動物行動学 動物の心:
2008年7~12月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


12月


The Superorganism: The Beauty, Elegance, and Strangeness of Insect Societies
●超個体:美しさ、優雅さと昆虫社会の珍しさ
  Bert Holldobler (著), E. o. Wilson (著)
 W W Norton & Co Inc (2008/11/9)


【podcast 音声】科学なポッドキャスト「エドワード・O.ウィルソン、昆虫の社会を語る」
【英語】Edward O. Wilson Reflects On Insect Societies
 新刊について語る、著名な生物学者エドワードO.ウィルソンと共著者バートHolldobler(アリゾナ州大学の生物学者)
2008/12 サイエンス・フライデイ Science Friday
2008/12 PhysOrg Increased daily travel in animals leads to more offspring
長旅ものは子だくさん
 161種の哺乳類研究に基づくと、平均して、毎日食べ物を見つけるために最も長い距離を旅する動物は、最も多くの子を持つのです。
2008/12 EurekAlert Honey bees on cocaine dance more, changing ideas about the insect brain
コカインで大げさになるミツバチ・ダンス
2008/12 EurekAlert Honeybees succumb to cocaine's allure
ミツバチは、コカインに圧倒的に魅惑される
 コカインは、コカ茂みを保護する強力な昆虫神経毒である
 食害するイモムシには報酬を与えることなく、ハチをハイにさせておびき寄せる
2008/12 BBC News Orangutans learn to trade favours
オランウータンは、取引の極意を学習する
 ヒト以外の霊長類における「計算された相互関係」、お初の証拠
2008/12 時事通信 シロアリだます菌類=卵に似た塊からフェロモン-駆除剤に応用へ・岡山大
2008/12 【日本語記事】National Geographic サケやカメの帰郷行動を解明する新科学
空飛ぶトナカイは、メスかもしれない
 {サンタが毎年のクリスマス世界旅行で道に迷わない} 理由
 メスは冬場に道に迷わないんだ
2008/12 PhysOrg Wildlife experts ponder gender of Santa's reindeer
野生生物専門家は、サンタのトナカイの性別を熟考する
2008/12 PhysOrg Why locusts abandon a solitary life for the swarm
{イナゴが孤独な生涯を放棄して群れる} 理由
 小さな集団が散在するより、ばかでかい集団が一個いる方が、被補食率を減らせる
お前の歌はこの地区にふさわしいのか
2008/12 EurekAlert Say it in song: Cornell researcher deciphers the meaning within bird communication
歌でそれを言いなさい:鳥コミュニケーションの意味を解読する
 社交ツール、自己保身ツールとしての鳥の歌
2008/12 BBC News Why horses' whinnies hold the clue to their identities
{馬のいななきが彼らのアイデンティティの手がかりを保持する} 理由
2008/12 PhysOrg New research shows how horses recognise their neighbours
あたらしい研究は、{馬が彼らの隣人を認める} 方法を示す
2008/12 【日本語記事】ヤシガニの産卵場所が陸上であることを世界で初めて確認。動画撮影に成功
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139163-storytopic-5.html (琉球新報)
2008/12 読売新聞 ヤシガニの産卵は陸上、60年論争に幕…水産総研が撮影

2008/12 渡りをするアサギマダラが日本から1600キロ離れた中国本土で確認される
(47NEWS、共同)
2008/12 New Scientist Frogspawn learns the smell of death
蛙の卵は、死のにおいを学習する
 カエルは孵化する前に危険な香りを学習できる。
 それはオタマジャクシに有利なスタートを与える可能性がある ― 捕食動物を回避することで。
2008/12 EurekAlert Whispering bats are 100 times louder than previously thought
ささやくコウモリは、実は100倍うるさがた
2008/12 EurekAlert Orangutan's spontaneous whistling opens new chapter in study of evolution of speech
オランウータンの自然発生的な口笛吹きは、言語の進化の研究であたらしい章を開く
2008/12 【日本語記事】National Geographic  オランウータンの口笛、言語の起源か?
2008/12 National Geographic Whistling Orangutan May Hint at Language Evolution
口笛を吹いているオランウータンは、言語進化でヒントを与える可能性がある
2008/12 【日本語記事】National Geographic オランウータンの口笛、言語の起源か?
2008/12 ABC@オーストラリア Dolphin spongers are workaholic loners
イルカの海綿採取者は、仕事中毒の一匹狼である
 エサ探しに海綿をうまく使えるメスのイルカは社会性が少なめでも、普通な繁殖成功度でやっていけてます
2008/12 Discovery Loner Dolphins Produce as Many Offspring
一匹狼イルカは、さらに同じだけ子を産み出す
2008/12 Discovery Number of Eggs in a Nest Depends on Climate
巣の卵の数は、気候しだい
2008/12 朝日新聞 羽ぼろぼろ 下呂から奄美へ、苦難の1100キロ
アサギマダラ
2008/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 犬にも「公平の感覚」がある:「倫理的感覚」の起源は
2008/12 cnn.co.jp 犬も「公平」重んじる ただしご褒美もらえればOK
2008/12 BBC News Test reveals dogs' jealous side
テストは、犬の嫉妬深い側を明かす
2008/12 National Geographic Dogs Can Feel Envy, Study Suggests
犬は、嫉妬を感じることができる
2008/12 ABC@オーストラリア Envy is a dog's life, study finds
2008/12 New Scientist Jealous dogs don't play ball
2008/12 PhysOrg Studies show dogs have sense of fairness
犬は公正さの感覚を持つ
2008/12 【日本語記事】National Geographic イヌのジェラシーを検証
2008/12 EurekAlert Dogs chase efficiently, but cats skulk counterintuitively
犬は効率的に追跡する、ネコは、counterintuitivelyにこそこそする
 ネコは、非常に能率が悪い歩きぶりに進化したようである ― ネズミや鳥にスローモーションで忍び寄るために。
2008/12 National Geographic New Field Could Explain How Salmon, Turtles, Find Home
ウミガメとサケは、家への旅程に導くために、地球の磁場を使用する可能性がある
2008/12 PhysOrg No place like home: New theory for how salmon, sea turtles find their birthplace
行動生態学:野生酵母の社会的性質
2008/12 Nature Behavioural ecology: The social side of wild yeast
doi:10.1038/456589a

11月


2008/11 New Scientist Dolphin power measured for the first time
イルカの筋力を高速ビデオ撮影によって初めて測定
何回潜って、何回口を開けて、どのくらいの時間息継ぎをして・・・
2008/11 EurekAlert UBC researcher reveals humpback whales' dining habits -- and costs
ザトウクジラの食事習慣とコストの調査
キイロタマホコリカビ Dictyostelium discoideum
2008/11 EurekAlert Making the ultimate family sacrifice
粘菌の究極的なファミリー生贄を作ること
 アメーバが行う自己犠牲の前に、親族の近くにとどまらせる遺伝子を探せ
 100以上の突然変異は、茎状部での殉職回避を許す
2008/11 PhysOrg Ameobas: Keeping it in the family
2008/11 EurekAlert Panamanian termite goes ballistic: Fastest mandible strike in the world
パナマのシロアリ:世界で最もすばやいあご
2008/11 National Geographic Hurricanes Blow Away Bats, Spread Genes to New Islands
ハリケーンは、コウモリを吹き飛ばす(新しい島への遺伝子広がり)
2008/11 EurekAlert 'Gray's Paradox' solved: Researchers discover secret of speedy dolphins
解決される『グレイのパラドックス』:すばやいイルカの泳ぎの秘密
2008/11 BBC News Mystery of dolphins' speed solved
解決されるイルカの速度のミステリー
 チームは、イルカのまわりで泡を追った。
2008/11 PhysOrg Fabulous flippers: Dolphins have quite the kick
素晴らしい足ひれ:イルカのずぬけたキック
2008/11 BBC News Robo-reptile reveals that press-ups are key to lizard language
ロボット爬虫類は、明かす ― 腕立て伏せはトカゲの重要なボディランゲージ
2008/11 National Geographic Lizards Do "Push-ups" to Get Their Neighbors' Attention
トカゲの腕立て伏せは隣人の気をひきつける
2008/11 Discovery Male Lizards Do Push-Ups to Get Attention
2008/11 【日本語記事】National Geographic 腕立て伏せで仲間の注意を引くトカゲ

2008/11 Evolutionary Psychology 【PDF
 Working memory:
ワーキング・メモリ:
A cognitive limit to non-human primate recursive thinking prior to hominid evolution
ホミニッド進化より前の人間でない霊長類再帰的な思考に対する認知制限
by Read, D.W.
2008/11 毎日新聞 粘菌:単細胞生物なのに迷路が得意 同質集まり「賢さ」実現
光合成だけで生きていられるウミウシ Elysia chlorotica
2008/11 PhysOrg Scientist Unlocking the Secrets of Sea Slug that Lives Like a Plant
植物っぽく暮らす動物の秘密
 食った藻類から葉緑素を取り込むのみならず、葉緑体を生成する遺伝子自体を消化器経由で取り込んでいる可能性
分業にダウト
2008/11 PhysOrg Can an ant be employee of the month?
アリは、月やといの従業員であることができるか?
 専門バカのアリは、いろいろな役割をするアリより効率性が劣る
 発見は、アリの世界に広がる集団成功が仕事専門化から生じるというアイデアに疑いを投げる。
2008/11 EurekAlert How do bacteria swim? Brown physicists explain
どのように、バクテリアは泳ぐか?
 バクテリア(Caulobacter crescentus)遊泳パターンの最も詳細な研究
2008/11 EurekAlert Angular observation of joints of geckos moving on horizontal and vertical surfaces
水平面と垂直面、ヤモリの脚関節の角度の違いを見てみよう
2008/11 EurekAlert Farming and chemical warfare: A day in the life of an ant?
アリ世界の農業と化学戦争
 ハキリ蟻は、畑の病害虫よけに効くシステムを開発した
2008/11 BBC News First otter reaches Farne Islands
最初のカワウソは、ファーン諸島に達する
 カワウソは、「危険な」3マイルの海横断を経てファーン諸島に初めてサバイバルした
 Otter survives 'perilous' sea crossing to Farne Islands
2008/11 National Geographic Killer Whales Target Favorite Fish With Sonar?
シャチは、彼らの天然のソナーを使用して、遠隔地から彼らの大好きな魚を見つける
ジンベイザメの生態
2008/11 BBC News Shark-cam captures ocean motion
サメ-カムは、海洋動作を捕獲する
2008/11 朝日新聞 チンパンジーに強敵…マンドリルの子1、2数える 京都
2008/11 PhysOrg A single gene leads yeast cells to cooperate against threats
脅威に対して協力するように酵母菌を導く単一の遺伝子
 「チーター/詐欺師」を検出するマーカーFLO1
2008/11 New Scientist 'Multilingual' birds learn foreign alarm calls
『多言語使用の』鳥は、異種の警報呼び出しを学習する
2008/11 Discovery Wild Birds Learn Foreign 'Languages'
野生の鳥は、外来の『言語』を学習する
2008/11 BBC News Songbirds 'sing from hymn sheet'
鳥の脳内録音エリアをキンカチョウ脳で特定した。
 別の領域は、歌の間違い訂正を担当している
2008/11 【日本語記事】朝日新聞 アカウミガメは高齢産卵、平均42歳 東大など調査
http://www.asahi.com/science/update/1110/TKY200811100119.html
2008/11 news@nature.com Chilling device slows birdsong
冷却装置は、鳥の歌をスピードを落とす
脳のあちこちを冷やしてみたら、鳥が歌のタイミングを保つ方法が見えてきた
Cooling different brain regions reveals how birds keep time during song.
2008/11 【日本語記事】Nature 神経:頭を冷やして歌を遅くする
 キンカチョウの前運動野 HVCの活動を、冷却によって遅くすると、さえずりの全体の速度は下がったが、さえずり内の要素の音響構造には変化がなかった。
神経科学:クールな歌
2008/11 Nature Neuroscience: Cool songs
doi:10.1038/456187a
神経:鳴禽運動経路の時間的動態を温度を使って解析する
2008/11 Nature Using temperature to analyse temporal dynamics in the songbird motor pathway
doi:10.1038/nature07448
2008/11 New Scientist Can animals escape the present?
動物は、未来や過去を生きることができるか?
 一部の種は、過去や未来計画を覚えていることができる ― しかしその証明は、はんぱなく難しい
2008/11 New Scientist Ants have a simple solution to traffic congestion
アリは、交通渋滞にシンプルな解決案を持つ
 巣への帰り道が混雑しているとき、アリは反対方向から来る新参者を道からはずれる方向に押しのける。
 でも渋滞のない快適な帰り道のときは、対面交通を邪魔しない
ウミヘビは海水を飲んでいるわけではございません
2008/11 EurekAlert Zoologists: Sea snakes seek out freshwater to slake thirst
 ウミヘビは、渇きをいやすために淡水域を捜す
2008/11 EurekAlert Red-eyed treefrog embryos actively avoid asphyxiation inside their eggs
赤目アマガエルの胎児は、卵の中で積極的に仮死状態を避ける
 初期ステージのカエル胎児は卵の中で積極的に酸素レベルに反応する
 環境へのこれらの最初の反応は、カエルの長期のサバイバルに重要である可能性がある。
2008/11 Discovery Killer Whales Are Discriminating Diners
シャチの大好きな食事は、キングサーモン
 チヌークサケ(Chinook salmon)は、シャチが好む高濃縮脂肪を持つ
2008/11 National Geographic Rock-Eating Bacteria "Mine" Valuable Metals
バクテリアは、くず鉱石から価値ある金属の小さい量を浸出させることができる

10月


「ハチまでは無理です」
 ミツバチは、 最高4つまでかぞえる能力がある
2008/10 PhysOrg Insect world royalty shows they really count... up to four
2008/10 【日本語記事】National Geographic ゼブラフィッシュの幼魚、リズムを記憶
2008/10 EurekAlert Bee smart, bee healthy
賢いミツバチは健康なミツバチ
 すばやい学習者であるマルハナバチ集団は、より上手に伝染病を排除することができる
2008/10 EurekAlert 1,000 tags reveal mysteries of giant bluefin tuna
1,000の追跡タグは、ジャイアント・クロマグロのミステリーを明かす
2008/10 National Geographic Inland Ants Crave Salt, and Hurricanes May Help
塩を切望する内陸のアリは、ハリケーンが助ける可能性
2008/10 PhysOrg Inland ants prefer salty snacks to sweet
内陸のアリは、甘い物より塩気のあるスナックを好む
2008/10 【日本語記事】National Geographic 砂糖よりも塩を求める内陸のアリ
2008/10 Discovery Blood-Sucking Vampire Bats Sing Duets
吸血コウモリは、大人になってもデュエットを歌う
男を変えるその香り
 マッチョな男が優しい父さんに変化するわけ
 マーモセット研究:赤ちゃんの香りがテストステロンのレベルを減少させ続ける
2008/10 ScienCentral Baby Scent and Dads
2008/10 朝日新聞 イノシシ、海を渡る 小豆島沖を「猛進」
2008/10 朝日新聞 イノシシが海泳いでる!!(香川)
2008/10 news@nature.com Shell study sheds light on biomineralization
貝殻研究は、バイオミネラリゼーションに光を注ぐ
The presence of certain molecules influences calcite growth.
特定の分子の存在は、方解石の成長に影響する。
2008/10 Scientific American Why Dogs Don't Enjoy Music
犬が音楽を楽しまない理由
Human neurons are extraordinarily sensitive to changes in pitch
 ヒト・ニューロンは、音の高さの変化にやたら敏感なのである
2008/10 PhysOrg Caste in the colony: How fate is determined between workers and queens
集団におけるカースト:働きアリと女王の間で運命はどのように決定されるか
 フロリダの収穫アリ Florida harvester ant
2008/10 PhysOrg Research suggests gorillas smarter than previously thought
意外に賢いゴリラ
2008/10 EurekAlert Bumblebees learn the sweet smell of foraging success
マルハナバチは、成功探究の甘いにおいを学習する
2008/10 ABC@オーストラリア Electric eels inspire bio-battery idea
デンキウナギの研究から「バイオ・バッテリー/生物電池」の可能性
2008/10 Discovery Electric Eel Cells Inspire Energy Source
デンキウナギ細胞は、エネルギー源を吹き込む
2008/10 National Geographic How Snails Walk on Water Is a Small Miracle
小さな奇跡:水の上をフツーにうりうり歩くカタツムリたち
 平面を保持しようとする水面の性質を利用している
早生まれさんはお歌が上手
2008/10 news@nature.com Early bird gets the better song
 Mothers transfer the gift of music to the first eggs of their brood.
ジュウシマツの母は一腹のうち、最初の卵に音楽の才能を託す
 理研・相馬 雅代 Masayo SOMA
2008/10 PhysOrg  Gorilla study gives clues to human language development
ゴリラ研究は、ヒト言語の手がかりに発展を与える
2008/10 EurekAlert Migratory moths may hitch their rides, but they're anything but drifters
渡りをする蛾は風にヒッチハイクをしているけれど、あくまでそれは漂泊の範囲内
2008/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 「世界最長の昆虫」記録更新、英国自然史博物館が公開
2008/10 Discovery Stick Bug Takes Title as World's Longest Insect
世界最長昆虫ナナフシ
2008/10 PhysOrg  Scientists say stick bug is world's longest insect
科学者は、言う ― ナナフシが世界の最も長い昆虫であると
2008/10 National Geographic Caterpillars Build Silk "Alarm Systems"
シルクの「警戒システム」を構築するイモムシ ハマキモドキガの一種
他の霊長類を殺して食うボノボ
2008/10 National Geographic "Loving" Bonobos Seen Killing, Eating Other Primates
平和の申し子ボノボは、他の種族を殺して食べています
2008/10 EurekAlert Despite 'peacenik' reputation, bonobos hunt and eat other primates too
『反戦運動家』名声にもかかわらず、ボノボは他の霊長類を狩って食べる
2008/10 【日本語記事】National Geographic “愛のサル”ボノボ、他のサルを食べる

2008/10 ABC@オーストラリア Fiddler crab chimneys keep intruders out
シオマネキ煙突は、侵入者を外へ保つ
2008/10 ScienCentral “Hippie” Apes Leave the Commune, Go Hunting
「ヒッピー」類人猿はコミューンを離れ、狩りに出る
2008/10 ABC@オーストラリア 'Hippie' apes make love and war
『ヒッピー』類人猿は、愛と戦争を作る
2008/10 【日本語記事】JanJan 往復2代がかりの「渡り蝶」アサギマダラの不思議
類人猿を救う署名を世界じゅうから100万集めよう!キャンペーン
 リンク Manifesto for Apes and nature
 uhee 今、まだ2万件も集まってません。
 リンク 日本語の説明ページ

紹介元:リンク 【保護】大型類人猿の保護を求める署名活動 ~オランウータンの研究者さん
2008/10 New Scientist Maths helps bees read the waggle dance
数学から見るミツバチダンスの読み取り方
 ミツバチは、ダンスの「平均角度」を把握して飛んでいく
2008/10 EurekAlert Bee swarms follow high-speed 'streaker' bees to find a new nest
ミツバチの群れは、新しい巣を見つける際に、高速『ストリーカー』ミツバチを追って移動する
2008/10 EurekAlert Models of eel cells suggest electrifying possibilities
電気ウナギ細胞のモデルに、電流を流すことを示唆する可能性
2008/10 EurekAlert Beetles get by with a little help from their friends
甲虫と共生菌の隠微な関係
 → 『 樹の中の虫の不思議な進化 』
2008/10 EurekAlert What is wild? Odor attraction among different wildtype Drosophila
「wildtype」ショウジョウバエの中における臭気魅力の違い
パブロフの蛾も可能です
2008/10 EurekAlert Moths with a nose for learning
 鼻で学習する蛾
おせっかいの進化
2008/10 news@nature.com Underwater cleaners keep the peace
Piscine predators distracted from hunting during their trip to the spa.
平和を保つ水中掃除屋さん ホンソメワケベラ cleaner wrasse
 交戦中の第三者を仲裁しようとする動物は、人間と一部の霊長類だけではございません
2008/10 【日本語記事】National Geographic 重金属を食べる“スーパーミミズ”発見
2008/10 【日本語記事】ワイアードビジョン 消えゆく野生の「音風景」 世界で集めた貴重な環境音を聴く
サウンドスケープ(音風景)







9月


2008/09 National Geographic Butts, Faces Help Chimps Identify Friends
尻(顔ヘルプChimps Identify Friends)
2008/09 Discovery Elephants 'Phone' Friends With Rumbles
とどろきによってゾウ『電話』仲間
たいへん社交的な社会性昆虫、ここに極まれり
 雌のアシナガバチは、出会った個体を一週間記憶している
2008/09 Discovery The Secret Life of a (Very) Social Wasp
2008/09 New Scientist Rats can sniff out the new cat on the block
ネズミは、ネコを体臭で個体識別している
2008/09 【日本語記事】National Geographic チンパンジーはお尻でよく語る
後ろ姿で仲間を識別できるチンパンジー
2008/09 New Scientist Chimps can recognise friends by their behinds
チンパンジーは、彼らのbehindsによって仲間を認識することができる
2008/09 毎日新聞 ニホンウナギ:ふるさと特定 親魚、初めて捕獲 マリアナ諸島
2008/09 時事通信 ウナギ成魚、海洋で初捕獲=マリアナ諸島西方、産卵前後か-水産庁

2008/09 共同通信 産卵か、太平洋で親ウナギ捕獲 マリアナ諸島西の海域
2008/09 ヨミイ産卵期の天然ウナギ、マリアナ諸島沖で捕獲に成功…世界初
2008/09 朝日新聞 親「ニホンウナギ」、産卵海域で初捕獲 太平洋の深海
青山潤
2008/09 【日本語記事】EIC ニホンウナギの産卵生態調査結果公表
2008/09 【日本語記事】水産庁 水産庁漁業調査船開洋丸によるニホンウナギの産卵生態調査の結果について
2008/09 Discovery Full Moon Energizes Birds
満月は、オオミズナギドリにエネルギーを与える
 鳥の活動レベルは、月光によって劇的に増大する
2008/09 EurekAlert Bats pick up rustling sounds against highway background noise
高速道路の騒音の中から、かすかな獲物の音を拾っているコウモリ
2008/09 EurekAlert Neighbors from hell: Infanticide rife in guillemot colony
地獄からの隣人:ウミスズメ科の海鳥集団で広まっている幼児殺害者
 食糧が足りないらしい
2008/09 BBC News Seabird chicks 'killed over food'
『食べ物のために殺される』海鳥ひな
新しく発見されたバクテリアの錬金術師は、何億ものプラスチックを埋め立て地から救ってくれるかも
2008/09 New Scientist Plastic-munching bugs turn waste bottles into cash
プラスチックをムシャムシャ食うシュードモナスは、廃棄物のボトルを現金に変える
ハゲタカは、脂っこい骨がお好み
2008/09 EurekAlert Scavenger birds chew the fat
「足音でわかるんだけど、あの子は今あそこにいるのよね」
 GPSなみに低周波音を活用しているゾウさんたち
2008/09 New Scientist Elephant 'GPS' keeps families together
2008/09 EurekAlert Unique animal species can survive in space
2008/09 【日本語記事】ワイアードビジョン 「地球最強の生物」クマムシ、宇宙でも生存可能

2008/09 New Scientist 'Water bears' are first animal to survive space vacuum
2008/09 Discovery Tiny Critters Survive Space (With No Spacesuit)
2008/09 New Scientist 'Water bears' are first animal to survive space vacuum
『緩歩類の節足動物』は、真空宇宙をサバイバルする最初の動物
2008/09 BBC News Hugging benefits fractious chimps
気難しいチンパンジーにはハグを
2008/09 BBC News A consoling hug or stroke quietens fractious chimps
慰め抱擁あるいは愛撫は、気難しいチンパンジーを静かにさせる
2008/09 BBC News Bumblebees outwit robot spiders
マルハナバチは、ロボット・クモの裏をかく
やじ合戦する鳥 Green woodhoopoes
2008/09 ABC@オーストラリア Birds 'behave like football fans'
フットボール・ファンみたいなふるまいを繰り広げる鳥
2008/09 【日本語記事】National Geographic オオカミの好みはシカよりサケ?
2008/09 EurekAlert Wolves would rather eat salmon
オオカミは、むしろサケを食べる
2008/09 BBC News Wolves prefer fishing to hunting
オオカミは、猟より漁を好む
2008/09 National Geographic Wolves Prefer Salmon to Deer?
オオカミは、鹿よりサケを好む?
2008/09 【日本語記事】National Geographic D.フォッシーのゴリラ、詳細調査
2008/09 New Scientist Bumblebees left paranoid by disguised spiders
マルハナバチは、擬態クモとの遭遇経験で行動が慎重になる
2008/09 BBC News Bumblebees outwit robotic spiders
マルハナバチは、ロボットのクモの裏をかく
一夫多妻制における社会的ボンドのコストを考えよ
 群を作れなければサバイバル率が落ちるのだ
2008/09 ABC@オーストラリア Monogamous offspring stick closer together
一夫一婦制の子はよくつるみます
 完全な兄弟のペアは、腹違いの兄弟よりよくいっしょに過ごす:グッピー
2008/09 【日本語記事】National Geographic 盲目の“火星から来た”アリ
進化:複数の捕食者群が存在する場合の多モード警告信号
2008/09 Nature Multimodal warning signals for a multiple predator world
doi:10.1038/nature07087

8月


2008/08 BBC News Fly's brain 'senses swat threat'
ハエの脳は、『強打脅威を検知する』
 ハエは、急速反応モードに入れる:身づくろいでも、摂食あるいは単に歩行でも
2008/09 朝日新聞 ハエたたき、0.2秒の勝負 逃げられる仕組み解明
ハエの神経系に、危険が迫る方向と、脚や体の適切な動きを即座に結びつける「対応表」のような仕組みがある
2008/08 EurekAlert Great Ape Trust graduate student's paper sheds light on bonobo language
ボノボの言語
 ヒト言語を分析するために使用される言語のツール を、科学者・ボノボ間の対話に適用してみました
2008/08 EurekAlert Yerkes researchers find monkeys enjoy giving to others
贈与を楽しむサル
 感情移入は、 {霊長類種を超越する} この快楽を駆りたてると考えられる
イルカ、カエル、ツバメ、アメリカコガラ、キリギリス
2008/08 EurekAlert Animals adapt their vocal signals to social situations
社会的状況に合わせて発声を調節する動物行動特集
尾で水上を走るワザを他のメンバーに教えるオーストラリアの野生イルカ
 飼育下でしか観察されなかった行動
2008/08 BBC News Wild dolphins tail-walk on water
2008/08 毎日新聞 イルカ:鳴き声と物結びつけ「言葉」 東海大が成功
自らの鳴き声と物を結びつけ、人のように「言葉」として発した
鴨川シーワールド シロイルカ
2008/08 cnn.co.jp 仲間は思いやり「他人」にはそっぽ サルの友情を実験で実証
2008/08 Discovery Monkeys Reward Friends, Family
サルは、仲間(家族)に報酬を与える
2008/08 【日本語記事】National Geographic コウモリは音波探知機を止めて混線を避けていた
2008/08 National Geographic Bats Can Fly Silently to Avoid Jamming Sonar Signals
コウモリは、黙って飛ぶことができる ― ソナー信号のジャムを避けるために
2008/08 news@nature.com Kamikaze bacteria illustrate evolution of co-operation
神風バクテリアは、協力の進化を図示する
Suicidal Salmonella sacrifice themselves to allow their clones to get a foothold in the gut.
自殺のサルモネラ菌 仲間が腸で足場を確保できるよう、おのれを生贄にする
2008/08 共同通信 アジアゾウは足し算得意 高い能力、東大院生研究
2008/08 【日本語記事】National Geographic ウシやシカは磁場に沿った方向を向いていた
…欧研究チーム
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 Google Earthで調べた結果、牛や鹿は食事/休憩時に南北を向く傾向が判明
 グーグルアースで世界の牧草地を調べた結果

2008/08 news@nature.com 'Magnetic cows' are visible from space
 B-field bovines apparently sense Earth's magnetic field.

2008/08 BBC News Cattle shown to align north-south
2008/08 National Geographic Cattle, Deer Graze Along Earth's Magnetic Field
2008/08 Discovery Cows Use Inner Compass to Point North-South
鼻で悲鳴を聞いている
 ほ乳類の鼻には仲間が発する化学的な危険信号を検知する特殊なセンサーが備わっている
2008/08 【日本語記事】Science  鼻に装備された危険検知装置
The Nose’s Danger Detector
ほ乳類の鼻には仲間が発する化学的な危険信号を検知する特殊なセンサーが備わっている
1973年に発見された「Grueneberg神経節細胞」
マウスは窮地に陥った仲間が発する警告フェロモンを感知する
2008/08 National Geographic Mammals Have "Alarm Detectors" in Noses
ゾウさんの足の動きはけっこう柔軟
2008/08 PhysOrg Elephant legs are much bendier than Shakespeare thought
ゾウ足は大いによりbendierである ― シェークスピアが考えたより
2008/08 PhysOrg Signals from the Atlantic salmon highway
大西洋サケ・ハイウェイから信号を出す小さい音響タグ
2008/08 ScienceDaily Novel fungus helps beetles to digest hard wood
難しい木を消化する甲虫を助ける新顔のカビ
自然あるいは養育が決定するか試みている研究者は、驚くべき答えを見つけた
両方とも。
2008/08 ScienceDaily Genes and nutrition influence caste in unusual species of harvester ant
珍しい収穫アリでカーストに影響する遺伝子と栄養
2008/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン カササギは鏡に映る姿を自分と認識できる
人間以外の哺乳類では類人猿とイルカ、そして象が鏡に映る自分を認識できることが分かっているが、哺乳類以外でこれを確認できたのは今回が始めて。
2008/08 BBC News Magpie 'recognises its reflection'
カササギは『自分の姿を認識する』
2008/08 【日本語記事】ワイアードビジョン
 砒素で光合成するバクテリア:原始の地球環境を解明する手がかり
2008/08 WorldScience Dolphins and the evolution of teaching
イルカと教育の進化
"Pointing" motions, oddly repetitious behavior seen as possible attempts to pass on knowledge to young
奇妙な反復行動は、若いイルカに知識を渡そうとする「お手本」動作
ネズミはカルシウムの味を感じることができるらしい
2008/08 ScienceDaily That tastes -- sweet? Sour? No, it's definitely calcium!
2008/08 読売新聞 122度でも生存の細菌、深海で確認…限界温度9度上回る
2008/08 Discovery Octopuses Don't Have Eight Legs
タコは、8本の足を持たない
2008/08 朝日新聞 タコの足6本、実は「手」? えさ探しに活用、利き手も
2008/08 時事通信 タコの足は何本?=欧州の水族館が実験
帰巣するマルハナバチが出す「餌を探しに行け」フェロモン
 応答の度合いは、巣にどのくらい蓄えが残っているかによって違ってくる
2008/08 EurekAlert Smells like bees' spirit
ミツバチの精神のようなにおい
2008/08 【日本語記事】National Geographic ゾウの記憶、干ばつから群れを救う
ゾウの伝説的に強力な記憶力は、気候変化に抵抗する最善の強み
2008/08 New Scientist Can memory save elephants from climate change?
2008/08 EurekAlert Scientists find elephant memories may hold key to survival
保持する記憶が ゾウのサバイバルに重要
なぜ、アオウミガメが深海に潜行するのか、その理由を探れ
2008/08 Discovery Sea Turtles Dive to Depths for Reconnaissance
2008/08 National Geographic Hairy Insects Use Bubble "Lungs" to Stay Underwater
毛深い昆虫は、泡を使用する
2008/08 cnn.co.jp 最小の「新種」ヘビ、地元民は以前から知っていると怒り
2008/08 National Geographic Cuttlefish Change Color, Shape-Shift to Elude Predators
イカは、色(形状-変動)を変える ― 捕食動物を回避するために
カタツムリは、危険に対してガードするために変身する
貝殻構造における変化は、捕食動物の存在によって誘発される。
2008/08 news@nature.com Snails transmute to guard against danger
 Changes in shell structure are induced by the presence of predators.
巨大なクモの巣は最も多くの食品を捕える ― およそ500匹の群生するクモによって占有されるとき。
2008/08 news@nature.com Bigger isn't always better for spider colonies
Giant webs catch most food when occupied by about 500 social spiders.
2008/08 EurekAlert Spiders who eat together, stay together: UBC research
一緒に食べるクモは、一緒に居続ける
2008/08 National Geographic Spiders Make Stronger Silk to Catch Bigger Prey
2008/08 cnn.co.jp 世界最小、体長10センチのヘビ発見 米科学者がバルバドスで
2008/08 時事通信 世界最小のヘビ発見=10センチ弱の新種、カリブ海の島で
2008/08 朝日新聞 世界最小のヘビ発見 細さはスパゲティー並み
シロアリや虫の幼虫を食べているとみられるが、生態はまだ不明
2008/08 毎日新聞 ヘビ:世界最小、長さ10センチ以下 米のチーム、カリブの島で発見
2008/08 New Scientist World's smallest snake discovered
2008/08 EurekAlert World's smallest snake found in Barbados
バルバドスで発見 世界最小ヘビ
2008/08 BBC News World's smallest snake discovered
2008/08 Discovery Spaghetti-Thin Snake Is World's Smallest
2008/08 National Geographic World's Smallest Snake Discovered, Study Says

7月


2008/07 BBC News Live fish caught at record depth
生け捕り魚の最深度記録塗り替え
 生きている深海魚は、2,300mの記録的な深度で、大西洋中央海嶺の熱い孔の上で捕えられた。
2008/07 BBC News Hungry seals 'steer by the stars'
空腹のアザラシは、『星に導かれる』
 アザラシは、たった一つの夜空の星でも識別することができ、それによって航行することができる
水面下で泡を駆使して呼吸する昆虫たちと泡の力学
2008/07 EurekAlert Life in a bubble
2008/07 【日本語記事】Nature 細胞:細菌同士のおしゃべり
細胞同士で連絡を取り合うクオラムセンシングによって、細菌は集団の大きさに応じた遺伝子発現の制御をする
2008/07 BBC News Tree-shrew is heavyweight boozer
ツパイは、ヘビー級の酒豪である  Tree-shrew is heavy boozer
2008/08 毎日新聞 ハネオツパイ:ネズミ似哺乳類も飲酒の習慣‐‐5500万年前から
2008/07 EurekAlert A bee's future as queen or worker may rest with parasitic fly
ミツバチが女王になるか働きバチになるかは、寄生ハエしだいかもしれない
 ちっぽけな寄生のハエは夜行性のミツバチの社会的な行動に影響を及ぼしている。
 そして、決定するのを助ける ― どの個体が女王になるかとどちらが労働者になるかと。
2008/07 ABC@オーストラリア Cuckoo chicks are masters of deception
カッコウひなは、騙しの名人
野性のオランウータンは、自然界の抗炎症薬によって痛みを治療する
2008/07 New Scientist Wild orangutans treat pain with natural anti-inflammatory
 4頭のオランウータンが手足にバルサムをこすりつけるさまを観察
 霊長類がこのような薬の使い方をすることが確認されたのは初めて
 なお、同じ薬草は地元の人々も鎮痛に用いている
2008/07 news@nature.com AUDIO: Marine biologists interpret whale sounds
 Barks and grunts hold much meaning for humpbacks.
海洋生物学者は、クジラ音を解釈する
 ザトウクジラの世界では、ほえ声やブーブーいう声にさまざまな意味があるんです
2008/07 New Scientist Blue light helps flies feel the force
淡い青を検出するタンパク質で、地球の磁場を感知するショウジョウバエ
 多くの動物の渡りと帰巣能力は、この微弱なフィールド検知を用いている
「私がママよ」と産んだ子に呼びかけるイルカ
2008/07 BBC News Dolphin call tells calf who's mum
 バンドウイルカは、ママを特定することができるよう新生児に呼びかける
 メスイルカは10倍頻繁に笛音で合図する
2008/07 Discovery Cuckoo Chicks Change Calls to Mimic Host
カッコウのひなは、ホストを模倣するために鳴き声を変える
2008/07 EurekAlert Ultrasonic frogs can tune their ears to different frequencies
超音波のカエルは、彼らの耳を異なる周波数に合わせることができる
2008/07 Discovery Frog's Ears Can Switch Frequencies Like Radios
カエルの耳は、ラジオのように周波数を切り替えることができる
2008/07 EurekAlert It takes nerves for flies to keep a level head
頭部レベルを保つハエ神経
 複雑な空中アクロバットの間、すばやく飛行経路の障害に反応し、安定したハエの凝視を可能にしている神経系統
サンゴ礁に響きわたるウニの食事どきの騒音
 ガツガツしたウニからの増幅された咀嚼音は、波の下で夜明けと夕暮れの合唱を作成する。
2008/07 New Scientist Grazing sea urchins create reef cacophony
群れ動物じゃなかったの?
2008/07 EurekAlert  Spotted hyenas can increase survival rates by hunting alone
ブチハイエナは、単独行動での狩猟によって生存率を増大することができる
嗅覚受容体遺伝子 olfactory receptor (OR) genes
2008/07 EurekAlert  Do birds have a good sense of smell?
鳥は、良い嗅覚をお持ち
ミジンコの卵は、マツモムシの腹毛にくっついて旅をする
2008/07 New Scientist Water fleas 'mail' their eggs from pond to pond
ヘビの毒液化学的性質は、年齢と場所によって異なる
2008/07 news@nature.com Snakes' venom chemistry varies with age and location
 Lancehead pitvipers give up their poisonous secrets in first 'venomics' study
紫外線での違いを見ているのか
2008/07 EurekAlert How birds spot the cuckoo in the nest
鳥は、巣でどのように異端児カッコウを見つけるか
2008/07 時事通信 卵の中から誕生予告=ナイルワニの赤ちゃん
2008/07 National Geographic Fastest Known Muscles Found in Songbirds' Throats
鳴鳥ののどで発見、今まで確認されたうちで最もすばやい筋肉
スズメバチは、寄生ダニを赤ちゃんのボディガードにする
2008/07 New Scientist Wasps use parasitic mites as baby bodyguards
2008/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 俺たち用心棒だぜ、ダニだけど
2008/07 読売新聞 おれが嫌われ者?とんでもない、ハチの用心棒ダニ
森林総合研究所(茨城県つくば市)の岡部貴美子チーム
2008/07 朝日新聞 嫌われ者のダニ、実はハチの幼虫守ってた

2008/07 Discovery Birds Struggle to Tweet Over Traffic Din
交通騒音に負けじとさえずる鳥
2008/07 Discovery Hyenas Baby Talk With Groans
ハイエナ幼児うなり声言葉
2008/07 Discovery Hyenas Baby Talk With Groans
ハイエナの幼体はうなり声でしゃべる


 以上、 →2008年7~12月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー