脳、神経科学:
2020年1〜6月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年02月 ブルーライトが外傷性脳損傷の回復を促進
 軽度外傷性脳損傷(mTBI)
 早朝にブルーライト(青色光)を浴びるとmTBI後の睡眠障害や注意・認知障害、脳の構造的損傷からの回復が促進される可能性
  A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of blue wavelength light exposure on sleep and recovery of brain structure, function, and cognition following mild traumatic brain injury.
2020年01月 毎日新聞 脳性まひの新生児に「Muse細胞」使った治験開始へ 名大病院

2020年01月 生命科学部 瀬尾 教授らの研究グループが、神経軸索を誘導するタンパク質アノスミンが脳血管内皮細胞に作用し、血管新生を促進することを明らかに   京都産業大学
2020年01月 Science/AAAS  Lab-grown ‘minibrains’ differ from the real thing in cell subtypes, gene expression
 実験室で育てられた「ミニブレイン」は、細胞のサブタイプ、遺伝子発現において本物とは異なります
2020年01月 Nature ヒトの脳オルガノイドの適性を調べる
 ヒトの脳内細胞は、発生の過程でそれぞれ異なる軌跡をたどって、広範で多様な細胞サブタイプの集団を形成するが、オルガノイド培養物からは、成熟度の低い細胞種が生じる傾向が見られた
2020年01月 BioToday 脳の被殻に鉄がより備わると頭が良くなる
2020年01月 スラド  ハエの脳神経回路の3Dマップ化に成功。脳が行動を制御する仕組みの理解に期待

2020年01月 ワイアード  膨大なネズミの脳データが、「ブレイン・コンピューター・インターフェイス」の発展を加速する
 850ギガバイト分ものネズミの脳のデータを、米国のアレン脳科学研究所が公開
2020年01月 Science  Support cells in the brain promote longevity
 脳のサポート細胞が長寿を促進する
 脳のグリア細胞は神経ペプチドを使用してストレス反応と寿命を伝えます
2020年01月 Science  Four glial cells regulate ER stress resistance and longevity via neuropeptide signaling in C. elegans
 4つのグリア細胞は、C。elegansの神経ペプチドシグナル伝達を介してERストレス耐性と寿命を調節します。
2020年01月 EurekAlert-Science  合成神経管は腕神経修復時のギャップを埋める

2020年01月 EurekAlert-Science  オルガノイドがヒト前脳発達の謎へのとびらを開く
2020年01月 Science  Chromatin accessibility dynamics in a model of human forebrain development
 オルガノイドは、発達中のヒト前脳のクロマチンアクセシビリティプロファイルを再現します。
2020年01月 脳機能を担うAMPA受容体をヒト生体脳で可視化   横浜市立大学 慶應義塾大学 日本医療研究開発機構 量子科学技術研究開発機構
2020年01月 Nature Cortical pattern generation during dexterous movement is input-driven
 神経科学:巧緻運動中の皮質活動のパターン生成は外部入力で駆動される
2020年01月 BioToday 脳卒中後の脳の偏りの重症度がどうあれ神経幹細胞由来エキソソーム投与は有効





2020年01月 Science  In two-person MRI, brains socialize at close range
 2人用MRIでは脳が近距離で交流する
 そのようなMRIセットアップの1つは、米国国立科学財団からの新しい資金で開発中であり、別のMRIセットアップは先月のプレプリントで説明されている初期テストを受けています
2020年01月 Nature  探索者の脳
 自由遊泳するゼブラフィッシュ幼生が生きた餌を追う際の個々の細胞の活動を全脳的にモニタリング
 2つの行動状態を交互に示す
2020年01月 Nature 神経科学:移動中の脳の内部状態 Brain states behind exploring and hunting revealed
2020年01月 Nature 神経科学:内的状態の動態が全脳的活動と探餌行動を形作る Internal state dynamics shape brainwide activity and foraging behavior
2020年01月 LiveScience Unique Brain Signal Just Discovered. And It Might Make Us 'Human'
 現在、研究者はヒト樹状突起の電気スパイクの新しいフレーバーを発見しました。単一のニューロンが単独で取り組むには複雑すぎると考えられていた細胞が計算を実行できる可能性があると考えています。 Science誌に1月3日に発表されたこの研究では、人間以外の動物組織では新たに発見された電気的特性は観察されていないことが指摘されており、信号が人間の知能に、または霊長類のそれに一意に寄与するかどうかという疑問が提起されています。 進化のいとこ。
 人間のニューロン樹状突起はマウスに見られるものの約2倍の長さ
2020年01月 BBC News Ex-footballers urged to sign up for early dementia tests
 元サッカー選手は早期の認知症検査にサインアップするよう促しました
2020年01月 BioToday 神経のより高度な働きを可能にする活動電位が新たに見つかった
 てんかん患者の手術で切り取った脳組織を使った実験
 ヒトの脳皮質の中で不釣り合いに厚い2/3層の神経細胞樹状突起が示す新たな活動電位
2020年01月 BioToday 前頭前野吻側外側の構造-機能連結の一致が年齢相応の遂行機能改善をもたらす
 若者の脳の構造が機能の連結に見合うように大幅に組み変わる
 前頭前野吻側外側(rostrolateral prefrontal cortex)の構造連結-機能連結の一致が自制・意思決定・熟考等の遂行機能の年齢相応の改善を助ける
2020年01月  ペンシルベニア大学 医学大学院 Research identifies changes in neural circuits underlying self-control during adolescence
 自己制御に重要な役割を果たす複雑な脳領域である外側前頭前野のより高い構造機能結合が、より優れた実行機能に関連している
2020年01月 BioToday 腸内微生物の発酵産物・短鎖脂肪酸の補給でマウスの脳卒中後の転帰が改善
2020年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS  新たに同定された樹状細胞の活動電位がヒトの脳に比類ない力を与える
2020年01月 National Geographic JP 15年間植物状態の男性の意識が回復、定説覆した電気刺激療法

 以上、 →2020年1〜6月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー