動物行動学 動物の心:
2008年1~6月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


6月


2008/07 【日本語記事】時事通信 寿命5カ月弱、珍しいカメレオン=マダガスカルに生息-米大学など
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080702-00000025-jij-int
2008/06 New Scientist Violent sex means chameleons die young
2008/06 EurekAlert Unheard of life history for a vertebrate
2008/06 National Geographic Record-Breaking Chameleons Live Only a Few Months
記録破りのカメレオンは、ほんの少しの月だけ生きる
2008/06 Discovery Chameleon Lives Fast, Dies Young
生き急ぐカメレオン
2008/06 ScienceDaily  Chimps Not So Selfish: Comforting Behavior May Well Be Expression Of Empathy
チンパンジーはそう利己的でもない:慰め行動は、感情移入の表現だろう
おサルだって、数くらい数えられますよ
2008/06 New Scientist Counting monkeys tick off yet another 'human' ability
 この調子じゃアカゲザルにリーマン仮説を解かれてしまうかもしれないね
 コンピュータ・スクリーンの上で同時に発されるビープ音と点を数えることができる。
葉切りアリは、輸送ルートの変化に応じて素早く葉の形を調整する
2008/06 New Scientist Quick-thinking ants trim foliage to fit
 形状を変えることによって、アリは{彼らが屋根の下で気持ちよく輸送する可能性があった} 断片地域を最大にした。
コウモリであるってどんなこと
 超音波は位置確認だけじゃない 記憶を呼び起こし飛行を援助する
 コウモリは、音を出すたんびに脳活動が変化する:場面分析に重要なのかもしれない
2008/06 EurekAlert What it's like to be a bat
2008/06 EurekAlert Migrating songbirds learn survival tips on the fly
渡り鳥は、サバイバルのコツを飛んで学習する
 地元の鳥の群行動を観察して、移住者は捕食動物の避け方を学びます
2008/06 【日本語記事】Nature 脳:昆虫にも空間作業記憶がある
バーチャルな視覚目標に向かって歩くショウジョウバエを方向転換させてみたよ
行動神経科学:見えなくても忘れない
2008/06 Nature Behavioural neuroscience: Out of sight, but not out of mind
doi:10.1038/4531192a
行動:ショウジョウバエの空間定位記憶の解析
2008/06 Nature Analysis of a spatial orientation memory in Drosophila
doi:10.1038/nature07003
まぐれでなく初の本物の動物ダンス 証拠ビデオ
 『踊る』ボタンインコ
2008/06 news@nature.com VIDEO: Birds that boogie
 Online videos of 'dancing' cockatoos are not flukes but the first genuine evidence of animal dancing.
動物が駆使する音の世界
2008/06 EurekAlert Killer whales, blind bats, discriminating dolphins, mating birds
シャチ、盲者コウモリ、イルカの個体識別、鳥の繁殖行動
2008/06 EurekAlert From the egg, baby crocodiles call to each other and to mom
赤ちゃんワニは「もう孵るよ!今孵るよ!」と卵の中で叫んでから生まれてくる

まるで『X-メン』のビースト
 アフリカの一部のカエルは、隠された兵器を持ち運ぶ
 せっぱ詰まると、つま先の骨が皮膚を突き破って武器になる
2008/06 EurekAlert When threatened, a few African frogs can morph toes into claws
2008/06 New Scientist  'Horror frog' breaks own bones to produce claws
 ふつう、脊椎動物って自分の骨は皮膚の中にしまっているよな・・・
右と左で香りが違う
2008/06 news@nature.com Lemurs handed advantage by smelly trick
 Primates have distinct scents on each hand, perhaps to confuse rivals.
 臭いトリックを手にするキツネザル
 霊長類は、各手に明瞭なにおいを持つ:おそらくライバルを混乱させるために。
キツネザルの匂いは健康度だけでなく「家系」も告知する
2008/06 EurekAlert Primate's scent speaks volumes about who he is
霊長類のにおいは、大いに物語る ― 彼が誰であるか
ミツバチのメンタルマップ
2008/06 news@nature.com Are honeybees gullible?
 Study suggests we were wrong to credit bees with a sense of imagination.
ミツバチは、ばか正直?
 想像力によってミツバチを解釈するのは間違いです
浮かれているチンパンジーの若者に広がる致命的な疫病禍
2008/06 New Scientist Frolicking chimp youngsters spread deadly epidemics
2008/06 EurekAlert Study of marine snail leads to new insights into long-term memory
アメフラシの研究は、長期記憶に対する新しい洞察に導く
2008/06 EurekAlert Thinking ahead: Bacteria anticipate coming changes in their environment
事前に考える:バクテリアは、彼らの環境に到来する変化を予期する
「家族を殺せ」
2008/06 EurekAlert High hormone levels in seabird chicks prepare them to kill their siblings
 兄弟を殺すように攻撃ホルモンが高まっていく海鳥のヒナ
2008/06 EurekAlert New bee checklist lets scientists link important information about all bee species
新しいミツバチ・チェックリストによって、科学者は 全てのミツバチ種に関する重要な情報を結ぶことができる
2008/06 EurekAlert Great apes think ahead
霊長類は、事前に考える
 人間でない種におけるあらかじめの計画能力
2008/06 Discovery Apes Plan for the Future
サルでもできる未来計画
抱いて抱いて
2008/06 New Scientist Stressed chimps like a cuddle as much as we do
ストレスを与えられたチンパンジーはヒトなみに抱擁をありがたがる
2008/06 Discovery Chimps Hug, Kiss to Show Support
チンパンジーは支持を示すために抱擁(キス)を行う
2008/06 New Scientist Navigating seals perform a star turn
開いた海洋のアザラシは、星によって航行するのかも
2008/06 National Geographic "Artistic" Spiders Trap Prey With Light, Study Finds
" Artistic"光によって ― 研究によると ― クモ・トラップ獲物
2008/06 ABC@オーストラリア Dingo scent scares off marsupials
ディンゴの匂いは有袋類を追い払う
エリマキトカゲが二本足で走るそのわけは
2008/06 EurekAlert Lizards pull a wheelie
トカゲは、ウィーリーをする
サルは、お金を理解する
フサオマキザルは、ポーカー・チップのようなトークンの購買力を認識することができる。
2008/06 news@nature.com Monkeys understand money
 Capuchins can appreciate the purchasing power of tokens such as poker chips.
…慶大チーム発見
2008/06 毎日新聞  ハト:自分の姿認識 数秒前の画像も反応、3歳児よりも優れる?
 渡辺茂・慶応大教授(比較認知科学)
インドネシアのカニクイザルは漁をなさってますね
2008/06 Discovery Macaque Monkeys Go Fishing
2008/06 BBC News Cuttlefish spot target prey early
イカは、早く目標獲物を見つける
 卵から孵る前から、イカの赤ちゃんは獲物を見つけることができる
ほかの類人猿も、料理された食事がお好み
2008/06 Discovery Other Apes Like a Cooked Meal, Too
共食いは、イナゴ群れを駆りたてる
2008/06 ABC@オーストラリア Cannibalism drives locust swarms
イナゴ群れは共食いを避けるために形成される
2008/06 Discovery Locusts Swarm to Save Their Butts
イナゴは彼らの尻を救うために群れる
オウムガイは記憶のシンプルな形式を表示する
2008/06 New Scientist Simple-minded nautilus reveals flash of memory
 オウムガイでもパブロフの犬実験は有効です
 多くの賢い頭足類(イカ、タコ)と違って、慎ましいオウムガイはちっぽけな脳を持つ。
 一日しかもたない記憶のその効用は

5月


2008/05 読売新聞 秋田県で目撃のタンチョウ、津軽海峡を渡ったと確認
2008/05 朝日新聞 学び続けた30年 天才アイのダイアリー
2008/05 【日本語記事】Science ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する
Bees and Wasps Keep Genes in the Family
社会性昆虫の生活様式は便利さより、ファミリー遺伝子の伝承向け
ミツバチ、大型のハチ、アリ真社会性昆虫267種のメスの交尾行動を比較
古い種ではすべて一夫一婦制
2008/05 EurekAlert Altruism in social insects is a family affair
社会的な昆虫における利他主義は、家族事である
2008/05 ABC@オーストラリア Queen bees took time to play the field
一夫多妻のミツバチ女王は、比較的最近の進化によるもの
2008/05 朝日新聞 ミツバチを渡り鳥の用心棒に カラス対策で実験開始
体の具合が悪いメスのシロアシネズミは、より健康な子を産み出すことに彼らのエネルギーを捧げる
2008/05 EurekAlert Mice mothers devote energies to offspring when life is threatened
ネズミ母はエネルギーを子に捧げる:命がおびやかされるとき、
2008/05 【日本語記事】サーチナ・中国情報局
 パンダ「野生の証明」 四川地震直前、一斉に木に登る
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000015-scn-cn
2008/05 【日本語ブログ】どうぶつのこころ リチャード・ランガムの論文
 ボノボのほうがチンパンジーよりも協力にたけている
ヒトという生物は、ほかに比べてどのくらいユニークな動物だといえるだろうか?
2008/05 New York Times  How Are Humans Unique?
By MICHAEL TOMASELLO マイケル・トマセロ
 霊長類と比較した、ヒト幼体の交流スキルをご覧じろ
 協力における注目に値する人間の能力は、このように主に相互作用におけるグループ内で進化したようである。
 誰とも接することなく孤島で育った子がいたとして、その子にはどの範囲の能力があるだろうか?

『心とことばの起源を探る』
 (シリーズ認知と文化 4)
 マイケル・トマセロ (著)
 勁草書房 (2006/2/14)

シャコ
2008/05 National Geographic "Weird Beastie" Shrimp Have Super-Vision
"奇妙なBeastie"エビが、スーパー視覚を持つ
上位のメスは下位のメスザルより少々多めに食べる程度
 下位のメスは好きなだけ食べられるはずなのに、食欲がわかないのはストレスのせいかな
 常にふんだんに食糧がある場合、下位のサルは食欲にかまけて食い続けてしまう
2008/05 New York Times Comfort Food, for Monkeys
2008/05 【日本語記事】朝日新聞 サケ、命がけ産卵? 6~7秒心臓停止、北大院生ら確認
http://www.asahi.com/science/update/0518/TKY200805170239.html
深海のチーター
2008/05 BBC News Whales are 'cheetahs of the deep'
なぜかコセミクジラはアリクイのような体をしているぞ
2008/05 Discovery Whale Dissection Opens Rib Mystery
クジラ解剖は、肋骨ミステリーを開ける
 肋骨は、堅く魚雷に似た泳ぎをしていることを示唆する
2008/05 Discovery Whale of a Mystery: Why Those Ribs?
2008/05 National Geographic Pilot Whales Are "Cheetahs of the Sea," Study Finds
2008/05 【日本語記事】Science 登るか、登らないか
To Climb or Not to Climb?
垂直移動と歩行では、体の大きさと消費エネルギーに関係するメカニズムが異なる
小型動物ほど、歩こうが登ろうが代謝的に大差がない
2008/05 New Scientist Climbing is a walk in the park for small primates
2008/05 ABC@オーストラリア Walking as easy as climbing, for some
同じくらい容易に歩く ― 登る、一部の
2008/05 Discovery Climbing: A Cake Walk for Some Primates
2008/05 BBC News Ancestors had leg-up to trees
2008/05 【日本語記事】Science 重力に抵抗しながら採餌するシギ
A Shorebird Defies Gravity to Eat
水の表面張力とくちばしの急速な開閉運動を利用して「上り坂を上がるように」餌の輸送を行うヒレアシシギ
2008/05 news@nature.com video: Birds defy gravity, but not by flying
Waders consume prey in droplets lifted from the water.
2008/05 New Scientist Pump it up: Bird defies gravity to feed
2008/05 【日本語ブログ】どうぶつのこころ
 ドゥ・ヴァールの霊長類質問箱1
 ドゥ・ヴァールの霊長類質問箱2
 水生人類進化説は、可能性が消えたわけではないが、いかんせん証拠不足すぎる
ナマケモノは寝ちゃいません  野生動物の睡眠を測ることに成功いたしました
2008/05 BBC News Sloth's lazy image 'a myth'
怠惰なイメージは『神話』です
「これ以上食べると群から追い出されるんです」
2008/05 EurekAlert Fish diet to avoid fights
 ボスより小さい体を維持するために食欲を抑制する下位グッピーたち
ネズミも仲間からのプレッシャーを感じます
 ドブネズミは、個人的な経験をさしおいても、仲間の行動に倣いがち
2008/05 New Scientist Rats feel peer pressure too
集団破滅に陥る危険を回避する秘訣
2008/05 EurekAlert When following the leader can lead into the jaws of death
 動物行動の国際研究から現れる、ヒト意思決定における重要な含意
 盲目的にリーダーに従っていては万が一の時に全滅しかねないからね
 一匹狼のリーダー行動はシカトされ、複数のリーダー行動を目にしたときに追従行動は起きるのだ
2008/05 BBC News Cannibal theory for locust swarms
イナゴ群れにおける共食い動物
ヒトは鳥的に色盲だということに気がつけよ
2008/05 EurekAlert Human vision inadequate for research on bird vision
 ヒト視覚のまんまのパターンで鳥視覚の研究をやっていたらあかんやろ
 つがい行動の判定もやりなおしたほうが良さそうだ
ショウジョウバエの回避メカニズムは、ヒトでの新しい痛みコントロール方法に導く可能性があった
2008/05 EurekAlert Fruit fly avoidance mechanism could lead to new ways to control pain in humans
 重要な発達上のスイッチ
 食欲から嫌悪まで、ショウジョウバエのウジは脳内のタイミング・メカニズムと感覚システムによって制御されている
 研究は、この重要な回避メカニズムが、発達を推進する進化上のプロセスに補強され、ヒトや動物の痛みを制御する新しい方法に導く可能性を示す。
地磁気ナビゲーションの分子メカニズム
2008/05 Washington Post Molecular Action May Help Keep Birds on Course
 渡り鳥は方角を定めるために、地球の磁場を使用する
カモメのタマゴ
2008/05 New Scientist Female seagulls come out on top
単独で育てられる兄弟は姉妹より早めに孵化しがちだった
 姉妹の間で育つ男の子は貧弱
イナゴの大群を群として突き動かすのは「共食いの相互作用」
2008/05 EurekAlert What's bugging locusts?
2008/05 EurekAlert When bears steal human food, mom's not to blame
ヒト食品を盗むクマは、わるさを親から学んだわけではない
2008/05 【日本語サイト】@nifty:デイリーポータルZ:プラナリアをつかまえよう
学習をする細菌の集団
 コロニーは、周囲の状況変化を予期するよう進化する
2008/05 news@nature.com Bacteria 'can learn'
Colonies evolve to anticipate changes in their surroundings.
2008/05 【日本語記事】Science 類は共に適応する
Birds of a Feather Adapt Together
シジュウカラの個体それぞれの繁殖期を変える行動調整能力=表現型可塑性は、個体群が気候の激変に適応するための効果的な手段
2008/05 National Geographic Great Tit Birds Shift Mating Schedules Due to Warming
シジュウカラは、温暖化のためにつがい予定をシフトする
2008/05 Discovery Great tits cope well with warming
大きいシジュウカラは、十分に温暖化に対処する
種々の鳴き声を発するロボット・デコイを駆使して野生動物の行動を研究せよ
2008/05 MSNBC Mechanical animals aid behavior research
 ミーアキャットのお子さんは、サソリ狩りの幼稚園に通う
2008/05 New Scientist Meerkats attend scorpion-hunting kindergarten
2008/05 【日本語記事】Science 幼鳥のぐぜり鳴き
Babbling Baby Birds
ぐぜり鳴きには成鳥がさえずる時に使う脳回路 とは異なる特別な脳回路が関与している
2008/05 Discovery Young Birds Babble Like Babies
2008/05 National Geographic Bird Brains Swap Regions for Baby Babbling, Adult Song
2008/05 New York Times Bird-Babble to Song Takes Surprising Route

4月


「あの吠え方はヤバイ」
 犬は、異なる状況から起こっているほえ声の間で違いを知覚することができる。
2008/04 Discovery Barking Dogs Have Something to Say
渡り鳥は光化学物質コンパスをナビゲーションに使っている
2008/04 EurekAlert A model photochemical compass for bird navigation
 光受容体理論は、鳥が磁気オリエンテーションを実行するとき青光受容体が渡り鳥の網膜で検出されたという真相によってサポートされる
2008/04 EurekAlert International team of researchers explain how birds navigate

* 渡り鳥、磁力は見えても未来が暗い
鳥はヒトの視線を把握している
2008/04 EurekAlert Are you looking at me?
2008/04 New Scientist Dog's bark means more than its bite
コウモリ鳴き声は、耳をつんざく140dBに達する大音量
2008/04 New Scientist Bat squeaks louder than a rock concert
2008/04 National Geographic Bats Can Make Calls More Intense Than Rock Concerts
コウモリは激しい鳴き声を作る
サルのチャットは、構文の進化に光を注ぐ
2008/04 New Scientist Monkey chat sheds light on evolution of syntax
2008/04 EurekAlert Insects use plant like a telephone
植物を電話みたいに使う昆虫
 地下と地上の草食昆虫間コミュニケーション
 地下の昆虫は、植物の葉を通して化学的警告信号を出す。
 地上の昆虫は「植物はすでに占有ずみだ」警報を受ける。
2008/04 EurekAlert Why fruit-eating bats eat dirt
{果物食コウモリが土を食べる} 理由
2008/04 EurekAlert Lizard hunting styles impact ability to walk, run
トカゲの狩りスタイルは歩行・走行能力に影響を与える
2008/04 BBC News Birds 'can behave like soldiers'
鳥が、『兵士にふるまうことができた』
2008/04 National Geographic Komodo Dragon's Bite Is "Weaker Than a House Cat's"
コモドオオトカゲの噛み合わせは、イエネコより弱い
飼育されている虎の半数は、絶滅危惧亜種の「純血種」だぞ
2008/04 National Geographic Captive Tigers Harbor Rare "Purebred" Genes
2008/04 EurekAlert UC San Diego study finds mice can sense oxygen through skin
ネズミ、皮膚を通して酸素を検知できる
2008/04 EurekAlert Mice sense oxygen through their skin
ネズミは、彼らの皮膚を通して酸素を検知する
見張ってもらっている間に食事せよ
2008/04 EurekAlert Birds announce their sentry duty to help comrades get a good meal
鳥は、彼らの見張り義務を発表する ― 僚友が良い食事をするのを助けるために ―
2008/04 BBC News Birds 'can behave like soldiers'
鳥が、『兵士のようにふるまう』
成長が遅くとも、確実に大きな脳を成長させることは繁殖成功率と長寿につながる
 ヒトからキツネザルまで霊長類28種類のライフコース比較
2008/04 EurekAlert Slowly-developing primates definitely not dim-witted
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Your inner ape 【MP3ファイル】
「ヒトというサル」
2008-03-21 ABC@オーストラリア  All in the Mind
 文化、感情移入、言語、そして学習。チンパンジーの才能から見る人間性質。

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット Your inner ape: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
どれが生贄になり、どれが芽胞を作り上げ続けるかで、 偶然は著しい役割を演ずる
2008/04 EurekAlert Are sacrificial bacteria altruistic or just unlucky?
生贄のバクテリアは、利他的なのか不運なだけなのか?
2008/04 news@nature.com Drunk bats eat junk food
酔っぱらったコウモリは、ジャンクフードを食べる
熟した果物のアルコールは、食物を摂取する行動に影響を及ぼす
自重の10万倍もの重さの物質を引きずることができる生物
2008/04 New Scientist Sexually transmitted bug is the strongest organism
2008/04 EurekAlert Flying off course
道から外れた渡り鳥
 なんでヨーロッパにアジアからの渡り鳥
 渡り鳥は方向を間違えるけれど距離は間違わないわけで
2008/04 EurekAlert Playing dead is no game for ant survival
近隣の集団から攻撃されると、ファイヤーアントの若い働きアリは自衛戦略として死んだふりをなさる
ランの性的な欺きは、ハチにマジ射精させてしまうほど
2008/04 New Scientist Orchid's sexual deception triggers ejaculation
2008/04 New Scientist Naughty orchid
2008/04 【日本語記事】cnn.co.jp 「肺」がないカエル発見、完全な皮膚呼吸と インドネシア
2008/04 Discovery 'Jabba the Hut' Frog With No Lungs Found
幸運な条件に生まれついたリスはさらに幸運であり続ける
2008/04 EurekAlert Lucky squirrels born with 'silver spoon' effect
『銀のスプーン』効果によって生まれる幸運なリス
高く飛ぶ蛾の精巧な行動
 飛行方向を制御し、次世代に似合う地域への長距離旅程の速度を上げる
2008/04 EurekAlert High-flying moths don't just go with the flow
最期の賭け
 哺乳類が体調を崩すと、彼らは通常本質的でない体システムをシャットダウンして、余力を回復に注ぐが、シロアシネズミでは事情が違う。
 致命的な寄生虫にやられたとき、シロアシネズミは自分の命より仔ネズミの生存率アップにエネルギーを傾注する。
 この現象は、生物学者の間では「終末の投資 terminal investment」というえげつない名前で知られている。
2008/04 New Scientist Sick mice put their babies' health first
「この子は紫外線色が悪いわね」
 シジュウカラのママは、ヒナの紫外線色から元気なヒナを選別しているっぽい
2008/04 New Scientist UV vision reveals chicks' healthy glow
2008/04 EurekAlert The bombardier beetle, power venom and spray technologies
ホソクビゴミムシ、パワー毒液とスプレー技術
2008/04 【日本語記事】ワイアードビジョン 「円偏光」を感知できる特殊生物、シャコ
 シャコは人間の10倍の色を識別でき、「円偏光」までをも見ることができる






3月


都市鳴鳥は、彼らの旋律を変えている
2008/03 New Scientist City songbirds are changing their tune
突然変異のサルは、ひどいママ中毒に
 こうして見れば麻薬も母さんも似たようなもんだ
2008/03 New Scientist Mutant monkeys get hooked on a drug called mum
 遺伝子突然変異は、確定する ― 彼らの母が見つからないとき、マカク幼児が大騒ぎを起こすかどうか ―
2008/03 毎日新聞 日本野鳥の会:巣から落ちたヒナ、拾わないで‐‐呼び掛け
2008/03 BBC News Rooks team up to solve problems
問題を解決するために協力するミヤマガラス
チンパンジーにとっては、危険な取引は、良い取引である
2008/03 Discovery For a Chimp, Risky Business is Good Business
 類人猿に、2つの伏せられたボウルのどちらかを選ばせる。
 いっぽうは、常に4個のブドウがある「安全確実な」ボウル。
 他はランダムに1個~7個のブドウが入っている「危険なギャンブル」ボウル。
 チンパンジーは大きいリスク-テイカーである。
 ボノボは、ヒトなみに、強い安定志向を示した。
2008/03 EurekAlert Who's bad? Chimps figure it out by observation
誰が、悪いか?チンパンジーは人物観察によって結論する
実験は、見知らぬ人の名声について判断を作成するチンパンジーの能力をテストする
2008/03 EurekAlert Living upside-down shapes spiders for energy saving
さかさまの形状クモ エネルギー節減になっている
高速遊泳で生じる泡の超音波がイルカの身体を破壊する
2008/03 New Scientist  Dolphins swim so fast it hurts
協力するカラス
2008/03 New Scientist Birds team up to solve food puzzle
食品報酬に勝つためにミヤマガラスは単独では完了する可能性はなかった作業を協力して行う
2008/03 【日本語記事】Science イカのくちばしの謎:取手のないナイフ
Squid's Beak Mystery: A Knife Without a Handle
2008/03 Discovery Squid Beaks Could Lead to Better Artificial Limbs
{イカくちばしがより良い義肢に導く可能性}
2008/03 【日本語記事】Science ラットは抽象的規則を学習する
Rats Can Learn Abstract Rules
ネズミでも抽象思考はできるのです
2008/03 PhysOrg Rats capable of simple problem-solving: study
2008/03 【日本語記事】Science ミツバチにおける生殖状態はDNAメチル化を介して栄養的制御をうける
Nutritional Control of Reproductive Status in Honeybees via DNA Methylation
2008/03 EurekAlert Isotope analysis reveals foraging area dichotomy for Atlantic leatherback turtles
同位元素分析は、大西洋オサガメの地域二分を明かす
2008/03 National Geographic Humpback Whale Calves Make Sounds, Group Says
ザトウクジラの子は、音を作る
2008/03 EurekAlert Common aquatic animals show extreme resistance to radiation
ワムシは、放射能に極端な耐性を示す
2008/03 EurekAlert Smithsonian's National Museum of Natural History reveals ants as fungus farmers
アリのカビ栽培
2008/03 BBC News Reef fish eavesdrop to find home
サンゴ礁魚は、 家を発見するために 立ち聞きする
2008/03 【日本語記事】時事通信 ネズミの仲間も道具使う=くま手で餌を引き寄せる
 人や猿、鳥以外も可能?・理研
2008/03 毎日新聞 <デグー>訓練で道具を使わせることに成功 理研
2008/03 産経新聞 理化学研究所が訓練 チュー目道具使うネズミ
2008/03 読売新聞 ネズミにも“道具”の概念、理研グループが突き止める
2008/03 読売新聞 ネズミにも“道具”の概念、理研グループが突き止める
2008/03 毎日新聞 ネズミ:道具使った!くま手でエサ 訓練57日、成功率75% 理研チーム
2008/03 PhysOrg Rodents can learn to use tools: Japanese study
2008/03 New York Times What a Rodent Can Do With a Rake in Its Paw By SANDRA BLAKESLEE
理研脳科学総合研究センター生物言語研究チームの岡ノ谷一夫チームリーダー、象徴概念発達研究チームの入来篤史チームリーダー、時本楠緒子基礎科学特別研究員ら

 :そういえば、入来篤史さんは自著で「サルに熊手を使わせる実験」各種を詳しく紹介していた。
 『道具を使うサル Homo faber』 入来篤史(入來篤史)著 医学書院 2004/07
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Science Writer Virginia Morell 【MP3ファイル】
「動物たちの心の世界」
 道具を工夫する鳥、計算をするオウム、幼時とどっこいのボキャブラリーを持つ犬・・・
2008/03 National Geographic  - World Talk
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
日本語「原生動物 細胞進化の極限に挑んだ生き物」 【MP3ファイル】
2008-02-26 高知大学ラジオ公開講座 松岡達臣
 性の種類がめちゃめちゃ多い原生動物! 粘菌の不思議 ほか

2008/03 BBC News Tail 'key' for gecko acrobatics
ヤモリ・アクロバットにおいて尾『カギ』
2008/03 Discovery Geckos Use Tail for Acrobatics
ヤモリは、アクロバットに尾を使用する
家族を守って闘うアシダカグモ Delena cancerides
2008/03 ABC@オーストラリア Huntsman spiders fight over family home
リスは三次のつながり
2008/03 New Scientist 'Squirrel Facebook' shows three degrees of separation
2008/03 Discovery Squirrels Network Like Facebook Friends
SNSのようなリス・ネットワーク
2008/03 cnn.co.jp クジラの赤ちゃんの鳴き声を初めて特定
2008/03 Discovery Baby Whales Talk to Mom
母さんクジラに話しかける赤ちゃんクジラ

2008/03 ABC@オーストラリア Royal jelly triggers queen genes
ローヤルゼリーは、女王遺伝子の引き金を引く
2008/03 ABC@オーストラリア DEET messes with mosquito 'nose'
ディートによって蚊『鼻』混乱
地位と才能、どちらがお先? 大きな頭脳が先らしい
2008/03 EurekAlert Which came first, social dominance or big brains? Wasps may tell
最初に、社会的にやって来た支配あるいは大きい脳?  スズメバチは、語るかもしれない
2008/03 National Geographic Dolphin Saves Stuck Whales, Guides Them Back to Sea
座礁したクジラに救って、海へ導くイルカ
中にはズルイ粘菌もいるわけで
2008/03 EurekAlert Some cheaters can keep it in their genes
一部の詐欺師は、彼らの遺伝子でそれを保つことができる
2008/03 EurekAlert Early bird doesn't always get worm, UNC researcher finds
長子は、必ずしも三文トクをするとは限りません
 先に産み落とされた卵のヒナは、無事健康に巣立ちをする率が高い
 でも、先に産み落とされた卵は、そもそも無事孵化する率が低いのです
自分のクローンを作るわけ
 カシパンウニの幼生は、補食される用の身代わりをクローンする
2008/03 New Scientist Creature clones itself to avoid becoming fish food
2008/03 news@nature.com Bird uses 'whiskers' like a cat
鳥は、『ひげ』をネコのように使用する
Facial feathers are more than just decoration.
2008/03 【日本語記事】Science DEETのターゲットが発見される
DEET's Target Discovered
局所薬虫除け剤DEETは、嗅覚タンパク質OR83bを必要とする嗅覚受容体の機能を遮断することにより、蚊や他の吸血性昆虫がヒトの臭いを感知するのを妨げる。
"Insect Odorant Receptors are Molecular Targets of the Insect Repellent DEET"
2008/03 【日本語記事】Science 食べ物で運命が決まるミツバチ
Honeybees Are What They Eat
ロイヤルゼリーを食べるとメチル化が抑制されて女王蜂になる
ミツバチ幼虫のDnmt3活性を妨げると、ロイヤルゼリーと似た女王蜂のような発達を示した。
"Nutritional Control of Reproductive Status in Honey Bees via DNA Methylation"
2008/03 BBC News Monkeys challenge language theory Animal challenge to language
サルは、言語理論に挑戦する
 サルは鳴き声を組み合わせる ― それらを意味があるように作成するために ― ヒトがそうすると同様に。
2008/03 Discovery Monkey Vocab Richer Than Thought
戦いを目にしたザリガニは、おとなしくなる
2008/03 ABC@オーストラリア Crayfish chill out after watching a fight
アリの社会に横行する、だまし、搾取、だしぬき、下克上・・・
2008/03 EurekAlert Royal corruption is rife in the ant world
王の変造は、アリ界で広まっている
湿度で色が変わるヘラクレスオオカブトムシ
2008/03 EurekAlert Mystery behind the strongest creature in the world
世界で最も強い生物の後のミステリー
2008/03 ABC@オーストラリア Moths remember life as caterpillar
蛾は、イモムシ人生を覚えている
2008/03 EurekAlert Language of a fly proves surprising
ハエの言語は、驚くべきであると判明する
 ハエの眼を通して世界を見て、部分的に昆虫の反応を解読する新しい方法を開発した
ヌートリアのお尻の臭腺からとった科学物質
 ヌートリアの被害を減らすのに使えそうだ
2008/03 EurekAlert Stevens chemists identify compounds to lure nutria, a rat-like pest ravaging Gulf Coast wetlands
2008/03 New Scientist Butterflies remember caterpillar experiences
2008/03 National Geographic Moths Remember Lessons Learned While Caterpillars
蛾は、教訓Learned While Caterpillarsを覚えている
2008/03 EurekAlert Hibernation-like behavior in Antarctic fish -- on ice for winter
冬期の南極の魚における 氷上の冬眠様行動
2008/03 BBC News Antarctic fish's winter 'sleep'
南極の魚の冬の『睡眠』
2008/03 National Geographic Antarctic Fish "Hibernate" in Winter
2008/03 EurekAlert Northern right whales head south to give birth, leave genetic 'fingerprints' with NOAA researchers
出産のために南に向かう北部のヒゲクジラは、研究者に遺伝子の『指紋』を残す
寒波でヘビも木から落ちる
2008/03 news@nature.com When snakes fall from trees
睡眠不足でも、長時間眠る必要はございません
 深い眠りを増やすことで、短時間で回復するのです
2008/03 EurekAlert 'Power napping' in pigeons
ハトにおける『居眠りパワー』
霊長類の専売特許じゃありません
2008/03 The Loom The Mind of the Hyena
ハイエナの心
 ハイエナは著しく複雑な社会的な生活を持ち、それは脳の形状とサイズを変えたと思われる。
 ヒトとハイエナは ― 言い換えると ― 同じ土俵で平行進化してきた。
2008/03 New York Times Sociable, and Smart
2008/03 読売新聞 人類の起源研究「リーキー賞」に西田モンキーセンター所長
 西田利貞所長(67)(京大名誉教授)日本人の受賞は初めて。ジェーン・グドール博士と同時受賞。
 西田所長は、国際霊長類学会の生涯功労賞も今年8月受賞する。
アホウドリは獲物をにおいで探している
2008/03 news@nature.com Smelling dinner on the open sea
2008/03 EurekAlert Wandering albatrosses follow their nose
ワタリアホウドリは、それらの鼻に追従する

2月


 原書 2004年 Animals In Translation: Using The Mysteries Of Autism To Decode Animal Behavior ●動物という存在を翻訳する:自閉症のミステリーから解析できる動物行動
 邦訳 『動物感覚 アニマル・マインドを読み解く』 テンプル・グランディン, キャサリン・ジョンソン著 日本放送出版協会 (2006/05)

動物は賢いけれど、それはサヴァンとは違うし
2008/02 New Scientist  Animals are smart, but not savants
 
 → 『 テンプル・グランディン:アスペルガーのヒロイン 』
 → 『 異なる脳の世界を理解する:動物感覚 』
 → 『 魚は痛みを感じるか/動物の苦しみ 』

2008/02 EurekAlert MIT researchers catch rats' twitchy whiskers in action
MIT研究者は、行動でネズミの気をもむひげをつかむ
2008/02 EurekAlert Twanging rat whiskers yields insight into sensing machinery
ネズミひげから検知機構の洞察へ
2008/02 ABC@オーストラリア Rats' whiskers quiver near garbage
2008/02 John Hawks Anthropology Weblog : Broca's area and chimpanzee communication
チンパンジーはコミュニケートするとき、チンパンジーバージョンのブローカ野を使用する
2008/02 New Scientist  Nattering chimps think like humans
チンパンジーもブローカ野を社交にお使いです
2008/02 【日本語記事】Science 昆虫からヒントを得るコウモリ
Flying Bats Take Cue From Bugs
昆虫が空中静止時に用いる空気力学と同じ技をコウモリも使っている
羽が下方向にはためく運動を行うと「前縁渦流」という空気の小さな渦が発生し、上方向に引き上げられる
この渦がコウモリが空中にとどまっている間に使う揚力の40パーセントを占めている
"Leading-Edge Vortex Improves Lift in Slow-Flying Bats"
2008/02 news@nature.com VIDEO: Bat's powerful lift is illuminated by fog
2008/02 National Geographic Bats Use Same Aerial Tricks As Bugs
2008/02 BBC News Bat takes flight cue from insects
2008/03 EurekAlert Leading edge vortex allows bats to stay aloft
2008/02 【日本語記事】Nature 生態:野生のレヴィウォーク
捕食者の移動パターンは何によって制御されて自然環境下の捕食者分布が決まっているのか。
 電子タグを用い てウバザメ、ウミガメ、ペンギンなどの海生捕食者の個体移動パターンを100万例以上も収集。
 多くの短いステップとごく少数の長いステップを特徴とするランダムウォーク。
 解析結果は、被食者分布の情報に乏しい捕食者にとって最適と予測される「レヴィウォーク」モデルと一致。
生態:海生捕食者の探餌行動にみられるスケーリング則
2008/02 Nature Scaling laws of marine predator search behaviour
doi:10.1038/nature06518
コウモリの地磁気感知
2008/02 EurekAlert Animal magnetism provides a sense of direction
2008/02 New Scientist Music special: Are animals naturally musical?
動物は音楽の才能に恵まれているの?
地面の震動も空気伝播の音もおまかせあれ
 外耳も、内部鼓膜もなくても、ヘビはアゴでしっかり音を聞いている
2008/02 Discovery Snake Jaws Get the Vibes
それは目玉だとは思われていない
2008/02 EurekAlert Zoologists challenge longstanding theory that 'eyespots' mimic the eyes of predators' enemies
動物学者は、『眼点』が補食動物の天敵の眼を模倣するという長年の理論に挑戦する
 蝶のような生物の環状の斑紋は捕食動物に対して効果的である
 ただし、それは目玉っぽいからではなく、単に目立つ特徴だからである
 目玉模様でなくても、縞模様でも四角でも、目立つ特徴がある個体は食わず嫌いされる
2008/02 National Geographic Insect "Eyespots" Don't Mimic Eyes, Study Says
昆虫は眼を模倣していない
2008/02 news@nature.com Researchers sneak up on sleeping whales
海でぐっすり眠るマッコウクジラ
2008/02 PhysOrg Whose voice is that? Scientists discover 'voice' area in the brain of nonhuman primate
それは、誰の声? 人間外の霊長類の脳に『声』領野
2008/02 BBC News Secret lives of badgers revealed
明かされるアナグマの秘密の生活
2008/02 The Royal Society Observational learning in chimpanzees and children studied through `ghost' conditions
チンパンジーとヒト児童における観測学習を、『幽霊』状態を通して研究する
2008/02 EurekAlert Early environment may be key to determining bird migration location
初期の環境は、カギであるかもしれない ― 鳥渡り場所を確定することへの
 鳥が最初の年に直面する環境の状態は、彼らが残りの一生、繁殖する場所を確定するかも
衛星での追跡と音波探知機
2008/02 EurekAlert Unveiling the underwater ways of the white shark
ホオジロザメの水中の暮らしを明らかにすること
2008/02 EurekAlert Scientist postulates 4 aspects of 'humaniqueness' differentiating human and animal cognition
科学者は、ヒトと動物認識力を識別している『humaniqueness』の4つの様相を仮定する
 Marc Hauser マーク・ハウザー
世界一のウンチ科学者ここにあり
2008/02 EurekAlert Dung happens and helps scientists
 ノース・アリゾナ大の Jim Mead
2008/02 EurekAlert Fruit flies show surprising sophistication in locating food source
ショウジョウバエは、驚くべき洗練を示す ― 食品出処の場所を突き止めることで
2008/02 EurekAlert How 'nature's ultimate sensory machines' integrate sight and smell
『自然界の究極的な感覚の機構』は、どのようにして視覚とにおいを統合するのか
2008/02 EurekAlert Microbial 'cheaters' help scientists ID 'social' genes
微生物の『詐欺師』は、科学者が『社会的な』遺伝子を確認するのを助ける
 社会的行動を決定する遺伝子のための最初のgenome-wide調査
 最もシンプルな社会的生物である粘菌 Dictyostelium discoideumの協力的な行動を制御する遺伝子は100以上にのぼる
サルは仲間の声を聞き分けている
2008/02 New Scientist Monkeys know one monkey voice from another
2008/02 ABC@オーストラリア Crocs divert blood to avoid busting a gut
クロコダイルは、血を変える ― 腸を破壊することを避けるために
 体重の4分の1ほどをも一度に消化するワニは、肺から腸に血液を集中させる
ヒヨケザルから滑空の進化をご覧じろ
2008/02 EurekAlert Accelerometer backpacks aid study of gliding behavior in the 'flying' lemur
ミズトガリネズミ/カワネズミ
2008/02 EurekAlert Slow-motion video study shows shrews are highly sophisticated predators
スローモーションのビデオ研究は、示す ― トガリネズミが非常に精巧な捕食動物であることを
2008/02 New Scientist Super-size me: Alligators reveal digestive trick
特大の私:ワニは、消化を助けるトリックを明かす
お日様の照りようしだいで出産を9日くらい引き延ばせるトカゲ Egernia whitii
2008/02 New Scientist Female reptile spreads labour over nine days
2008/02 EurekAlert How is that whale listening?
どのように、それは耳を寄せて聞いているクジラであるか?
2008/02 New Scientist Monkeys tune in to your way of thinking
父親ヒヒは、それらの娘が成熟するのを助ける
2008/02 Yahoo/AP Dad baboons help their daughters mature
2008/02 news@nature.com A (ba)boon for youngsters' growth
父親の気配りは、ヒヒ赤ちゃんを より急速に成長させる
2008/02 New Scientist Helpful baboon dads boost offsprings' success
2008/02 National Geographic Baboon Dads Raise Healthier Kids
ヒヒは、父親のおかげで子供がより健康になります
2008/02 cnn.co.jp オサガメがインドネシアからオレゴンへ遠泳、最長記録と
集団で行う狩りは、特に狩りガシラが率いがち
2008/02 EurekAlert Key 'impact hunters' catalyze hunting among male chimpanzees
 『狩猟屋』がオスのチンパンジーにおける狩り行動に触媒作用を及ぼす

1月


物々交換のやり方を訓練してあげても、よほどでないとチャンスを活用しないよ
2008/01 PhysOrg Why don't chimpanzees like to barter commodities?
なぜ、チンパンジーは必需品を物々交換するのを好まないか?
 「所有」のような概念に縛られていないからではないか
2008/02 【日本語記事】ワイアードビジョン 物々交換と所有権の進化学:チンパンジーの行動から文明を考える
寝るのは脳半分 クジラ
2008/01 Discovery Whales Snooze Half a Brain at a Time
2008/01 EurekAlert Migrating birds detect latitude and longitude, but how remains a mystery
渡り鳥は緯度・経度を検出する ― でも、その方法はミステリー
2008/01 National Geographic Gorillas Found Tossing "Weapons," Study Says
ゴリラは、"兵器"を投げることを発見した
2008/01 BBC News Hummingbird 'uses tail to chirp'
ハチドリは、『カン高い声で言う尾を使う』
2008/02 National Geographic Hummingbirds Chirp With Tail Feathers When Diving
ハチドリは飛び込むとき、尾羽によって鳴く
2008/01 Discovery Hummingbird Beeps With Its Tail
2008/01 New Scientist Monkeys tune in to your way of thinking
マカクサルは、他者の未来行動を予測することができる
ハダカデバネズミは、火傷を感じない
2008/01 news@nature.com Naked mole-rats don't feel the burn
 冷血哺乳類で、長寿で、社会性昆虫のような営巣形式を持っていて、毛がないし、女王がいるし・・・
 この珍奇な動物は、酸や唐辛子の火傷も気にしない
 すべての動物は、全てのタイプの苦痛を感じるというわけではない。
2008/02 National Geographic Naked Mole Rats Unable to Feel Burning Pain

→ 魚は痛みを感じるか/動物の苦しみ
若いときの苦労あってこその魚
2008/01 EurekAlert A difficult youth is a good thing for a fish, report scientists at UC-Santa Barbara
 {長い、乱暴な、沖合の旅程を生き残る} 魚の赤ちゃんが、最終的にはよい状態に近い岸リーフに到着でき、その後栄える。
ロイ・オービソンかよ!
2008/01 EurekAlert Whirligig beetle gets rock 'n' roll legendary name
クルクル回る甲虫は、ロックンロール伝説名を得る
2008/01 【日本語記事】特集:ゴリラの家庭学
 2007年2月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP
オサガメの長き旅路
2008/01 National Geographic Endangered Turtle Makes Record 647-Day Journey
絶滅危惧種のカメは、記録的な647-Day旅程になる
 オサガメは、海の脊椎動物での最長記録渡りを完了した:太平洋を越える12,774マイル(20,558キロメートル)。
 オサガメ旅程(衛星によって追われる)は、太平洋横断の渡りの最初の記録を提供する。
それでも光が怖いのです
2008/01 news@nature.com Blind fish see shadows
盲目の魚は、影を見る 光から逃れようと泳ぐ盲目の穴居魚
生態:熱帯の農業生態系にみられるアリ・コロニーのクラスターとロバストな臨界状態
2008/01 Nature Clusters of ant colonies and robust criticality in a tropical agroecosystem
2008/01 【日本語記事】Nature@日本 生態:アリの巣の空間パターン
 生態系にみられるパッチ状の分布ではっきりしたパターン形成がみられることを実証
 アリの個体群密度は天敵(主に寄生バエ)により制御されるが、生息環境が均質であるにもかかわらず、アリの巣のクラスターの分布は顕著な空間パターンを示す。
2008/01 news@nature.com Cellular memory hints at the origins of intelligence
細胞の記憶は、知性の起源でヒントを与える
 粘菌のリズミカルな回想は注目に値する
2008/01 New York Times Political Animals (Yes, Animals).
動物世界の政治かけひき(はい(動物))。
By NATALIE ANGIER. ナタリー・アンジェ
お宝ナッツを隠す真似
 「誰かに見られているっぽい」と感じると、「エサを隠すふり」をおこす頻度がアップするリス
2008/01 New Scientist Squirrels 'fake it' to fool would-be thieves
2008/02 Discovery Squirrels Fake Out Would-Be Nut Thieves
木の実泥棒の候補者をあざむくリス
島暮らしのサルは、補食動物の鳴き声に警戒を示さない
2008/01 EurekAlert Island monkeys do not recognize big cat calls
島嶼部のサルは、大型ネコ科動物の音声を認知しない
2008/01 EurekAlert Sea otter study reveals striking variability in diets and feeding strategies
ラッコは、食事戦略で可変性けっこうあるよ
 個々のラッコは、限られた食品に応じて食事の専門化を示した。
2008/01 EurekAlert Siberian jays can communicate about behavior of birds of prey
シベリアカケスは、天敵のタカの動向について仲間と情報交換する
2008/01 EurekAlert Scientists find cultural differences among chimpanzee colonies
科学者は、チンパンジー集団の中で文化的な差異を発見する
 行動バリエーションは、他の集団から移住したチンパンジーに由来する
2008/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 土を食べる人々:起源のひとつは「マラリア耐性」?
2008/01 news@nature.com Why do chimps eat dirt?
なぜ、チンパンジーは土くれを食べる?
Apes might eat soil to activate anti-malarial plants.
類人猿は、土壌を食べるかもしれない ― 反マラリアの植物を活性化するために。
2008/01 EurekAlert Down to earth remedies for chimps
チンパンジーは、 植物の抗マラリア薬特性を増強するために土壌を摂取する
2008/02 National Geographic Chimps Eat Dirt, Leaves to Fend Off Malaria
チンパンジーは、マラリアを払いのけるために土や薬草を食べる
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Studies Reveal Mechanisms of Monarch Migration 【MP3ファイル】
2008/01 サイエンス・フライデイ Science Friday 
 北アメリカ大陸を大規模に渡るオオカバマダラ蝶

2008/01 Discovery Monarch Butterflies Guided by Inner Clock
体内時計に導かれるオオカバマダラ
 遺伝子の情報は、{オオカバマダラがカナダから冬の営巣場所であるメキシコの山まで自分の道を発見する} 方法を説明するのを助ける。
寒波で冬眠状態になって木から落っこちまくるフロリダの外来イグアナたち
2008/01 National Geographic Alien Iguanas Fall From Florida Trees During Cold Snap
2008/01 【日本語記事】Science日本版
 大きな課題を小さな回路で処理する:テッポウウオの素早い意思決定
Small Circuits for Large Tasks: High-Speed Decision-Making in Archerfish
 細胞レベルの単位で検討が可能な驚くほど小さな神経回路によって、複雑かつ柔軟な意思決定が極めて迅速に行われる
ロバート・サポルスキー
2008/01 greatergood.berkeley.edu Peace Among Primates
 平和が人間性の一部ではでないという者は、我々を含む霊長類について無知すぎる
2008/01 【日本語記事】Science日本版 魚が餌を捕らえるための瞬間的思考
Fish Think Fast to Catch Prey
ドイツ人科学者は、テッポウウオの一瞬にして昆虫を捕らえる正確で臨機応変な判断を可能にしている驚くほどに緻密な神経の電気回路網をモデル化した。
2008/01 BBC News Ant and butterfly's 'smell war'
アリと蝶の『におい戦争』
 匂いでアリに世話をさせるチョウの幼虫 Alcon blue butterfly
2008/01 National Geographic Photo in the News: Fooled Ants "Adopt" Rare Butterflies
ニュースにおける写真:だまされたアリは、珍しい蝶を「養子にする」
2008/01 EurekAlert Smell-wars between butterflies and ants
2008/01 news@nature.com The battle of the butterflies and the ants
2008/01 New Scientist Parasitic butterflies fool ants with smell
寄生の蝶は、アリをにおいでだます
2008/01 【日本語記事】Science日本版 アリが育てるチョウ
Alcon Butterflies Are Raised by Ants
動物も、笑う
2008/01 BBC News 'Laughs' not exclusive to humans Humans and apes 'share laughter'
ヒト専用でない『笑い』
 笑いの基盤はヒトが存在するよりはるか以前に源を発したかもしれない
ヒト、そして、類人猿は、『笑いを共有する』
 笑いは、ヒトと類人猿の共通祖先に源を発したかもしれない
2008/01 EurekAlert Insects' 'giant leap' reconstructed by founder of sociobiology
社会生物学の創設者によって復元される昆虫の『巨大なジャンプ』
 生物学者エドワードO.ウィルソンは、論ずる ― ―
 初期の集団淘汰が、真社会性の昆虫進化を最も説明すると。
2008/01 Dienekes' Anthropology Blog: Edward O. Wilson changes mind on group selection
利他主義者の起源をめぐる進化論戦争
2008/01 commondreams.org/The Independent Evolutionists At War Over Altruism's Origins
 知的論争は、世界をリードする二人の進化論者の間で勃発した
 リチャード・ドーキンズ VS エドワード・ウィルソン
2008/01 朝日新聞 京大、動物園と共同研究
 「動物の心」知り、共存模索 野生動物研究センター 松沢哲郎、山極寿一
 海外では動物園と連携する大学の研究部門は多いが、日本では初めて。
2008/01 朝日新聞 「顔の認識」能力、生まれつき備わる サルで確認
 産業技術総合研究所
人の顔を見て育ったサルは人の顔写真は見るがサルの顔写真に対する興味を失った。
逆にサルの顔を見て育ったサルは、人の顔写真への興味を失った。


 以上、 →2008年1~6月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー