遺伝子、DNA、ゲノム:
2008年9~12月

ほか「遺伝子、DNA、ゲノム」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2割の人に影響を与えている『血圧遺伝子』
2008/12 BBC News 20% 'have blood pressure gene'  'Blood pressure gene' affects 20%
2008/12 EurekAlert How chromosomes meet in the dark -- Switch that turns on X chromosome matchmaking
胎児発達の重大なステージで、メス細胞のX染色体を引き寄せるトリガー
2008/12 EurekAlert Case Western Reserve finds mechanism underlying alt. splicing of premessenger RNA into messenger RNA
premessenger RNAをメッセンジャーRNAにするalt.スプライシングの基礎メカニズム
human Y-chromosome DNA profiling (Standard Reference Material 2395), a collection of Y-STR markers
ヒトY染色体の基準データを使って、遺伝子研究における精度のキャリブレーションをしておこう
2008/12 EurekAlert NIST guides genetic genealogy labs toward improved accuracy
2008/12 EurekAlert Krumlauf Lab demonstrates modulation of gene expression by protein coding regions
タンパク質コーディング領域のそばにおける遺伝子表現型の変調の証明
2008/12 EurekAlert Snails and humans use same genes to tell right from left
カタツムリと人間は、右と左の取扱に、同じ遺伝子を使用する
 非対称を決定する遺伝子は、多分最初の相互に左右対称の生物で起因しただろう
2008/12 【日本語記事】読売新聞 天皇陛下、ハゼ研究で成果…国際遺伝学雑誌に論文掲載へ
2001年から、秋篠宮さまらも加わって、DNA解析を用いた共同研究に着手。
2008/12 【日本語記事】国立遺伝学研究所
 結婚指輪に相手のDNAを・・・ダイヤモンドに生体物質を固定してナノ加工
 ナノ加工可能で効率的に生体物質を固定できるダイヤモンドの表面コーティング法
2008/12 PhysOrg Simple soybean anything but - genetically, researcher says
大豆の遺伝子解析
全身を絞らなくても
2008/12 EurekAlert Just a little squeeze lets proteins assess DNA
 タンパク質がそのターゲットであるDNAを見つけるには、ストランドに沿って動くにつれて、ちょこっと絞りを入れるだけでいい
Stephen Michnick
2008/12 EurekAlert Call Stephen Michnick a gene grammarian
「遺伝子言語学者」スティーブン・ミシュニック
 遺伝子とタンパク質の相互作用は、一般言語の文法になぞらえて捉えればよい
2008/12 EurekAlert Real-time gene monitoring developed
遺伝子発現をリアルタイム監視!
生物学者は、あらゆる時点での選ばれた遺伝子とハエの生涯の時間の表現型を測定する。
2008/12 ABC@オーストラリア Genes reveal the bald facts
はげオヤジになるリスクを7倍高める2つの遺伝子変異
2008/12 news@nature.com Similar genes shape diverse leaves
{多様な形状が残す} 類似した遺伝子
Distantly related plants use the same set of genes to establish the outline of their leaves.
離れて関連する植物は、遺伝子の同じセットを使用する ― 彼らの葉の概要を確立するために。
2008/12 【日本語記事】Science ヒト胎児ヘモグロビンの発現は発生段階に特異的な転写抑制因子BCL11Aによって制御される
Human Fetal Hemoglobin Expression Is Regulated by the Developmental Stage-Specific Repressor BCL11A
胎児ヘモグロビン(HbF)を高発現するBCL11Aの遺伝子型では、BCL11Aの発現量が低かった。
大量の全長型BCL11Aの発現は、発生過程の成人型赤芽球にのみ認められた。
2008/12 【日本語記事】Science ヒト細胞でのアンチセンス・トランスクリプトーム
The Antisense Transcriptomes of Human Cells
どの特定のRNA転写物に対しても由来となるDNA鎖
包括的レベルで発現遺伝子からのセンス転写物とアンチセンス転写物数を定量化する技術
分子生物学:スプライソソームとテロメアの出会い
2008/12 Nature Molecular biology: Spliceosome meets telomerase
スプライソソームは、成熟に主要なメッセンジャーRNAコピーを見張ることにおいて最も著名である。
この酵素複合体も、{染色体の終端を維持する} 酵素の合成の一因となる。
doi:10.1038/456879a
遺伝:スプライソソームの切断によってテロメラーゼRNAの3′末端が形成される
2008/12 Nature Spliceosomal cleavage generates the 3′ end of telomerase RNA
doi:10.1038/nature07584
生化学:シード領域を含んだガイドDNA分子および標的RNA二本鎖と結合したargonauteサイレンシング複合体の構造
2008/12 Nature Structure of an argonaute silencing complex with a seed-containing guide DNA and target RNA duplex
doi:10.1038/nature07666
2008/12 news@nature.com How genes are silenced
遺伝子は、どのように封じられるか
Molecular snapshot reveals the mechanics of RNA interference.
分子のスナップショットは、RNA干渉の力学を明かす。
エピジェネティクス:尻尾のなくし方
2008/12 Nature Epigenetics: How to lose a tail
 ヒストン・タンパク質H3のお荷物であるシッポ部分がちぎれると、遺伝子の表現型に影響が及ぶ
doi:10.1038/456885a
進化:ショウジョウバエのY染色体では遺伝子構成の保存度が低い
2008/12 Nature Low conservation of gene content in the Drosophila Y chromosome
doi:10.1038/nature07463
2008/12 【日本語記事】Nature 進化:元気なY染色体
 キイロショウジョウバエのY染色体連鎖遺伝子のうち、ほかの11種でも同じくY連鎖遺伝子となっているのは、わずか4分の1だけ
 ショウジョウバエのY染色体では、遺伝子獲得が遺伝子喪失の10倍以上
2008/12 【日本語ブログ】雑記帳 ショウジョウバエ属のY染色体
細胞:真核生物のエキソソームによるエンドヌクレオチドRNA切断
2008/12 Nature Endonucleolytic RNA cleavage by a eukaryotic exosome
doi:10.1038/nature07480
2008/12 【日本語記事】産業技術総合研究所
 ダイヤモンドによる特定配列DNAの高感度計測を実現  さまざまの疾病や微生物の検出・計測に適用可能
2008/12 【日本語記事】産業技術総合研究所 赤外線レーザーで単一細胞内の遺伝子のスイッチを入れる
 実環境の細胞内で遺伝子の機能を解析する新しい顕微鏡技術を開発
2008/12 【日本語記事】時事通信 狙った細胞で遺伝子機能解析=新顕微鏡開発、がん解明に期待-産総研など
2008/12 news@nature.com Kickstarting puberty
思春期をKickstartingすること
Genes discovered for brain pathway that triggers onset of adulthood.
脳経路における成人期の誘因遺伝子
2008/12 PhysOrg Key to regulation of puberty discovered
FKBP12 遺伝子とmTOR経路
2008/12 PhysOrg Decreased levels of binding gene affect memory and behavior
遺伝子をくくるレベルの減少は、記憶と行動に影響を及ぼす
2008/12 EurekAlert New research shows how gene function drives natural selection in important class of genetic elements
遺伝子機能が遺伝子要素の重要なクラスで自然淘汰を駆動する方法
 遺伝子機能の自然淘汰は、LTR retrotransposonと呼ばれるtransposableな要素の1つの種類の進化を駆動している。
2008/12 EurekAlert CSHL researchers map changing epigenetic modifications that enable transposons to run amok
トランスポゾンを暴走させたりする エピジェネティック(後成的)操作変化をマップする
2008/12 EurekAlert Penn research probes genetic underpinnings of nicotine addiction
ニコチン中毒の遺伝子基盤
2008/12 EurekAlert Study associates 11 new gene sites with cholesterol, triglyceride levels
コレステロールやトリグリセリド・レベルと関連する11の新しい遺伝子
2008/12 EurekAlert New genes present drug targets for managing cholesterol and glucose levels
コレステロールやブドウ糖レベルの操作における薬物ターゲットになりうる遺伝子
2008/12 EurekAlert Genes for 9 health indicators
9つの健康インジケーターにおける遺伝子
 新しいゲノムに広がる研究は、9つの代謝特性と関連する遺伝子変異を調べる
2008/12 EurekAlert The genetic heart of the lipids
『悪い』コレステロールと関連する6つの遺伝子変異
2008/12 【日本語記事】Nature 遺伝:複製の再開
 ポリメラーゼの働きと校正機能を併せもつ多酵素複合体であるレプリソームには、障害に直面すると作業を停止するだけの柔軟性があ る
遺伝:レプリソームはRNAポリメラーゼと衝突後、mRNAをプライマーとして用いる
2008/12 Nature The replisome uses mRNA as a primer after colliding with RNA polymerase
doi:10.1038/nature07527
2008/12 news@nature.com Soya genome sequenced
2008/12 EurekAlert DOE Joint Genome Institute completes soybean genome
大豆ゲノム完了
細胞:発生中のリンパ球では、DNA二本鎖切断が1個の多機能遺伝子プログラムを活性化する
2008/12 Nature DNA double-strand breaks activate a multi-functional genetic program in developing lymphocytes
doi:10.1038/nature07392
2008/12 PhysOrg Genetic ancestry of African-Americans reveals new insights about gene expression
アフリカ系アメリカ人の遺伝子先祖は、遺伝子表現型についてあたらしい洞察を明かす
 アフリカ系アメリカ人における遺伝子表現型レベルが、ヨーロッパ系先祖の割合によって異なる
2008/12 EurekAlert Stowers Institute's Baumann Lab identifies key step in maturation pathway of telomerase
テロメラーゼの成熟経路でカギ・ステップを特定する
 RNAサブユニットがまず長い不活発な形式に作られる それはテロメラーゼが機能するよう、より短い成熟した形式に処理されなければならない
2008/12 EurekAlert Gene packaging tells story of cancer development
遺伝子パッケージングは、ガン発病の物語を語る
 三次元的クロマチン・パッケージング
 遺伝子まわりにきつく形取られるPolycombグループ・タンパク質(PcG)のrosette-likeループ
2008/12 EurekAlert Researchers solve piece of large-scale gene silencing mystery
大規模な遺伝子サイレンシングのミステリー
 雑種植物あるいは動物におけるリボソームRNA遺伝子の親セット全体のサイレンシング。
2008/12 EurekAlert Einstein researchers develop technique to count messages made by single genes
単一の遺伝子によって作られるメッセージ総数を数える手法
2008/12 EurekAlert Plants display 'molecular amnesia'
植物は、『分子の記憶喪失』を見せる
 植物で初めて、いわゆるエピジェネティック(後成的)サイレンシングの反転を証明した。
灰色かび病  Botrytis cinerea  灰色カビのキラー遺伝子
2008/12 EurekAlert Brown chemist finds gray mold's killer gene
2008/12 news@nature.com Proteins that read DNA backwards
{DNAを逆に読む} タンパク質
一部の酵素は、『間違った』方向でDNAを写して、わけのわからないRNAを生み出す
Some enzymes transcribe DNA in the 'wrong' direction to create puzzling RNAs.
2008/12 PhysOrg Reversing the conventional DNA wisdom
在来型のDNA知恵をくつがえす
 2台のDNA複写機は、しばしば同じ場所から始めてと方向で異なって動く。
2008/12 【日本語記事】Science 血液細胞に新風を吹き込む A Breath of Fresh Air for Blood Cells
 ヒトの発達過程において健康な血液に必要なγグロビン遺伝子の発現を抑制する遺伝子BCL11A
 成人の赤血球でBCL11A発現を抑制すると胎児型のγグロビンの発現が促進される
発生:Sox18はマウスでリンパ管の発生を誘導する
2008/12 Nature Sox18 induces development of the lymphatic vasculature in mic
doi:10.1038/nature07391
細胞:核辺縁部への染色体の係留がゲノムの安定性の維持に果たす役割
2008/12 Nature Role for perinuclear chromosome tethering in maintenance of genome stability pp667
doi:10.1038/nature07460
2008/12 【日本語記事】時事通信 変異メダカから疾患遺伝子発見=細胞表面の繊毛動かず-東大など
リンパ管内皮細胞(lymphatic endothelial cells: LECs)
2008/12 EurekAlert Reprogrammable cell type depends on a single gene to keep its identity
再プログラム可能な細胞タイプのアイデンティティ保持は単一の遺伝子Prox1しだい
新しい遺伝学的ツールはトランスポゾンを使用する
2008/12 EurekAlert Tool helps identify gene function in soybeans
ツールは、大豆の遺伝子機能を特定するのを助ける
Presbycusis 老人性難聴
2008/12 EurekAlert House Ear Institute, TGen and Belgian researchers identify gene in age-related hearing loss
加齢に関連した聴覚減退で遺伝子 GRM7を特定
2008/11 【日本語記事】Science 植物の根端分裂組織における、細胞分裂と細胞分化を制御する遺伝的枠組み
A Genetic Framework for the Control of Cell Division and Differentiation in the Root Meristem
Raffaele Dello Ioio, Kinu Nakamura, Laila Moubayidin, Serena Perilli, Masatoshi Taniguchi, Miyo T. Morita, Takashi Aoyama, Paolo Costantino, and Sabrina Sabatini
分裂組織の活性はオーキシンとサイトカイニンによって拮抗的に制御されている
 シロイヌナズナの包括的な遺伝学解析、分子解析を行った
 サイトカイニン初発応答を司る転写因子ARR1がオーキシンシグナル伝達の抑制因子である SHY2/IAA3(SHY2)遺伝子を活性化している
2008/11 EurekAlert Study identifies genetic variants giving rise to differences in metabolism
代謝に違いを生じさる遺伝子変異
 4つの単一のヌクレオチド多形性(SNPs)を特定した
 これらは、脂質代謝でよく知られた酵素のコーディング遺伝子に位置する。
2008/11 EurekAlert Master gene plays key role in blood sugar levels
マスター遺伝子は、カギ役割を血糖レベルでプレーする
 ステロイド受容体SRC-2は、オーファン受容体RORアルファに作用して、肝臓の糖組み替え酵素グルコース-6-ホスファターゼの活動に影響を及ぼす
2008/11 EurekAlert CSHL scientists discover a new way in which epigenetic information is inherited
エピジェネティック(後成的)情報の遺伝機序
 母の小さいRNA「piRNAs」は、ショウジョウバエ胎児の中にに置かれ、不妊を引き起こすDNAを「沈黙」させる
2008/11 EurekAlert Scientists shed light on evolution of gene regulation
科学者は、遺伝子コントロールの進化に光を注いだ
 特定の遺伝子の表現型のレベルをコントロールするGATA1-くくられたDNA部分は、哺乳類の中で保全される
遺伝:HITS-CLIPは脳の選択的RNAプロセシングに対する全ゲノム規模の手がかりをもたらす
2008/11 Nature HITS-CLIP yields genome-wide insights into brain alternative RNA processing
doi:10.1038/nature07488
遺伝:53BP1はクロマチンの可動性を増大させてテロメアの非相同末端結合を促進する
2008/11 Nature 53BP1 promotes non-homologous end joining of telomeres by increasing chromatin mobility
doi:10.1038/nature07433
細胞:53BP1はV(D)J組み換えの際に長い距離でのDNA末端連結を促進する
2008/11 Nature 53BP1 facilitates long-range DNA end-joining during V(D)J recombination
doi:10.1038/nature07476
細胞:高速かつロバストで調整可能な人工遺伝子振動体
2008/11 Nature A fast, robust and tunable synthetic gene oscillator
doi:10.1038/nature07389
2008/11 【日本語記事】Nature 遺伝:1つの遺伝子から多数のタンパク質へ
 遺伝子1個から複数のタンパク質が作られる仕組みの1つ:選択的スプライシング
2008/11 PhysOrg 'Orphan' genes play an important role in evolution
『オーファン』遺伝子は、重要な役割を進化でプレーする
 遺伝子を組み替えたヒドラのポリプを使用
 Hym301は触手の形成をつかさどる
2008/11 PhysOrg New study bolsters beliefs about DNA repair
異質染色質タンパク質1(HP1)ファミリーの異なるバージョンは、壊れたDNAの修復を助ける
2008/11 EurekAlert From genes to farmers' fields
遺伝子から田んぼへ
 2週の完全な浸水に耐えることができる「防水」バージョンの稲は、インドでの栽培試験で大成功を収めた
 遺伝子組み換えではなく遺伝子マーカーを用いた「精度繁殖」で交配して作りました
2008/11 EurekAlert Research finds way to double rice crops in drought-stricken areas
世界の最も貧しい最も苦しむ地域の稲作物の生産高を、二倍にする方法
 ひどいかんばつ状態でも最高100%の収穫率を可能にする一群の遺伝子。
2008/11 EurekAlert Genetic Engineering & Biotechnology News reports on the trend toward predictive toxicogenomics
トキシコゲノミクス(毒性ゲノム科学)のトレンドを予測せよ ~遺伝子工学とバイオテクノロジー
 医薬品開発の標準ツールになるにはまだとうぶん時間がかかるだろう
2008/11 EurekAlert Could genetic research awaken racist attitudes?
遺伝子研究は、人種差別を招く可能性があるか?
2008/11 EurekAlert New gene-silencing pathway found in plants
植物における遺伝子サイレンシング経路
2008/11 EurekAlert Breaking BubR1 mimics genetic shuffle seen in cancer cells
BubR1を壊すことは、ガン細胞で見られる遺伝子シャッフルを模倣する
2008/11 news@nature.com Human genomes in minutes?
Not yet, but biotechnology company is on track for 2013.
 2013年にはヒトゲノム解析を数分でこなせるように
2008/11 【日本語記事】Nature 細胞:やっと見つかった哺乳類のホリデイジャンクション解離酵素
 DNA修復の際に生じる、DNA四本鎖からなる中間体ホリデイジャンクション
細胞:ヒトと酵母のホリデイジャンクションリゾルベースの同定
2008/11 Nature Identification of Holliday junction resolvases from humans and yeast
doi:10.1038/nature07470
発生:ジンクフィンガータンパク質Zeldaは、ショウジョウバエの初期の接合子ゲノムの中心的な活性化物質である
2008/11 Nature The zinc-finger protein Zelda is a key activator of the early zygotic genome in Drosophila
doi:10.1038/nature07388
2008/11 【日本語記事】Jabion ゲノム解析から新しいピロリ菌抗菌剤の可能性
 ゲノム解析をもとに病原微生物に対する抗菌剤の可能性を拓いた、富山県立大学の研究
2008/11 news@nature.com The search for genome 'dark matter' moves closer
The multi-million dollar 1000 Genomes project is set to be finished in a year.
ゲノム『暗黒物質』の捜索は、より近くに動く
 数百万のドルの1000ゲノム計画は、1年以内にめどがつきそうだ
2008/11 【日本語記事】時事通信 マンモスの細胞核ゲノム解読 700万年以上前に象と分岐 米ロ研究チーム
2008/11 【日本語記事】産経新聞 マンモス復活へゲノム解読 米露研究グループ
2008/11 【日本語記事】朝日新聞 マンモスのゲノム、70%解読 米ロの研究チーム
2008/11 【日本語記事】Nature 遺伝:マンモスのゲノミクス
2008/11 news@nature.com Darwin 200: Let's make a mammoth
DNA塩基配列解読:マンモスのゲノミクス
2008/11 Nature DNA sequencing: Mammoth genomics
doi:10.1038/456330a
遺伝:絶滅したマンモスの核ゲノム塩基配列の解読
2008/11 Nature Sequencing the nuclear genome of the extinct woolly mammoth
doi:10.1038/nature07446
2008/11 BBC News Mammoth's genome pieced together
2008/11 Discovery DNA of Ice Age's Woolly Mammoth's Mapped
2008/11 National Geographic Mammoth Genome Decoded -- Clones on the Way?
2008/11 ABC@オーストラリア Mammoth genome may explain extinction
マンモス・ゲノムは、絶滅を説明する可能性がある
2008/11 news@nature.com Australia's big hop into genomics
Map milestone for kangaroo genome project.
2008/11 ABC@オーストラリア Scientists sequence kangaroo genome
カンガルー・ゲノム
2008/11 Discovery Big Hop Forward: Scientists Map Kangaroo DNA
2008/11 【日本語記事】読売新聞 シロアリの栄養源は「空気」…窒素吸収しアミノ酸など合成
2008/11 New Scientist DNA strands become fibre optic cables
DNAストランドは、光学繊維のケーブルになる
2008/11 【日本語記事】Nature 進化:珪藻の変化に富んだ歴史
 珪藻ではThalassiosira pseudonanaにつづく2番目:Phaeodactylum tricornutumの完全ゲノム配列解読
海洋生物学:珪藻のゲノム解読
2008/11 Nature Marine biology: Genes in the glass house
doi:10.1038/456179a
遺伝:Phaeodactylumのゲノムから明らかになった珪藻ゲノムの進化の歴史
2008/11 Nature The Phaeodactylum genome reveals the evolutionary history of diatom genomes
doi:10.1038/nature07410
2008/11 【日本語記事】毎日新聞 遺伝子ダイエット:根拠ないかも 「変異」有無で結果に差なし 東北大調査
2008/11 【日本語記事】時事通信 シロアリに腸内細菌が栄養=ゲノム解読、共生の仕組み解明-理研
2008/11 【日本語記事】Science シロアリ腸内原生生物の細胞内で窒素固定をセルロース分解に共役させる共生体のゲノム
2008/11 【日本語記事】Science シロアリのお腹の中で Inside a Termite's Tummy
2008/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン イエシロアリの腸内共生機構が解明される
 理化学研究所:イエシロアリの腸内に共生する原生生物「Pseudotrichonympha grassii」の細胞内に共生している細菌「CfPt1-2」のゲノム
2008/11 PhysOrg Researchers discover gene that helps control the production of stomach acid
胃酸の生産を制御するのを 助ける遺伝子

細胞:ヒストンH2A.ZとDNAメチル化は、相互に拮抗するクロマチン標識である
2008/11 Nature Histone H2A.Z and DNA methylation are mutually antagonistic chromatin marks
doi:10.1038/nature07324







2008/11 EurekAlert Montana State University researchers find gene that regulates mold's resistance to drugs
カビの薬物耐性を制御する遺伝子srbA
2008/11 EurekAlert 'Junk' DNA proves functional
『ジャンク』DNAは機能する これこそヒトと動物を分ける鍵
2008/11 EurekAlert Human genes sing different tunes in different tissues
ヒト遺伝子は、所属する組織ごとに異なる旋律をかなでる
 Biologists find almost all genes express multiple messenger RNAs
 ほとんどすべての遺伝子は複数のメッセンジャーRNAを伝える
2008/11 【日本語記事】Nature 医学:がんゲノム
 急性骨髄性白血病患者個人のがんゲノムの包括的解読
 病因に関連する可能性のある10個の変異
2008/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン がん細胞のゲノム解読に成功
2008/11 BBC News Cancer genetic blueprint revealed
ガン遺伝子の青写真
2008/11 EurekAlert Washington University scientists first to sequence genome of cancer patient
医学:細胞遺伝学的に正常な急性骨髄性白血病ゲノムのDNA塩基配列決定
2008/11 Nature DNA sequencing of a cytogenetically normal acute myeloid leukaemia genome
doi:10.1038/nature07485
2008/11 【日本語記事】Nature 手に入れられる自分の「生命の書」:個人ゲノム時代のユーザーズ・ガイド
 遺伝子プロファイリングを一般消費者に直接提供する会社が遺伝医学のプロとアマの境界線をずらし始めた
 疾患関連遺伝子の発見を阻む原因と思われる「失われた遺伝性(missing heritability)」の探索
 次世代DNA塩基配列決定装置の核心となる技術
 ゲノミクス研究の最前線にあった研究室の閉鎖
 プライバシーに関する個人の権利と社会的利益の拡大の間のバランス問題
 個人ゲノム検査の倫理的問題
スタンダード&ポアーズ
2008/11 Nature DNA sequencing: Standard and pores
 次世代の遺伝子解析マシンは、小文字穴のコレクションから構築される?
 4月に100万ドルもかけずにジェームズ・ワトソンの全ゲノムを2ヵ月で解析したコネティカットの454 Life Science
doi:10.1038/456023a
遺伝:可逆化ターミネーター法を用いた高精度の全ヒトゲノム塩基配列決定
2008/11 Nature Accurate whole human genome sequencing using reversible terminator chemistry
doi:10.1038/nature07517
2008/11 【日本語記事】Nature 遺伝:民族による遺伝子変異
 最新の大量並行塩基配列決定法の力量
 民族によるゲノム変異の性質
 ・西アフリカに住むヨルバ族の1人のゲノムの特徴
 ・世界の人口の30%を占める中国漢民族の1人のゲノム
 ・欧州の30カ国以上の1,387人のデータに基づき、大陸規模で見る民族の遺伝学的特性
2008/11 Discovery African, Asian Join Genomics Library
アフリカ、アジアのヒトゲノム
人類遺伝学:多様になった個人ゲノム
2008/11 Nature Human genetics: Individual genomes diversify
doi:10.1038/456049a
遺伝:アジア人一個体の二倍体ゲノムの塩基配列
2008/11 Nature The diploid genome sequence of an Asian individual
doi:10.1038/nature07484
遺伝:ヨーロッパにおける遺伝子と地理の密接な相関
2008/11 Nature Genes mirror geography within Europe
doi:10.1038/nature07331
2008/11 news@nature.com Personal genomes: The case of the missing heritability
個人ゲノム:遺伝率行方不明事件の謎を追え!
 ヒト・ゲノムの解読は、一般的な特性や病気の遺伝子の構成要素などの発見につながるはずだった。
 が、結局それらはいったいどこにあるのか。
 Brendan Maherは、{行方不明の略奪品がしまわれていそうな} 6つの場所に、光をあてる。
行方不明の遺伝
2008/11 Nature Personal genomes: The case of the missing heritability
doi:10.1038/456018a
汎アジア遺伝学の夜明け
2008/11 news@nature.com Genomics takes hold in Asia
Genome Institute of Singapore head Edison Liu talks about how to make pan-Asian genomics research projects work.
細胞:大腸菌での姉妹染色体の分離はランダムではない
2008/10 Nature Non-random segregation of sister chromosomes in Escherichia coli
doi:10.1038/nature07282
細胞:ROS3はシロイヌナズナでDNA脱メチル化に必要なRNA結合タンパク質である
2008/10 Nature ROS3 is an RNA-binding protein required for DNA demethylation in Arabidopsis
doi:10.1038/nature07305
2008/10 EurekAlert Corn researchers discover novel gene shut-off mechanisms
トウモロコシ研究者は、新しい遺伝子シャットオフ・メカニズムを発見する
Symphonia globulifera Chewstick、Waika
2008/10 EurekAlert 'Living fossil' tree contains genetic imprints of rain forests under climate change
『生きた化石』樹は、気候変化の下で熱帯雨林の遺伝子痕跡を含む
2008/10 EurekAlert Penn researchers find key to Sonic hedgehog control of brain development
ソニックヘッジホッグに脳発達コントロールのカギ
2008/10 【日本語記事】Nature 細胞:細菌の染色体複製
 細菌細胞の環状ゲノム複製:一方の染色体は連続的に合成されるが(リーディング鎖)、もう一方の染色体は不連続的に合成される(ラギング鎖)。
2008/10 【日本語記事】Science 染色体の異数性は哺乳類細胞の増殖と自然発生的な不死化に影響する
Aneuploidy Affects Proliferation and Spontaneous Immortalization in Mammalian Cells
 4 種類全てのトリソミー細胞株において増殖能が低下、無限の増殖能の獲得に影響
単一の花粉粒が『双子の』精子を産み出す『二重受精』ミステリー
2008/10 PhysOrg Biologists discover gene behind 'plant sex mystery'
生物学者は、『植物セックスミステリー』の後に遺伝子を発見する
顕花植物は、動物とは異なり、好結果の受精には2つの精子を必要とする
 双子の精子を作り上げるために生殖前駆細胞を分割させる重要な役割を持つ遺伝子
2008/10 【日本語記事】Nature 植物:被子植物の受精の仕組み
http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=68959
 新規なFボックスタンパク質FBL17が、シロイヌナズナでの2個の精細胞産生 を促す
Ug99黒錆病病原体
2008/10 PhysOrg Researchers find rust resistance genes in wild grasses
研究者は、野生の草で耐性遺伝子を見つける
2008/10 PhysOrg New DNA Tool Probes Rice Genome
新しいDNAツールは、稲ゲノムを徹底的に調べる
小さい分子 RU7 は、スライドするクランプにポリメラーゼIIIをくくることを妨げて増殖を止める。
2008/10 PhysOrg Molecule stops DNA replication in its tracks
分子は、その足跡でDNA増殖を止める
2008/10 EurekAlert Mapping a clan of mobile selfish genes
移動する利己的遺伝子の群をマップする
2008/10 news@nature.com  Accessible genomes move closer
アクセスできるゲノムは、より近くに動く
 Meeting captures human interest in genetic research.
 会合は、遺伝子研究でヒト利益を捕獲する。
2008/10 news@nature.com Give me my genome
私に私のゲノムを与えなさい
個人ゲノムの解析は、研究の転換を告知する可能性があった。
Personal genome sequences could herald a shift in research participation.
2008/10 New Scientist Thousands volunteer to expose DNA secrets to the world
DNAを世界にさらすボランティア、その数 数千人
2008/10 PhysOrg Volunteers unveil DNA, medical data in push for everyday gene sequencing
DNAと医療データを公表する人々
2008/10 yahoo/AFP Genes shed light on moles' "blindness"
遺伝子は、モグラの「盲目」に光を注いだ
 モグラは、眼のレンズを育つのを助ける遺伝子の混乱のおかげで、近視である
 2つの遺伝子PAX6とFOXE3の干渉の結果
2008/10 PhysOrg  Diatom genome helps explain success in trapping excess carbon in oceans
ケイソウ・ゲノムは、海洋で過剰な炭素を閉じ込めることで成功を説明するのを助ける
カエルツボカビ(Batrachochytrium dendrobatidis)
2008/10 PhysOrg  Modern genetics vs. ancient frog-killing fungus
現代の遺伝学 対 古代の殺カエル-カビ
2008/10 EurekAlert Human protein atlas will help pinpoint disease
ヒト・タンパク質地図帳は、病気の位置を正確に示すのを助けるだろう
2008/10 ABC@オーストラリア Antarctic DNA gives climate coping clues
アデリー・ペンギンのDNAは、気候順応に手がかりを与える
2008/10 Discovery Penguin DNA Suggests Special Climate Coping
2008/10 EurekAlert Genes hold secret of survival of Antarctic 'antifreeze fish'
遺伝子は、南極の『不凍液魚』のサバイバルの秘密を保持する
2008/10 ABC@オーストラリア Genes reveal the bald facts
2008/10 BBC News Gene scan to predict hair loss
2008/10 EurekAlert Important new hair-loss gene discovered
発見される重要な新しい毛-減退遺伝子
2008/10 EurekAlert Researchers discover baldness gene: 1 in 7 men at risk
はげ遺伝子を発見:危険に陥っている7人に1人
2008/10 【日本語記事】Nature 細胞:スプライシングで大違い
酵母のゲノム全域解析
 有糸分裂から配偶子を形成する減数分裂への切り替えに伴って、遺伝子発現プロファイルが大幅に変化する
分子生物学:スプライシングで拘束される
2008/10 Nature Molecular biology: Bound to splice
doi:10.1038/455885a
細胞:分裂酵母でのプロモーターに駆動されるスプライシング調節
2008/10 Nature Promoter-driven splicing regulation in fission yeast
doi:10.1038/nature07325
2008/10 【日本語記事】Science 分裂酵母のエピスタシス地図によって明らかになった機能的モジュールの保存と配線組み直し
エピスタシス:異なった座にある遺伝子間の非相加的な相互作用。
Conservation and Rewiring of Functional Modules Revealed by an Epistasis Map in Fission Yeast
突然変異の組み合わせに関連した表現型を系統的に調べて、エピスタシス地図「E-MAP」を作成
2008/10 【日本語記事】朝日新聞 パンダはイヌに近い ゲノム解読80%類似 中国で発表
http://www.asahi.com/science/update/1011/TKY200810110148.html
2008/10 Discovery Scientists Map Giant Panda Genome
中国の科学者は、ジャイアントパンダ・ゲノムをマップする
2008/10 PhysOrg  Scientists map panda genome: Chinese media
『ゲノムと聖書 科学者、〈神〉について考える』 フランシス・コリンズ著 エヌティティ出版 (2008/9/29)
 ┗国際ヒトゲノム計画の立役者、「神の言語」を読み解く

原書●神の言語:科学者は信仰の証拠を提示する
The Language of God: A Scientist Presents Evidence for Belief Francis S. Collins (著)  Free Pr (2006/6/27)

ヒトゲノムプロジェクトのフランシス・コリンズ、遺伝子に神の御言葉を発見したと語る
2006/06 The Sunday Times Iユve found God, says man who cracked the genome

サム・ハリス による書評
2007/08 Truthdig  Sam Harris: The Language of Ignorance

2008/10 EurekAlert MSU scientists find new gene that helps plants beat the heat
植物の耐熱遺伝子
2008/10 EurekAlert Early-stage gene transcription creates access to DNA
初期ステージの遺伝子転写は、DNAへのアクセスを生み出す
2008/10 PhysOrg New tool probes function of rice genes
新しいツールは、稲遺伝子の機能を徹底的に調べる
2008/10 PhysOrg Can genetic information be controlled by light?
遺伝子情報は、光によって制御されることができるか?
1001のゲノム計画の一部として、野生のシロイヌナズナ品種を解析いたしました
2008/10 ScienceDaily Sequencing Thousand And One Genomes
千と1つのゲノムを解析すること
エピゲノム計画発動 遺伝子表現型が遺伝する
2008/10 news@nature.com Outcry at scale of inheritance project
 NIH launches multi-million-dollar epigenomics programme.
2008/10 【日本語記事】Nature 遺伝:3′末端と5′末端のDNA修復
 二本鎖DNA切断の修復過程は2段階の反応を使う
分子生物学:DNAのエンドゲーム
2008/10 Nature Molecular biology: DNA endgames
doi:10.1038/455740a
遺伝:Sae2、Exo1およびSgs1は協調してDNA二本鎖切断プロセシングを行う
2008/10 Nature Sae2, Exo1 and Sgs1 collaborate in DNA double-strand break processing
doi:10.1038/nature07312
2008/10 【日本語記事】Nature マラリア原虫:プラスモディウム属原虫の新しいゲノム塩基配列解読から始まる比較ゲノミクス
 ヒトに感染するプラスモディウム属(Plasmodium)4種のうち、3種類が解読された
2008/10 ScienceDaily Genome Of Parasite That Causes Relapsing Malaria Decoded
医学:ポストゲノム時代のマラリア研究
2008/10 Nature Malaria research in the post-genomic era
doi:10.1038/nature07361
医学:これまで軽んじられていたヒト三日熱マラリア原虫の比較ゲノミクス
2008/10 Nature Comparative genomics of the neglected human malaria parasite Plasmodium vivax
doi:10.1038/nature07327
遺伝:サルとヒトに感染するサルマラリア原虫のゲノム
2008/10 Nature The genome of the simian and human malaria parasite Plasmodium knowlesi
doi:10.1038/nature07306
2008/10 【日本語記事】時事通信 パンダはイヌに近い=ゲノム初解読、絶滅防止に期待 中国
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-081011X428.html
何億年も前から世の中にはありましたよ
2008/10 EurekAlert Short RNAs show a long history
 MicroRNAs (miRNAs)は、長い歴史を示す
2008/10 EurekAlert Caltech scientists find cells coordinate gene activity with FM bursts
細胞は、FM爆発によって遺伝子活動を調整する
 frequency modulated (FM) signals
生化学:コクヌストモドキのテロメラーゼの触媒サブユニットTERTの構造
2008/10 Nature Structure of the Tribolium castaneum telomerase catalytic subunit TERT
doi:10.1038/nature07283
2008/10 【日本語記事】Nature 医学:再び脚光を浴びるMyc
正常細胞での遺伝子発現に重要な転写因子をコードするMyc遺伝子:抗腫瘍薬の標的候補
内在性のMycの阻害が腫瘍の退縮を引き起こす
医学:がん治療としてのMyc抑制のモデル化
2008/10 Nature Modelling Myc inhibition as a cancer therapy
doi:10.1038/nature07260
2008/10 EurekAlert Structures of important plant viruses determined
重要な植物ウイルスの構造決定される Flexible filamentous viruses
 ジャガイモのポティウィルスや、フレキシウイルス Potyviridae and Flexiviridae
2008/09 EurekAlert Researchers develop new self-training gene prediction program for fungi
カビ用の、新しい自己トレーニング式遺伝子予測プログラムを開発
2008/09 EurekAlert Scientists identify gene that may contribute to improved rice yield
科学者は、{稲収率改善となる可能性がある} 遺伝子を特定する
 米粒の量と重さを制御する遺伝子
2008/09 EurekAlert Scientists identify novel inhibitor of human microRNA
ヒトmicroRNAの新しい抑制剤
2008/09 EurekAlert Researchers find an essential gene for forming ears of corn
トウモロコシの耳遺伝子
線虫  Pristionchus pacificus nematode のゲノム解析
2008/09 EurekAlert Insight into the evolution of parasitism
寄生の進化に対する洞察
2008/09 EurekAlert Worm genome offers clues to evolution of parasitism
寄生進化の手がかり 線虫ゲノム
根瘤線虫 Meloidogyne hapla のゲノム解析
2008/09 EurekAlert NC State researchers get to root of parasite genome
遺伝:振動数によって調節を受ける核局在化バーストが遺伝子調節を協調させる
2008/09 Nature Frequency-modulated nuclear localization bursts coordinate gene regulation
doi:10.1038/nature07292
微生物学:メタゲノミクス
2008/09 Nature Microbiology: Metagenomics
語メタゲノミクスが生まれてから10年、アプローチは勢いを蓄積し続ける。
この培養-無所属、分子の方法は、細菌学の上で一所に棲息する微生物の母集団に環境のサンプルを分析する新鮮な観点を開けた
doi:10.1038/455481a
2008/09 【日本語記事】Nature 細胞:有毛細胞を作り出す
子宮内でマウス蝸牛にAtoh1遺伝子を導入すると、ニューロンとの接続がみられる有毛細胞が異所的に生じる
細胞:in utero遺伝子導入によって哺乳類蝸牛で作られる、
機能をもった聴覚有毛細胞
2008/09 Nature Functional auditory hair cells produced in the mammalian cochlea by in utero gene transfer
doi:10.1038/nature07265
聴力:正統派の有毛細胞になる経路
2008/09 Nature Hearing: Route to authentic hair cells
doi:10.1038/455475a
2008/09 【日本語記事】Nature 発生:力を合わせてRNAiを制御
2つの転写産物がトランススプライシングによって、dsRNA中間体を介して1つのRNA干渉遺伝子に組み立てられる
2008/09 EurekAlert TGen investigators devise faster, cheaper way of analyzing the human genome
ヒト・ゲノムを分析する早くて安い方法
 バーコードを使用してヒト遺伝子コードにインデックスを付ける
 遺伝子特性で最もバリエーションを示しそうな領域にねらいを定めるのが簡単になるよ
発生神経科学:HoxとFox
2008/09 Nature Developmental neuroscience: Hox and Fox
doi:10.1038/455295a
細胞:ヘテロクロマチンはシュゴシンの誘引によってセントロメアの保護にかかわる
2008/09 Nature Heterochromatin links to centromeric protection by recruiting shugoshin
Yuya Yamagishi, Takeshi Sakuno, Mari Shimura and Yoshinori Watanabe
doi:10.1038/nature07217
齢70にして、しゃっきり元気なダウン症
 ダウン症をもつ70才男性における好結果の老化
2008/09 EurekAlert 70 years old and going strong with Down syndrome and no dementia


 以上、 →2008年9~12月の記事でした


→ 「遺伝子、DNA、ゲノム」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー