性淘汰 性差・性行動の生物学:
2020年

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年02月 Nature 神経回路の生化学的影響が社会的行動を駆動する
 雄の齧歯類尿中の主要タンパク質ダーシン(darcin)は、おそらく配偶者選択に関わっている。
 副嗅球と扁桃体を含む神経回路がダーシンに応答して駆動する
2020年02月 Nature The pheromone darcin drives a circuit for innate and reinforced behaviours
 神経科学:フェロモンであるダーシンは生得的行動と学習強化された行動の回路を駆動する
2020年02月 クローンゲノムが永続する仕組みを世界で初めて発見 クローン生物最大の欠点を克服    北海道大学
 半クローン生殖するアイナメ属野外雑種が,組み換え世代を持っている
 クローンの弱点(有害変異の蓄積と多様性の欠如)を克服し,系統寿命を延長する仕組み
 組み換え世代で有害変異の削減と遺伝的多様性を回復したのち,偶発的な交雑で半クローン世代に移行する





 孤独な生活様式からグループ生活への進化は通常、ペア生活を通じて起こる
 すべての霊長類種の約半分はグループで生活し、約3分の1はペアで生活しています。残りは孤独に生きます。
2020年01月 豪州ABC  Mating sooner and for longer: How caffeine affects the sex drive of fruit flies
 より早く、より長く交尾:カフェインがショウジョウバエの性衝動にどのように影響するか
 カフェインは、不妊昆虫の性衝動を高めることもある
2020年01月 独立に誕生した2系統(メダカとツメガエル)の性決定遺伝子に共通の平行分子進化を発見!   北里大学
 dmrt1 という転写因子遺伝子から独立して誕生した雄決定遺伝子メダカ dmy と雌決定遺伝子ツメガエル dm-W の分子進化
2020年01月 Science  Picky mates drive speciation
 配偶者選択における非適応的バイアスが、両性の局所的な生態学的差異、遺伝子の流れ、および分散を伴うシステムの種分化の​​可能性に及ぼす影響
 非適応交配の選好は、分散に直面しても、地域の生態学的条件に適応した個体間の遺伝子交換を制限し、多様化を促進します。このようなプロセスは、アフリカ地溝帯の湖で見られるシクリッド魚など、関連種が集中した生息地で行われている可能性

2020年01月 兵庫医科大学 父親の殺虫剤への曝露が児の男女比に影響
 父親がパートナーの妊娠前に仕事で週1回以上、殺虫剤を使用していると、出生児全体に占める男児の割合が低くなる
 Paternal occupational exposure to chemicals and secondary sex ratio: results from the Japan Environment and Children's Study.
2020年01月 朝日新聞 ハエの世界、求愛繰り返せば効果あり メスの行動が変化
 オスの継続的な求愛によって、拒否する脳細胞を抑制する物質が出ていた
2020年01月 愛の獲得には、継続的な求愛が必要 世界初、拒否と受容の行動切替メカニズムを解明! 名古屋大学

 以上、 →2020年の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー