食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2008年1~6月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past 6月


2008/06 PhysOrg Australians more obese than Americans, study finds
オーストラリア人 は アメリカ人より太っているじゃないか
2008/06 PhysOrg Study examines risk factors for development of eating disorders
研究は、摂食障害の発病における危険因子を調べる
2008/06 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM  ビッグな朝食が減量に有効
 炭水化物と蛋白(たんぱく)質の両方が豊富な多めの朝食を食べると、渇望感や空腹感が抑えられ、体重減少に有効
太ったのは「死」のせいかな?
 自分自身の死について考させると、なんかよく食べるよね
2008/06 EurekAlert Morbid thoughts whet the appetite
病的な思考は、食欲を増進する
2008/06 【日本語記事】 UK Today (イギリス)
 これが肥満のモト! 英国人の半分が『貪欲』な遺伝子を所有
 食欲を強く感じさせるタイプのFTO遺伝子
セックス太り?  オーガズムで増加するプロラクチンが脂肪を溜め込ませる
2008/06 New Scientist Does sex make you fat?
2008/06 EurekAlert Battle of the bulge: Low leptin levels undermine successful weight loss
肥満闘争:低いレプチン・レベルは、順調な減量の妨げになる
朝たくさん食べれば痩せますか?
2008/06 BBC News Eating a big breakfast may a good way to lose weight
2008/06 EurekAlert Minimally-invasive weight loss surgery improves health and morbidly obese teens
最小限に侵襲性の減量手術は、健康や超デブっ子を改善する
 肥満に関連した余病は、胃部バンド固定治療の半年後、改善している
2008/06 EurekAlert Weight-loss surgery can cut cancer risk
減量手術は、ガン・リスクを減らすことができる
2008/06 EurekAlert Gene variants linked to metabolic syndrome and HDL cholesterol levels
メタボリックシンドロームとHDLコレステロール・レベルに関係がある遺伝子変異
2008/06 medicalnewstoday Overweight does not decrease sperm production
太りすぎで精子が減るってことはないみたいですよ
2008/06 EurekAlert Red wine's resveratrol may help battle obesity
赤ワインの抗酸化物質レスベラトロール(resveratrol)は、肥満との戦いを助けるかもしれない
味覚で減量
2008/06 EurekAlert Heightened sense of taste can promote weight loss
 低カロリー調味料や甘味料で味をつけ、速く満腹に感じさせるとやせられる
2008/06 EurekAlert Aerobic exercise increases a blood protein that may suppress appetite
エアロビクス運動は、{血タンパク質を増大し、食欲を抑制するかもしれない}
2008/06 EurekAlert Hunger hormone increases during stress, may have antidepressant effect
空腹ホルモンは抗うつ効果を持つかも
 グレリンは、ストレスで増大するうつ病や不安の徴候に対して防御する。
2008/06 BBC News 'Hunger hormone' depression link
『空腹ホルモン』うつ病リンク
2008/06 EurekAlert Weight gain in children has no association with sugar-sweetened beverage consumption
児童の体重増加は、糖-甘くされた飲料消費に何の結合も持たない
2008/06 EurekAlert 1 out of 4 obese school-aged children suffers metabolic syndrome
就学年齢の肥満児童の4分の1はメタボ
2008/06 【日本語記事】Nature 神経科学:食欲と薬物依存
 脳の線条体でドーパミンシグナル伝達を仲介するリン酸化タンパク質DARPP-32
 DARPP-32の核での蓄積にかかわる新規シグナル伝達カスケードの発見
脳:報酬刺激に対するヌクレオソーム応答性はホスファターゼ・カスケードにより制御される
2008/06 Nature A phosphatase cascade by which rewarding stimuli control nucleosomal
response

doi:10.1038/nature06994
2008/06 【日本語記事】毎日新聞
 摂食障害と向き合う:読者の反響特集 希望、後悔・・・切々と
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/06/10/20080610ddm013100129000c.html
2008/06 EurekAlert REM sleep associated with overweight in children and adolescents
太りすぎの児童とREM睡眠

2008/06 EurekAlert U of M researchers discover gene linked to adult-onset obesity
遺伝子と大人の肥満
2008/06 EurekAlert Sleep problems linked to obesity, lower quality of life in school-aged children
学齢に達した児童における低QOLや肥満に関係がある睡眠問題
なんでデブと喫煙者は難聴になりかねないのか
 心臓血管病を招く因子が耳もダメにする
2008/06 New Scientist Why the obese and smokers risk deafness
2008/06 EurekAlert New research links smoking and body mass index to hearing loss
2008/06 BBC News Smoking link to hearing loss risk
太った母さんは、黒人に限って新生児の死亡率に関わってくる
2008/06 EurekAlert Morther's obesity a factor in newborn deaths for blacks, not whites, new study reports
推奨値よりも太ってしまった母体から産まれると、その子は7才時点で太りすぎになっているかも
2008/06 EurekAlert Women who gain excessive weight during pregnancy
2008/06 EurekAlert Weight gain may be healthy when it comes to type 1 diabetes
一型糖尿病の場合は、体重の増加はふつうに健康かもしれない
高タンパク食品と低脂肪乳製品
2008/06 EurekAlert U of I study shows how to lose weight without losing bone
骨を失うことなく体重を減らす方法
肥満は、ネズミがマラリアを払いのけるのを助ける
2008/06 New Scientist Obesity helps mice fend off malaria
2008/06 【日本語記事】Nature 生理:脂肪細胞の総数は一生の間変わらない
核実験で生じた炭素14 のゲノムDNAへの蓄積とを組み合わせて解析
「どうして空きっ腹だと食べ物がおいしそうに見えるの?」
【動画】科学なムービー
【英語】Seeing Hungry 【MP3ファイル】
2008/05 ScienCentral
 胃が出す化学物質が、脳における食品知覚を変えてしまうのだ
2008/06 EurekAlert Obesity and depression may be linked
肥満とうつ病は、関係があるかもしれない
食べる量と体重は比例しているとは限らないし
2008/06 EurekAlert Eating and weight gain not necessarily linked, study shows
2008/06 New Scientist Rise in US childhood obesity flattens out

past 5月


2008/05 EurekAlert Combining exercise with hormone could prevent weight gain
運動をホルモンと組み合わせると、体重増加を防ぐ可能性
 ホルモン・レプチンで太りすぎが解消できるという希望は、太りすぎ患者がレプチンの効果に耐性を持っているために見捨てられた
 それでも、レプチンと軽い運動をセットに処方すれば、脂肪闘いに再びホルモンの能力を復活させられるっぽいのだ
2008/05 EurekAlert New research: Fruit juice consumption not related to overweight in children
児童で太りすぎと関連しない果物ジュース消費
2008/05 【日本語記事】読売新聞 メタボ治療に朗報 新たんぱく質発見
エネルギー消費調節 東京大の永井良三教授らのグループ
KLF5はたんぱく質SUMOとくっついて脂肪を燃やす遺伝子の働きを抑えていた
別のたんぱく質PPARγにつくと、逆に脂肪を燃やす遺伝子の働きを促す
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080527-OYT8T00197.htm
2008/05 【日本語記事】産経新聞 「早起き」で脱メタボ 夜型生活改め仕事能率アップ
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20080526032.html
 夜型生活は太りやすくなる
「貧困層のアメリカ女性、平均寿命が縮んできています」
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Life Expectancy Declines for Poor Women in U.S.
 寿命が一番長い層と短い層の差は、何と18年!
 原因は、喫煙や高血圧、そしてメタボ。
2008/05 サイエンス・フライデイ Science Friday
腹時計は、睡眠周期を変えることができる
2008/05 news@nature.com Your belly's very own body clock
Food availability can shift sleep patterns, though researchers aren't sure how.
2008/05 BBC News Avoiding food 'may beat jet lag'
旅の時差ボケは食事時間の調節で解消せよ
2008/05 BBC News Starving yourself may fend off jet lag
断食で時差ボケ対策
 餓えは「食い物が見つかるまで」体内時計を覚醒方向に書き換える
2008/05 EurekAlert Study identifies food-related clock in the brain
研究は、食品に関連した時計を脳で特定する
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-05/bidm-sif051908.php
2008/05 EurekAlert Gladstone scientists reveal the genetics of fat storage in cells
細胞の脂肪蓄積の遺伝学
2008/05 EurekAlert Overweight in adolescence gives increased mortality rate
思春期の太りすぎは、早死にの元
2008/05 EurekAlert Sweeping analysis of research reinforces strong media influence on women's body image
女性のボディイメージに対する強いメディア影響
2008/05 【日本語記事】ワイアードビジョン
 身体から採った脂肪も利用:バイオディーゼル船で最速世界一周に挑戦
2008/05 EurekAlert Yerkes researchers find link between psychological stress and overeating
心理的なストレスと食べすぎ
2008/05 EurekAlert Obesity linked to increased risk for dementia
肥満と認知症リスクの高さ
2008/05 EurekAlert Obesity can increase dementia risk by up to 80 percent
肥満は、最高80%認知症リスクを増大する
2008/05 BBC News Type of body fat 'boosts health'
『健康を促進する』タイプの脂肪
 皮下脂肪、特に臀部の脂肪は二型糖尿病のリスクを減らすかも
肥満:脂肪細胞の持ち分はどのくらい?
2008/05 Nature Obesity: What's your fat-cell allowance?
doi:10.1038/453169a
2008/05 EurekAlert New technique determines the number of fat cells remains constant in all body types
新しい技術は、全ての肉体タイプで脂肪細胞数がコンスタントであることを確証する
2008/05 EurekAlert Hunger hormone: Makes food more attractive
飢餓ホルモン:食べ物をやたらおいしそうに見せるんだよね
脂肪細胞の種類あれこれ
2008/05 EurekAlert Not all fat created equal
 インシュリン耐性を減らす上、インシュリン感度を改善する脂肪細胞があるぞ
2008/05 EurekAlert Second genetic link to weight and obesity
体重や肥満への第二の遺伝子リンク
2008/05 EurekAlert Gene sequence that can make half of us fatter is discovered
我々の半数を太らせる遺伝子シーケンス
アメリカ先住民の肥満リスクを高めている遺伝子MC4R
2008/05 BBC News Genes 'up Indians' obesity risk'
脂肪細胞数は、大人になったら死ぬまでだいたい一定数
2008/05 news@nature.com Fat cell numbers stay constant through adult life
Even serious weight loss doesn't reduce your overall number of fat-holding cells.
2008/05 BBC News Fat cell numbers 'set for life'
2008/05 news@nature.com Hunger hormone helps memory
 Blocking a hunger-inducing hormone to help obesity might have unwanted effects.
 空腹ホルモンは、記憶を助ける
 飢餓誘発ホルモンを妨げて肥満解消をはかる手法の場合、かんばしくない副作用が生じるかもしれないわけだ
2008/05 EurekAlert Body image program reduces onset of obesity and eating disorders
ボディイメージ・プログラムは、肥満や摂食障害の兆候を減らす
2008/05 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害と向き合う:6 学生主体で予防啓発
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/05/20080501ddm013100005000c.html
寝過ぎも、睡眠不足も、メタボリックシンドロームになりやすいっぽい
2008/05 EurekAlert Sleep duration related to having the metabolic syndrome
世界的に、睡眠時間の短さと肥満には関連が
2008/05 EurekAlert A consistent, worldwide association between short sleep duration and obesity

past 4月


2008/04 【日本語記事】毎日新聞 ネット調査:メタボ健診 「歓迎」男性59%、女性70%
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/04/30/20080430ddm005070060000c.html
大食いしたり断食したり極端な食事をしていると、寿命が縮むかも
2008/04 BBC News Crash diets 'may reduce lifespan'
2008/04 BBC News Scientists make weight loss claim
特定の酵素が欠落したネズミは、カロリーをとりすぎでも太りにくい
 ACEの働きをそこなう} 薬剤は、すでに存在し、ヒト高血圧の治療に使われている
食生活の良し悪しや、運動量は、十代後半の肥満と関係ないじゃん
2008/04 EurekAlert Physical activity, healthy eating and BMI not linked in older teens: study
2008/04 BBC News Professor died from anorexia
ボーンマス大のRosemary Pope教授、拒食症で死亡 享年49才
高学歴の女はわりとヘルシーにスリム
2008/04 EurekAlert Better-educated women are a healthier weight, new research reveals
摂食障害と向き合う:4 親ら、共に悩み・学ぶ
 振り回され疲弊、交流が救いに 「子を受け入れ、支えよう」
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/04/20080429ddm013100004000c.html
摂食障害と向き合う:5 親が子の応援団に
 支援の技術、専門家が指導 「理解し、前向きになれた」
http://mainichi.jp/select/science/archive/news
/2008/04/30/20080430ddm013100039000c.html
2008/04 【日本語記事】Nature 生理:脂質で血糖値を調節
 げっ歯類とヒトでは、腸内に脂質が存在するだけで腸-脳神経軸が活性化され、栄養摂取が減少する
 げっ歯類では脳-肝 神経軸を介して脳が血中の脂質を直接感知し、グルコース産生を抑制してグルコース恒常性を維持する
 腸上部に脂質が存在する と、腸-脳-肝神経回路を介して急速にグルコース産生が阻害される
代謝:食物が出す警報
2008/04 Nature Metabolism: Food alert
doi:10.1038/452941a
生理:小腸上部の脂質は腸-脳-肝軸を刺激してグルコース産生を調節する
2008/04 Nature Upper intestinal lipids trigger a gut--brain--liver axis to regulate glucose production
doi:10.1038/nature06852
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害と向き合う:/3 社会復帰へ支え合い
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/04/20080424ddm013100025000c.html
2008/04 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM メタボリックシンドロームの原因は肥満でなく過食
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害と向き合う1
 限界まで食べ、吐く 「毎日が生き地獄だった」
 体が壊れる でも太るのは恐怖
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/04/22/20080422ddm013100005000c.html
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 摂食障害と向き合う 2
 体への影響深刻 腎不全、低身長、骨粗しょう症にも
 やせ礼賛の風潮背景、患者増加
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/04/23/20080423ddm013100003000c.html
太った女性は乳癌の診断でも治療でも不利
2008/04 EurekAlert Obese women disadvantaged in both breast cancer treatment and diagnosis
2008/04 EurekAlert Researchers uncover details about how dietary restriction slows down aging
食事制限が老化スピードを落とすその仕組み
 長生きの品種は、常に大きいribosomalサブユニットの突然変異を持った
 長生きの酵母菌品種におけるGcn4の増大された生産は、長寿経路における重要な要素
2008/04 BBC News France targets anorexia in media
フランスは、メディアで拒食症に目標を定める
2008/04 【日本語記事】読売新聞 「太りやすい」を実感 平均32歳
製薬会社のネット調査
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20080411-OYT8T00455.htm
2008/04 BBC News Baby sleep linked to weight risk
体重リスクに関係がある赤ちゃんの睡眠
 睡眠不足とテレビの見すぎは、赤ちゃんや幼児の肥満リスクを増す
学校ベースの介入は、肥満率を半分に減らす
2008/04 EurekAlert Changing school environment curbs weight gain in children
小児期肥満遺伝子の同定から
2008/04 EurekAlert Answer to troublesome question of why some genetic assoc. studies have failed replication attempts
単一のウイルス遺伝子は、肥満を引き起こすかもしれない
2008/04 New Scientist Single virus gene may cause obesity
 Dhurandhar's team engineered stem cells from human fat to express a single gene from Ad-36, called E4 ORF-1
2008/04 EurekAlert Overweight kids have fewer cavities, new study shows
太りすぎの子は、虫歯が少ない!
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 体の変化:「やせにくくなった」 実感する年齢、平均32.4歳
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/04/20080404ddm013100004000c.html
 30~40代男女が「やせにくくなった」などと「体の曲がり角」を感じる年齢
2008/04 EurekAlert The lean gene
ヤセの遺伝子
2008/04 【日本語記事】朝日新聞 肥満に関係するたんぱく質の構造解明
http://www.asahi.com/science/update/0401/OSK200804010006.html







past 3月


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Appetite control 【MP3ファイル】
「食欲コントロールの科学」
2008-03-23 ABC@オーストラリア  The Health Report

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット Appetite control: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
2008/03 BBC News Magazines 'harm male body image'
雑誌は、『男のボディイメージを害する』
2008/03 EurekAlert Yale study shows weight bias is as prevalent as racial discrimination
体重偏見は、人種差別と同じくらい一般的
2008/03 EurekAlert Brain's 'sixth sense' for calories discovered
脳の『第六感』はカロリー感知
 味覚とは別に存在することを「甘味」探知機能を奪ったネズミで確認
大きい腹は、認知症のリスクを二倍にするかもしれない
2008/03 New Scientist Big bellies may double the risk of dementia
2008/03 BBC News Large waist 'an Alzheimer's risk'
大きいウエストは『アルツハイマー病リスク』
2008/03 【日本語記事】Nature 医学:肥満が複雑になってきた
肥満要因の全体像をつかむために、18歳から85歳までのアイスランド人数百人の遺伝子発現を、被験者から採取した血液と脂肪組織検体における量的形質として評価
2008/03 PhysOrg Research indicates testosterone could guard against eating disorders
研究は、指し示す ― テストステロンが摂食障害をガードする可能性があったことを
2008/03 EurekAlert Obesity may keep some women from getting screened for breast, cervical cancer
白人肥満女性は、癌検査を受けない傾向が高め
カロリーを数えること:それほど簡単でない
2008/03 news@nature.com Counting calories: not so easy
The number of calories you need to burn per pound is not a constant.
満腹感を感じない脳
2008/03 ScienCentral Overeaters? Brains
2008/03 EurekAlert The difference in eating habits between men and women
男性と女性の間の食習慣における差異
 男性は肉と家禽を好む。女性は果物や野菜を好む
運動量は、ご近所の環境しだい
2008/03 EurekAlert Neighborhoods play key role in how much people exercise, study says
2008/03 ABC@オーストラリア Overeating disrupts web of genes
食べすぎることは、遺伝子のウェブを混乱させる
2008/03 EurekAlert Breast cancer more aggressive among obese women
太った女性で乳癌は悪性が多め
2008/03 EurekAlert Body Mass Index may serve as prognostic tool for advanced, aggressive breast cancers
BMI標準体重は使えるかもしれない ― 、進んだ、攻撃的な乳癌の予測道具に
2008/03 EurekAlert Obesity chokes up the cellular power plant
肥満は、細胞のエネルギー消費を窒息させる
 gene-networksにおける明白な変化とミトコンドリアの機能不全にかかわる肥満
2008/03 EurekAlert Adolescent girls with ADHD are at increased risk for eating disorders, study shows
ADHDのティーンエージャー女の子は摂食障害の罹患率が高め
2008/03 【日本語記事】時事通信 肥満にかかわるタンパク質突き止める=治療に道-スウェーデンの研究者
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-AFP016790.html
酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRAP)タンパク質は、新たな脂肪細胞の形成を刺激し、肥満の進行を促進する。
肥満の患者はTRAPのレベルが非常に高い。
2008/03 EurekAlert Rare syndrome provides clues on obesity, blood pressure
珍しい症候群は、肥満(血圧)に関して手がかりを提供する
 バルデー・ビードル症候群の研究は、{レプチン耐性が脳信号を混乱させるかもしれない} 方法を示すのを助ける
2008/03 EurekAlert MSU research indicates testosterone could guard against eating disorders
テストステロンが摂食障害から守る可能性
2008/03 【日本語記事】エキサイト/ロイター 朝食を食べる若者、抜く若者よりも肥満度が低い=米研究
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204603511.html
2008/03 BBC News Breakfast 'keeps teenagers lean'

past 2月


2008/02 EurekAlert New study in the journal SLEEP finds a high prevalence of eating disorders in narcoleptics
ジャーナル睡眠における新しい研究は、ナルコレプシー患者で摂食障害の高い罹患率を発見する
2008/02 ScienCentral Anorexia and Taste
拒食症と味覚
 脳スキャンの研究は、明かす ― 拒食症の女性は、違った味覚を体験しているかもしれないことを
2008/02 ScienCentral Anorexia and Reward
拒食症と報酬
 元無食欲症患者の脳が差異を語る苛酷なタイミングを持つことを ―獲得と喪失の間で。
2008/02 EurekAlert Exercise and caloric restriction may be treatment method for metabolic syndrome
メタボリックシンドロームに運動とカロリー制限
2008/02 BBC News Pro-anorexia site clampdown urged
拒食症サイトの取締り Anorexia site clampdown urged
2008/02 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 人工甘味料が体重増加の原因に

2008/02 【日本語記事】cnn.co.jp 米女性の脳卒中、30‐50代で急増 肥満の影響か
肥満防止に薄味を
2008/02 BBC News Salt 'could fuel child obesity'
塩は、『子供肥満をあおる可能性があった』
子供時代の肥満は手術のリスクをアップさせる
2008/02 EurekAlert Childhood obesity leads to higher rate of problems during surgery
鉛の毒によって太る、という可能性
2008/02 EurekAlert Warning: Expert at UH adds obesity to side effects of lead exposure
2008/02 BBC News Obesity 'requires climate plan'
肥満は、『気候の計画を必要とする』
 気候変化と同じ方法で肥満対策に取り組んでくれないか
2008/02 EurekAlert Large changes needed to address global obesity epidemic
地球規模の肥満流行についての言及に大きい変化必要
2008/02 EurekAlert Study: When it comes to physical activity, one size does not fit all
身体的な活動に関しては、1つのサイズが、全てに合うというわけではない
 学歴、収入、階級、性別・・・
2008/02 【日本語記事】朝日新聞 気まぐれな運動「かえって太る」
http://www.asahi.com/science/update/0213/TKY200802130166.html
2008/02 【日本語記事】 UK Today (イギリス)
 運動する時間がない人に朗報!――週に3回、30分歩くだけでも心臓病のリスクが減らすことが可能に
2008/02 EurekAlert Body image is stronger predictor of health than obesity, says Mailman School of PH study
ボディイメージは肥満より強い健康指標である
2008/02 【日本語記事】エキサイト/ロイター
 人工甘味料、砂糖より減量に向かない可能性=米研究者
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202797602.html
2008/02 BBC News 'Diet' foods weight gain puzzle
2008/02 EurekAlert Artificial sweeteners linked to weight gain
2008/02 【日本語記事】薬事日報社 人工甘味料が体重増加の原因に
 甘味の後に高カロリー摂取がないと、消化系に混乱が生じ、次に甘味を感じたときには代謝率があまり上がらなくなる
2008/02 EurekAlert Study confirms that low-calorie sweeteners are helpful in weight control
低カロリー甘味料が体重管理で有益
2008/02 EurekAlert Impaired fat-burning gene worsens diabetes
脂肪燃やし遺伝子の機能不全は、糖尿病を悪化させる
肥満と貧民
2008/02 EurekAlert Lower-income neighborhoods associated with higher obesity rates
より高い肥満率とかかわりを持たれるLower-income居住区
2008/02 EurekAlert New Rhode Island Hospital study shows inadequate diagnostic criteria for eating disorders
研究は、摂食障害において不適当な診断上の基準を示す
 DSM-IV基準における拒食症及び過食症では、臨床効用が限られるおそれ
ウェイトを使ったトレーニングはランニング並みに体にいい
2008/02 BBC News Lifting weights 'good as running'
2008/02 BBC News Obesity 'may be largely genetic'
肥満は、『主に遺伝子かもしれなかった』
肥満は放置したほうが安上がり?
2008/02 PLoS Medicine Does Preventing Obesity Lead to Reduced Health-Care Costs
2008/02 EurekAlert Sleep duration may play important role in childhood obesity
睡眠持続期間は、小児期肥満に関わりうる
2008/02 EurekAlert 'Weight training' muscles reduce fat, improve metabolism in mice
『体重訓練』筋肉は脂肪を減らす、ネズミで代謝を改善
2008/02 EurekAlert Weight training melts fat and improves metabolism, says study of obese mice
体重訓練は、脂肪を溶かし太ったネズミの代謝を改善する
2008/02 EurekAlert Obesity may be wired in the brain, rat study suggests
2008/02 EurekAlert Disrupted genetic regulation causes common disturbance in metabolism of fat
混乱する遺伝子の調節は、脂肪の代謝で一般の妨害を引き起こす
2008/02 EurekAlert Irregular exercise pattern may add pounds
不規則な運動習慣の人は、うまく痩せられないかも
2008/02 BBC News Toddlers included in fat campaign
幼児も肥満対策キャンペーンの対象だ
'Even toddlers' could reduce fats
『幼児でも』脂肪を減らせる
2008/02 EurekAlert Is the obesity epidemic exaggerated?
肥満の蔓延は、過大評価?

past 1月


2008/01 BBC News Obesity drug use rise in England
イギリスにおける肥満薬剤使用増加
2008/01 EurekAlert Metabolic syndrome affects nearly 1 in 10 US teens
米国ティーンエージャー 一割がすでにメタボリックシンドローム
2008/01 BBC News Healthy living strategy launched
開始される健康的生活戦略
 イギリスの肥満レベルを減らすための4億ポンド戦略は、政府によって開始された
 戦略は、健康に生きることを両親に推進するための「攻撃的な」運動を含む。
2008/01 EurekAlert Queen's study connects obesity with nervous system
神経系と肥満と遺伝
 ある特定の神経受容体が削除されると、線虫は食品探しに興味を失う
 のろくなり、高い率で脂肪を蓄えるようになる
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 性格と体形:社交家「肥満」多く、心配性「やせ」 東北大が3万人を調査
http://mainichi.jp/life/health/archive/news/
2008/01/20080119dde041040065000c.html
宮城県内の40~64歳の男女を対象
2008/01 EurekAlert Body weight influenced by thousands of genes
体重は何千もの遺伝子によって影響される
2008/01 EurekAlert Study: weight-loss tips differ in African-American, mainstream magazines
アフリカ系アメリカ人向けの雑誌は、ダイエット情報がイマイチ
2008/01 EurekAlert What are the causes and consequences of childhood obesity?
子供時代の肥満の原因と影響は、何?
 家庭、学校及び居住区を含む育成環境
 子育てスタイル
 学校やメディアにおける食品及び飲料マーケティング
 対処及び予防
下流脂肪
2008/01 PhysOrg Social standing may be linked to body mass index in teen girls
 社会的な位置づけは、10代の女の子でBMI標準体重に関係があるかもしれない
 下層階級に属すると自認する10代の女の子は太りやすい傾向にある。
2008/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 無糖ガムにご用心:毎日15枚食べて「体重激減」との研究
2008/01 【日本語記事】時事通信 ガムを大量にかむ人は慢性的な下痢になる恐れ=ドイツの研究
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-AFP015977.html
遺伝だからという免罪
 拒食症の原因として遺伝・生物学的要因を指摘された人は、社会的要因で説明される場合より非難される度合いが軽い
2008/01 EurekAlert People with anorexia less likely to be blamed when biology, genetics explained
デブはもしかしたら満腹知らず
2008/01 EurekAlert Overweight people may not know when they've had enough
 食い過ぎに作用する脳回路 the left posterior amygdala
 胃袋に入れた風船を膨らませて満腹感を検査する
2008/01 EurekAlert Eating out can have both positive and negative impact on obesity
外食は、肥満に対するポジティブとネガティブな衝撃を持つことができる
 レストランの数が多い地区は肥満度が低め
 ファーストフード店の数が多い地区は、デブ多め
2008/01 BBC News Chewing gum weight loss warning
シュガーレスチューインガムの食い過ぎで、ひどい体重欠損や下痢に
2008/01 EurekAlert Warning over severe weight loss caused by chewing gum
2008/01 EurekAlert U of M research finds disordered eating less common among teen girls who regularly eat family meals
定期的に家族と食事を食べる10代の女の子には、摂食障害は多くない
ファッションフロアにご馳走を
 食欲をそそられると、衝動買いも増えちゃいますね
2008/01 EurekAlert Stimulating the appetite can lead to unrelated impulse purchases
食欲を活気づけると、無関係な衝動買いに導くことができる
2008/01 EurekAlert Experimental weight-loss drug cuts appetite, burns more energy
実験的な減量剤は、食欲を減らし、より多くのエネルギーを燃やす
 MK-0364(taranabant):強力で選択的なカンナビノイド‐1受容体インバースアゴニスト
大人の3分の1は「万年ダイエット中」
2008/01 BBC News Third of adults 'always dieting'
体育と運動は、子どもが大人に成長するに向けて普通の体重を維持する一助になる
2008/01 EurekAlert Physical education and active play help teens maintain normal weight as adults
2008/01 EurekAlert Human hormone blocker found to help prevent obesity and diabetes: study
肥満や糖尿病を防ぐヒト・ホルモン・ブロッカー
The hormone is gastric inhibitory polypeptide receptor blockade.
2008/01 EurekAlert New discovery could reduce the health risk of high-fat foods
新しい発見は、高脂肪食品の健康リスクを減らす可能性があった
 「食事添加物」で脂肪を燃やせない?
肥満が増えるとシートベルトをする人が減る
2008/01 EurekAlert Obesity linked to decreased seatbelt use
 デブは他の人よりシートベルト使用頻度が少ない
妊娠したときの母さんがデブだと、子どももデブになる?
2008/01 EurekAlert Mom's obesity during conception phase may set the stage for offspring's obesity risk
受胎フェーズの間の母さんの肥満は、子の肥満リスクにおいて段階の準備をするかもしれない


 以上、 →2008年1~6月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー