis
隔離された部族は、梅毒の起源に手がかりを与える
By Carl Zimmer カール・ジンマー
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 腸内細菌:アレルギー防ぐ腸内細菌を探せ
 100兆個生息、活発化する研究
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/20/20080120ddm016040068000c.html
2008/01 EurekAlert Study helps explain how allergic reactions are triggered
研究は、{アレルギーの反応が引き金を引かれる} 方法を説明するのを助ける
 マスト細胞活性化の重要な調節装置にカルシウムチャンネル
2008/01 news@nature.com Syphilis: spoil of the New World?
梅毒は新世界からの掘出し物?
遺伝子の研究は、コロンブスをのろう ― ヨーロッパに梅毒をもたらすことにおいて。
2008/01 EurekAlert Mothers' stress may increase children's asthma
母のストレスは、子供の喘息を増大するかもしれない
 Children whose mothers are chronically stressed during their early years have a higher asthma rate than their peers, regardless of their income, gender or other known asthma risk factors.
2008/01 EurekAlert Dissecting the genetic components of adaptation of E. coli to the mouse gut
ネズミ腸に適応した大腸菌遺伝子の構成要素を分析する
2008/01 EurekAlert Protein's new role discovered in autoimmune disease
自己免疫疾患で発見されるタンパク質の新しい役割
 関節炎や狼瘡のような自己免疫疾患で、未知の大きな役割を持つ化学的メッセンジャー
 B細胞の能力を形づくることにインターロイキン 17が大きな役割を演ずる
2008/01 EurekAlert Protein a possible key to allergy and asthma control
アレルギーと喘息制御のカギであるタンパク質
 免疫性の一部の細胞に発見されるタンパク質を活性化すると、アレルギー反応を開始する細胞の仕事が停止するようである
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 乳酸菌:アレルギーの抑制力解明 東大など、症状緩和に可能
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/04/20080104dde041040035000c.html
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 アレルギーの抑制力解明 東大など、症状緩和に可能性
 http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/
20080104dde041040035000c.html
 腸内乳酸菌の一種が、アレルギーの原因となる免疫細胞をアポトーシスに導く


 以上、 →2008年の記事でした


→ 「免疫、進化疫学、進化医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー