社会心理学 集団心理:
2020年〜

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2021年5月 Nature Human Behaviour  Design principles for risk-pooling systems
リスク・プーリング・システムの設計原則
  リスクプーリングシステムは、リスクを集団で管理する方法として開発され、危機の際の損失から保護することができる。本論文では、リスク・プール・システムの7つの設計原則を提示し、世界中の人間社会でどのように利用されているかを論じています。
2021年5月 Nature Human Behaviour  A quantitative analysis of intensification in the ethnographic record
民族誌の記録における激化の定量的分析
  小規模な採集集団から大規模な農業国家まで、複雑な40の人類社会における食糧生産を記述した民族誌データを用いて、集約化の標準モデルに疑問を投げかけています。
 人間のマクロ生態学、定住規模理論、人間行動生態学、文化的進化論、ニッチ構築理論から集約化のモデル
  小規模社会から大規模複雑社会への移行を説明するためのフレームワークとして、文化的ニッチ構築モデルの広範な有用性を示す
2021年5月 Nature 人間の移動に普遍的なパターンがあった
 それほど頻繁に遠くに出掛けることはない
 シンガポール、大ボストン都市圏(米国)、ダカール(セネガル)、アビジャン(コートジボワール)と、ポルトガル
2021年5月 Nature 人はめったに遠くまで出掛けない

2021年5月 Nature How COVID is changing the study of human behaviour
COVID-19が変えた人間行動学研究
  このパンデミックは、危機や誤情報に人間がどう対応するかについての重要な教訓となっており、公衆衛生問題を研究する方法にもさまざまな変化をもたらしている。
2021年5月 名古屋大学 「みんなのため」の追放なら心は痛みにくい 【PDF】
  集団にわずかな利益しかもたらさない人物を排斥する時には心が痛みにくい  ┗ 北大のアレみたいに異文化間検証はやってなくて対象日本人だけ?
2021年5月 大学ジャーナル  集団に利益もたらさぬ人物の排斥は心が痛まない、名古屋大学など解明

2021年5月 Nature Human Behaviour  A unified framework of direct and indirect reciprocity
直接的および間接的な互恵関係の統一的な枠組み
  直接的互恵性と間接的互恵性の統一的なフレームワークで、人々が他者との直接的な経験(直接的互恵性)または他者の一般的な評判(間接的互恵性)に基づいて、どのように協力することを選択するかを探っています。
2021年5月 Nature Human Behaviour  Payoff-based learning best explains the rate of decline in cooperation across 237 public-goods games
ペイオフに基づく学習は、237の公共財ゲームにおける協力の減少率を最もよく説明する なぜ協力が減るのか?237の公共財ゲームのデータを比較し、学習が容易な場合には協力が早く低下することを発見した。
  個人が自分のペイオフに対する影響力が強いほど,貢献度の低下が早い
  社会的ジレンマにおける人間の行動の動機とは?公共財ゲームの結果は、一般的に、人間は他人に利益をもたらすために利他的な動機を持っていることを示していると解釈されている。しかし、これに対抗する「混乱した学習者」仮説があります。つまり、個人はゲームを不確かな状態、あるいは誤った状態(混乱した状態)で開始し、その後、自分のペイオフを改善する方法を経験から学ぶ(ペイオフに基づく学習)というものです。
  結果は、人間は一般的に、他人のために利他的な動機を持つのではなく、自分を助けることを学ぶことを示唆している。
2021年1月 Nature Human Behaviour  Spontaneous synchronization of motion in pedestrian crowds of different densities
密度の異なる歩行者群集における自発的な運動の同期化
  Maらは、群集同期が異なる密度条件の下で自然に形成される理由とその方法、そして同期が人間の集団運動にどのような機能的利益をもたらすかを調べています。
2021年1月 Nature Human Behaviour  Evolutionary dynamics of higher-order interactions in social networks
ソーシャルネットワークにおける高次相互作用の進化的ダイナミクス
  Alvarez-Rodriguezらは、高次の社会的ネットワークを用いてグループ間の相互作用を検討している。彼らは、現実世界の相互作用を研究するための理論的枠組みを提案し、科学技術におけるコラボレーションの事例研究を提供しています。
2020年12月 Nature Human Behaviour  Framing economic inequality and policy as group disadvantages (versus group advantages) spurs support for action
経済的不平等と政策を集団的不利益(対集団的有利)としてフレーミングすることで、行動への支持を促す
  経済的不平等を集団的な不利益(対有利)という枠にはめ ることで、アメリカ人のこの問題への関与度が高まり、緩和行動への 支持が高まります。これは、不利益をより不当なものとして認識していることが一因となっています。
2020年11月 Nature スケールフリーの人の移動性にスケールの概念を持ち込む
 階層的「コンテナ」の中で移動追跡の結果を整理できることを示している。べき乗則分布は、異なるコンテナが互いに融合可能な場合に現れる。
2020年11月 Nature Hierarchies defined through human mobility
人の移動性を通して定義される階層
  今回、世界規模のデータ解析から、人の移動性に階層構造があることが見いだされた。そうした階層を説明する、提案されたモデルは、さまざまなジェンダーや都市化のレベルにわたって存在する移動行動の相違を再現している。
2020年10月 Nature Human Behaviour  Use caution when applying behavioural science to policy
行動科学を政策に適用する際には注意が必要です。
 社会科学者や行動科学者はCOVID-19の危機を語りかけようとしてきた。しかし、COVID-19に関する行動学的研究は政策決定を行うのに適しているのだろうか?我々は、我々の科学が政策に適したものとなるための「エビデンスレディネスレベル」で科学を進めることができる分類法を提供している。我々は、アプリケーションに私たちの知見を翻訳する細心の注意を払うために実務家に警告する
2020年10月 Nature Human Behaviour  Use caution when applying behavioural science to policy
行動科学を政策に適用する際には注意が必要です。
  社会科学者や行動科学者はCOVID-19の危機を語りかけようとしてきた。しかし、COVID-19に関する行動学的研究は政策決定を行うのに適しているのだろうか?我々は、我々の科学が政策に適したものとなるための「エビデンス準備レベル」で科学を進めることができる分類法を提供している。我々は、アプリケーションに私たちの知見を翻訳する細心の注意を取るために実務家に注意してください。
2020年9月 Nature 不平等を目の当たりにすると富裕層への課税を支持する気持ちが増す
 南アフリカ生まれの人が、南アフリカのソウェトの低所得者居住地域の繁華街で請願活動を行い、通行人に対して請願書への署名を募った
 富裕層への課税強化の請願書を見せる場合と原子力発電を代替エネルギー源に切り替えることの請願書を見せる場合を設定
 近くの路上に高級車を停めておいた場合には、富裕税への支持が増えたが、その一方で、請願書に署名する意欲が抑制された
2020年9月 Nature Human Behaviour  The evolution of productive organizations
生産性の高い組織の進化
  文化進化モデルを用いて、財やサービスを生産する組織(古代の工芸ギルドと現代の企業の両方)が文化の蓄積を促進するために進化したことを提案。民族学的データは、予測をサポートします。
2020年9月 Science/AAAS  Pandemic inspires new push to shrink jails and prisons
パンデミックは、刑務所や刑務所を縮小するための新しいプッシュを刺激する
  研究者たちは「強制収容」が健康と公共の安全に与える影響を探っている。
ニューヨーク、ロンドン、東京における職業構造の変化と居住分離
 高所得者は都心部に集中しているが、貧困層は郊外に集中している。
2020年8月 Nature Human Behaviour  Changing occupational structures and residential segregation in New York, London and Tokyo

 穏やかなルールの実施がなぜ効果的なのか
2020年8月 Nature Human Behaviour  Complacency, panic, and the value of gentle rule enforcement in addressing pandemics
パンデミックに対処するためには、自己満足、パニック、そして穏やかなルールの施行が重要である。
  パンデミックの影響は、まれな悲惨なリスクに対する2つの矛盾した反応、すなわちパニックと、病気の蔓延を早める「自分の身には起こらない」効果が共存することによって、より大きなものとなる。2つのバイアスの引き金となる条件を明らかにした研究をレビューし、これらの問題状態に対処できる穏やかなルール施行政策の可能性を浮き彫りにする。
 コロナウイルスパンデミックの真っ只中にある米国の成人を対象にした調査では、31%の人が過剰反応、40%の人が過小反応と考えていることがわかりました。
 人は過去の経験の小さなサンプルに頼る傾向がある

2020年8月 Nature バイオリン奏者が人間のネットワークの同調性に手掛かりをもたらす
 バイオリン奏者が同調性を維持するためにいろいろな戦略を用いることが判明し、同調を記述するために用いられている現行のモデルが人間に適用できないことが示唆
2020年8月 Science  Union membership reduces racism
労働組合によって人種差別が減る
 組合への加入が白人労働者のアフリカ系アメリカ人に対する否定的な人種的態度の減少と関連している
2020年8月 EurekAlert-Science  サッカーリーグのイスラム教徒とキリスト教徒の前向きな接触は団結を生むが、限界がある
 対抗する集団が組んだ時に偏見がどう低減できるかを評価した研究によると、イスラム教徒のチームメイトを持つことで、イラクのキリスト教徒選手らのイスラム教徒選手らに対する行動が好転したという。
2020年8月 Science  Building social cohesion between Christians and Muslims through soccer in post-ISIS Iraq

2020年8月 Nature Human Behaviour  Knowledge diffusion in the network of international business travel
 海外出張者のネットワークにおける知識の拡散
 新しい産業で競争力を持つようになる前に、その産業がすでに盛んな場所からの訪問者を受け入れる
手続き的公正が警察活動を改善
2020年06月 Science  Procedural justice improves policing
 警察官のための手続き的正義トレーニングプログラムの導入が警察と民間人との出会いに影響を与えたかどうかを調べた。 訓練を受けた将校に対して登録された苦情は少なく、訓練を受けた将校は民間人との遭遇中に武力を行使する可能性が低いことがわかりました。





2020年05月 Nature Human Behaviour  Dissociable mechanisms govern when and how strongly reward attributes affect decisions
分離可能なメカニズムは、報酬属性が決定に影響を与える時期と方法を管理します
  さまざまな属性の重み付けの時間ダイナミクスを定量化する決定プロセスの計算モデルを提供します。 彼らの時変ドリフト拡散モデルは、意思決定における潜在的な個人差を明らかにします。
 属性の検討のタイミングが、時変ドリフト拡散モデルと4つの別個の実験からのデータを使用して、意思決定に独自の影響を与えるかどうかを調査
2020年05月 社会を変化させ、崩壊させるふたつの「しきい」 ~「規模のしきい」と「情報処理のしきい」という内的要因が鍵を握る~   総合地球環境学研究所
 疫病や災害のような明確な外的要因がなくても社会が崩壊することはあり得る
 社会と政治の発展は、第一義的には政体の規模、次いで情報処理と経済システムの発展、そして規模のさらなる拡大によって規定される
 「情報処理のしきい」を超えるまでは政体の社会政治的特徴は多様ですが、このしきいを超えるとどこも似通ってきます
2020年05月 Nature Human Behaviour  Social goods dilemmas in heterogeneous societies
異機種混在社会におけるソーシャルグッズのジレンマ
異質な集団が向社会的行動の進化を強く促進できる
 制度の介入が異種社会で公平な結果を維持するためにしばしば不可欠である
2020年05月 Nature Human Behaviour  Sustainable natural resource governance under interest group competition in policy-making
政策決定における利益団体の競争下での持続可能な天然資源ガバナンス
環境政策において利益団体はどのような役割を果たすか? 競合する利害関係者のリソースが等しくない場合でも、認識された危機に対応して利益グループ間の連合を築くことで、リソースの崩壊を遅らせたり防止したりできることがわかります。
エリート献金者の政治姿勢
2020年05月 Science  Political attitudes among elite donors
裕福な共和党の献金者は社会問題で共和党の市民に似ているが経済的に保守的である傾向がある一方、民主党の献金者は経済問題で民主党の市民に似ているが社会的に寛大である傾向がある
2020年05月 Nature インターネット上に現れた予防接種に対する感情をマッピングする
 ワクチンに関する科学的専門知識への不信感が、オンラインコミュニティーでどのような変化を遂げるのか
 クラスターのサイズは、特定のフェイスブックページのファン数によって決定
 予防接種反対派が数の上では少数派であるにもかかわらず、こうしたクラスターのネットワークの中心に位置している
 予防接種反対派の考え方が今後10年間で予防接種に関する支配的な意見になる可能性がある 2020年05月 Science  Antivaccine forces gaining online
反ワクチン勢力がオンラインで増大
2020年05月 Nature Human Behaviour  Replicating patterns of prospect theory for decision under risk
リスク下での意思決定のためのプロスペクト理論のパターンの複製
  19か国から4,000人を超える参加者を集めたサンプルでは、行動と意思決定に関する非常に影響力のある研究のコアパターンが広く再現されています。

2020年05月 Nature Human Behaviour  Using genetics for social science
社会科学のための遺伝学の使用
   社会科学遺伝学の目標、方法、課題は、社会的、行動的、健康的な結果における個人差の遺伝的基盤を解明することを目的としています。
2020年05月 Nature Human Behaviour  Predictors of risky foraging behaviour in healthy young people
健康な若者の危険な採餌行動の予測因子
 青年は危険な決定をする傾向があります。
 セックスは慎重な行動とパフォーマンスの最も重要な予測因子でした。男性は女性よりも1標準偏差(または20%)高い報酬を獲得し、失うものがほとんどないときにより多くの報酬を収集し、潜在的な損失が高くなったときに女性と同じレベルに採餌を減らしました。
2020年05月 Nature Human Behaviour  A large-scale analysis of racial disparities in police stops across the United States
全米各地の警察停留所における人種格差の大規模分析
 米国全体で実施された1億件近くの交通停止の詳細を示すデータセットをまとめて分析し、警察の停車場と検索の決定において、黒人およびヒスパニック系ドライバーに対する人種的偏見が根強く残っている証拠を見つけました。
2020年04月 Nature Human Behaviour  In defence of charity which benefits both giver and receiver
寄付者と受領者の両方に利益をもたらす慈善団体を守る
 慈善寄付の無私の動機は、しばしば利己的な動機よりも優れていると表現されています。 しかし、行動科学からの証拠は、そのような「慈善の階層」が最終的に重要なこと、つまり全体的に最もインパクトのある寄付を生み出すことの邪魔になる可能性があることを示唆しています。
2020年04月 マスクの値上げ 「受け入れられない」 4 割 販売店舗の仕入れ値変更なしなら 8 割が反対 ~マスク不足をどう解消すべきか?~   関西大学
 仕入れ値上昇に合わせた販売店舗のマスク値上げについて、約 4 割の人が「受け入れられない」と回答
  仕入れ値が変わらない場合のマスク値上げについては、約 8 割の人が「受け入れられない」と回答
  価格メカニズムを通じたマスク不足の解消は、実現が困難。生産者への補助などの他の手段の活用が必要
 
2020年04月 Nature 伝染モデルを用いて交通渋滞をマッピングした
 感受性–感染–回復モデルを調整したモデル
2020年03月 Nature Human Behaviour  The dual evolutionary foundations of political ideology
政治イデオロギーの二重進化論的基盤
  以前の研究で特定された政治イデオロギーの2つの側面は、人間のグループリビングの進化における2つの主要なシフトに対応します。協力へのシフトとグループの一致へのシフト
2020年03月 Nature Human Behaviour  Shifting attributions for poverty motivates opposition to inequality and enhances egalitarianism
 貧困の帰属を変えることは、不平等への反対を動機づけ、平等主義を高める
 貧困を状況的要因に起因させることは不平等に対するより大きな懸念と関連していることを発見し、3つの実験が貧困の状況的属性の増加が5ヶ月後まで平等主義を動機づけることを明らかにします。
 貧困の状況的属性は34カ国にわたる不平等への支援の減少と関連
 ライティングの演習およびコンピューターベースの貧困シミュレーションによる貧困の状況属性の強化→平等主義的行動を増大させ、不平等への支援を即座に減らした。
 状況属性は、社会的不平等を軽減するための強力な心理操作でありうる
2020年03月 Nature Human Behaviour  Hypermobile human predators
 ハイパーモバイル人間捕食者
 獲物の病気のダイナミクスは捕食者の行動に影響されますが、広範囲にわたる産業革命後のハンターの潜在的な影響についてはほとんど知られていません。
 ハンターは獲物密度の高い地域に出入りする 2020年03月 Nature Human Behaviour  The unique spatial ecology of human hunters
 人間のハンターのユニークな空間生態学
 ハンターの動きは、新たな野生生物の病気を制御する方法に影響を及ぼします。 北ヨーロッパでは、ハンターの居住密度は獲物の密度よりも人間に密接に関連しており、ハンターは主に渡り鳥であり、地域の獲物の密度が増加すると集合します。

2020年02月 Nature Human Behaviour  The origins of criminal law
 刑法の起源
  素人は、古代の文化的に外国の法典から引き出された刑法の中核的側面を直感的に再現し、これが刑法が人間の脳に由来するという理論と一致していると主張することができます。
2020年02月 Nature Human Behaviour  The Confidence Database
信頼データベース
  このリソースは、研究者がメタ認知的信頼性判断に研究の大規模なコーパスを再分析することを可能にする新しい公共データベースを導入します。
2020年01月 Nature Human Behaviour  A large-scale test of the link between intergroup contact and support for social change
 69か国からのデータを使用して、より平等に向かう社会的変化に対するグループ間コンタクトとサポートは、有利なグループのメンバー間では正の関連性があり、不利なグループ間では負の関連性があることを示します
 グループ間の接触が、特に不利な立場にあるグループメンバーの間で、より平等に向かう社会的変化の支持を損なう可能性
 有利なグループ(民族的多数派およびシス異性愛者)のメンバー間では正の関連性を持ち、不利なグループ間では負の関連性を示す(少数民族、性的および性的少数者)
2020年01月 レヴィ=ストロースの70年来の謎を進化シミュレーションで解明 ~文化人類学の基礎「親族の構造」を数理モデルで生成~   東京大学
 異なる親族構造の生成に至る普遍的なメカニズム
2020年01月 Nature Human Behaviour  The pace of modern culture
  現代文化のペース
  現代文化は、生物学的進化と比較して急速に変化しているようです。 現代の文化の進化のペースは驚くほど遅く、たとえば、ダーウィンのフィンチで見られる変化よりも遅いです。
2020年01月 Nature Human Behaviour 
行動研究の不確実性を定量化する
  行動科学は研究結果の不確実性を過小評価しているため、複製可能性を過大評価しています。 物理科学の計量学者は、一部のコンポーネントを非統計的手段を使用して定量化する必要がある場合でも、不確実性のすべての重要なコンポーネントを定量化します。 行動科学はそれに続くべきです。

 以上、 →2020年〜の記事でした


→ 「社会心理学 集団心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー