脳、神経科学:
2009年5月〜8月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


8月


2009/08 【日本語ブログ】企業が推進する「ニューロコンサルティング」「ニューロマーケティング」とやらは、現時点ではただの「神経商法」に過ぎない - 大「脳」洋航海記
2009/08 【日本語記事】Nature 発生:個性的な脳を作り上げる
 ゲノム全域にわたって移動できるレトロトランスポゾンのLINE(長い散在性反復配列)-1
 成人の海馬などの脳領域における内在性LINE-1のコピー数は比較的多い。
 LINE-1のレトロ転位が、個体の体細胞モザイク現象や脳での遺伝子発現の不均一性にかかわっている可能性
発生生物学:転位する遺伝子のルーレット
2009/08 Nature Developmental biology: Jumping-gene roulette
doi:10.1038/4601087a
発生:ヒト神経前駆細胞におけるL1のレトロ転位
2009/08 Nature L1 retrotransposition in human neural progenitor cells
doi:10.1038/nature08248
2009/08 EurekAlert Finnish scientists discover nerve growth factor with therapeutic potential in Parkinson's disease
パーキンソン病治療の可能性をもつ神経成長因子GDNF類
 特定の発育因子は、使用されることができる ― 神経毒によって育てられるダメージの経過を停止させるために
それは、おそらくダメージを与えられた細胞の機能を元に戻しさえするだろう。
2009/08 EurekAlert New research findings pave the way to more accurate interpretation of brain imaging data
fMRI信号の生成でカギ役割をプレーする星状細胞 astrocytes
頭を打ったら病院へ!
2009/08 EurekAlert Strong link found between concussions and brain tissue injury
震盪と脳組織外傷との間で発見される強いリンク
 脳震盪は、高次脳機能の恒久的な喪失を引き起こしうる
神経科学:局所的な活動
2009/08 Nature Neuroscience: Activity acts locally
どのように、神経の活動は、神経系の回路の発達に影響を及ぼすか?
網膜の研究は、示す ―
シナプスで活動をブロックすると、グローバルな細胞の構造に影響を及ぼすことなくローカル・シナプス・アセンブリを減らす
doi:10.1038/460961a
神経:神経伝達はin vivo平行的回路中でのシナプス形成を選択的に調節する
2009/08 Nature Neurotransmission selectively regulates synapse formation in parallel circuits in vivo
doi:10.1038/nature08236
2009/08 EurekAlert Fragile period of childhood brain development could underlie epilepsy
幼年時代脳発達のもろい期間に、癲癇の基礎があるかも
 聴覚などの感覚の幻覚と関連する部分的な癲癇の形式は、幼小期の脳発達の混乱に関係があった
2009/08 EurekAlert Impaired transport in neurons triggers prion disease
そこなわれたニューロン輸送は、プリオン病気を誘発する
 神経系整合性とアクソンのプロパティは、カギ役割をプリオン病気でプレーする可能性がある。
鍋倉 淳一. (自然科学研究機構生理学研究所 教授)
2009/08 EurekAlert Mouse brain rewires its neural circuits to recuperate from damaged neural function after stroke
 マウス脳は、脳卒中ダメージの後、回復するためにその神経系の回路を配線替えする
2009/08 読売新聞 脳梗塞、反対側が機能補完…マウス実験で証明
「脳のしわ」は外からの衝撃を吸収する
 2009/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
生物的モノと非・生物的モノを自動的に峻別したがる脳
2009/08 EurekAlert Brain innately separates living and non-living objects for processing
 盲目の人々の脳の視覚センターは、目が見える人々のようにオブジェクトをカテゴリー化する
脳構造の変化に関係がある一般的な遺伝子バリエーション
2009/08 EurekAlert Common variation in gene linked to structural changes in the brain
common variations in the MECP2 region result in changes to brain structure, even in healthy individuals.
脳の大きさを左右する遺伝子のバリエーション
2009/08 EurekAlert Scripps Research, UCSD, and University of Oslo team ties genetic variations to brain size
 特定の遺伝子における自然なバリエーションは、脳構造に影響する。
 一般的なMECP2{ハプロタイプが2つの独立した人間母集団で皮質の表面領域量と関連する}
Thematic Organized Psychosis (TOP) study
2009/08 BBC News Child headache burden uncovered
若いティーンエイジャーの5人に一人は、少なくとも週に一度頭痛で苦しむ
時計仕掛けのように、ホルモンに応じて季節的に増大縮小を繰り返す鳴鳥の脳エリア
 彼らは、脳のこの自然な「毎年の型直し」をさえぎった
2009/08 EurekAlert Life and death in the living brain
 新しいニューロンの新人募集は遅くなる ― 古い脳細胞がなかなか死なない場合
Recruitment of new neurons slows when old brain cells kept from dying
脳腫瘍の治療に放射線治療を長年使用すると精神機能の低下につながる可能性
2009/08 BBC News  Brain radiotherapy affects mind
5層錐体細胞の房状樹状突起におけるシナプスの統合:新たな統一的原理
 錐体細胞の薄い房状の基底樹状突起はNMDA受容体のスパイク放出を利用して、膨大な量のシナプス入力を半独立的な区画で次々受け取っている。
2009/08 Science Synaptic Integration in Tuft Dendrites of Layer 5 Pyramidal Neurons: A New Unifying Principle
2009/08 EurekAlert On the move
『ジャンピング・ジーン』は、人間の脳細胞で多様性を生み出す  進化上・神経学上の病気に手がかり
「金縛り」の正体を解明する新たな研究
  2009/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/08 産経新聞 左右一方が脳梗塞でも大丈夫? 反対側が肩代わり 回路組み替え発見
神経:プレセニリンは神経伝達物質の放出の制御に必須である
2009/08 Nature Presenilins are essential for regulating neurotransmitter release
doi:10.1038/nature08177
発生:神経の発生における、マイクロRNAを介したクロマチンリモデリング複合体の切り替え
2009/08 Nature MicroRNA-mediated switching of chromatin-remodelling complexes in neural development
2009/08 朝日新聞 「脳の容量、脳の幅でわかる法則」 愛媛大院生が発見
 鳥類で当てはまる数式を見いだしたが、哺乳(ほにゅう)類など他の動物も同様の法則になりそうだ
 修士課程2年の河部壮一郎
 鳥類25種とワニ、シカの死骸の頭部をコンピューター断層撮影
運動障害性ジストニアの遺伝子変異を持っていても症状が出る人と出ない人がある
 その違いは脳の特定経路での変異の有無に関わる
2009/08 EurekAlert Abnormal brain circuits may prevent movement disorder
 視床と小脳の経路に異常があると、症状が出る
 でも、視床と皮質の間にある第二の経路にも異常があると、こちらは症状が出ない
2009/08 EurekAlert Abnormal brain circuits may prevent movement disorder
バイパス手術の後、長期の脳ダメージがみられるのはなぜ?
 手術(人工心肺装置)が原因ではなく、心臓病のせいであるらしい
2009/08 EurekAlert Is there long-term brain damage after bypass surgery? More evidence puts the blame on heart disease
脳トレは、認知症の進行を遅くできそうだ
2009/08 EurekAlert 'Brain exercises' may delay memory decline in dementia
人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性
 2009/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
パーキンソン病のハエモデルで認知障害を抑制しブロックする
2009/08 EurekAlert Dementia induced and blocked in Parkinson's fly model
脊髄損傷後、正しい接続を見つける
2009/08 EurekAlert Finding the right connection after spinal cord injury
サイコパスにおける脳差、特定
2009/08 EurekAlert Brain difference in psychopaths identified
 扁桃核と眼窩前頭皮質皮質(OFC:判断担当)
神経地図内の軸索の投射位置は軸索が配線する前の軸索間相互作用によって決定される
注)神経地図:視覚や嗅覚などの感覚情報は、脳の特定の領域に二次元的に展開され、これを神経地図と呼ぶ
マウスにおける嗅覚情報の神経地図は、嗅神経細胞の軸索が目的地に辿り着く前に、それらが相互作用し整列した結果、形成される
2009/08 Science Pre-Target Axon Sorting Establishes the Neural Map Topography
2009/08 【日本語記事】Nature 神経:プレセニリンは神経伝達物質放出を制御している
 家族性アルツハイマー病と遺伝的に関連があるプレセニリン遺伝子
 プレセニリンはシナプス前部で働き、ニューロンの計算、学習、記憶に必須の過程である活動依存性神経伝達物質放出を制御している
てんかんマウスで停止
2009/08 EurekAlert Epilepsy halted in mice

7月


2009/07 毎日新聞 末梢神経:鮮明に撮影 MRI改良、死角なし‐‐オランダと日本チーム、世界初
2009/07 New Scientist Brain cells have natural resistance to HIV
脳細胞は、HIVに自然な耐性を持つ
2009/07 EurekAlert How the pathology of Parkinson's disease spreads
パーキンソンの病理学
 Neuron-to-neuron transmission of a-synuclein may cause alpha-synuclein aggregates to propagate
2009/07 EurekAlert Scientists track impact of DNA damage in the developing brain
脳の発達におけるDNAダメージの足跡
 神経系を発達させる重要なDNA修復作業システムがオフになると、より小さい脳の大きさに至るのみならず、動き、記憶と感情に 極めて重要な脳構造で問題が発生する
 小脳の介在ニューロンは、DNAダメージの標的であり、人間における神経学的障害のありそうなソースである。
 This study focused on Xrcc1, a protein long recognized as the master regulator of a pathway essential for single-strand DNA repair in the
nervous system.
2009/07 EurekAlert Neuronal survival and axonal regrowth obtained in vitro
試験管内に得られる神経のサバイバルとアクソンの再生
2009/07 New Scientist Nerve cells have natural resistance to HIV
神経細胞は、HIVに自然な耐性を持つ
2009/07 EurekAlert Can brain scans read your mind?
脳スキャンは、あなたの心を読むことができるか?
 fMRIによる読心は、特定の条件では有効だが、非常に正確な「読心術」となると、現状では実現からはほど遠い
神経:ニューロンのSNARE複合体の細胞膜内へのらせん状伸長
2009/07 Nature Helical extension of the neuronal SNARE complex into the membrane
doi:10.1038/nature08156
脊髄損傷に新治療法 青いラット
 【日本語記事】National Geographic 
副作用は「青い身体」:食用色素で脊髄損傷を治療
 2009/07 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/07 EurekAlert The fancier the cortex, the smarter the brain?
認知可塑性の構造の基盤は、皮質モジュールである。
2009/07 EurekAlert Mayo Clinic researchers find previous exercise helps stroke patients recover faster
ふだんからよく運動していた人は、脳卒中からの回復が早い
2009/07 EurekAlert Gliomas exploit immune cells of the brain for rapid expansion
神経膠腫は、脳の免疫細胞を利用して迅速に広がる
2009/07 EurekAlert Estrogen can reduce stroke damage by inactivating protein
エストロゲンは、脳卒中ダメージを減らすことができる ― タンパク質を機能させないことによって
 エストロゲンは、脳卒中の後、p53を抑制する
2009/07 EurekAlert St. Jude scientists discover a new mechanism controlling neuronal migration
神経細胞の移住を制御している新しいメカニズムを発見
3才のときに左脳がないことが発覚!
2009/07 BBC News Half a brain does not stop near-perfect vision in one eye
半脳は、1つの眼でほぼ完璧な視覚を駆使する
 スキャンで明かされた女の子の脳 胎内での発達の間に配線替え 
 Half a brain girl recovers vision 半脳女の子は、視覚を回復する
2009/07 news@nature.com Setback for Huntington's disease therapy
ハンチントン病療法にいまいちなお知らせ
 脳-組織移植は効果があまり長続きしない気配
Brain-tissue transplants don't last very long in patients.
2009/07 読売新聞 「回復期」リハビリ、「3時間」高い効果
 脳卒中の発症から半年までの「回復期」リハビリで、訓練時間が長い患者のグループは、短時間のグループよりも、日常動作の改善の幅が大きく、自宅復帰の割合も高い
2009/07 EurekAlert Parts of brain involved in social cognition may be in place by age 6
社会の認識力に関与する脳の部分は、6才までにそれっぽくできあがっている
2009/07 EurekAlert Ben-Gurion U discovers drug can prevent epilepsy following traumatic brain injury
TGF Beta Blocker が脳外傷にともなう癲癇を防ぎうる
Masaki Fukata, Drs. Yuko Fukata and Jun Noritake
則竹淳、深田優子、深田正紀
 PSD-95パルミトイル化脂質修飾酵素によるAMPA受容体動態制御メカニズム
2009/07 EurekAlert Dynamic molecular mechanism to keep brain activity stable
ダイナミックなPSD-95分子のメカニズム ― 安定した脳活動を保つ
2009/07 EurekAlert Finnish study identifies factors that increase death in stroke patients ages 15 to 49
年齢15~49の脳卒中患者において、死亡率を増大する要素を特定
 45~49才では飲みすぎが
 15~49才では糖尿病が
固定されたネトリン-1にけん引力がかかると軸索の再構築を引き起こす
 伸長している脊髄交連神経の成長円錐は、軸索の軌道の方向付けを可能にするけん引力を生成する
2009/07 Science Traction on Immobilized Netrin-1 Is Sufficient to Reorient Axons
2009/07 読売新聞 脳卒中基本法へ要綱案…患者や医師
2009/07 【日本語記事】脳を活性化させる食べ物と栄養素いろいろ - GIGAZINE
2009/07 EurekAlert Hitting cell hot spot could help thwart Parkinson's disease
細胞のホットスポットに打撃を与え、パーキンソン病を妨害する
 黒質の神経細胞の死や変性症によって引き起こされる病気
 脳細胞を害する成分を出させないようにする:運動コントロール経路におけるグルタミン酸塩の過剰
2009/07 EurekAlert When it comes to brain damage, blankets take the place of drugs
脳障害を防ぐための低体温療法で、毛布は薬物に代わる
 薬物を使わずとも、単に皮膚を暖めるだけで、多くの患者で震えを減少させることができる
2009/07 EurekAlert CU-Boulder study shows brain's immune system may cause chronic seizures
脳の免疫機能によって慢性の発作が起きる可能性
 頭部外傷に起因する慢性発作は、負傷箇所を修復するために脳の免疫機能によってリリースされる化学物質から生じる可能性がある
2009/07 EurekAlert MS study offers theory for why repair of brain's wiring fails
{脳の配線の修復作業が失敗する} 理由
 多発性硬化症の研究は理論提案
 身体の自然な神経「ミエリン」修復メカニズムがダメだ
2009/07 毎日新聞 脳の働き:潜在的、人の好みを左右 無自覚な認知に違和感も
髄膜炎菌は、IV型線毛により極性複合体を動員して、脳の内皮を通過する
 脳脊髄膜炎の原因菌である髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)がヒト脳の血管内皮細胞に接着すると、結合部の構成要素が分離し、菌侵入が可能となる。
2009/07 Science Meningococcal Type IV Pili Recruit the Polarity Complex to Cross the Brain Endothelium
規則に基づく行動制御の分離可能な諸要素が前頭前野の諸領域にそれぞれ依存する
 ウィスコンシン・カード・ソーティング・テスト(WCST)アナログ
 サルの(前頭前皮質、眼窩前頭皮質、前帯状皮質)が、それぞれ3つの異なる認知機能を行っている
2009/07 Science Dissociable Components of Rule-Guided Behavior Depend on Distinct Medial and Prefrontal Regions






6月


2009/06 毎日新聞 脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道‐‐東大など
「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
 2009/07 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/06 EurekAlert Competition may be reason for bigger brain
脳の巨大化の裏に競争あり
 環境要因よりも、社会的競争が大きな要因である
2009/06 New Scientist Disorderly genius: How chaos drives the brain
無秩序な天才:混沌は、どのように脳を駆りたてるか
 ネズミ脳組織の薄いスライスで、自然発生的な電気的な活動を調査
 これらの神経系の雪崩が不変のスケールであり、その大きさは、パワー法に従う。
 大小カスケードの比率は、コンピュータ・モデル予測にフィットし、脳が自己組織された臨界の状態であるかもしれないことを示唆した
2009/06 EurekAlert Link found between history of periodontitis and cerebrovascular disease in men
歯周炎の罹患歴と脳血管障害、男性で相関あり
2009/06 EurekAlert New findings on Parkinson's disease and effect on patient behavior
パーキンソン病に関する新しい発見と患者行動に対する影響
2009/06 EurekAlert Brain section multitasks, handling phonetics and decision-making
音声学と意思決定をマルチタスクで取り扱う脳セクション
 {意思決定に似た作業を取り扱う} 脳の正面の部分は、異なる音声音を解読するのを助ける
2009/06 EurekAlert Reading the brain without poking it
脳を突かずに脳を読む
 新しい微小電極で{脳を侵襲することなく} 腕の動きを制御する脳信号を正確に検出
2009/06 EurekAlert Researchers see evidence of memory in the songbird brain
鳴鳥の脳で記憶の証拠を見る
 キンカチョウが自種メンバーから新しい歌を聞くと、その経験は予想外の方法で脳の遺伝子表現型を変えるのだ
2009/06 EurekAlert Imaging the hypnotized brain: Neural mechanisms of suggested paralysis
催眠術にかかった脳をスキャンしてみました:神経系の麻痺メカニズムをみる
2009/06 BBC News Brain hope for erection molecule
血圧のコントロールや勃起不全に使われる分子に、脳に対する効果がある可能性
 一酸化窒素は、脳に重大な影響を持ち、思考や聞こえ方を変えるかも
イスラエルに世界トップクラスの脳研究所を
2009/06 news@nature.com Q&A: Neuroscience centre thinks big
Eilon Vaadia on the drive to make an Israeli institute one of the top places for brain research.
人の謎解く脳科学研究を 文科省審議会が基本構想
 2009/06 朝日新聞 
2009/06 PhysOrg Changes in brain architecture may be driven by different cognitive challenges
脳構造の違いは異なる認知能力の要請があったゆえ
 脳構造における進化上の変化は、社会の相互作用と環境の刺激異なる種顔のタイプを反映する。
2009/06 PhysOrg Migraines with aura in midlife associated with increased prevalence of brain lesions in older age
中年のときに前兆つきの偏頭痛があると、老後の脳病変率が高め
2009/06 EurekAlert Traumatic brain injury caused by exposure to explosive blast presents critical challenge
爆発の衝撃に起因する脳外傷 動物実験で確かめる
2009/06 EurekAlert Stroke survivors report loss of sexual desire, blurred gender roles, anger and fatigue
脳卒中のサバイバーに見られる、性欲の減退、ジェンダーロールの曖昧化
 怒り、短気、焦燥感、そして慢性疲労
 女性においては見てくれを気にしなくなる
シナプス接着分子 ニューロリジン(neuroligin)
 自閉症に関係する分子の作用を示す動画
2009/06 EurekAlert UC Davis researchers visualize formation of a new synapse
 新しいシナプスの形成を視覚化する
 シナプスの建築に重要であるタンパク質ニューロリジン{一部の自閉症に関係する}は、「分子のベルクロ」のようにニューロンをロックする
2009/06 EurekAlert Researchers make progress toward early identification of muscular dystrophy
筋ジストロフィーの初期診断へ
 筋ジストロフィーの2種類のタイプについて胎児期まで起源をたどる
 デュシェンヌ型と、Limb Girdle MD 肢帯筋ジストロフィー
2009/06 EurekAlert Potential for noninvasive brain tumor treatment
非侵入性の脳腫瘍処置
 化学療法を熱カテーテルと組み合わせる
2009/06 EurekAlert Measuring brain atrophy in patients with mild cognitive impairment
軽度認知機能障害の患者で脳萎縮を測定する
2009/06 EurekAlert Potential for non-invasive brain tumor treatment
非侵入性の脳腫瘍処置における可能性
 脳の大きい血管にフィットする超音波カテーテル
2009/06 EurekAlert Peripheral nerve repair with fat precursor cells led to wider nerves and less muscle atrophy
前駆脂肪細胞で末梢神経を修復するなら、より太い神経とより少ない筋肉萎縮に導かれる
2009/06 EurekAlert Research shows how a stroke affects hand function; provides roadmap for rehabilitation
{脳卒中が手機能に影響を及ぼす} 方法を示す研究;リハビリテーションにおけるロードマップを提供する
2009/06 EurekAlert Protein regulates movement of mitochondria in brain cells
脳細胞でミトコンドリアの動きを制御するタンパク質
 hypoxia upregulated mitochondrial movement regulator (HUMMR)タンパク質は、低酸素状態で作り出される。
 HUMMRは、もう一つのタンパク質:低い酸素環境で機能するのを助ける 1 alpha (HIF-1) によって誘発される
ドイツだけでも多発性硬化症に罹患している人は10万人以上
2009/06 EurekAlert Tracking down the causes of multiple sclerosis
 多発性硬化症に対する3つの重要な新しい洞察。
2009/06 ABC@オーストラリア Green tea lowers stroke risk
緑茶は、脳卒中リスクを下げる
脳卒中:NPOが「脳卒中の歌」 緊急要する3症状、分かりやすく
 ◇「顔がゆがんだ すぐ119番」
 2009/06 毎日新聞 
蛍光偽神経伝達物質を用いて個々のシナプス前終末からのドーパミン放出を可視化する [Science Express 掲載]
 蛍光偽神経伝達物質を用いた神経伝達物質放出の測定により、複数のシナプスが脳の電気活動の異なる周波数に依存して神経伝達物質を放出することが明らかになった。
2009/06 Science Fluorescent False Neurotransmitters Visualize Dopamine Release from Individual Presynaptic Terminals
2009/06 【日本語記事】Nature 脳:ドーパミンニューロンの複雑さ
 ドーパミンニューロン集団は、報酬関連信号を介して運動学習を誘導するモデルで想定されているよりも不均質である。単なる報酬より、もっと微妙な信号を担っている
神経:感覚ニューロンと運動ニューロン間の結合特異性はSema3e-Plxnd1認識で符号化されている
2009/06 Nature Specificity of sensory--motor connections encoded by Sema3e--Plxnd1 recognition
doi:10.1038/nature08000
脳:2種のドーパミンニューロンが正と負の動機付け信号を伝える
2009/06 Nature Two types of dopamine neuron distinctly convey positive and negative motivational signals
Masayuki Matsumoto and Okihide Hikosaka 松本正幸/彦坂興秀
doi:10.1038/nature08028
※ Nature 447 ( 7148 ), (Jun 2007)脳:報酬を求める行動
Human: The Science Behind What Makes Us Unique
●人間:我々のユニークさの理由を科学する
 Michael S. Gazzaniga (著)  マイケル・ガザニガ
 Ecco Pr (2008/07)

2009/04 Evolutionary Psychology【PDF
ロビン・ダンバーによるガザニガ「HUMAN」の書評
Neuroscience and I  神経科学と私
2009/06 EurekAlert Association found between Parkinson's disease and pesticide exposure in French farm workers
パーキンソン病と農薬暴露との間でフランスの農場労働者で発見される関連
バイオプシーしても大丈夫
2009/06 EurekAlert University of Cincinnati study finds needle biopsies safe in 'eloquent' areas of brain
シンシナティ研究大学は、脳の『雄弁な』領域で安全な針生検を発見する
 言語野などの重要な機能をつかさどる脳領域でstereotacticな針生検をやっても、重要性の少ない脳領域における類似した生検とリスクは大差ない
2009/06 【日本語記事】Nature 脳:感覚情報の伝達
 情報の処理中や注意の集中時に表れるガンマ振動はパルブアルブミンを発現する高速発火型(FS)介在ニューロンの同期的活動によって生じる
線条体に特異的なタンパク質Rhesを介して、変異型ハンチンチンによる細胞毒性が発現する
注)Rhes:Ras homolog enriched in striatum
 (タンパク質ハンチンチンのポリグルタミン反復配列が伸長した変異型ハンチンチンにより惹起される)ハンチントン病において観察される限局性の神経変性には、脳の線条体に局在する低分子量Gタンパク質が関与していることがわかった。
2009/06 Science Rhes, a Striatal Specific Protein, Mediates Mutant-Huntingtin Cytotoxicity
2009/06 【日本語記事】Science ハンチントン病にみられる変異はなぜ脳を攻撃するのか
Why the Huntington’s Mutation Targets the Brain
オリゴフレニン  oligophrenin-1 (OPHN1)
 X-linked mental retardation X連鎖精神遅滞
2009/06 PhysOrg Protein linked to mental retardation controls synapse maturation, plasticity
精神薄弱でのシナプス成熟コントロール(可塑性)に関係があるタンパク質
2009/06 EurekAlert Drug's epilepsy-prevention effect may be widely applicable
薬物の癲癇-予防影響は、広く適用できる可能性がある
 遺伝学的な状態によって引き起こされる癲癇を防ぐ薬物は、脳外傷によって引き起こされる癲癇のより多くの一般的な形式を防ぐのを助ける可能性がある
脳手術のおかげ? 美術の才能が皆無だった男性、アーティストに大変身!
2009/06 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS) 

5月


2009/05 【日本語記事】Nature 脳:頭の中の地図
「場所細胞」と、4~10 Hzで時を刻む内部時計として働く「シータ振動」という脳活動:海馬におけるエピソード記憶の時空間的な符号化に不可欠
 シータ振動は海馬全体で同期しているわけではない:海馬の中では、時間がまるで地球上の時差帯のように地図状に構造化される
脳:海馬シータ振動は進行波である
2009/05 Nature Hippocampal theta oscillations are travelling waves
doi:10.1038/nature08010
2009/05 EurekAlert Caltech scientists reveal how neuronal activity is timed in brain's memory-making circuits
脳の記憶-作っている回路で神経活動が時間を計られる} 方法
2009/05 EurekAlert Common migraine pain condition also prevalent in cluster headache
集団頭痛で一般的な偏頭痛
ニューロンのシナプスを形づくるロック機構を特定
2009/05 EurekAlert Capturing the birth of a synapse
シナプスの誕生を捕らえること
2009/05 PhysOrg The evolution of migraine from episodic headache to chronic disorder
エピソードの頭痛から慢性の障害への偏頭痛の進化
2009/05 PhysOrg Vitamin D found in fish boosts brain power
魚で発見されるビタミンDは、脳パワーを高める
2009/05 news@nature.com Electrodes spark neuron growth
電極は、ニューロン成長を誘発する
脳深部刺激療法は、記憶を作るのを助けることができた。
Deep brain stimulation could help make memories.
2009/05 【日本語記事】Science 薬物中毒の生物学的スイッチを切り替える方法
Flipping the Biological Switch of Drug Addiction
 体の報酬回路をドーパミン非依存性からドーパミン依存性へ切り替える働きをしている脳の腹側被蓋領域(VTA)メカニズムに、天然の蛋白質である脳由来神経栄養因子(BDNF)が直接関与している
注意の間に前頭前野と視覚野の間に生じる高頻度かつ長距離に及ぶカップリング
 ガンマ帯域で時間的に推移する神経細胞間の発火の同調性は、脳の構造間の相互作用を調節すると考えられる。
2009/05 Science High-Frequency, Long-Range Coupling Between Prefrontal and Visual Cortex During Attention
ドーパミン作働性神経細胞の一時的な(phasic)発火は行動の条件付けにおいて十分な役割を果たしている
 マウス深部脳の神経細胞における高周波パルス様活動電位はドーパミン放出を促進し、報酬関連行動を惹起する。
2009/05 Science Phasic Firing in Dopaminergic Neurons Is Sufficient for Behavioral Conditioning
ヒトの脳波のK複合波は皮質領域の特異な活動低下を示す
 K複合波は、ヒトのノンレム睡眠(徐波睡眠)中に見られる脳波であり、皮質内の広範囲にわたる神経活動の低下と発火頻度の減少を伴う(手術中の患者の脳に設置した電極の記録から判明)。
2009/05 Science The Human K-Complex Represents an Isolated Cortical Down-State
脳の活動パターンから「空間記憶の読み取り」に成功
2009/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 
 バーチャル空間を移動する被験者の脳をfMRIで分析したところ、海馬の活動から、被験者の空間位置を特定できることが分かった。
瞑想すると脳が大きくなる!?
2009/05 EurekAlert How to build a bigger brain
 より大きい脳を構築する方法
 瞑想熟達者は海馬、眼窩前頭皮質領域、視床、下側頭回など、特に感情制御にかかわる部位が発達している
核DNAを構成する5-ヒドロキシメチルシトシンという塩基がプルキニエ神経と脳に存在する
2009/05 Science The Nuclear DNA Base 5-Hydroxymethylcytosine Is Present in Purkinje Neurons and the Brain
* 哺乳類のゲノムには、これまでに知られていない化学修飾されたDNA塩基が含まれている。
ビジュアル刺激によって同調動作する脳とGABA
2009/05 EurekAlert 'Singing brains' offers epilepsy and schizophrenia clues
『歌う脳』から癲癇や統合失調症の手がかり
シナプトタグミン synaptotagmin-IV (Syt-IV)
2009/05 EurekAlert Special protein helps maintain an efficient brain
効率的な脳を維持するのを助ける特別タンパク質
2009/05 EurekAlert Identification of a key molecular pathway required for brain neural circuit formation
{Sonic Hedgehog (Shh)分子の経路が脳神経系の回路構造における必要とした} カギの同定
2009/05 EurekAlert Brain's organization switches as children become adults
脳の組織は児童が大人になるにつれて、大きく切り替わる
 でも、脳内の重要な芯の部分は7歳の子も大人も同じままなのです
2009/05 EurekAlert Development of an artificial simulator of the nervous system to do research into diseases
神経系人工シミュレータの開発 ― 病気の研究を行うために
「レーザーで脳ニューロンを正確に刺激」する新しい治療法
 2009/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 
パーキンソン病発症の可能性28倍、遺伝子の変異発見
 2009/05 読売新聞 
辻省次・東大教授(神経内科)らの研究チーム
2009/05 EurekAlert Brain's problem-solving function at work when we daydream
脳の問題解決機能は、空想にふけるときに本領を発揮する
2009/05 EurekAlert Genes found to play a role in breast cancer's spread to the brain
乳癌が脳に転移するケースに関わる遺伝子 COX2、 HB-EGF、 ST6GALNAC5
2009/05 BBC News Gene allows cancer to enter brain
脳にガンを侵入させる遺伝子
脳へのガンの片道切符
2009/05 New Scientist Cancer's one-way ticket to the brain
2009/05 EurekAlert Traumatic brain injury haunts children for years with variety of functional problems: Two studies
児童の脳外傷は、何年もの間、さまざまな機能障害を引き起こす
2009/05 EurekAlert Traumatic brain injury haunts children for years with variety of functional problems: 2 studies
2009/05 EurekAlert UCLA study shows traumatic brain injury haunts children for years
2009/05 EurekAlert Neuroscience research could benefit US Army, yet challenge traditional approaches
アメリカ軍に貢献する神経科学研究は、伝統的なアプローチに挑戦する
 記憶、学習、回復力や意思決定のような認知プロセスにおける個人差は、深く神経系構造に由来する
 兵士の間で違いを除去するにあたって、軍は考慮するべきである ― どのようにこの可変性を利用するべきか ― 全体的なユニット・パフォーマンスを改善するために。
2009/05 EurekAlert OHSU researchers study the idling brain
脳のアイドリングの仕組みをチェック ADHDのヒントになるか
神経:ニューロンの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
 2009/05 【日本語記事】Nature 
感覚ニューロンに動物の次の判断を予測する能力があるか
 サルにビデオ上での両眼視差識別課題で選択を行わせる研究
 まず判断がなされ、その判断自体が感覚ニューロンの応答を変化させる
神経:HDAC2は記憶の形成とシナプス可塑性を負に調節する
2009/05 Nature HDAC2 negatively regulates memory formation and synaptic plasticity
doi:10.1038/nature07925
神経:感覚ニューロンの判断関連活動にはニューロンの因果的効果以外のものも反映されている
2009/05 Nature Decision-related activity in sensory neurons reflects more than a neuron’s causal effect
doi:10.1038/nature07821
2009/05 EurekAlert Brain cell mechanism for decision making also underlies judgment about certainty
意思決定にもおける脳細胞メカニズムは、確実性について判断の基礎をなす
頭頂葉のニューロンによる決定に伴って表示される確信
2009/05 Science Representation of Confidence Associated with a Decision by Neurons in the Parietal Cortex
* 霊長類における頭頂葉のニューロンは、判断を下すために必要な情報とその選択の確信度もコードする
2009/05 EurekAlert Cell's split personality is a major discovery into neurological diseases
細胞の分離する人格は、神経学上の病気への大きな発見である
 グルタミン酸塩によって誘発される神経の細胞死
 神経の細胞死誘発には、グリア細胞における特定の信号イベントが重要である
2009/05 Science 脳はどのように体を動かしているのか
How the Brain Moves the Body
 脳の一部を刺激すると、ある体の部分を動かしたいという衝動が生じたり、また別の部分を刺激すると被験者が意識しない運動を引き起こした
ヒトの頭頂葉皮質に電気刺激を与えると動こうという意図が生じる
2009/05 Science Movement Intention After Parietal Cortex Stimulation in Humans
* (覚醒下の脳外科手術で)頭頂葉皮質に電気刺激を与えたところ、実際には動いていないのに、手、足、唇などが動いたという訴えが生じた。
2009/05 PhysOrg Deep Brain Stimulation Found to be Effective in Children with Treatment-Resistant Generalized Primary Dystonia
ディストニアの児童に脳深部刺激療法
2009/05 共同通信 左大きければ学成りやすし 脳の前頭葉に差と研究発表
 外国語が得意な人は、左の下前頭回が右に比べて大きい
 酒井邦嘉・東京大准教授(言語脳科学)らのチーム


 以上、 →2009年5月〜8月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー