科学と社会:
2019年9〜12月

ほか「科学と社会」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 AFP  中国、遺伝子編集ベビーの研究者に懲役3年 罰金約5000万円も
2019年12月 毎日新聞 中国のゲノム編集ベビー 研究者に懲役3年判決 協力者2人にも実刑や罰金刑

2019年12月 BioToday 質の高い研究報告を引用している特許ほどより稼ぐ
2019年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Bullying allegations lead to firing of prominent ancient DNA expert
 いじめ疑惑は著名な古代DNA専門家の解雇につながります
 University of Adelaide ousts evolutionary biologist Alan Cooper
2019年12月 Nature 中国が、巨額を投じ、質の高い国産の科学論文誌の育成を。 China splashes millions on hundreds of home-grown journals
2019年12月 毎日新聞 真核生物の「祖先」培養成功 サイエンス誌が「今年の10大成果」に選出
2019年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Rude paper reviews are pervasive and sometimes harmful, study finds
 失礼な論文のレビューは広範であり、時には有害である
2019年12月 Nature シュプリンガー・ネイチャーとワイリーが、中国のマイノリティーを対象した研究に倫理的懸念があると検証を。 Science publishers review ethics of research on Chinese minority groups
2019年12月 Nature 研究公正には、トップダウンによる決定よりも草の根からの取り組みが重要である。 When it comes to good practice in science, we need to think global but act local
2019年12月 Nature Human Behaviour 
 査読の透明性
2019年12月から、Nature Human Behaviorに提出された研究記事の著者は、査読者のコメント、編集の決定書、および査読者と編集のコメントへの自分の回答を含む、原稿の完全な査読記録を公開するオプションがあります。
2019年12月 Nature 中国の著名な免疫学者で南開大学学長のCao Xuetaoの複数の論文の画像に不適切な点が多数見つかり、複数のジャーナルと同国教育部が調査を。 Chinese ministry investigates duplications in papers by university president
2019年12月 National Geographic JP  5Gで天気予報の精度が「40年前」に、科学者が警告
2019年12月 大学ジャーナル 新聞で解説・コメントしている教員が多いのはどの大学? 全国紙5紙で調査
 東京大学がトップで、2位に慶應義塾大学、3位に早稲田大学-。
2019年11月 Nature タンパク質の構造決定研究の分析で、競争に負けて二番手になった研究も高く評価されていることが明らかに。 Scooped in science? Relax, credit will come your way
2019年11月 Nature 研究資金分配の決定に、くじ引きでのランダムな選択法を用いる機関が増加を。 Science funders gamble on grant lotteries
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Top Chinese researcher faces questions about image manipulation
 中国のトップ研究者が画像操作に関する質問に直面
2019年11月 Science 中国のトップ科学者が論文について数々の質問を受ける
2019年11月 Nature 博士課程学生のメンタルヘルスが前回調査時より悪化したというNatureの最新の調査結果は、研究環境を抜本的に変える必要性を示している。 The mental health of PhD researchers demands urgent attention
2019年11月 Nature Human Behaviour 
原稿の評価方法
ジャーナルは、目的と範囲に応じて、投稿を評価する方法が異なります。 ここでは、Nature Human Behavior編集チームがジャーナルに投稿された研究原稿をどのように評価するかを共有します。
2019年11月 Science イスラエルのトップ免疫学者のワクチン見解が騒動を巻き起こす
  反ワクチン運動との関係
2019年11月 Science 献金者の身元調査を超えて
  大学は、贈答品の受け入れに関する方針を検討する必要があります
2019年11月 BioToday 著者の利害対立を査読者にどう捌いてほしいかの説明を各雑誌は準備するべき
2019年11月 Nature  Natureの150年:多分野にわたる研究と発見のネットワーク
2019年11月 Nature 科学は、この150年間にいくつもの大きな変化を経験してきたが、証拠と透明性がかつてないほど重要になっている。 Nature at 150: evidence in pursuit of truth
2019年11月 Nature Natureの150年 150 years of Nature: a data graphic charts our evolution
2019年11月 スラド ヘリウム危機、背景には需要増と供給減

2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Major U.K. genetics lab accused of misusing African DNA
 アフリカのDNAの誤用で告発
 サンガー研究所の遺伝子チップ開発努力の中止は、アフリカでの研究を後退させる可能性がある
2019年10月 週刊新潮 「京大霊長類研究所」で研究費の不正が判明 返還額は最大20億円
 11月から研究費の支給を打ち切られる事態
 松沢哲郎さんと友永雅己さんは、都内の動物実験施設の設計施工会社に、霊長研関連の施設工事を予算より安い金額で受注させ、浮いた分の金を返さずに別の研究に回すなどといったことを繰り返していた
2019年10月 BioToday 米国の新薬の4つに1つが公的資金の助けを得ている
2019年10月 Nature 「Nature Index Young Universities」から、新興大学が世界各国で高品質な研究成果を上げていることが明らかに。 Young universities show leadership
2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS U.K. science minister says DARPA-like agency is in the works
 英国の科学大臣は、DARPAのような組織が作業中であると言います
2019年10月 ノーベル賞の研究はいかに創出されるか
 萌芽的科学技術の創出プロセスを計量学的に解明 弘前大学 筑波大学
 萌芽的トピックの研究が、新たな萌芽的トピックを生む場合が7割以上
 ノーベル賞級の少数のトピックの萌芽は、萌芽的トピックとは独立して生まれる場合が7割以上
2019年10月 大学ジャーナル ノーベル賞級の研究テーマは流行から独立して誕生






2019年10月 Nature ビッグデータに目が向く時代だが、各国政府は、地道な国勢調査を縮小・中止すべきではない。 Protect the census
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  公開しますが、公開することはできません。
卒業への各ルートは、個々の旅です。 心理学の博士課程の学生であるフリードリヒM.ゲッツは、成功のための既製のレシピや特効薬はないと主張します。 出版物は重要ですが、出版のストレスが旅の喜びを覆い隠してはなりません。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  博士課程の学生に公開を強制することは科学にとって悪い
  Nick Yeung氏は、学生の出版目標を設定することは、科学文化にとって腐食性であり、博士課程の学生の誤った価値を隠蔽します。 学生の成功のための重要な代理としての出版物から離れて、博士課程の学生評価基準の文化的変化が必要です。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
 オープンサイエンスの未来に向けた学生のトレーニング
多くの博士課程の学生は堅実な科学的実践に熱心ですが、「良い科学をする」ことは雇用市場でのチャンスを危険にさらすことを恐れている、とLMU Open Science CenterのマネージングディレクターであるFelix Schönbrodtは主張します。 インセンティブを調整し、オープンサイエンスへの貢献を重視する雇用市場に向けて学生を準備することが重要です。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  博士号は出版物の合計以上のものです
メンジーズインスティテュートの学生の経験を比較して、博士課程の学生ファンリーは、学問分野を超えた出版物の重要性を反映していますが、博士課程のトレーニングの利点を損なうべきではないと主張します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
 限界的なアイデアは科学の進歩の鍵です
若い科学者は、社会の進歩に不可欠なトピックに関する重要な科学の実施を、これらの問題を無視し、軽視する上位の雑誌に掲載するよう圧力をかけることで阻止しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
 博士課程の高品質でスローサイエンスの報酬
目を引く斬新な結果を公開すると、学界で報われる。 堅牢な複製の発行が卒業委員会および将来の雇用主によって報われるかどうかはまだ決定されていません。 Andrea Stoevenbeltは、さまざまな出版物が候補者の履歴書にどのように重きを置いているかを検討するよう委員会に要請します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
 私たちが公開しても、彼らが滅びたらどうなるでしょうか?
科学通信が雑誌の記事と同じくらい評価されない限り、例えば気候変動に関する根本的に重要な科学的洞察は、最も影響を受ける人々に届かないと、Abhishek Karは主張する。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  アカデミアは実力主義ではない
出版物によって博士課程の学生を評価することは実力主義の外見に見えるかもしれませんが、マイノリティグループの学生が仲間と同じ特権を享受しない限り、競技場はレベルではありません、とアロン・ジボニーは主張します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  「サラミスライシング」はキャリアに役立つが、科学に害を与える
上級研究者とのインタビューに基づいて、健康研究の博士課程の学生であるTaya Collyerは、質よりも量を重視する学術評価が科学的取り組みに広範に害を与えることを反映しており、成功した研究者でさえも研究の決定に遡及的に疑問を投げかけています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  出版がプレッシャーではなく喜びであるべき理由
公開する必要が絶望につながるべきではありません。 偉大な指導者としての個人的な経験に基づいて、生命倫理学者のアンケ・スヌークは、出版プロセスへの早期の監督された関与が、その圧力を軽減する出版への愛を呼び起こすことができると主張します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  Max Planck Societyにおける出版圧力の認識
Max Planck Societyは、主任研究者にとってユニークな場所を代表していますが、その恩恵は必ずしも学生から得られるとは限りません、とMax Planck PhDnet Survey Groupは主張します。 ただし、ポリシーの変更により、学生に対する出版やその他の圧力が緩和される可能性があります。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  アカデミアに焦点を当てた博士課程のカリキュラムは、学生のニーズを満たさない
多くの博士課程の学生は学界に留まるつもりはなく、時代遅れの大学のカリキュラムは、産業でのキャリアのためのトレーニングを提供しないことで彼らを傷つけます、と生物医学工学の博士課程の学生であるカイル・イサクソンは主張します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  ブラジルの博士号は出版しても消滅している
ブラジルの大学環境はここ数十年で劇的な変化を遂げており、リソースが枯渇しているにも関わらず、出版に対する圧力が高まっています。 ElisaJordãoは、これにより科学研究と教育の価値について一般の人々を教育することがより重要になると主張しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  触媒室の学会
Xiaopeng Li氏は、中国の研究インフラストラクチャの最近の変化により、科学的プロセスが急速に加速し、関係者全員の圧力が高まっていると主張しています。 博士号を取得した卒業生の数は職位を超えており、構造革新のみが博士号取得者が新しい分野でのキャリアを構築できることを保証します。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  西洋人に対する出版バイアスは人類に害を及ぼします
医療専門家および博士課程の学生であるPriti Mulimaniは、西洋の人口に関する研究に偏っている影響力の強いジャーナルに掲載する圧力が、世界の人口の大部分に関する極めて重要な研究を妨げることを強調しています
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  登録された報告書は、初期のキャリア研究者の味方です
ヨーク大学の講師であるハンナ・ホブソンは、博士号の一部として登録報告書を発行し、この決定が出版からストレスを取り去り、データ収集に喜びを取り戻したことを説明しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  ポートフォリオと繁栄
博士課程の学生は出版物以上のものを生み出しています 彼らは研究の手段として豊富なリソースを作成します。 ニューヨーク市立大学の准教授であるマット・クランプは、PhDsはこれらのリソースを、スキルを実証し科学界に利益をもたらすポートフォリオとして共有すべきだと主張しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  関連性を維持するには、学位論文を進化させる必要があります
モノグラフは、出版物やプレゼンテーションが他のすべての設定で博士課程の学生のパフォーマンスの尺度として使用される時代では完全に時代遅れの要件です、と生物医学工学の博士課程の学生であるMark Martin Jensenは主張します。 学位論文を何か有用なものに置き換えましょう。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  出版のプレッシャーは知識のサイロを作り出す
学術出版への圧力は知識サイロの文化を生み出します。 若い研究者が一般の聴衆に研究を説明するように教えられた場合、これは彼らのキャリアを助けるだけでなく、社会に科学をもたらすでしょう。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  出版の障壁を打破するには、積極的な態度が必要です
博士号が必要 博士号を取得するために公開する候補者 Quan-Hoang Vuongは、ベトナムなどの発展途上国の学術システムに非常に必要な改善を提供できると主張しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  博士号のメリットは、出版物だけで定義する必要はありません
出版物は、卒業委員会や資金提供者によって博士課程の学生を評価するための難しい通貨と見なされることがよくあります。 Wellcome TrustのAnne-Marie Coriatは、PhDの評価方法の変更を求め、トレーニングの他の側面をより重視しています。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  出版は博士号取得の前提条件ではありません
卒業のために出版物を義務付けることは、博士課程の学生のスキルに乏しいメトリックを配置し、博士課程のトレーニングに有害な影響を与える、とテヘランのロワイヤン研究所の助教授シャリフ・モラディは主張する。 委員会と将来の雇用主は、博士課程の学生が習得する他の多くのスキルに集中する必要があります。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  科学の信頼性を守るために、「公開または消滅」を追放する
出版崇拝の文化は、疑わしい科学的慣行を知らず知らずのうちに奨励し、科学論文の経済を過剰にしている、とAva Kiaiは主張する。 科学への信頼を守るためには、出版性よりも方法論的な厳密さに焦点を合わせる必要があります。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  博士号の評価において出版物を超えて見る
出版物は、一般的に博士課程の学生の適性を評価するために使用され、単一の「客観的」尺度の魅力を持っています。 しかし、この問題の世界観のコレクションは、これが真の実力主義の幻想のみを作成することを示唆しています。 評価だけでなく、博士課程のトレーニング自体も、科学と科学者に利益をもたらす実質的な改善が必要です。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  キャリアの満足度は底なしの要求の犠牲になります
博士課程のトレーニング中に出版するプレッシャーは、学者に手に負えない期待を抱く環境でのキャリアの始まりにすぎないと、海洋科学の講師であるジェニファー・レーバーズは主張します。 出版物、助成金、およびアウトリーチに秀でるという非現実的な要求は、外向きに成功した学者でさえもキャリアの選択に疑問を投げかける
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  過小評価された大学院生における出版熱冷却
  大学院生は出版熱に苦しんでおり、すべての費用で出版する必要があるという包括的な感情を抱いているとミシェル・ランドグレイブは主張します。 このひたむきな焦点は、彼らを搾取の危険にさらし、仲間間の敵意を強めます。 しかし、優れたメンターシップは道を切り開きます。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  あなたの履歴書はあなたを定義していません
他の人よりも優れているというプレッシャーにより、博士課程の学生は学業上の成果が自分を定義していると信じるようになります。 彼は仲間に、達成ではなく学習に集中するよう呼びかけ、彼らのアイデンティティを見失うことはありません。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  Beanカウントは構造的不平等を無視します
組織心理学の助教授であるDeepshikha Chatterjeeは、米国の非市民科学者はトレーニングの機会が少ないシステムでは構造的に不利であるが、後に両方のグループが平等な競技場で始まったかのように彼らを市民仲間に対して測定すると主張する。
2019年10月 Nature Human Behaviour 
  日本では公開せずに消滅する
  博士課程の学生と初期のキャリア研究者は、資金不足が深刻です。 偏った選択基準と不合理な要求と相まって、これは日本の若い科学者に害を与えるだけでなく、学問自体への脅威を提示します。

伝えられるところによると、日本の学術成果は過去10年間で比較的減少しました。 この減少は、ほとんどの支援と評価を受けていない卒業生とポスドク、最も活発な研究者に対する日本の待遇の自然な結果です。 さらに悪いことに、アカデミックな環境により、彼らは集中的な研究を行うことができません。

生産性に対する重大な障害は、多くの大学院生が自分自身を見つける財政的に不安定な状況です。 大学院生は日本の研究室に雇用されておらず、大学から給料も給付も受けられません。 私が大学院生だったとき、私は時々生活費と旅費を支払うために消費者金融に頼っていました。 巨額の借金のために食料費を確保できなかったため、毎日安いもやしを食べていました。 現在、日本の大学院で学べるのは金持ちか借金をする人だけだと思われます。 国立大学では、大学院への入学料は、大学の卒業生が月に稼ぐ平均を超えており、さらに大学院生はこの入場料のほぼ2倍の年会費を支払わなければなりません。 政府からの学生ローン(「奨学金」と呼ばれる)は、多くの場合、関心を集めます。 若い研究者は、常に彼らの経済的状況に悩まされています。

日本学術振興会(JSPS)は、若手研究者に研究フェローシップを提供しています。しかし、フェローシップ制度には明らかな欠陥があります。博士課程のJSPSフェローの月給は20万円ですが、2018年の修士課程の平均初任給は月額238,700円でした。つまり、JSPSフェローの給与は、同じコホートの他の人の平均給与よりも低くなっています。同僚とは対照的に、大学院生には社会保険も年金もありません。彼らは、JSPSで許可されたアルバイト(研究助手など)しか受けられず、1か月あたり20時間の追加作業で約25,000円の収入を得ます。これは、近隣の町から大学への通勤費用とほぼ同じです。これは、厳しい選択手順に合格したトップクラスの若い研究者の運命です。 2019年に、実験心理学を含む社会科学分野の応募者の18.9%だけがJSPSフェローシップを付与されました。要するに、税金と授業料の費用は、大学院生の収入をほぼ完全に削ぎ落とします。誰もが結婚し、このような状況下で子供を持つことの負担を想像できます。お金のない若い研究者は、お金を借りるか、学界を辞めなければなりません。

学術界の多くの若い研究者は、彼らが発行した論文の数に関係なく仕事を見つけることができません。 これらの理由で心理学を愛する高度に訓練された仲間を失うことは悲しく、人的資源の莫大な損失を構成します。 学界の自殺です。

上記のようにオールラウンダーを雇うことは別の大きな問題です。心理学的研究は、測定法や計算法などのさまざまな側面で、より洗練され複雑になっています。オールドスクールのオールラウンダーはすべてを行うことができません。優れたスキルを持つ専門家に正当な場所を与える研究グループを形成し、チームを柔軟かつ動的に最適化する必要があります。サッカーでは、11人のプレイメーカーのコンジェリーが、高度に調整された専門家のチームに勝つことができません。アカデミアは、若い研究者が「私は万能ではありません。筆頭著者の論文数やジャーナルへの影響要因によって研究者を評価することはもはや意味がありません。そもそも、ネポティズムの影響と主任研究者の名声を評価から完全に排除する必要があります。したがって、研究者がどのように研究に貢献したかを具体的かつ公正に評価するシステムの開発を進めることが重要です。それは専門家の進歩を支援します。


2019年10月 Nature フェイスブックのデータの社会科学研究での利用はプライバシーの問題から予想以上に難しく、複数のプロジェクトが存続の危機に。 Privacy hurdles thwart Facebook democracy research

2019年10月 豪州ABC Citizen science rates on the rise, thanks to advances in technology
 テクノロジーの進歩により、市民を対象とした科学の割合は上昇
 使いやすいアプリは、データ収集のギャップを埋めるための市民科学の利用率の鍵です。
2019年10月 Nature 米国による経済・金融制裁によって、イランの科学界が壊滅的な状況に。 How US sanctions are crippling science in Iran
2019年10月 Nature 中国科学院の経済的な自律性は他に類を見ず、他国の科学界にとって良いモデルになる可能性がある。 The Chinese Academy of Sciences at 70
2019年10月 毎日新聞 デザイナーベビー「OK」? 米科学アカデミー、誤解招くツイート
2019年9月 Science プライバシーの懸念がFacebookのデータ共有計画を狂わせうる
2019年9月 Science 飛行を減らし緊急性を伝える
  気候の内訳を完全に理解するには、データ、高度な分析、モデルが必要です。 これらの科学のツールは、例えば、ハリケーン、洪水、山火事などの災害を人為的な地球温暖化に正式に起因させたり、人類がより熱い惑星で直面するものを理解するために必要です。 一般の人々や政策立案者が査読済みの文献を直接参照し、適切に対応することは理解しがたいことです。 これは、科学者が公衆に警告する倫理的責任を持っていることを示唆しています。
2019年9月 Nature 気候変動問題を訴える若き環境活動家たちが注目されるのはなぜか、専門家たちが考察を。 Why young climate activists have captured the world’s attention
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Can you spot the duplicates? Critics say these photos of lionfish point to fraud
 重複を見つけられますか? ミノカサゴのこれらの写真は詐欺を指していると評論家は言う
2019年9月 Science はっきりと主張するために
  1000件を超える心理学論文を分析した結果、学生の読者は、研究の要約で使用される一般的な言語の量に最も影響を受けている
  リスクは、汎用言語が一般的な規則の例外を無視し、データの制限から注意をそらすこと
 特にこのような編集の要約によって、有名な雑誌で拡大される可能性があります。 結果は害を引き起こす可能性があります。
2019年9月 Nature 深刻化する水不足や土地の劣化と闘うには、この分野の研究を発展させ、国連砂漠化対処条約(UNCCD)に科学的な影響力を持たせることが必要だ。 End the drought in drought research
2019年9月 AFP  「ピザでがん予防」などが受賞、2019年イグ・ノーベル賞
2019年9月 Nature Human Behaviour 
  科学否定を暴く
  科学の否定は、挑戦されないままにしておくと、より大きな害をもたらします。 この問題の記事は、効果的な反論戦略の証拠を提供します。
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Clubby and ‘disturbing’ citation behavior by researchers in Italy has surged
 イタリアの研究者によるクラビーと「邪魔な」引用行動が急増
 国家政策により、研究者は自分自身と同胞を過度に引用するように動機付けられた可能性がある
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Open-access megajournals lose momentum as the publishing model matures
 公開モデルが成熟するにつれて、オープンアクセスのメガジャーナルは勢いを失います
2019年9月 Science オープンアクセス型の大手学術誌が軒並み失速
2019年9月 Science 新しい契約なら科学団体はオープンアクセスに移行後も存続可能か
2019年9月 EurekAlert-Science 2016年の研究の再現実験が3件失敗したことを受け、Science誌は「編集者の懸念表明」を持続



 以上、 →2019年9〜12月の記事でした


→ 「科学と社会」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー