進化、種分化、古生物学:
2009年4~6月

ほか「進化、種分化、古生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2009/06 毎日新聞 化石:古代ゾウの完全化石発見‐‐インドネシア
2009/06 EurekAlert Study of flower color shows evolution in action
花の色みは現在進化中
 花の色を左右する遺伝子
2009/06 Discovery Hadrosaur Had Teeth-Grinding Issues
上下、横、前・・・
 ハドロサウルスの歯の動きが複雑であったことを残っている歯傷のパターンは指し示す
 エドモントサウルスの歯には、方向の異なる4つのはっきりした傷のセットがあり、上アゴと頭部にはヒンジがあって、この動きが、エサを食べるときに歯ですりつぶすのに効果的だった ~恐竜の楽園ニュース
2009/06 EurekAlert New fossil tells how piranhas got their teeth
今のピラニアがあんな歯をもつようになった過程
 1000万年前のMegapiranha paranensisの化石 体長1メートルにもなると推定
 pacusにおける2つの歯列が圧縮され ― Megapiranha paranensisではジグザグの歯列に、そしてピラニアで単一の列を作り上げた
2009/06 EurekAlert Competition may be reason for bigger brain
脳の巨大化の裏に競争あり
 環境要因よりも、社会的競争が大きな要因である
2009/06 BBC News Human role in kangaroo demise
巨大カンガルーの絶滅に関わる人間の役割
兵庫でティラノサウルスの歯の化石 大型化時期見直しか
 2009/06 朝日新聞 
兵庫県丹波市の前期白亜紀の地層「篠山層群」下部層(約1億4千万~1億2千万年前)
歯の大きさから体長は約5メートルと推測
東南アジア最古の旧世界ザル=500万年前の化石発見-ミャンマーで調査・京大
 2009/06 時事通信 
ナウマンゾウ絶滅で新説 通説時期より1万年早い?
 2009/06 共同通信 
恐竜化石:「鳥の指」持つ新種、中国で発見 進化の証拠を補強
 2009/06 毎日新聞 
2009/06 EurekAlert New research shows dinosaurs may have been smaller than we thought
恐竜が想定よりスマートだった可能性
2009/06 news@nature.com Feather growth limits size of flying birds
羽成長が、鳥の大きさを限定する
 抜け変わりに必要とされる時間は体重より重要な要素ですな
Time required for moulting may be a more important factor than weight.
2009/06 PhysOrg Changes in brain architecture may be driven by different cognitive challenges
脳構造の違いは異なる認知能力の要請があったゆえ
 脳構造における進化上の変化は、社会の相互作用と環境の刺激異なる種顔のタイプを反映する。
Ignacius graybullianus
2009/06 PhysOrg 54-million-year-old skull reveals early evolution of primate brains
5400万年前の頭蓋骨は、霊長類脳の初期の進化を明かす
2009/06 EurekAlert Prairie dogs: influencing the accumulation of metals in plants?
プレーリードッグ:植物の金属蓄積に影響する?
 セレンのHyperaccumulationは、植物を動物から保護するために進化した可能性があった
恐竜のガタイは大きく見積もられ過ぎ?
2009/06 EurekAlert Dino-not-so-soaring
例えばアパトサウルスは38トンじゃなくて18トンくらいだったんじゃないか
マンモスは14,000年前までブリテンに棲息していた
2009/06 BBC News Mammoths survived late in Britain
英国で長くサバイバルしていたマンモス
2009/06 BBC News Megafauna demise blamed on humans
メガファウナ(大型生物の生態系)終焉は人間のせい
2009/06 BBC News Human role in big kangaroo demise
巨大カンガルーの絶滅には人間の役割が大きく
12万年前の極小微生物の蘇生に成功
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic Ultrasmall Microbes Revived After 120,000 Years On Ice
氷の上で復活する120,000年前のUltrasmall微生物
人間に最も近いのはオランウータン?
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic Orangutans May Be Closest Human Relatives, Not Chimps
最も親しい人間の親戚は(チンパンジーでない)オランウータンである可能性
2009/06 EurekAlert Humans related to orangutans, not chimps, says new Pitt, Buffalo Museum of Science study
最古のゾウの祖先発見、体格はウサギ並
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic Rabbit-Size Elephant Ancestor Found -- Oldest Known
2009/06 Discovery Giant Elephant Fossil Unearthed in Java
インドネシア・ジャワで20万年前のジャイアント・ゾウ化石の発掘
2009/06 National Geographic Giant Prehistoric Elephant Discovered
国内最古のヘラジカ化石=4万1000年前-長野・野尻湖
 2009/06 時事通信 
2009/06 【日本語記事】Nature 進化:皆それぞれが個体
 毒性の進化は、群れに働く選択の例として解釈されているが、寄生生物の毒性に対する分散の影響は、血縁選択説の枠組みの中で寄生生物による個体レベルの適応として理解できる
進化:相互接続する世界における寄生生物の毒性の適応と進化
2009/06 Nature Adaptation and the evolution of parasite virulence in a connected world
doi:10.1038/nature08071
2009/06 【日本語記事】Science 大昔から変わらない巨大精子
Giant Sperm, Through the Ages
 古節足動物類
 貝虫類の巨大精子は貝虫類自体の全長より長く、その起源は少なくとも1億万年前に遡る
 微化石から過去のデータを復元する手段としてホロトモグラフィーを活用
白亜紀のカイムシ類における巨大精子が関与する交尾(化石と残存種をシンクロトロンのholotomographyで観察)
注)巨大精子:鞭毛をもたない糸状の数百μm~数mmの精子細胞
  カイムシ類の巨大な精子の出現は、一億年前までさかのぼる。
2009/06 Science Sexual Intercourse Involving Giant Sperm in Cretaceous Ostracode
2009/06 BBC News Huge sperm of ancient crustaceans
古代甲殻類の巨大な精子
2009/06 National Geographic Giant Sperm Is Ancient Evolutionary Tool, Study Finds
2009/06 EurekAlert Size did matter
化石植物の相対存在量によって、東グリーンランドにおける三畳紀後期の生物多様性の突然の減少が示された
 東グリーンランドの植物化石は、三畳紀・ジュラ紀境界に起こった急激な大量絶滅を二酸化炭素濃度の上昇として記録している。
2009/06 Science Fossil Plant Relative Abundances Indicate Sudden Loss of Late Triassic Biodiversity in East Greenland
鳥の恐竜起源説を補強…同じ構造の指の化石、中国で発見
 2009/06 読売新聞 
恐竜化石:「鳥の指」持つ新種、中国で発見 進化の証拠を補強
 2009/06 毎日新聞 
新しい恐竜化石が示す鳥類の祖先
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 【日本語記事】Nature 進化:恐竜の手の内
 鳥類の前肢末端部は、祖先の手の5本指のうち第II指、第III指、第IV指に由来すると考えられている
 しかし、鳥類に最も近い獣脚類恐竜の手の3本指は、第I指、第II指、第III指に由来するようにみえる
 中国西部のジュンガル盆地のジュラ紀地層から原始的な小型の草食性獣脚類を発見:約1億5,500万年前の恐竜は、第I指が短くて小さく、第II指、第III指、第IV指が発達
2009/06 news@nature.com Dinosaur's digits show how birds got wings
A new dinosaur species looks set to solve an old evolutionary puzzle.
進化:中国で出土したジュラ紀のケラトサウルス類は鳥類の指の相同関係の解明に役立つ
2009/06 Nature A Jurassic ceratosaur from China helps clarify avian digital homologies
doi:10.1038/nature08124
2009/06 BBC News New dinosaur gives bird wing clue
2009/06 National Geographic NEW DINOSAUR: Fossil Fingers Solve Bird Wing Mystery?
2009/06 Discovery Dinosaur Digit Bolsters Dino-Bird Link
2009/06 ABC@オーストラリア Chinese fossil revives bird-dino link
2009/06 EurekAlert Beaked, bird-like dinosaur tells story of finger evolution
兵庫でティラノサウルスの歯の化石 大型化時期見直しか
 2009/06 朝日新聞 
兵庫でティラノサウルス類の歯…体長5m、従来の2倍か
 2009/06 読売新聞 
2009/06 Discovery Dinosaur Looked, Behaved Like a Parrot
オウムのような恐竜は、オウムのようにふるまった
2009/06 EurekAlert Sands of Gobi Desert yield new species of nut-cracking dinosaur
木の実のようなものを食べていたと思われる、オウムのような恐竜~ゴビ砂漠
くちばし持つ新種の恐竜「リムサウルス」 中国で発掘
 2009/06 朝日新聞 
オウムのように木の実を食べる恐竜
 2009/06 【日本語記事】National Geographic 
2009/06 National Geographic New Dinosaur Was Nut-Cracking "Parrot"
2009/06 PhysOrg Mobile DNA elements in woolly mammoth genome give new clues to mammalian evolution
マンモスゲノムにおける移動式のDNA要素が哺乳類進化の新しい手がかりに
2009/06 news@nature.com Feather growth limits size of flying birds
羽の成長は、飛べる鳥の大きさを限定する  抜け変わりに必要な時間が問題
Time required for moulting may be a more important factor than
植物Corydalis conorhizaの根っこは新型の雪根
 土の中から積雪に向かって上向きに生えるのです
2009/06 EurekAlert Newly discovered snow roots are 'evolutionary phenomenon'
新しく発見された雪根は、『進化のたまもの』である
2009/06 EurekAlert Evolution can occur in less than 10 years
進化は、10年未満で生じることができる
 わずか30代で新しい環境に適応したトリニダード・グッピー  Trinidadian guppies
2009/06 EurekAlert Work of Field Museum scientist addresses question of chance in evolution
進化チャンスの再々来
 cheilostome bryozoansをはじめとして、似たような経緯をたどった生物種が時代を隔てて何度も出現
平行進化していただけなんじゃないのか?
2009/06 EurekAlert Discovery raises new doubts about dinosaur-bird links
発見は、新しい疑いを鳥と恐竜のリンクについて生じる
 呼吸器を見るにつけ、獣脚類の恐竜が鳥の祖先だとはいいがたいと思うんだが
極地の沼地で栄えた古代の動物コリフォドン Coryphodon
2009/06 Discovery Ancient Beasts Thrived in Arctic Swamps
 有史以前のカナダ北極圏、沼や森林地帯に棲息していた生物は、長く真っ暗な冬を劇的な食餌の切り替えによってサバイバルしていた
 白夜の期間は普通に草食動物、冬場は腐葉土や腐った果物、小枝などを食べていた
  コリフォドンの復元想像図
2009/06 PhysOrg Mosquito evolution spells trouble for Galapagos wildlife
ガラパゴスの野生生物に、蚊の進化による脅威が忍び寄る
 爬虫類の血を吸う蚊が出てきているぞ!
【英語】「E.O.ウィルソン曰く『ジム・二重らせん・ワトソンは生物学界のカリギュラだ』」
 リンク The Genome: An Outsider's View
 リアル化石を見ずにDNAだけを頼りにして分子生物学が描くオカシナ系統図。
 小麦粉ばかり調べて、実際のパンの種類を見ない、みたいな?
 ~カール・ジンマー

2009/06 EurekAlert Fossil teeth of browsing horse found in Panama Canal earthworks
パナマ水路土塁で発見 新芽を食べている馬の化石の歯
 1500~1800万年前の森林-居住種
2009/06 EurekAlert Fossil bone bed helps reconstruct life along California's ancient coastline
化石の骨ベッドは、カリフォルニアの古代の海岸線に沿って生命を復元するのを助ける
 暖かい気候は、1500万年前のサメ歯とアザラシ骨のユニークな骨ベッドを形成させた
2009/06 Discovery Mammoth Skeleton Unearthed in Serbia
セルビアのマンモス
2009/06 PhysOrg 53 million-year-old high Arctic mammals wintered in darkness
5300万年前の北極圏の哺乳類は、暖かな暗い冬を過ごしていた
 Coryphodon コリフォドン
2009/06 EurekAlert Meteorite bombardment may have made Earth more habitable, says study
隕石爆撃で、さらに住むのに適した地球が作られた可能性がある
ワイオミングとスコットランドの恐竜の足跡、「同じ」!?
2009/06 Discovery Globe-Trotting Dino? Tracks Present Mystery
世界をまわる恐竜? 足跡は、ミステリーを提示する
2009/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 恐竜の化石で発見されたタンパク質:前回の疑念を払拭
 8000万年前のブラキロフォサウルスの化石からタンパク質を発見







2009/05 ABC@オーストラリア Supervolcano triggered mass extinction
Supervolcanoは、大量絶滅を誘発した
2009/05 EurekAlert Geographic isolation drives the evolution of a hot springs microbe
地理的な隔離は、温泉微生物の進化を駆りたてる
2009/05 PhysOrg New extinct lemur species discovered in Madagascar
マダガスカルで発見 絶滅した新種キツネザル
2009/05 news@nature.com Taking a fossil primate on the road
霊長類化石アイダのプロモーターは、科学的見せ物商売を擁護する
Ida's promoter defends science and showmanship.
2009/05 news@nature.com The nail in the coffin for group selection?
群淘汰にトドメの一撃
個人とその家族への利益は、利他的な行動を勘定に入れるのに十分である可能性がある
Benefits to an individual and its family may be enough to account for altruistic behaviour.
中国の二畳紀中期における火山活動、大量絶滅、ならびに炭素同位体変動
 中国南西部で産出された化石を含む岩は、二畳紀中期における大絶滅が広範囲な火山噴火と同時に起こったことを示している。
2009/05 Science Volcanism, Mass Extinction, and Carbon Isotope Fluctuations in the Middle Permian of China
2009/05 Science 火山活動による大量絶滅
Major Extinction Event Linked to Volcanism
2億6000万年前の大噴火で世界中の海洋生物が死滅、英大研究 国際ニュース : AFPBB News
竜脚類は首を高く上げていた
2009/05 BBC News Giant dinosaurs 'held heads high'
ジャイアント恐竜は、『高く頭を保持した』
2009/05 EurekAlert The evolution of gene regulation
遺伝子調節の進化
 コンピュータ・シミュレーションと理論上の計算を使用して証明
 "Evolutionary selection between alternative modes of gene regulation"
「遺伝子調節の代替モード間に見る進化上の淘汰」
2009/05 EurekAlert U of Minnesota research reveals critical role of evolutionary processes in species coexistence
種共存プロセスの進化上の重要な役割
 DNAと系統発生データベースから生態学に進化上の観点を導入する
2009/05 EurekAlert Snail venoms reflect reduced competition
カタツムリ毒液は、自然淘汰の強度を反映する
2009/05 ABC@オーストラリア Genetic signature for Darwinian evolution
進化の遺伝学的なサイン
 オオヒキガエルと彼らのいとこのDNAに刻まれた自然淘汰の典型的痕跡
2009/05 【日本語記事】Nature 地球:「爆撃」に耐えた冥王代地球上の生命
41億年前から38億年前:地球やほかの内惑星がすさまじい衝突を被った、後期重爆撃期として知られる時期
2009/05 EurekAlert Asteroid attack 3.9 billion years ago may have enhanced early life on Earth, says CU-Boulder study
2009/05 Discovery Life on Earth May Have Begun Much Earlier
地球科学:めった打ちにあっても屈しなかった生命
2009/05 Nature Earth science: Life battered but unbowed
doi:10.1038/459335a
地球:後期重爆撃期の冥王代地球では微生物が生存可能だった
2009/05 Nature Microbial habitability of the Hadean Earth during the late heavy bombardment
doi:10.1038/nature08015
2009/05 ABC@オーストラリア Early earth cool enough for life: study
十分に生命にも涼しい初期地球
2009/05 cnn.co.jp 人類とサルの共通祖先か 研究者が化石公開
 ドイツのメッセルで発見されていた始新世(約4700万年前)の霊長類化石
 ダーウィンにちなみ、Darwinius masillae と命名
霊長類の“ミッシングリンク”を発見?
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
ヒトとサルの共通祖先? 4700万年前の化石
 2009/05 時事通信 
2009/05 BBC News Scientists hail stunning fossil
2009/05 National Geographic "MISSING LINK" PHOTOS: New Fossil Links Humans, Lemurs?
「ミッシング・リンク」写真:新しい化石のリンク人間(キツネザル)?
2009/05 ABC@オーストラリア Ancient primate is evolutionary 'aunt'
ドイツでヒト・類人猿の祖先発見、4700万年前の全身化石
 2009/05 読売新聞 
2009/05 Discovery Skeleton Sheds Light on Primate Evolution
骸骨は、霊長類進化に関して光を落す
2009/05 news@nature.com Reunion of fossil halves splits scientists
化石の半分の再結合は、科学者を分離させる
Well-preserved primate suffers identity crisis.
保存のいい霊長類は、アイデンティティ危機で苦しむ。
2009/05 New Scientist Why Ida fossil is not the missing link
2009/05 news@nature.com Cambrian explosion changed ocean chemistry
カンブリア紀爆発は、海洋化学的性質を変えた
Mud stirred up by sea-floor animals may have stoked global sulphate levels.
海-床動物によって上へかき回される泥は、燃え上がる地球規模の硫酸塩レベルを持つ可能性がある。
宮古島に超大型ネズミ? 化石公開
2009/05 時事通信 
2009/05 EurekAlert New insight into primate eye evolution
霊長類の眼の進化に対する新しい洞察
 夜行性のヨザルは、示唆する ― 大幅な眼の構造進化にはわずかに2、3の遺伝学的変化だけでいけたらしい
2009/05 EurekAlert Small evolutionary shifts make big impacts -- like developing night vision
小さい進化上のシフトは、大きい衝撃(夜間視力を開発することのような)を作る
2009/05 PhysOrg Rare prehistoric pregnant turtle found in Utah
ユタで発見 妊娠中の古代カメ 7500万年前
2009/05 PhysOrg Fossil magnetism helps prove mass extinction theory
化石の磁気は、大量絶滅理論を証明するのを助ける
 チームは、ロシアのUralsにも大量絶滅があったとする証拠を発見した
宮古島に超大型ネズミ?=臼歯の長さ世界最大級-新たな化石公開・沖縄県立博物館
 2009/05 時事通信 
昆虫がつかまりやすい細胞を進化させた虫媒花
2009/05 ABC@オーストラリア Plant cells help bees get a grip
植物細胞は、ミツバチが 握りを得るのを助ける ―
2009/05 BBC News Velcro petals help bees hang on
{ベルクロ花びらがミツバチを助ける}
琥珀に閉じ込められていた白亜紀のハエ
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 EurekAlert Discovery in amber reveals ancient biology of termites
琥珀における発見は、古代シロアリの生物学を明かす
2009/05 EurekAlert Predators ignore peculiar prey
捕食動物は、個性的な獲物を無視する
 アオカケスは最も典型的な容姿のサンショウウオを狙う
 トレンドが変化すれば、それに合わせて好みも変わる
 アノマリーの存在は、「みんないっしょ」の隘路より有利な部分があるらしい
2009/05 EurekAlert New dinosaur species possible in Northwestern Alberta
ノースウェスタン・アルバータでたぶん新種の恐竜  Tetsuto Miyashita
恐竜の長い首は地面の草を食べるため?
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 National Geographic Giant Dinosaurs Stuck Their Necks Out, Not Up?
史上最大の三葉虫の群れを発見
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 ABC@オーストラリア Giant trilobites had complex social lives
ジャイアント三葉虫は、複雑な社会暮らしをなさっていた
 (現代のカブトガニのように)一緒に集まって脱皮していた三葉虫
2009/05 Discovery Earthly Cave Bacteria Hint at Mars Life
地下洞穴バクテリアは、火星の生命にヒントを与える
 高さ1cm、直径2mm:27億5000万年前、原始的なバクテリアは自分たちが棲息する洞窟を穿っていた
 今まで、地下生命の最古の証拠は15億年前だった
2009/05 Discovery Giant Trilobites in Portugal Could Be Biggest
ポルトガルで記録上最大のジャイアント三葉虫発見 推定体長90cm!
 これまでの最大記録は体長72cm

:えええそんな大きかったらかわいくないよう。これくらいがいいのに
発生:Fusedは脊椎動物のヘッジホッグシグナル伝達と運動性繊毛形成で進化により分岐した
2009/05 Nature Fused has evolved divergent roles in vertebrate Hedgehog signalling and motile ciliogenesis
doi:10.1038/nature07883
2009/05 EurekAlert Princeton geoscientist offers new evidence that meteorite did not wipe out dinosaurs
隕石が恐竜を一掃しなかったというプリンストン地球科学者提案新しい証拠
 植物と動物の化石痕跡は、巨大な死滅が衝突の直後に生じたわけではないことを示す
恐竜化石:コラーゲン、米大学など発見 最古の「軟らかい組織」
 2009/05 毎日新聞 
2009/05 ABC@オーストラリア Seagrass link to seahorse upright posture
タツノオトシゴの垂直姿勢は海草がある環境に適応できてこそ
 海草生息地が拡張するにつれて約2500万年前、直立姿勢を進化させた
2009/05 Discovery Seahorses 'Stood Up' 25 Million Years Ago
竜の落とし子は、2500万年前『立った』
最古のタツノオトシゴの化石を発見
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 Discovery Supercontinent Set Stage for Worst Extinction
超大陸が最悪の絶滅にステージセット
 深海のバクテリアが生む毒ガスが、火山の噴火であっさりやられる弱い生態系を作っていた
 「三畳紀の二畳紀」絶滅の前の年3-400万前に、海はすでに酸素が欠乏し酸性化していた
2009/05 PhysOrg Dinosaurs declined before mass extinction
恐竜は、大量絶滅イベントの6500万年前よりずっと前から滅びの道に入っていた
 このイベントの数百万年前から、恐竜種の多様性は減少傾向にあった
2つのRNAを競合させてみました
2009/04 EurekAlert Darwin in a test tube
試験管ダーウィン ダーウィンフィンチみたいに進化を見せる分子
2009/04 EurekAlert Analysis finds strong match between molecular, fossil data in evolutionary studies
分析は、化石のデータと分子進化の間で強いマッチを発見する
 分子のテクニックを使用する遺伝学は、化石からの身体的な特徴比較よりさらなる正確に進化上の関係を決定する
ナショナルジオグラフィックの"Wild Chronicles"
2009/04 EurekAlert Google Earth aids discovery of early African mammal fossils
グーグル・アースのおかげで、アフリカの初期哺乳類化石の発見促進
酵母雑種の解析によって遺伝子発現制御の進化についての知見が得られる
2009/05 Science A Yeast Hybrid Provides Insight into the Evolution of Gene Expression Regulation
 酵母の種から種への遺伝子発現は多岐にわたると考えられるが、組み換えによって子孫は強い雑種になる。
2009/04 National Geographic Giant Pterosaurs Couldn't Fly, Study Suggests
 巨大翼竜は飛べなかったんじゃないか説
巨大翼竜、本当は飛べなかった?
 2009/04 【日本語記事】National Geographic 
2009/04 news@nature.com Age-defying dinosaur collagen
Hadrosaur, dead 80 million years, yields oldest protein yet sequenced.
「恐竜復元」に望み、化石からたんぱく質採取 米チーム
 2009/05 朝日新聞 
カンパニア期のハドロザウルス(B. canadensis)の生体分子分析とタンパク質配列
2009/05 Science Biomolecular Characterization and Protein Sequences of the Campanian Hadrosaur B. canadensis
 8000万年前のハドロザウルスから採取した保存状態の良い組織を解析した結果、恐竜と鳥類の類縁関係が支持された。
最古の恐竜のタンパク質を発見
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/05 National Geographic Oldest Dinosaur Protein Found -- Blood Vessels, More
2009/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 恐竜の血液サンプルが初めて採取される
2009/05 【日本語記事】Science ハドロサウルスからコラーゲン蛋白質を復元
Collagen Proteins Recovered From a Hadrosaur
恐竜の絶滅は隕石衝突の30万年後だった‐因果関係疑問視の新説
 2009/04 ブルームバーグ
 米プリンストン大学と仏ローザンヌ大学の共同研究チーム。
 恐竜滅亡が間違いなくチクシュルーブ・クレーター形成の30万年後だったことを裏付ける新たな証拠
衝突を示す層の上に依然として52種類が存在していた
2009/04 EurekAlert New blow for dinosaur-killing asteroid theory
恐竜-殺人小惑星理論における新しい強打
大量絶滅を免れた恐竜たちがいた? サンファン盆地で50万年生き延びた
 2009/05 【日本語記事】National Geographic 
2009/04 EurekAlert Evidence of the 'Lost World' -- did dinosaurs survive the end Cretaceous extinctions?
証拠の『世界を失った』-恐竜は、終わり白亜紀の絶滅をサバイバルしたか?
水中から陸上へ  イクチオステガの腕骨が分析されました
2009/04 【日本語ブログ】雑記帳

2009/04 Discovery Hefty, Ostrich-Like Dino Found in China
中国で発見される大きな、ダチョウのような恐竜
2009/04 BBC News Ancestor of T rex found in China
中国で発見、ティラノサウルスの先祖
 'Missing link' fossils reveal T rex had some small ancestors
『ミッシング・リンク』化石は、明かす ― ティラノサウルスのたぐいに小さい先祖がいたことを
2006-2007年ゴビ砂漠、嘉峪関(Jiayuguan)の近くで発掘された2匹の新しい恐竜の研究
2009/04 EurekAlert Field Museum paleontologist leads study on two new dinosaurs from China
草食恐竜の座骨の化石発見 岩手・白亜紀後期の地層
 2009/04 共同通信 
岩手県久慈市の白亜紀後期(約8500万年前)の地層
2009/04 【日本語記事】National Geographic 赤ちゃんマンモスの腸内に母の糞を発見
2009/04 news@nature.com Why big eruptions don't always fuel mass extinctions
{大きい噴火が必ずしも大量絶滅をあおらない} 理由
火山の場所の近くの石は、決定することができた ― 噴火が破滅的な異常気象を引き起こすかどうか。
Rocks near the site of a volcano could determine whether an eruption causes catastrophic climate change.
2009/04 news@nature.com Indian fossil find resolves fraud accusations
インドの化石が、決定詐欺告発を発見する
Vindhyan丘で発見された多細胞生命の初期の例。
Early example of multicellular life discovered in Vindhyan hills.
※ 2005年 岐阜大学教育学部 理科教育講座地学教室
 「化石が発見された砂岩を含むヴィンジャン超層群(Vindhyan Supergroup)の火山岩は,約16億年前。這い痕化石 (のような構造) が実際に化石だという可能性は低くなった。」
2009/04 ABC@オーストラリア Complex life pushed back in time
中央インドの洞察から採取された化石の堆積物に見る、初期多細胞生物の多様性
アシカの先祖? 新種の動物化石、陸から水へ進化裏づけ
 2009/04 朝日新聞 
進化:中新世北極圏の半水生食肉目哺乳類と鰭脚類の起源
2009/04 Nature A semi-aquatic Arctic mammalian carnivore from the Miocene epoch and origin of Pinnipedia
2009/04 【日本語記事】National Geographic “腕”を持つアザラシの祖先を発見
2009/04 New Scientist Fossil seal had the feet of an otter
化石のアザラシは、カワウソの足を持った
2009/04 Discovery Fossil Offers Flipper Evolution Link
2009/04 BBC News 'Missing link' fossil seal walked
{化石のアザラシが歩いた} 『ミッシング・リンク』
2009/04 ABC@オーストラリア Arctic fossil shows how seals evolved
北極地方の化石は、{アザラシが進化した} 方法を示す
2009/04 National Geographic Seal With Arms Discovered
2009/04 EurekAlert Prehistoric turtle goes to hospital for CT scan in search for skull, eggs, embryos
頭蓋骨、卵、胎児はどんなかな
 有史以前のカメ化石をCTスキャンしてみました 
低酸素の時代から高酸素の時代まで生き抜くには
2009/04 Discovery Alligators Reveal How Dinosaurs Ruled Earth
ワニは、{恐竜が地球を支配した} 方法を明かす
 Baby Alligators Reveal How Dinosaurs Ruled Earth
赤ちゃんのワニは、{恐竜が地球を支配した} 方法を明かす
 ワニを低酸素状態で孵化させると、赤ちゃんワニのお腹は卵黄でぽっこりした状態で生まれ、肺や心臓が大きく発達するのだ
2009/04 EurekAlert Alligators hint at what life may have been like for dinosaurs
2009/04 BBC News Apples' autumn colour change clue
秋の紅葉にリンゴの変化から手がかり
 秋の葉が色を変える理由についての長年の論争に、慎ましいリンゴの木から新しいヒント
 害虫に対する防御より、果実の大きさと味を選択的に伸ばしたリンゴの品種は、野生種より紅葉が控えめ
現在知られている最古の四足動物の前肢における発達の軌跡を対比する - イクチオステガ(Ichthyostega)とアカントステガ(Acanthostega)
2009/04 Science  Contrasting Developmental Trajectories in the Earliest Known Tetrapod Forelimbs
* アカントステガの上腕骨の成長は一生の間に機能的変化を示さないが、イクチオステガでは幼体から成体への成長時に差が生じる。
2009/04 【日本語記事】Science 海から陸へと移動する
Making the Move From Sea to Land
生物の陸上進出
2009/04 EurekAlert Fossils suggest earlier land-water transition of tetrapod
化石は、初期四足獣の陸-水移り変わりを示唆する
 イクチオステガとアカントステガ 化石のCTスキャンから拾い集められる新しい証拠
2009/04 EurekAlert The life histories of the earliest land animals
最古の維管束陸上植物の起源と放散
2009/04 Science  Origin and Radiation of the Earliest Vascular Land Plants
* 胞子化石の発見で、陸上植物はこれまで推定されていたよりも以前から進化したことが示唆される。
2009/04 EurekAlert Scorpion biodiversity
サソリ生物多様性
 谷のあちら側とこちら側、100mほどしか離れていなくても、サソリの種類は環境条件に従って違ってきております
 valley near Mount Carmel in Israel
進化上の理論によって編みだされる協力行動
2009/04 EurekAlert MIT: Cooperative behavior meshes with evolutionary theory
 もし最適者だけがサバイバルするのであるならば、個体群みんなに貢献する協力的な行動の遺伝子は、滅びてしかるべきである
 協力的な酵母菌は、彼らが産み出すサッカロースのおよそ1%まで、選択的なアクセスを持つ。
 その利益は利他行動のコストを補って余りある。
 さらには、詐欺師に対して効率よく競合する余裕さえもゲットできる
2009/04 PhysOrg Prehistoric bears also ate everything and anything
有史以前のクマも、今のクマみたいになんでもかでも食べていた
 the short-faced bear (Arctodus simus) of North America
 the cave bear (Ursus spelaeus) of Europe
生態:地球規模での系統発生的なバイオームの保守性
2009/04 Nature Phylogenetic biome conservatism on a global scale
進化上の分岐の3.6%だけがバイオームのシフトを含む
doi:10.1038/nature07764
2009/04 Science 海洋緑藻類の遺伝子 Green Genes in Ocean Algae
 古代の緑藻類群は、驚くべき遺伝的多様性を有する
 陸生植物の古代祖先であり世界中の海洋に分布する2種のMicromonas(海洋のピコ真菌プランクトン)のゲノム配列間に予想を上回る遺伝的多様性
海洋のピコ真核プランクトンMicromonasのゲノムから明らかにされた緑藻の進化とダイナミック適応
2009/04 Science Green Evolution and Dynamic Adaptations Revealed by Genomes of the Marine Picoeukaryotes Micromonas
* 光合成ピコ真核プランクトンの古代からのクレイド(共通祖先から進化した生物種)は、世界中の海洋に広範に分布しており、驚くべき遺伝的多様性を持っている。
大量絶滅の原因はガンマ線バーストか
 2009/04 【日本語記事】National Geographic 
2009/04 National Geographic Gamma-Ray Burst Caused Mass Extinction?
2009/04 PhysOrg Mass Extinctions, Ancient Viruses May Hold Clues to Life`s Origins
大量絶滅、古代のウイルスは、生命の起源についての手がかりを保持する可能性がある
 生命は、高等な多細胞生物の発達における、繰り返しの絶滅イベントなしで必要な複雑性をけっして達成する可能性はなかった。
太平洋の群は500万年前に大西洋の種から分岐した
2009/04 PhysOrg Study Reveals Genetic Secrets Of Pacific Sea Louse
研究は、太平洋のウオジラミ/サケジラミの遺伝学的な秘密を明かす
2009/04 EurekAlert Early family ties: No sponge in the human family tree
初期の家系図:海綿はヒトの祖先にはいらっしゃいません


 以上、 →2009年4~6月の記事でした


→ 「進化、種分化、古生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー