意識・記憶・学習・ウソ:
2008年7~12月

ほか「意識・記憶・学習・ウソ」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


12月


MRIを使った判決はあかんやろ!
 苦しんでいるか、精神状態は正常かを見るのならまだしも、有罪か無罪かを脳スキャンで決めたらあかん
2008/12 New Scientist Judges junk bogus neuroscience
裁判官は、偽の神経科学を却下する
2008/12 EurekAlert Our unconscious brain makes the best decisions possible
我々の脳は、無意識のうちに最善の決定をなしている
 かつて、いいかげんな意思決定者であると考えられていたヒト脳は、実際には手持ちの情報の中で最善の決定を作るようにうまくできあがっている
痛みによって千々に乱れるワーキングメモリ
2008/12 PhysOrg Fibromyalgia pain may cause memory blips
線維筋痛症は、記憶ブリップを引き起こす可能性がある
加齢に伴って変わりゆく脳
2008/12 EurekAlert Old and young brains rely on different systems to remember emotional content
感情的内容の記憶に関して古い脳と若い脳は、異なるシステムを利用する
 特にネガティブな感情と関連する記憶を保存する際には、高齢者は若い者とは異なる経緯で脳を使用する
 高齢者は、感情脳と記憶学習とのつながりは薄いが、判断をつかさどる前頭葉とのつながりが強いクールな脳を持っている
「昔は良かった」
2008/12 EurekAlert Aging brains allow negative memories to fade
老いた脳は、ネガティブな記憶を薄れさせる
 高齢者が過去をバラ色に見がちであるその理由
 若い者より「いやな思い出」は記憶しなくなっていく
2008/12 PhysOrg Memory study on mice offers new insights into understanding autism
ネズミの記憶研究から自閉症理解へ
2008/12 PhysOrg Pavlov's neurons: Researchers find brain cells that are a key to learning
パブロフのニューロン:学習のカギである脳細胞を見つける
 新しいイメージング・テクニック Arc catFISH を使用して
 ネズミ脳の扁桃体で、連合学習作業の際に活性化される個々のニューロンを視覚化した。
不安で数学がダメになるそのわけ
2008/12 EurekAlert When 2 + 2 = major anxiety: Math performance in stressful situations
ワーキング・メモリがヤバヤバになるからです:ストレスの多い状況での数学の成績を調べてみました
記憶がDNAに保存される可能性
2008/12 New Scientist Memories may be stored on your DNA
 Courtney Miller and David Sweatt of the University of Alabama in Birmingham
 海馬の短期記憶形成に関与するメチル化 エピジェネティクス
神経科学:記憶の道に沿って
2008/12 Nature Neuroscience: Along memory lane
記憶は、エンコードされる ― ニューロンの間で効率的に信号を出すことによって。
ミオシンVタンパク質は、入って来る信号の探知器を処理するのを助ける
十分にシナプス的接合を作るために受容体と膜を左右に動かすことによって。
Yukiko Goda
doi:10.1038/456590a
2008/12 EurekAlert Stress-related disorders affect brain's processing of memory
ストレスに関連した障害は、脳の記憶処理に影響を及ぼす

11月


2008/11 PhysOrg Nap without guilt: It boosts sophisticated memory
うしろめたくない昼寝:精巧な記憶を増進する
 昼寝をした人は、見たこともない中国の漢字を良く記憶した
2008/11 EurekAlert Sleep helps people learn complicated tasks
睡眠は、人々が複雑な作業(テレビゲーム)を学習するのを助ける
デジャブ
2008/11 EurekAlert The psychology of deja vu
デジャヴュの心理
 それは単なる脳内記憶システムの瞬間的電流異常にとどまらない
 脳は、2つの異なる認識記憶タイプの間で変動する: 想起ベースの認識と親密さベースの認識
 経験したイベントは、脳内では個々のエレメントや断片として収納される
 現在状況の特定の面が、以前にあった状況の特定の面に似ているとき、たくさんの重複が新旧状況の要素間にあるならば、親密ベースの強い感覚が伴ってくる
2008/11 EurekAlert Bound by attention: Bringing rats and humans together
注意力のしくみに関しては、ネズミと人間はけっこう一緒
  アセチルコリンは、注意力に重要な神経伝達物質
 一時的にアセチルコリンの影響を妨げる薬物スコポラミンで実験してみました
2008/11 EurekAlert The smart way to study
長期学習力をアップさせるには
 「習うより慣れよ」と「タイミングが肝心」
 一週間程度覚えておきたいなら1~2日、一年以上覚えておきたいなら、一カ月以上の間をあけて
2008/11 EurekAlert Forgotten but not gone -- how the brain takes care of things
学習と再学習の間の微妙な違い
昔の特別な時の記憶を腐らせたくなかった
2008/11 EurekAlert No honeymoon replays
 新婚旅行にリプレイ無用
 人々は昔の特別な経験の記憶を、保護すべき資産のように扱いがち
2008/11 EurekAlert Certain types of thinking are best suited to certain types of problem-solving
思考の特定のタイプは、特定の問題タイプを解決に優れる
 ジオメトリー問題は、形状ベースのイメージ戦略ではなく、ことばと空間の戦略の組合せによって最も解決される
2008/11 EurekAlert Simple brain mechanisms explain arbitrary human visual decisions
シンプルな脳メカニズムは、任意のヒト視覚の決定を説明する
 シンプルな意思決定作業には前頭葉は関与しない
 その代わりに、{決定する} 領域は、{決定に関連した刺激を受けてとそれへの身体の反応を制御する} 同じ脳領域である。
神経:社会的価値の連合学習
 社会の交換を思い出させる間、連合学習の神経系信号が観察された
2008/11 Nature Associative learning of social value
doi:10.1038/nature07538
2008/11 【日本語記事】Science 新皮質における連合記憶コードは記憶の固定化の過程で自然に変化する
Spontaneous Changes of Neocortical Code for Associative Memory During Consolidation
Kaori Takehara-Nishiuchi and Bruce L. McNaughton
 記憶の固定化過程で、内側前頭前野が 獲得された記憶に選択的な発火パターンを形成する
2008/11 【日本語記事】朝日新聞 長期学習者は英語を省エネ脳で理解 文法中枢調べ判明

10月


うまくできない経験が、うまくできなくさせる
2008/10 EurekAlert New study explores social comparison in early childhood
 同じ作業でおともだちよりうまくできなかった(という経験をさせられた)子は、自尊心が低下する上、その後の同じ作業で成績が悪いまんまになってしまう
偽りの記憶や知覚が生まれるそのわけ
2008/10 EurekAlert Our cheatin' brain: The brain's clever way of showing us the world as a whole
ずるい脳:脳は、自分がすべてを見たふりをする
2008/10 EurekAlert Memory function varies after damage to key area of the brain
一口に海馬へのダメージと言っても、生じる患者の記憶障害にはえらいいろいろある
2008/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン マウスの記憶の選択的消去に成功
 記憶を再生する際に「記憶分子」タンパク質CaMKII(カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII)を大量生成させると、記憶の再生がブロックされるだけでなく、 記憶自体を消去できた
2008/10 BBC News US scientists 'erase mice memory'
米国科学者は、『ネズミ記憶を消す』
2008/10 EurekAlert Memories selectively, safely erased in mice
ネズミで選択的に、問題なく消される記憶
2008/10 PhysOrg Forget about it: Inducible and selective erasure of memories in mice
2008/10 EurekAlert Landmark study links sleep, memory problems in elderly African-Americans
高齢アフリカ系アメリカ人における睡眠と記憶の問題
2008/10 EurekAlert Patient roused from coma by a magnetic field
磁場のそばで昏睡からさめる患者
2008/10 ScienceDaily Memory Improves If Neurons Are New
記憶は改善する ― ニューロンが新しいならば、
 海馬の神経細胞新生は、記憶形成に決定的である。
2008/10 EurekAlert Emotion and scent create lasting memories -- even in a sleeping brain
感情と香りは、長続きする記憶を生み出す ― 眠っている脳においてさえ
2008/10 ScienceDaily Can Taking Ecstasy Once Damage Your Memory?
ちょっとでも麻薬エクスタシーをやったら、けっこう記憶力にダメージ
2008/10 PhysOrg Risk and reward compete in brain
リスクと報酬は、前頭葉で競争する
2008/10 PhysOrg Circadian clock may be critical for remembering what you learn
サーカディアンリズムは、何を学習したかの記憶に重要かも
2008/10 ScienceDaily Occasional Memory Loss Tied To Lower Brain Volume
時折の記憶減退、脳のボリュームが少ないから?
わずかしか意識のなく、意志の疎通ができないなかば植物状態の患者、苦痛を感じることができる
 鎮痛薬を処方してあげたほうがいい
2008/10 ScienceDaily Patients Who Recover From Coma But Cannot Communicate Feel Pain
{昏睡から回復するコミュニケートすることができない} 患者は、疼痛を感じる
これがその兆しだったのか!
このジンクスなら助かるぞ!
 世界恐慌寸前に見る幻覚
2008/10 【日本語記事】Science 無いものが見えてくるとき
Seeing Something in Nothing
 周囲の状況に対するコントロールを失うと、そのコントロールを回復させるためヒトは存在しないパターンをみいだそうとする
 幻覚パターン(illusory pattern)の知覚は、アファメーション(自己肯定)の訓練によって減少させることが可能
2008/10 BBC News The brain creates illusions and superstitions at times of stress
脳は、ストレスが強い状況では錯視や迷信にすがりつきがち
2008/10 Discovery Insecure Minds Wired for Pattern-Finding
心は不安定な状況におかれると、むやみにパターンを発見してしまうようにできている
2008/10 EurekAlert Learning to shape your brain activity
脳活動のコントロールを学習せよ
 特定の脳波記録の(EEG)活動を直接加減することによって、おのれの脳活動を加減する
 睡眠品質と記憶パフォーマンスを改善するために、脳の特定の活動の存在に『報酬を与える』
2008/10 【日本語記事】Science ヒト海馬において自由想起の間に内部生成される単一ニューロンの再活性化
 Internally Generated Reactivation of Single Neurons in Human Hippocampus During Free Recall
 海馬とその周辺領域で選択的に発火する単一ニューロン






9月


注意散漫が、創造的な解決策に導いてくれるわけ
2008/09 EurekAlert Eureka! How distractions facilitate creative problem-solving
 無意識の思考は、2段階プロセスによる創造的な問題解決をもたらしてくれる
2008/09 EurekAlert 'Hub' of fear memory formation identified in brain cells
脳細胞で特定、恐怖記憶形成の『ハブ』beta-catenin
 ベルクロのように作用するタンパク質ベータ-カテニン、薬物の目標にできる可能性
2008/09 New Scientist Invention: Infrared lie detector
Invention: 赤外線うそ発見器
 皮膚と頭蓋骨を通して、脳血流に近赤外線光をあてるよう設計されているヘッドバンド
2008/09 EurekAlert Un-total recall: Amnesics remember grammar, but not meaning of new sentences
非完全記憶能力:健忘症患者は、文法を覚えている ― でも新しい文章の意味は覚えておりません
ウェブアクセスを取り込んだ今どきのニュータイプ授業、別に効果的じゃないみたいだよ
 ちゃんと効果を調べているかい?
2008/09 EurekAlert MU researcher studies effectiveness of traditional and blended learning environments
2008/09 EurekAlert Whole brain radiation increases risk of learning and memory problems in cancer patients
脳全体へのガン放射線治療は、患者の学習・記憶問題のリスクを増大する
2008/09 EurekAlert Johns Hopkins neuroscientists discover a critical early step of memory formation
記憶形成の重要な初期ステップ eEF2K、Arc protein
数を把握する直感に長けた者は数学でも伸びる
2008/09 EurekAlert As easy as 1, 2, 3: Number sense correlates with test scores
1、2、3と同じくらい簡単:数感覚は、テスト得点と相関する
2008/09 EurekAlert Research at the University of Haifa identified a protein essential in long term memory consolidation
長期記憶強化で重要なタンパク質
2008/09 【日本語記事】Nature 脳:自信のほどを算定チュー
判断の正しさがどの程度かという「メタ認知」はラットも使っているらしい
脳:決定に対する信頼の神経基盤、計算および行動への影響
2008/09 Nature Neural correlates, computation and behavioural impact of decision confidence
Adam Kepecs, Naoshige Uchida, Hatim A. Zariwala and Zachary F. Mainen
doi:10.1038/nature07200
2008/09 【日本語記事】朝日新聞 「学習意欲」、本能かかわる脳中枢に 大阪市大など解明
http://www.asahi.com/science/update/0903/OSK200809030026.html
日頃の学習意欲が高い人ほど、線条体は活発に動いていた。
2008/09 【日本語記事】Science 想起、再演、回想
Recall, Replay, Recollect
脳が記憶を自発的に想起しているときの状態
一連のニューロンが、刻々と組み合わせを変化させながら発火するそのパターンは、個々の記憶ごとに特有
2008/09 【日本語記事】Science ラット海馬内で生成した細胞集合体の連続的活動
Internally Generated Cell Assembly Sequences in the Rat Hippocampus
ラット海馬における細胞集合体の確実かつ継続的な変化が、情報入力が欠如 している場合にも認められる
2008/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 記憶に用いられているニューロンの特定に成功
動画について思い出している時のニューロンの活動を観察
2008/09 【日本語記事】ワイアードビジョン 「報酬があれば潜在意識が教えてくれる」:人間で初めて実証
 意識的な視覚システムが情報を処理できなくても、適切な報酬があれば、無意識のうちに学習:線条体
一週間に2時間半以上ウォーキングをしている高齢者は記憶がしゃっきり
2008/09 EurekAlert Australian over-50s walk away memory problems in world-first trial
 オーストラリアの50代以上
2008/09 EurekAlert World-first trial proves exercise helps memory
世界-最初の試験は、証明する ― 運動が記憶を助けるということを
2008/09 ABC@オーストラリア Exercise keeps dementia at bay
2008/09 BBC News Exercise 'tackles flawed memory'

8月


成熟した脳は、絶え間ない新しい神経細胞の供給を必要とする ― 嗅覚や記憶のような機能を持続させるために
 京大・影山龍一郎
2008/09 ABC@オーストラリア Smell needs constant supply of nerve cells
2008/08 【日本語記事】読売新聞 脳細胞増えないと「方向音痴」?京大教授ら解明
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080831-OYT1T00646.htm
2008/09 【日本語記事】産経新聞  新たな神経細胞、記憶を維持 京大チーム発表 空間認識や嗅覚も
 http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/m20080901022.html
2008/08 【日本語記事】共同通信 新たな神経が記憶を維持 京大チームが米誌に発表
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008083101000630.html
2008/09 【日本語記事】毎日新聞 神経細胞:新しい神経細胞、空間記憶に役割 京大チーム発表
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/09/01/20080901ddm002040118000c.html
2008/08 PhysOrg New study shows false memories affect behavior
偽りの記憶は、行動に影響をおよぼす
 「幼いときに卵にあたったことがあるよ」と思い込まされた人、卵嫌いになる
2008/08 Discovery Subliminal Messages Work, at Least Sometimes
サブリミナルメッセージは、効く ― 少なくともたまには

少数民族の英国医学生が試験で成績不振なのは、心理的な『ステレオタイプ脅威』現象が影響しているっぽい
2008/08 medicalnewstoday 'Stereotype threat' could affect exam performance of ethnic minority medical students
『ステレオタイプ脅威』は、少数民族医学生の試験成績に影響を及ぼす可能性があった

 * 偏見(先入観)が成績を下げる


2008/08 EurekAlert Memory trick shows brain organization
記憶トリックは、脳構成を示す
 perirhinal cortex 周嗅領皮質は、記憶を作り上げる一因となることができる
2008/08 【日本語記事】Science 就学前教育が数年後、算数の点数を上げる
Preschool Boosts Math Scores, Years Later
就学前教育を受けた10歳の児童は、受けていない児童に比べて算数のテストで高い得点を上げる傾向
 欧州最大の長期研究 Effective Pre-school and Primary Educationプロジェクト(EPPE)で収集したデータ
 過去の研究は、大半が環境に恵まれない児童を中心にしたもの
2008/08 New Scientist Why preschool is more than just child's play
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 ターメリック:カレーに記憶力のもと
 化合物、武蔵野大など合成 認知症治療に効果?
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/24/20080824ddm041040125000c.html
 生きた状態のスライスラット海馬に化合物「CNB‐001」を加えた
2008/08 EurekAlert Pre-school age exercises can prevent dyslexia
幼児は就学前に練習をしておけば、失読症を防ぐことができる
2008/08 Scientific American High-Aptitude Minds: The Neurological Roots of Genius
天才の神経学的ルーツ
Researchers are finding clues to the basis of brilliance in the brain
脳で抜群の才能の基盤の手がかりを見つける
2008/08 PhysOrg New study shows false memories affect behavior
新しい研究は、偽りの記憶影響行動を示す
 人々は簡単に偽りの過去記憶を作成してしまう上、 その記憶に長期にわたって影響されてしまうのだ
2008/08 PhysOrg Switching it up: How memory deals with a change in plans
記憶は、どのように計画の変化を扱うか
 複雑な「if-then」規則を扱う脳の2つの異なる領域 前頭葉と頭頂部の皮質
数学/算数に関しては、宿題を多く出せばいいってものじゃあないらしい
2008/08 newswise.com Piling on the homework -- Does it work for everyone?
2008/08 PhysOrg Adults easily fooled by children's false denials
児童の偽りの否定によって簡単にだまされる大人
2008/08 Telegraph Adults easily fooled by children's false denials, says research
2008/08 【日本語記事】Science 誰に投票するか未定−本当に?
Undecided Voters -- Are They Really?
 意識下にある意見はその意見と一致する非意識的な連想を増強する可能性
 人間はなぜこうも「自覚に無自覚なのか」
2008/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 手品から学ぶ「気がつかれずに意識を操作する方法」
2008/08 【日本語記事】読売新聞 カレーを食べて記憶力アップ…アルツハイマー予防に期待
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080819-OYT1T00040.htm
ターメリック(ウコン)から作った化合物で動物実験
武蔵野大&米ソーク研究所
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 脳:ものを見る経験→視覚発達 カギのたんぱく質発見 理研チーム
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/17/20080817ddm003040137000c.html
脳の視覚野に多く分布する「Otx2」というたんぱく質
2008/08 EurekAlert CSHL neuroscientists glimpse how the brain decides what to believe
何を信じるべきかについて脳が決定する機序
 においを識別するテストに今日される齧歯動物の脳において、個々のニューロンからの信号を記録
 眼窩前頭皮質皮質のニューロンは、決定の不確実さを信号を出す。
 簡単なテストより、難しいテストのほうが発火が活発。
一晩寝て考えたり、勘で決めたりするよりも、きっちり思考した方がよい判断にたどりつく
2008/08 EurekAlert Complex decision? Don't sleep on it
2008/08 ABC@オーストラリア Decision-making 'myth debunked'
仮面をはがれる意思決定神話
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 「3つ子の魂100まで」の仕組みを説明することに成功
理研脳科学総合研究センター神経回路発達研究チーム
 経験が大脳の発達を促すメカニズム
「Otx2ホメオタンパク質」が脳の臨界期を左右する
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 <北大>海馬の神経細胞、カフェインで増強 研究チーム発表
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 記憶形成の分子レベルでのメカニズムが解明される
北大大学院医学研究科の神谷温之(はるゆき)教授(神経生物学)のグループ
脳の神経細胞内でのカルシウムの増加が記憶形成に関与する新たなメカニズムを分子レベルで解明

7月


想起能力や集中力が・・・
2008/07 EurekAlert Prostate cancer patients undergoing hormone therapy may experience cognitive effects
ホルモン療法を受けている前立腺ガン患者は、認知影響を経験するかもしれない
2008/07 EurekAlert Prostate cancer patients undergoing hormone therapy may experience cognitive effects
オキシトシン
 幸せそうな顔を記憶しやすくするホルモン
2008/07 EurekAlert A hormone that enhances one's memory of happy faces
 オキシトシンはポジティブな社会的記憶の刻みを増強して社交性を推進する
2008/07 【日本語記事】読売新聞 水素水に記憶力低下抑制効果、日医大教授がマウスで確認
neuropeptide S ニューロペプチドS
2008/07 EurekAlert Traumatic response to bad memories can be minimized
悪い記憶へのトラウマ反応は、最小にできる
 悪い記憶と関連するトラウマ感情をオフにする脳メカニズム
Mirrors in the Brain: How Our Minds Share Actions and and Emotions
●脳の中の鏡:どのように我々の心は、感情や行動を共有するか
 by Giacomo Rizzolatti and Corrado Sinigaglia
 translated from the Italian by Frances Anderson
 Oxford University Press, USA; 1版 (2008/2/13)

Gut Feelings: The Intelligence of the Unconscious
●直感:無意識の知性
 Gerd Gigerenzer
 Viking Pr (2007/7/5)

睡眠不足は、偽りの記憶を産み出す
 カフェインが、正確な思い出しを助けてくれるようだね
2008/07 news@nature.com Sleep loss produces false memories
But caffeine helps to boost accurate recall
2008/07 BBC News A good night's sleep may be the best way to boost our memory
良い夜の睡眠は、我々の記憶を押し上げる最善の方法であるかもしれない
 Sleeping soundly 'boosts memory'

脳の栄養は足りていますか
 コリン、ウリジン・モノリン酸塩、ドコサヘキサエン酸(DHA)
2008/07 EurekAlert Get smart about what you eat and you might actually improve your intelligence
食べるものをちゃんとすれば今より賢くなれますよ
2008/07 【日本語記事】時事通信 善玉コレステロールは記憶力の維持にも良い


 以上、 →2008年7~12月の記事でした


→ 「意識・記憶・学習・ウソ」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー