脳、神経科学:
2008年1月〜4月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


4月


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】A day in the life of...Meet the Ingersons 【MP3ファイル】
「生まれつき、脳梁がない人々」
2008-04-11  ABC@オーストラリア  ABC All in the Mind
 「脳梁欠損症(ACC:Agenesis of the corpus callosum)」のお子さんを持つご家族のインタビュー。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット A day in the life of...Meet the Ingersons: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

参照:
 リンク 【日本語サイト】脳梁欠損症 ACC : Agenesis of the corpus callosum

記憶操作の倫理問題
2008/04 EurekAlert Moral philosopher questions memory manipulation
2008/04 New Scientist The stroke survivor who trained her own brain
2008/04 New Scientist Brain lights up for power and profit
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 <生理研>褒められる気分はお金もらうのと同じ?! 脳解明
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000070-mai-soci
2008/04 EurekAlert Vitamin D in brain function
脳機能におけるビタミンD
2008/04 EurekAlert Brain reacts to fairness as it does to money and chocolate
脳はお金やチョコレートなみに、公正さに反応する
2008/04 EurekAlert Concentrating on different aspects of pain leads to breakthrough in migraine genetics
偏頭痛遺伝学
2008/04 EurekAlert Disturbances in brain circuitry linked to chronic exposure to solvents
慢性の溶剤暴露に関係がある脳回路の障害
生化学:NAD合成酵素NMNATは神経変性を防護するシャペロンとして作用する
2008/04 Nature NAD synthase NMNAT acts as a chaperone to protect against neurodegeneration
doi:10.1038/nature06721
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Brain Images Make Inaccurate Science News Trustworthy 【MP3ファイル】
2008/04 Scientific American 1分科学ニュース
「脳スキャン画像を表示した科学記事は信用されやすい」

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット 1分科学ニュース: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
脳血液関門に目標を定める
2008/04 EurekAlert Brain study may lead to improved epilepsy treatments
癲癇治療法改善に導くかもしれない
2008/04 【日本語記事】共同通信 右脳マウスを発見 九大など、左右差解明へ
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008041601000099.html
2008/04 【日本語記事】朝日新聞 学者もドーピング? 「集中力高める」2割が服用と英誌
http://www.asahi.com/science/update/0411/TKY200804110041.html
2008/04 ABC@オーストラリア Scientists on drugs to boost brain power
脳パワーを促進するために薬に依存する科学者たち
2008/04 【日本語記事】Science 後シナプスのAMPA受容体の細胞表面における運動性がシナプス伝達を調節する
Surface Mobility of Postsynaptic AMPARs Tunes Synaptic Transmission
神経:エンドセリン類は発生中の交感神経ニューロンに対する血管由来の軸索誘導手がかり分子である
2008/04 Nature Endothelins are vascular-derived axonal guidance cues for developing sympathetic neurons
Takako Makita et al.
doi:10.1038/nature06859
2008/04 【日本語記事】河北新報 脳の成長、何が影響? 東北大・川島教授が調査
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000016-khk-l04
原発性進行性失語症 primary progressive aphasia
 脳の病気が描かせる美術、そして脳の病気がモーリス・ラヴェルにボレロを作らせた
2008/04 New Scientist Bol?ro: 'Beautiful symptom of a terrible disease'
胎児の暴露の影響は、思春期初期にまで残存する
2008/04 EurekAlert Your baby's brain on drugs (and alcohol and tobacco)
薬剤(そして、アルコール、そして、タバコ)のあなたの赤ちゃんの脳
2008/04 EurekAlert Occupational therapists use Wii for Parkinson's study
作業療法士は、パーキンソン病研究にWiiを使用する
2008/04 EurekAlert Identification of dopamine 'mother cells' could lead to future Parkinson's treatments
ドーパミンの『母細胞』同定がパーキンソン病治療法に導く未来
2008/04 EurekAlert Leaky blood vessels open up nerve cells to toxic assault in Lou Gehrig's disease
筋萎縮性側索硬化症
2008/04 The Loom  Mental Labyrinth
サルの前頭葉のニューロン連結マップ
From PLOS Computational Biology.  Bigger image
2008/04 BBC News Daily caffeine 'protects brain'
毎日のカフェインは、『脳を保護する』
2008/04 news@nature.com Botox toxin gets into rat brains
 Botilinumは、神経に沿って旅することができ、脳幹でタンパク質の等級を下げる
2008/04 【日本語記事】毎日新聞 アクチビン:脳内分泌たんぱく質、うつや不安障害に関与 三菱生命研
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/04/03/20080403ddm012040171000c.html
2008/04 【日本語記事】Science 神経活動の振動の同調は注意選択のメカニズムとして機能している
Entrainment of Neuronal Oscillations as a Mechanism of Attentional Selection
 ガンマ帯域の神経活動の振動は、視覚的な注意に不可欠
 低周波数のデルタ帯域の神経活動は高周波数域において、神経活動の瞬時の強さを決定している
2008/04 EurekAlert Researchers identify a gene responsible for cases of Lou Gehrig's disease
筋萎縮性側索硬化症の事例に責任がある遺伝子

3月


個々の細胞レベルで右と左を区別するようしっかり配線されているニューロン
2008/03 EurekAlert Neurons hard wired to tell left from right

2008/03 EurekAlert Harvard researchers publish MRI images of genes in action in the living brain
生きている脳における遺伝子発現のMRIイメージ
2008/03 BBC News Pesticides 'raise Parkinson's risk'
農薬はパーキンソン病を招くかも
2008/03 EurekAlert How dangerous is boxing for the brain?
ボクシングは、どれくらい脳に危険か?
2008/03 EurekAlert Scientists find a key culprit in stroke brain cell damage
科学者は、卒中脳細胞ダメージでカギ罪人を発見する
2008/03 EurekAlert New brain cells implicated in machinery of cannabinoid signaling
信号を出しているカンナビノイドの仕掛けで関係する新しい脳細胞
2008/03 【日本語記事】読売新聞 ノーベル受賞の利根川教授、理研センター長に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080327-OYT1T00491.htm
2008/03 【日本語記事】毎日新聞 理研:次の脳科学総合研究センター長に利根川氏
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/03/28/20080328ddm041040101000c.html
神経科学:数の力
情報を保存するために、脳はシナプスを調整する。そして、それはニューロンの間でコミュニケーションを伝える。
シナプスのグループに応じての亜細胞性の変化は、この過程を容易にする。
2008/03 Nature Neuroscience: Strength in numbers
doi:10.1038/452420a
脳:ニューロンにおける樹状突起区画ごとの可塑性と入力性質の保存
 ネズミ海馬のCA1錐体細胞のローカル樹状突起のスパイクとソーマの間の継手は、branch-specificな方法でN-メチルd-アスパラギン酸塩受容体(NMDAR)を通して部分修正されることができる-樹状突起のKv4.2カリウム・チャンネルの依存している調節。
2008/03 Nature Compartmentalized dendritic plasticity and input feature storage in neurons
doi:10.1038/nature06725
2008/03 EurekAlert Are teenage brains really different?
ティーンエイジの脳
 MRI研究は、認識力、感情と行動影響を与える脳変化を示す
2008/03 EurekAlert Fruit fly phlebotomy holds neuroscience promise
ショウジョウバエ静脈切開は、神経科学約束を保持する
2008/03 EurekAlert Heart failure treated 'in the brain'
『脳において』扱われる心臓故障
2008/03 EurekAlert Epilepsy marked by neural 'hub' network
神経の『中枢』ネットワークのそばでマークされる癲癇
2008/03 EurekAlert A fly's tiny brain may hold huge human benefits
ハエのちっぽけな脳は、巨大なヒト利益を保持するかもしれない
 {パーキンソン病患者を助けるかもしれない} 記憶発達におけるメカニズム
2008/03 EurekAlert Research to lead to brain tumor therapies
脳腫瘍療法に導く研究
2008/03 BBC News Brain tumour treatment hope
脳腫瘍治療法希望
2008/03 New Scientist 'Virtual massage' can relieve amputees' phantom limb pain
『バーチャル・マッサージ』は、手足を失った人の幻肢痛を軽減することができる
2008/03 EurekAlert Motor neuron disease and toxic substances: Possible link?
モーターニューロン病と有毒物質:起こりうるリンク?
 病気と化学的暴露における異常なタンパク質の役割は、gene-environment相互作用を示唆する
2008/03 【日本語記事】Science 細胞分裂(増殖)中の細胞と有糸分裂後の神経細胞におけるサイクリン依存性キナーゼ1(Cdk1)によるFOXO1の活性化
Activation of FOXO1 by Cdk1 in Cycling Cells and Postmitotic Neurons
Cdk1の活性化は、脳の発達や疾患において、有糸分裂後のニューロンの細胞死と関連するとされている。
2008/03 news@nature.com How we judge the thoughts of others
Brain division could help explain stereotyping, religious conflict and racism.
我々は、どのように他者の思考を判断するか
 脳部門は、ステレオタイプ化すること、宗教的な対立と人種差別を説明するのを助ける可能性があった。
2008/03 EurekAlert High-tech interrogations may promote abuse
ハイテク質問は、虐待を推進するかもしれない
 新しい自白剤、テロリストを判別する脳スキャンfMRI・・・
2008/03 EurekAlert New insights into the diversity of Creutzfeldt-Jakob disease
agents

クロイツフェルト‐ヤーコプ病薬品の多様性に対する新しい洞察
2008/03 EurekAlert Investigational drug tested for preventing muscle fiber death in muscular dystrophy
筋ジストロフィーで筋繊維死を防ぐかテストされるInvestigationalな薬剤
2008/03 EurekAlert St. Jude finds signaling system that halts the growth of a childhood brain cancer
小児脳腫瘍の成長を停止させる信号を出すシステムを発見
2008/03 BBC News Chemical brain controls nanobots
化学的脳コントロール・ナノボット
2008/03 EurekAlert Ibuprofen destroys aspirin's positive effect on stroke risk
イブプロフェンは、卒中リスクに対するアスピリンのポジティブな効果を無効にする
2008/03 New Scientist Brain map project set to revolutionise neuroscience
ボディビルの薬で、赤ちゃんの脳を守る
2008/03 New Scientist Body building pill may prevent baby brain damage
知能ドーピング
2008/03 New York Times Brain Enhancement Is Wrong, Right?
 頭をしゃっきりさせるために処方薬のアデロールやモダフィニル (Provigil)を常用している研究者達の実態
{排気ガスを鼻から吸うと、頭痛以上に脳機能が変わってしまう可能性
2008/03 BBC News Pollution 'alters brain function'
汚染は、『脳機能を変える』
2008/03 EurekAlert Virtual reality and computer technology improve stroke rehabilitation
仮想現実とコンピュータ技術は、卒中リハビリテーションを改善する
2008/03 EurekAlert Scientists determine structure of brain receptor implicated in epilepsy and PMT
科学者は、癲癇と月経前緊張症で関係する脳受容体の構造を確定する
2008/03 【日本語記事】ワイアードビジョン
 「体を自分として認識できない」体験:神経の専門家による脳卒中レポート
2008/03 BBC News Sea slug inspires brain implant
ナマコは、脳インプラントを示唆する
 海の生物がおびやかされるとき「緊張する」方法
 新しい材料はこの能力を模倣する
 挿入されるとき固く、入ってしまえば柔らかい:進んだ脳電極を作成するために使用される可能性
2008/03 EurekAlert Rusty worms in the brain
 鉄のナノ無機化:鉄のトランスポーター・トランスフェリンは、神経変性の病気で役割を演ずるか?
2008/03 EurekAlert Blueberry and green tea containing supplement protects against stroke damage
ブルーベリーと緑茶のサプリメントは、脳卒中のダメージから脳を保護する
 安原隆雄 原晃一 増田隆博 牧美奈 浜松医大
2008/03 EurekAlert The myth of runner's high revisited with brain imaging
脳イメージングでランナーズ・ハイの神話を再検討
 エンドルフィンの放出は今まで証明されてなかったんだ






2月


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語「Chapter-192 脳機能に関する最新研究」
2008-02-23 ヴォイニッチの科学書
これを使うと脳幹のスキャンがこんなに詳細にとれるよ
2008/02 EurekAlert First look: Princeton researchers peek into deepest recesses of human brain
【動画】科学な対談ムービー【英語】Science Saturday: Brains and Gavels
2008/02 Bloggingheads
 マイケル・ガザニガ、カール・ジンマーと、脳神経科学から見た法と倫理を語る

神経科学と司法を結びつけるガザニガのプロジェクト
 Mike's project to connect law with neuroscience (13:59)
普通の人々が時々おぞましい判断をする理由
 Why normal people sometimes make horrible choices (07:54)
道徳的に責任がある―である方法と、因果関係で確定される、
 How to be morally responsible―and causally determined (11:49)
あなたの未来自己になること
 Becoming your future self (06:48)
神経毒としての貧困
 Poverty as a neurotoxin (12:51)
分割脳、右脳、左脳
 Left-brain, right-brain, split-brain (11:28)

 →カール・ジンマー

『脳のなかの倫理 脳倫理学序説』 マイケル S.ガザニガ (著) 紀伊國屋書店 (2006/02)
 原書: The Ethical Brain Michael S. Gazzaniga(2005/05)
 2005/06 New York Times 'The Ethical Brain': Mind Over Gray Matter サリー・サーテルによる書評
 2005/08  American Scientist  Brain-Based Values
 『The Mind's Past』 心はどこから来たのか 意識の進化と脳機能 ガザニガ by Michael S. Gazzaniga (September 2000) Univ California Press
2008/02 EurekAlert Neurons use chemical 'chords' to shape signaling
ニューロンは、信号の形成に化学的『コード』を使用する
2008/02 【日本語記事】河北新報 「脳トレ自動車」開発へ 東北大・川島教授とトヨタ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000011-khk-l04
 運転者の心身状態を把握し、安全運転や脳機能向上に結びつける次世代自動車運転システム
 脳科学やMEMS(微小電気機械システム)の技術を活用。
2008/02 【日本語記事】Nature 遺伝:多発性硬化症の薬物標的を突き止める
 検体の大規模なプロテオーム解析から新たな治療標的が複数見つかった。
硬化症病変部のプロテオーム解析で明らかになった治療標的
2008/02 Nature Proteomic analysis of active multiple sclerosis lesions reveals therapeutic
doi:10.1038/nature06559
2008/02 EurekAlert Penn researchers engineer first system of human nerve-cell tissue
ペン研究者は、ヒト神経細胞組織の最初のシステムを設計する
 ひとまとめに移植できるミニ神経系、三次元ニューラル・ネットワークを培養
2008/02 EurekAlert Guidelines for evaluation of psychological side-effects of brain injury
脳外傷の心理的副作用の査定ガイドライン
2008/02 【日本語記事】Nature Highlights: 脳:神経幹細胞と学習
成体でのニューロン新生が学習と記憶に重要な役割を果たし、いくつかの脳機能に選択的に寄与しているらしい。
2008/02 【日本語記事】Science 学習に伴って新たに合成されたAMPA受容体は樹状突起スパインのタイプ特異的に運搬(動員)される
Spine-Type-Specific Recruitment of Newly Synthesized AMPA Receptors with Learning
Naoki Matsuo, Leon Reijmers, and Mark Mayford
長期記憶の安定化には蛋白質の新規(de novo)合成が必要
神経細胞体で合成された蛋白質は、どのようにして任意の記憶に関与する特定のシナプスに運ばれ機能するのか
2008/02 EurekAlert Computers could be used to diagnose Alzheimer's disease
コンピュータでアルツハイマー病を診断する
 イギリスには認知症患者70万人
 脳スキャン画像の判定は、医者よりコンピュータのほうが正確です
2008/02 BBC News Computers 'spot Alzheimer's fast'
コンピュータは、『速攻でアルツハイマー病を見つける』
2008/02 BBC News PC beats doctor in scan tests
2008/02 BBC News Brain drug target discovery in MS
多発性硬化症における脳薬剤目標発見
2008/02 EurekAlert Scientists shed light on long-distance signaling in developing neurons
科学者は、長距離シグナリングに光を注いだ ― ニューロンを開発することで
2008/02 EurekAlert Building brains: Mammalian-like neurogenesis in fruit flies
脳を構築すること:ショウジョウバエにおけるMammalian-like神経細胞新生
University of Basel, Switzerland
2008/02 EurekAlert Scientists explore consciousness
 ヒト脳における単一のニューロンが、知覚されるイメージとnonperceivedされたイメージに反応するさまを観察する
2008/02 【日本語記事】毎日新聞 シナプス:形成過程、ハエの卵で初確認 神経疾患把握に期待
能瀬聡直(のせあきなお)・東京大教授(神経科学)ら
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/02/17/20080217ddm016040163000c.html
2008/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 脳の回路を可視化する『Brainbow』:フォトギャラリー
2008/02 【日本語記事】朝日新聞 過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅 大阪市大実験
http://www.asahi.com/health/news/TKY200802150139.html
2008/02 【日本語記事】共同通信 不眠不休は脳にダメージ 大阪市立大がラットで確認
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008021601000370.html
2008/02 【日本語記事】共同通信 アミノ酸が大きな役割 生理学研が解明
 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2008021601000447.html
素早い動きに視線を合わせる眼球の動きにギャバが大きな役割を果たす
脳内の化学反応を模倣するチップ
2008/02 EurekAlert 'Lab on a chip' mimics brain chemistry
なにやら中国は精神病患者の脳を焼く手術を始めようとしているぞ
2008/02 PhysOrg China takes closer look at brain surgery
外傷麻痺において脊髄で切れ目を埋めるために本人の神経を使用する
2008/02 BBC News Spinal injury 'bypassed' by nerve
神経によって『迂回される』脊柱の外傷
2008/02 【日本語記事】ギズモード・ジャパン マウスの脳内にカメラを仕込んで、神経活動を視覚化
 奈良先端科学技術大学院大学の太田淳教授の研究グループが、マウスの海馬に超小型カメラを移植
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000000-giz-ent
2008/02 Wired/AP New Treatment Can Clear Brain Clots
 血管内の血栓を掃除するクリーナーPenumbra
2008/02 EurekAlert What gives us fingertip dexterity?
何が、我々に指先器用さを与えるか?
手操作スキルの間の複雑な回路及び脳における専門の神経の回路
「使わないと脳は錆びる」ってほんとう?
2008/02 EurekAlert More brain research suggests "use it or lose it"
ストレス反応において、ヒトと昆虫に共通点?
2008/02 EurekAlert Comatose locusts may help relieve migraines
こん睡状のイナゴは、偏頭痛を軽減するのを助けるかもしれない
 神経系は呼吸することを制御する ― 高い温度及び酸素剥奪を通してストレスが誘発されるとき
2008/02 EurekAlert Chemical chaperone could open door to treatment of neurological disorder
化学的シャペロンは、神経学上の障害ニーマン・ピック病の治療法にドアを開ける可能性があった
2008/02 EurekAlert Breaking down Huntington's disease one protein at a time
ハンチントン病のタンパク質を一度に一個分解する
a region on the surface of HIP1 (Huntingtin-interacting protein 1) that could bind HIPPI (HIP1-protein interactor)
2008/02 【日本語記事】読売新聞 筋肉マヒする難病、症状悪化させる原因細胞特定…理研
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080204-OYT1T00001.htm
筋委縮性側索硬化症(ALS):マウスを使った実験で初めて成功
「アストロサイト」と「ミクログリア」
2008/02 【日本語記事】朝日新聞 難病ALS 進行関与の細胞特定、治療法開発に期待
http://www.asahi.com/health/news/TKY200802030175.html
2008/02 【日本語記事】毎日新聞 ALS:進行関与の細胞発見 新治療法開発に期待 理研など
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/02/04/20080204dde041040002000c.html
2008/02 EurekAlert Targeting astrocytes slows disease progression in ALS
星状細胞に目標を定めることは、ALSで病気進行をスピードを落とす

 :海外ではカリフォルニア大の功績になっています

2008/02 【日本語記事】読売新聞 豚の脳吸い込み神経障害か、米で食肉処理作業員が発症
 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20080202-567-OYT1T00398.html
ブタ脳さわぎ
2008/02 Washington Post Inhaling Pig Brains May Be Cause of New Illness
2008/02 New Scientist  Is pig-brain 'mist' linked to mystery ailment?

>2007/12  ブタの屠殺場で発生した奇病、ブタ脳の飛沫が原因か!?


1月


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語皮膚は脳に「そっくり」だ 【MP3ファイル】
2008年01月27日:TBS RADIO  サイエンス・サイトーク
 ゲスト:傳田 光洋(伝田光洋/でんだみつひろ)

『皮膚は考える』 傳田 光洋 岩波科学ライブラリー 岩波書店 (2005/11/3)
『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』 傳田 光洋 朝日出版社 (2007/7/18)

 かなり異色に評判がよいキャラのようです。↑アマゾンの書評が面白い。
>資生堂の皮膚研究者が綴るポップサイエンス「第3の脳」

 ちなみに、「第二の脳」は、腸。

『爆笑問題のニッポンの教養 14 人間は考える腸である』 爆笑問題&上野川 修一  講談社 (2008/2/19)
「セカンドブレイン:腸にも脳がある!」 マイケル・D・ガーション 小学館 2000/03(原書1998)
『内臓感覚 脳と腸の不思議な関係』 福土 審 NHKブックス 2007/09
脳のスパムフィルタ
2008/01 Scientific American Working Memory: The Brain's Spam Filter Located
2008/01 Science 神経科学:直接的な「脳外傷」を伴わない持続性脳障害
砲弾ショック再考:爆風による精神的外傷の謎を解く -- 兵士の防護・補償のために
NEUROSCIENCE: Shell Shock Revisited: Solving the Puzzle of Blast Trauma
ADHDの薬の効き目、大人と子どもで違うのはなぜ
2008/01 EurekAlert Potential cause of age differences in stimulant response identified
興奮性の反応における年齢差異の可能性原因特定される
 脳-引き出されたneurotrophicな要素(BDNF)及びその受容体TrkBから成るneurotrophinシステムに差異
2008/01 EurekAlert Creative and noncreative problem solvers exhibit different patterns of brain activity, study reveals
創造的な及びnoncreativeな問題解答者は異なる脳活動のパターンを示す
2008/01 EurekAlert Modified Atkins diet can cut epileptic seizures in adults
部分修正されたアトキンス・ダイエットは、大人で癲癇性の発作を減らすことができる
2008/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 「脳の回路図」を作る:全シナプスの「地図」を作成
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 チンパンジー:脳波、起きた状態で計測 東大などのチームが成功
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/27/20080127ddm016040052000c.html
2008/01 EurekAlert New MIT tool probes brain circuits
新しいMIT道具は、脳回路を徹底的に調べる
  ― 生きている動物で、単一の神経の回路を妨げた場合と、そうでない場合の違いを見る方法
2008/01 MSNBC/LiveScience Eureka! Brain's discovery circuits found
わかった! 脳の発見回路を発見
2008/01 Scientific American What Are We Thinking When We (Try to) Solve Problems?
2008/01 EurekAlert Researchers identify brain's 'eureka' circuitry
研究者は、脳のものを特定する『わかった』回路
2008/01 Scientific American Blood Flow May Be Key Player in Neural Processing
血流は、神経の処理におけるカギ・プレイヤーであるかもしれない
 血流は皮質に栄養を送るだけでなく、局所的に神経細胞の活動を変えることができるらしい
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 脳神経:遮断し復元
 記憶力低下、解明へ‐‐利根川教授、マウス開発
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/25/20080125ddm012040164000c.html
2008/01 【日本語記事】サンケイスポーツ
マウスの脳の特定の神経回路を一時的に遮断する脳科学の
新技術に「Dice-K」(ダイスケ)!MITの利根川教授が命名
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080126-00000037-sanspo-spo
2008/01 【日本語記事】朝日新聞 利根川教授ら「ダイスケ」開発 神経回路をオン・オフ
http://www.asahi.com/science/update/0125/TKY200801250033.html
2008/01 【日本語記事】読売新聞 脳の回路、自在に操作…その名も「DICE―K」
 利根川博士が成功、ボストンが結んだ縁
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080125-OYT8T00195.htm
神経:マウス網膜の神経突起の分枝形成とモザイク状の空間配置にはDSCAMが必要である
2008/01 Nature Neurite arborization and mosaic spacing in the mouse retina require DSCAM
2008/01 【日本語記事】Nature@日本 神経:接続パターンにかかわる分子
 山形方人とJ Sanes:ニワトリの網膜の層特異的な接続パターン形成には、Dscam(ダウン症候群細胞接着分子)とDscamL、接着分子Sidekick-1やSidekick-2が関与している
2008/01 EurekAlert New therapeutic target for treatment of multiple sclerosis
多発性硬化症の治療法において新しい治療目標
 粘着力分子はALCAM(活性化された白血球細胞粘着力分子)あるいはをCD166ダビングした
 特定の種類の白血球が脳に移動する上で、大きな役割をはたす
2008/01 EurekAlert Weill Cornell team discovers how brain's own tPA helps regulate blood flow to neurons
脳でtPAがニューロンの血流を制御する方法
行動神経科学:模倣のニューロン
Behavioural neuroscience: Neurons of imitation
聴覚:音声コミュニケーション学習にかかわるニューロンでみられる正確な聴音-発声対応
2008/01 Nature Precise auditory? vocal mirroring in neurons for learned vocal communication
2008/01 【日本語記事】Nature@日本 聴覚:聴いて覚える
歌の学習に聴音経験が必要な鳴禽類ヌマウタスズメで、聴音-発声のモニター機能に特化した一群のミラーニューロンっぽい前脳ニューロンを同定
2008/01 New Scientist Learning language with the singalong neurons
singalongニューロンによって言語を学習すること
帰還兵の2割は脳にダメージを負っているんじゃないか
2008/01 MSNBC 1 in 5 returning troops may have brain injury
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語Chapter-184 脳機能に関するふたつの最新研究
2007年12月22日 ヴォイニッチの科学書
「スピードが異なる動く映像に応じて機能する部位が、速い、遅いそれぞれ別の「コラム構造」と呼ばれるユニット構造を構成して存在している」
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 脳:情報伝達物質が伝わる仕組み確認 物忘れの改善に期待
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/13/20080113ddm016040142000c.html
分子モーターたんぱく質「KIF17」を構成するアミノ酸の一つ「セリン」がリン酸化を起こしている
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 国立遺伝学研究所:魚の神経回路を制御
 生きた状態で初、認知症解明など期待
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2008/01/15/20080115dde041040038000c.html
2008/01 【日本語記事】毎日新聞 <国立遺伝学研究所>神経回路生きたまま可視化・制御に成功
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000029-mai-soci
脳を変える文化 ~Trey Heddenほか
2008/01 EurekAlert MIT: Culture influences brain function
脳機能にみる文化影響
 異なる文化の人々は、同じ視覚の知覚問題で、それぞれ脳の別の箇所を使う
 文化的に苦手な相対的な判断で、アメリカ人は注意力システム脳領域を活性化した
 アメリカ人にとって文化的に親しい絶対判断では、彼らはこれらの領域のずっとより少ない活性化を示した
 東アジア人は、反対の傾向を示した:相対的な判断より絶対判断に注意力システムを多く動員した
2008/01 EurekAlert Huntington's disease problem start early
ハンチントン病に関与する変異タンパク質のダメージは、想定よりはるかに早期からみられる
2008/01 EurekAlert Study suggests new treatments for Huntington's disease
研究は、ハンチントン舞踏病において新しい治療法を示唆する
 ショウジョウバエで、異常なタンパク質がハンチントン病の神経変性疾患を引き起こす新しいメカニズムを発見。
 同じく効率よくその神経変性疾患を抑制するためにハエを操った
2008/01 Discovery Tiny Nerves Rewire Themselves in Mice
ネズミのちっぽけな神経は、自身を配線替えする
 脊柱に縦横に横切っているちっぽけな神経は身体障害にする怪我を迂回する
 ネズミで実施される実験は、中枢神経系が脳の間の小さい神経の経路を生み出し、それ自体を配線替えすることができる
気絶防止のペースメーカーThe Biotronik Cylos 990 、初の施療
2008/01 BBC News Pacemaker to stop faints fitted
2008/01 EurekAlert Trichloroethylene is a risk factor for parkinsonism
トリクロロエチレンは、パーキンソン症候群において危険因子である
2008/01 EurekAlert UCLA scientists restore walking after spinal cord injury
脊髄損傷の後、歩行をとり戻す
 神経系はそれ自体を再編成することができる、新しい経路を使い 移動しなさいという命令を出すために
2008/01 New Scientist Traffic fumes are still damaging children's brains
排気ガスは、今もなお子供の脳にダメージを与えている
2008/01 EurekAlert Novel mechanism for long-term learning identified by Carnegie Mellon researchers
長期学習の新しいメカニズム
 N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptors undergo a sort of Jekyll-and-Hyde transition after an initial phase of learning.
親しい事物に反応する脳領野
2008/01 EurekAlert Carnegie Mellon study identifies where thoughts of familiar objects occur inside the human brain
2008/01 EurekAlert Epilepsy and brain pathology linked together by the protein ADK
癲癇と脳病理学はタンパク質ADKによって関係づけられた
2008/01 【日本語記事】朝日新聞 脳科学「歯止め必要」56% 文科省研究班が調査
http://www.asahi.com/science/update/0104/TKY200801040255.html
 インターネット調査
2008/01 EurekAlert Language centers revealed, brain surgery refined with new mapping
新しい脳マップ手法によって脳の言語センターは見つかるわ、脳手術はやりやすくなるわ


 以上、 →2008年1月〜4月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー