脳、神経科学:
2009年9月〜12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


12月


2009/12 EurekAlert Johns Hopkins scientists discover a controller of brain circuitry
 脳回路のコントローラを発見
 セマホリン(胚期の間に神経細胞から適切な目標まで軸索を誘導するタンパク質)が、軸索がいったんそれらの目標に達するとどうやら後で完全に異なった役割を引き受けるらしい
2009/12 EurekAlert Neuroscientists at Case Western Reserve University store information in isolated brain tissue
孤立している脳組織に情報を格納
 生体外に維持された脳回路で初めて、刺激特有の持続活動パターンを作成
2009/12 EurekAlert Synergistic interaction enhances pathogenesis of Parkinson's disease
相乗の相互作用はパーキンソン病の病気の発生を機能アップします。
2009/12 BBC News Inner ear alters brain blood flow
内耳は脳の血流を変更します。
2009/12 朝日新聞 思考つかさどる大脳新皮質、大人も神経生成 ラット実験
 藤田保健衛生大など
2009/12 毎日新聞 大脳新皮質:成体も脳の神経細胞新生 藤田保健大など、ラットで確認
 てんかん治療などに期待
2009/12 時事通信 成体の大脳新皮質で新生=神経細胞、ラットで確認−藤田保健大など
2009/12 毎日新聞 高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 大阪・医師調査
2009/12 読売新聞 10分の軽い運動で脳の働き軽やかに…筑波大
2009/12 BBC News Stroke patient says Kenny Rogers helped brain recovery
脳卒中患者は、ケニー・ロジャースが脳回復を助けたと言います。
 半側無視患者は、好きな曲を聞くと両側を認識出来るようになるかも
※ 2009/04 【日本語ブログ】心地良い音楽は半側空間無視患者の「気付き」の欠如を克服させる
※ 2004年 【日本語記事】左半側空間無視に対する音楽療法により歯みがきが改善した1例
2009/12 EurekAlert New Web tool may help predict risk of second stroke
脳卒中再発の危険を予測する新しいウェブツール
 "Recurrence Risk Estimator at 90 days" or "RRE-90 score"
 卒中再発のリスク:二週間以内に2.6パーセント、90日以内に6パーセントが再発し悪化
 4つ以上の危険因子を持つ患者は、危険因子のない人々に比べて90日内再発リスクが40倍
 軽い脳卒中の経歴の有無、一過性虚血発作(TIA)の有無、年齢、脳スキャン結果・・・
魚油
2009/12 EurekAlert New study links DHA type of omega-3 to better nervous-system function
DHAで神経機能アップ
2009/12 EurekAlert RXR activation -- hope for new Parkinson's disease treatment
RXR起動-- 新たなパーキンソン病治療の望み
 レチノイドX受容体(RXR)
  the neuroprotective function of the two RXR ligands LG268 and XCT.
2009/12 毎日新聞 軽度外傷性脳損傷:国内初のWHO基準調査、162人確認 救済措置なし
2009/12 EurekAlert Tiny molecule slows progression of Lou Gehrig's disease in mice
小さい分子 microRNA-206 (miR-206) はネズミのルー・ゲーリッグ病の進行を遅くします。
2009/12 EurekAlert miRagen announces discovery of key microRNA implicated in Lou Gehrig's disease
miRagenはルー・ゲーリッグ病で巻き込まれた主要なmicroRNAの発見を発表します。
2009/12 【日本語記事】Science ALSの新たな治療法発見か?
New Treatment Strategy for ALS?
骨格筋で発現するmi206が運動ニューロンの損傷や喪失を感知し、それらを活性化させる筋肉とニューロンの結合の再生を促進
miRNA-206はマウスにおいて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を遅らせ神経筋シナプスの再生を促進する
筋萎縮性側索硬化症のモデルマウスにおいて、低分子量の非翻訳RNAが運動神経の損傷に反応して神経・筋相互作用を促進させ、疾患進行を遅延させる。
2009/12 Science MicroRNA-206 Delays ALS Progression and Promotes Regeneration of Neuromuscular Synapses in Mice
Norbinは代謝型グルタミン酸受容体5を介するシグナル伝達の内因性調節因子である
ニューロン特異的に発現していることが知られていたものの機能が不明であったタンパク質norbinは、マウス脳内細胞膜において代謝型グルタミン酸受容体5(mGluR5)の蓄積を調節する脳内調節因子である(norbin はmGluR5と物理的に相互作用し、mGluR5の細胞表面への局在を増大させて、mGluR5シグナル伝達を促進する) 。
2009/12 Science Norbin Is an Endogenous Regulator of Metabotropic Glutamate Receptor 5 Signaling
2009/12 【日本語記事】Nature グルタミン酸受容体:ニューロン間の連絡にかかわるイオンチャネルの構造
 競合的アンタゴニストと結合したラットの四量体AMPA型GluA2受容体サブタイプのX線結晶構造
神経科学:明らかになったグルタミン酸受容体の構造
2009/12 Nature Neuroscience: Excitatory view of a receptor
生化学:AMPA型グルタミン酸受容体サブタイプのX線構造、対称性と反応機序
2009/12 Nature X-ray structure, symmetry and mechanism of an AMPA-subtype glutamate receptor
2009/12 EurekAlert New clues emerge for understanding morphine addiction
モルヒネ中毒に新しい手がかり
 培養した星状細胞アストロサイトのモルヒネを投与すると、神経細胞の正規曲線を維持するらしい9個のタンパク質レベルが高まる
2009/12 EurekAlert Nerve-cell transplants help brain-damaged rats fully recover lost ability to learn
神経細胞移植は、脳損傷しているネズミが失った学習能力を完全に回復するのを助けます。
 遺伝子組み換えの新生児マウスから採取し培養した海馬細胞を移植
2009/12 EurekAlert Coaxing injured nerve fibers to regenerate by disabling 'brakes' in the system
傷ついた神経繊維の再生を、システムの'ブレーキ'を無能にすることによってうながす
 自然の生長要素を抑圧する遺伝子SOCS3を削除すると、マウス・モデルで軸索が活発に作り直される
2009/12 EurekAlert Coaxing injured nerve fibers to regenerate by disabling 'brakes' in the system
2009/12 EurekAlert Stem cell derived neurons for research relevant to Alzheimer's and Niemann-Pick type C diseases
幹細胞由来の神経細胞を、アルツハイマー病やC型ニーマン・ピック病(コレステロールエステル化障害による脂質蓄積症)の研究に
 細胞内の物理的輸送システムにおける初期欠損は、神経障害の要因であるかもしれません。
2009/12 EurekAlert The thalamus, middleman of the brain, becomes a sensory conductor
視床は脳の複雑な知覚オーケストラの重要な導体
2009/12 EurekAlert With amino acid diet, mice improve after brain injury
ネズミは、脳障害後にアミノ酸を摂取するとよく回復する

2009/12 Max-Planck-Gesellschaft How to read brain activity?
脳活動を読む方法?
 訓練された猿でのEEGと単一のニューロンの両方の録音を結合することによって、EEGの特定の波の組み合わせが脳細胞の活動を確かに予測できる

2009/12 EurekAlert Irregular arm swing may point to Parkinson's disease
不規則なアームスイングはパーキンソン病を示すかもしれません。
 歩行時に不規則な腕振りをする場合はパーキンソン病の初期徴候であるかも
GABA作働性ハブニューロンは海馬の神経回路形成においてニューロン間の同期を調整している
脳内ネットワークにおけるトポロジーの理論モデルで、神経回路網のハブニューロンについて、形態的機能的説明ができる。
2009/12 Science GABAergic Hub Neurons Orchestrate Synchrony in Developing Hippocampal Networks
2009/12 【日本語記事】Science 出生後の脳成長シグナルの新しい役割
After Birth, New Role for Brain-Growth Signal
子宮内で脳が健やかに発達するために必要なシグナル伝達タンパク質・Atoh1転写因子が、悪性脳腫瘍の形成にも一役買っている
Atoh1の欠損は、発達中の小脳におけるソニックヘッジホッグシグナル伝達を破壊し、髄芽細胞腫を防ぐ
2009/12 Science Deletion of Atoh1 Disrupts Sonic Hedgehog Signaling in the Developing Cerebellum and Prevents Medulloblastoma

2009/12 BBC News MS 'blood blockage theory' tested
MS'血液封鎖理論'はテストされました。
US scientists are testing a radical new theory that MS is caused by blockages in the veins that drain the brain.
 多発性硬化症が脳を排出する静脈の封鎖で引き起こされるという新しい理論

11月


2009/11 news@nature.com 'Temple of the mind' unlocked
'心の寺'はアンロックされました。
Map of fundamental brain receptor opens doors to treatments.
基本的な脳受容体の地図は処理を可能にします。
 グルタミン酸受容体(脳内のニューロンの間と神経系のほかの場所で合図しながら調停されるタンパク質)の構造
2009/11 news@nature.com Famous brain set to go under the knife
有名な脳をスライス
Slices from the brain of H.M., a key patient in pioneering memory studies, will be immortalized online.
H.M.の脳からの部分(記憶研究で著名な患者)はオンラインで不滅にされるでしょう。
2009/11 EurekAlert Study shows new brain connections form rapidly during motor learning
運動学習の間に、新しい脳の接続が急速に形成される
2009/11 EurekAlert Stanford scientists identify 2 molecules that affect brain plasticity in mice
ネズミの脳の可塑性に影響する2個の分子
 発生中の脳の回路を安定させる1セットの分子ブレーキ
2009/11 EurekAlert Caltech scientists find emotion-like behaviors, regulated by dopamine, in fruit flies
ショウジョウバエにおけるドーパミンによって規制された感情のような振舞い
 神経伝達物質ドーパミンと注意欠陥多動性障害(ADHD)との関係に関連しているかもしれない
2009/11 EurekAlert Hormone ghrelin can boost resistance to Parkinson's disease
グレリン(胃で作り出されたホルモン)はパーキンソン病への抵抗を上げることができます。
2009/11 EurekAlert Factors from common human bacteria may trigger multiple sclerosis
一般的な人間のバクテリアからの要素は多発性硬化症の引き金となるかもしれません。
 一般的な口腔細菌が自己免疫疾患を悪化させるかもしれない リン酸化ジヒドロセラミド
2009/11 EurekAlert New discovery about the formation of new brain cells
新しい脳細胞の構成に関する新しい発見
 脳の神経細胞の新しい世代はペプチドC3aによって規制されます。
2009/11 EurekAlert New understanding about mechanism for cell death after stroke leads to possible therapy
卒中後の細胞死メカニズム
 脳損傷のあと多くの脳細胞が、血流が回復した後にさえ、死に続ける
 NMDA受容体(脳細胞の表面の特別な受容体)の過剰起動が動物モデルで次に細胞死を引き起こす、SREBP-1と呼ばれる別のタンパク質を活性化する

脊髄の圧縮損傷に4アミノピリジン3メチル水酸化物を用いれば
2009/11 EurekAlert Drug studied as possible treatment for spinal injuries
2009/11 BBC News Giving birth 'slows MS progress'
出産は多発性硬化症の進みを遅くします。
Giving birth seems to slow the progression of multiple sclerosis (MS), according to Belgian and Dutch researchers.
2009/11 BBC News Experts make mad cow discovery
Researchers at the University of Leeds discover a type of protein which may play a part in causing "mad cow disease".
「狂牛病」を引き起こす際に役を務めるかもしれないタンパク質 Glypican-1
2009/11 Discovery Tiny Insect Brains Solve Big Problems
小さな虫脳が重要な問題を解決するという発見
Insects have scientists re-thinking an age-old question: Are bigger brains better?
 脳みそはでかけりゃいいってもんじゃない
脳:ガンマ振動の振動数は海馬内の情報の流れの経路を定める
2009/11 Nature Frequency of gamma oscillations routes flow of information in the hippocampus
doi:10.1038/nature08573
2009/11 毎日新聞 神経細胞:軸索の太さ制御するたんぱく質を発見 京大グループ
2009/11 EurekAlert UCLA study shows brain's ability to reorganize
脳の再編成能力
 構造変化は、失明を相殺し、他の感覚を強化するのを助けうる
2009/11 EurekAlert The protein Srebp2 drives cholesterol formation in prion-infected neuronal cells
タンパク質Srebp2はプリオンが感染した神経細胞でコレステロール生成を煽ります。
プリオン感染細胞は、遺伝子発現を変えて、コレステロールの増量を起こします。
2009/11 EurekAlert Findings that should speed the development of drugs for Parkinson's disease
パーキンソン病のためにドラッグの開発を促進するべきである調査結果
シナプスのドーパミン放出、およびリリースの確率を決定する要素に関わるメカニズムを明らかにする数学的モデルと顕微鏡観察方法を開発

2009/11 EurekAlert Are teenagers wired differently than adults?
ティーンエイジャーは大人達と異なって配線されますか?
 脳の'情緒領域'が大人達と若者の間でどのように異なるか:ネズミで感情学習を調べました
 皮質より皮層下で処理されるので、青春の情動行動が、より正確でなくて、より不合理である
2009/11 EurekAlert On your last nerve: NC State researchers advance understanding of stem cells
神経細胞を生産するのをいつ止めるかを脳の胚幹細胞に言う遺伝子FoxJ1
脳のコアの成人期まで幹細胞を保有して、新しいニューロンを生産し続けている特定地域を特定
2009/11 EurekAlert MS is more aggressive in children but slower to cause disability than in adults
多発性硬化症は子供ではより攻撃的ですが、障害を引き起こすのは大人達より遅いです。
2009/11 EurekAlert Migraine raises risk of most common form of stroke
偏頭痛は脳梗塞の危険を上げます。
 女性のほうがリスクが高く、視覚に異常を認めるとよりやばい
2009/11 EurekAlert Researchers find potential treatment for Huntington's disease
通常のシナプス活性がハンチントン病に関連する異常な折り畳み構造のタンパク質から脳を保護する
2009/11 EurekAlert Brain injured athletes may benefit from hypothermia research
脳を負傷した運動選手は低体温研究で利益を得るかもしれません。
2009/11 ABC@オーストラリア Brain power: 'size isn't everything'
脳力: 'サイズはすべてではありません'
When it comes to brain power, it's the complexity of neuronal connections, rather than the size of the brain itself, that is most important, say scientists.
知力の良し悪しは、脳のサイズよりむしろニューロン結合の複雑さが重要
2009/11 毎日新聞 ブレーン・マシン・インターフェイス:脳内の考え、読み取り道具操作
 産業技術総合研究所で装置を開発中の、長谷川良平・ニューロテクノロジー(脳神経技術)研究グループ長
 横井浩史・電気通信大教授(東京大教授を併任、ロボット工学)
 +佐倉統コメント
2009/11 EurekAlert New UAB study sheds light on brain's response to distress, unexpected events
予期せぬ出来事への脳の反応
2009/11 EurekAlert Researchers explore new ways to prevent spinal cord damage using a vitamin B3 precursor
ビタミンB3先駆で脊髄損傷を防ぐ新しい方法を探ります。
2009/11 BBC News Teenage obesity link to future MS
Women who are obese as teenagers may have a higher risk of developing multiple sclerosis as adults, say researchers.
女性の場合、十代の肥満は、のちの多発性硬化症に高リスク
2009/11 EurekAlert Aiming to avoid damage to neurocognitive areas of the brain during cranial radiation
頭蓋への放射線治療の間、脳のneurocognitive領域への損害を避けることを目指します。
 海馬と辺縁系への損害を避ける方法
2009/11 EurekAlert Precuneus region of human and monkey brain is divided into 4 distinct regions
人間と猿脳の楔前部部分は4つの異なる領域に分割されます。
2009/11 EurekAlert Clinical tests begin on medication to correct Fragile X defect
臨床実験は薬物療法で脆弱性X症候群を修正し始めます。
 新しい化合物(STX107)はシナプスの欠陥を選択的に、強力に狙います。






10月


2009/10 EurekAlert Brain tumors in childhood leave a lasting mark on cognition, life status
小児期の脳腫瘍は、認知能力や暮らしのステータスに生涯にわたるハンデを残す
脳脂肪
 学習に脂質が必要であるかもしれない
 リバーシブルの記憶スイッチにパルミチン酸塩(脂肪酸)
2009/10 EurekAlert This is your brain on fatty acids
2009/10 EurekAlert Unlocking mysteries of the brain with PET
PETと共に脳の神秘をアンロックします。
陽電子放射断層撮影(PET)(非観血の分子映像技術)で、脳神経の炎症を特定できる
神経:一元的なGABAを介する拡散性伝達(volume transmission)による皮質微小回路の調節
2009/10 Nature Regulation of cortical microcircuits by unitary GABA-mediated volume transmission
個々のneurogliaformセルは、軸索の雲の中でボリューム送信に十分なGABAをリリースする
 これらのセルは、隣接するニューロンに抑制反応を起こすためにシナプスを必要としません。
doi:10.1038/nature08503
2009/10 EurekAlert Researchers find brain cell transplants help repair neural damage
脳の細胞移植が、神経損傷修復を助ける
無症候性のパーキンソン病がある霊長類運動皮質傷害モデルの動物実験で、脳細胞の自己移植が脳障害を修理し機能を回復する際に役に立つかもしれない
2009/10 EurekAlert Statins show dramatic drug and cell dependent effects in the brain
スタチンは脳の薬物と細胞に依存する劇的な効果を示す
 個人(特に年配)へのstatinの投与量とタイプの決定は、高度の注意をはらうべきである
2009/10 EurekAlert Surgery potentially best option for severe migraine headaches
重症の片頭痛には手術かな
機械的に同じ動作を4週間繰り返させたマウスはその動作が改善された
2009/10 EurekAlert Tailoring physical therapy can restore more functions after neurological injury
オーダーメイドの身体療法なら、神経損傷後により多くの機能を回復できます。

とある酵素の働きをブロックすれば、神経細胞を救う上に再生も期待できるかも
2009/10 ABC@オーストラリア Enzyme blocker may reverse nerve damage
Blocking the action of a single enzyme prevents injured nerve cells dying and enables them to regrow
2009/10 EurekAlert Master regulator found for regenerating nerve fibers in live animals
動物で神経線維の再生を司るマスター制御因子
2009/10 news@nature.com Sudden moves spark brain battle
Neurons compete in a royal rumble for the brain's attention.
2009/10 毎日新聞 脳卒中対策:立法化推進協議会が発足
「力を抜いて」
2009/10 EurekAlert Gentle touch may aid multiple sclerosis patients
穏やかなタッチは、多発性硬化症の患者さんを助ける可能性がある
2009/10 【日本語記事】Nature 脳:場所細胞の場所のわきまえ方
 覚醒し行動しているマウスがバーチャル迷路中を移動する際の、海馬の場所細胞の発火パターンを細胞内記録
神経科学: 場所細胞の内情
2009/10 Nature Neuroscience: The inside story on place cells
doi:10.1038/461889a
脳: バーチャルな空間移動を行う際に海馬場所細胞が示す細胞内動態
2009/10 Nature Intracellular dynamics of hippocampal place cells during virtual navigation
doi:10.1038/nature08499
細胞: キイロショウジョウバエでは特殊な細胞が性別と種別の標識付けを行う
2009/10 Nature Specialized cells tag sexual and species identity in Drosophila melanogaster
doi:10.1038/nature08495
2009/10 【日本語記事】Nature 神経細胞か前駆細胞か?:非対称な中心体の継承は脳の神経発生に極めて重要
細胞: 新皮質の神経前駆細胞は中心体の非対称的な継承によって維持される
2009/10 Nature Asymmetric centrosome inheritance maintains neural progenitors in the neocortex
doi:10.1038/nature08435
皮質下の速いシナプスによる海馬神経回路の調節
2009/10 Science Fast Synaptic Subcortical Control of Hippocampal Circuits
脳はエコ仕様
 むちゃむちゃエネルギー効率が良くできている脳
2009/10 EurekAlert Brain power goes green
神経画像研究における計測機器、計測方法、解析モデルについて
2009/10 Science  Modalities, Modes, and Models in Functional Neuroimaging
神経回路における記憶配置機構への分子生物学的・細胞生物学的アプローチ
2009/10 Science Molecular and Cellular Approaches to Memory Allocation in Neural Circuits
2009/10 EurekAlert Amyotrophic lateral sclerosis may involve a form of sudden, rapid aging of the immune system
筋萎縮性側索硬化症は、突然かつ迅速な免疫機能の老化に関与する可能性がある
2009/10 EurekAlert Study pinpoints key mechanism in brain development, raising question about use of antiseizure drug
脳の発達に関わるメカニズムの解明から、抗発作薬の使用に懸念が
2009/10 EurekAlert Researchers identify genes associated with onset age of Parkinson's disease
パーキンソン病の発病年齢と関連する遺伝子
2009/10 EurekAlert 1 small step for neurons, 1 giant leap for nerve cell repair
ニューロンにとっては1つの小さいステップかもしれないが、神経細胞の修復作業には大きなジャンプなのである
 次の5年以内で我々は、充分に機能的な装置を持つだろう
 それは、神経細胞からミニコンピュータを含む人工のマトリックスまで、直接自然な神経細胞信号を伝達することができるだろう ― それは、ワイヤレスで目標の組織と通じ合うだろう
2009/10 BBC News Gout chemical slows Parkinson's
尿酸は、パーキンソン病の進行を遅くする
2009/10 EurekAlert Study supports possible role of urate in slowing Parkinson's disease progression
研究は、尿酸塩の可能な役割を支持する ― パーキンソン病進行を遅くすることで
2009/10 BBC News Juggling increases brain power
 Juggling's 'white matter' effect boosts brain power
ジャグリングで脳パワーアップ 曲芸のような複雑な訓練は脳の白質を変える
2009/10 ABC@オーストラリア Juggling rewires the brain
曲芸は、脳を配線替えする 脳の各パートの連繋がアップする
KLFファミリーは神経軸索の内在性再生能を調節している
 KLF:Kruppel-like factor
2009/10 Science KLF Family Members Regulate Intrinsic Axon Regeneration Ability
2009/10 EurekAlert UNC study pinpoints gene controlling number of brain cells
脳細胞の数を制御している遺伝子の位置 GSK-3
2009/10 EurekAlert Using synthetic evolution to study the brain: Researchers model key part of neurons
合成進化を脳研究に使うのはいかが:ニューロンのカギ部分のモデルを作ってみました
 イオンチャンネルなどの具合を数百のバリエーションでシミュレーションして、現実に一番近いものを選り抜きしてみました
2009/10 EurekAlert Cholesterol necessary for brain development
脳細胞の形成に必要なコレステロール
2009/10 EurekAlert LSUHSC research shows fish oil may protect against stroke from ruptured carotid artery plaques
{魚油が脳卒中から保護してくれる可能性}
神経:神経突起の自己と非自己のロバストな識別にはDscam1の数千種のアイソフォームが必要である
2009/10 Nature Robust discrimination between self and non-self neurites requires thousands of Dscam1 isoforms
Daisuke Hattori et al.
doi:10.1038/nature08431
2009/10 ABC@オーストラリア 'Academic doping' set to rise: expert
脳力アップ薬の濫用
Performance-enhancing drugs to help students burn the midnight oil, could pose a major dilemma for schools and universities in the future, says an Australian researcher.

9月


2009/09 朝日新聞  水素入りの水はパーキンソン病防ぐ? マウス実験で効果
九州大やパナソニック電工の研究グループ
神経活動を分析して「見ていたものの再現」に成功
 2009/09 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/09 EurekAlert UCLA scientists make paralyzed rats walk again after spinal-cord injury
脊椎損傷で麻痺したネズミを再び歩かせた
 薬物、電気刺激といつもの運動の組合せは、麻痺ネズミを歩行可能にすることができる
2009/09 New Scientist Drug-electricity combo makes paralysed rats sprint
薬物-電気組合せは、麻痺ネズミをダッシュさせる
2009/09 EurekAlert MDC researchers discover molecule responsible for axonal branching
アクソンの分岐に関わる分子 the peptide CNP
2009/09 EurekAlert New links between epilepsy and brain lipids
癲癇と脳脂質との間で新しいリンク
 可塑性に結びつけられたgene-1(PRG-1)が失われたときにエンコードされるタンパク質は、脳機能における重要なファインチューニングのメカニズムを明かす
2009/09 EurekAlert Yale team finds mechanism that constructs key brain structure
カギ脳構造を造るメカニズム
 大脳皮質の作動に必要不可欠なコラムの形成の間、ニューロンを厳密にミキシングする分子のメカニズム
2009/09 BBC News 'Booze therapy' for brain injury
脳外傷に『アルコール・セラピー』
 アルコールの投与は、頭部外傷患者への良い治療である可能性がある
神経:脊椎動物脊髄内の行動モジュールの光遺伝学的分析
2009/09 Nature Optogenetic dissection of a behavioural module in the vertebrate spinal cord
doi:10.1038/nature08323
2009/09 EurekAlert With a flash of light, a neuron's function is revealed
閃光によって、ニューロンの機能は、明かされる
2009/09 EurekAlert Neurons found to be similar to Electoral College
樹状突起は中央軸索に信号を出す前に、何千もの入力をローカルに統合する
麻酔状態を制御する
2009/09 EurekAlert 'Alert status' area in brain discoved by Hebrew University scientists
『覚醒状態を引き起こす』脳領域
2009/09 New Scientist Brain cells slicker than we thought
よりなめらかな脳細胞 ― 想定より、
 ネズミ脳細胞の特定の軸索ははるかにもっと効率的である。
 理論上の最小限のエネルギーが必要とした ― 信号を送るために} 1.3倍だけを使用する。
2009/09 【日本語記事】Science 最大多数の最大幸福を実現するための読心術
Mind-Reading to Achieve the Greatest Good?
 fMRIを用いた一連の社会的実験をとおして、公共財の供給・配分に関して正直な評価が抽出できる
2009/09 毎日新聞 ニューロン:たんぱく質操作で生後も生産 脊髄損傷など回復に光  東大チーム
(ニューロン)の生産を止めるたんぱく質の機能
2009/09 毎日新聞 米兵脳損傷問題:装備も無力 爆風、頭蓋ゆがめる 米国立研、メカニズム解明
衝撃波から兵士を守るヘルメットや装甲車は開発されておらず
2009/09 EurekAlert Healthy older brains not significantly smaller than younger brains, new imaging study shows
健康な高齢者の脳は若い脳よりそんなにハデに縮んでいるわけではないぞ
エラー関連陰性電位(error-related negativity : ERN)
2009/09 EurekAlert Undergrad academic performance linked to neural signals
 学業成績の悪さに関係がある神経系の信号
 小さいERN信号は、エラーにあまり反応していないことを指し示す
 エラー信号が強い人は、成績も優秀
2009/09 EurekAlert Researchers identify critical gene for brain development, mental retardation
脳発達(精神薄弱)に重要な遺伝子
 srGAP2のF-BARドメインは、緊密に{ニューロンが経る} 分岐の量を制御すると思われる
後帯状回の反応を見る
2009/09 EurekAlert Monkey brains signal the desire to explore
探査意欲の信号を出すサル脳
 従前のものにこだわらずに、新しい方策を探すときに
健康診断に気軽に脳スキャンをやるのはかえって危なくね?
2009/09 EurekAlert Experts warn over health check brain scans
脳ダメージを引き起こすフェンシング反応は、衝撃を受けてから頭が地面に強打するまでの間にすでに発生していたりする
2009/09 EurekAlert YouTube videos yield clues to brain injury symptom
脳外傷症状の発生機序をYouTubeのビデオでチェック
2009/09 BBC News Mass brain training study begins
脳トレの効果を大規模に調べますよ
The public will be invited to take part in a mass brain training study in a joint project by the BBC and Alzheimer's Society.
2009/09 BBC News Stroke cures man's failing sight
 脳卒中で目が見えるようになった!でもフランス語が話せなくなった!
2009/09 毎日新聞 滑脳症:知能障害、てんかん伴う病気 酵素の働き抑える薬で、治療に光明
大阪市立大の広常真治教授(分子生物学)と山田雅己講師ら
「LIS1」という遺伝子が欠けていることによって起き、発症は新生児1万5000人に1人程度。
「カルパイン」と呼ばれる酵素が、この遺伝子が作るたんぱく質を分解する
母親の腹腔(ふくくう)を通してカルパインの働きを抑える薬剤を注射で投与
プロテアーゼ抑制剤
2009/09 EurekAlert Researchers restore missing protein in rare genetic brain disorder
滑脳症(lissencephaly)の遺伝学的な脳障害で失われたタンパク質を元に戻す
2009/09 EurekAlert Vitamin C deficiency impairs early brain development
新生児がビタミンC不足だと、初期の脳発達が損なわれる
2009/09 BBC News Gel hope for brain injury repair
脳外傷の修復に使えるゲルはどう?
 注射可能なハイドロゲルは、傷の場所で組織成長を刺激し、脳外傷からの回復を促進する可能性がある
2009/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン ヘルメットにより脳への衝撃が増大する可能性があきらかに


 以上、 →2009年9月〜12月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー