動物行動学 動物の心:
2009年1~6月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


6月


2009/06 PhysOrg The faster they come: How social status is negotiated among fishes
速けりゃ速いほど:魚の中でどう社会的ステータスが、取り決められるか
 カダヤシ mosquitofish
 下位の魚は支配的なものよりかなりすばやかった
堅い翼は飛ぶのにつらい
2009/06 EurekAlert Straighten up and fly right: Moths benefit more from flexible wings than rigid
 柔らかくしなやかなフレキシブルさを持つ翼のほうが、うまく飛べる蛾の場合
2009/06 EurekAlert Two is not company -- as far as fish are concerned
魚的には「2匹」は群ではございません
 ネオンテトラやアカヒレは、一匹2匹だとキレやすいが、10匹以上になると普通に群行動に準拠する
2009/06 EurekAlert Dolphins get a lift from delta wing technology
イルカは、デルタ翼テクノロジーからリフトを得る
 一部のイルカのひれは、デルタ翼航空機と同じ様に揚力を生成する
2009/06 ABC@オーストラリア Bacteria anticipate upcoming events
バクテリアは、近づくイベントを予期する
2009/06 ABC@オーストラリア Pigeons as art critics
芸術批評家としてのハト
2009/06 Discovery Pigeons Make Good Art Critics
2009/06 New Scientist Pigeons make the grade at art appreciation
芸術評価で等級を作るハト
2009/06 Discovery Spider Mimics Ants to Scare off Predators
捕食動物を威嚇するアリを真似るクモ
渡り鳥は磁場が見える:青色光受容体と磁気の感知
 2009/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/06 EurekAlert Researchers see evidence of memory in the songbird brain
鳴鳥の脳で記憶の証拠を見る
 キンカチョウが自種メンバーから新しい歌を聞くと、その経験は予想外の方法で脳の遺伝子表現型を変えるのだ
サッチャー効果が効いている
2009/06 BBC News Monkeys fall for visual illusion
サルにも起きる視覚の錯視 
 さかさまの顔での異常検出が難しい
 Upside down faces show monkeys recognise each other just like us
2009/06 EurekAlert Yerkes researchers identify parallel mechanism monkeys and humans use to recognize faces
ヤーキース研究者は、{サルと人間が 顔を認知するために使用する ―} 平行のメカニズムを特定する
 アカゲザルでの研究は、示唆する ― 顔を識別する人間の能力が3000万年ものであることを
2009/06 EurekAlert Rhesus monkeys discriminate faces much as humans do
2009/06 EurekAlert From Jack the Ripper to great white sharks
切り裂きジャックからホオジロザメまで
 犯罪学で用いられている手法を応用して、ホオジロザメの採餌パターンを連続殺人犯的に地理プロファイリングできる
2009/06 EurekAlert Geographic profiling applied to track hunting patterns of white sharks in South Africa
南アフリカのホオジロザメの狩り足跡パターンに適用される地理プロファイリング
2009/06 EurekAlert Discovery of a water snake that startles fish in a way that makes them flee into its jaws
魚を驚かせ口の中に逃げ込むように仕向ける水ヘビ
2009/06 Discovery Twittering Helps Shrews Find Their Way
さえずりは、トガリネズミが自分の道を発見するのを助ける
 トガリネズミは、下ばえを進むために原始的な音波探知機を使用する
女王と平民の眠りの差
2009/06 BBC News The secrets of ant sleep revealed
明かされるアリ睡眠の秘密
 Queen fire ant sleeps deeply while workers toil and take power naps
フシアリの女王は深く眠る ― 働きアリがほんのちょっと居眠りをとる間
2009/06 New Scientist Animals that count: How numeracy evolved
{数える} 動物:数学の素養は、どのように進化したか
2009/06 BBC News Rats play odds in gambling task
ネズミは、確率をプレーする ― 作業を賭けることで
 Why rats could rule at roulette, according to scientists
 ルーレットで勝つネズミ
ヘビ 生体力学:曲がりくねって歩く
2009/06 Nature Biomechanics: Serpentine steps
doi:10.1038/459919a
2009/06 BBC News 2500-year-old bird's nest found
2500年間、そして今も使われ続けているgyrfalconsの鳥の巣
2009/06 BBC News The stickleback - 'forgotten genius' of the fish world
棘魚(魚世界の『忘れられた天才』)
2009/06 Discovery 'Genius Fish' Strategizes Like Humans
人間のような『天才魚』トゲウオ
2009/06 BBC News Baboon mums exploit 'chaperones'
ヒヒが活用するプラトニックな付き添い関係
Female baboons exploit chaperones
2009/06 BBC News Beg pardon? New study suggests squid and octopus can hear
新しい研究はイカタコが聞くことができると示唆する
 The cephalopods can hear you
頭足類は、あなたの話を聞くことができる
サルも“ウソ”をついて仲間を騙す?
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic Monkeys Use False Alarms to Scam Food?
詐欺食べ物へのサル使用誤警報?
生息環境によって歌を手直しする鳥
2009/06 EurekAlert LSU researcher first to demonstrate link between bird songs and habitat change
 植生が濃くなると、鳥の歌はスローテンポになる
2009/06 EurekAlert How young mice phone home: Study gives clue to how mothers' brains screen for baby calls
{子ネズミが家に電話をかける} 方法:
 母ネズミの脳は、どのようにわが子の声をふるい分けているのか
2009/06 EurekAlert Beetle shell inspires brilliant white paper
東南アジアの甲虫 Cyphochilus beetle の白い鱗片殻に学ぶ、素晴らしく白い紙の作り方
 ISOの基準でミルクや人間の歯よりも、これまで自然界で発見された物質の大部分よりも白い
 しかも白く輝く人工の合成物質よりもずっと薄い構造によって作り出されている、
2009/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 驚きの白さのカブトムシの秘密
2009/06 EurekAlert Close social ties make baboons better mothers, study finds
濃い社会関係を築いているヒヒの雌は、子育てがうまく行く
パプアニューギニアのナガハシハリモグラ  long-beaked echidna.
2009/06 EurekAlert Wildlife Conservation Society supports world's first study of egg-laying mammal
卵を生む哺乳類の世界初の研究
ヘラコウモリ科 spear-nosed bats
2009/06 BBC News When two bat tribes go to war
 戦い合う女コウモリ部族
 それぞれのグループは、最高25頭の無関係なメスによって構成される
 寝所を共有し、いっしょに餌を採りに行き、子どもを協力して育て合う
 さらにはヨソのグループの子を殺しさえもする
チンパンジーが作った道具の中で最も複雑な一品はこれだ
2009/06 Discovery Chimp-Made Toolkit Most Complex Ever Found
2009/06 PhysOrg Siberian jays use complex communication to mob predators
シベリア・カケスは、捕食動物の監視に複雑なコミュニケーションを使用する
 1ダース以上もの異なる音声を用いて他のメンバーに危険レベルと捕食動物カテゴリーを知らせるカケス
蛇行のしくみを解明――力の調整
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
蛇行のしくみを解明――ウロコ
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 news@nature.com Snakes use scales to slither
ヘビは、ウロコを使用する ― すべるために
数学的なモデルは、示唆する ― 『横の』摩擦がカギである
Mathematical model suggests 'sideways' friction is key.
2009/06 BBC News Snake slips show slither secret
'Static friction' experiments show snakes' slithers in a new light
『静的摩擦』実験
2009/06 EurekAlert The secret of a snake's slither
2009/06 PhysOrg Snakes use friction and redistribution of their weight to slither on flat terrain
ヘビは、平面地形の上をすべるために摩擦と体重の再分配を使用する
2009/06 BBC News Birds in cities 'singing louder'
都会の鳥は『大声で歌う』
2009/06 BBC News Bats 'recognise others' voices'
コウモリは、『他者の声を識別する』
2009/06 EurekAlert Bats recognize the individual voices of other bats
コウモリは、他のコウモリの個人声を認知する
メンタルマップ
2009/06 BBC News Chimps mentally map fruit trees
チンパンジーは、果樹のありかを心の地図に描きます
カッコウの寄生に対抗する宿主(ヨシキリ)の防御行動は社会的に伝播する
 ヨシキリが寄生的なカッコウに対してモビングし、無害なオウムにはモビングしない理由は、社会的学習と素因(托卵)によって説明できる。
 注)モビング:mobbing 鳥類などが、餌食や天敵に対して集団で襲ったりまとわりついたりする行為
2009/06 Science  Social Transmission of a Host Defense Against Cuckoo Parasitism
2009/06 【日本語記事】Science 鳥類は仲間から学ぶ
Birds Learn From Their Neighbors
2009/06 EurekAlert Birds use social learning to enhance nest defense
鳥は、社会の学習を使用する ― 巣防御を強化するために
ラットや犬も笑う:類人猿をくすぐる研究(動画)
 2009/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 
すべての類人猿は“笑う”
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic Apes Laugh, Tickle Study Finds
2009/06 news@nature.com Human-ape links heard in laughter
Similarities between laughter of tickled apes and humans mirrors genetic ties between species.
2009/06 Discovery Chimps, Other Apes Laugh Like People
2009/06 BBC News Tickled apes yield laughter clue
くすぐられた類人猿収穫笑い手がかり
What does tickling apes reveal about the evolution of laughter?
類人猿をくすぐることは、笑いの進化について何を明かすか?
2009/06 news@nature.com Human-ape links heard in laughter
Similarities between laughter of tickled apes and humans mirrors genetic ties between species.
2009/06 PhysOrg Reconstructing the evolution of laughter in great apes and humans
霊長類と人間で笑いの進化を復元する
ハト:絵心あり 巧拙識別する能力、訓練で開花‐‐慶大教授発表
渡辺茂教授(実験心理学)
 2009/06 毎日新聞 
2009/06 EurekAlert Squid 'sight': Not just through eyes
イカ『視覚』:眼だけでなく通して
 {一部のイカがカモフラージュに使用する ― 捕食動物によって見られることを避けるために} 光-発している臓器
 イカ-光臓器は共生の自然なモデルである-2つの異なる中で種との間で相互依存している関係、そしてそれは他者からそれぞれの利益。
2009/06 EurekAlert Temporary infidelity may contribute to the stability of ancient relationships
一時的な不貞は、古代の関係の安定性の一因となる可能性がある
 カビ栽培アリは、5000万年の間、同じ菌類の作物を養った。
 それぞれの若いアリ女王は配偶者のところへ逃れ新しい巣を確立するとき、少しのカビ畑を携えていく

5月


母クジラがゆっくり食事をしに行けるのは、乳母役のクジラさんがいてくれるから
2009/05 New Scientist Babysitting whales give mums time for a snack
ご褒美もらえるかな?チンパンジーがタッチパネルで数字学習
 2009/05 読売新聞 京都市動物園
2009/05 【日本語記事】Nature 進化:文化に対する遺伝的制約
ほかの集団のさえずりを聞いたことがないキンカチョウからなる孤立したコロニーで、社会的学習の行われる鳥のさえずりの確立について調べた。
動物行動:鳥のさえずりは文化によって正される
2009/05 Nature Animal behaviour: Birdsong normalized by culture
doi:10.1038/459519a
進化:キンカチョウにみられる野生型の歌文化の新規確立
2009/05 Nature De novo establishment of wild-type song culture in the zebra finch
doi:10.1038/nature07994
文化はDNAに組み込まれている?「隔離された鳥の歌」実験
 2009/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/05 EurekAlert A bad performance is better than no performance at all
悪いパフォーマンスが全てでより十分にあるというわけではない ― 何のパフォーマンスよりも
カナリア青少年が{貧しい歌を聞く} にもかかわらずむしろ正常な歌を歌う、大人
世界初、泥棒クジラの撮影に成功
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 cnn.co.jp ミヤマガラスは道具を利用、チンパンジーに匹敵の知恵と
2009/05 Discovery Rooks Quickly Learn Tool-Use
ミヤマガラスは、すばやくTool-Useを学習する
2009/05 EurekAlert City rats loyal to their 'hoods, scientists discover
2009/05 EurekAlert Scientists find city rats are loyal to their 'hoods
都会のネズミは意外に出不精 せいぜい出歩くのは一町画
2009/05 EurekAlert Necessity is the mother of invention for clever birds
必要は発明の母
 賢いミヤマガラスは、洞察に満ちた創造的なツール使用を示す
2009/05 BBC News Rooks reveal remarkable tool use
ミヤマガラスは、驚くべきtool-useを明かす
やたら攻撃的
2009/05 Discovery World's Meanest Dog: The English Cocker Spaniel?
世界で最も意地悪な犬:イングリッシュコッカースパニエル?
2009/05 Discovery Flight of the Bumblebee: Inefficient But Precise
マルハナバチの飛行:能率が悪い、しかし、正確である
2009/05 BBC News Orangutans seen eating own babies
オランウータンの子殺し食
 Orangutans 'seen eating young'
2009/05 EurekAlert Unusually large family of green fluorescent proteins discovered in marine creature
海の生物で発見される緑の蛍光性タンパク質の異常に大きい家族
 抗酸化剤としてのタンパク質
光る海洋生物、発光物質の役割解明か
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
天候不順なほど複雑になる歌い
2009/05 EurekAlert Mockingbirds in fickle climates sing fancier tunes
気まぐれな気候におけるマネシツグミは、より装飾的な旋律を歌う
2009/05 EurekAlert When climate is iffy, birds sing a more elaborate tune
気候が不確かなとき、鳥はより多くの精巧な旋律を歌う
2009/05 Discovery Birds Under Stress Become Better Singers
ストレス下の鳥は、より技巧的な歌手になる
2009/05 ABC@オーストラリア Hard times make birds better singers
2009/05 BBC News Climate link to mockingbird songs
2009/05 EurekAlert Bird songs change with the landscape
{景観によって歌を変える} 鳥
 茂みが多くなると、オスのミヤマシトドは、音の高さを下げてゆっくり歌う
2009/05 Discovery Magnets in Ant Antennae Work as Internal GPS
アリ触覚の磁石は、体内GPSっぽい
2009/05 ABC@オーストラリア Ant antennae carry internal GPS
アリ・アンテナは、内部のGPSを保有する
2009/05 PhysOrg Mockingbirds, no bird brains, can recognize a face in a crowd
マネシツグミは、群衆の中から特定の人間を抽出することができる
 前にイタズラしに来た人間がどれなのかしっかり覚えている
2009/05 Discovery Mockingbirds Can Tell People Apart
13年か17年で大発生するセミ:謎を日本の研究者らが分析
 2009/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 
タツノオトシゴが直立姿勢の理由
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 National Geographic How Seahorses Evolved to Swim "Standing Up"
立って泳ぐように進化したタツノオトシゴ
2009/05 共同通信  ヒヨコが「足し算引き算」計算能力
文化の遺伝的制約
 文化の遺伝的制約についての研究(Feherk et al., 2009)
文化の遺伝的起源を調べるため、他集団のさえずりを聞いたことがないキンカチョウからなる孤立したコロニー で、社会的学習の行われるさえずりの確立について調べられました。その結果、コロニーの創始者となった複数の個体は、成長中に手本となるさえずりを一度 も聞かされなかったため、野生型と著しく異なるさえずりをしましたが、3-4世代のうちに、手本からの学習により獲得した歌は野生型のものに近づ...
2009/05 【日本語ブログ】 雑記帳
ヒトのヘビ恐怖症はサル譲り…名大グループ実験で判明
 2009/05 読売新聞 
名古屋大の川合伸幸准教授らのグループ
同胞の子を殺そうとするコビトイルカ イルカにおける子殺し行動の初記録
2009/05 BBC News Dolphins seen trying to kill calf
2009/05 PhysOrg Why silkworms find mulberries attractive
{カイコが魅力的なクワを発見する} 理由
 葉が発する微量のジャスミンの香りの化学物質は、カイコのアンテナで単一の、非常に調整された嗅覚の受容体を誘発する
イラクサギンウワバ Trichoplusia ni
2009/05 PhysOrg Insect gene expression responds to diet
昆虫の遺伝子表現型は、飲食物に反応する
毒で獲物を仕留めるコモドオオトカゲ
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 EurekAlert Komodo even more deadly than thought: Research
2009/05 EurekAlert A combined tooth-venom arsenal revealed as key to Komodo dragon's hunting strategy
2009/05 ABC@オーストラリア Giant lizards pack venomous bite
2009/05 BBC News Komodo dragons have venomous bite
コモドオオトカゲは、有害な噛み傷を持つ
2009/05 Discovery Komodo Dragon's Deadly Bite Explained
2009/05 cnn.co.jp コモドオオトカゲのなぞ解明 獲物に毒を注入
情けは他人のためならず
2009/05 EurekAlert The importance of being helpful -- Cooperative cichlids boost their own reproductive success
協力的なシクリッドは、自分自身の繁殖成功度を高める
サルでもできるリスク管理
2009/05 Discovery Monkeys Learn From Their Mistakes
サルは、失敗から学習する
 サルは間違いから学習することができ、将来の報酬を得るためにリスクもとる:ゲームをプレーするとき
2009/05 PhysOrg Monkeys found to wonder what might have been
ヨソの子を誘拐して育てようとするキングペンギンがいるぞ
2009/05 BBC News King penguin spotted kidnapping the baby of its mortal enemy
 Penguin kidnaps mortal enemy ペンギンは、仇敵を誘拐する
2009/05 BBC News Earwigs 'sniff out' best babies
ハサミムシは、最善の赤ちゃんを『かぎつける』
 ハサミムシの母は、健康優良児をかぎわけて、えこひいきしまくる
深海魚の耳に新器官、暗闇に適応進化?
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 National Geographic New (and Improved?) Ears Found in Deep Fish
新しい(と改善した?)深い魚で発見される耳
2009/05 EurekAlert NOAA researchers: Blue whales re-establishing former migration patterns
前移住パターンを再確立しているシロナガスクジラ
2009/05 BBC News Just for laughs: hyenas' giggles may be sign of frustration
ハイエナのくすくす笑いは、挫折のサインである可能性がある
Hyena giggles no laughing matter ハイエナのくすくす笑いは笑い事でない
ゴリラの知能は侮れない
 2009/05 National Geographic 
「チンパンジーが道具を発明し、ゴリラがしないもう1つの理由は、食物を得る難しさの違いかもしれない」と、京都大学の松沢所長は指摘
2009/05 National Geographic Gorillas Are No Dummies, Zoo Study Shows
よりゆっくりした代謝のほうが、カタツムリでは繁殖に有利であるらしい
2009/05 BBC News Evolution is slowing snails down
進化は、カタツムリを遅くしている
Huia cavitympanum
2009/05 EurekAlert UCLA scientists discover ultrasonic communication among frogs
カエルの超音波コミュニケーションを発見
2009/05 BBC News Gorilla mums keep family in check
ゴリラ・ママは手をたたく ― オスのシルバーバックや幼児の注意をひくために。
多焦点の光学的システム
2009/05 EurekAlert 'Gecko vision': Key to the multifocal contact lens of the future?
『ヤモリ視覚』:未来の多焦点のコンタクトレンズへのカギ?
2009/05 EurekAlert Timing is everything for northern shrimp populations in the north Atlantic
北大西洋のアマエビ;ホッコクアカエビ(Pandalus borealis)の漁獲高にはタイミングが肝心
 春の植物プランクトン最盛期のタイミングと、エビ幼生の発生時期がマッチすれば、豊漁になるんです
2009/05 BBC News Shrimp tuned to ocean temperature
海洋温度に合わせられるエビ
2009/05 Science 甘エビは冷たいのがお好き
Northern Shrimp Like It Cold
北大西洋におけるエビ類と植物性プランクトンとの生物季節学に関する海盆規模のコヒーレンス(一致性)
注)生物季節学:動植物が示す季節的な諸現象の時間的変化や気候・気象との関連を研究する学問分野
2009/05 Science Basin-Scale Coherence in Phenology of Shrimps and Phytoplankton in the North Atlantic Ocean
* エビ類の生殖は海底温度に促され、春の植物プランクトンブルームからの影響を直接受けない。
2009/05 BBC News Could climate change spell the end of the prawn cocktail?
2009/05 EurekAlert Why silkworms find mulberries attractive
{カイコが魅力的なクワを発見する} 理由
 葉からわずかに発されるジャスミンっぽい香りの化学物質は、カイコのアンテナで単一の、非常に調整された嗅覚の受容体を誘発する
プレイを楽しむ動物たち
2009/05 Discovery Animals Just Like to Have Fun, Survey Finds
動物は、お楽しみがお好き
2009/05 ABC@オーストラリア Lizards soak up sunshine vitamin
トカゲは、日光ビタミンを吸収する
2009/05 Discovery Whale Sharks Travel Vast Distances to Breed
{巨大な旅行が遠ざける ― 繁殖するために} ジンベイザメ
ウバザメの意外な避寒地を発見
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 Discovery Basking Sharks' Hiding Places Found
2009/05 EurekAlert Disappearing act of world's second largest fish explained
2009/05 National Geographic Giant Shark Mystery Solved: Unexpected Hideout Found
予想外のサメ隠れ家
2009/05 Nature Basking sharks run for the sun
Satellite tags solve mystery of huge disappearing fish.
パンダの母親は“えこひいき”?
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
腐った果物の匂いを、ショウジョウバエが好むか忌避するか切り替えるスイッチ
2009/05 PhysOrg Strong Odor Flips a Neural Switch Between Attraction and Aversion
 相互接続する細胞の単一の集団は、ハエの反応を制御することができる
2009/05 EurekAlert How social insects recognize dead nestmates
社会性昆虫は、死んだ同僚をどう認知するか
 死んだアリは分解によって化学物質(例えば脂肪酸){放出信号を出す}ことで、他の生きているアリに彼らの死を認識させる
2009/05 EurekAlert Songbird study from CSHL, CCNY provides concrete measure of biology's impact on culture
完全な隔離で育った鳥は、「正常な」歌を進化させることができるか?
2009/05 EurekAlert CCNY, CSHL biologists find birdsong of isolates reverts to norm over several generations
隔絶した環境で育てられたキンカチョウは、数世代で野生種のものと似た歌いを生み出していく

:じゃあ、最初の世代は悲惨なんだね
2009/05 National Geographic MOTHER'S DAY MAYHEM: 5 "Worst" Animal Moms?
恐怖の母の日:5人の「最悪の」動物の母さん?
 Burying Beetle シデムシの母さんは、子供にあげるエサがないと、子供を食ってしまうのです
 子供が二人いるパンダの母さんは、一人だけえこひいきして、もう一人は死なせてしまうのです
 ハムスターの母さんは、フツーに自分の子をカリカリと食いますし
 Black Eagle コシジロイヌワシの母さんは、子どもたちどうしの殺しあいを黙認するのです
 ウサギの母さんは、子供が幼くても一日に2分しか家に帰ってこない放置育児をするのです
2009/05 EurekAlert Dolphins maintain round-the-clock visual vigilance
イルカは、24時間ぶっ通しで視覚警戒を維持している
2009/04 EurekAlert Fish may actually feel pain and react to it much like humans
魚は、実際に痛みを感じる可能性がある
 金魚に見られる痛みへの反応はまさに人間のようである
2009/04 EurekAlert When industrious ants go too far
勤勉なアリが、行き過ぎるとき
 ant-plantなC. Nodosaとアリ種A. octoarticulatusとの騒々しい関係
2009/05 【日本語記事】Nature 神経:線虫も社会の渦中にある
 線虫の「社会性」株は、餌になる細菌がいると集合するが、「孤立」株は集合しない。
 RMG介在/運動ニューロン対が、複数の感覚刺激の統合と社会的行動をとることの決定にかかわる神経計算系の「ハブ」である
神経科学:線虫の社交生活の中心
2009/05 Nature Neuroscience: A social hub for worms
doi:10.1038/4581124a
神経:ハブ・アンド・スポーク型の神経回路が、線虫のフェロモン誘引と社会的行動を支配する
2009/05 Nature A hub-and-spoke circuit drives pheromone attraction and social behaviour in C. elegans
doi:10.1038/nature07886

4月


岡山大学農学部 宮竹貴久
 一人しかいないのに死んだフリをしたら食われてしまいますが
 「死んだフリ」をして効果があるのは、すぐ近くに「他の動き回るエサ」があるときに限ります
2009/04 Discovery Animals That Play Dead Sacrifice Others
 クマに襲われたら死んだフリをしろ、というのも、俺ではなく他の仲間を食ってくれという「利己的行動」のススメ?
鳥類にも「音楽を聴いて踊る」能力ありと、米研究
 2009/05 cnn.co.jp 
2009/04 Discovery Dancing Birds Feel the Beat
2009/04 National Geographic Birds Can Dance, Experts (and Zany Videos) Reveal
2009/04 ABC@オーストラリア Dancing birds feel the beat
2009/04 BBC News Video evidence of birds' remarkable talent for dancing
鳥の驚くべき 踊る才能の証拠ビデオ
どの歌をどのオスが歌っていたかをきっちり覚えていなさる
2009/04 EurekAlert Remembrance of things past influences how female field crickets select mates
過去の記憶は、{メスのコオロギが配偶者を選ぶ} 方法に影響する
 進化モデルにおける、昆虫システムの社会学習影響の重要性
2009/04 EurekAlert Study: Lizards bask for more than warmth
トカゲの日光浴は暖まるためだけじゃない
 カメレオンは、ビタミンDの欠乏度に従って日光浴の頻度を変える。
2009/04 EurekAlert Scientists discover 'dancing' algae
『踊る』藻類 ボルボックス
 お互いを周り合うワルツ
 近づいたり離れたりのメヌエット
少々遠くても、「良い家」のほうを選ぶアリさん
2009/04 BBC News Are ants better than people at finding a home?
2009/04 【日本語記事】National Geographic 水を吹き付けて狩りをするイルカ
2009/04 【日本語記事】National Geographic あらゆる種類のタコが有毒と判明
2009/04 National Geographic Spider "Resurrections" Take Scientists by Surprise
クモは溺れると、何時間も昏睡状態に入って生き延びたりするらしい
科学者も驚くクモの“蘇生”能力
 2009/04 【日本語記事】National Geographic 
2009/04 EurekAlert Red pandas reveal an unexpected (artificial) sweet tooth
レッド・パンダは、予想外の(人工の)甘いもの好きを明かす
 レッサー・パンダは、人工甘味料アスパルテームのお味がお好きなことが確認された最初の非・霊長類哺乳類である
2009/04 BBC News Pandas want low-cal sweeteners
パンダは、低カロリーの甘味料が欲しい
2009/04 EurekAlert '2-handed' marine microbes point to new method for isolating harmful forms of chemicals
『利き手の違いがある』海の微生物が示す、化学物質の有害なタイプを抽出する新手法
 単細胞のバクテリアは手を持たないけれど、人間の手にように、彼らの鞭毛の螺旋は、時計回りか、反時計回りの向きの違いを持っている
 彼らは、お互いの鏡像を生み出す。
 この利き手の種類はキラリティーと呼ばれ、分子においては、人間の身体にとって毒になるか薬になるかの違いを作ることができる
2009/04 EurekAlert Separating the good from the bad
Oryctes rhinoceros
2009/04 EurekAlert Guam rhino beetles got rhythm
グアム島のココナツ害虫カブトムシがたてる音を監視する
2009/04 EurekAlert Fish researcher demonstrates first 'non-visual feeding' by African cichlids
水中座頭市!
アフリカン・シクリッドにおける最初の『非視覚的摂食』の証明
 側線の感覚器は、目に見えない獲物から振動を検出する
「おいしい」
2009/04 Discovery Bonobos Rate Food on Scale From Bark to Grunt
どのように、ボノボは彼らの食べ物について感じるか?
 ボノボは少なくとも5つの特定の発声を使用して、食べ物の評価を表現している
2009/04 Discovery Honeybees Don't Fall for Cheap Perfume
ミツバチは、花の香りの識別に長けている
2009/04 ABC@オーストラリア Cephalopods share common toxic armoury
頭足類は、有毒な兵器庫を共有する
2009/04 National Geographic All Octopuses Are Venomous, Study Says
全てのタコは、有毒である
2009/04 EurekAlert Tentacles of venom: New study reveals all octopuses are venomous
全てのタコに毒液の触手
蝶の羽が絶対濡れないヒミツはこれだ
2009/04 New Scientist How see-through wings repel unwelcome water
どうシースルーの翼が、歓迎されない水をはじくか
ヨソの弱小種アリの巣を襲って、そこの幼虫を奴隷として育てるアリ種がいる
2009/04 New Scientist Slave ants keep a taste for revenge
奴隷蟻は、復讐志向を持つ
 奴隷が闘いを生き抜くための通常でない兵器を進化させたという証拠:反抗。
 隷属する労働者アリは、彼らの捕獲者の新しくかえられた女王と女労働者の3分の2を破壊する。
2009/04 BBC News Elephant hair reveals competition
ゾウのしっぽの毛は、競争を明かす
 尾毛の化学組成から立証されるゾウの行動や飲食物
 他の種との競合や共存の方法を明らかにしてくれる
 Elephants' life stories are contained in their hair
ゾウの人生物語は、彼らの毛に記されている
ジワリジワリ?!オオサンショウウオ指、15年かけ完全再生 姫路の水族館
 2009/04 【日本語記事】産経新聞 
人の視線を読み取るニシコクマルガラス
 2009/04 【日本語記事】National Geographic 
2009/04 【日本語記事】Science 体の大きさに関係なく生物に共通する飛行モデル
A Model of Flight for Creatures Large and Small
 低速旋回の操縦技術には羽ばたき逆トルク(flapping counter-torque)と呼ばれるメカニズムが不可欠
 大きさに関係なく幾何学的形状が類似した動物は、同じ旋回力学を有する
羽ばたき飛行における1回の羽ばたきの時間と受動的回転減衰のスケーリング(尺度)
2009/04 Science Wingbeat Time and the Scaling of Passive Rotational Damping in Flapping Flight
* 形態と羽ばたき運動を組み合わせて、鳥の飛行力学を予測するモデルを構築した。ショウジョウバエからバタンインコまでのサイズの鳥に適応できる。
2009/04 PhysOrg In search of the original flapper... new theory on evolution of flight
本来のフラッパーを捜して...飛行の進化に関する新しい理論
3才なら「指差し」が理解できるんだけど、イヌと2才には無理らしい
2009/04 EurekAlert 3-year-olds get the point
ゴカイのたぐいの光るウミケムシ marine fireworms
2009/04 EurekAlert Scripps scientists help decode mysterious green glow of the sea
 緑の発光は、繁殖行動と防御に使われる
2009/04 PhysOrg Bird can 'read' human gaze
コクマルガラスは、人間の凝視を『読むことができる』
光学着色
2009/04 EurekAlert Bird feathers produce color through structure similar to beer foam
鳥の羽は、ビール泡に似た構造によって色を産み出す
2009/04 EurekAlert Food security for leaf-cutting ants: Workers and their fungus garden reject endophyte invaders
ハキリ蟻における食糧安全保障:労働者と彼らのカビ畑は、内部寄生植物侵入者を拒絶する
2009/04 EurekAlert Sexy or repulsive? Butterfly wings can be both to mates and predators
セクシー?不快? 蝶の翼は、両刀使い
 面によって片や繁殖に、片や回避に捕食動物特化している蝶の羽
2009/04 National Geographic Fish Can Count, Study Finds
カダヤシ(モスキートフィッシュ、Mosquitofish、食蚊魚) は、数を数えることができる







3月


2009/03 PhysOrg Ants can learn to forage on one-way trails
アリは、一方通行を学習することができる
 ハキリアリは、難しい障害のまわりで仕事をすることができる
 巣と食べ物との間で2本の異なる一方通行の道路をこしらえる
ミトコンドリア・ハプロタイプの組み合わせから アルプス・アカヤマアリ
2009/03 PhysOrg Homebody queen ants help preserve family ties in large populations
{アリが 大きい人口でも家族関係を保つのを助ける} 家庭本位の女王
 自分自身の集団の外に冒険を行う} 女王は、時折ほかの巣に受け入れられる。
2009/03 PhysOrg Genetic basis for migration
遺伝学的な移住基盤
 アメリカ北東部のオオカバマダラ
 冬にメキシコの方へ渡りをさせる蝶の衝動に関係がある40の遺伝子のセット
 遺伝子は、体内『太陽コンパス』を方位に合わせ南へ4000kmの旅程を開始させる
2009/03 PhysOrg Optimized by Evolution, Ants Don't Have Traffic Jams
進化によって交通渋滞を持たないよう最適化されているアリさんの行列
2009/03 EurekAlert To swim or to crawl: For the worm it's a no brainer
泳ぐも這うも違わない
 C. elegans線虫は、這いと同じ歩きぶりを使用して泳ぐ。
2009/03 EurekAlert The secret to chimp strength
チンパンジーの腕力の秘密
 ヒトより4倍も力があると言われているが、その差は筋肉量のせいだけではない
 ヒトの筋肉を操る神経は、パワーより精度にかまけているのだ
 図体のわりに、チンパンジーの脊索の灰白質はヒトのより少のうございます
黴菌が意を決する仕組み
2009/03 EurekAlert Genes that make bacteria make up their minds
 タンパク質 DegU デグーが個々のバクテリアをバイオフィルムを形づくるべきかどうか「決定する」ことを助ける
2009/04 Discovery Chicks Are Smart, Scientists Confirm
2009/03 BBC News Baby chicks do basic arithmetic
鳥のひなは、簡単な算数くらいできるんです
 Not bird-brains... baby chicks do basic arithmetic
Maud Island frogs
2009/03 PhysOrg Research reveals old timers in the frog world
 ご長寿カエルは37才!
2009/03 EurekAlert Team approach appears to work best for insect colonies
チーム・アプローチは、昆虫集団において最も効果を発揮すると思われる
 グループがユニットとしてふるまうシナリオには2つある
 すべての成員が、遺伝的に近しく仲間の繁殖が確実になる条件
 女王のみが繁殖に従事し、それ以外は繁殖が阻害される条件
 両方の方法は、関与する全ての個体が共通な目的で団結することを確実にする
2009/03 BBC News Bees and ants 'operate in teams'
ミツバチとアリは、『チームで働く』
 超個体は、とても稀少な存在であり、社会グループ内の内部闘争が抑制された条件下で発生するがゆえに、ヒト社会の記述には使えない
死んだ仲間で身を守るアブラムシ
 2009/03 【日本語記事】National Geographic 
2009/03 BBC News Crabs 'sense and remember pain'
カニは、『痛みを検知して覚えていた』
2009/03 EurekAlert Crabs' memory of pain confirmed by Queen's academic
確認されるカニの痛みの記憶
巨大魚群形成の引き金は何か
 2009/03 【日本語記事】Science What Triggers Massive Fish Shoals?
 ニシンの個体数がある密度に達すると、数分のうちに数十キロにも及ぶ巨大な群れを形成するその過程
2009/03 BBC News Millions of fish shoal in seconds
何百万もの魚は、数秒で群れをなす
Coral may live for thousands of years
 2009/03 news@nature.com サンゴは、数千年も生きている可能性がある
Age estimate places coral among the most long-lived species on the planet.
2009/03 EurekAlert Deep-sea corals may be oldest living marine organism
深海のサンゴは、最も古い生きている海の生物である可能性
2009/03 EurekAlert 4,000-year-old coral beds among world's oldest living things, prof says
世界の最も古い生物:4,000才のサンゴ・ベッド
2009/03 EurekAlert Elephant shark genome sequence leads to discovery of color perception in deep-sea fish
ゾウ・サメの{ゲノム・シーケンスから、深海魚の色知覚を解明する}
 原始的な深海魚は、人間のような色彩世界を見ることができる。
 あごを持つ脊椎動物の最も古い種に属する
2009/03 EurekAlert Flight of the bumble (and honey) bee
マルハナバチとミツバチの飛行
 ミツバチは、2本の花の間を最短距離で移動しております
洞窟のコウモリや、樹上棲のコウモリ
2009/03 EurekAlert Brown-led team offers first look at how bats land
3つの種のコウモリの着陸アプローチを詳細に記録
 どれもみな違った着陸のしかたをしていたよ
サンゴの群がサンゴ礁の上でお互いに出合うとき、彼らは2つの選択肢を持つ:
 一つの集団に統合するか
 あるいは互いを拒絶してなわばりをめぐって争うか
2009/03 EurekAlert Gene decides whether coral relative will fuse or fight
 サンゴが融合するか戦うかを決定する遺伝子
チンパンジーは、棍棒によってみつばちの巣を打ち壊す
2009/03 BBC News 'Armed' chimps go wild for honey
『武装した』チンパンジーの蜂蜜狩り
カバ汗
2009/03 Discovery Hippo Sweat Offers Key to Natural Sunscreen
自然なサンスクリーンへのカギ
 アカ色の腺の分泌で知られる「カバ汗」が、{大きな哺乳類を火傷から保護して、光を散乱させる} 微細な構造を含む
2009/03 【日本語記事】ワイアードビジョン 牛は磁場を感じる:南北に整列するが、送電線で撹乱も
2009/03 Discovery Power Lines Disorient a Cow's Compass
送電線は、牛のコンパスの方向感覚を失わせる
2009/03 EurekAlert Texas-sized tract of single-celled clones
テキサスの牧場で巨大な単細胞クローン発見!
 Dictyostelium discoideum (粘菌 キイロタマホコリカビ)
チンパンジーは、ジャングルを進むために幾何学を使用する
2009/03 New Scientist Chimps use geometry to navigate the jungle
 霊長類は彼らの行動圏について、幾何学的な心の地図を持っている。
 ポイントからポイントまでほとんどまっすぐな直線で移動するのだ。
どうしてオランウータンは、こんなにヒトに似ているの?
 口笛を吹きさえするわけで
2009/03 New Scientist Why are orang-utans so like us?
 ゴリラやチンパンジーでは歯のエナメル質は薄いのに、ヒトとオランウータンのは厚いんだ
 脳機能局在も、ヒトとオランウータンでは顕著だし、口蓋の穴や肩胛骨も、よく似ているんだ
2009/03 ABC@オーストラリア Aussie turtles 'ride the EAC' to Peru
オーストラリア生まれのアカウミガメは、海流に乗って南アメリカまでやってくる
2009/03 BBC News Why monkey mums bow to baby temper tantrums
アカゲザル・ママが不機嫌な赤ちゃんのご機嫌をとる理由
 いらいらする傍観者が近くに潜むならば、メスはだだをこねる赤ちゃんに根負けして餌をやる回数が多くなる
 Monkey mums bow to pestering
動物園のチンパンジーは計画的な投石攻撃を行っていた
2009/03 Discovery Zoo Chimp Plots Stone Throwing Attacks
2009/03 BBC News Zoo chimp 'planned' stone attacks
2009/03 京都大学霊長類研究所 チンパンジーは、画像にどのように着目するか
論文 Fumihito Kano, Masaki Tomonaga How chimpanzees look at pictures
2009/03 共同通信 野生ザル、母が子に歯磨き教育 京大霊長研がタイで確認
2009/03 読売新聞 野生の母ザル、子に歯磨き“しつけ”?…京大霊長類研調査
2009/03 朝日新聞 歯の掃除はこうするのよ 母ザルの教育、霊長類研が撮影
2009/03 【日本語サイト】京都大学霊長類研究所
 正高信男・香田啓貴・渡邊邦夫ほか 野生カニクイザルの母ザルは子どもが見ていると道具使用を大仰にしてみせる
2009/03 EurekAlert Caltech scientists discover mechanism for wind detection in fruit flies
ショウジョウバエにおける風探知メカニズム
 ハエのアンテナは、風の検出と音の検出で異なるニューロン群を使用する
2009/03 毎日新聞 ショウジョウバエ:人と聴覚似てる!? 「五感」のうち「四感」に共通点
上川内あづさ・東京薬科大助教とカリフォルニア工科大大学院生の稲垣秀彦
神経科学:上へ下へと飛び回る
2009/03 Nature Neuroscience: Up, down, flying around
doi:10.1038/458156a
神経:ショウジョウバエの重力感覚と聴覚の神経基盤
2009/03 Nature The neural basis of Drosophila gravity-sensing and hearing
Azusa Kamikouchi et al.
doi:10.1038/nature07810
神経:ショウジョウバエ脳での風と近接音との異なる感覚表現
2009/03 Nature Distinct sensory representations of wind and near-field sound in the Drosophila brain
Suzuko Yorozu et al.
doi:10.1038/nature07843
2009/03 【日本語記事】Nature 神経:異なる感覚を共通の器官で処理する方法
M Gopfertと伊藤啓(東京大学)たち/萬涼子たちのチーム
小さい脳領域のおかげで勇気まんまん
2009/03 PhysOrg Tiny brain region better part of valor
 マウスは特定領域の脳の小さい断片が中性化されると、ライバルに対する恐怖が消え失せる
 視床下部の背側乳頭核 dorsal premammillary nucleus
セイウチは、どこでも眠れるし、寝なくても大丈夫
2009/03 Discovery Walrus Can Sleep Anywhere or Barely At All
 なかなかこんな睡眠機能の動物はいない
 イルカのように脳の半球だけ眠ることもできるんです
2009/03 Discovery Walrus Can Sleep Anywhere or Barely at All
概日リズム:フクロウとヒバリと目覚まし時計
2009/03 Nature Circadian rhythms: Of owls, larks and alarm clocks
Could out-of-sync body clocks be contributing to human disease? Melissa Lee Phillips reports.
doi:10.1038/458142a
Beautiful Minds: The Parallel Lives of Great Apes and Dolphins
●美しい心:霊長類とイルカのパラレルな生命世界
 Maddalena Bearzi (著), Craig B. Stanford (著)
 Harvard Univ Pr (2008/4/15)

ほかの生物に見る社会的な心の世界
The social minds of other species.
2009/03 Evolutionary Psychology 【 PDF
A review of Maddalena Bearzi and Craig B. Stanford, Beautiful Minds: The Parallel Lives of Great Apes and Dolphins
by Sayigh, L.S.
鏡の映像を自分だと認識する能力は、テナガザルやフクロテナガザルあたりになると、もうないみたいだね
 ヒトの子は2歳前に鏡像の自己認識が自然にできるし、チンパンジー、ゴリラやオランウータンにもこの能力はあるんだが
2009/03 PhysOrg Holding a mirror up to a gibbon`s mind
2009/03 BBC News Chimps craft ultimate fishing rod
最高の「シロアリ釣り竿」を工夫してこしらえるチンパンジー
2009/03 Discovery Chimpanzees Invent Brush-Tipped Tool
2009/03 ABC@オーストラリア Clever chimps boost their termite catch
2009/03 PhysOrg Upping the ant-e: Clever chimps boost termite catch
神経:鳴禽の発声学習の初期にみられる睡眠と感覚運動の統合
2009/03 Nature Sleep and sensorimotor integration during early vocal learning in a songbird
doi:10.1038/nature07615

2月


2009/03 毎日新聞 <アブラムシ>産総研発見、植物の傷修復 体液放出し組織再生
産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 生物共生相互作用研究グループ 研究グループ長 深津武馬
 『自爆して自らの体液で巣を修復するモンゼンイスアブラムシ兵隊幼虫』
2009/02 BBC News Aphids' sticky suicide missions
アブラムシの特殊任務:粘着性のねばねば自爆自殺
2009/02 PhysOrg Desert ants smell their way home
砂漠アリは家路を嗅ぎ分けております
 砂漠アリは、彼らのナビゲーション・システムにローカルにおいと視覚のヒントを入力した ― 家へそれらを導くために。
脳的アリ
2009/02 PhysOrg Ants on the brain
アリやミツバチのような社会性昆虫の集団は、霊長類の脳で使用されるものと似たメカニズムを集合的に使用している決定をなしている可能性
2009/02 PhysOrg Bizarre bird behavior predicted by game theory
ゲーム理論によって予測される奇怪な鳥行動
 北ウェールズにおける寝所からの若いカラスは、通常でない戦略を採用している ― 食べ物を求めて『ギャング』で探しまわる
2009/02 Discovery BLOG: Orangutan Teaches Herself to Whistle
世界初:口笛を自発的に習得したオランウータン
2009/02 Discovery Wolves (and Dogs) Poo in Prominent Places
オオカミは、視覚の衝撃と臭気分布を最大にする場所を選んでウンチする
ヒヒのナマうんち
2009/02 EurekAlert Execretion analysis aids primate social studies
排泄物分析は、霊長類の社会研究を促進する
 例えば、親しいメス友達を失ったメスのヒヒの糞便からストレス・ホルモンのグルココルチコイドが高レベルで検出されれば、その動物は深く悲しんでいると推論しうる
2009/02 National Geographic Monkeys Can Subtract, Study Finds
サルは、引き算することができる
2009/02 【日本語記事】National Geographic サルも引き算ができる
2009/02 読売新聞 “女王様”と暮らすキモカワ珍獣「ハダカデバネズミ」

2009/02 PhysOrg Can monkeys choose optimally when faced with noisy stimuli and unequal rewards?
サルは最適に選択をすることができるか ― 雑音が多い条件下で不平等な報酬に直面するとき?
 注意散漫に直面しても、サルは最も大きい報酬の路を選ぶことができる
ゾウさんは、足からの振動が骨を通って中耳に届いているよ
 足の裏には振動に敏感な細胞も揃っているんだ
2009/02 EurekAlert When it comes to elephant love calls, the answer lies in a bone-shaking triangle
2009/02 EurekAlert Are people smarter than pigeons? AAAS Annual Meeting speakers report on animals with 'social smarts'
ヒトはハトより賢いか? 動物における社会性知能の世界を見よ
2009/02 PhysOrg Behavioral studies show baboons and pigeons are capable of higher-level cognition
行動に関する研究はヒヒやハトが高水準の認識力を持つことを示す
2009/02 EurekAlert Animals successfully relearn smell of kin after hibernation
動物は、冬眠の後、親族のにおいを再び効率よく学ぶ
野生の哺乳類の尿や糞便に含まれるホルモンを調べる新しいテクニックを使ってみました
2009/02 EurekAlert Findings raise new questions about evolution of hormones in mammals
発見は、哺乳類のホルモンの進化について新しい問いを育てる
 オスのクジラには家族の多さがけっこうストレス
2009/02 EurekAlert Genetic adaptations key to microbe's survival in challenging environment
難しい環境における微生物の生存への遺伝子適応カギ
 海面下2,500メートルで生きているバクテリアのゲノムは、{生命が極端な熱と化学的勾配で、順応する} 方法の手がかりを提供している
クリスマス島の厳寒と旱魃 過酷な環境を生き延びる線虫
2009/02 EurekAlert How an Antarctic worm makes antifreeze and what that has to do with climate change
{南極の線虫が不凍液を作る} 方法と{それが気候変化によって行わなければならない} もの
2009/02 Discovery Hot Dog! Tiny Breeds Have Warmer Bodies
ホットドッグ!小型犬は体温高め 大型犬は低体温
2009/02 EurekAlert Mama whales teach babies where to eat
ママ・クジラは、赤ちゃんに教える ― どこで食べるべきか
2009/02 【日本語記事】National Geographic  群れの新理論――弱者が強者を率いる
 群れを率いるリーダーとなるには、集団から離脱してわが道をいくか、そのように追い込まれる状態でさえあればよい
2009/02 National Geographic New Swarm Theory: The Weak Can Lead the Strong
新しい群れ理論:弱いものは、強いものを率いることができる
2009/02 【日本語記事】National Geographic 鳴き鳥の渡りルート、全行程が明らかに
2009/02 BBC News Tracking reveals songbirds' route
追跡は、鳴鳥のルートを明かす
2009/02 【日本語記事】Science 赤道を超えて鳴き鳥を追跡する
Tracking Songbirds Across Hemispheres
小さなバックパック型ジオロケーター(geo-locator)を背負わせて
2009/02 【日本語記事】National Geographic 渡り鳥はどこへ向かっていくのか?
2009/02 PhysOrg Songbirds fly 3 times faster than expected (Video)
想定より3倍高速で飛んでいるし
2009/02 【日本語記事】ワイアードビジョン バクテリアの「知性」を研究する:情報伝達の仕組みを解明
2009/02 【日本語ブログ】サイエンスものおきば イモムシは女王アリの声色を模倣する
顔面血縁識別
2009/02 New Scientist Who's the daddy? Ape faces reveal family ties
パパは、誰?類人猿の顔は、家族関係を明かす
 チンパンジーのような乱交の種の中で、オスはどれが自分の子だとみなすのか
 画像だけでの判断では、飼育下のチンパンジーは「母と息子の血縁」を識別することが確認されている ― 「母と娘の関係」は識別できていない
 ヒトは、類人猿の血縁関係を顔面だけで識別できるか
 チンパンジー、マンドリル、ゴリラにおいては正答率は有意に高め、でもヒヒでは識別成績は良くなかった
大学生でもサルなみです
2009/02 EurekAlert Pre-verbal number sense common to monkeys, babies, college kids
サルも、赤ちゃんも、大学生も、言語能力習得前の数感覚は共通ですよ
 霊長類の野生生活では、その採餌エリアにどれくらいまで居続けるべきか ― いつ動くべきか決定を作る必要性があるため
2009/02 PhysOrg Researchers unravel ways capuchin monkeys select effective tools
研究者は、ノドジロオマキザル・サルが効果的なツールを選ぶ方法を解明する
 野生のノドジロオマキザルは、硬いパーム木の実を砕くために最も効果的な石を選んでおります
母さんは経験豊富なほうがいい
2009/02 PhysOrg Older killer whales make the best mothers
高齢のシャチは、最善の母を作る
 子供の生存率が1割は高くなるのです
腕力より頭を使え
2009/02 EurekAlert Small male chimps use politics, rather than aggression, to lead the pack, U of Minnesota study says
小柄なオスのチンパンジーは、群の操作に(攻撃性よりむしろ)政治を使用する
おサルもヒトも目でわかる
2009/02 BBC News Humans share lemur gaze tendency
人間は、キツネザルと凝視習慣を共有する
 人々が持つ他者の視線の後を追うヒト傾向を研究している科学者は、キツネザルの行動へのリンクを発見した
 Humans share lemur gaze habit
2009/02 共同通信 タコにも“腕”と“脚” 欧州の水族館が共同研究

2009/02 【日本語記事】National Geographic 危機を迎えると再分化する不死のクラゲ
2009/02 【日本語記事】Science イモムシは素性を偽り、アリからVIP待遇を受ける
Imposter Caterpillars Get VIP Treatment From Ants
 女王アリの出す音を模倣して働きアリをだまし、女王のような待遇を受けているMaculinea rebeli(チョウの1種)の幼虫
2009/02 Discovery Young Butterflies Trick Ants Into Raising Them
2009/02 朝日新聞 アリに「私は女王」 チョウの幼虫、音マネで手厚い待遇

2009/02 読売新聞 シーラカンス解剖「臓器の位置、陸上動物に似る」
福島県いわき市小名浜の海洋科学館「アクアマリンふくしま」

1月


2009/01 朝日新聞 チンパンジーは石器をつくるか? 京大などギニアで実験
京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)と英国・ケンブリッジ大の研究者ら
2009/01 New Scientist Male bonding is rife in chimp society too
男の友情にあふれたチンパンジー社会
2009/01 EurekAlert The numerate honey bee
理数系のミツバチ 目で数の違いを把握できるのです
2009/01 Discovery Shy Fish Inspire Boldness in Mates
内気な魚は、配偶者で大胆さを示唆する
 トゲウオは、一人でのときよりペアで採餌行動をするほうが、リスクをいとわず大胆になる
2009/01 BBC News Little dung beetle is big chopper
フンコロガシ暮らしから、肉食生活に転身を遂げた甲虫の物語
2009/01 【日本語記事】National Geographic レシピに従ってイカをさばくイルカ
2009/01 National Geographic Dolphin "Chef" Follows Cuttlefish Recipe
2009/01 【日本語記事】National Geographic 南米の霊長類にも方言が存在
 ピグミーマーモセット
2009/01 National Geographic Primate Dialects Recorded in South America--A First
南アメリカ初の霊長類方言記録
2009/01 news@nature.com Feather colour indicates survival strategy in birds
Colourful plumage linked to immune response in tawny owls.
羽色は、鳥で生存戦略を指し示す
黄褐色のフクロウで免疫反応に関係があるカラフルな羽毛。
2009/01 朝日新聞 世界最高齢111歳のトカゲ、父親に ニュージーランド
2009/01 cnn.co.jp 110歳のムカシトカゲ、無事に父親に 11個の卵が孵化
2009/01 Discovery Reptile Becomes Dad at Age 111
爬虫類は、111歳の父親になる
2009/01 National Geographic Tuatara Triumph: "Grumpy" Reptile Is New Dad at 111
2009/01 【日本語記事】Science セロトニンの作用でバッタが群れを形成する
Serotonin : Bringing Locusts Together
 孤独相から群生相へのサバクトビバッタ相変異とセロトニンとの関係
2009/01 【日本語記事】National Geographic バッタの大群化はセロトニンが引き金
2009/01 BBC News Locust swarms 'high' on serotonin
 Locusts 'high' on serotonin turn from sedentary insects to devastating swarms
2009/01 National Geographic LOCUST SWARM PHOTOS: Plagues Triggered by Serotonin?
2009/01 National Geographic Locust Swarms Switched On by Brain Chemical
脳化学物質によって切り替えをされるイナゴ群れ
2009/01 ABC@オーストラリア Serotonin turns locusts into party animals
セロトニンは、イナゴをパーティ好きに変える
2009/01 朝日新聞 食害起こすバッタの大変身、関連物質判明 米科学誌
2009/01 EurekAlert New insight into how bees see
{ミツバチが見る} 方法に対する新しい洞察
 ミツバチは、視点から異なる角度からであってもヒト顔を認識することを学習できる
2009/01 EurekAlert Here's venom in your eye: Spitting cobras hit their mark
ドクハキコブラは確実に相手の目を狙う
粘菌は2歩進んで一歩下がる
2009/01 news@nature.com Reversing helps bacterial swarms to spread
Social microbes march forwards by taking a few steps back.
2009/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 「知性のある動物」8選、動画と画像で紹介
2009/01 【日本語記事】National Geographic 盲目の“火星から来た”アリ
2009/01 PhysOrg Why the swamp sparrow is hitting the high notes
ヌマウタスズメの声がかん高くなる理由
 深い藪ではトーンが高くなるもんです
 逆境にあるときには出しにくい声にチャレンジする
2009/01 【日本語記事】National Geographic 新種のアリは“火星からの来訪者”
2009/01 EurekAlert Hind wings help butterflies make swift turns to evade predators, study finds
後ろの翼は、蝶がすばやくターンして捕食動物を回避するのを助ける
2009/01 EurekAlert Male crickets with bigger heads are better fighters, study reveals, echoing ancient Chinese text
大きい頭のオス・コオロギはよいファイター
(古代中国の文献にもそんな話があるね:コオロギを戦わせる賭博があったんだよ)
2009/01 PhysOrg Male crickets with bigger heads are better fighters, study reveals
女王がいる巣の働きアリは、繁殖しようとすると仲間から身体的に攻撃される
2009/01 National Geographic Ants Smell Cheaters and Assault Them, Study Finds
2009/01 BBC News Ants 'get aggressive with cheats'
2009/01 【日本語記事】National Geographic アリは違反者をかぎ分け攻撃する
2009/01 BBC News 'Spookfish' uses mirrors as well as lenses to spot its prey
『Spookfish』は、レンズだけでなく鏡を使用する ― 獲物を見つけるために
 A deep-sea fish caught in the Pacific has mirrors for eyes
太平洋で捕えられる深海魚は、眼に鏡を持つ
2009/01 EurekAlert Spookfish uses mirrors for eyes
Spookfishは、眼における鏡を使用する
2009/01 Discovery Deep Sea Fish Uses Mirrors to See
深海魚は、見る鏡を使用する
2009/01 news@nature.com 'Mini-hibernation' essential for winter survival
A daily dose of torpor helps desert-dwelling marsupials make it through chilly nights.
冬のサバイバルに必要不可欠な『ミニ冬眠』
 毎日の麻痺状態は、砂漠に棲む有袋類が寒い夜を越すのを助ける
2009/01 news@nature.com Grooming your way to the top
Nice chimps can be leader of the pack.
グルーミングでトップを目指せ!
 素晴らしいチンパンジーは、集りのリーダーであることができる。
ヒトには不可視の色彩を堪能するミツバチたち
2009/01 PhysOrg Iridescence invisible to human eye enables bees to view flowers in different colours
脳:鳴禽でみられる発声練習中の聴覚フィードバックの神経処理
2009/01 Nature Neural processing of auditory feedback during vocal practice in a songbird
2009/01 【日本語記事】Nature 脳:正しい音で歌う
キンカチョウの前脳聴覚野に、自身のさえずり、または、さえずり再生音の乱れに特異的に応答するニューロンを発見
鳴禽類はヒトと同じように、発声の誤りを検知できる脳内機構を備えている


 以上、 →2009年1~6月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー