古人類学 人間の祖先、ヒトの進化:
2006年7月~12月

ほか「古人類学 人間の祖先、ヒトの進化」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past ヒト進化の考察


2006/12 【日本語ブログ】 今年の古人類学界(1)新C14法・象徴的思考・最古の子供人骨・ロブストスの食性 雑記帳
「血の匂いがする」
 金属臭をかぎ分ける能力が人に備わっているのは…
2006/10 New Scientist Ancient human hunters smelt blood on the breeze
古代人類の狩猟民は、そよ風に血のにおいを感じとる
2006/10 news@nature.com A 'metallic' smell is just body odour
The pong from handling iron or copper comes from your own skin.

ヒト進化:祖先の視覚


ヒトの目の色、スニップしだい
 SNP(スニップ Single Nucleotide Polymorphismの略 =一塩基多型)
2006/12 BBC News Genetics of eye colour unlocked
瞳の色の遺伝学
 60億の遺伝子コード中の2、3の「文字」だけが、ヒト目色における大部分のバリエーションの原因となる。
霊長類色視覚の進化:血と素肌
2006/06 Biology Letters
DOI: 10.1098/rsbl.2006.0440  Bare skin, blood and the evolution of primate colour vision
2006/10 EurekAlert Does missing gene point to nocturnal existence for early mammals?
失われた遺伝子は、初期の哺乳類における夜行性の生活を示す?
 目で光感受性細胞を作る遺伝子、ヒトにおいて失われている

ヒト進化:病気の痕跡


寄生虫が国民性を左右する!
2006/08 EurekAlert Cat parasite may affect cultural traits in human populations
トキソプラズマふたたび ~カール・ジンマー
2006/08 The Loom : A Nation of Neurotics? Blame the Puppet Masters?
 トキソプラズマ感染率の差、韓国は4%、ブラジル67%!
 感染すると不安が増し、男は保守的に、女は大胆になる

ヒト進化:祖先が食ったもの、祖先の味覚


2006/12 Scientific American African Adaptation to Digesting Milk Is "Strongest Signal of Selection Ever"
アフリカ人の適応は、「選択のまたとない好例」である ― ミルク消化
 東アフリカの牧畜コミュニティ、ラクトース耐性能力を急速に獲得
2006/12 New York Times Study Detects Recent Instance of Human Evolution
By NICHOLAS WADE  ニコラス・ウェイド
人類進化の驚くほど最近の例は、東アフリカの人々の成人期におけるミルク消化能力。
3,000年前発生した遺伝学的な変化によって授けられる。
パラントロプスロブストスの奥歯4個をレーザーアブレーション安定同位体分析
2006/11 【日本語記事】 Science日本版 歯は語る Teeth Tell the Tale
2006/11 EurekAlert Varied diet of early hominid casts doubt on extinction theory, says Colorado U study
初期のホミニッドはけっこういろいろなものを食べていた@180万年前
 食べ物不足で絶滅した説にダウト
2006/11 EurekAlert A buffet for early human relatives
2006/11 Scientific American News: Tooth Enamel Indicates that Early Hominid Had a Varied Diet

ヒト進化:祖先の肌の色


ヒト進化:祖先の運動能力、二本足


ヒトは食糧獲得のために長距離走ができる体になった
2006/10 New Scientist Food was prize in early marathons

past 近頃の人類進化


家畜化の科学
 同じ血統でも、環境でこんなに変わる性格
 経世代実験:ネズミ、キツネ… そして自己家畜化した人類再考
2006/07 New York Times Nice Rats, Nasty Rats: Maybe It龝 All in the Genes*
 By NICHOLAS WADE

→ ニコラス・ウェイド


past ヒト、チンパンジー、霊長類


2006/07 ScienceDaily Ancient Global Warming Drove Early Primates' Dispersal
古代の全世界の温暖化は、初期の霊長類の分散を駆りたてた
2006/12 EurekAlert What it means to be human
人間-チンパンジーの遺伝学的な差異は6パーセント
2006/12 EurekAlert Human-chimp difference may be bigger
チンパンジーと人間、脳はどこで分岐したのか
2006/11 EurekAlert Unraveling where chimp and human brains diverge
 科学者は、特定の脳領域と一致する遺伝子のネットワークを特定した
MICRO-RNA, snippets of RNAが、ヒトとチンパンジーの遺伝子表現型差をつかさどる?
2006/11 New Scientist Humans left chimps behind in 'evolution's playground'
ヒトとチンパンジーの間の重要なDNAの差異、大部分はコードをしない領域にある
2006/10 EurekAlert Comparing chimp, human DNA
2006/10 EurekAlert Comparing chimp and human DNA
比較遺伝学 202の「すばやく進化した領域」(highly accelerated regions:HARs)をチェック
タイム誌10月9日号は「How We Became Human:我々はいかにして人間になったのか」
 我々の個体差は何から?
 遺伝子自体の差はごくわずか。でもその些細な違いがこんなに多様な世界を編み上げている
2006/10 Times What Makes us Different?*
Not very much, when you look at our DNA. But those few tiny changes made all the difference in the world
 ヒトとサルの遺伝子差探究史 言語遺伝子FOXP2 咽頭の発話機能に関わるMYH16
認知におけるヒトとサルの遺伝学的つながり
A Genetic Human-Ape Cognition Link
 最も著しいヒト系統特異的な増幅は未知の遺伝子、MGC8902によるもの
 これって例の機能未解明蛋白質領域DUF1220(高次思考脳部位に豊富)をコードしてんじゃないか
2006/09 【日本語記事】 Science日本版
ヒトの系統特異的な遺伝子のDUF1220領域の増幅過剰、選択性、およびニューロンにおける発現
Human Lineage?Specific Amplification, Selection, and Neuronal Expression of DUF1220 Domains
2006/09 【日本語記事】 Science日本版

past ヒト脳の進化


2006/12 Scientific American Genes Expressed in Brain Evolving at a Medium Pace
中位ペースで進化している脳遺伝子
 ネズミ脳さえヒトよりすばやく進化する ― ヒトの複雑さがヒトの進化速度を縛ったのか
2006/12 EurekAlert Complexity constrains evolution of human brain genes
複雑さは、ヒト脳遺伝子の進化を束縛する
 ヒト脳の爆発的な巨大化と複雑さにもかかわらず
 脳組織に関わる遺伝子群の進化ペースは数百万年前のヒトとチンパンジーの分岐以降、遅くなった
記憶遺伝子Kibraの特定
2006/10 EurekAlert Affymetrix 500K array used to identify memory gene
2006/10 EurekAlert Research team identifies human 'memory gene'
2006/10 New Scientist DNA trail points to human brain evolution
DNA痕跡は、ヒト脳進化を示している
進化の導きに身をゆだね カール・ジンマー
 こたびのヒト脳進化を示す遺伝子、科学者は「新しい遺伝子」を見つけたのではないし、これはインテリジェントデザインの証拠でもない
 既存の遺伝子データの中から、分子進化を逆算して絞り込んだその結果が、今回の成果なのだよ
2006/09 The Loom : Let Evolution Be Your Guide

past ヒト進化と性淘汰、性役割


past ヒト言語の進化


2006/07 EurekAlert Shared ancestor to humans, present-day non-human primates may be linchpin in evolution of language
ヒトへの先祖を共有する、現代の人間外の霊長類が、言語の進化でのかなめであるかもしれない
アカゲザルやマカークは、ヒト脳の主要な言語センター2つと同じ脳部位を使う

言語系統と遺伝系統


past ヒトはどこに生まれ、どう移住して地球上に広がっていったか


初期のヒトは、海岸づたいに広がった
 海洋で暮らすすべの習得は、初期のヒト居住範囲拡大で重要な役割を演じた
2006/10 BBC News Early humans followed the coast
 Learning how to live off the sea may have played a key role in the expansion of early humans around the globe.
2006/07 MSNBC We all have the same ancestors, researchers say
Roots of the human family tree are surprisingly shallow
我々全ては、同じ先祖を持つ 人間のルーツは、驚くほど狭い

アフリカから地に満ちた人類


7万年前に出アフリカ、4万年前に出戻り
2006/12 National Geographic Humans Migrated Out of Africa, Then Some Went Back, Study Says
人類、アフリカから移住したあと、一部は中東経由でまたアフリカに戻ってますよ
2006/12 【日本語記事】Science日本版 アフリカからの旅立ち、そして回帰 Out of Africa and Back Again
2006/07 2006/12 BBC News Ancient humans 'followed rains'
 Prehistoric humans roamed the world's largest desert for some 5,000 years, archaeologists have revealed.
エジプト、スーダン、リビアとチャドの東部サハラは、遊牧民の牧草地であった。
7,000年前に乾いたとき、ナイル川への大量脱出と他のアフリカへ散っていった
2006/10 EurekAlert Few clues about African ancestry to be found in mitochondrial DNA
アフリカのルーツ探し、ミトコンドリアDNAではほとんどあてにならない
2006/10 Scientific American Mitochondrial DNA Fails to Pinpoint African Ancestry
かつての東サハラ
2006/07 BBC News Ancient humans 'followed rains'
 Prehistoric humans roamed the world's largest desert for some 5,000 years,
2006/07 National Geographic Exodus From Drying Sahara Gave Rise to Pharaohs, Study Says
2006/07 National Geographic Climate Change May Have Helped Humans Out of Africa, Study Says

ヨーロッパに昔住んでいた人類たち


2006/07 New Scientist 'Apartheid' slashed Celtic genes in early England
『アパルトヘイト』は、初期のイングランドにおけるケルト人の遺伝子を大幅削減した
3万年前のヨーロピアン@ルーマニア
2006/10 BBC News Cave fossils are early Europeans
2006/11 Scientific American Stone Age Twins Discovered Buried Under Mammoth's Shoulder Blade
石器時代双子発見 ― マンモスの肩甲骨の下に埋められて@オーストリア
イギリス人はスペインの漁業民の子孫
2006/09 Ananova Brits 'descended from Spanish fishermen'
2006/09 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.) 世界初の英国DNA分布地図――英国人のルーツはスペイン ~ブライアン・サイクス

●島々の血統
 ブライアン・サイクスの人類の血統DNA解析シリーズ最新刊
The Blood of the Isles
Bryan Sykes (著)
Bantam Press (2006/9/11)ハードカバー

「アダムの呪い」 ブライアン・サイクス著 ソニー・マガジンズ 2004/05 (2003/ Adam's Curse)
「イヴの七人の娘たち」 ブライアン・サイクス著 ソニー・マガジンズ 2001年
欧州の人間はおおまかに北と南の2タイプに分けることができる
modern Europeans fall into two groups: a Northern group and a Southern, or Mediterranean one
2006/09 EurekAlert UC Davis study finds distinct genetic profiles
2006/09 Dienekes' Anthropology Blog: Y chromosomes reveal limited Viking settlement in Ireland
Y染色体は、アイルランドで限られたバイキング植民を示す
2006/09 European Journal of Human Genetics; doi: 10.1038/sj.ejhg.5201709
The scale and nature of Viking settlement in Ireland from Y-chromosome admixture analysis
ブリテン入植7回
2006/09 BBC News Britain's human history revealed
Eight times humans came to try to live in Britain and on at least seven occasions they failed - beaten back by freezing conditions.
2006/09 Dienekes' Anthropology Blog: Britain's human history of migration, extinction, migration, ...
2006/09 Revealing Britain's (pre)history of human occupation | Anthropology.net
2006/09 National Geographic Ice Foiled Ancient Settlement of Britain Seven Times
あなたのスコットランド人度は? 新たなDNAテストで、先住民族の末裔かどうかを知ることが可能に
2006/08 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
5世紀のイギリスにアパルトヘイト社会
 Y染色体の5~10割がゲルマン民族系
 推定移民数に比して高率なのは大きな経済・階級差があったゆえだろう
2006/07 BBC News Britain 'had apartheid society'
2006/07 New Scientist 陰partheid slashed Celtic genes in early England
2006/07 EurekAlert Germans set up an apartheid-like society in Britain
2006/07 National Geographic Ancient Britain Had Apartheid-Like Society, Study Suggests







アジアに昔住んでいた人類たち


2006/12 【日本語記事】中央日報@韓国 「新石器末と推定される巌刻画、中部地方で初めて発掘」
地球上の全人口6分の1はインド人
2006/12 EurekAlert Researchers make progress in studying genetic traits of India-born populations
インド人にみる遺伝学的特性
 1,200のゲノムに広がる多形性は、15の異なるアメリカ先住民の母集団を象徴している432人の個人から集まった。
 この研究は、現在まで実行されるインドの遺伝学的なバリエーションの最も大きい研究を意味する
韓国人のミトコンドリアDNA
2006/10 Electrophoresis  East Asian mtDNA haplogroup determination in Koreans: Haplogroup-level coding region SNP analysis and subhaplogroup-level control region sequence analysis.
第二のDNAテストは、示した ― 教授が結局ジンギスカンの子孫でないことを。
2006/06 New York Times Falling From Genghis's Family Tree
By NICHOLAS WADE
2006/09 Dienekes' Anthropology Blog: Shared Y-chromosome heritage of Hindus and Muslims in India
ヒンズー人とインドの回教徒、先祖伝来のY染色体共有しております

オーストラリア、オセアニア


2006/08 National Geographic 20,000-Year-Old Human Footprints Found in Australia

アメリカ大陸に昔住んでいた人類たち


2006/10 【日本語記事】 cnn.co.jp メキシコでヒトの足跡化石、アメリカ大陸最古か?
足跡13個@北部コアウイラ州クアトロ・シエネガスの砂漠地帯、約1万5000年前
 それまで:南米チリのモンテベルデ、約1万3000年前
 世界最古のヒト足跡:アフリカ・タンザニア@370万年前
2006/10 EurekAlert Rapid sea level rise in the Arctic Ocean may alter views of human migration
北極海の速い海面上昇は、ヒト移住の歴史を修正するかもしれない
 従来の見解より1000年早く、およそ11,000年前、アラスカ側のベーリング海峡は水没した

past ヒト進化と遺伝子


進化 : ヒトをヒトたらしめる遺伝子
 多くの新皮質神経細胞が脳内機能を確立する妊娠初期に、カハール・レチウスニューロンで活性化するHAR1F
 ヒトにおいて加速進化したゲノム内非コード領域の探査から
2006/09 【日本語記事】 Nature@日本
2006/09 Nature Evolutionary biology: Human brain gene wins genome race
10.1038/nature05154
発生中の皮質で発現するあるRNA 遺伝子はヒトで急速に進化した
2006/09 Nature An RNA gene expressed during cortical development evolved rapidly in humans
10.1038/nature05113
そして「最も速く進化したヒト遺伝子大賞」の受賞者は…!?
2006/08 The Loom : And the award for the fastest-evolving piece of human DNA goes to...
2006/08 EurekAlert Brain gene shows dramatic difference from chimp to human
2006/08 EurekAlert Newly discovered gene may hold clues to evolution of human brain capacity
2006/08 EurekAlert Researchers identify human DNA on the fast track
Novel RNA gene is one of the fastest evolving regions in human genome
2006/08 BBC News Research finds 'unique human DNA'
2006/08 Discovery Study: Human Brain Evolved Quickly
2006/08 Scientific American Scientists Identify Gene Difference Between Humans and Chimps
2006/08 New Scientist Fastest-evolving human gene linked to brain boost
ヒト遺伝学的多様性の組換えの影響
ホットスポットは、代用率に対する全く影響を持たない示唆する ― 彼らが進化の時間の尺度の上であまりに短命であることを ― ベース構成と変化率進化のより広いスケール・パターンに対する強い影響を持つには。
2006/07 PLoS Genetics: The influence of recombination on human genetic diversity

past 物議をかもす新発見のヒト祖先化石や遺跡たち


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「サイエンス・ショー」 MP3ファイル 50分
Science Show 2006-10-14
07:27 古人類学
 URL Early human child, ルーシーの子 Dikika ディキカ・チャイルド、ルーシーの科学者
 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。

2006/10 【日本語記事】 毎日新聞 猿人:よみがえる330万年前の顔--エチオピアで発掘の女児の化石
ナショナルジオグラフィック協会が復顔
2006/10 National Geographic ''Lucy's Baby'' Adds to Early-Human Record
 白目つけてます

  →ヒトの「白目」の進化


こないだ発表されたルーシーの親戚の子というのは、実際は種が違う生物なんじゃないか?
 ~Jeffrey Schwartz ジェフリー・シュワルツ
2006/10 EurekAlert Anthropologist challenges species identification of ancient child skeleton found in Ethiopia
 LaetoliのルーシーとDikikaの幼体化石が、ともにアウストラロピテクス・アファレンシスだとされたのはヘンだ
 エチオピアのDikika(ハダール Hadarの数km脇)と、タンザニアのラエトリ(Laetoli)は、1000キロメートルも離れているのであって
 シュワルツとイアン・タッタソール、Laetoliサンプルは Hadar地域のルーシー化石と似ていないじゃないかと指摘

 位置関係を読み取り間違っているかも…

※ 2006/09 【日本語記事】 Nature@日本 WEB FOCUS 330 万年前の子ども:エチオピアのDikika で見つかったアファール猿人の幼若個体

『骨は語る』 ジェフリー シュワルツ (著) 河出書房新社 (1995/10)
『オランウータンと人類の起源』 ジェフリー シュワルツ (著) 河出書房新社 (1989/02)
『化石から知るヒトの進化』 イアン・タッタソール (著) 三田出版会 (1998/06)
 大型本 『最後のネアンデルタール』 別冊日経サイエンス イアン・タッターソル (著)日経サイエンス (1999/06)
 『サルと人の進化論―なぜサルは人にならないか』 イアン タッターソル (著) 原書房 (1999/09)
2006/09 Expert Commentary on Lucy's Baby: John Hawks: BLOG: SciAm Observations
2006/09 【日本語記事】 Nature@日本 WEB FOCUS 330 万年前の子ども:エチオピアのDikika で見つかったアファール猿人の幼若個体

2006/09 Nature Digest 【日本語PDF:人類進化の空白を埋めるアナメンシス猿人の化石を発見】(諏訪 元)
【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「ヒト祖先の新化石」 MP3ファイル 21分
Human Evolution Fossil Find and Oil Company Conservation Comments
Science Talk: September 20, 2006: The Podcast of Scientific American
 
【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】「新発見の猿人」 MP3ファイル 7分
Discovery News Update2 006-09-27 Discovery News
 Discovery Channel Radio's Mo Rocca on the recent apeman discovery

2006/09 【日本語記事】 Nature@日本 330万年前の子ども:エチオピアのDikikaで見つかったアファール猿人の幼若個体
2006/09 【日本語記事】 Nature@日本 エチオピアのDikika で見つかったアファール猿人の幼若個体
2006/09 【日本語記事】 Nature@日本 化石 : 砂漠の記憶
古人類学:貴重な赤ん坊
2006/09 Nature Palaeoanthropology: A precious little bundle
進化:エチオピアのDikikaで出土した初期人類の幼若個体の骨格
2006/09 Nature A juvenile early hominin skeleton from Dikika, Ethiopia
進化:エチオピアのDikikaにおいて鮮新世の人類の幼若個体が置かれていた地質学的・古生物学的な状況
2006/09 Nature Geological and palaeontological context of a Pliocene juvenile hominin at Dikika, Ethiopia
2006/09 【日本語記事】 asahi.com 330万年前の猿人女児の化石、ほぼ完全な形で発見
2006/09 【日本語記事】 読売 330万年前、最古の子供の化石…エチオピアで発見
2006/09 【日本語記事】 毎日新聞 アファール猿人:子どもの化石、国際チームが発見 ほぼ完全体--エチオピア
2006/09 EurekAlert Oldest juvenile skeleton discovered will help piece together human development
2006/09 BBC News 'Lucy's baby' found in Ethiopia
2006/09 Discovery Child 'Lucy' Unearthed in Ethiopia
2006/09 National Geographic "Lucy's Baby" -- World's Oldest Child -- Found by Fossil Hunters
2006/09 New Scientist The amazing fossil of 'Lucy's little sister'
2006/09 EurekAlert Meet the earliest baby girl ever discovered
2006/09 Science News Evolution's Child: Fossil puts youthful twist on Lucy's kind
ルーシーって何?
2006/09 National Geographic What Was "Lucy"? Fast Facts on an Early Human Ancestor

past 各種の過去人類


2006/12 EurekAlert Ape-man skeleton is 2.2 million years old, say scientists
猿人骨格リトルフットは220万才 人類に至る先祖の一部ではなさそう
2006/12 National Geographic Ancient Apelike Fossil Not Human Ancestor, Study Finds
古代のサルのような化石は人類にあらず
2006/12 EurekAlert Ancient ape ruled out of man's ancestral line
人類の先祖の系統から除外される古代の類人猿
 40万年前のリトルフット、人類の系譜に入れるには若すぎる ~南アフリカ
人類進化の空白を埋めるアナメンシス猿人の化石を発見
 Nature 4 月13 日号で発表した最古アウストラロピテクス
2006/09 Nature Digest 【日本語PDF:諏訪元
鳥に食われていた初期人類
2006/08 EurekAlert Ancient raptors likely feasted on early man, study suggests
ダイアナモンキーの頭蓋の穴、タカっぽい
2006/09 National Geographic Eagle Ancestors Hunted Early Humans, Skull Study Suggests

past ネアンデルタール人


2006/12 【日本語ブログ】 今年の古人類学界(3)ネアンデルタール人関連の議論 雑記帳
ネアンデルタール骨格の地方差
2006/12 EurekAlert HYMS researchers focus on human evolution
2006/12 BBC News New scan of 'Neanderthal' jawbone
2006/07 Wired Code of the Caveman
人類はネアンデルタール遺伝子を継承しているか?
ネアンデルタールの共食い 43000年前@スペイン
2006/12 National Geographic Neandertals Turned to Cannibalism, Bone Cave Suggests
2006/12 BBC News Hungry ancients 'turned cannibal'
2006/12 Discovery Neanderthal Life Forced Cannibalism
2006/12 New Scientist Did starving Neanderthals eat each other?
2006/12 【日本語ブログ】 ネアンデルタール人の食人習慣? 雑記帳
進化:ネアンデルタール人における臼歯の成長過程
2006/12 Nature How Neanderthal molar teeth grew
2006/12 【日本語記事】 Nature@日本 進化 : ネアンデルタール人の臼歯が語ること
ネアンデルタール歯が成長した方法
2006/11 EurekAlert The ESRF reveals how Neanderthal teeth grew
2006/12 【日本語ブログ】 ネアンデルタール人の成長速度 雑記帳
労働の性的役割における区分は、現代の人間にネアンデルタールに勝る利点を与えた
2006/12 EurekAlert Gendered division of labor gave modern humans advantage over Neanderthals
現代の狩猟採集民に見られるような性別や年齢別に基づいた分業が発生するのは上部旧石器時代以降の話
現生人類はリスク分散型の多角的生存戦略、ネアンデルタールではハイリスク・ハイリターンな専一的生存戦略
2006/12 National Geographic Sex-Based Roles Gave Modern Humans an Edge, Study Says
2006/12 【日本語ブログ】 ネアンデルタール人と現生人類との、性別・年齢別分業の違い 雑記帳
2006/11 John Hawks Anthropology Weblog : Neandertal genome FAQ
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 ネアンデルタール人のゲノミクス:100万塩基対分のDNAを解読
 100万塩基対を超えるDNAを抽出できるほど良質の、38,000年前のネアンデルタール人の骨
2006/11 【日本語記事】 Science日本版 ネアンデルタール人のDNA塩基配列が決定 Neanderthal DNA Sequenced
2006/11 【日本語記事】 Nature@日本 ネアンデルタール人のゲノミクス
2006/11 New York Times New Machine Sheds Light on DNA of Neanderthals ~Nicholas Wade ニコラス・ウェイド
進化生物学:古ゲノミクスの誕生
2006/11 Nature Evolutionary biology: Ancient genomics is born
進化:ネアンデルタール人の100万塩基対のDNAを解析
2006/11 Nature Analysis of one million base pairs of Neanderthal DNA
2006/11 【日本語記事】 読売 「旧人」ゲノム解析へ、化石人骨でDNA解析に成功
2006/11 【日本語記事】 毎日新聞 ネアンデルタール人:DNA、99.5%ヒトと同一
2006/11 EurekAlert Neanderthal genome sequencing yields surprising results and opens a new door to future studies
ネアンデルタールDNAの遺伝学的な研究は、人間とネアンデルタールの間で初期の分派を示す
2006/11 EurekAlert Genetic study of Neanderthal DNA reveals early split between humans and Neanderthals
2006/11 ABC@オーストラリア Neanderthal DNA shows we're quite separate
2006/11 BBC News Neanderthal DNA secrets unlocked
2006/11 news@nature.com Neanderthal genome sees first light
2006/11 New Scientist Neanderthals have genome chunk sequenced
ネアンデルタールはヒトと交雑することによってヒトに脳大型化の遺伝子をもたらした
2006/11 ABC@オーストラリア Did Neanderthals gave us a brainy gift?
ネアンデルタールから検出された小頭症のハプロタイプ
2006/11 Dienekes' Anthropology Blog: Microcephal in haplotype from Neanderthals
2006/11 Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.0606966103
 Evidence that the adaptive allele of the brain size gene microcephalin introgressed into Homo sapiens from an archaic Homo lineage
2006/11 New York Times Neanderthals in Gene Pool, Study Suggests
ネアンデルタールはホモサピエンスと混血していた説
2006/10 National Geographic Neandertals, Modern Humans Interbred, Bone Study Suggests
ルーマニアからネアンデルタール混血の証拠
2006/11 EurekAlert More human-Neandertal mixing evidence uncovered
2006/10 National Geographic Neandertal Gene Study Reveals Early Split With Humans
古人類学:最後のネアンデルタール人
2006/10 Nature Palaeoanthropology: Return of the last Neanderthal
進化:ヨーロッパ最南端におけるネアンデルタール人の最後の生き残り
2006/10 Nature Late survival of Neanderthals at the southernmost extreme of Europe
2万8000年前@ジブラルタルの「ゴーラムの洞窟」(Gorham’s Cave)
2006/10 【日本語記事】 Nature@日本 進化 : 生き延びたネアンデルタール人
ネアンデルタールDNAが照らし出すヒトの分岐
2006/10 New Scientist Neanderthal DNA illuminates split with humans
最後のネアンデルタール@スペイン南部
2006/09 Discovery Neanderthals Around Longer, Study Says
2006/09 National Geographic Neandertals' Last Stand Was in Gibraltar, Study Suggests
2006/09 New Scientist Neanderthals and humans lived side by side
2006/09 news@nature.com Neanderthal's last stand
2006/09 BBC News Neanderthals' 'last rock refuge'
2006/09 EurekAlert Modern humans, not Neandertals, may be evolution's 'odd man out'
現代のヒト(ネアンデルタールでない)は、進化の『仲間外れ』であるかもしれない
Looking incorrectly at Neandertals
間違ってネアンデルタールを見ること
ネアンデルタール発見から150年 まだまだ
2006/08 Neanderthal Still Posing Questions 150 Years After Discovery | Germany | Deutsche Welle | 20.08.2006
予想以上に現代人っぽいネアンデルタール
2006/08 EurekAlert How modern were European Neanderthals?
2006/08 Discovery Neanderthals: Still in Our Genes?
2006/08 Modern Human versus Neandertal Evolutionary Distinctiveness
Current Anthropology, volume 47 (2006), pages 597ミ620
 DOI: 10.1086/504165  PubMed ID: 120413
科学なポッドキャスト: 【podcast 音声】【英語】MP3ファイル 50分
Science Show 2006-07-08  ABC@オーストラリア
10:30 Technology for reading human genomes:ヒト遺伝子解析技術
 ヒトの系譜とネアンデルタール人(0.3%だけ解析済み)
19:22 History of language and music in humans:世界祖語・共通祖語
 人類が最初に交わした会話を再現(~カナダ1994年の放送) 

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
URL Science Show
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
ネアンデルタールゲノム再現計画進行中
2006/07 Scientists Plan to Rebuild Neanderthal Genome - New York Times*
解析手法: In the News Neandertal ~ 454 Life Sciences
2006/07 news@nature.com PalaeoanthropologyDecoding our cousins
2006/07 news@nature.com Geneticists shoot for Neanderthal genome in two years
米独の共同チーム、ネアンデルタール人のゲノム解読へ
2006/07 【日本語記事】 cnn.co.jp
ネアンデルタール人:ゲノム解読へ、人類の謎に挑戦--米国・ドイツ
2006/07 【日本語記事】 毎日新聞
 ドイツのマックスプランク研究所と米バイオ企業の454ライフサイエンシズ(コネティカット州)

past ほか


ネアンデルタールのDNAをゲットしたぞ こないだはアナグマも
 じゃあ「ブタクマ人」まであとちょいじゃないか
 さっそく「ブタクマ人」狩りにアル・ゴアが出動だ! ~サウス・パーク
2006/11 John Hawks Anthropology Weblog : Quote of the day
2006/09 京郷新聞(韓国語)<北京原人の頭蓋骨は、日本の皇居地下室にあるかも・・・>
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200609271823131&code=970204
2006/09 【日本語記事】 産経新聞<有力情報は「皇居の地下室」? 北京原人化石の行方やいかに>
http://www.sankei.co.jp/news/060927/kok016.htm



 以上、 →2006年7月~12月の記事でした


→ 「古人類学 人間の祖先、ヒトの進化」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー