妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産:
2020年

ほか「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年12月 BioToday 妊娠期間に発作が多かったてんかん女性の割合は非妊娠てんかん女性と変わらず
2020年12月 不育症のリスク因子、管理、治療方針についての現状と課題   富山大学
 2 回以上の流産、死産が有った場合
 妊娠を考えているカップルの約 2.5%に発生し、日本では約 3 万人の不育症のカップルがいると推定
2020年12月 妊娠中の望ましい体重増加量とその決定に与える重金属ばく露の影響について: 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)   国立環境研究所
2020年11月 BioToday 胎盤から放出されるプロテアーゼPAPPAが少ない妊婦は妊娠糖尿病を生じやすい
 胎盤から放出される金属プロテアーゼPAPPAを欠くマウスはヒトの妊娠糖尿病に似た様相
2020年11月 BioToday 在胎期間が短かった小児ほど入院が多い〜主に感染症が原因
2020年11月 母体の妊娠中の飲酒と先天性形態異常の発生との関連(エコチル調査)   信州大学
 飲酒の申告は自己回答であり客観的な飲酒量データではない
2020年11月 Nature Enteric neurons increase maternal food intake during reproduction
腸ニューロンが繁殖中の母親の食物摂取を増加させる
2020年11月 毎日新聞 親から虐待受けた女性は肥満リスク1.6倍 男性は関連見られず 神戸大
2020年11月 肥満は自分だけの責任ではない 子供時代の経験や環境も影響   神戸大学
 神戸市民2万人を対象に行ったアンケート調査(最終有効数5425件)
 肥満の成立に影響すると予測されるのは、婚姻状態、世帯の経済的状況、学歴、子供時代の逆境経験でした。一方、男性では調査したいずれの項目でも統計学的な差がありませんでした
2020年11月 神戸大学  肥満は自分だけの責任ではない: 子供時代の経験や環境も影響
2020年11月 妊娠中の血中鉛濃度と出生児体格との関連について: 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)   国立環境研究所 京都大学
 わずかですが出生体重の減少が認められました
 血中鉛濃度が高くなるにつれて、SGA(在胎週数に見合う標準的出生体重に比して小さい)や低出生体重(在胎週数によらず、出生時体重が2,500g未満)で生まれる児が、わずかに多かった
2020年11月 BioToday 帝王切開で生まれた子の喘息の生じやすさは腸微生物の適切な成熟で解消しうる
2020年11月 BioToday 高気温での妊娠は早産や死産に至りやすい
2020年10月 Nature 抗てんかん薬への子宮内曝露と神経発達障害のリスク
 バルプロ酸ナトリウム
 知的障害を発症する確率は5.1倍、言語症や学習症、運動症を発症する確率は4.7倍、自閉症スペクトラム障害を発症する確率は4.6倍
2020年10月 BioToday 妊娠中のナルコレプシー薬モダフィニルやアモダフィニル使用と先天奇形が関連
2020年10月 BioToday 妊娠およそ20週以降のNSAID鎮痛剤使用で胎児の腎臓が酷く傷む恐れがある
2020年10月 BioToday 出産時に大半の女性に使われた硬膜外鎮痛と子の自閉症リスク上昇が関連
2020年10月 BioToday 過去20年間に世界の出生率は確実に下がり、寿命は伸びている
2020年10月 BioToday  妊娠関連の不具合を被った女性は後に心疾患や脳卒中を生じやすい
2020年10月 BioToday  不安要因が3つ以上ある初産女性の6割以上(64%)が難産
2020年10月 Nature Maternal microbes support fetal brain wiring
胎仔の脳内配線を助ける母体の微生物
2020年10月 Nature 母体の微生物相は子の神経発生に影響を与える

2020年10月 BioToday 胎児水腫の29%の病原性変異が全ゲノム解析で判明〜治療の機会を増やしうる
2020年10月 BioToday 母親の腸の微生物からの代謝物が胎児脳の視床-皮質神経経路の形成に必要
2020年10月 Science/AAAS  Eating a tiny bit of mom’s poop could give C-section babies an immune ‘primer’
ママのウンチを少し食べると帝王切開の赤ちゃんの免疫力を高めることができます。
 糞便移植は腸内マイクロバイオームの健康を改善する可能性がある
 帝王切開で生まれた赤ちゃんに母親の排泄物を少量与えることで、消化器系の細菌、ウイルス、真菌の生態系である腸内微生物を「正常化」し、免疫システムをより健康的にスタートさせることができる可能性
 経膣で生まれた赤ちゃんは母親の腹膜(外陰部と肛門の周りの領域)から微生物を取得し、帝王切開で生まれた赤ちゃんは母親の皮膚から微生物を取得します。わずか数時間の間に、その差は歴然としている。
 バクテロイデス菌とビフィズス菌の細菌は、経膣で生まれた赤ちゃんの腸内に豊富にあるが、「帝王切開で生まれた赤ちゃんにはほとんどいない」
 帝王切開の赤ちゃんに母親の膣内微生物を「種付け」しても効果がないようであったため、膣から生まれた赤ちゃんは、出産の過程で母親の便を誤って摂取することで微生物を獲得してしまうのではないかと考えた。
 赤ちゃんを産むための開口部が肛門開口部の隣にあるのには理由があります。
 これは、親が自宅で行うべきことではありません。
2020年10月 BioToday 帝王切開で生まれた新生児に母親の糞を薄めて飲ませることで腸微生物が助かる
2020年9月 Science/AAAS  Stem cells offer new glimpse at how the placenta emerges—and how the fetus-sustaining organ can fail
幹細胞は、胎盤がどのようにして出現し、胎児を維持する器官がどのようにして失敗するのかについて、新たな知見を提供します。
  胎盤細胞の前駆体が流産や妊娠合併症の原因を明らかにする可能性がある
2020年9月 朝日新聞 妊娠中の食生活、子どもの肥満に影響? 脳内物質に変化
 マウス実験 広島大&福島県立医科大
魚油「高オメガ6」を食べた雌の子は「高オメガ6」のエサや砂糖水をより好んで食べた
ドーパミン関係の細胞が多めになっていた

2020年9月 AFP  「男の産休」を4週間に倍増へ、うち1週間の取得は義務 仏

2020年9月 ニホンザル胎仔の脳からポリ塩化ビフェニル(PCB)およびその代謝物(OH-PCB)を検出! 妊娠初期のニホンザル胎仔において確認された汚染物質の脳移行はヒト胎児における脳移行性を予測する   愛媛大学
2020年9月 毎日新聞 ニホンザル胎児の脳からPCB 「汚染物質リスクの基礎情報に」 愛媛大グループ
2020年9月 大学ジャーナル  サル胎仔の脳からポリ塩化ビフェニルを愛媛大学が検出、ヒト胎児も汚染の可能性

2020年9月 BioToday 妊娠初期のバラシクロビル服用で胎児のサイトメガロウイルス感染が減る
2020年9月 National Geographic JP トラウマ残る? 「コロナベビー」への影響はかる研究始まる

2020年9月 母体副腎腫瘍による胎児の男性化のメカニズムを解明 ~ヒト胎児の体内で作用する新たな男性ホルモンの同定~   国立成育医療研究センター 新潟大学
 11oxC19s
2020年9月 日本経済新聞 コロナ不安、出生数に影響も 日米で1割減予測
2020年9月 毎日新聞 父母ともに産後うつリスク 年3万世帯も 長時間労働、睡眠不足で顕著 国立成育医療研
2020年9月 ソーシャル・キャピタルと妊婦さんの心とからだの 健康状態との関連について(エコチル調査より)   富山大学
2020年9月 AFP  中国「二人っ子政策」の影響 子どもに母親の姓を付ける人増加

2020年9月 「母体の妊娠中の殺虫剤・防虫剤の使用と、治療を要する新生児高ビリルビン血症との関連」について   国立環境研究所 信州大学
 エコチル調査
 屋内でのスプレー式殺虫剤の使用頻度が多いと光線療法を要する新生児高ビリルビン血症の発生が1.21倍高くなっていました
 スプレーもしくはローションタイプの虫よけ剤の使用頻度が多い場合は発症が0.70倍と低くなっていました
2020年8月 出生時低体重仔が生後の過栄養で血圧がより高くなる仕組みを明らかに 〜低出生体重児の高血圧予防法開発に期待〜   日本医科大学
 低出生体重ラットは、生後の高脂肪食負荷による過栄養状態に曝すと正常ラットにより血圧が高くなる
2020年8月 妊娠中に母親が食べる油(脂質)の種類が子の食嗜好に影響することをマウスで発見~新たな肥満予防法の開発に期待~   広島大学
2020年8月 産後、同時期にメンタルヘルスの不調で苦しんでいる夫婦は年間約3万組!?~母子だけでなく、父親も含め世帯単位での支援やアセスメントが必要~   国立成育医療研究センター
2020年8月 BBC News Having some caffeine in pregnancy 'is fine'
妊娠中のカフェインは大丈夫です 1日2杯のコーヒーはリスキーではいけない
新調査にもかかわらず
2020年8月 豪州ABC  Babies exposed to Hazelwood fire smoke in the womb more likely to develop respiratory issues, study finds
 赤ちゃんは、呼吸器系の問題を開発する可能性が高い子宮内のヘーゼルウッドの火の煙にさらされて、研究が見つかりました。
 ヘーゼルウッド炭鉱の石炭層に燃え移り、近隣のモアウェルの住民に煙による深刻な健康被害をもたらしている
2020年8月 BioToday 早産女性は満期出産女性に比べて死にやすい
2020年8月 妊娠中のお母さんの魚摂取と生まれた子の発達の関係 (エコチル調査より)   富山大学
 魚の摂取量が多いと、産まれたお子さんの1 歳までのいくつかの発達の遅れが少ない
2020年8月 BioToday  エクソーム解析したところ死産の8.5%が遺伝子どれか1つの変異に起因
2020年8月 Nature 胚発生では細胞のpHが運命を決定する
 pH上昇によってβカテニンの翻訳後修飾が可能になり、WNTシグナル伝達経路が活性化されて中胚葉の運命が決定される
2020年7月 妊娠期における母親の殺虫剤・防虫剤の使用と新生児の体重・身長の発育との関連   国立環境研究所 名古屋市立大学
 妊婦が燻煙式殺虫剤を使用した場合、使用しなかった場合に比べて、出生体重の推定平均値が約 12g 減少
 妊婦の殺虫剤・防虫剤の使用が子どもの体格の発育に及ぼす影響は、個人レベルで見ると大きくありません
2020年07月 Science/AAAS  Controversial DNA modification could play key role in placenta development
物議を醸すDNA修飾は胎盤の開発で重要な役割を果たす可能性があります
 マウスでは、メチル化されたアデニンが胎盤の成長を可能にしました
2020年07月 Science  Altered DNA base could play key role in pregnancy
妊娠においてDNA塩基のメチル化修飾が果たす重要な役割
 マウスの胚細胞にこの修飾された塩基が多く存在することを確認しただけでなく、それが胎盤の発達に重要な役割を果たしていることを発見
2020年07月 体内の鉛が子どもの発達に与える影響 臍帯血と 12 歳血液中の鉛濃度と知能検査を調査   東北大学
 12 歳児の血液中の鉛、および、出生時の臍帯血中の鉛濃度が、12 歳男児の知能検査および語彙検査の結果に影響をおよぼす
2020年07月 BioToday どの在胎期間の早産児もアプガースコアが低いほど死にやすい





2020年06月 LiveScience Pregnancy may make COVID-19 more severe, new study suggests

2020年06月 不育症の重要な原因となる新しい自己抗体を発見   神戸大学 日本医療研究開発機構
 血栓症などの原因となる新しい自己抗体が、不育症に苦しむ女性に高頻度に検出される
2020年05月 Science  Contributions of maternal and fetal antiviral immunity in congenital disease
先天性疾患における母体及び胎児由来の抗ウィルス性免疫の役割
2020年05月 低体温療法のエリスロポエチンを介した脳保護効果を解明   愛知医科大学 名古屋市立大学
 新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)
2020年05月 妊娠中の農薬の摂取が、子どもの自閉症の発症に影響か ~新しい予防法・治療法の開発に期待~   千葉大学
 グリホサートを妊娠マウスに飲料水として与えた 社会性相互作用の障害
2020年05月 BioToday 最初の妊娠の一大事と次の妊娠で早産になりやすいことが関連
2020年04月 BioToday 妊婦のCOVID-19は重病に陥りやすいわけではなさそう~むしろ一般に比べて軽い
 妊婦118人の重病(低酸素症)率は中国全般のCOVID-19患者重病率16%の半分の8%
 新生児の死亡はなく、窒息も認められませんでした。
2020年04月 BioToday 運動する妊婦の子はアペリンのおかげで褐色脂肪をより備えて肥満になりにくい
 妊娠中に運動すると運動が誘発するホルモン・アペリンが母親の体内のみならずお腹の子の体内も巡って褐色脂肪組織を増やし、白色脂肪をより消費しやすく肥満になりにくい子に育つ 2020年04月 Science  Maternal exercise via exerkine apelin enhances brown adipogenesis and prevents metabolic dysfunction in offspring mice  母体の運動は、子孫マウスの熱発生と代謝の健康を高めます。妊娠中の座りがちなライフスタイルが現代社会の肥満の流行に寄与していることを示唆
2020年04月 BioToday 無症状の出産女性7人に1人(14%)がCOVID-19ウイルス陽性~全員検診が有益そう
  Universal Screening for SARS-CoV-2 at Delivery Could Identify Many Asymptomatic Women
2020年04月 胎児の脳の不思議! 〜 脳づくりが適切に進むよう, あえて“離れて見守る”ミクログリア 〜   名古屋大学
2020年04月 Science  Fetal stress affects adult immune function
胎児期のストレスが成人免疫機能に影響
 子宮内のストレスへの曝露は胎児に急性の影響を与えるだけでなく、成人後期の生理機能にも影響を与えます。
 コルチコステロイドストレスホルモンに似た薬物であるデキサメタゾンへの周産期暴露が成人期にCD8 T細胞機能に問題を引き起こす
 インターフェロン-γの産生が鈍く、癌細胞に対する反応が低下し、抗菌機能が損なわれていました。
2020年04月 BioToday 子宮のナチュラルキラー細胞の転写因子PBX1が胎児発育を促す
2020年03月 Nature 妊娠中の母親の腸内微生物が乳児の食物アレルギーのリスクを低減する
 腸内細菌P. copriが検出された母親の子どもは食物アレルギーになりにくい
 防御的関連性が最も多く見られたのは、脂肪分と繊維分の多い食餌を取る母親
 大家族であることや妊娠第3三半期に抗生物質を投与されていないことが、妊娠中の腸内マイクロバイオームにP. copriが含まれることと相関
2020年03月 妊娠初期段階での母体の歯周病が出産まで継続して胎児の発育に影響を与える可能性を明らかに   岡山大学
2020年03月 BioToday 出生前の酵素補充や造血幹細胞移植でマウスのムコ多糖症7型(MPS7)が改善
2020年02月 毎日新聞 妊娠中に食物繊維、子どもの肥満を防ぐ? マウスで発見
2020年02月 妊娠中の食物繊維摂取は胎児の代謝機能の発達を促し、出生後、子の肥満になりにくい体質をつくる   慶應義塾大学 東京農工大学 日本医療研究開発機構
 母親の腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸が胎児の発達に影響を与える
2020年03月 朝日新聞 妊娠中に食物繊維、子どもの肥満を防ぐ? マウスで発見
2020年03月 Science  Maternal gut microbiota in pregnancy influences offspring metabolic phenotype in mice
 妊娠中の母親の腸内微生物叢はマウスの子孫の代謝表現型に影響する
2020年02月 AFP  韓国の2019年出生率、0.92で過去最低 2年連続で1を割り込む

2020年02月 BioToday 妊婦が抗うつ薬デュロキセチンを服用しても子の奇形は実質的に増えないようだ
2020年02月 BioToday 妊娠初期のマクロライド抗生剤処方と子に重大奇形がより生じやすいことが関連
2020年02月 赤ちゃんとの愛着形成において分娩様式は関係なかった (エコチル調査より)   富山大学
2020年02月 BioToday 妊娠中のパラベン含有化粧品使用は生まれてくる子を太らす
2020年02月 Nature 小児期の体重は妊娠中の母親のパラベン類曝露に関連している

2020年02月 BioToday 妊娠中に高用量ビタミンDを補給しても子の喘息は防げず
2020年02月 BioToday 帝王切開時の全身麻酔と産後うつ病リスク上昇が関連
2020年02月 BioToday 妊娠中の喫煙と赤ちゃんの骨折リスク上昇が関連
2020年02月 低出生体重児で成長が追いつかず低身長が生じる機序を解明 ―低出生体重児の成長予測マーカーとしての応用に期待―   日本医科大学
 低出生体重児の約 10%は、出生後の成長が追いつかず、最終身長も低くなる
 肝臓での miR-322 による成長ホルモン受容体発現の低下が関与する可能性
2020年01月 BioToday 妊娠第一期のモダフィニル処方と子に先天異常が生じやすいことが関連
2020年01月 BioToday 英国の新生児へのGSKのワクチンBexsero接種のB群髄膜炎菌疾患予防効果59%
2020年01月 BioToday アスピリンで早産や胎児/新生児死亡が減少〜プラセボ対照試験
2020年01月 BioToday 常に肌を触れ合わせた母親と早産児の関係はそうではない場合と変わらず
2020年01月 BioToday 妊娠第1期を超えて飲んで喫煙した母親の赤ちゃんの突然死リスクは12倍も高い
2020年01月 BioToday 生まれの前の胎児の肺から細菌DNAが検出された〜早ければ妊娠11週から検出
2020年01月 BBC News Miscarriage can lead to 'long-term post-traumatic stress'
 流産は「長期的な心的外傷後ストレス」につながる可能性があります
 6人に1人の女性が、赤ちゃんを失ってから数ヶ月間、心的外傷後ストレスに苦しんでいます。
2020年01月 兵庫医科大学 父親の殺虫剤への曝露が児の男女比に影響
 父親がパートナーの妊娠前に仕事で週1回以上、殺虫剤を使用していると、出生児全体に占める男児の割合が低くなる
 Paternal occupational exposure to chemicals and secondary sex ratio: results from the Japan Environment and Children's Study.

 以上、 →2020年の記事でした


→ 「妊娠 妊婦:胎児期~出産・早産」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー