性格/性向/感情/幸福感:
2007年1~6月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2007/06 BBC News Cerebral palsy children 'happy'
 Children with cerebral palsy are just as happy as children without the condition are
2007/06 【日本語記事】Nature@日本 脳:報酬を求める行動
 ドーパミンニューロンが報酬関連シグナルを受け取る仕組み ~松本正幸と彦坂興秀
感情を言葉にあらわすと、脳が癒される
2007/06 PhysOrg Putting feelings into words produces therapeutic effects in the brain
 感情を言葉で表現することによって、悲しみ、怒り、苦痛がやわらぐその理由
 the right ventrolateral prefrontal cortex 
 右の腹外側前頭葉前部皮質は感情的な経験について思考することを担当するとともに、感情的な衝動を抑制する役割を担っている。

 理性(言語)が感情を説得するという図?
仕事に行きたくない?  休み明けのうつ対策
2007/06 PhysOrg Dividing up your holidays into several periods can help prevent post-holiday syndrome
 長期間まとめて休まずに、いくつかの期間に休みを分割すれば、post-holiday症候群を防げるよ
死に値札を付けよ
2007/06 Scientific American Putting a Price Tag on Death
 お金で幸福が買えるならば、愛する人を失った代価はいくらになるだろうか?
 喪失の苦しみと、適切なお金の量を秤(はかり)にかければ、もっと合理的な裁判所の判断が出るだろうに ~経済学者

 この経済学者たちは、
  ・喪失によって減少した幸福度ポイント
  ・金銭獲得によって上昇する幸福度ポイント
この方法で換算しうるとしている。
2007/06 【日本語記事】 UK Today (イギリス) 幸福と感じる人が最も少ない町はリバプール
3才のときの社交性、将来の社交性と成績を示すっぽい
2007/06 EurekAlert Research links childhood social skills and learning abilities
研究は、小児期の社会スキルと学習能力を結ぶ
ユーモアの基準、文化それぞれ世代それぞれ性別それぞれ人それぞれ
2007/06 EurekAlert Scientific research on sense of humor sheds light on psychological profiles
2007/06 【日本語記事】Science日本版 利他主義の気持ちよさ
The Heady Feelings of Altruism
2007/06 【日本語記事】朝日新聞 日本人の自尊心、米国人並み 東大などが潜在意識調査
2007/06 【日本語ブログ】 自尊心とIAT(潜在的連合テスト) インターネットカルチャースクール
「与えよ、去れば与えられん」与えても良い結果にはならない現実
2007/06 EurekAlert 'Better to give than to receive' may not hold true for corporations
Gift giving just got more complicated
ネット通販の客は、プライバシー保護が高い事に対してよけいに代価を支払ってくれる
2007/06 EurekAlert Online shoppers will pay extra to protect privacy, Carnegie Mellon study shows
MAOA
2007/06 PhysOrg Research Links Brain Chemistry with Aggressive Personality
 「2007 Image of the Year」
2007/06 EurekAlert New insights into the neural basis of anxiety
不安の神経の基盤に対する新しい洞察
 不明瞭な状況を危機だと受け取ってしまうネズミを作る神経の回路
高いセルフ・エスティームは、文化の東西関係なし
2007/06 EurekAlert High self-esteem may be culturally universal, international study shows
 東アジア人はおのれを控えめだとみなしがちだけれど、実際には実験結果で異なる絵が出ますよ
 米中日、3ヶ国全ての学生は、非常にポジティブな潜在的な自尊心をお持ち
 特に日本の学生は、自尊心が抜きんでて高いんでないかい
 村上史朗・東大 潮村公弘・信州大 小林知博 ・阪大
生物学に由来する子供たちの犯罪
2007/06 EurekAlert It's not all the parent's fault -- Delinquency in children now linked to biology
全てが親の責任であるというわけではない
 反作用的な自律神経系が、ストレスの多い家族環境とともに、子供たちにおけるmaladaptiveなパーソナリティの増大例に導く
怒りを我慢すると肺が悪くなるかも
2007/06 EurekAlert Harboring hostility may be linked to unhealthy lungs
敵意を隠匿することは、不健康な肺に結ばれるかもしれない
楽しさ盛り上げ優先の消費:promotion-focused
 悪いこと予防優先の消費:prevention-focused
2007/06 EurekAlert You are what you buy: How different consumer types shop
2007/05 【日本語サイト】All About 常にラッキーが舞い込む方法
2007/05 EurekAlert Workplace bullying 50 percent higher in the US than Scandinavia
2007/05 times The Science of Disgust
脳にデフォルト配線されている利他行動快感
2007/05 Washington Post If It Feels Good to Be Good, It Might Be Only Natural
when the volunteers placed the interests of others before their own, the generosity activated a primitive part of the brain that usually lights up in response to food or sex. Altruism was not a superior moral faculty that suppresses basic selfish urges but rather was basic to the brain, hard-wired and pleasurable.
2007/05 PhysOrg Humans hard-wired to be generous
2007/05 ScienceDaily Inner Workings Of The Magnanimous Mind: Why It Feels Good To Be Altruistic
2007/05 EurekAlert Brain activity reflects differences in types of anxiety
脳活性は、不安タイプの差異を反映する
脳活性の異なるパターンは、2種類の不安のそれぞれに結びつけられる:
心配な懸念(ことばの反芻、気がかり)/不安な興奮(激しい恐怖やパニック)
2007/05 LiveScience Americans and Japanese Read Faces Differently
結城雅樹 北大准教授の研究:日本人は人の「目」から感情を読み取るが、アメリカ人は「口」から読み取る
2007/05 【日本語記事】スラッシュドット アメリカ人は口で、日本人は目で話す
お子さんは適切におだてたほうがオトク
 セルフエスティームがナイスな若人は将来出世しますよ
2007/05 PhysOrg Positive self-esteem in youth can pay big salary dividends later in life
若者におけるポジティブな自尊心は、人生のちのち大きい給料分け前を払うことができる
2006/11  Psychiatr News Spirituality Tied to Higher Depression, Anxiety Rates
2007/05 PhysOrg Self-Compassion May be More Important Than Self-Esteem in Dealing With Negative Events, New Studies Show
ネガティブなイベントを扱うことにおいて自尊心より重要な自己憐憫が存在するかもしれない
2007/05 ScienceDaily Over Time, Those Who Find Inner Calm Live Longer, Healthier Lives
内面が平静な人々は、より長く健康に生きる
2007/05 【日本語記事】Science日本版
 脳は金銭による動機付けをどのように運動の強度に変えているのか:無意識下での動機付けにおける神経画像研究
How the Brain
Translates Money into Force: A Neuroimaging Study of Subliminal Motivation
2007/05 PhysOrg Study: Intuition, mood may affect belief
直観力、感情は信念に影響を及ぼすかも
 直感にたよりがちで、ええ気分の人間はなんでも信じてしまいかねない
2007/05 BBC News Unfairness 'increases heart risk'
想像力がしばる未来
 悪行について考えさせると、その人は罪な誘惑に屈服しやすくなる
2007/05 EurekAlert License to sin -- Asking people to think about vice increases their likelihood of giving in
疫病神?
2007/05 New Scientist Accident-prone people do exist
事故を起こしやすい人々が、存在する
1 in 29 people have a 50 per cent higher chance of having an accident than the rest of the population
2007/05 EurekAlert For better or for worse -- Optimists and pessimists are influenced by different ad messages
よかれあしかれ-楽観論者と悲観論者は、異なる広告メッセージによって影響される
経済性向の2種類:prevention-focusedする(risk-averse)か、promotion-focusedした(獲得を指向する)。
防止-集中する人々は、比較広告を用いるブランドを支持する傾向があった。
防止-集中する人々はまず比較対象ブランドに目を向けるのに対し、 販売促進-集中する人々は広告されたブランドの査定にかまける
悪行について考えさせると、罪な誘惑に屈服しやすくなる
2007/05 EurekAlert License to sin -- Asking people to think about vice increases their likelihood of giving in
2007/05 【日本語記事】Science日本版
 脳は金銭による動機付けをどのように運動の強度に変えているのか:無意識下での動機付けにおける神経画像研究
How the Brain
Translates Money into Force: A Neuroimaging Study of Subliminal Motivation
2006/10 ScienceDaily Anxiety Disorders Linked To Physical Conditions
不安障害、身体的症状と結ばれる
甲状腺の疾患、ガン、高血圧患者で予想されるより、不安障害の 突然の心臓病死率は高い
2007/05 EurekAlert Traumas like Sept. 11 make brains more reactive to fear
9月11日のようなトラウマは、恐怖に過剰反応しやすい脳を作る
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 「やったー」細胞と「しまった」細胞 脳に別々で存在か
女性の幸福において重要なのは子どもの有無にあらず ~Amy Pienta.
 大事なのは、人生の伴侶がいるかどうか
 幸福度は、子どもがない人より、若くして母になった人のほうが、実は低いんですよarama
2007/05 ScienceDaily Deciding When To Have A Child, If Ever: The Impacts Later In Life
2007/05 【日本語記事】 UK Today (イギリス)  お金を失うのは思ったよりも「痛い」経験!
2007/05 EurekAlert Study shows response to financial loss parallels brain's processing of pain
研究は、示す ― 金融の喪失への反応が苦痛の脳の処理に近似することを
鳥の好奇心の強さは遺伝子しだい
2007/05 EurekAlert 'Personality-gene' makes songbirds curious
dopamine receptor D4 (Drd4) 『パーソナリティ-遺伝子』は好奇心の強い鳴鳥を作る
人間では、そのような「人格遺伝子」の存在を証明することは難しい-ヒト行動に影響するあまりに多数の要素があるため
ミラーニューロン研究今昔
2007/05 EurekAlert/The Observer Mirror neurons: How we reflect on behavior
 感情移入で大きい役割を演ずるミラー・ニューロン
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 覚せい剤依存に遺伝子 名城大など発見 GDNF
若い連中の脳は年寄りより「損」に反応しすぎ
 トクに対する反応にはそんなに差がないのにね
2007/04 New Scientist Younger generation has greater fear of loss
 younger adults showed more activity their insula and caudate ミ areas of the brain
involved in processing emotion ミ when anticipating losses than the elderly.
ヴァージニア工科大の殺人犯、あらかじめ脳異常がわかっていればなんとかなったろうに
2007/04 PhysOrg Scientists look to disrupt the brain chemistry of violence
暴力の脳化学
2007/04 New York Times Understanding Empathy: Can You Feel My Pain?
校内暴力は、学校環境しだいでなんぼか加減できる
2007/04 EurekAlert Study finds school environment can moderate student aggression
2007/04 【日本語記事】goo/朝日新聞 男性、温厚なほど長寿 神経質は寿命左右 米大学調べ
2007/04 EurekAlert Similar brain chemicals influence aggression in fruit flies and humans
ショウジョウバエと人間における類似した脳化学物質影響攻撃性
セロトニン/ニューロペプチドY(既知の無脊椎動物におけるニューロペプチドF)
2007/04 cosmosmagazine Gambling risk for Parkinson's patients
2007/04 【日本語記事】Nature@日本 脳 : 道徳的判断と感情
 腹内側前頭前皮質損傷の患者6名から
2007/04 Nature 神経生物学:正義が気持ちいいわけ
Neurobiology: Feeling right about doing right
2007/04 Nature 神経科学:前頭前皮質の損傷によって道徳的判断の功利主義的な傾向が増す
Damage to the prefrontal cortex increases utilitarian moral judgements
警察 vs ヒステリーの市民
2007/04 EurekAlert Study finds holding eye contact is critical when police confront hysterical citizens
アイコンタクトまたは「凝視」は、頭に血がのぼった市民を落ちつかせる効果的な方法の1つ
若気のいたりはしゃーないですよ
2007/04 EurekAlert Heightened risk taking during adolescence likely biologically driven and possibly inevitable
思春期のリスク志向は生物学上そうなっているんで
2007/04 New Scientist Money game reveals our inner Robin Hood
マネー・ゲームは、我らが内なるロビン・フッドを現す
我々には生まれつき平等を求める欲望があり、自腹を切ってでも、持つ者から持たざる者へと富を分かち与えようとする
2007/04 【日本語記事】Nature@日本 みんな平等に
2007/04 Nature 進化:人間にみられる平等主義という動機 Egalitarian motives in humans
2007/04 【日本語記事】Science日本版 ヒトは無意識のうちに高い報酬を求めて一生懸命働く
Without Knowing It, We Work Harder for More Cash
2007/04 Science DOI: 10.1126/science.1140459
 How the Brain Translates Money into Force: A Neuroimaging Study of Subliminal Motivation
2007/04 EurekAlert Good behavior, religiousness may be genetic
遺伝学的な良い行動、遺伝学的な信心深さが、存在するかもしれない
双子の研究は、厳に環境影響ではない利他行動を示す
2007/04 EurekAlert  Research finds that culture is key to interpreting facial emotions
顔の感情解釈における文化差
研究は、{日本とアメリカが多様にする ― 顔の手がかりを解読することで} 方法を調べる
2007/04 ScienceDaily Violent Video Games And Hostile Personalities Go Together
暴力的なテレビゲームと敵対的な人格はつきもの
神経質さが加齢につれて減る人は、より長生きする傾向
2007/04 EurekAlert Change in neuroticism tied to mortality rates, researcher says
心配性の短命
2007/04 PhysOrg Study links propensity toward worry to early death
神経症的な男性は、ガンや心臓疾患で早死にしがち
どろんこ遊びが楽しいのはこいつのせい?
2007/04 EurekAlert Getting dirty may lift your mood
汚くなることは、あなたの機嫌を持ち上げるかもしれない
土壌で発見されたバクテリアは、セロトニンを産み出すニューロンを活性化した
2007/04 BBC News Dirt exposure 'boosts happiness'
2007/04 【日本語記事】 UK Today (イギリス) ふさぎ込んだら泥んこ遊び?――土壌に生息するバクテリアに抗うつ効果!
勝ったチームのほうがおっかない
2007/04 BBC News Winning 'triggers fan aggression'
スポーツ・ファンは負けよりはむしろ、勝ったあとのほうが攻撃的







ラグビー試合の観客においては、祝って飲むより、攻撃性に駆り立てられたほうがたくさん酒類を消費する
2007/03 EurekAlert Aggression, rather than celebration, drives alcohol consumption in rugby spectators
嫌悪感覚の進化心理学 ~人類学者Dan Fessler
2007/03 EurekAlert Ewwwww! UCLA anthropologist studies evolution's disgusting side
 外国人差別、性的偏見…
 我々の先祖を助けた感情的な反応は、現代の暮らしではトラブルのタネかもしれない
感情に関する学会開催
 Seven Dimensions of Emotion:Integrating Biological, Clinical and Cultural Perspectives on Fear, Disgust, Love, Grief, Anger, Empathy and Hope
 感情の7つの次元:恐れ、嫌気、愛、深い悲しみ、怒り、感情移入と希望の上で生物学的、臨床と文化的な展望を統合すること
2007/03 【日本語記事】ヘルスデージャパン 「怒りの遺伝子」が感情表現に拍車をかける
 セロトニンレベルに関与する遺伝子と怒りの感情との関連性@女性
心拍と気分
2007/03 ScienceDaily Why We Give In To Temptation
A measure of cardiac regulation called "heart rate variability" (HRV) appears to be
linked to self regulation.

2007/03 EurekAlert Moral judgment fails without feelings
2007/03 2007/03 news@nature.com To kill one, or watch many die?
2007/03 New Scientist Impaired emotional processing affects moral judgements
そこなわれた感情的な処理は、道徳の判断に影響を及ぼす
脳の感情プロセスに障害がある人は、論理的にまっとうな倫理判断を下せるようになる
 アントニオ・ダマジオ、マーク・ハウザーらは、実験のために30人をリクルート。
 被験者のうちの6人は、動脈瘤や腫瘍によって感情を制御する領域: 腹内側の前頭葉前部皮質(VMPC)にダメージを持つ。
 12人は、VMPC以外の脳の一部に、ダメージを持つ(VMPCは無傷)。
 残り12人は、脳損傷の経歴なし。

※ マーク・ハウザー Marc Hauserのモラル・マインド
  フランス・ドゥ・ヴァール Philip Kitcher
Journal reference: Nature (DOI: 10.1038/nature05631)


大きいことはいいことだ?
2007/03 EurekAlert Is bigger better?
Breast surgery linked to boost in self-esteem and sexuality
豊胸手術で自尊心とセクシャリティ増進
2007/03 EurekAlert Put on a happy face: Happy digital characters sell products better than sad ones
ハッピーな顔にしておけ:幸福そうなデジタル・キャラクタなら悲しげなものより売上げアップ
高齢になると、展望がポジティブになる
2007/03 EurekAlert Getting older provides positive outlook
 感情的な情報を処理する上で、高齢の成人は若い成人より良いバランスを示す
いじめは気持ちいいですか
2007/03 PhysOrg They love to make you mad
人を荒れ狂わせるのが好きな一部の人々
他のものの剣幕を発見し、煽って炎上させることに快感を感じる
2007/03 BBC News Fear centre 'shrinks' in autism
自閉症で脳の『恐れセンター』縮む 感情察知の扁桃核が萎縮している
買い物中毒に抗鬱薬は効かないじゃないか
2007/03 EurekAlert Study of drug therapy for compulsive buying yields a puzzle, Stanford researcher says
衝動買いのための薬治療の研究は、パズルをもたらす
ティーンの気分を左右するホルモン
 思春期のお子たちが扱いにくいのはギャバのせい
2007/03 EurekAlert Scientists find hormone activity explains adolescent mood swings
If your teenager doesn't act the way you expect--blame GABA
2007/03 BBC News Teenage mood swing hormone found
2007/03 EurekAlert Gene variations contribute to aggression and anger in women
女性の攻撃性や怒りを左右する遺伝子のバリエーション
 セロトニン・レセプターserotonin receptor 2C gene
2007/03 EurekAlert Omega-3s boost grey matter, findings may explain why omega-3s seem to improve mood
オメガ3脂肪酸(魚油、DHA)は灰白質を増進させる。
 気分を改善する効果があるのはそのせいかな
期待していたほど幸せじゃない?
 我々は、期待より失望にかまけてしまう動物
2007/03 EurekAlert Not as happy as you thought you壇 be?
 Study shows that disappointment has more impact than unexpected enjoyment
ライナスの毛布=安心の源
2007/03 ScienceDaily Why Children Love Their Security Blankets
子供は、お気に入りぬいぐるみやタオルケットが固有の「エッセンス」を持つと考える
2007/03 EurekAlert New study reports on the state of human happiness
ヒト幸福の状態についての新しい研究レポート
 生活状況変化への適応は、幸福度に大きく関わる
 幸福レベルは変化する、適応は避けられなくない、人生上のイベントは大きく作用する
2007/03 EurekAlert Psychologists find pursuit of happiness not a straight path
幸福の追求は一直線経路にあらず
 生活環境における重大な変化は、実際に幸福レベルに対する長期の衝撃を持つことができる。
 結婚、離婚、慢性病…
2007/03 Journal of Personality Volume 75 Issue 2 Page 199 - April 2007
doi:10.1111/j.1467-6494.2007.00437.x
Emotional Intelligence and Emotional Creativity
2007/03 Journal of Personality Volume 75 Issue 2 Page 265 - April 2007
doi:10.1111/j.1467-6494.2007.00439.x
Religiousness, Antisocial Behavior, and Altruism: Genetic and Environmental Mediation
信心深さ、反社会的な行動と利他主義者:遺伝と環境の調停
2007/03 EurekAlert When God sanctions violence, believers act more aggressively
2007/02 BBC News Emotion robots learn from people
2007/03 【日本語記事】 Nature@日本 生理 : やさしさタンパク質?
 シグナル伝達に関与する膜貫通糖タンパク質CD38
 脳内に高濃度に存在し、オキシトシンの血漿濃度を制御
2007/03 Neuroscience Gateway (March 2007) | doi:10.1038/aba1721
The immune molecule CD38 is important in social behaviors because it regulates the release of oxytocin.
2007/03 Nature 生理:CD38はオキシトシン分泌を制御して社会行動に重要な役割を果たす
CD38 is critical for social behaviour by regulating oxytocin secretion
2007/03 Genes, Brain and Behavior Serotonin 5-HT2C Receptors Regulate Anxiety-like Behavior
2007/02 EurekAlert How do I love me? New study presents a twist on the conventional narcissist
どのように、私は私を愛しているか?
新しい研究は、従来のナルシシストの上で意外な展開を提示する
 ナルシスト、おのれのルックスと内面を同一視している
内気な子どもは、ストレス遺伝子とストレス持ち両親がこしらえる
2007/03 EurekAlert Genes and stressed-out parents lead to shy kids
遺伝子とstressed-out親、内気な子供に導く
2007/02 Discovery Math Anxiety Drains Brain Power
数学不安は、脳力を消耗させる
人のよさの国際比較(世界価値観調査)
人が信用できるかどうかという見方からすると、世界一、人がいいのはデンマーク人
 日本人の人のよさは世界60カ国中、第8位
社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune
2007/02 ABC@オーストラリア Happy genes give us a lift
幸福な遺伝子は、我々にリフトを与える
永遠の満足は、ほとんど不可能であるが、近い状態には行けそうだ
遺伝子還元主義に牽制球
2007/02 Discovery Genes and Fortune Determine Happiness
遺伝子と運は、幸福を確定する
2007/02 EurekAlert Negative grief emotions decline about 6 months after the loss of a loved one
愛されるものの喪失の後のネガティブな深い悲しみ感情、6ヵ月で減少
ハイレベルの人ほど、ストレスがかかるとテンパりやすい
2007/02 EurekAlert Highly accomplished people more prone to failure than others when under stress
 優秀な人々は圧力の下でしばしば息が詰まる ― ストレスによる注意散漫がワーキング・メモリを消費する
2007/02 EurekAlert The quality of a father-child relationship effects intimate relationships in adulthood
父子関係のクオリティは、成人期の社交性を左右する
2007/02 EurekAlert Decision making isn't always as rational as you think (or hope)
たいがいの人々において、感情は理性を蹂躙しまくり
2007/02 EurekAlert A clever catchphrase goes a long way -- even if you don't get the joke
2007/02 EurekAlert Characteristics of increased risk for compulsive gambling linked to Parkinson's disease medications
パーキンソン病薬物投与に結ばれる強迫観念によるギャンブルのための増大されたリスクの特徴
2007/02 【日本語記事】読売新聞 生きがい「ない」と病死リスク高く
 脳血管疾患は2.1倍 肺炎も1.8倍に…東北大グループ
ラポール
2007/02 EurekAlert Study shows how patients and therapists are 'wired to connect'
研究が、示す ― {患者とセラピストがいる} 方法が『配線した ― つながるために』ことを
生理学上の測定値は、感情移入である生物学的構成要素を示唆する
 高い正の感情の瞬間、患者とセラピストは、類似した生理学上の反応を持った
お子さんがいじめっ子になるのも遺伝子のせい
2007/02 New Scientist Genes may be underestimated cause of bullying
2007/02 【日本語記事】朝日新聞 認識や愛情行動促す物質を特定、治療へ応用も 金沢大
 CD38がオキシトシンの分泌に関与
「あれぐらいやってもかまわない」
2007/02 EurekAlert Penn Study based on Abu Ghraib suggests military veterans highly tolerant of detainee abuse
軍の復員軍人はアブ・グレイブ抑留者虐待に非常に寛容
2007/02 EurekAlert Brain's reward circuit activity ebbs and flows with a woman's hormonal cycle
脳の報酬回路活動は、女性ホルモン周期で増減する
2007/02 EurekAlert Mind-set matters -- Why thinking you got a work out may actually make you healthier
心で健康になれますか-「あなたは十分に運動をしているよ」と言われるだけで身体が健康になる理由
2007/02 EurekAlert Extreme irritability -- is it childhood bipolar disorder?
ひどい疳の虫-もしかして子供の躁鬱病? 脳の電気信号は、手がかりを提供する
2007/01 EurekAlert Morals do not conquer all in decision making
モラルが、意思決定で全てを克服するというわけではない
 保護された価値は、必ずしも分量に無感覚な選択を産み出さない。
2007/01 EurekAlert Food-mood connection: The sad are twice as likely to eat comfort food
食欲・感情コネクション:悲しい人は倍食べがち
2007/01 【日本語記事】Science日本版 脳損傷によって禁煙が容易に
Some Brain-Damaged Patients Find it Easy to Stop Smoking
2007/01 BBC News Brain's 'addiction centre' found
The discovery of individuals with brain damage who give up smoking with ease could point the way to a surgical 'cure' for smoking
2007/01 New Scientist Brain damage can erase cigarette addiction
2007/01 Discovery Damage to Brain Spot Stops Addiction
2007/01 【日本語記事】Science日本版 島の損傷は喫煙依存を解消する Damage to the Insula Disrupts Addiction to Cigarette Smoking
2007/01 EurekAlert Damage to specific part of the brain may make smokers 'forget' to smoke
脳の特定の一部へのダメージは、喫煙者が喫煙をするのを『忘れさせ』るかもしれない ―
2007/01 EurekAlert Some brain-damaged patients quit smoking with ease, researchers report in Science
2007/01 EurekAlert Smokers quit after damage to brain region
氏か育ちかを越えて:文化を越えるウィリアムズ症候群
 文化環境が大幅に異なる二国、アメリカと日本で比較調査してみました
2007/01 EurekAlert Beyond nature vs. nurture: Williams syndrome across cultures
 躾(しつけ)の文化差にもかかわらず、いずれの国でも、ウィリアムズ症候群は、健常者をしのぐ非常に高い社交性を見せた
 その一方で文化的影響による差異もクリアに表れている
 日本の ★ウィリアムズ症候群の子、社交性が高いといってもアメリカの健常児童とどっこいどまり
2007/01 EurekAlert UCLA: How does your brain respond when you think about gambling or taking risks?
 利益か負けか可能性 ― 危険な決定を我々の脳が評価する時
2007/01 EurekAlert Be afraid, be very afraid, if you learned to
 恐怖反応の研究は、不安障害の新しい理解を暗示する
2007/01 EurekAlert Sensitivity to rejection based on appearance bad for mental, physical health
見た目に基づく拒否に敏感すぎると、心身に悪影響
2007/01 Nature Digest 【日本語PDF:幸福を測る物差し】
2007/01 Scientific American The Violent Brain
暴力的な脳
  乱暴な行動は、単一の原因から決して噴出しない。遺伝と環境要因の複雑な織物から起こるように見える
2007/01 news@nature.com Penalty kicks are all in the mind
ペナルティーキックは心しだい
 サッカー決闘は、プレッシャーに対する心理反応で決まるわけで
社会的関係性に反応する posterior superior temporal sulcus 後上側頭溝
2007/01 EurekAlert Activation of brain region predicts altruism
脳領域の活性化は、利他主義者を予測する
 後上側頭溝における増大された活動は、強く利他行動を予測した。
2007/01 ABC@オーストラリア Selfish or selfless, test reveals all
2007/01 BBC News 'Altruistic' brain region found
2007/01 ScienceDaily Spouse's Personality May Be Hazardous To Your Health
配偶者のパーソナリティは、あなたの健康に危険かもしれない
2007/01 EurekAlert Students who attend college at early age rate experience positive, enduring
飛び級で若くして大学に入った子、ポジティブで、忍耐強い
2007/01 BBC News Hypnosis may help anxious teens
催眠は、不安なティーンエージャーを助けるかもしれない
Self hypnosis could be useful in aiding treatment for children suffering from anxiety
役に立つ自己催眠が、存在することができた ― 不安から子供苦しみのための治療を援助することにおける
自閉症の子を援助する「感情学習」用アニメ
2007/01 BBC News Cartoons to aid autistic children
 ヒト感情についての理解を助ける幼い自閉症児向けのプロジェクト発動 + バロン=コーエン


 以上、 →2007年1~6月の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー