食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害:
2008年7~12月

ほか「食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 12月


「そらお腹の子のぶんだけちゃうやろ!」
2008/12 EurekAlert When it's not just baby weight
肥満度の把握がイマイチな人、妊娠中に激太りしかねない
2008/12 EurekAlert Group treatment may help children achieve healthier weights
グループ治療は、児童がより健康な体重を達成するのを助ける可能性がある
2008/12 EurekAlert Obesity increases lymphedema risk for breast cancer survivors
肥満は、乳癌生存者におけるリンパ浮腫リスクを増大する
2008/12 EurekAlert New psychotherapy has potential to treat majority of cases of eating disorders
あたらしい精神療法は、 摂食障害の事例の大半を治療する可能性を持つ
 「強化された」認知行動療法の新形式
2008/12 EurekAlert The virtue of variety: More options can lead to healthier choices
多種多様なメニュー項目から選択できる人々はより健康なお食事をなさることでしょう
体重を左右する脳遺伝子
2008/12 EurekAlert Brain background to body mass
 {増大されたBMI標準体重(ボディ・マス・インデックス)と関連する} 6つの新しい遺伝子変異
 遺伝子のうちの5つは、脳に関わることで著名である
 新陳代謝ではなく、ヒト行動を左右することによって肥満に関わる遺伝子変異はけっこう多いのかもしれない
2008/12 EurekAlert 6 new genes suggest obesity is in your head, not your gut
6つの新しい遺伝子は、示唆する ― 肥満が腹ではなくあなたの頭から来ることを
2008/12 BBC News Obesity 'set before age of five'
 小児期肥満は、5才になる前にセットされる
2008/12 BBC News Therapy hope for eating disorders
摂食障害に認知行動療法
2008/12 BBC News Obesity 'controlled by the brain'
『脳によって制御される』肥満
自分に甘くなる
2008/12 EurekAlert Slippery slope: 1 tiny truffle can trigger desire for more treats
一個の小さいトリュフは、欲望の引き金を引く
 チョコレート・トリュフを食べた参加者は、アイスクリームやピザ、ポテチをもっと食べたがった ― トリュフを食べることを控えるよう言われた人々より
2008/12 PhysOrg One in three UK adults will be obese by 2012
英国の大人3人に1人は、2012年までに太っているだろう
2008/12 PhysOrg Keeping the weight off: Which obesity treatment is most successful?
どの肥満治療が、最も好結果?
 行動に関する修正とライフスタイル変化は、長期の体重の減少維持への重要な構成要素である
p70 S6 Kinase 1, or S6K
2008/12 EurekAlert Brain enzyme may play key role in controlling appetite and weight gain
脳酵素は、食欲と体重増加の制御でカギ役割をプレーする可能性がある
炭水化物の少ない低カロリー食は、食事療養者の認識力スキルに影響を及ぼすことができる
2008/12 EurekAlert Low-carb diets can affect dieters' cognition skills
2008/12 EurekAlert Exercise suppresses appetite by affecting appetite hormones
運動は、食欲ホルモンに影響を及ぼすことによって食欲を抑制する
2008/12 EurekAlert Key to 'curing' obesity may lie in worms that destroy their own fat: McGill researchers
自分の脂肪を破壊する 線虫に、肥満を『治す』カギがあるかも
不健康な食生活を招く遺伝子
 肥満がらみの遺伝子変異を持つ人々は、毎食平均100カロリーも余分に食べてしまう
2008/12 BBC News Gene 'triggers unhealthy eating'
遺伝子の一般的なバリエーションをもつ児童は、高カロリー食品を食べすぎがちである。
2008/12 PhysOrg Kids with obesity-linked gene pick fattening foods
2008/12 EurekAlert Food can affect a cell in the same way hormones do
食べ物は、{ホルモンが行う} 同じ方法で、細胞に影響を及ぼすことができる
 Gap1は、細胞の内部にアミノ酸(タンパク質の建築用ブロック)を移動させる。
 同時に ―ホルモンから信号を媒介するために {細胞が使用する} 同じメカニズムによって、 Gap1は、細胞に食べ物が存在するという信号を送る。
2008/12 【日本語記事】朝日新聞 太り気味の子、減少 視力悪化は進行 文科省統計
 http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/K2008121103230.html
2008/12 【日本語記事】読売新聞 ゲームのせい?園児の3割視力1・0未満、ぜんそくも増加
 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20081211-567-OYT1T00641.html
2008/12 【日本語記事】時事通信 子供の視力、幼小中で最悪=肥満は改善傾向-学校保健統計
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-081211X627.html
2008/12 【日本語記事】共同通信 中高生の肥満は微減 改善の傾向、文科省調査
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008121101000499.html
2008/12 EurekAlert Children's National convenes first childhood obesity symposium
初の小児肥満シンポジウム召集
2008/12 EurekAlert Pediatric obesity may alter thyroid function and structure
小児の肥満は、甲状腺の機能と構造を変える可能性がある
2008/12 EurekAlert Bariatric surgery may resolve liver disease
肥満解消の手術は、肝臓病も解消する可能性がある
環境汚染で太る
2008/12 EurekAlert Persistent pollutant may promote obesity
 トリブチルスズ汚染は、肥満を招く可能性がある
 とても低い濃度で遺伝子活動に影響を及ぼす化合物 Tributyltin
2008/12 BBC News Child obesity 'may harm thyroid'
小児期の肥満は、『甲状腺を害する可能性があった』
2008/12 PhysOrg Symptoms of depression associated with increase in abdominal fat
おなかの脂肪増加と関連するうつ病の症状

past 11月


太ると麻痺する味覚
2008/11 EurekAlert Route to obesity passes through tongue
 肥満は、徐々にネズミの甘い食べ物の味覚を麻痺させ、もっとたくさんの甘い食事をしたがるようにさせる
2008/11 EurekAlert UT Southwestern researchers find clue to safer obesity drugs
より安全なダイエット薬の手がかりを見つける
 脳におけるフェンフルラミン回路
2008/11 EurekAlert Sealing off portion of intestinal lining treats obesity, resolves diabetes in animal model
腸を封じて、動物モデルにおける肥満や糖尿病を扱う
 非侵入性の装置は、胃バイパスの影響を模倣し、複雑な胃腸内の信号を変える
いらいらしなくなる
2008/11 EurekAlert Exercise helps overweight children reduce anger expression
運動は、太りすぎの子が怒りを表出する頻度を減らす
もっと野菜を食べなさい!
2008/11 ABC@オーストラリア Obese children 'chew through' antioxidants
太った子は、同じ量の野菜を採っても健康効果が低い
2008/11 EurekAlert Why women should eat less, move more and consider wearing transdermal HRT patches during menopause
もうそんなに多くのカロリーは要らない身体になったのです
2008/11 PhysOrg Why women should eat less, move more and consider wearing transdermal HRT patches during menopause
  更年期になっても、たいがいの女性は食習慣を変えないので、体重が増え始めると困惑なさる
2008/11 PhysOrg Researchers: Ban on fast food TV advertising would reverse childhood obesity trends
ファーストフードのテレビCMを禁止すると、児童の肥満トレンドをくつがえせる
2008/11 EurekAlert Surgical study highlights pros and cons of gastric bypass surgery for severe obesity
外科的研究にみる、ひどい肥満における胃部バイパス手術の賛否両論
2008/11 EurekAlert New CT technology shows anorexia impairs adolescent bone development
拒食症はティーンエージャーの骨の発達をそこなう
2008/11 EurekAlert Physical activity after bariatric surgery improves weight loss, quality of life
肥満解消手術後の肉体活動は、体重減退と生活の質(QOL)を改善する
太りすぎでインポになる男たち
2008/11 ABC@オーストラリア Lose weight, rediscover your mojo
2008/11 EurekAlert 26 percent of sleepless children become overweight
眠れない子の4人に一人は、デブになる
2008/11 BBC News Obesity 'caused before birth'
『出産の前に引き起こされる』肥満
Obesity 'programmed before birth'
『誕生の前にプログラムされる』肥満
Eating a high-fat diet in pregnancy may cause changes in the foetal brain that lead to over-eating and obesity early in life,
{妊娠中にとる高脂肪飲食物が、胎児の脳に肥満に導く変化を引き起こす
2008/11 news@nature.com Obesity linked to grandparental diet
 Mice eating high-fat foods confer changes on at least two subsequent generations.
祖父母の食生活に関連づけられる肥満
 ネズミに与えた高脂肪食物は、その後の少なくとも2世代を太りやすくする
2008/11 PhysOrg A large waist can almost double your risk of premature death, study
太いウエストはあなたの早死にリスクを二倍にする
2008/11 PhysOrg Despite failures, search for obesity drugs still looks golden
相次ぐ大失態にもかかわらず、ダイエット薬における宝の山の捜索は、依然として活発
 肥満防止薬の開発は、3つの大きなつまづきで苦しんだ、
 しかし、世界の肥満対策の市場価値は非常に大きい ― 探索は妨げられそうにない
2008/11 EurekAlert UNC study: Text messaging may help children fight off obesity
肥満と戦う児童の援助に電子メール
2008/11 EurekAlert Brisk walk could help chocoholics stop snacking
きびきびした歩行は、チョコレート中毒を間食のしすぎから助ける可能性があった
 15分の歩行だけで、チョコレート渇望を減らすことができる。
2008/11 EurekAlert New study finds obese women more impulsive than other females
太った女性はどっちかというと、こらえしょうがないんですね
生理:飢餓による誘導可能なスイッチがアクチベーター/コアクチベーターの交換を介して糖新生を調節する
2008/11 Nature A fasting inducible switch modulates gluconeogenesis via activator/coactivator exchange
doi:10.1038/nature07349
2008/11 EurekAlert Melanin production discovered in fat tissue
脂肪組織で発見されるメラニン生産
2008/11 EurekAlert Study reveals continued damage from banned obesity drug
禁止されたダイエット薬物による長期ダメージ
 フェンフルラミン; fenfluramine
2008/11 EurekAlert Penn scientists map molecular regulation of fat-cell genetics
脂肪細胞遺伝学の分子制御
2008/11 BBC News Drug 'tricks body to lose weight'
体重を減らさせる薬
 ネズミを体重増加とインシュリン耐性から保護する薬物
2008/11 【日本語記事】ワイアードビジョン 胃を手術で縮めて肥満解消:新技術の動画
2008/11 EurekAlert Maternal obesity can program fetal brain to induce adult-onset obesity
母の肥満は、胎児の脳を大人になってから太るようにプログラムしてしまう
2008/11 PhysOrg Can Nintendo Wii Tackle Child Obesity?
任天堂Wiiは、児童肥満に取り組むことができるか?

past 10月


2008/10 EurekAlert Gaining too much weight during pregnancy nearly doubles risk of having a heavy baby
妊娠中にあまりに妊婦の体重が増えると、重い赤ちゃんを持つリスクを二倍にする
2008/10 EurekAlert Temple researchers look for behavioral link between breastfeeding and lower risk of obesity
母乳保育の行動と肥満リスクの関係
2008/10 EurekAlert Simple blood test predicts obesity
シンプルな血液検査は、肥満を予測する
2008/10 EurekAlert New drug target in obesity: Fat cells make lots of melanin
肥満の新しい薬物目標:脂肪細胞は、たくさんメラニンを作る
2008/10 EurekAlert Weight does not affect women's sexual behavior
体重は、女性の性的な行動に影響を及ぼさない
 太った女のほうがよくセックスしているかも
ふだん運動しているアメリカ人は、わずか32%
2008/10 EurekAlert Different psychosocial factors predict adoption, maintenance of physical activity program
日々の運動を始めようとする人と、日々の運動を維持しようとする人では、作用する心理的要素が異なります
4割の親は、自分の子が太っているかどうかちゃんと把握できてない
2008/10 EurekAlert 4 in 10 parents wrong on whether their child is under or overweight
消化器系のスピードを落とす食べ物でダイエット
2008/10 Discovery Halting Hunger With Re-Tooled Foods
早食いは肥満の元
2008/10 BBC News Speed of eating 'key to obesity'
 Eating fast may double risk of obesity, research suggests.
すばやい食事は、肥満のリスクを二倍にするかも
2008/10 ABC@オーストラリア Fast eating a fast track to obesity
2008/10 【日本語記事】Science 白色脂肪前駆細胞は脂肪組織の脈管構造内に存在する
White Fat Progenitor Cells Reside in the Adipose Vasculature
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 シニア男性「ちょい太」お勧め 死亡率低下、茨城で調査
http://www.asahi.com/science/update/1020/TKY200810200141.html
2008/10 EurekAlert Overweight mums have chubby bubs
太りすぎママは、まるまる太ったあんちゃんを持つ
 動物研究:これから母になる時期に太りすぎだったメスが産む子は、のちのちメタボになるっぽい
2008/10 PhysOrg Researchers Study How Mother's High-fat Diet Contributes to Obesity in Children
研究者は、{母の高い脂肪飲食物が児童で肥満の一因となる} 方法を調べる
2008/10 EurekAlert Obese teenagers face higher metabolic syndrome risk in South America than Europe
太ったティーンエイジャーは南アメリカでヨーロッパより高いメタボリックシンドローム・リスクに直面する
2008/10 【日本語記事】Science 肥満と食物に対する線条体反応の鈍麻との関係はTaqIA A1 アレルによって抑制される
Relation Between Obesity and Blunted Striatal Response to Food Is Moderated by TaqIA A1 Allele
食物報酬の自己完了的行動に関与する背側線状体でのドーパミン受容体減少が肥満の進行に寄与
2008/10 【日本語記事】Science 将来の体重増加を決めるドーパミン遺伝子
Dopamine Gene Affects Future Weight Gain
線条体のドーパミンD2受容体遺伝子のA1タイプを持つ女性ではミルクセーキに対する反応が最も鈍かった。
2008/10 Discovery Brain's Response to Tasty Food May Predict Obesity
おいしい食べ物への脳の反応は、肥満を予測する可能性がある
2008/10 BBC News Brain signals predict weight gain
脳信号は、体重増加を予測する
2008/10 EurekAlert Parents foster significant misperceptions of children's weight
親は、我が子の肥満度を全然理解できていなかったりする
2008/10 EurekAlert Metabolic syndrome ups colorectal cancer risk
メタボリックシンドロームは、結腸直腸のガン・リスクを上げる
2008/10 EurekAlert A little exercise goes a long way for severely obese
少しの運動は、極度の肥満生活の質をよく改善いたします
2008/10 EurekAlert Mental barriers hamper obese women's efforts to get exercise
心の障壁は、太った女性の運動努力を妨げる
2008/10 ScienceDaily School Vending Machines Dole Out Excess Calories, Fat
学校の自動販売機は、過剰なカロリー(脂肪)を与える
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 おっぱいに内臓脂肪減らす効果 ライオン、商品展開検討
母乳に含まれるたんぱく質「ラクトフェリン」
http://www.asahi.com/health/news/TKY200810090306.html
断食の間、脳へのエネルギー供給を制御せよ
2008/10 EurekAlert Food for thought -- regulating energy supply to the brain during fasting
 遺伝子にグルコースを作らせるには、2つのカギ・タンパク質(CRTC2とFOXO1)が必要である
2008/10 BBC News New twist in brain obesity riddle
脳と肥満の謎における新しい意外な展開
 貧弱な飲食物は、代謝炎症で食欲を強くしてしまう
2008/10 EurekAlert Newly identified cells make fat
新しく特定された細胞は、脂肪を作る
2008/10 EurekAlert Making metabolism more inefficient can reduce obesity
代謝の能率を悪くさせれば、肥満を減らすことができる
変なダイエットをしたことがある女は妊娠中によく太る
2008/10 EurekAlert New study indicates link between weight gains during pregnancy and dieting history
 妊娠中の体重増加と食事の履歴







past 9月


メタボ腹は、社会的シグナルとして進化した説
2008/09 PLoS One  Obesity as a Perceived Social Signal
「けだるい、貪欲な、政治的な、お金に関心がある、利己的、金持ち」
あなたが太るのは、生まれる前に脂を浴びたから
2008/09 EurekAlert Scientists discover why a mother's high-fat diet contributes to obesity in her children
母の高脂肪飲食物が、子供の肥満の一因となる理由
 高脂肪の餌を与えられたメス・ネズミは、特大の子(太りすぎや肥満危険因子)を持つ
 胎盤が脂肪のせいで、胎児に栄養物を供給しすぎる「オーバードライブ」に入ってしまうのです
2008/09 BBC News Obesity 'raises miscarriage risk'
肥満は、『流産リスクを引き上げる』
2008/09 EurekAlert Weight loss surgery may be associated with bone loss
体重の減少手術は、骨粗鬆症と関連する可能性がある
カロリー制限での寿命延長は、動物実験での結果ほどには人間には有効ではないっぽい
2008/09 EurekAlert Researchers note differences between people and animals on calorie restriction
2008/09 EurekAlert Cutting calories could limit muscle wasting in later years
若いときに始めるカロリー制限は、加齢による筋肉量の衰退を限定してくれそうだ
2008/09 EurekAlert Johns Hopkins researchers suppress 'hunger hormone'
『空腹ホルモン』を抑制する
 最小限に侵襲性の手段を使用して、ブタのグレリン・レベルを下げてみました
 グレリンを生産する胃基底部の血流を抑制すればよい
2008/09 EurekAlert Impulsive eater? Remembering failures may help curb eating
衝動的に食べるのをやめられない?
 失敗を思い出せば、食べることの抑制を助ける可能性
感情キャリブレーション
2008/09 EurekAlert Pictures of hot fudge sundaes arouse: Understanding emotions improves our food choices
 感情を理解することは、我々の食べ物選択を改善する
 感情のmiscalibrationによって人々は、よりたくさんの高カロリー食を選んだ
 太った人々の間で、感情のmiscalibrationは、食べ物のヴィヴィッドな画像によって引き起こされる衝動的な食欲に影響されやすい
2008/09 EurekAlert Surgery may help, but not cure, obese children with sleep disorders
扁桃やアデノイドを切除する手術は、太った児童の睡眠障害を軽減する可能性はあるが、完治は難しい
2008/09 EurekAlert UNC, WPIC to conduct Internet-based study of cognitive behavioral therapy for bulimia
過食症にインターネットベースの認知行動療法
2008/09 【日本語記事】読売新聞 食欲増進ホルモン、心筋梗塞を改善
ラット実験で確認
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080913-OYT8T00402.htm
グレリンという食欲増進ホルモンが、急性心筋梗塞(こうそく)の症状を改善
国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究チーム
2008/09 EurekAlert Pregnant women with bulimia have more anxiety and depression
過食症を抱える妊婦は、不安とうつ病が強め
母さんのストレス+貧困層+たくさんの食べ物=子供の肥満
2008/09 EurekAlert Iowa State study finds link between a mother's stress and her child becoming overweight
メタボでなくても心臓が危ないことがある?
 脂肪の量より、脂肪がどこについているかが問題だ
2008/09 EurekAlert 'Healthy' individuals may be at risk for heart disease
活発な運動は、肥満遺伝子の活動を左右する
 太りやすい遺伝子を持っていても、運動量があれば肥満リスクが下がるよ
2008/09 Yahoo/HealthDay News Vigorous Exercise Aids Those With Obesity-Related Gene
http://news.yahoo.com/s/hsn/20080909/hl_hsn/vigorousexerciseaidsthosewithobesityrelatedgene
2008/09 BBC News Exercise 'blunts fat gene effect'
運動は、『脂肪遺伝子影響を和らげる』
2008/09 【日本語記事】cnn.co.jp 肥満遺伝子の影響、運動で帳消しと アーミッシュ研究
2008/09 【日本語記事】毎日新聞 メタボ対策:効果? 「健康な人」初の増加 昨年の人間ドック受診者
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/09/20080909ddm003040069000c.html
2008/09 【日本語記事】読売新聞 人間ドック「異常なし」初の増加、「メタボ」対策効果か
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080909-OYT8T00233.htm
2008/09 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害:回復へのヒント 一歩ずつ、目標クリア 大阪市立大大学院・切池教授に聞く
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/09/10/20080910ddm013040170000c.html
2008/09 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害:過食症の過去などをつづった本を出版、歌手・中島啓江さん(50)
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/09/10/20080910ddm013040196000c.html
2008/09 【日本語記事】読売新聞 食欲増進ホルモン「グレリン」、心筋梗塞を改善
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080913-OYT1T00366.htm
2008/09 【日本語記事】共同通信 食欲増進ホルモンが不整脈改善 国循チームが解明
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008091201000564.html
2008/09 【日本語記事】時事通信 食欲ホルモン、心筋梗塞に効果=マウス実験で判明-国立循環器病センター
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-080912X606.html
2008/09 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 肥満の人は脂肪細胞が異常
2008/09 EurekAlert New master switch found in the brain that regulates appetite and reproduction
脳で食欲と生殖を制御するマスタースイッチTORC1
2008/09 BBC News Gene 'links food and fertility'
遺伝子『つながり食べ物と生殖力』

past 8月


2008/08 Scientific American Magnifying Taste: New Chemicals Trick the Brain into Eating Less
味を拡大すること:新しい化学物質は、脳をだまして食べる量を少なくさせる
Compounds that enhance the sweet and salty flavors of foods could combat obesity and heart disease
{食べ物の甘みと塩味を強化する} 化合物は、肥満と心臓病気と戦う可能性があった
2008/08 news@nature.com Boosting 'good' fat to burn off the bad
悪を燃やす『良い』脂肪
Origins of calorie-sizzling fat cells uncovered in mice.
 calorie-sizzlingする脂肪細胞の起源。 ネズミで発見される
小袋のお菓子は肥満を招く?
 小さいパッケージのほうが、大きい袋のより高カロリー・スナックを多く食べてしまう
 おまけに、小さいパッケージは、食欲の誘惑に負けやすくさせるし
2008/08 EurekAlert Pay attention! Small packages may lead to overeating
気をつけて! 小袋だと食べすぎるよ
食い過ぎ
2008/08 New Scientist Gluttony - not laziness - to blame for obesity
2008/08 【日本語記事】Nature 脂肪細胞の運命:PRDM16が筋細胞を褐色脂肪に変える仕組み
褐色脂肪細胞は骨格筋系列・筋芽細胞から発生する
細胞:PRDM16は褐色脂肪/骨格筋のスイッチを調節する
2008/08 Nature  PRDM16 controls a brown fat/skeletal muscle switc
doi:10.1038/nature07182
発生生物学:脂身でもなければ肉でもない
2008/08 Nature Developmental biology: Neither fat nor flesh
doi:10.1038/454947a
2008/08 ScienceDaily Making 'good' fat from muscle and vice versa
筋肉とその逆から『良い』脂肪を作ること
生理:褐色脂肪細胞形成とエネルギー消費における骨形成タンパク質7の新しい役割
2008/08 Nature  New role of bone morphogenetic protein 7 in brown adipogenesis and energy
expenditure

doi:10.1038/nature07221
2008/08 【日本語記事】Nature  生理:BMP-7と肥満
骨組織を誘導し、腎や神経の再生作用ももつBMP-7は、褐色脂肪細胞の分化促進によってエネルギー恒常性も調節している
2008/08 PhysOrg Joslin study identifies protein that produces 'good' fat
『良い』脂肪を産み出すタンパク質BMP-7
2008/08 PhysOrg  Childhood ear infections may predispose to obesity later in life
小児期耳伝染病が人生のちのち肥満の素因を作るかもしれない
2008/08 EurekAlert Study shows that surgical weight loss does not eliminate obstructive sleep apnea
外科的な体重減退は睡眠時無呼吸症候群を解消しない
イギリスの肥満の脅威は、いまやテロなみ
2008/08 BBC News Obesity 'equal to terror threat'
『恐怖脅威と等しい』肥満
2008/08 EurekAlert Chronic ear infections linked to increased obesity risk
慢性の耳伝染病に伴う肥満傾向
2008/08 BBC News Ear infections 'link' to obesity
肥満への耳伝染病『つながり』
生理:UCP2はフリーラジカルを低減させることでNPY/AgRPニューロンに対するグレリンの作用を仲介する
2008/08 Nature UCP2 mediates ghrelin’s action on NPY/AgRP neurons by lowering
free radicals

doi:10.1038/nature07181
2008/08 【日本語記事】Nature 生理:食べ物へラジカルにアプローチ
 グレリンが誘発する食欲は、視床下部ミトコンドリアの脂肪燃焼によって駆動する
2008/08 【日本語記事】cnn.co.jp 「肥満」などを「疾病」とする法案可決、アルゼンチン上院
2008/08 EurekAlert UNC researchers find MSG use linked to obesity
肥満に関係がある化学調味料 グルタミン酸ソーダ
2008/08 EurekAlert Obesity genes revealed
明かされる肥満遺伝子
 ヨーロッパ系とアフリカ系の女性の体形に影響する
 ハエ実験の結果に基づいて、ヒトLAMA5遺伝子で3つの一般的なバリエーションと発見された2つの遺伝子変異をテスト
GABA神経伝達物質が関わるエネルギー・バランス維持
2008/08 EurekAlert Scientists identify another piece of the weight-control puzzle
科学者は、ウエイトコントロール・パズルのもう一つの断片を特定する
2008/08 EurekAlert Adults who eat eggs for breakfast lose 65 percent more weight
朝食に卵を食べる大人は痩せるのがラクかも
エンドカンナビノイドとタンパク質CB1に見る肥満のメカニズム
 肝臓にCB1を欠くネズミに高脂肪の餌を与えると太る
2008/08 EurekAlert A mechanism for the development of obesity-associated conditions

past 7月


テレビの視聴で太る大学生
2008/07 EurekAlert Watching too much TV is causing some university students to pack on the pounds
 テレビ・コマーシャルの食品広告は、視聴者(特に大学生)に対する強力な影響を持つ。
2008/07 EurekAlert Protein made by fat cells may increase risk of heart attack in older adults
脂肪細胞が生成するタンパク質は、高齢者の心臓発作リスクを増大するかもしれない
2008/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 肥満の小学生(特に女子)は、大人になってもやっぱり肥満な傾向らしい
このままいくと、86%のアメリカ人は2030年までに太りすぎか肥満になっているかも
2008/07 EurekAlert Study suggests 86 percent of Americans could be overweight or obese by 2030
2008/07 EurekAlert Eating disorder symptoms more common among female athletes and exercisers
女性のスポーツマンや運動家に多めである摂食障害症状
遺伝子のせいで食わずにいられない
2008/07 New Scientist Blaming genes for obesity
 遺伝子は、直接食欲を加減する。
 FTO遺伝子の1個の不完全な複写がある人々は30%太りやすい
 2個のコピーだと、それは70%になるよ
2008/07 BBC News Obesity gene 'affects appetite'
肥満遺伝子は、『食欲に影響を及ぼす』
2008/07 EurekAlert Obesity predisposition traced to the brain's reward system
脳の報酬システムに由来する肥満傾向
 mesolimbicなシステムでネズミで信号を出している不完全なドーパミンと、肥満傾向との間のつながり
2008/07 EurekAlert Overweight elderly Americans contribute to financial burdens of the US health care system
太りすぎの高齢者は、米国保健システムの財政的重荷の一因となる
2008/07 BBC News Woman left brain damaged by detox
デトックスで脳障害をこうむった女性
2008/07 【日本語記事】毎日新聞 米国:成人の25%が「肥満」
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/07/20/20080720ddm016040041000c.html
南部が27%と最も高く、アラバマ、ミシシッピ、テネシー各州では30%超
2008/07 【日本語記事】毎日新聞 ダイエット:遺伝子の傷治す!? ラット実験で三菱生研解明
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/07/22/ 20080722ddm003040065000c.html
適切なダイエットは遺伝子の傷を修復するたんぱく質の量を増やすことを、浜松医科大と三菱化学生命科学研究所
生来の万年寝た郎はあり?
2008/07 EurekAlert Can you be born a couch potato?
 最近のネズミ研究、遺伝子影響を発見
2008/07 BBC News Gene tags 'fuel obesity epidemic'
遺伝子タグは、『肥満疫病禍をあおる』
 デブ母の子宮内では、化学物質が赤ちゃんの肥満リスクをアップさせる
2008/07 BBC News Adults misjudge weight problems
大人は、体重問題の判断を誤る
2008/07 【日本語記事】cnn.co.jp 男性の肥満は精子に悪影響、英研究者が生殖医学会で発表
糖尿病精子ダメージに動かぬ証拠を発見
2008/07 New Scientist Scientists find smoking gun for diabetes sperm damage
2008/07 EurekAlert Diabetes linked to male infertility; excess sugars in the body have direct effect on sperm quality
男の不妊に関係がある糖尿病:過剰な糖は、精子の品質に直接影響
2008/07 EurekAlert Obese men have less semen, more sperm abnormalities, and should lose weight before trying for a baby
太った男は、精液が薄い上に精子異常が多め
 子作りにはげむ前に体重を減らすべきである
2008/07 BBC News Being too fat 'can damage sperm'
2008/07 Discovery Implant Designed to Shrink Waistline
ウエストラインを縮まらせるように設計されているニュータイプのインプラント「VBLOC」
 患者は、脳~胃の迷走神経信号を妨げる電子ベルトを着用する。
女子高生が太るわけ
2008/07 EurekAlert The Internet, alcohol and sleep
インターネット、アルコールと睡眠
飲食物日記をつけようよ さすればダイエットの効果が倍増だよ
2008/07 EurekAlert Kaiser Permanente study finds keeping a food diary doubles diet weight loss
2008/07 BBC News How 'snack-size' makes you bigger
小分け袋のお菓子では、ついつい食べ過ぎてしまうかも
 小さい袋を開けた人々は、 割り当て量が固定されたので自己コントロールをする必要がないと感じるのかもしれない
'Snack-size' won't keep you trim
2008/07 EurekAlert Long-term study of middle-aged mice shows
レスベラトロール(resveratrol)は、健康を改善し、食事制限の一部の利益を模倣する
2008/07 EurekAlert Resveratrol found to improve health, but not longevity in aging mice on standard diet
週末はダイエットの敵
 土日、たくさん食べてませんか
2008/07 EurekAlert Weekends slow weight loss, researchers find
2008/07 EurekAlert UC research shows employer-based weight loss programs are helpful
employer-basedされた体重減少プログラムは有益


 以上、 →2008年7~12月の記事でした


→ 「食欲 肥満、ダイエット 拒食症・摂食障害」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー