ヒトの進化、古人類学 人間の祖先:
2006年1月~6月

ほか「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past ヒト進化の考察


2006/06 Science ヒトの系統における正の自然淘汰
Positive Natural Selection in the Human Lineage
2006/06 PLoS Genetics Possible ancestral structure in human populations
気候とヒト進化
2006/02 ScienceWeek HUMAN EVOLUTION: CLIMATE CHANGE AND HUMAN EVOLUTION
耳あかのタイプ、1塩基の違いで決定 長崎大教授ら発表_
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
耳あかの型は1塩基が決定 乾燥タイプは“突然変異”
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
耳あかの乾湿決める遺伝子=長崎大など発見-乾型は北東アジア起源
2006/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
耳あか:ネットリ型・パサパサ型、長崎大研究者が遺伝子発見 薬の処方、役立つ可能性_
2006/01 【日本語記事】 毎日新聞
2006/01 BBC News One gene makes earwax wet or dry
2006/01 PhysOrg.com(UPI) Earwax tied to genes, underarm odor
2006/01 New York Times Japanese Scientists Identify Ear Wax Gene*
耳垢のタイプを決定する機構の遺伝学的性質
2006/03 【日本語記事】 Nature Genetics@日本
金大光教授、耳あかで韓国人の起源を説明
2006/02 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国
 >韓国人は99%が乾いた耳垢
URL 「耳垢の遺伝子の研究のすごいところ」 @NATROMの日記

 4年前の2002年の時点で、すでに耳あかの湿型・乾型は
 ・単一の遺伝子における多型(バリエーション)
であり、その遺伝子は
 ・第一六染色体のここらへんにある
ということは「新川詔夫(長崎大学)ら」がつきとめていた。
※参照元 ●本ミニ 「DNAから見た日本人」 斎藤成也著
 筑摩書房; 700円 2005/03 p.194-195

 それと、当時の記事。 「耳垢の遺伝子を特定しました」
2002/06 BBC News Gene for ear wax  インタビューに応じているのは長崎大の富田博秋氏。
ヒト幼年期の進化
2006/01 ABCNEWS.com Study: Teen Growth Spurt Helps Moms
 Anthropologist Explains Why Human Babies and Children Are Easier to Feed

ヒト進化:祖先の視覚


2006/02 New Scientist Colour vision evolved to spot our blushes

ヒト進化:病気の痕跡


ヒト進化:祖先が食ったもの 、祖先の味覚


苦味センサーの進化 ヒトとチンパンジーは別遺伝子で
2006/04 EurekAlert Separate genetic mutations gave people, chimps bitter-taste sensitivity
2006/04 EurekAlert Research updates 65-year-old genetic discovery
 Chimpanzees and humans have gene variant, for different reasons
進化:ヒトとチンパンジーにみられる苦味感受性は独立に進化した
2006/04 Nature Independent evolution of bitter-taste sensitivity in humans and chimpanzees
苦味感受性の進化:チンパンジーとヒトでの味覚感受性
2006/04 【日本語記事】 Nature@日本
言語でも道具でもなくシーフード
 水辺の暮らしがヒト脳を進化させた説 ~Dr. Stephen Cunnane
 ヨウ素やDHAも豊富だし
2006/02 EurekAlert There's something fishy about human brain evolution

ヒト進化:祖先の肌の色


肌色の性差、性淘汰の結果ではなさそうだと出たリサーチ
2006/05 American Journal of Physical Anthropology Human skin-color sexual dimorphism: A test of the sexual selection hypothesis
それについてのディスカッション@コメント
2006/05 Dienekes' Anthropology Blog: Skin color sexual dimorphism in humans

女性のブロンドと青い目は性淘汰のたまもの?
2006/02 PhysOrg.com(UPI) Caveman blondes also had more fun
10,000-11,000年前の食物不足がブロンド遺伝子を広めさせた。
 世界保健機構(WHO)による調査からは、ブロンド遺伝子はこの先200年以内に絶滅すると見られている
2006/02 Evolution and Human Behavior Volume 27, Issue 2
1. European hair and eye color: A case of frequency-dependent sexual selection?
 ヨーロッパ人の髪及び目色:頻度依存的な性淘汰ケース?  Pages 85-103 Peter Frost

→ 2006/02 『女性の色白は進化する:ヒト皮膚色の性淘汰』

うそぶかれる金髪の絶滅リスク
 今回の報道にくっついている世界保健機構のデータと解釈は、2002年から流布している「デマ」
2006/02 John Hawks Anthropology Weblog : Blonde extinction risk oversta


ヒト進化:祖先の運動能力、二本足


初期の人類、あんよがお下手?
2006/02 PhysOrg.com Early human ancestors had a wobble in their walk
2006/02 EurekAlert Early human ancestors walked on the wild side
 seven anklebones from a variety of early human ancestors found in eastern and southern

past 近頃の人類進化


大きい2つの群における利き手と繁殖成功度@フランスの成人
2006/06 Evolution and Human Behavior
doi:10.1016/j.evolhumbehav.2006.04.001
Handedness and reproductive success in two large cohorts of French adults

ヒト遺伝子、ごく最近進化したものけっこうあります
 代謝、皮色、脳機能、生殖で必要とされる人類遺伝子は、最近の環境の変化に応じて進化した
2006/03 New Scientist Many human genes evolved recently*
2006/03 news@nature.com Human selection is alive and kickingハ
Geneticists track evolutionary forces in three populations.
2006/03 National Geographic Human Genome Shows Proof of Recent Evolution, Survey Finds

遺伝子差と文化差*  ※ ニスベット
 ジョナサン・プリチャード Jonathan Pritchard
 東アジア人での淘汰結果の平均年代は、6,600年前
 グリゴリー・コクラン Gregory Cochran
 今と過去は文化だけでなく人間自体が違っていたのか
 ジョン・マクニール John McNeill
 人間性質はもともと不変不朽ではないのだ
 オキシトシンの民族差、フランシス・フクヤマの信頼社会
 ナポレオン・シャノン Napoleon Chagnon とヤノマモと性格の遺伝
 アシュケナージ・ユダヤの遺伝病は知性の淘汰に付随したのか
2006/03 The International Herald Tribune Cultural differences: A DNA link?
By Nicholas Wade The New York Times

科学なポッドキャスト:Still Evolving? 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 27分
New Scientist 2006/03/10
 冒頭~12分:現在も進む人類の進化(遺伝的変化)

科学なポッドキャスト:Recent Evolution 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 12分
サイエンス・フライデイ
 Science Friday Podcast - 2006/03/10
ジョナサン・プリチャード インタビュー
 A new survey of the human genome indicates that there may be as 700 genetic variants that have undergone changes within the past 10,000 years.


このわずか650年の間に人類は小顔に進化した 中世のドクロと比較
 2つの主要な差異は我々の先祖がより突き出た顔立ちを持っていたということであった、しかし、彼らの頭蓋の円蓋(目から頭のてっぺんまで計られる距離)はより小さかった。
2006/01 BBC News Time changes modern human's face
 The astonishing finding is the increased cranial vault heights.
2006/01 British Dental Journal (2006); 200, 33-37. doi: 10.1038/sj.bdj.4813122
A cephalometric comparison of skulls from the fourteenth, sixteenth and twentieth centuries

past ヒト、チンパンジー、霊長類


進化:ヒトとチンパンジーの複雑な種分化を示す遺伝学的証拠
2006/06 Nature Genetic evidence for complex speciation of humans and chimpanzees
2006/05 Science News, Vol. 169, No. 20, p. 308. Hybrid-Driven Evolution: Genomes show complexity of human-chimp split
ヒトとサル分岐後に交雑? DNA比較で進化に新説
2006/05 【日本語記事】 グー(共同通信)
2006/05 EurekAlert Human and chimp genomes reveal new twist on origin of species
ヒトとチンパンジーの祖先、いったん分岐して交雑?
2006/05 【日本語記事】 読売
2006/05 New Scientist Did humans and chimps once interbreed?
2006/05 BBC News Evolution's human and chimp twist
2006/05 National Geographic Human, Chimp Ancestors May Have Mated, DNA Suggests
2006/05 Discovery Did Chimps and Early Humans Interbreed?
ヒトとチンパンジーにおけるゲノム変異
 チンパンジー解析から見えてきたゲノム・バリエーションのホットスポット
2006/05 EurekAlert Chimpanzee study reveals genome variation hotspots
ヒトとチンパンジーの違いは遺伝子より遺伝子の発現の仕方
2006/03 EurekAlert Most human-chimp differences due to gene regulation not genes
2006/03 EurekAlert Most human-chimp differences due to gene regulation
比較ゲノミクス:発現の差
2006/03 Nature Comparative genomics: Difference of expression
進化:霊長類の発現プロファイルから明らかになるヒト転写因子の急速な進化
2006/03 Nature Expression profiling in primates reveals a rapid evolution of human transcription factors
2006/03 New Scientist Why we differ from our primate cousins
科学なポッドキャスト:Pollution Studies and Learning the Future of Men from Chimps 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 22分
2006/02 Current Science & Technology Podcast
 ・チンパンジーにあってヒトにない遺伝子、遺伝子が欠けることで進化した人類
ヒトの進化速度はゴリラよりもチンパンジーよりも遅かった
 チンパンジーとヒトの分岐は100万年前かも
2006/01 EurekAlert Evolution study tightens human-chimp connection
 Study also finds human evolution slower than apes
染色体にヒト進化の根源? 慶大など発見_
2006/01 【日本語記事】 asahi.com
人とチンパンジー、違いは8番染色体…慶大が解析_
2006/01 【日本語記事】 読売
遺伝:ヒト8番染色体DNA塩基配列と解析
2006/01 Nature DNA sequence and analysis of human chromosome 8

past ヒト脳の進化


2006/05 EurekAlert Is brain size linked to two common gene variants?
 microcephalin (MCPH1) and abnormal spindle-like microcephaly-associated (ASPM)
2006/05 Dienekes' Anthropology Blog: Microcephalin and ASPM do not Account for Brain Size Variability
2006/05 Human Molecular Genetics, doi:10.1093/hmg/ddl126
 Normal Variants of Microcephalin and ASPM Do Not Account for Brain Size Variability

past ヒト進化と性淘汰、性役割


人間は更年期前に死ぬのが普通だった説 ~Laurence Shaw
2006/06 EurekAlert Teenage and 60-year-old mums are consequences of evolution

past ヒト言語の進化


180万年前のヒト祖先が言葉を交わしていた証拠となりうる脊柱の出土
2006/05 Science News, Vol. 169, No. 18, p. 275. Evolutionary Back Story: Thoroughly modern spine supported human ancestor
 Bones from a spinal column discovered at a nearly 1.8-million-year-old site in central Asia
support the controversial possibility that ancient human ancestors spoke to one another.
2006年4月【日本語サイト】NEC未来を見る | Wisdom
 人間だけが言語をもっていることの不思議  岡ノ谷 一夫

言語系統と遺伝系統


2006/02 Current Anthropology Volume 47, Number 1
  言語系統と民族の血脈は一致しません@北米ネイティブ Linguistic Classification at Odds with Genetic Evidence
  発達の結果への制約 不均質に耐える@ 後期完新世のオーストラリア
   Constraints on the Development of Enduring Inequalities in Late Holocene Australia
インド文明は西欧の言語を遺伝子抜きで導入いたしました
 今のインド人は大半は南アジア人の末裔 シルクロード由来の血はわずか
2006/01 National Geographic India Acquired Language, Not Genes, From West, Study Says

past ヒトはどこに生まれ、どう移住して地球上に広がっていったか


2006/02 BBC News DNA 'could predict your surname'
 Turi King and Mark Jobling
2006/02 EurekAlert Genetic links among men who share surnames
2006/02 New Scientist Y chromosomes give the name away
 http://www.newscientist.com/article.ns?id=dn8757

アフリカから地に満ちた人類


2006/02 EurekAlert New analysis shows three human migrations out of Africa
 Replacement theory 'demolished'
出アフリカの三派
2006/02 PhysOrg.com New analysis shows three human migrations out of Africa








ヨーロッパに昔住んでいた人類たち


古代エトルリア人は、現代トスカナ人の先祖ではなさそうだ
2006/05 EurekAlert Ancient Etruscans unlikely ancestors of modern Tuscans, statistical testing reveals
埋没親知らずの最古の記録@ヨーロッパ旧石器時代末期フランス
 マグダレーヌ文化(Magdalenian culture)」/マグダレニアン文化の女性 レントゲンつき
2006/03 EurekAlert Magdalenian Girl is a woman and therefore has oldest recorded case of impacted wisdom teeth
現代人と中世イギリス人の利き手を比較してみました
2006/02 EurekAlert The evolution of right- and left-handedness
考古:放射性炭素年代測定法の革新とユーラシアにおける現生人類の分散
2006/02 Nature A new radiocarbon revolution and the dispersal of modern humans in Eurasia
2006/02 PhysOrg.com Better carbon dating revises some history
考古 : もっと急速だった現生人類のヨーロッパ移住
2006/02 【日本語記事】 Nature@日本
2006/02 New York Times A Good Neanderthal Was Hard to Find*
Fumane洞穴、34,000~32,000年前
 アルプス南部、Aurignacianタイプ石器、ヨーロッパの初代現代人居住跡
2006/02 Times Stone Age artists are getting older
アシュケナージ・ユダヤの始祖に遡る  1000年前の4人のご婦人から今の3500万人へ
2006/01 Discovery Ashkenazi Jewish Founders Traced
2006/01 Dienekes' Anthropology Blog: Criticism on papers regarding Jewish genetics
アイルランドNo.1の繁殖力を誇る男 子孫の数は300万人!_
 これぞ「ジンギスカン効果(こちらの子孫は1600万人)」でござい@Y染色体
2006/01 ヤフー(Reuters) Scientists discover most fertile Irish male
 Niall of the Nine Hostages, a 5th-century warlord who was head of the most powerful dynasty in ancient Ireland.
アイルランド人たちの苗字とY染色体
2006/01 Dienekes' Anthropology Blog: Y chromosomes and Irish surnames

アジアに昔住んでいた人類たち


モンゴルの母集団起源:古代のと現代のDNAの遺伝学的な構造分析
2006/04 Am J Phys Anthropol  Population origins in Mongolia: Genetic structure analysis of ancient and modern DNA.
北中国の中期更新世人類:体サイズ、体割合と大脳化
2006/02 Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.0508681103
Body size, body proportions, and encephalization in a Middle Pleistocene archaic human from northern China
2006/02  Genetics. 2006 Feb 19  Male demography in East Asia: a north-south contrast in human population expansion times.
2006/02 Scientific American New Analysis of Chinese Fossil Provides Clearer Picture of Pleistocene Humans
中国の化石の新しい分析は、更新世人間のより鮮明な絵を提供する
2006/02 Scientific American New Analysis of Chinese Fossil Provides Clearer Picture of Pleistocene Humans

オーストラリア、オセアニア


ミトコンドリア遺伝学は、アボリジニのオーストラリア人において主要なハプログループを同定する
2006/04 Am J Phys Anthropol  Mitochondrial genomics identifies major haplogroups in Aboriginal Australians
アフリカとは別に、700万年前にオーストラリアで独自に進化した人類?
 去年オーストラリアに見つかった、最古のホミニッド
2006/01 Bega news Oldest hominid skull in Australia found near Bega

アメリカ大陸に昔住んでいた人類たち


2006/04 New Scientist The very first Americans
2006/02 MSNBC Did first Americans come from Europe?
『ケルプ・ハイウェイ』は、アメリカ大陸への人類移住を手伝ったかもしれない
2006/02 EurekAlert 'Kelp highway' may have helped peopling of the Americas
初期のアメリカ人は、後期更新世の激烈な気候変化と混沌とした環境に直面した
2006/02 EurekAlert Early Americans faced rapid late Pleistocene climate change and chaotic environments

【podcast 音声】【英語】MP3 50分
科学なポッドキャスト:2006/02 Science Show ~オーストラリアABC 2006-02-11
 27:37 Oldest American footprints 最古のヒト足跡@アメリカ、人類祖先の移住ルート

科学なポッドキャスト:The Very First Americans 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 24分
New Scientist
 Are mysterious "footprints" in Mexico proof that humans reached the New World tens of thousands of years earlier than expected?
 Plus the emerging links between duplicate genes and disease.
・~10分 アメリカ最古のヒト足跡@メキシコ


past ヒト進化と遺伝子


環境要因で引き起こされるヒト進化 ~中別府雄作・大野みずき@九州大
2006/04 EurekAlert Environmental triggers may promote human genetic variation
 異常なnucleobase:8-oxoguanine(8-oxoG)の共同出来事
 減数分裂の組換え「ホットスポット」が豊富なgenomic地域と単一ヌクレオチド多形性(SNPs)
2006/05 Scientific American Environmental DNA Damage May Drive Human Mutation
2006/05 New Scientist How chemicals can speed up evolution
2006/03 PLoS Biology  A Map of Recent Positive Selection in the Human Genome
ヒトは遺伝子を失うことで進化した
 例えば嗅覚も弱くなっているし、かつての菜食中心で重要だった「苦味」知覚も、雑食と加熱調理でかえってじゃまに
 免疫系でお役ごめんになった謎の遺伝子もあるし
2006/02 EurekAlert Less is more, gene study shows
ヒトに見られる自然淘汰
2006/02 Dienekes' Anthropology Blog: More positive selection in recent humans: CASP12
 two variants: the active one is the original form, but the inactive one seems to have undergone positive selection beginning 60,000-100,000 years ago.

past 物議をかもす新発見のヒト祖先化石や遺跡たち


2006/03 BBC News Ancient skull found in Ethiopia
 Gawis in Ethiopia's north-eastern Afar region
2006/03 National Geographic "Missing Link" Human Skull Found in Africa, Scientists Say

past 各種の過去人類


人類の進化、440万年前のラミダス猿人から道筋
2006/04 【日本語記事】 asahi.com
2006/04 EurekAlert Hominid fossils from Ethiopia link ape-men to more distant human ancestors
2006/04 BBC News Fossils fill gap in human lineage
猿人3種、急速進化か=エチオピアでも420万年前の化石発見-国際チーム
2006/04 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
アナム猿人:人類の祖先は歯が丈夫 エチオピアで化石発見
 諏訪元・東京大教授とティム・ホワイト米カリフォルニア大教授らの研究チーム
2006/04 【日本語記事】 毎日新聞
進化:アサイシおよびアラミスと、アウストラロピテクスの起源
2006/04 Nature Asa Issie, Aramis and the origin of Australopithecus
2006/04 National Geographic Fossil Find Is Missing Link in Human Evolution, Scientists Say
進化 : ヒトのアフリカ起源に迫る新化石の発見
2006/04 【日本語記事】 Nature@日本
2006/04 Discovery Fossils Fill Human Evolution Gap
枝分かれなしの進化:ホミニッド・ルートが一つであることを示す化石
2006/04  Science News, Vol. 169, No. 15, p. 227. Branchless Evolution: Fossils point to single hominid root
2006/04 John Hawks Anthropology Weblog : A ladder, not a bush?
2006/04 New York Times Paleontologists Find Species With Links to 'Lucy Skeleton'

科学なポッドキャスト:A Relative for Lucy 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 8分
サイエンス・フライデイ Science Friday Podcast - 20060414
We'll hear about a new fossil find of a human ancestor, some 4 million years old.
2006/03 National Geographic Were Early Humans and Cave Bears Trading Spaces?
2006/03 National Geographic Early Humans Were Prey, Not Predators, Experts Say
2006/02 Discovery Early Humans Were Often Eaten
2006/02 EurekAlert Did early humans socialise to avoid getting eaten?

250万年前の猿人、死因はワシの襲撃?論争に決着か_
2006/01 【日本語記事】 読売
タウング・チャイルドの死因
2006/01 Discovery Study: Eagles Preyed on Ancient Humans
2006/01 BBC News SA fossil murder mystery solved
2006/01 PhysOrg.com Scientist says Taung Child killed by bird
2006/01 Chicago Sun-Times (AP) Ancient death may be solved: Eagle did it

タウングチャイルドの死因は10年前の話題の焼き直し
1995/09 Journal of Human Evolution Volume 29, Issue 3 , September 1995, Pages 275-299
doi:10.1006/jhev.1995.1060  Eagle involvement in accumulation of the Taung child fauna


past ネアンデルタール人


ネアンデルタールの遺伝子解析@10万年前
2006/06 EurekAlert 100,000 year-old DNA sequence allows new look at Neandertal's genetic diversity
ネアンデルタールの核遺伝子がとれた! 45000年もの
2006/05 BBC News Neanderthal yields nuclear DNA
2006/05 news@nature.com Neanderthal DNA yields to genome foray
去年ワイト島で発見された石器、ネアンデルタールの25万年もの?
2006/03 BBC News Tools 'may be 250,000 years old'
ネアンデルタールの狩猟手腕は現世人類にひけを取らない ~グルジア
 現世人類がまさっていたのは環境改変能力
2006/03 About.com Neanderthal and Modern Human Life at Ortvale Klde Rockshelter
 Why the Neanderthals Failed
2006/03  getCITED  Ahead of the Game: Middle and Upper Palaeolithic Hunting Practices in the Southern Caucasus ted
より良い骨年代、ネアンデルタールにとって悪い知らせ現す
 現代人は、わずか5,000年でヨーロッパを引き継いだ
2006/02 news@nature.com Better bone dates reveal bad news for Neanderthals
Modern humans took over Europe in just 5,000 years.
2006/01 National Geographic Neandertals Hunted as Well as Humans, Study Says
{遠い資源のより決まりきった使用及び労働のより大規模な分割に至った} 社会的な発達の結果は、
よりよくネアンデルタールの消滅を説明するかもしれない
2006/01 PhysOrg.com Study suggests why Neanderthals vanished
2006/01 EurekAlert Ahead of the game
 New study reveals Neanderthals were as good at hunting as early modern humans
ネアンデルタールは欧州に「流れついた」?
2006/01 Guardian Neanderthal man floated into Europe, say Spanish researchers
最も新しいネアンデルタール人骨は32,000~33,000年前
2006/01 EurekAlert Redating of the latest Neandertals in Europe
 Two Neantertal fossils excavated from Vindija Cave in Croatia in 1998, the fossils had been radiocarbon dated to 28,000-29,000 years ago.
2006/01 EurekAlert Redating of the latest Neandertals in Europe

past ほか


17日の特番「四足歩行一家」にニコラス・ハンフリーが担ぎだされるぞ
 The Family That Walks On All Fours
2006/03 PhysOrg.com Kurdish family walks on all fours
2006/03 BBC News Family may provide evolution clue
退化する病気!?
2006/02 WORLD SCIENCE メBackward evolutionモ spawns ape-like people
古人類学会、オープンアクセス開始 PDFで提供されます  The Paleoanthropology Society
北京原人を捜せ:パート2  まだ再発見の望みは捨てていない
2006/02 Dienekes' Anthropology Blog: The second search for Peking Man
2006/02 The Globe and Mail: Digging deep for a clue to a global mystery*
2006/02 American Journal of Physical Anthropology
  • 新石器時代のシベリア人の種族類似性:有史以前のバイカル湖からスナップショット
    Population affinities of Neolithic Siberians: A snapshot from prehistoric Lake Baikal (p 349-361)
    K.P. Mooder, T.G. Schurr, F.J. Bamforth, V.I. Bazaliiski, N.A. Savel'ev
    DOI: 10.1002/ajpa.20247
  • 最近の有史以前の中部メキシコ湾沿岸フロリダでの接点での栄養及び健康
    Nutrition and health at contact in late prehistoric central Gulf Coast Florida (p 375-386)
    Dale L. Hutchinson, Lynette Norr
    DOI: 10.1002/ajpa.20300
  • 混合物の後の人間のcraniofacialな形態学の表現型的進化:幾何学のmorphometricsアプローチ
    Phenotypic evolution of human craniofacial morphology after admixture: A geometric morphometrics approach (p 387-398)
    Neus Mart?ez-Abad?s, Rolando Gonz疝ez-Jos, Antonio Gonz疝ez-Mart?, Silvina Van der Molen, Arturo Talavera, Patricia Hern疣dez, Miquel Hern疣dez
    DOI: 10.1002/ajpa.20291
  • アレウト族の遺伝子の構造及びミトコンドリアDNAシーケンスに基づく極付近の住民数
    Genetic structure of the Aleuts and Circumpolar populations based on mitochondrial DNA sequences: A synthesis (p 446-464)
    Mark Zlojutro, Rohina Rubicz, Eric J. Devor, Victor A. Spitsyn, Sergei V. Makarov, Kristin Wilson, Michael H. Crawford
    DOI: 10.1002/ajpa.20287
  • JCウイルスの主要なアフリカの遺伝子型(Af2)の系統発生の分析:起源への含み及び現代のアフリカ人の分散
    Phylogenetic analysis of major African genotype (Af2) of JC virus: Implications for origin and dispersals of modern Africans (p 465-472)
    高坂友和, 北村唯一, 杉本智恵, Jing Guo, Huai-Ying Zheng, 余郷嘉明
    DOI: 10.1002/ajpa.20208
  • 南チリ諸島mtDNAの中の小進化
    mtDNA microevolution in Southern Chile's archipelagos (p 473-481)
    Federico Garc?, Mauricio Moraga, Soledad Vera, Hugo Henr?uez, Elena Llop, Eugenio Aspillaga, Francisco Rothhammer
    DOI: 10.1002/ajpa.20297

ポッドキャスト:Carl Zimmer, Science Writer Science and Society
 科学ジャーナリストの カール・ジンマー、昨年11月の新刊やヒト進化について語る
【podcast 音声】【英語】MP3、17分
消えた北京原人、やはり米軍施設に? 43年憲兵隊報告_( )
2006/01 【日本語記事】 asahi.com



 以上、 →2006年1月~6月の記事でした


→ 「ヒトの進化、古人類学 人間の祖先」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー