脳、神経科学:
2009年1月〜4月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


4月


2009/04 EurekAlert Genetic variant impairs communication within the brain
脳内コミュニケーションをそこなう遺伝学的な変異
 大きい遺伝学変異で苦しんでいる人は、背外側前頭葉前部皮質(DLPFC)と脳の他者エリアの連繋がいまいち。
  DLPFCは、ワーキング・メモリなど高次脳機能でアクティブな役割をプレーする
 リスクの大きい遺伝子の保因者も、扁桃と他の脳エリアとの間で強化された結合を見せた
2009/04 EurekAlert Adding steroid drug to MS treatment may reduce disease activity
多発性硬化症治療にステロイド薬物を追加することは、症状を減らす可能性がある
2009/04 New Scientist Brain shock: The new Gulf War syndrome
爆風による脳外傷:新しい湾岸戦争症候群
2009/04 PhysOrg Brain works best when cells keep right rhythms
脳細胞が適正に機能するには、特定のリズムをフォローする必要がある。
2009/04 news@nature.com Brain imaging skewed
脳スキャンに瑕疵?
 データの二重取りは、fMRIスキャンのエラーを拡大する。
Double dipping of data magnifies errors in functional MRI scans.
今や240個もの断片にされてしまっているが
2009/04 PhysOrg New Features Found in Einstein's Brain
アインシュタインの脳で発見される新機能
 実際は平均より小ぶりな脳だったし
 ディーン・フォーク曰く、頭頂葉の隆起と溝が普通より大きいゆえに、視覚的思考が卓越していたのではないか
 運動皮質にも発達が見られたのは、たぶん幼少期に習ったバイオリンのおかげ
魚油 オメガ3
2009/04 PhysOrg Fish oil protects against diseases like Parkinson's, study
パーキンソン病のような病気の予防に
直観と熟考:脳内の2つの戦略策定システム
2009/04 Science Intuition and Deliberation: Two Systems for Strategizing in the Brain
* ゲームにおいて最適な戦略をねるには、ゲームの型に神経回路の型(直観型または熟考型)を合わせる必要がある。
2009/04 EurekAlert MIT: Making waves in the brain
脳波を人工的に外部から惹起する
 レーザーを使用 ― マウスの脳でガンマ波を誘発する
2009/04 EurekAlert Researchers discover that gene switches on during development of epilepsy
癲癇の遺伝子スイッチ カルシウム・チャンネル
ふだんから運動していれば、漏れなかったものを
2009/04 EurekAlert Exercise protects against damage causing leakage in the blood-brain barrier
運動は、脳血液関門に漏洩を引き起こさせるダメージから保護する
2009/04 EurekAlert Using tools requires that the brain is able to control movements
ツールの使用には、その動きをコントロールできる脳が必要である
普通のコンテキストでおなじみのオブジェクトとツールの使用に困難を持つ脳障害患者は、
目標を指すようなシンプルな動きの制御も、そこなわれる可能性がある
2009/04 EurekAlert The genetic X-factor
学習障害と関連する9つの新しいX染色体遺伝子
ネズミのモデルにおいて、生後2週目で早くも脳内のタンパク質に異常
2009/04 EurekAlert Huntington disease begins to take hold early on
ハンティントン病の発病ははるかに以前から
運動しても頭痛になりませんか
2009/04 EurekAlert Safe exercise for migraine sufferers
偏頭痛持ちの人にも安全なエクササイズ
2009/04 EurekAlert 'First aid' for brain cells comes from blood
脳細胞の『応急手当』は、血液から来る
 血液中の免疫細胞 Tリンパ球は、脳卒中の後の炎症を抑制する。
2009/04 EurekAlert Study finds cognitive behavioral therapy can alleviate nonepileptic seizures
認知行動療法は、非てんかん性の発作を緩和することができる
2009/04 EurekAlert Aspirin and similar drugs may be associated with brain microbleeds in older adults
アスピリンの類の薬物は、高齢者における脳の微細卒中と関連する可能性がある
2009/04 EurekAlert Imaging reveals abnormalities in pathways connecting brain areas in those with writer's cramp
脳スキャンに見る書痙 [しょけい]患者の脳経路異常
 いくつかの脳領域の灰白質で、特定された変化を持つ
 基底核  感覚運動皮質  視床  小脳
皮質(例えば視床)の下の脳領域への主な感覚運動皮質
2009/04 【日本語記事】Nature 発生:ドーパミン作動性ニューロンへの分化
 線虫(C. elegans)のドーパミン作動性ニューロンの最終分化の促進と維持に、調節タンパク質AST-1の存在が必要十分である
発生:ドーパミンニューロン分化の遺伝子制御の論理
2009/04 Nature Gene regulatory logic of dopamine neuron differentiation
doi:10.1038/nature07929
不況が原因、頭痛の患者が急増
 2009/04 【日本語記事】中央日報@韓国 
ミラーニューロンはサルの身体近傍の空間と遠位の空間をそれぞれ異なる様式で符号化する
2009/04 Science  Mirror Neurons Differentially Encode the Peripersonal and Extrapersonal Space of Monkeys
* ミラーニューロンの空間選択性は、この神経細胞の働きが活動や行動を理解するだけでなく、応答も喚起することを示唆している。
パーキンソン病に対する神経回路のoptical deconstruction(光学的破壊)- モデル動物における脳深部刺激法(DBS)の機序の解明 
2009/04 Science  Optical Deconstruction of Parkinsonian Neural Circuitry
* 視床下核を高頻度に刺激するDBSの治療効果は、求心性神経軸索に対する直接的な影響に起因する。
知能指数が高い人は、脳の髄鞘が厚い(米研究)
 2009/04 【日本語ブログ】世界の三面記事・オモロイド
両手を移植された患者さんの脳、右手より左手の機能回復のほうが早め
2009/04 Discovery After Transplant, Brain Rewires Left Hand First
移植の後、脳は最初に左手を配線替えする
米兵脳損傷:治療体制を拡充、303億円増額…国防長官
 2009/04 【日本語記事】毎日新聞 
米兵脳損傷:軽度でも任務に影響 陸軍病院が警告
 2009/03 【日本語記事】毎日新聞 
2009/04 EurekAlert Phasic firing of dopamine neurons is key to brain's prediction of rewards
ドーパミン・ニューロンのPhasicな発火は、脳の報酬予測へのカギである
 報酬と嫌悪イベントを脳が識別するのを助けるドーパミン・ニューロンの発火
 中脳ドーパミン・ニューロンの発火と行動の間に直接の機能リンク
巻き尺っぽい?
2009/04 EurekAlert Scientists show how a neuron gets its shape
ニューロンのネットワーク形成方法
 線虫の樹状突起は、目標に向かって伸びるのではなく、目標に足をひっかけてから、本体が離れていく
2009/04 EurekAlert JHU researcher discovers brain cells have 'memory'
『記憶』を持つ脳細胞
 V2領域の神経細胞は、ビジュアル・イメージからの図形-基礎情報を、イメージが我々の視覚から取り除かれた後も、数秒間保持することができる
我々の複雑な脳は、混沌の端に栄える
 カオスと秩序の中道を行く脳の配線
2009/04 New Scientist Our complex brains thrive on the edge of chaos
神経科学:AMPA受容体を台無しにする
2009/04 Nature Neuroscience: AMPA receptors get 'pickled'
脳ですばやいシナプス的コミュニケーションの媒介となることにおいて、AMPA受容体は、TARP補助タンパク質を必要とする。
 タンパク質のもう一つの特定のクラスも受容体をAMPAに縛りつけ機能を制御するようである
doi:10.1038/458585a
2009/04 PhysOrg Modification of mutant huntingtin protein increases its clearance from brain cells
突然変異のハンチントン・タンパク質の修正は、脳細胞からその隙間を増大する
2009/03 EurekAlert New brain analytical tool developed by Hebrew University scientists
新しい脳分析ツール Minimum Mutual Information (MinMI)
 脳細胞が外部の刺激を記録し反応するさまの分析
ワーキングメモリにいそしむ前頭葉と頭頂葉
2009/03 EurekAlert Computer simulations explain the limitations of working memory
コンピュータ・シミュレーションは、ワーキング・メモリの限界を説明する
2009/03 EurekAlert CSHL neuroscientists propose project to comprehensively map mammalian brain circuits
包括的な、哺乳類の脳回路地図を作る計画
2009/03 EurekAlert Brain building: Study shows brain growth tied to cell division in mouse embryos
脳ビルディング:マウス胎児の細胞分裂に結ばれる脳成長
 マウス・タンパク質Vangl2は、先駆者ニューロンの非対称細胞分裂と発達上の運命を制御する。
2009/04 EurekAlert UT Southwestern researchers reveal how the brain processes important information
神経伝達物質ドーパミンは、脳細胞が重要な情報を処理するのを助ける
 ドーパミンは、特定の脳細胞をフレキシブルにし、重要な情報を処理するよう脳-細胞回路を変える
2009/04 EurekAlert Activation of the prefrontal cortex improves working memory
前頭葉前部皮質の活性化は、ワーキング・メモリを改善する
脳の一生を5つのステージに分けてみてみよう
2009/04 New Scientist The five ages of the brain
 Gestation  懐胎
 Childhood  小児期
 Adolescence 思春期
 Adulthood 成人
 Old age  高齢期

3月


2009/03 PhysOrg Studies suggest drinking coffee or tea may reduce the risk of stroke
コーヒーや紅茶が脳卒中のリスクを減らす可能性
2009/03 EurekAlert Study shows that exercise reduces migraine suffering
運動が偏頭痛を減らす
 運動が偏頭痛の引き金になることが示される一方、
 新しい運動プログラムは、頭痛の頻度を減少させ生活の質(QOL)を改善した。
アストロサイト
2009/03 EurekAlert Astrocytes help separate man from mouse
ネズミとヒトを分ける星状細胞
 ヒト脳は、マウスやラットの脳とは基本的に異なっている
 ヒトの星状細胞はすばやく信号を出し、ネズミのより大きく、さらに複雑である。
2009/03 EurekAlert Gulf War veterans display abnormal brain response to specific chemicals
湾岸戦争復員軍人は、特定の化学物質への異常な脳反応を見せる
 フィソスチグミンの少量投与で視床や基底核、海馬、視床と扁桃に異常な反応
2009/03 EurekAlert Stroke survivors improve balance with tai chi
脳卒中生存者は、太極拳によってバランスを改善する
神経:大脳新皮質では興奮性の姉妹ニューロン間に選択的に特異的シナプスが形成される
2009/03 Nature Specific synapses develop preferentially among sister excitatory neurons in the neocortex
doi:10.1038/nature07722
細胞:出生後の神経幹細胞からのニューロン新生にはクロマチン再構成因子Mll1が不可欠である
2009/03 Nature Chromatin remodelling factor Mll1 is essential for neurogenesis from postnatal neural stem cells
doi:10.1038/nature07726
考え方の相違における遺伝的要因
 2009/03 【日本語記事】Science The Genetics of Thinking Differently
 数字の並びを暗記するといった課題に取り組む際に連携して働く神経回路の個人差に、遺伝子が一部関与している
2009/03 EurekAlert Individualized stroke treatment available for patients, though underutilized
患者における入手可能なオーダーメイド脳卒中治療 ― 活用されていないけれども
 脳卒中患者で血塊を取り除く「基礎形成カテーテル」療法の効果の強力な証拠
自分自身の身体の動きに賢明になるより、彼らの動きの外部への影響に集中したほうがうまくいきそうだ
2009/03 EurekAlert External focus improves postural stability in patients with Parkinson's disease
外部への焦点は、パーキンソン病患者の姿勢の安定性を改善する
ぶあついほど賢い
2009/03 EurekAlert When it comes to intelligence, size matters
 健康な6~18才の脳においてみられる認知能力と皮質厚の間のポジティブなリンク
知性は、脳の軸索の品質しだいです
2009/03 EurekAlert Study gives more proof that intelligence is largely inherited
研究は、知性が大規模に遺伝されるという証明を与える
 新型の脳-イメージング・スキャナを使用
 HARDI (高角度分解能拡散強調画像 high-angular resolution diffusion imaging)
頭に接続して携帯します
2009/03 EurekAlert Unique nerve-stimulation device proves effective against epilepsy
ユニークなnerve-stimulation装置は、癲癇に対して効果的であると判明する
2009/03 EurekAlert Alzheimer's disease therapeutic prevents long-term damage from TBI in pre-clinical studies
臨床試験で現在研究されるアルツハイマー病薬物の gamma secretase inhibitorsは、動物で外傷によって引き起こされる脳ダメージを減らすと思われる
2009/03 EurekAlert Blocking protein may help ease painful nerve condition
タンパク質をブロックすることは、つらい神経状態を和らげるのを助ける可能性がある
 神経細胞内から病んでいる神経細胞分岐の秘密を暴く最初の遺伝子
 ニューロパチーとして知られるつらい状態をおそらく助ける
神経:長期増強が起こっている単一樹状突起棘におけるCaMKIIの活性化
2009/03 Nature Activation of CaMKII in single dendritic spines during long-term potentiation
Seok-Jin R. Lee, Yasmin Escobedo-Lozoya, Erzsebet M. Szatmari and Ryohei Yasuda
安田涼平(やすだ りょうへい) デューク大学医療センター准教授
doi:10.1038/nature07842
2009/03 【日本語記事】時事通信 筋ジス犬の分子治療に成功=大型動物で初、臨床応用に期待-日米共同研究チーム
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-090321X912.html
2009/03 【日本語記事】産経新聞 難病・筋ジストロフィー 犬で分子治療成功 日米チーム
 http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/e20090321048.html
2009/03 【日本語記事】Science 脊髄で行うパーキンソン病の新しい治療法がげっ歯類で試される
Spinal Cord Treatment for Parkinson’s Tested on Rodents
 脊髄を電気で刺激することでパーキンソン病の症状を治療できるかもしれない
2009/03 news@nature.com Indirect brain treatment may relieve Parkinson's symptoms
間接的な脳治療は、パーキンソン病症状を軽減する可能性がある
外部の磁場あるいは脊柱インプラントは、侵襲性の脳手術に代わるものを提供する可能性があった。
External magnetic fields or spine implants could provide alternatives to invasive brain surgery.
2009/03 ABC@オーストラリア Spinal cord device helps Parkinson's
脊索装置は、パーキンソン病を助ける
2009/03 【日本語記事】Nature 神経:単一シナプスでの長期増強を画像化
長期増強(LTP)の誘導に極めて重要なシグナル伝達分子CaMKII:Ca2+/カルモジュリン依存性キナーゼII
2009/03 EurekAlert Black young adults hospitalized for stroke at much higher rate than whites, Hispanics
脳卒中:黒人ヤングアダルトは白人やヒスパニックより高い割合で入院する
2009/03 PhysOrg Neuroscientists map intelligence in the brain
神経科学者は、知性を脳で解析する
 包括的な脳マッピングとウェクスラー成人知能検査を突き合わせてみると、「知能指数」と脳の特定の領域の機能具合に関連性が見えてくる
生活を激変させる脳卒中の後の選択肢
2009/03 EurekAlert Weighing the options after life-altering stroke
 ひどい脳卒中で苦しんだ後に、過激な脳手術を受けることを選ぶと
 おおむね、より長く生きて、患者の暮らしを改善する率が高いようだ
脳の成長には AMP-activated protein kinase(AMPK:AMPキナーゼ) が必要
2009/03 EurekAlert Well-known enzyme is unexpected contributor to brain growth
よく知られた酵素は、脳成長の予想外の誘因である
海馬を見れば、思考がわかる Eleanor Maguire
2009/03 BBC News Scientists move a step closer to reading a person's mind
科学者は、人の心を読むことに1歩近づく
2009/03 BBC News Hot weather a migraine 'trigger'
熱い気象は偏頭痛の『引き金』
「切り株でウサギを待つ」アレですね
2009/03 【日本語記事】Science ヒトの黒質ニューロンは予想外の経済的報酬をコード化する
Human Substantia Nigra Neurons Encode Unexpected Financial Rewards
 中脳のドーパミン作動性ニューロンが、予想外の結果に対してコード化される
 黒質(SN)ニューロンは、予想外の損失よりも予想外の利益を得た際に発火率が有意に高かった。
2009/03 EurekAlert University of Pennsylvania researchers find that the unexpected is a key to human learning
「予想外」はヒト学習のカギ
2009/03 PhysOrg Regions of the brain can rewire themselves
脳の領域自身は、配線替えすることができる 脳の大きいパーツの活動は、長期的に変えられることができる。
2009/03 EurekAlert Cracking the spatial memory code
空間記憶のコードを解読する
 バーチャル・リアリティの部屋の中で被験者がどこに「立っている」のか、脳活動パターンだけで当ててみせることができる
2009/03 EurekAlert Epstein-Barr virus may be associated with progression of MS
エプスタインバーウイルスは、多発性硬化症の進行と関連する可能性がある
2009/03 EurekAlert Evidence appears to show how and where frontal lobe works
 脳卒中犠牲者の研究から、前頭葉が抽象から具象性まで意思決定を制御するという証拠
脳トレに金をかけても、その効果はクロスワードパズル程度だぞ
2009/03 BBC News 'Brain training' claims dismissed
2009/03 【日本語記事】朝日新聞 ライダーオヤジ、脳いきいき 「状況判断力がアップ」
http://www.asahi.com/science/update/0304/TKY200903040254.html
ヤマハ発動機と東北大学






2月


2009/02 EurekAlert Researchers capture wave of brain activity linked to anticipation
期待に関係がある脳波を捕捉
 予期された歌が実際に聞こえる前に発生する脳活動
 興奮信号が前頭葉前部皮質からすぐ近くのpremotor皮質まで過ぎ去った歌との間で、それを発見した。
2009/02 EurekAlert Stunning finding: Compounds protect against cerebral palsy
脳性小児麻痺から保護する化合物
2009/02 EurekAlert Naturally produced estrogen may protect women from Parkinson's disease
自然に産み出されたエストロゲンは、女性をパーキンソン病から保護する可能性がある
2009/02 EurekAlert Women less likely to have a stroke after mini-stroke
微小脳卒中の後しばらく、脳卒中を起こす割合は女性のほうが少なめ
2009/02 EurekAlert Rett Syndrome Research Trust advisor makes significant discovery
神経膠でタンパク質2(MeCP2)を縛りつけているメチルCpGの存在。
 MeCP2は、レット症候群を含むいろいろな神経学上の障害と関連するタンパク質である
 MeCP2-不具合な星状細胞(神経膠の部分集合)は、近隣のニューロンの成長の発育を妨げる。
 培養で正常な神経膠に接すると、これらのニューロンは著しく回復することができる
2009/02 EurekAlert Calculating gene and protein connections in a Parkinson's disease model
パーキンソン病モデルで遺伝子とタンパク質関係を計算する
 {細胞が刺激に反応する} 方法のより明白な段階的フロー・チャートを産み出すために既存のデータをかみ合わせるアルゴリズム
2009/02 EurekAlert Human stem cells provide a new model for Lou Gehrig's disease
ヒト幹細胞は、筋萎縮性側索硬化症におけるニューモデルを提供する
脳:錐体細胞間の皮質内回路は長距離軸索投射標的を反映している
2009/02 Nature Intracortical circuits of pyramidal neurons reflect their long-range axonal targets
4重の細胞全体の記録を使用して、シナプス関係における皮質の興奮細胞(錐体細胞)の異質的な群の中でテストされるこの研究、
我々は、それぞれの異なる脳領域にニューロンの長期の突起を反映するニューロンの非常に関係するローカル回路を発見した、
発見は、行動と体内の状態の我々のレパートリーを産み出す情報流れの多様性と関連する密集した皮質の超小型回路の多様性を図示する。
doi:10.1038/nature07658
神経:感覚刺激の樹状突起での符号化は皮質深部介在ニューロンによって調節される
2009/02 Nature Dendritic encoding of sensory stimuli controlled by deep cortical interneurons
自由に運動している動物で樹状突起のカルシウムが信号を出すさまを記録するために新しいfibre-opticな方法を使用
感覚の刺激の強度は、体性感覚皮質ニューロンの樹状突起でローカル抑制回路のコントロール中に徐々にエンコードされる
発見は、皮質ニューロンによる感覚刺激の表現が伝統的なintegrate-and-fireモデルで充分に述べえないことを示す。
Masanori Murayama et al.
doi:10.1038/nature07663
神経:新皮質の興奮性結合の細胞内構成
2009/02 Nature The subcellular organization of neocortical excitatory connections
最新のoptogeneticな手法を用いて、皮質の錐体細胞の樹状突起の樹枝状のいろいろな部分の長期入力を解析
特定の入力は、特定の領域で樹状突起の樹木の範囲内で集まりがちである。
樹状突起の範囲内の異なるアクソン入力の空間分離は、神経の情報処理の間の首尾一貫した細胞群の、結びつきと学習を強化する可能性がある。
doi:10.1038/nature07709
2009/02 【日本語記事】読売新聞 脳梗塞直後の血栓溶解療法、消防本部の3割が実施機関把握せず
厚労省研究班「医療・救急の連携必要」
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090225-OYT8T00547.htm
2009/02 【日本語ブログ】マル激トーク・オン・ディマンド 第411回
 脳ブームは危険がいっぱい ゲスト:河野哲也氏(立教大学文学部教授)<プレビュー
2009/02 【日本語記事】科学新聞 脳細胞形成「順番付け」 ニューロンが働きかけ
奈良先端科学技術大
2009/02 【日本語記事】National Geographic fMRIスキャンで心が“読める”?
2009/02 PhysOrg Neural modeling helps expose epilepsy's triggers
神経系のモデルは、癲癇のトリガーを明らかにするのを助ける
神経:シナプス抑圧によってニューロンの利得調節が可能になる
2009/02 Nature Synaptic depression enables neuronal gain control
doi:10.1038/nature07604
2009/02 PhysOrg Study finds behavioral link between insomnia and tension-type headaches
研究は、不眠症と緊張型頭痛との間で行動に関するリンクを発見する
 頭痛を逃れるためにとる昼寝が夜の睡眠を乱すのか
2009/02 【日本語記事】Science
 神経活動により誘導されたGadd45bは、DNAのエピジェネティック(後生的)な脱メチル化および成体の神経細胞新生を促進する
Neuronal Activity-Induced Gadd45b Promotes Epigenetic DNA Demethylation and Adult Neurogenesis
 神経活動誘導性早期応答遺伝子であるGadd45bを成熟した海馬神経細胞から同定
神経科学:よい細胞死、悪い細胞死
2009/02 Nature Neuroscience: Good and bad cell death
神経変性疾患:信号カスケードは、両方の環境でプロセスの媒介となるかもしれない。
doi:10.1038/457970a
発生:APPはDR6に結合して、軸索剪定と特殊なカスパーゼを介したニューロンの死の引き金となる
2009/02 Nature APP binds DR6 to trigger axon pruning and neuron death via distinct caspases
doi:10.1038/nature07767
2009/02 EurekAlert Closure of patent foramen ovale may benefit migraine sufferers
卵円孔開存を閉じると、偏頭痛が解消する場合があるらしい
 左右の心房の間の壁(心房中隔)の中央に開いている孔
2009/02 BBC News Lifestyle 'doubles stroke risk'
ライフスタイルは、『脳卒中リスクを二倍にする』
5割くらいの高次脳機能障害では感情の認識機能がやられている
2009/02 PhysOrg Brain-injured patients can relearn emotions
脳損傷患者は、感情を再び学ぶことができる
シンクロトロンからMRIまで
2009/02 BBC News Light 'could detect Parkinson's'
光は、『パーキンソン病を検出する可能性があった』
 100万ワットのくらい明るい光で、パーキンソン病の初期徴候を特定できそうだ
3D超音波スキャン
2009/02 PhysOrg New Brain Helmet Could Detect Stroke Earlier
新しい脳ヘルメットは、より初期の脳卒中を検出する可能性があった
2009/02 EurekAlert Study questions effectiveness of $80 million per year 'brain exercise' products industry
年間8000万ドル市場の『脳トレ』製品業界に効果ダウト
脳トレは、記憶と処理速度を改善する
2009/02 EurekAlert Computer exercises improve memory and attention
コンピュータでの訓練は、記憶と注意力を改善する
 ~Elizabeth Zelinski
2009/02 PhysOrg Improving brain processing speed helps memory
脳トレで脳処理速度を改善することは、記憶を助ける
遺伝の役割は、驚くほど小さい可能性
2009/02 EurekAlert Diverse 'connectomes' hint at genes' limits in the nervous system
多様な『connectomes』は、神経系で遺伝子限度のヒントを与える
 小さい筋肉におけるマウスのニューロンは、予想より著しくレイアウトで異なって、はるかに長い
8割の精度を誇ります
2009/02 EurekAlert Canadian scientists read minds with infrared scan
カナダの科学者は、赤外線の脳スキャンによって心を読んだ
 判定は難しくはありません
 最終的にはコミュニケーションがとれないお子さんの感情を汲み取りたい
2009/02 PhysOrg Fingerprints and faces can be faked, but not brain patterns
指紋や顔は、偽造できるが、脳パターンならそうもいかないだろう
 セキュリティ・システムに、個人の脳パターンと心臓リズムを特定することができるセンサーをどうぞ
ミエリン修復作業を助けるmicroRNA信号を特定
2009/02 EurekAlert Turning down gene expression promotes nerve cell maintenance
遺伝子表現型を抑えると、神経細胞の維持が促進される
皮質や海馬にある神経成長因子proBDNF
2009/02 EurekAlert New insights into growth factor's role in brain development
脳成長における発育因子の役割に対する新しい洞察
 BDNFは、新しいニューロンと彼らの組成の部分(軸索、樹状突起とシナプス)の分化を推進する
 proBDNFは特に人生の初期段階で生じるシナプスの刈り込みプロセスに
神経科学:グリア細胞は脳の「膠」というだけではない
2009/02 Nature Neuroscience: Glia ― more than just brain glue
神経膠は脳の脇役ではなく、構造、作動と神経系の回路の適応に対する重大な機能に貢献している
doi:10.1038/457675a
脳深部刺激法
2009/02 BBC News Scientists study brain stimulation on Parkinson's disease sufferers
科学者は、パーキンソン病患者の上で脳刺激を研究する
2009/02 EurekAlert Penn study finds link between Parkinson's disease genes and manganese poisoning
パーキンソン病遺伝子とマンガン毒のリンクを発見する

1月


2009/01 EurekAlert Brain structure assists in immune response, according to Penn vet study
脳内での寄生伝染病トキソプラズマへの免疫反応をリアル・タイムでイメージングする
2009/01 EurekAlert Spinal fluid proteins signal Lou Gehrig's disease
脊髄液における特定のタンパク質の増加は、筋萎縮性側索硬化症の開始信号である可能性があった
 ALSは、一部のタンパク質の減少と、ほかのタンパク質の増加に関連する。
バズーカや曲射砲発射の衝撃が脳を微妙に破壊する可能性
2009/01 EurekAlert Blast overpressure is generated from the firing of weapons and may cause brain injury
「88 Plan」に寄贈された死後の脳 病に冒された米プロフットボールリーグ選手
2009/01 EurekAlert Center for the Study of Traumatic Encephalopathy announces new findings
外傷性脳障害研究センターは、新しい発見を発表する
2009/01 EurekAlert Researchers identify a cell type that limits stroke damage
{脳卒中ダメージを限定する} 細胞タイプを特定
 制御性T細胞は脳卒中後のダメージのを広がりを抑える マウス実験
鉛の害は、年寄りの脳にも悪うございます
2009/01 Discovery Lead Exposure Harms Aging Brains, Too
2009/01 news@nature.com Neuroscience: Making connections
ヒト脳ですべての接続をマップするという野心をもつ、『unapologeticな細胞生物学者』Jeff Lichtman
神経科学:接続を見極める
2009/01 Nature Neuroscience: Making connections
By turning neurons technicolour, Jeff Lichtman exposed the brain's wiring. Jonah Lehrer meets the 'unapologetic cell biologist' with ambitions to map every connection in the human brain.
doi:10.1038/457524a
2009/01 EurekAlert Slices of living brain tissue are helping scientists identify new stroke therapies
生きているヒト脳組織のスライスで、新しい脳卒中療法の可能性を探れ
 どの薬物が脳卒中が引き起こす脳細胞死の波を妨ぐことができるか
2009/01 EurekAlert Dynamical theory and novel 4-D colorimetric method reveal modus operandi of intact living brain
ダイナミックな理論と新しい4Dのcolorimetricな手法は、ありのままの生きた脳の運用方法を明かす
一次運動野に電気を流したら運動神経アップ
2009/01 EurekAlert Motor skill learning may be enhanced by mild brain stimulation
運動スキルの学習は、穏やかな脳刺激によって強化される可能性がある
神経細胞においてDNAダメージに反応するために必要とされる生化学スイッチ
2009/01 EurekAlert New step in DNA damage response in neurons discovered
 Cdk5は正常な脳成長の一因となり、異常なCdk5活動は、いくつかの神経変性病でニューロン死に関与する
2009/01 BBC News Acupuncture works for headaches, scientists find - but so does a sham form
鍼は頭痛に効く。そしてプラセボも、効く Acupuncture 'works' for aches
2009/01 EurekAlert Acupuncture stops headaches, but 'faked' treatments work almost as well
脳イメージングはよけいなもんまで測定してないか
2009/01 news@nature.com Brain imaging measures more than we think
Anticipatory brain mechanism may be complicating MRI studies.
 期待値で動いてしまう脳メカニズムは、MRI研究を複雑にしている可能性がある。
2009/01 【日本語記事】Nature 医学:脳は先回りして考える
 一部のfMRI信号は実際の脳活動と無関係である
 まもなく活動に参加すると見込まれるが今はまだあまり活動していない脳領域でも、血流増加がみられた
神経科学:先手を打って血流増加
2009/01 Nature Neuroscience: Pre-emptive blood flow
doi:10.1038/457387a
知覚皮質でみられた、局所的ニューロン活動に関連していない予測性血液動態信号
2009/01 Nature Anticipatory haemodynamic signals in sensory cortex not predicted by local neuronal activity
doi:10.1038/nature07664
2009/01 【日本語記事】読売新聞 芸術家の頭の中は?独創の源を解明へ、理研と芸大が連携
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090124-OYT1T00533.htm
2009/01 EurekAlert Neurons show sex-dependent changes during starvation
ニューロンは、飢餓の間、性に依存する変化を示す
 オス・ニューロンはあっさりしぼんで死んだ。
 メスのニューロンは最善のエネルギー保全をして生き残る
2009/01 EurekAlert Brain mechanisms of social conformity
社会順応の脳内メカニズム
 知覚された他者の行動によって人間行動が導かれることができる機序について
 RCZ (rostral cingulate zone) nucleus accumbens (NAc)
2009/01 EurekAlert Cognitive rehab helps people with acquired brain injury
脳外傷の認知リハビリは有効
 負傷した年齢、損傷のタイプ、治療のタイミングと特性が大事
2009/01 EurekAlert Game of two halves leads to brain asymmetry
左右脳半球の競合が、左右を非対称にしているな
 タンパク質Fgf8が、ゼブラフィッシュの左右半球に神経細胞がどう配備されるかを左右する
2009/01 EurekAlert Delusions associated with consistent pattern of brain injury
脳外傷の一貫したパターンと関連する妄想
脳:体験は皮質回路に長期間持続する構造的痕跡を残す
2009/01 Nature Experience leaves a lasting structural trace in cortical circuits
doi:10.1038/nature07487
2009/01 【日本語記事】Nature 脳:体験から学ぶ
体験によって、長く持続する樹状突起棘の密度が増加し、体験終了後も突起棘は増えたままになる
2009/01 news@nature.com Brain imaging studies under fire
Social neuroscientists criticized for exaggerating links between brain activity and emotions.
非難された脳イメージング研究
社会の神経科学者は ― 脳活動と情動との関係を大袈裟に言いすぎる
2009/01 PhysOrg Scientists uncover mechanism for dental pain
科学者は、歯の痛みにおけるメカニズムを発見する
 三叉神経の成長における神経成長因子(NGF)の新しい機能
 NGFは、神経細胞本体からその終端まで、シナプスの正常な機能に重要な分子の1つシナプトフィジンの輸送を推進する。
2009/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 「貧乏ゆすり」で脳の集中力を高める装置:明和電機と面白法人カヤック
2009/01 【日本語記事】読売新聞 脳の科学 まだ分からないことは多い
 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20090112-567-OYT1T00715.html
 分かったようで、分からない。脳科学の現状を要約すると、そう表現できるだろう。
 社会の期待は先走りしているのではないか、という懸念が随所ににじむ報告書
 ~文部科学省の脳科学委員会
2009/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン パーキンソン病の脳ペースメーカー手術に思わぬ落とし穴
2009/01 EurekAlert Growth of new brain cells requires 'epigenetic' switch
新しい脳細胞の成長は、『エピジェネティック(後成的)』スイッチを必要とする
「死んだら脳を下さい」 研究に使える脳が足りません
2009/01 BBC News Appeal for research brain donors
2009/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 「脳不足」が深刻な問題に
脳損傷の快復に「脳-冷却装置」
2009/01 BBC News Brain-cooling devices developed
2009/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 都市生活は脳を疲労させる?
都市の混雑した道路で数分過ごしただけで脳の記憶能力や自己制御能力に大きな負荷がかかる
2009/01 【日本語記事】Science ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC4)は正常および病的な網膜において神経細胞の生存を調節している
HDAC4 Regulates Neuronal Survival in Normal and Diseased Retinas
 細胞核と細胞質の間を行き来し、骨と筋肉の発達を制御する核コリプレッサー(補助抑制因子)として働くヒストン脱アセチル化酵素4(histone deacetylase 4: HDAC4)
 正常および病的状態のマウスにおいて、HDAC4が網膜神経細胞の生存を調節する
2009/01 【日本語記事】朝日新聞 パーキンソン病、早期診断に光 心臓の検査法を活用
http://www.asahi.com/health/news/OSK200812250049.html
 心臓の神経密度の低下を調べる検査が使える可能性
2009/01 【日本語記事】Science パーキンソン病の謎を解く鍵がまたひとつ発見される
Another Piece of the Parkinson’s Disease Puzzle
 シャペロンを介したオートファジー(CMA):特定の蛋白質がリソソームへ運ばれ、細胞内の蛋白質の細胞質を分解しリサイクルする
 ニューロン数種の生存に関係している転写因子MEF2Dを、CMAは分解過程でターゲットとする
2009/01 EurekAlert Toxicity mechanism identified for Parkinson's disease
パーキンソン病の毒性メカニズム
 パーキンソン病の細胞培養と動物のモデルにおいて、alpha-synucleinの蓄積はMEF2Dの細胞のリサイクルのじゃまをし、細胞死に導く。
 MEF2Dは特にパーキンソン病の脳で多量である。


 以上、 →2009年1月〜4月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー