脳、神経科学:
2008年5月〜8月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


8月


2008/09 【日本語記事】毎日新聞 ピカチュリン:脳への光伝達で役割 大阪・バイオ研発見
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/31/20080831ddm016040005000c.html
2008/08 PhysOrg 1 sleepless night increases dopamine in the human brain
一晩眠れないだけで、ヒト脳のドーパミンは増大する
 でも、認知症などの治療に使えるわけではありません
2008/08 【日本語記事】時事通信 脳卒中、低い予防意識=高血圧の4割受診せず-生活習慣改善、成功は半数
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-080831X081.html
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 脳脊髄液減少症:患者ら、保険適用を要望
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/23/20080823ddm012040010000c.html
2008/08 EurekAlert Scientists unmask brain's hidden potential
視覚を失ったとき、触覚や聴覚が増強されるそのわけを脳に見た
 視覚の突然の完全な損失は、視覚皮質で重大な(すみやかに元に戻せる)変化を引き起こす
後頭部神経刺激器を頭に埋め込む Occipital Nerve Stimulator
2008/08 BBC News Headache woman's 'bionic' surgery
頭痛持ちの女性、サイボーグ的『バイオニック』手術を受ける
2008/08 PhysOrg Coatings to help medical implants connect with neurons
コーティングが助ける ― 医療のインプラントとニューロンのつながり
コーティングは、主要部でニューロンの成長を促進し、治療を提供する電極とリンクさせる
小さな穴から、鼻の奥から
2008/08 PhysOrg Brain surgery is getting easier on patients
より簡単に脳手術
2008/08 PhysOrg Brain cells called astrocytes undergo reorganization and may engulf attacking T cells
星状細胞は、再編成を経て攻撃するT細胞をのみ込むかもしれない
2008/08 medicalnewstoday Researchers link cocoa flavanols to improved brain blood flow
脳血流改善にココアのフラバノール
視覚:完全なニューロン集団における時空間的相関と視覚信号処理
2008/08 Nature  Spatio-temporal correlations and visual signalling in a complete neuronal population
doi:10.1038/nature07140
2008/08 【日本語記事】時事通信  ラットに新たな神経核
 生殖や摂食に関与か 京都府立医大
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-080819X078.html
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 神経核:ラット脳内で30年ぶり新発見
 芸大出身で府立医大院生の森浩子さん /京都
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000231-mailo-l26
2008/08 【日本語記事】医療介護CBニュース 社会行動と脳の基盤の関連性を研究へ 文科省
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000005-cbn-soci
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 文科省:「キレる」構造を研究 対人関係、脳の仕組みは? 来年度から
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/19/20080819ddm002010002000c.html
2008/08 【日本語記事】朝日新聞 記憶の仕組みにアスパラガスのアミノ酸 岡山大が解明
http://www.asahi.com/science/update/0818/OSK200808180040.html
アスパラギン酸を運ぶたんぱく質:小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)
2008/08 【日本語記事】毎日新聞 脳:ものを見る経験→視覚発達 カギのたんぱく質発見 理研チーム
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/08/17/20080817ddm003040137000c.html
脳の視覚野に多く分布する「Otx2」というたんぱく質
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 「3つ子の魂100まで」の仕組みを説明することに成功
理研脳科学総合研究センター神経回路発達研究チーム
 経験が大脳の発達を促すメカニズム
「Otx2ホメオタンパク質」が脳の臨界期を左右する
酵母菌タンパク質Hsp104が、ネズミ脳のalpha-syn集合体形成とニューロンの変性症を減らした
2008/08 EurekAlert Lessons from yeast: A possible cure for Parkinson's disease?
酵母菌からの教訓:パーキンソン病における起こりうる治療?
2008/08 EurekAlert Penn study finds way to prevent protein clumping characteristic of Parkinson's disease
脳:脳内部状態は行動中のマウスのバレル皮質の膜電位同期性を調節する
2008/08 Nature Internal brain state regulates membrane potential synchrony in barrel
cortex of behaving mice

doi:10.1038/nature07150
2008/08 EurekAlert CSHL neuroscientists glimpse how the brain decides what to believe
何を信じるべきかについて脳が決定する機序
 においを識別するテストに今日される齧歯動物の脳において、個々のニューロンからの信号を記録
 眼窩前頭皮質皮質のニューロンは、決定の不確実さを信号を出す。
 簡単なテストより、難しいテストのほうが発火が活発。
神経科学:公認の同期性
 眠い脳は環境に少しの注意力しか払わず、ニューロンは一般的な振幅によってなだめられる。
 脳がす速く覚醒する際、それらニューロンはより独立に機能する。
2008/08 Nature Neuroscience: State-sanctioned synchrony
doi:10.1038/454839a
2008/08 【日本語記事】Science 線条体のシナプス可塑性は2項選択的にドーパミンによって調節される
 Dichotomous Dopaminergic Control of Striatal Synaptic Plasticity
 2種類のMSN中型有棘細胞においてドーパミン受容体は補足的な役割を果たし、シナプス可塑性は一方向ではなく両方向性である
2008/08 【日本語記事】読売新聞 脳卒中の発症率、高卒女性は少なく…厚労省が2万人調査
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080812-OYT1T00816.htm
2008/08 EurekAlert Multiple Sclerosis: new MRI contrast medium enables early diagnosis in animal model
新しいMRI造影剤は、動物のモデルで多発性硬化症の初期診断を可能にする

7月


2008/07 EurekAlert N.Y. research team discovers how antidepressants and cocaine interact with brain cell targets
抗うつ薬やコカインが目標の脳細胞と相互作用する機序
2008/07 EurekAlert Erectile dysfunction drugs allowed more chemotherapy to reach brain tumors in laboratory study
勃起機能不全の薬は、化学療法が脳腫瘍に達する効率をアップさせる
2008/07 【日本語記事】朝日新聞 乳製品カルシウム、脳卒中を予防 阪大教授ら調査
http://www.asahi.com/health/news/OSK200807290024.html
ショウジョウバエの最終分化した感覚ニューロンにおけるロドプシン発現の切り替え
2008/07 Nature Switch of rhodopsin expression in terminally differentiated Drosophila sensory neurons
doi:10.1038/nature07062
2008/07 【日本語記事】時事通信 くも膜下出血、診断漏れ5~8%=「医療の限界知って」
 脳神経外科学会
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080721-00000038-jij-soci
2008/07 【日本語記事】読売新聞 記憶力低下 水素水で抑制
日本医大がマウス実験で確認
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080719-OYT8T00207.htm
2008/07 EurekAlert Milestone for cannabinoid MS study
カンナビノイドと多発性硬化症に注目
子どもの卒中は意外と多い上に、大人の卒中とは経過も症状も違う
2008/07 EurekAlert  Guidelines highlight key differences between child and adult stroke
ガイドラインは、児童と大人卒中の間で重要な違いを強調する
運動ニューロン病:ALSの奇妙な点 SOD1酵素変異の影響力
2008/07 Nature Motor neuron disease: The curious ways of ALS
doi:10.1038/454284a
The Physiology of Truth: Neuroscience and Human Knowledge
●真実の生理学:神経科学とヒト知識
 by Jean-Pierre Changeux
 ジャン=ピエール・シャンジュー
 translated from the French by M.B. DeBevoise
 Belknap Press/Harvard University Press (2004/03)

Mirrors in the Brain: How Our Minds Share Actions and and Emotions
●脳の中の鏡:どのように我々の心は、感情や行動を共有するか
 by Giacomo Rizzolatti and Corrado Sinigaglia
 translated from the Italian by Frances Anderson
 Oxford University Press, USA; 1版 (2008/2/13)

2008/07 EurekAlert Researchers link Huntington's disease to overactive immune response in the brain
ハンチントン病で見られる脳組織へのダメージは、活発すぎる免疫反応によって大動脈と脳で引き起こされるかもしれない
2008/07 EurekAlert Huntington's disease: catching it early
ハンチントン病:早期発見
 徴候が予想される十年以上前にみられる炎症タンパク質IL-6の高レベル
2008/07 EurekAlert 'Cross fire' from the brain makes patients tremble
パーキンソン病のふるえを作る脳からの『十字砲火』
2008/07 EurekAlert Scientists learn how food affects the brain
脳に影響を及ぼす食品
 Omega-3脂肪酸は、多くの利益を提供する
 学習と記憶の改善 うつ病と気分障害のような心の障害、統合失調症と認知症の軽減
副作用分析は、古い薬における新しい使い道を明かす
 ドーパミン分子センサーを微調整し、パーキンソン病で使えそうな胃潰瘍薬
2008/07 New Scientist Side-effects analysis reveals new uses for old drugs
2008/07 EurekAlert Researchers reveal types of genes necessary for brain development
脳発達に必要な遺伝子タイプ
2008/07 National Geographic Brain's "Core" Revealed by First Hi-Res Wiring Map
初の高解像度配線地図によって明かされる脳の" Core"
2008/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 脳神経のネットワーク図を作成
脳の栄養は足りていますか
 コリン、ウリジン・モノリン酸塩、ドコサヘキサエン酸(DHA)
2008/07 EurekAlert Get smart about what you eat and you might actually improve your intelligence
食べるものをちゃんとすれば今より賢くなれますよ
雑音が多い脳は、健康な脳である。
2008/07 EurekAlert Brain noise is a good thing
脳騒音は、児童が大人に成熟し、認知処理で効率的に調和してくると静かになっていく
2008/07 EurekAlert Statins have unexpected effect on pool of powerful brain cells
スタチン系薬剤は、強力な脳細胞のプールに対する予想外の影響を持つ
卒中の後にアクセントがおかしくなる脳障害
「外国人アクセント症候群」  foreign-accent syndrome
2008/07 EurekAlert Woman aquires new accent after stroke
2008/07 EurekAlert Seizures in newborns can be detected with small, portable brain activity monitors
新生児の発作を、小さな携帯脳モニターによって検出するのはいかがでしょう
すばらしい新精神
 知能アップ薬剤とニューロ・エンハンスメントの倫理
【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Brave New Mind: Smart drugs and the ethics of neuro-enhancement 【MP3ファイル】
2008-06-13 ABC@オーストラリア  All in the Mind
 リタリン、スマート・ドラッグ、脳みそドーピング

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット Brave New Mind: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
脳外傷の患者さん、バランスのとれた栄養補給が大事
2008/07 EurekAlert Following traumatic brain injury, balanced nutrition saves lives
2008/07 BBC News Caffeine 'could help prevent MS'
カフェインは、『多発性硬化症を防ぐのを助ける可能性があった』
2008/07 EurekAlert Resuscitation technique after brain injury may do more harm than good
脳外傷の後の復活技術は、効くどころか逆効果かも






6月


2008/06 EurekAlert Migraine mutations reveal clues to biological basis of disorder
偏頭痛突然変異は、障害の生物学的基盤の手がかりを明かす
 ナトリウム・チャンネルの機能を変える「家族性片麻痺性片頭痛type-3」(FHM3)
2008/06 EurekAlert Scientists find how neural activity spurs blood flow in the brain
神経活動が脳の血流を刺激するしくみ
脳:嗅内野グリッド細胞における海馬とは独立な位相歳差
2008/06 Nature Hippocampus-independent phase precession in entorhinal grid cells
doi:10.1038/nature06957
2008/06 【日本語記事】Nature 脳:報酬指向学習はニューロンの変化による
 報酬指向学習が扁桃体の活動の活発化とシナプス強化に依存している
脳:視床-扁桃体シナプスの急激な強化が手がかり-報酬学習に関与する
2008/06 Nature Rapid strengthening of thalamo-amygdala synapses mediates cue--reward learning
doi:10.1038/nature06963
2008/06 【日本語記事】河北新報 アスリートの脳解明へ 仙台大と東北大が研究
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000008-khk-l04
2008/06 New Scientist Longevity gene keeps the brain ticking over
{長寿遺伝子が保つ脳機能}
2008/06 EurekAlert Neuroscientists show insulin receptor signaling regulates structure of brain circuits
インシュリン受容体の信号が脳回路の構造を制御するさまをご覧下さい
2008/06 EurekAlert Lou Gehrig's protein found throughout brain, suggesting effects beyond motor neurons
脳の至る所で発見されるルー・ゲーリッグのタンパク質
 モーター・ニューロン以上に影響を示唆する
タンパク質 adenomatous polyposis coli (APC)
2008/06 EurekAlert The APCs of nerve cell function
APCの神経細胞機能
 神経のcholinergicなシナプスのアセンブリにおいて必要とされるオーガナイザー
手術や研究を向上させるよう個人固有の脳マップを用意しろ
2008/06 EurekAlert Developing unique brain maps to assist surgery and research
2008/06 BBC News 'Daydreaming' brain is coma clue
『空想にふける』脳に昏睡の手がかり
2008/06 EurekAlert Tsunami in the brain
脳内津波
 卒中の後、ヒト脳における電気的な放電の波は、より多くの神経細胞死を引き起こす
2008/06 【日本語記事】Nature 脳:fMRIの正しいイメージ
 fMRIデータから導き出された結論は、fMRIの事実上の限界を無視している場合が多い
神経科学:fMRIで何ができ、何ができないか
2008/06 Nature What we can do and what we cannot do with fMRI
doi:10.1038/nature06976
細胞:Src、Sykファミリーキナーゼシグナル伝達により仲介されるDraper依存性の
グリア細胞の貪食能
2008/06 Nature Draper-dependent glial phagocytic activity is mediated by Src and Syk
family kinase signalling

doi:10.1038/nature06901
2008/06 BBC News Brain size 'not key to intellect'
知性進化へのカギは、脳サイズよりシナプス
あんな判断をしてしまう奴は脳力が少なかったんだ
 熟慮とワーキング・メモリ
 ワーキング・メモリ能力が高いタイプの人々は、道徳のジレンマに直面した際、判断が一貫しているのみならず、おのれの判断が与える影響までをも考慮に含めている
2008/06 EurekAlert Who shalt not kill? Brain power leads to level-headedness when faced with moral dilemmas
誰がために救う? 道徳のジレンマに直面すると脳パワーは穏健さに導く
2008/06 EurekAlert Engineer develops detergent to promote peripheral nerve healing
末梢神経の修復を促進する洗浄剤
2008/06 EurekAlert Link between migranes and sleep disorders in children
児童における頭痛と睡眠障害
2008/06 EurekAlert Study identifies brain pathway that shuts down seizures
{発作をシャットダウンする} 脳経路
 脳でacid-activatedされたイオンチャンネルは、発作活動をシャットダウンする方法でpH低下(酸増大)に反応する
脳の起源
2008/06 EurekAlert Origins of the brain
 複雑なシナプスは、脳進化を駆りたてた
 神経インパルスのますます精巧な分子のプロセッシングは、より多くの複雑な行動に動物の発達を許した。
2008/06 Discovery Brain Sparks Account for Smarter Species
115年もの
2008/06 EurekAlert World's oldest woman had normal brain
最高齢の女性は、いたって普通の脳をお持ちでしたよ
2008/06 EurekAlert
 Film content, editing, and directing style affect brain activity, NYU neuroscientists show
映画のコンテンツ、編集、監督のスタイルは、脳活動に影響を及ぼす
 特定の動作映像は、脳活動についてかなりのコントロールをふるうことができる
2008/06 EurekAlert Caltech scientists decipher the neurological basis of timely movement
タイムリーな動きの神経学上の基盤
 自発的な手足動きは、我々の脳の瞬間的な未来予測によって導かれる
2008/06 EurekAlert Adult stem cell findings offer new hope for Parkinson's cure
成人性幹細胞研究からパーキンソン病治療における新しい希望
 パーキンソン病患者の鼻から収穫された成人性幹細胞は、ネズミの脳に移植されるとドーパミンを産む脳細胞を生じさせた
2008/06 EurekAlert Zebrafish enable scientists to study the migration of neurons that enable sexual maturity
{性的な成熟を可能にする} ニューロンの渡り研究を可能にするゼブラフィッシュ
2008/06 EurekAlert Finding clues for nerve cell repair
神経細胞修復作業における手がかり
 Runx1は、脊索の上の部分で、モーター・ニューロンの正しい発達を制御する。
機能的電気刺激 functional electrical stimulation (FES)
2008/06 EurekAlert Treatment improves walking ability of Parkinson's patients
パーキンソン病患者の歩行能力を改善する治療

5月


タンパク質不足の効果は運動神経細胞に制限されない。
 つまり脊髄性筋萎縮症がより多くの総障害であることを示唆する。
2008/05 EurekAlert Penn researchers gain new insights on spinal muscular atrophy
脊髄性筋萎縮症の新しい洞察
2008/05 EurekAlert How fairness is wired in the brain
公正さは、脳でどのように配線されるか
 公正さの概念は、島の皮質あるいは{同じく感情の反応の座である} 島(インスラ)で処理される
2008/05 【日本語記事】Science コンピュータはわれわれの思考を予測できる
This Computer Knows What We Think
ヒトの脳が異なる名詞60種類の概念をどう処理するかのfMRI計算論的モデルは、数千以上の未知の名詞に対してヒトの脳が行う神経活動をきわめて高い精度で予測する
2008/06 【日本語記事】Science 名詞の意味に対応する神経活動を計算論的モデルで予測する
Predicting Human Brain Activity Associated with the Meanings of Nouns
2008/05 news@nature.com Computer model knows what you're thinking
Researchers can predict which noun a person is visualizing.
個人が特定の語について考える脳活動の場所を突き止める
2008/06 EurekAlert A computer that can 'read' your mind
{あなたの心を『読むことができる』} コンピュータ
2008/05 EurekAlert Brain cells help neighboring nerves regenerate
細胞が近隣の脳神経が再生させるのを助ける
 脳は神経ダメージを修理する。近くのニューロンに星状細胞が保護タンパク質をもたらす。
2008/05 MSNBC/AP Mind reading may reveal mother tongue
一語も口にしなくても、我々が読む間、脳活動を分析して母国語や他国語における実力のレベルを測定することができる
脳スキャンで心が読める? 誇大宣伝を信じるな
2008/05 Wired Brain Scans as Mind Readers? Don't Believe the Hype
2008/05 news@nature.com Stamp out common virus to beat brain cancer
New strategy could help beat tenacious brain tumours.
ショウジョウバエの「神経衰弱」遺伝子は、シナプスのはびこりすぎをはばむ
2008/05 EurekAlert At the synapse: Gene may shed light on neurological disorders
2008/05 BBC News No sleep 'renders brain erratic'
寝不足は『脳をむちゃにする』
睡眠不足の後、普通に近くすばやく作業をやっつけることができる脳機能の期間はある。
しかし、それは遅い反応と視覚注意力のひどい低下の期間とごっちゃになっている。
2008/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 睡眠不足だと仕事がはかどらない理由、科学的に明らかになる
グリア細胞は、神経ネットワークの構築過程でシナプス形成を指示することができる
2008/05 EurekAlert Scientists discover a molecular scaffold that guides connections between brain cells
科学者は、{脳細胞の間で関係を導く} 分子の足場を発見する
消炎鎮痛作用を持つボスウェリア属の樹脂
 宗教的セレモニーで燃やされるお香の分子が、不安やうつを緩和する
 乳香を燃やすと、脳内の謎のイオンチャンネルが活性化される ― 不安あるいはうつ病を緩和するために。
2008/05 EurekAlert Incense is psychoactive: Scientists identify the biology behind the ceremony
ヒト神経前駆細胞(hNPCs)
2008/05 EurekAlert Neural cell transplants may help those with Parkinson's disease
神経細胞移植は、パーキンソン病患者を助けるかもしれない
運動の自由選択時には前頭皮質・頭頂皮質の間の決定回路が活動する
2008/05 Nature Free choice activates a decision circuit between frontal and parietal cortex
doi:10.1038/nature06849
2008/05 【日本語記事】Science
 カンナビノイド受容体を介して神経軸索の伸長を引き起こすシグナル伝達ネットワークの設計の論理
Design Logic of a Cannabinoid Receptor Signaling Network That Triggers Neurite Outgrowth
カンナビノイド受容体1(CB1R)
2008/05 【日本語記事】レスポンス
 オートバイが脳を活性化?…東北大とヤマハが関連性を研究
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080516-00000024-rps-soci
東北大学の加齢医学研究所・川島隆太研究室
2008/05 BBC News Viagra 'aids muscular dystrophy'
バイアグラは、『筋ジストロフィーを促進する』
2008/05 EurekAlert Hyperactivity is associated with decreased numbers of interneurons
活動過多は、介在ニューロン数の減少にかかわる
 γ-アミノ酪酸(GABA)神経数は、統合失調症を含む精神医学的な障害の増大に関係がある。
幻肢痛
2008/05 EurekAlert Phantoms in the brain: Pain after amputation
脳における幻:切断術の後の疼痛
 高解像度のイメージング技術 ― 手足を失った人の感覚脳地図
2008/05 BBC News Viagra 'aids muscular dystrophy'
2008/05 【日本語記事】goo 高次脳機能障害をご存じですか? - 医療と健康
 http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h003/0094.html
2008/05 【日本語記事】両丹日日新聞 脳にいい盆踊り 福知山踊りの認知症予防効果を科学で証明
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080513-00000001-rtn-l26
2008/05 EurekAlert Researchers uncover mechanism of action of antibiotic able to reduce neuronal cell death in brain
脳で神経の細胞死を減らすことができる抗生物質のメカニズム
2008/05 【日本語記事】Science 脳は倫理的ジレンマにどう対処するか
How the Brain Tackles an Ethical Dilemma
報酬信号処理の脳領域「被殻」が効率を選択する決定に、情動処理領域の「島」が公平性を選択する決定に
尾状核/中隔野は双方の意思決定に関与
かしこいハエは寿命が短い 脳力は寿命をけずる
2008/04 New Scientist Fruit flies trade lifespan for brain power
学習と賢さのコスト
2008/05 New York Times Lots of Animals Learn, but Smarter Isn't Better
学習に長けている生物はたくさん存在する
 しかし「頭が良いこと」は、生存と繁殖に有利には働かない
2008/05 EurekAlert Killer competition: Neurons duke it out for survival
必死の競争:ニューロンは、生き残りを賭けて成長に勤しむ
 神経系はコネクションを確実にするために、必要より多くの神経細胞を発達させ、回路を淘汰していく
2008/05 New York Times Evidence a High-Fat Diet Works to Treat Epilepsy
物議をかもした高脂肪食品療法は、薬が効かないタイプの癲癇を持つ児童で、非常に効果的に発作を減らすと判明した


 以上、 →2008年5月〜8月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー