遺伝子組み換え、クローン生物:
2020年

ほか「遺伝子組み換え、クローン生物」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年12月 毎日新聞 ゲノム編集食品、日本でも流通へ 生まれる新食材、人為的改変に懸念も
2020年12月 植物ウイルスを利用した遺伝子導入法により植物のゲノム編集に成功   農業・食品産業技術総合研究機構
2020年12月 ゲノム編集のための最小のはさみ -CRISPR-Cas12fの立体構造を解明-   東京大学 日本医療研究開発機構
2020年12月 CNN.co.jp 米FDA、遺伝子組み換え豚を承認 アレルギー反応回避へ
2020年12月 読売新聞 ゲノム編集トマト、市場流通へ…GABAを増量
 国内初の「ゲノム編集食品」となる見通し
 市場に流通するのは1~2年ほど先
 筑波大発のベンチャー企業「サナテックシード」
2020年12月 スラド  GABA増量したゲノム編集トマトが専門家会議で審議へ。1~2年で市場に登場か
2020年12月 毎日新聞 ゲノム編集食品、国内初の届け出 トマト販売・流通、厚労省受理 筑波大ベンチャー
2020年12月 朝日新聞 ゲノム編集トマト販売へ 専門家会議「安全審査は不要」
2020年12月 AFP  「培養鶏肉」シンガポールで販売へ 世界初
 米スタートアップ企業のイート・ジャスト(Eat Just)
2020年12月 トマトの複数遺伝子の同時ゲノム編集に成功  〜ゲノム編集技術Target-AIDによる効率的品種改良〜   筑波大学 神戸大学
 新しいゲノム編集技術として2016年に開発された「Target-AID」が、トマトの1遺伝子の塩基編集に有効
2020年11月 世界初、新規ゲノム編集技術「TiD」で植物の遺伝子改変の有効性を実証 ―日本のバイオインダストリー推進の原動力として期待―   徳島大学 新エネルギー・産業技術総合開発機構
 CRISPR-CasタイプI-D(TiD)
2020年11月 読売新聞 ゲノム編集した受精卵、半数で染色体異常…米研究チーム
2020年11月 Science/AAAS  New genetic tools will deliver improved farmed fish, oysters, and shrimp. Here’s what to expect
新しい遺伝子ツールは、改良された養殖魚、カキ、エビを提供します。期待されることは以下の通りです。
  企業はハイテク育種で大きな利益を得ようとしているが、遺伝子編集とエンジニアリングについては疑問が残る
2020年10月 モデル植物シロイヌナズナでのミトコンドリアゲノム編集(標的遺伝子破壊)に成功   東京大学
2020年10月 より安全にゲノム編集ができる技術を開発 -偶発的に生じてしまうゲノム編集をコントロールする核酸分子の開発-   産業技術総合研究所
 ゲノム編集酵素Cas9に強固に結合し、酵素活性をコントロールする核酸分子(核酸アプタマー)を開発
2020年10月 培養ディッシュの中の循環系 -体外で機能する毛細血管網を手軽に作成-   九州大学
 培養組織は直径が1ミリ程度になると、拡散だけでは栄養や酸素を十分に行き渡らせることができず、中心部が壊死に陥る
2020年10月 Nature 肺オルガノイドと大腸オルガノイドを用いた抗SARS-CoV-2薬の選別

2020年10月 Science/AAAS  Controlling monkey brains with light could get easier thanks to open data project
オープンデータプロジェクトのおかげで、サルの脳を光で簡単に制御できるようになるかもしれない
  げっ歯類で洗練された光遺伝学的手法は、非ヒト霊長類では使いにくいものだった
時事通信 「砂糖イネ」開発に成功 広範囲での生産可能に 名大など
 中国・福建農林大と名古屋大
  ゲノム編集 種子は肥大したが、通常は「米粒」となる白色固体のデンプンではなく、ショ糖を約20%含む液体で満たされていた
 通常の米粒を作れない
2020年10月 ⾼純度の砂糖を⽣産する「砂糖イネ」の開発に成功 -砂糖きび、砂糖大根(甜菜)に続く、「第3の製糖作物」を作成-   名古屋大学
2020年10月 クリスパーキャスによる正確で安全なゲノム編集を細胞周期の利用によって実現   広島大学 東京医科歯科大学
2020年10月 Science/AAAS  Is gene therapy ready to treat some forms of autism?
遺伝子治療は自閉症のいくつかの形態を治療する準備ができているか?
  エンジェルマン症候群へのアプローチは、単一遺伝子に起因する自閉症関連疾患を治療するための取り組みの最前線にある
2020年10月 ワイアード  害虫に“組み込まれた退化”が農業を救う? 遺伝子組み換えされた幼虫で食害を防ぐ試みの賛否

2020年10月 AFP  アルゼンチン、遺伝子組み換え小麦を承認 世界初
 自己制御遺伝子をもつツマジロクサヨトウのオスを開発したと9月下旬に発表
 メスだけに影響、致死的な効果は2~3世代しか続かない
2020年10月 Science/AAAS  CRISPR, the revolutionary genetic ‘scissors,’ honored by Chemistry Nobel
エマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・ダウドナ
革新的な遺伝子の「ハサミ」CRISPR、化学ノーベル賞を受賞
2020年9月 豪州ABC  'Sperm transplants' the future of animal breeding? Male livestock engineered to produce the sperm of other males
 "精子移植 "が畜産の未来?他のオスの精子を生産するように遺伝子編集された家畜オス
 CRISPR遺伝子工学を利用して男性を不妊化し、その身体で別個体の精子を作らせることが可能だと示した米国の科学者
2020年9月 Nature 酵母で医薬品工場
 アルカロイド薬であるヒヨスチアミンとスコポラミンを、糖とアミノ酸から酵母に全合成させた
 酵母や植物、細菌、動物からの26の遺伝子を用いるとともに、重要なアシルトランスフェラーゼを機能する形で発現させるために液胞の輸送体のタンパク質工学的操作も行っている
魔女の秘密を学ぶ酵母 Genetically engineered yeast makes medicinal plant products
2020年9月 EurekAlert-Science  ゲノム編集ガバナンスに必要な情報をグローバル市民の熟考から得る

2020年9月 BBC News Gene editing to produce 'super dad' livestock
遺伝子編集で「スーパーオヤジ」の家畜を生み出す
  改造動物は持続可能な食肉生産を改善する可能性がありますが、安全性と倫理的な問題が残っています。
2020年9月 CNN.co.jp 絶滅危惧のモウコノウマ、40年前のDNAでクローン誕生 米
 サンディエゴ動物園
2020年9月 AFP  代替肉のビヨンド・ミート、中国に製造拠点設置 21年に稼働

2020年9月 生体内の遺伝子組み換えを光で操作するマウス系統の開発   東京大学
 光活性化型 Cre(PA-Cre)システムを安定して発現するマウス(PA-Cre ノックインマウス)
2020年9月 Nature Henrietta Lacks: science must right a historical wrong
Henrietta Lacksの生誕100年に当たり、科学界はいま一度、HeLa細胞のような同意のないヒト細胞の採取が行われないよう、指針を見直すべきだ。

2020年9月 朝日新聞 受精卵のゲノム編集「当面禁止を」 国際委員会が勧告
2020年9月 Science/AAAS  Commission charts narrow path for editing human embryos
委員会、ヒト胚の編集のための狭い道筋を描く
  新しい報告書は、遺伝する可能性があるDNAの修正にメリットがあるだろうまれな遺伝的状況を詳述する
2020年9月 スラド  食糧危機を救うのは人工肉かもしれない。新型コロナによる流通崩壊や豚コレラ蔓延で

2020年8月 BBC News Florida mosquitoes: 750 million genetically modified insects to be released
フロリダの蚊:7億5000万匹の遺伝子組み換え昆虫を放出へ 2020年8月 スラド  米国フロリダ州で遺伝子を組み換えた蚊、7.5億匹を放出する実験。国や州は承認済み

2020年8月 世界初、根の改良により塩害に強いイネを開発 -塩害水田向けのイネ育種に新たなアプローチ-   東北大学 産業技術総合研究所 農業・食品産業技術総合研究機構
 土壌表面に根を伸長させる「地表根遺伝子(qSOR1 遺伝子)」
  qSOR1 遺伝子導入により塩害による収量の減少を約 15%改善
2020年8月 簡単で効率の良い犬アデノウイルスの遺伝子操作技術を開発   東京大学
 リバースジェネティクスに活用できる簡便な遺伝子操作技術を確立
 細菌人工染色体(BAC)をベースとするベクターは、サイズの大きな犬アデノウイルスのゲノムDNA(約30kbp)を安定してクローニング・増幅させることが可能
2020年8月 Nature Monogenic and polygenic inheritance become instruments for clonal selection
単一遺伝子遺伝と多遺伝子遺伝はクローン選択の手段になる
2020年07月 Science  CRISPR-CasΦ from huge phages is a hypercompact genome editor

2020年07月 Nature ミトコンドリアDNAの編集を可能にする
2020年07月 Nature Mitochondrial genome editing gets precise
生物工学:精密になったミトコンドリアゲノムの編集 2020年07月 Nature A bacterial cytidine deaminase toxin enables CRISPR-free mitochondrial base editing
細菌のシチジンデアミナーゼ毒素はCRISPRを必要としないミトコンドリア塩基編集を可能にする
2020年07月 EurekAlert-Science  巨大バクテリオファージから最近発見されたCRISPR酵素はゲノム編集のツールボックスを拡張する

2020年07月 BioToday 遺伝子の導入ではなく破壊で治療用細胞に休止装置を作る技術のAuxolytic社発足
2020年07月 光合成細菌がクモ糸を作る -天然資源を利用した物質生産のモデル微生物-   理化学研究所 京都大学 科学技術振興機構
 ジョロウグモの牽引糸タンパク質の一つである「MaSp1」をコードする遺伝子を導入し、細胞内で発現させることに成功
2020年07月 財経新聞  理研など、光合成細菌使いクモ糸作ることに成功 量産化の可能性高まる

2020年07月 Science/AAAS  New method to edit cell’s ‘powerhouse’ DNA could help study variety of genetic diseases
細胞の「パワーハウス」DNAを編集する新しい方法は、さまざまな遺伝病の研究に役立つ可能性があります
 細菌毒素がミトコンドリアのDNAのための新しい精密編集ツールへの扉を開く
2020年07月 Nature Scientists make precise gene edits to mitochondrial DNA for first time
細菌由来の奇妙な酵素によって、ミトコンドリアDNAの正確な編集が可能に。





2020年06月 BioToday 霊長類のPCSK9やANGPTL3遺伝子の塩基編集で血中脂質が有意に減少
2020年06月 BioToday ヒト胚のCRISPR遺伝子編集は目当て領域一帯にいらぬ大異変を誘発しうる
 3つの研究チームはいずれも遺伝子たった1つの編集を試みたのですが、結果的にその目当ての一帯にDNAの大欠損や入れ替え等が生じました。厄介なことに目当ての領域のいらぬ異変は標準的な手段では検出が困難です。
2020年06月 BioRxiv  FREQUENT GENE CONVERSION IN HUMAN EMBRYOS INDUCED BY DOUBLE STRAND BREAKS 2020年07月 Nature CRISPR gene editing in human embryos wreaks chromosomal mayhem
CRISPRによるヒト胚の編集は、標的部位やその近傍に欠失やゲノム再構成などの大きな変化を生じさせる恐れが。
2020年06月 時事通信 サルの大脳新皮質、増大に成功 ヒト特有の遺伝子で 慶大など
 ARHGAP11B コモンマーモセットに導入し、通常よりも新皮質を大きくすることに成功
2020年06月 ヒト特異的な遺伝子を霊長類コモンマーモセットに発現させると、脳が拡大して脳のシワが作られた-ヒト大脳新皮質の進化過程を解き明かす-   実験動物中央研究所 理化学研究所 慶應義塾大学
 ヒトにしか存在しない遺伝子である ARHGAP11B を、本来健常人で発現している生理的に近い量で発現する非ヒト霊長類であるコモンマーモセットを作製
2020年06月 ゲノム編集による高効率ノックインマウスの作製 -細胞周期が作製効率の鍵を握る-   理化学研究所
 HR法(Homologous Recombination-based Method)は、他の方法に比べて高率かつ正確にノックインできる
2020年06月 財経新聞  遺伝子改変マウスを高効率で作製 幅広い分野での応用に期待 理研

2020年06月 バイオディーゼル原料植物の成長促進に成功 ~遺伝子融合によるモーターたんぱく質の高速化で実験~   科学技術振興機構 千葉大学 早稲田大学
 カメリナにシロイヌナズナ由来の高速型ミオシンを異種発現させ、植物の成長促進や種子数を増加させる
 シャジクモ-シロイヌナズナ高速型キメラミオシンXI遺伝子
2020年06月 EurekAlert-Science  ケージング技術はCRISPRを非常に迅速にする
 急速CRISPR(very fast CRISPR)
 ガイドRNA配列の一部を光感受性ヌクレオチドに変更して、Cas9をDNA標的に結合させることができるが、ガイドRNAに光を当てるまで酵素による切断が行われないようにした
2020年06月 細胞周期を止めて、より正確なゲノム編集を行う   京都大学 日本医療研究開発機構
 化学ショックまたは低温度ショック

2020年06月 Nature 透明になるヒト細胞の作製
 ヤリイカ(Doryteuthis opalescens)の白色素胞という細胞には、リフレクチンというタンパク質が含まれており、これが白色素胞の光学的特性を変化させる
 ヒト胎児由来腎臓細胞を選定した上で、それを操作して、カリフォルニアヤリイカの外套膜に含まれるリフレクチンA1を発現するようにした
2020年06月 ゲノム編集を用いた新たな育種戦略 ~強すぎず弱すぎず『丁度よい』突然変異を作って収量を増やす~   名古屋大学
 CRISPR/Cas9 を利用した新しい育種戦略
2020年06月 Science/AAAS  バーコード付き遺伝子改変微生物を使って食品汚染などを追跡する
 バーコードを付けた微生物胞子(barcoded microbial spores:BMS)システム
2020年05月 発達障害と重症てんかんを示すドラべ症候群モデルマウスの遺伝子治療(クリスパー応用技術による欠損遺伝子の発現修復)   名古屋市立大学 日本医療研究開発機構
2020年05月 EurekAlert-Science  遺伝子組み換え寄生虫に基づくマラリアワクチンについてヒト被験者で安全性および有効性のサインが示される
遺伝子組み換えにより弱毒化 
2020年05月 BioToday 一工夫したマラリア原虫そのものを成分とするワクチンの有望なPh1/2結果報告
2020年05月 世界初!遺伝子組換え技術でナスのβ-カロテン含量を大幅に高めることに成功   大阪府立大学
 カロテノイド生合成に関わる遺伝子を発現させ、β-カロテン含量を約 30 倍に
2020年05月 Nature 合成生物学:研究目的の迅速なSARS-CoV-2の再構築

2020年04月 Science  Heat-protected plants offer cool surprise—greater yields
植物を熱から守ると、収穫量増加という驚きの結果に
 光合成は高温になるほどプロセスが異常に動作する可能性が高く
  熱ストレスの間、テスト区画のトランスジェニックイネは、対照植物よりも最大10%多くの穀物を収穫しました
 この変化により、イネは通常の温度で最大20%生産性がコントロールよりも高くなりました
2020年04月 光によるDNA組換えを可能にするマウス作製に成功~テトラサイクリン誘導光応答性Cre-loxPマウス~   岡山大学
 光応答性Cre-loxPシステム(PA-Cre)とテトラサイクリン(Tet)誘導発現系システムのActb locusへの迅速なノックイン技術を組み合わせ
 青色光/細胞種特異的なDNA組換え反応を可能とする遺伝子改変マウス(TRE-PA-Creマウス)の作製に成功
2020年04月 Science/AAAS  Rice genetically engineered to resist heat waves can also produce up to 20% more grain
 熱波に抵抗するように遺伝子組み換えされた米はまた、最大20%多くの穀物を生産することができます
2020年04月 Science/AAAS  Controversial ‘gene drive’ could disarm deadly wheat pathogen
 論争の的となっている「遺伝子ドライブ」は致命的な小麦病原体を武装解除する可能性がある
2020年04月 特定の遺伝子のスイッチを操作して疾患モデル動物を作製   群馬大学 日本医療研究開発機構
2020年03月 角膜・オン・チップの開発に成功 -「まばたき」も再現-   京都大学
 点眼液開発や、それに必要な動物実験の代替法として期待
 マイクロメートルほどの非常に小さいものを加工できる微細加工技術を応用した「マイクロ流体デバイス」にヒト由来の角膜上皮細胞を培養し、更に、細胞培養液を行き来させることによって、まばたきも再現
2020年03月 より安全性の高いゲノム編集技術の送達技術を開発   京都大学
 Cas9タンパク質とガイドRNAを効率よくナノ粒子に封入して送達する技術であるNanoMEDICシステムを開発
2020年02月 新しいゲノム編集技術HoSeI法を開発 HoSeI法により細菌適応増殖は複数遺伝子が相互作用するエピスタシス現象であることを実証   法政大学
 ゲノム上の複数遺伝子の改変を迅速に操作する新しいゲノム編集技術HoSeI(Homologous Sequence Integration)法を開発
 環境に応答した細菌の増殖(適応増殖)がゲノム上の複数遺伝子が関与するエピスタシス現象であることを、大腸菌をモデルに実証
2020年02月 イネの光合成機能を増強し、最大3割の増収   東北大学 岩手大学 国際農林水産業研究センター
 ルビスコが約 1.3 倍量に増強された遺伝子組換えイネ
2020年02月 BioToday 巨大ファージが351種見つかる〜ゲノム編集に役立つ仕組みを多数見つけうる
2020年02月 BioToday CRISPR-Cas9遺伝子編集が施されたT細胞が3人の癌患者に順調に根付いた
2020年02月 統合失調症と関連するヒトの染色体微細欠失を再現した新しいモデルマウスを作製   名古屋大学 東京大学
 22q11.2 欠失症候群において最も多くの患者で見られる 3.0-Mb(メガベース)欠失を再現した遺伝子改変マウスを作製
2020年02月 Nature Step aside CRISPR, RNA editing is taking off
 遺伝子編集に新たな展開
  RNA編集は、CRISPRに代わる手法として、融通の利く可逆的な治療法をもたらす可能性がある。
2020年02月 Science  CRISPR takes on cancer
 動きの速いがん免疫療法の分野で新たな章を立ち上げた科学者たちは、DNAを切断するCRISPRと、免疫系の歩destroyを利用して腫瘍を破壊するT細胞療法という2つの最先端のアプローチを融合させました。
2020年02月 Science/AAAS  Cutting-edge CRISPR gene editing appears safe in three cancer patients

2020年01月 Science/AAAS  Mite-destroying gut bacterium might help save vulnerable honey bees
 ダニを破壊する腸内細菌は脆弱なミツバチを救う可能性がある
2020年01月 豪州ABC  Bee colony collapse could be prevented with GM bacteria
 蜂のコロニーの崩壊は、GMバクテリアで防ぐことができた
2020年01月 Science/AAAS  Genetically engineered moths can knock down crop pests, but will they take off?
 遺伝子組み換えのmothは作物の害虫を倒すことができますが、それらは飛び立ちますか?
2020年01月 Science/AAAS  Lab-grown ‘minibrains’ differ from the real thing in cell subtypes, gene expression
 実験室で育てられた「ミニブレイン」は、細胞のサブタイプ、遺伝子発現において本物とは異なります
2020年01月 DNAの2本鎖切断を起こさないゲノム編集方法 安全なゲノム編集治療への応用に期待    愛知医科大学 国立遺伝学研究所
 DNA1本鎖を切断する特殊な CRISPR/Cas9 酵素とドナーDNA を、プラスミドベクターによって様々なヒト細胞株に導入
2020年01月 Science/AAAS  Genetic modification could protect soldiers from chemical weapons
 遺伝子組み換えは兵士を化学兵器から守ることができる
  マウスでテストされた遺伝子治療は肝臓を致命的な神経物質に対するシールドに変えます
2020年01月 安全なゲノム編集技術を用いた免疫チェックポイント分子の抑制によるナチュラルキラー細胞の抗腫瘍効果増強   広島大学 国立国際医療研究センター
2020年01月 Science/AAAS  Genetically engineered mosquitoes resist spreading any form of dengue
 遺伝子組み換えされた蚊は、あらゆる形態のデング熱の拡散に抵抗します
2020年01月 Nature The kill-switch for CRISPR that could make gene-editing safer
 CRISPRの「オフ」スイッチ
 CRISPR–Cas系に対抗する数々のタンパク質や技術が明らかになってきており、医学やバイオセキュリティーの分野で役立つ可能性がある。
2020年01月 遺伝子改変ラット精子の凍結保存の効率化に成功 熊本大学
2020年01月 朝日新聞 デザイナーベビーが現実に? 進む受精卵のゲノム編集
2020年01月 Nature CRISPRによる遺伝子編集を利用した病気の治療法が続々と臨床試験に。 Quest to use CRISPR against disease gains ground


 以上、 →2020年の記事でした


→ 「遺伝子組み換え、クローン生物」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー